コロナ 濃厚 接触 者 に なっ たら。 【コロナの「濃厚接触者」とは?】

【実録】濃厚接触者の濃厚接触者で自宅待機?!給料はどうなるの?

コロナ 濃厚 接触 者 に なっ たら

新型コロナウィルスがだんだん近づいてくる!? 緊急事態宣言が出されて、10日程経ちましたが、新規の感染者はどんどん増えています。 先日、妹子が住んでいる市町村でも、 初めての感染者がでたとのことで、自治体のホームページにて発表がありました。 朝のニュース番組、テレビ朝日の『モーニングショー』で、コメンテーターの玉川さんが、 「感染者が『知り合いの知り合い』から『知り合い』レベルに接近してきた」と、絶妙なたとえをしていたのが、強く印象に残っています。 まさに、そんな感じで、私の周りにも 新型コロナウィルスがどんどん近づいていることを実感していた今日この頃、ついに、家族が濃厚接触者の濃厚接触者になってしまいました。 コロナ禍の仕事の状況 食品製造業勤務で営業自粛などはなし 家族の仕事は、 食品製造業です。 首都圏に事業所がある会社の 工場勤務の正社員です。 ですから、このコロナ禍においても、休業要請の対象にはならず、また、製造業ということで、テレワークなどでの対応も出来ずにいました。 出荷先の営業自粛で出荷量激減 しかし、社会インフラを担う食品製造業と言えど、何を作るかによって、自粛の影響は受けざるをえませんでした。 特に、家族が作っている食品は、首都圏の空港や百貨店で販売されている商品だったため、大いに影響を受けました。 販売する空港にお客さんが来ないことには、百貨店が休業してしまっては、出荷する先がなくなってしまうため、 出荷量は大幅に減少していました。 出荷量を維持している工場へと応援へ それでも、会社の中で、別の部署の工場では、スーパーやコンビニエンスストアなどにおいてある商品を製造している工場もあり、家族は、所属の工場の出荷数減少に伴って、 仕事が多い工場へと応援に出向いていました。 勤務日数を減らす措置へ 会社で複数ある工場の中で、仕事が減ってしまった工場とそうでない工場で、人をやりくりしながら、会社全体の仕事量をならすかたちで、営業を続けておりました。 それでも人があぶれていたようで、緊急事態宣言が出てからは、それまではシフトで、土日を含めて週5日勤務だったのが、土日は完全に休み、そして平日1日を調整して交代で休みにして、 週4日の勤務でした。 調整してとった1日分は、ありがたいことに 休業補償という形で、給料には影響しない(減らない)と会社から通達されていたようです。 調査の結果、別の工場に応援に行ったときに、一緒に仕事をしていたメンバーでした。 という訳で、私の家族は、濃厚接触者の濃厚接触者になってしまったというわけです。 まさに、知り合い(同僚)の知り合い(家族)が感染者のパターンです。 もしここで、この先、近いうちに一緒に仕事をしていた従業員の感染が判明するようなことがあったら、今度は家族が、濃厚接触者になってしまいます。 そして、その私の家族の感染が判明した場合、その家族である私や他の家族も濃厚接触者になっていくわけです。 なるほど、こうして感染は広がっていくのですね。 濃厚接触者の対応 ところで、感染者の濃厚接触者はどうしたらいいかというと、一般的に、感染者の濃厚接触者であった場合は、PCR検査で感染の有無を調べ、そして、 陰性だった場合は2週間の自宅待機となります。 その間、なるべく家族とも接触を避け、別の部屋で過ごすなど、注意が必要となります。 濃厚接触者の濃厚接触者の対応 では、 濃厚接触者の濃厚接触者はどうしたらいいのでしょうか。 これは、特に定められた規定のようなものはありません。 