いいと思う 英語。 【英語表現まとめ】中二心がくすぐられる、超かっこいい、痺れる英単語、熟語100本ノック!!

かっこいい英単語や英語!ニックネームに使える名前をジャンル別に!

いいと思う 英語

ただ、意味は同じでも、 実はこれらの単語にも微妙な違いがあるのです。 何かを選ぶとき、何か行動を起こすとき、 決断をしなければならないとき、 こうした時に慎重に考えたり、 誰かと傷つけないかどうか 慎重に配慮したりするような場合に使われます。 つまり、「頭の中でよく考えなければならない」 ときに使われるのです。 南アメリカで職を得ることを考えています ・I consider it meaningless. 私は、それは無意味だと思います このような文章の場合、「頭の中でよく考えた結果」という ニュアンスの言葉に隠されているということです。 そして「考えた」というような 過去形を 使う場合は 【considered】を使うと良いでしょう。 両親の気持ちを考えて家業に就くことにした ・Until then, I had never considered changing careers. その時まで、私はキャリアを変えるなんて考えてもみなかった ・I considered whether I should join them. 仲間に加わるべきかどうかじっくり考えた ・I seriously considered resigning. 辞めるかどうかを真剣に考えている ・Have you considered my feelings? あなたは私の気持ちを考えたことがあるの? こちらの表現もご紹介。 「どう思いますか?」と聞かれると必ず「I think~」という言葉で 返そうとするのはとても自然なことですよね。 つまり、頭に何かが勝手に思い浮かんだり、 自分で積極的に何かと考えてみたり、 肌で感じたこと・思ったことを表現するときによく使われます。 例えば、 ・I think he likes me. 彼は私のことが好きだと思う ・I think he is lying. 彼は嘘をついていると思う ・I think you are right. 君は正しいと思う このような文章を見ると、 じっくり考えるというよりは確信はないけれど、 主観的な思いを表現するときに使われていますね。 見かけは大きな違いがあるようには思えないのですが、 使う場面を間違えてしまうと、 とんでもない誤解を招いてしまいます。 日本人はあまりこの言葉を使いませんが、 上品な響きのある 「~という気がします」になります。 ・I suppose everything is going to be all right. 多分、全てうまくいくよ ・I suppose you are right. あなたは正しいと思うよ ・I suppose he will be late. 彼は遅刻するだろう いかがでしょうか? どれも確信も根拠もないけれど、 きっとそうではないかという表現になっていると思います。 日本語にすると 「~する予定になっている」という意味を持ち、 be going toと似たニュアンスで使います。 ・His lecture was supposed to start at seven, but it actually started at seven twenty. (彼の講義は7時に始まる予定だったけれど、 実際は7時20分スタートだった) ・This class was supposed to start at eight, but it actually started at seven. また、 「~するものと(世間一般に)考えられている」 といったように、 世間での常識や慣例について 言及するときにも使われるようです。 ・You are supposed to go there at seven. あなたは7時にそこへいかなければいけないはずです ・Christmas is supposed to be spent with family in the United States. クリスマスは本来、家族と過ごすものです このように文章の中に 「~するはず・~なはず」という言葉が隠されていますね。 「思う」「考える」を3つの表現で使い分けよう!まとめ いかがでしたでしょうか? 説明した3つの表現だけではなく、 英語の「思う」や「考える」にはたくさん単語がありますが、 細かく見てみるとそれぞれ全く違う意味合いを持ちます。 そして、考える度合いや信憑性で表現が少しずつ 変わっていくということがお分かりいただけたのではないかと思います。 これらの言葉を理解し使い分けられるようになると、 欧米の方のニュアンスもきちんと理解することができ、 さらに英語が楽しく、充実することになるでしょう。 ただ、この3つの言葉のみならず、 選びかたを間違えてしまうと大変なことになりかねるので、 言葉に出す前にその内容に対しての信憑性、 どれだけ確信があるのか、どれだけよく考えて決めたことなのかを 自分で理解してから言葉を選ぶ必要があります。 その点を注意した上で、 ぜひ ワンランク上の英会話を楽しんでいただけたらと思います。

次の

「~するほうがいい」の英語表現7選【英会話用例文あり】

いいと思う 英語

「いいなぁ~」英語でいろいろな表現があります。 「I'm jealous! 」は日本語で「羨ましい!」という意味があります。 (英語では、「Envy」と「Jealousy」はほぼ同じ意味で使用されますが、意味は少し異なります。 Envyは何かが欠けていることに対する反応であり、Jealousyは何か(通常は誰か)を失うという脅威に対する反応です。 これは細かい区別ですから、わかりにくいとおもいます。 母語の話し手でさえこの間違いを起こすので、心配しないでください!) 「You're so lucky! 」または、「Lucky you! 」という表現には日本語で「良かったね!」や「ツイてるね!」という意味があります。 普通の「いいね!」と言いたい時に「Nice! 」や「Good! 」も使って良いと思います。

