私たちはどうかしている 相関図。 私たちはどうかしている放送いつから?原作漫画との違いや最新話から結末を考察!

私たちはどうかしている出演者キャスト子役が誰かや相関図情報!

私たちはどうかしている 相関図

放送いつから? 「私たちはどうかしている」は、当初の予定では、7月期より日本テレビで水曜日に放送される夏ドラマでした。 「私たちはどうかしている」が放送される予定である日テレ水10の枠では、現在は「ハケンの品格」が放送されています。 「ハケンの品格」は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、 初回放送日が6月17日となりました。 そんな「ハケンの品格」は、7月29日が最終回の全7話になることが予定されており、「私たちはどうかしている」は8月スタートで9月末に最終回を迎える全8話となる可能性が高いようです。 春ドラマも夏ドラマも話数を短めに切り上げて、秋ドラマを通常通り一斉スタートさせるために調整するようですね。 ドラマの短縮は残念ですが、非常事態ですから、仕方のないことです。 ちなみに「私たちはどうかしている」は、6月7日より撮影が再開されたのだそうです。 原作との違いや見どころは? ドラマ版のストーリーについては現時点では詳しくは発表されていないので、原作漫画との相違点は不明ですが、本作の見どころについて、ご紹介いたします。 本作はミステリー作品ですので、事件の謎を追うのがメインストーリーです。 しかし、本作はミステリー作品としてだけでなく、椿(横浜流星さん)と七桜(浜辺美波さん)のラブストーリーとしても楽しむことができます。 今もっとも旬の俳優である横浜流星さん、女優さんの中でも特にかわいらしくて美しい浜辺美波さんが、和服姿を披露しているドラマのポスターを見ただけでもテンション上がりますよね! 二人はかつては、おさななじみであり、お互いに淡い恋心を抱いていました。 しかし、そんな二人は被害者家族と加害者家族の関係になり、引き裂かれてしまいます。 二人は、大人になり再会しますが、すぐにロマンスが始まるわけではありません。 七桜は母親を殺人犯だと証言した椿を恨んでいたし、椿の方も七桜に対しては複雑な感情を抱いていました。 そんな二人が次第に恋愛感情を持つようになり、惹かれるようになっていくというシチュエーションは、キュンキュンできること間違いなしです。 最新話から最終回を考察 原作の漫画は、まだ完結しておらずまだ続いていますので、マンガの最新話からどんな結末になるのか予想していきたいと思います。 「わたしたちはどうかしている」のストーリーは、子供の頃、椿は父親を何者かに殺害され、犯人は、七桜の母親・百合子だと疑いを持たれたことから始まります。 七桜は母親の無実を信じていますが、実際やはり犯人は百合子なのかと思われる伏線がたくさん散りばめられていました。 七桜は再会を果たした椿に、自分が百合子の娘であることは隠していましたが、 ついにバレてしまいます。 二人が離れ、三年後。 七桜は、自分の和菓子屋を経営していました。 そんな七桜のそばには、幾度となく彼女のピンチを救ってきた多喜川がそばにいました。 多喜川は、光月庵の後継者になるという七桜の夢が叶ったら結婚してほしいと伝えていました。 そしていよいよ迎えた光月庵の跡継ぎ対決の日。 七桜と椿は戦い、見事、七桜は勝利します。 七桜と椿は、対決の日の前日、一夜を共に過ごしました。 七桜にとっては、椿への思いを断ち切るための儀式のようなものでしたが、七桜は気持ちを切り替えて、多喜川との結婚に踏み切ることができるのでしょうか。 また、椿は失明するかもしれないという状況にありますが、椿の目はどうなってしまうのでしょうか。 個人の意見としては七桜が椿と結ばれることは、「母親が犯人ではない限り」期待できない展開だと思いますが、最終回の結末が二人にとって幸せな余韻を残したものであってほしいと願っています。