ですから、マスクとか体調とか、いつも以上に気を配る必要はあると思いますが、 あとは普通に社会生活を送っていても構わない、ということになるでしょう。。。 会社独自の対策で自宅待機に ですが、家族の勤めている会社は、会社独自の処置として、濃厚接触者の濃厚接触者も、 2週間の出勤停止となりました。 会社としては出勤停止ですが、要するに 『自宅待機』といっていいと思います。 工場内で感染者がでたら、おそらくその工場は2週間、操業停止になります。 今回、他工場へ応援で行ってる人が何人かおり、他の工場にも飛び火しかねません。 すると、複数ある工場のうち、いくつかが2週間とまってしまうことになります。 念には念を、ということなのでしょう。 給料はどうなるの?! 食品工場内で手洗いや消毒は徹底しているとはいえ、公共交通機関で出勤している以上、やはり感染リスクは伴います。 そんな中、2週間、お休みを頂けるというのは、家族としてもたいへんありがたい気持ちです。 あとは、濃厚接触者の従業員の方が、感染していないことを祈るのみです。 ですが、 お休みをいただいている間の給料はどうなるのでしょうか。 これも、 会社の方で全額休業補償をしていただけるとのことです。 もともと、交代で休ませて休業補償していた中での出来事。 毎日何人か休ませないといけないそうなので、濃厚接触者の濃厚接触者を優先的に休ませる、とのことでした。 家族が休んでいる間に、その分休めず働いている方がいると思うと、申し訳なさと感謝の気持ちが湧いてきます。 全額休業補償というけれど ちなみに全額休業補償ということですが、どのような扱いになるかはわかりません。 が、有給休暇の消化でもなく、欠勤でもないそうです。 そして、基本給などの固定給を引かない、とのこと。 給料は、残業の比率が大きく、忙しい月は3分の1は残業代、という月もあるほどでした。 3月、4月もその忙しい月に当たるのですが、この新型コロナウィルス感染拡大の影響で、残業はほとんどありませんでしたから、その金額と変わらない、と理解するのが妥当でしょうか。 自宅待機中の家での過ごし方 というわけで、思いがけず2週間の自宅待機になってしまったのですが、『濃厚接触者』というわけではないので、極力人との接触を減らしながらも普通に生活を送っていくようです。 とりあえず、アマゾンプライムで映画をたくさん見る予定のようです。 新型コロナウィルスは、気が付くともう、すぐそばに 例えばコンビニの店員さんが濃厚接触者の濃厚接触者かもしれませんし、すぐ前にエレベーターを使った人が濃厚接触者の濃厚接触者かもしれません。 だからといって、すぐに自分や家族が感染するわけではないですが。 それでも、2週間の自宅待機になった場合、お給料はどうなるのか、医療費はどのくらいかかるのかなど、いろいろと気になることが出てきます。 今回、思いがけず、家族が、濃厚接触者の濃厚接触者になってしまい、私は、濃厚接触者の濃厚接触者の濃厚接触者になったわけで。 そう考えていくとキリがないのですが、そうやって、濃厚接触者がどんどんつながって感染爆発にならないように、一定の節度を保ちながら、自粛生活を送っているのだと改めて実感しました。 岐阜で育ち、名古屋で学び、東京で人材系の会社に就職し、埼玉に嫁ぎ、柔軟な兄とは対照的に、鉄骨並みの頭の固さで現在を生きる30代。 妹キャラというより、幼少期より身についてしまった奴隷体質で、当ブログの記事執筆と日程管理を担当。 日々、兄のケツを叩きながら、自分も兄の奴隷としての才能を発揮。 就職・転職・労働問題を中心に、働くこと、稼ぐこと、節約することを発信していきます!! 最近の投稿• 最近のコメント• に imoko より• に 根本明美 より• に より• に より• に より アーカイブ• カテゴリー•