次の

~がかっこいいと思うから。を英語にするとどうなりますか。 急いでい

いいと思う 英語

最も一般的な「羨ましい」は「jealous」 「jealous」の意味と使い方 「いいな、羨ましい」という意味でネイティブが最もよく使う表現は 「jealous」です。 「jealous」は形容詞で、名詞の「jealousy」が由来しています。 日本語でも「ジェラシー」と言いますよね。 「jealousy」には大別して3つのニュアンスがあります。 13世紀あたりからこのニュアンスで使われています。 しかし 近年ではある種スラング的に「いいなー!羨ましいー!すげーじゃん!」みたいな感じにポジティブな意味で若者は使います。 前置詞 「of」を使い、「I'm jealous of you! (お前いいな!)」というフレーズがお決まりです。 「so」でよく修飾され、「I'm so jealous! 」とも言います。 「jealous」は元々ネガティブな意味との混同を避ける意味でも、「いいな、羨ましい」という意味で使う場合は、羨ましい理由を先に言い、後から「I'm jealous! 」と付け加えるのが定番の使い方です。 文法上は、that節を使うことも可能ですが、ネイティブはあまり使いません。 例文です。 来週末パリ行くの?ちょー羨ましいんですけど! ネガティブな「jealous」 「jealous」には強いネガティブなニュアンスもあり、現在でもこのニュアンスで使われることもあります。 名詞「jealousy」は文学的な表現だと「green-eyed monster」という表現もあります。 直訳は「緑の目をした怪物」なのですが、これで「体の中をうごめく嫉妬心」という意味になります。 シェイクスピアが舞台オセロでこの表現を使い、慣用表現として使われるようになりました。 恋愛における「束縛する」は形容詞 「possessive」を使います。 「嫉妬しい」のように「嫉妬する性質を持っている」と表現する場合は「have a jealousy bone in one's body. 」という表現もあります。 否定文で使うことが多いです。 ネイティブがあまり使わない「envy」 「羨ましい」という意味の単語がもう一つあります。 動詞 「envy」です。 形容詞は「envious」です。 「I envy you. 」で「羨ましいです」というお決まりのフレーズです。 「I envy someone for something. 」で「誰々の何々を羨ましく思う」という意味になります。 「envy」には元々の「jealousy」のようなネガティブな感情は含まれません。 「envy」は単に他人の所有物に対する羨ましさであり、劣等感を感じる嫉妬である元々の「jealousy」のニュアンスとは違います。 」と「I envy you! 」は同義として使ってOKです。 しかし実際はネイティブは「I envy you! 」は慣習的にあまり使わず、日常英会話で使うと少し不自然な印象を与える場合があります。 なので基本的に「I'm jealous of you! 」を使う方が無難でしょう。 形容詞「envious」もあまり使いません。 「I'm envious of you! 」と言っても同じ意味にはなります。 間接的に「羨ましさ」を表現する方法 「jealous」や「envy」などの単語を使わなくても、間接的に「羨ましさ」を伝える方法はたくさんありますので、紹介していきます。 Lucky you! /You're lucky! ネイティブは相手によいことがあったときによく「lucky(運がよい)」という単語を使います。 「Lucky you! 」「You're lucky! 」などと表現して「よかったね」「ついてるね」などを意味します。 「You're lucky! 」と言った後に「I'm jealous. 」を付け加えて一緒に使うことがもよくあります。 注意点は、相手の努力が実り成功した場合(会社での昇進や大学受験の成功)などに対して使うと失礼に当たりますので気をつけましょう。 そのような場合はこれから紹介する「I'm happy for you. 」や「I'm proud of you. 」を表現するのがベターです。 「wish」は 実現不可能もしくは実現可能性が極めて低い願望を指します。 その為、仮定法が適応され「could」のように過去形を使うのが基本です。 実現可能性がないことを望むため、「羨ましいな〜、いいな〜」というニュアンスを含むことがあります。 例えば、「英語話せる人は羨ましいな〜」と英語で表現したい時は「I wish I could speak English. 」と言います。 この例文の「羨ましい」は「嫉妬」のニュアンスは弱く、自分のそうなりたいという「願望」のニュアンスが強いです。。 「ずっとやりたかったんだよね」を意味する ・I wanted to try that. ・I have always wanted to try that. などと一緒に使うとよりニュアンスが鮮明になります。 2つ目の「have」は継続を表す現在完了です。 「ずっと」やりたかった、という意味合いが強く伝わります。

次の