寺 おすすめ。 苔のあるお寺で、梅雨をしっとり。滋賀のおすすめ苔スポットをご紹介

観光客が少なく空いている京都のおすすめ/穴場のお寺をまとめました! | Japan's Travel Manual

寺 おすすめ

清水寺も清水の舞台から飛び降りるという言葉があるように、京都を代表するお寺巡りの定番スポットです。 清水寺は778年に建設された金閣寺や銀閣寺よりもずっと歴史があるお寺です。 清水寺も金閣寺、銀閣寺同様に世界遺産に登録されています。 清水寺の境内にはいくつかのパワースポットがあるので1つのお寺でパワースポット巡りができるお得な場所です。 音葉の滝は学問成就、恋愛成就、延命長寿のパワーがあるとされています。 3本の筧を流れている水を飲むことでこれら3つのパワーを体に入れてご利益があると言われています。 濡れて観音には煩悩・罪障を洗い流してくれるパワーがあるとされています。 他にもパワースポットがあるので清水寺の中を巡るだけで相当パワーをもらうことができます。 土日祝日は人でごったがえしているので平日に行くのが穴場です。 続いてご紹介するのは南禅寺についてです。 前項までご紹介した3つのお寺と比べると、穴場的なスポットです。 南禅寺は日本で最初の勅願禅寺 ちょくがんじ です。 勅願寺とは天皇の命により、国家の祈願を願って建てられるお寺のことを指します。 また南禅寺は日本禅寺の中で最も高い格式が高いお寺なのでお寺巡りが好きな人は必ず訪れると言っても過言ではないお寺です。 南南禅寺もパワースポットに位置付けられるお寺です。 南禅寺は風水上は大きな気が集まる場となっており、禅をすることでそのパワーのご利益があると言われています。 気を高めることで物事を成功に導くパワーが入ってくると言われているので学業、仕事、恋愛で成功を願う方はぜひ南禅寺に足を運んでみて下さい! 天龍寺も京都が世界に誇る世界遺産です。 天龍寺もお寺同様に1994年に世界遺産に登録されました。 天龍寺は1345年に建設されました。 もともと天龍寺の地には平安時代に、嵯峨天皇の奥さんである橘嘉智子が開いた檀林寺があったのでその時から数えるととても歴史があるお寺です。 天龍寺のパワースポットは世界遺産ながら、あまり知られていないので穴場スポットです。 天龍寺は「龍」の字があることから龍のパワーが宿っていると言われています。 龍と言えば開運というイメージがあるように天龍寺では開運や厄よけ、安全祈願のパワーがもらえると言われています。 開運がしたい方や、最近ついていないなと思われる方、邪気を払いたい方におすすめの穴場スポットです。 妙心寺は日本で最大の禅寺として知られているお寺です。 妙心寺は日本にある臨済宗寺院約6,000のトップに位置しており格式高いお寺です。 妙心寺は1342年に建設されました。 妙心寺もパワースポットということをあまり知られていないので穴場スポットと言えます。 パワースポットと呼ばれている場所は普段は年に1回しか拝観できないことになっている山門です。 山門は例年6月18日だけ一般客が入ることができる場所です。 この山門の中の天井に大きな龍が描かれており、この龍がパワースポットと言われています。 こちらも龍ということで運気が上がるパワーがもらえると言われています。 毎年ではありませんが6月18日以外にも特別拝観ということで開いている時期があるので詳しくはWebでチェックしてください。 この時期のお寺巡りには絶対に欠かせない場所です。 続いてご紹介するのは高台寺です。 高台寺という名前を聞いたことがある方は少ないかもしれませんが実はとても歴史的価値のあるお寺です。 それは豊臣秀吉の正室 正式な妻)であった北政真が秀吉の亡き後、冥福を祈って作られたお墓だからです。 高台寺は、釈迦如来を本尊とする禅宗寺院であり、秀吉と北政真を祀っている霊廟でもある珍しいお寺です。 高台寺のパワースポットは塔頭の岡林院です。 岡林院は塔頭の中で一番古くて有名な茶室です。 その脇に三地蔵が祀られているのですが、このお地蔵さんにふれるとご利益があると言われています。 歴史の人物で必ず上位にランクされる秀吉に由来しておるお寺なのでお寺巡りでは必ず足をはこんでおきたい場所です。 いままではお寺にスポットをあててご紹介させていただきましたが、ここからは神社にスポットをあててご紹介させていただきます。 まず最初に紹介するのは伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)です。 伏見稲荷大社は稲荷神社という名前の神社は全国に約30000箇所ありますが、伏見稲荷大社はその神社の頂点に位置付けられている格式高い神社です。 写真にあるような千本鳥居が有名で年間を通じてたくさんの観光客がおとずれており、初詣は近畿で一番参拝客が多い場所として知られています。 そんな伏見稲荷大社もパワースポットと呼ばれています。 竹取物語にでてくるかぐや姫に関係している伏見神寶神社や熊鷹社がパワースポットとして知られています。 みなさん千本鳥居に目がいっているので実はけっこう穴場スポットなんです。 平安神社は1895年に平安遷都1100年を期に市民の総社 特定の地域内の神社の祭神を集めて祀った神社 として作られたことです。 1976年に大規模な火災が発生し、本殿や内拝殿など9棟が焼けてしまいましたが、京都市の協力を得て見事に復元されました。 平安神宮では結婚式が行われているので土日祝日には厳粛な雰囲気で行われいる式を見ることができます。 また毎年10月には京都三大祭りである時代祭が行われるので日本中からたくさんの観光客が訪れています。 平安神宮では結婚式がたくさん行われるいることからもわかる通り縁結びのパワーがあり、それに付随して邪気が遮断され、無病・長寿といったご利益があります。 風水上でみても平安神宮は理想的ば場所になっているので縁起のいい神社です。 ここまで京都のおすすめ&穴場のお寺と神社をご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?京都には今回紹介しきれなかったおすすめ&穴場のお寺と神社がたくさんあるのでいろいろな巡り方ができます。 お寺や神社はその土地を護るために作られたり、平和を祈願して作られているのでご利益があるのはいうまでもありません。 お寺や神社は建物そのものが重要文化財や国宝、世界遺産に登録されているので素晴らしいものです。 さらにそういった神社やお寺を取り囲むように新緑に覆われていたり、綺麗な池があったりとさらにそのお寺、神社の良さを引きだてているので、京都はお寺、神社巡りをする度に違う顔の神社やお寺を見ることができます。 日本屈指のパワースポットエリアである京都をぜひ次回の旅行先の候補に入れてみて下さいね! 今回ご紹介させていただいた記事が少しでも参考にならばありがたいです!.