次の

濃厚接触者の定義から私たちが学ぶこと|コロナ専門家有志の会

コロナ 濃厚 接触 者 に なっ たら

Contents• 濃厚接触とは? 「濃厚接触者」とは、「患者(確定例)」 が 発病した 日以降に接触した者のうち、 次の範囲に該当 する者である。 ・ 新型コロナウイルス感染症が疑われる者と 同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等 を含む)があった者 ・ 適切な感染防護無しに新型コロナウイルス 感染症が疑われる患者を診察、看護若しくは 介護していた者 ・ 新型コロナウイルス感染症が疑われる者の 気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接 触れた可能性が高い者 ・ その他: 手で触れること又は対面で会話 することが可能な距離(目安として2メートル) で、必要な感染予防策なしで、 「患者 (確定例)」 と接触があった者 (患者の症状やマスクの使用状況などから 患者の感染性を総合的に判断する)。 濃厚接触の「新しい定義」は? 4月20日に国立感染症研究所の新型コロナ ウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査 実施要領が改訂されました。 新しい定義は、患者(確定例)の感染可能 期間に接触した者のうち、次の範囲に 該当する者です。 *感染可能期間とは、コロナウイルス 感染症を 疑う症状を呈した 2日前から 隔離開始までの期間 ・患者(確定例)と同居あるいは 長時間 の接触 (車内、航空機内等)があった者 ・適切な感染防護無しに患者(確定例)を 診察、 看護もしくは介護していた者 ・患者(確定例)の 気道分泌物もしくは 体液等 の汚染物質に直接触れた可能性が 高い者 ・その他:手で触れることのできる距離 ( 目安として 1メートル)で、必要な 感染 予防策無しで、患者(確定例)と 15分以上 の接触があった者(周辺の環境や接触の 状況等個々の状況 から患者の感染性を 総合的に判断する) 「濃厚接触の新基準と 新し生活様式」とは? 1. これからは、発症の2日前から、目安として 1m以内にマスクなしで15分以上会話をする などの接触をした人が濃厚接触者に該当します (周辺の環境や接触の状況等個々の状況から 患者の感染性を総合的に判断する)。 そのため、今後は誰もが感染していると 思って、1m以上(できれば2m)あけて話す 必要があります。 つまり、分かりやすく言い換えると、お互いの いずれかがマスクなしで、1m以内で15分以上 話していた場合、その後どちらかが2日以内に 感染した場合は「濃厚接触者」になりえるという ことです。 以上より、会話の際には普段からマスクをする、 できれば2mの距離をあけることが大事です。 流行は年単位ですので、新しい習慣として 定着させてください。 会話をする際に飛沫を飛ばさないための マスクは ガーゼマスクでも良いでしょうし、 また、マスクが ない場合には、ハンカチや、 スカーフ、バンダナなど も最悪の対応として 米国CDCは紹介しています。 こうしたことを踏まえて外来などにおいて、 発熱 などの症状がない患者に対しても、 対策の検討が 必要です。 外来での座席の配置、換気のあり方も含めて 考える 必要があります。 もう一つご紹介したいのは、この改訂にあわせて、 保健師さんが保健所で行う積極的疫学調査の ガイドを 作成したことです。 保健師さんのために、と書いてありますが、 クラスター対策にも使えます。 起きてほしくは ないのですが、院内感染などが 発生した場合に 保健所がどのような調査をするかも 理解できます。 濃厚接触者になったら? 🔸濃厚接触者に発熱や呼吸器症状が発現した 場合は医療機関受診の前に 保健所へ連絡し、 検査の対象者とする。 無症状の場合は検査は実施せずに経過観察 を行うとする一方、医療従事者など、 ハイリスク者に接する機会のある業務に 従事している場合や、疫学調査が必要と 判断された場合は可能な限り検査を 実施する。 🔸 学生・院生・教職員は、その結果を 大学事務局に電話で連絡してください。 学生・院生の場合は学校保健安全法又は 本学就業規則等により出席停止・自宅待機とし、 出席停止・自宅待機期間は感染者と最後に 濃厚接触をした日から起算して2週間とします。 🔸自宅待機中は、 毎日検温して健康観察を行 なってください 🔸 同じ家で過ごしても構いませんが、他の 家族の皆さんは同じ部屋で過ごす時間を できる限り短くしてください。 同じ部屋にいる場合には、できるだけ 離れて 過ごすようにしてください。 トイレやお風呂など、共有部分を使った 後は、 家族全員がきちんと手洗いをして ください。 また、手拭き用のタオルは共有せず、 各自のものを使ってください。 🔸 食事は一緒にせず、別室もしくは 時間を ずらして食べてください。 使った食器やお箸に特別な消毒などは 不要です。 通常の食器用洗剤で洗ってください。 🔸濃厚接触者は 外出を避けて下さい。 健康観察期間は、患者と最後に接触した 日から14日間となります。 家族も熱を測るなど、健康観察をし、 不要不急の外出は避け、特に咳や発熱などの 症状があるときには、職場などに行かないで ください。 政府は、 「新しい生活様式」を発表しましたが、 これが今後の基準になります。 詳しくは以下のサイトにあります。

次の

「コロナに罹ったら14日で復職OK」は安全な基準か?(忽那賢志)