次の

韓国ドラマ 私の恋したテリウス キャスト 相関図

私たちはどうかしている 相関図

横浜流星さんのコメント 亡き父を信じ、尊敬している椿。 光月庵を大切に思い奮闘するカッコいい男です。 そんな椿を演じることにプレッシャーもありますが、期待に応えられるよう頑張ります。 七桜 さくら との関係も物語の魅力的な部分だと思っています。 また、和菓子の魅力も伝えられるといいなと思っています。 追加キャストが発表され次第更新していきます。 七桜と椿の幼少期を演じる子役も誰が演じるのか気になりますね・・・! 私たちはどうかしているのあらすじは? 現在「BE LOVE」にて大人気連載中の私たちはどうかしているですが、連載中ということもあり、まだ未完結で結末は誰もわかっていません。 15年前、全てを奪われた・・・ 全ては15年前に起きた事件から始まります。 老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が何者かに殺害されてしまいます。 殺害された若旦那の息子の証言によって、住み込みで働いていた女性和菓子職人が容疑者として逮捕されました。 若旦那の息子の名前は「椿」 住み込み女性和菓子職人の娘の名前は「七桜」 被害者の息子・容疑者の娘という肩書きを背負うことになった二人。 母親が逮捕されたことで七桜は光月庵を離れることになり、二人は離れ離れになりました。 そして15年の歳月を経て再会した二人。 七桜は母が大好きだった和菓子作りの才能や思いを受け継ぎ、和菓子職人として働いていたのです。 もちろん椿も跡取りになるべく、光月庵を守るべく和菓子職人の腕を鍛えていました。 椿は再会した七桜が幼馴染のさくらであることに気づかぬまま、プロポーズをします。 七桜は「母の無実を証明する」ことを強く願っているため、正体を隠したままプロポーズを受けることに。 光月庵に乗り込んだ七桜を待ち受けていたのは、女将のこの上ない嫌がらせやドロドロのお家事情…。 どんな逆境にもめげずに負けずに戦う七桜。 椿もそんな七桜に惹かれつつ、後継としての思いもあり… 15年前の真相が徐々に明らかになり、二人の関係も変化していきます…。 私たちはどうかしているの見所は? 15年前の事件の真相 全ての始まりの15年前の老舗和菓子店「光月庵」の若旦那殺害事件。 七桜の母が容疑者として逮捕され、そのままなくなってしまっていることから再捜査はされていないのですが、「私はやってない」という母からの手紙のこともありますし、真実が気になるところですね。 原作漫画がまだ完結していないので、原作とは異なるオリジナルの結末が予想されますので、毎回誰が本当の殺人犯なのか!?恋愛ドラマなのにミステリー要素もある、見応えのある内容になること間違い無いですね! 幼馴染ラブは成立するのか!? 15年前の事件が鍵!となんどもお伝えしているのですが、私たちはどうかしているは恋愛ドラマでもあるのです! 恋愛ドラマとミステリードラマが合わさった、恋愛ミステリードラマですね^^ 主人公の七桜と椿は幼少期はとても仲が良く、二人でよく遊んでおり、幼いながらに互いに惹かれ合っていた仲。 15年前の事件によって、二人は歪な関係になってしまっているのですが、幼少期の仲が良かった頃の思い出や、和菓子に対する熱い想いは共通しているので、憎しみあいながらも惹かれ合う・・・とっても複雑な関係なのです。 二人の恋の行方がどうなっていくのか、横浜流星さんと浜辺美波さんが演じるラブシーンに毎回胸キュンさせられてしまうかもしれませんね! 和菓子職人としての演技力 和菓子がテーマということで、七桜と椿を演じる浜辺美波さんと横浜流星さんの演技力が気になりますね!.