次の

クロスナイン(十門寺東高校)の投手おすすめデッキは??経験点大量獲得のコツ。アプリモ

寺 おすすめ

「京都のお寺はどこもかしこも観光客で大混雑!」 「ゆっくり座って楽しめる京都のおすすめ/穴場のお寺って無いの?」 こんなサイトを運営してると、上記のような質問をたくさん頂きます。 確かに、京都のお寺はどこも観光客の皆さんで大混雑! できればゆっくり楽しみたいですよねー。 ということで、今回の記事ではそんなお声に応えるべく、 「観光客が少なく、ゆっくり座って楽しめる京都のおすすめ/穴場のお寺」をまるっとまとめてみました! この記事で、あなたにとって「本当に行って良かったお寺」が見つかれば嬉しいです。 おすすめの定義 「ゆっくり楽しめる」「おすすめ」といっても、人によって 「おすすめの定義」は異なると思います。 ということで、この記事では「おすすめの判断基準」をこんな感じで定義してみました。 「私が実際に二回以上行ったことがあるお寺」 「観光客が比較的少なかったお寺」 「境内に庭園があるお寺」 「ゆっくり座れる部屋や縁側があるお寺」 「通年で公開されているお寺」 この記事では 「上記の5つの定義をすべて満たすお寺」のみを選んでいます。 注意事項 「お寺の優劣」をランキングする意図はありません。 どのお寺にもお寺独自の良さが沢山あり、「素晴らしいからこそ混雑している」という側面もあります。 この記事は、あくまで 「私が勝手に作ったおすすめの定義に沿ったお寺を選んだだけ」ということをご理解頂ければ嬉しいです。 「桜/紅葉の時期」や「連休」などの特定期間は考慮していません。 私は平日にお寺を訪問することが多いため、混雑の基準は「平日」となります。 特に「紅葉の期間」や「連休」などは、どこでも相応に混雑する場合があります。 京都にある「すべてのお寺」を網羅しているわけではありません。 私は京都にあるお寺のうち 「約200か所」のお寺しか訪問できておらず、記事にしているのもそのうちの半分以下です。 素晴らしいお寺はまだまだ沢山ありますので、今後もおすすめのお寺を見つけたら常時追加していきます! おすすめのお寺一覧 京都にあるおすすめのお寺の地図 「五十音順」で並べています。 「詳細な行き方」や「見どころ」は 「訪問記事」を確認してみてくださいね!• ・雲龍院 雲龍院(うんりゅういん)は、京都市東山区にある真言宗泉涌寺派・別格本山の寺院です。

次の

京都とお寺好き必見!京都のおすすめの寺院をご紹介

寺 おすすめ

近年各地の寺社で話題になっている「花手水」。 縁日や週末、不定期で登場するものだったりしますが、やっぱり縁があるものなら愛でてみたいものですよね!そこで、美しい花手水が見られる京都のオススメのスポット5ヶ所と、見ることができる日程などをご紹介します。 ゆっくり撮影を楽しみたいという方は桜や紅葉のシーズン、週末をはずす等、ちょっと人が少ない時期に訪れてみるのもおすすめですよ! 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp)• 写真:古都の U助 奥之院へと続く紫陽花回廊のそばにある赤い実があしらわれているこの手水鉢の右側には、心琴窟があります。 楊谷寺の文字がある瓦の上に水をかけると、軽やかで素敵な音色を聞くことができます。 これはいわゆる水琴窟なのですが、楊谷寺は眼病平癒の祈願所として知られ、目で見るものだけではなく、耳や或いは心で感じることができるようにと命名されています。 周囲の緑や花手水と一緒に見ると、さらに美しく眼に焼きつく光景です。 <三室戸寺の基本情報> 住所:京都府宇治市莵道滋賀谷21 電話番号:0774-21-2067 アクセス:京阪「三室戸寺駅」より徒歩約15分 JR「宇治駅」または京阪「宇治駅」よりバスもしくはタクシー カラフルな花手水に癒される旅 あまりに美しい花手水。 きっと心まで綺麗にしてくれますよ! ぜひ記念にカメラに収めたいという方も多いと思いますが、撮影の際は周囲の人の観賞の邪魔にならないように心がけたいものです。 どこの花手水も本当に美しいので、きっとどんな構図で撮影しても素敵な写真が撮れるはずですよ! 2020年7月現在の情報です。 最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

次の