コロナ 濃厚 接触 者 に なっ たら

市民向けのセミナーでは、これまでに判明している症状の例が説明された。 撮影:三ツ村崇志 中国はもちろん、日本国内で確認された症例報告などを総合すると、新型コロナウイルスにともなう感染症の基本的な症状は、発熱や喉の痛み、頭痛、倦怠感や筋肉痛など。 中でも 長引く発熱や咳、強い倦怠感が、新型コロナウイルスに感染した人にみられやすい症状だと言われている。 ただし、この症状をもって感染の有無を判断することはできない。 重症化すると、高熱や喀血(咳とともに血を吐くこと)、肺炎などを発症し、中には死亡してしまう例もある。 糖尿病や心臓病といった既往歴のある高齢者では死亡するリスクが他の患者に比べて高いことから、特に注意が必要だ。 「感染した」と思ったら 2月17日、厚生労働省は診断の目安を発表。 出典:厚生労働省 資料「新型コロナウイルスを防ぐには」 厚生労働省は2月17日、日本での感染拡大にともない、新型コロナウイルスに感染したと思った時の対応の仕方について、目安を示した。 まず、基本となる点は以下の2つの症状。 ・ 風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならない人も同様) ・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方 もし、こういった症状がみられた場合、まずは「 帰国者・接触者相談センター」への 電話相談が推奨されている。 そのため上記の症状が、 4日ではなく2日程度続いた段階で早めの連絡が推奨されている。 4日以上、37. 5度の発熱など、期間や具体的な数値は、これまでの症例報告などを踏まえて、専門家会議で議論された結果だ。 加藤勝信厚生労働相は 「必要な方が必要なタイミングで適切な医療を受けられる、まさに重症化を防ぐための体制」 とその意図を語った。 なお、妊婦に対しては、念のために重症化しやすい人と同様に早めの相談を推奨。 一方、子どもの場合は、現時点で重症化しやすという報告が上がっていないことから、上記の目安通りの対応が求められている。 帰国者・接触者相談センターでは、電話相談によって新型コロナウイルスへの感染が疑われる人に対して、住まいの近くにある専門の「帰国者・接触者外来」を紹介している。 また、こういった医療機関を受診する際には、 公共交通機関の利用しないこと、感染拡大を予防するためにマスクや手洗い、咳エチケットなどの徹底を求めている。 医療機関・保健所での検査を行い、新型コロナウイルスへの感染が確定すれば、指定された病院に入院することになる。 ただし、検査結果は状況によって数日かかることもある。 新型コロナウイルスの検査要件も緩和された。 武漢や湖北省への滞在歴がない人や、滞在者と接触していない人に対しても、検査を実施できるようになっている。 出典:第11回新型コロナウイルス感染症対策本部資料 自宅でできる対策は? 米CDCは食器などの共有もNG 風邪は長引いているのに、厚生労働省が示す検査対象には含まれていない、というケースも多い。 自分が新型コロナウイルスに感染していたら……と、家族やパートナーへうつしてしまう不安を抱いている人もいるのでは。 アメリカの疾病予防管理センター(CDC)では、自宅待機時の予防対策について次のように指摘している。 まず、前提として 「病院に行く以外は自宅にいること」が重要だ。 日本人は、風邪のような症状があっても、職場や学校に行ってしまうケースが多い。 もし実際に新型コロナウイルスに感染していた場合、公共交通機関やタクシー、あるいは人の多い場所に行くことで、感染のハブになってしまう可能性がある。 とはいえ、中には会社を休むことでその分の給与が減少し、生活がままならなくなってしまう可能性がある人も多い。 企業側にも、完全リモートワークを適用したり、通勤ラッシュを避けた出社を進めたりと、柔軟な対応が求められている。 関連記事 次に、家族やパートナーなど、一緒に生活している人がいる場合。 CDCは、同居者にウイルスを感染させないよう、「体調が悪くなった場合は、なるべく一つの部屋で過ごす」と、他の人との接触を避ける行動を取ることが基本としている。 バスルームなども可能なら別々のものを使用した方が良いとしているが、日本の住宅環境を考えると難しそうだ。 また、同じ室内に自分以外の人がいるようなときは、フェイスマスクの装着が望ましい。 一般的に予防効果が無いとされているマスクだが、 感染リスクが高い場所での着用はWHOでも推奨されている。 なお、CDCでは、仮に呼吸が難しいなどの事情でマスクを装着できないようなケースでは「 同じ室内に滞在すべきではない」と強く警告している。 また、CDCによると、食器や調理器具、タオルなどの共有も感染リスクを高める行為だという。 こういった道具を新型コロナウイルスに感染した人が使用した後には、徹底的な洗浄が求められる。 感染者の着ていた衣服や寝具といった血液、便、体液などが付着している可能性のあるものも同様だ。 こういった対策のほか、感染症対策の基本となる「手洗い」も、もちろん重要といえる。 「自分は大丈夫だから」という気の緩みは、知らぬ間に感染を広げ、死者を増やすことにつながってしまう。 その数をできるだけ減らすためにも、基本となる対策を忠実に、実直に続けていくしかない。

次の