次の

【私たちはどうかしている】いつから放送で全何話?最終回の日程もチェック!【横浜流星ドラマ】

私たちはどうかしている 相関図

ドラマ『私たちはどうかしている』キャスト一覧 主人公と家族 花岡 七桜(21) 演・浜辺美波 和菓子職人だった母親・百合子の才能を受け継ぎ、和菓子職人の修行に励む。 その母親は幼少期に殺人の濡れ衣を着せられ獄中死している。 幼なじみの椿の証言で母が逮捕されたため、椿を恨み無実を晴らすためプロポーズされたことをいいことに「光月庵」に潜入。 大倉 百合子 33・故人 演・中村ゆり 七桜の母親。 和菓子職人として類まれなる才能を持ちながら、15年前に樹の殺人容疑で逮捕され亡くなった。 高月家 高月 椿 21 演・横浜流星 創業400年も続く和菓子屋「光月庵」の跡取り息子。 クールな性格だだが、店と和菓子を愛する気持ちは強い。 母親や祖父から構ってもらえず幼少期から孤独に過ごしてきたため感情表現が苦手。 母親が決めた相手との結婚を断り、七桜にプロポーズ。 七桜が15年前に店に居たことは知らない。 高月 今日子(45) 演・観月ありさ 「光月庵」の女将で椿の母親。 加賀御三家・鳳家の令嬢であったことから大旦那に見初められ、樹と結婚した。 七桜の正体を知って、「光月庵」から追い出そうと嫌がらせを繰り返す。 老舗の看板を守り、樹が店を継ぐためなら手段を選ばない。 美しいものを好み、執念深い性格。 高月 樹(33・故人) 演・鈴木伸之 椿の父親。 生前は腕の良い和菓子職人で優しく真面目な性格だった。 15年前に誰かに刺され亡くなった。 高月 宗寿郎 67 演・佐野史郎 椿の祖父で「光月庵」の大旦那。 老舗を守るため頑張ってきたが樹が亡くなってから体調を崩す。 孫の椿にはなぜか冷たい態度をとる。 「光月庵」で働く人々 城島 裕介 22 演・高杉真宙 実家は小さな和菓子店を営む「光月庵」に入ったばかりの職人。 素直で明るい性格で、七桜とすぐに仲良くなる。 椿と七桜の仲を引き裂こうとする。 山口 耕一(45) 演・和田聰宏 「光月庵」で一番の古株の和菓子職人。 穏やかで寡黙な性格。 椿の仕事ぶりを見守っている。 富岡 勝(48) 演・岡部たかし 「光月庵」で働き始めて10年の職人。 腕は良いが、勝気で野心家な一面を持つ。 安部 大吾(28) 演・前原晃 「光月庵」の見習い職人。 お調子者。 杉田 綾人(23) 演・草野大成 「光月庵」の見習い職人。 小心者でトラブルがおこると、アタフタしてしまう。 その他 長谷 栞(21) 演・岸井ゆきの 老舗有名旅館「長谷屋」の三女。 椿の婚約者だったが破談になる。 取柄がないと自分では思っている。 おっちょこちょいなところもある。 多喜川 薫(32) 演・山崎育三郎 七桜の前に現われたダンディーな男性。 七桜の母親の和菓子のファンだったこともあり、七桜をサポートする。 宮部 夕子(45) 演・須藤理沙 小料理屋「ゆうこ」を営む女将。 姉後肌でサッパリした性格だが情は深い。 どうかしているプロポーズ 「老舗和菓子店の跡取り息子の結婚相手には、ふさわしい相手を」ということで、椿の元に連れてこられたのが金沢の有名旅館の三女・栞。 しかし、椿は栞との縁談の日に、出会ったばかりの七桜にいきなり プロポーズ! 椿が結婚を破談にしたいことは分かるけども、初対面の女性にプロポーズとは…。 真犯人は? 15年前に七桜の母・百合子に殺されたとされる椿の父親・樹。 百合子は無実を訴えながらも、取り調べ中に亡くなってしまい動機などもハッキリわかっていません。 なぜ百合子は、樹を殺さなくてはいけなかったのでしょうか…。 同年代で和菓子職人として働いていた二人の関係は?という部分にも注目です。 祖父・宗寿郎が椿に冷たいのは? 老舗和菓子店「光月庵」を守ってきた祖父・高月宗寿郎(佐野史郎)。 樹が亡くなり、孫の椿が「光月庵」の跡取りとして和菓子職人として頑張っていても、椿の作った和菓子は口にしないなど冷たい態度をとります。 普通なら、血の繋がった孫はカワイイはずなのに、なぜ椿に冷たく当たるのか不思議ですよね。 宗寿郎は、椿の何が気に入らないのか?この疑問点にも事件の真相が隠れていそうです。 最後に ドラマ『私たちはどうかしている』は着物や和菓子など美しい日本文化に触れられる一方で、内容は殺人、いじめ、男女の愛憎など非常にドロドロとした内容となっています。

次の