結婚相手 年収。 年収600万円の男性と結婚する方法はある?最高の相手を見つけるための5つのポイント

結婚相手の年収が低いときはこう考える!収入が低い男性と幸せに暮らせる解決策まとめ

結婚相手 年収

Photo by iStock ただ、いい男ってそんなにいません。 とくに、婚活しているなかで出会う男性では限られています。 いい男は、すでに結婚しているか、独身でもわざわざ婚活する必要性を感じていないため、婚活市場に出てこないのです。 「そんなのわかっています。 私は普通の男でいいんです!」 最近では、こういう女性も増えてきました。 そもそも、普通って何でしょうか? じつは「普通」の定義がズレている方が大勢います。 年収や見た目など、無意識に条件を絞ったなかで相手を探しているので、「普通男子」に対する判断のレベルが上がっているのです。 普通男子の基準を、年収に求める女性は多くいます。 しかし、この基準が「普通の男でいいのに!」となる状況をつくっているのです。 現在、具体的に婚活している男性は「年収が400万以上」の方がメインです。 もちろん、実際には「年収300万円台以下」の男性だって多くいます。 ですが、そういう方は、結婚相談所に登録できなかったりして、なかなか婚活市場には出てこられません。 なんと「存在なし」とされているのです。 こうして「400万円以上」から婚活市場に出てきます。 しかし、私のところに来る婚活女性が求める普通の年収とは、「500万円以上」だったり「600万~700万円台」です。 もちろん、自分のことは棚に上げての主張なのですが。 しかし、年収500万円かせげる男性は、じつは「普通」のレベルを超えています。 そのため、やはり婚活市場には出回っていません。 だったら少し基準を下げよう、ですか? 「年収400万円台から探さなきゃ」と思われた女性は、正しい判断をされたと思います。 戦略的で現実的な婚活です。 じつは、明治安田生活福祉研究所が、2016年におこなった調査によると、結婚相手に望んでいる年収として、「400万円台」と回答した独身女性は、29. 5%にものぼるそうです。 相手に求める年収として、400万円台からスタートするのがトレンドと言えるでしょう。

次の

篠原ともえ結婚相手は誰?旦那の名前や仕事(職業)や年収や顔画像も調査!

結婚相手 年収

女性も働いているので相手に高い年収を求めなくなった サンマリエのアンケートでは、2017年のアンケートで同率1位だった「結婚相手に求める年収・500万円、600万円」から「400万円」がトップになり話題となりました。 女性の社会進出が進み、女性も男性と同じように働く人が増えたことから以前のように「三高」(さんこう)を相手に求めなくなっています。 ちなみに「三高」とは「高学歴・高収入・高身長」のことです。 相手の年収が高くなくても、自分も働いているから問題ないという意識に変化していることがアンケートの結果から分かります。• 男性は「結婚相手の年収は気にしない」派が多い アンケートで、女性が具体的な年収を条件として挙げていることに比べ、男性は「こだわらない」と答えた人が約4割を占めました。 もちろん自分の稼ぎだけで生活するのは大変だと考えた上で、「ある程度の収入はあってほしい」と考える男性がほとんどです。 ただし女性の方が年収が高く、子供ができたことをきっかけに、男性が家事や育児をする「主夫」になるというパターンもあり、柔軟な考え方をする男性が増えてきています。 共働きをすれば生活は可能 男性の年収400万円は、月収にすると月25万円で夫婦2人が生活をする分にはそこまで大変ではありませんが、子供ができると生活は苦しくなります。 将来のことを考えると、男性だけの収入に頼るのは危険です。 反対に 結婚しても夫婦で共働きを続ければ、貯金もでき、将来に備えることができます。 「結婚後も働こう」という考えを持ち、男性の収入にこだわらない女性も少なくありません。• 30代:460〜520万円 仕事に慣れて中堅となる30代男性は、平均年収489万円です。 30代後半となると役職などにつく人もいますので、年収はさらに上がります。 女性は30代は結婚や出産などで休職することも多いため、年収の幅は狭くなっています。 30歳~34歳 35歳~39歳 男性 461万円 517万円 女性 315万円 313万円 (出典:) 40代:570〜630万円 40代男性の平均年収は600万円です。 男性は同じ会社に勤めている場合、実績を積めば順当に給与が上がっていきます。 女性は結婚や出産で休職、退職して再就職することが多いので、年収はそれほど伸びません。 40歳~44歳 45歳~49歳 男性 569万円 630万円 女性 308万円 310万円 (出典:) 続いては、結婚した後に必要となってくるお金についてご紹介します。• 子供が3歳になるまでにかかるお金は400万円 妊娠から出産、そして子供が3歳になるまで必要なお金は400万円です。 出産にかかる費用は、妊娠から出産までの検診、出産準備に必要な備品の購入、また入院費などで60万円近くかかります。 健康保険から「出産育児一時金」として42万円が支払われるので、実際に自分が支払うのは15万円前後ですが、これはあくまでも順調に出産ができた場合です。 早期に入院が必要となった場合には、入院の費用に加え、外食費などもかかります。 また出産後、赤ちゃんの服やおむつ、ミルク代などに加え、1歳まではお宮参りや初節句などがあり、出費がかさみます。 未就学児の場合、1年にかかる費用は約104万円ですが、保育所や幼稚園に入ると費用が上乗せされ増えます。 (参考:) 子供が小学校から大学まで行く場合にかかる費用は2,000万円以上 子供が小学校から大学まで公立に通った場合、また私立に通った場合には、それぞれ費用に差が出てきます。 によると、幼稚園から高校までにかかる学費は以下の通りです。 (学費他、給食費や学校活動費も含む) 幼稚園 小学校 中学校 高校(全日制) 公立 233万円 322万円 478万円 450万円 私立 482万円 1528万円 1326万円 1040万円 一番お金がかかるのは、公立、私立共に中学校です。 さらに大学に進学する場合、国立、私立文系、私立理系で学費は変わってきます。 大学入学から4年間の学費を合わせると、公立大学では500万円、私立文系大学では700万円、私立理系大学だと880万円必要となります。 幼稚園から大学まで、「学費だけをみると1,000万円必要である」と教育ローンなどを取り扱う銀行では提示していますが、実際にはその他の費用も必要になります。 トータルで考えると、幼稚園から大学まで公立に通ったとしても、学費として必要なお金は2,000万円以上です。 ただし今後留学の必修化など、学校によって学費が変わる可能性もあります。 マイホームを購入する場合かかる費用は3,000〜4,000万円 マイホームを購入にかかる費用は、3,000万円から4,000万円です。 マイホームを建てる場合、まず建てるための土地が必要となります。 もし夫婦どちらかの実家の敷地内にマイホームを建てるのであれば、建物だけ建てればいいので、2,500万円から3,000万円の資金があると良いでしょう。 ただし土地を新たに購入し、マイホームを建てる場合、土地にもよりますが土地代と建物代を合わせて5,000万円近くかかってしまうこともあります。 4.理想は共働き?結婚する相手の選び方 結婚する場合には、結婚した後の生活も考え、どれぐらいの年収が相手にあれば生活ができるのか考える必要があります。 結婚相手を選ぶ場合に、考えておきたい選び方について詳しく見ていきましょう。 結婚資金などを考えると、最低でも200万円、できれば300万円以上あると結婚後も安心です。 貯金額を考えると、20代での結婚はかなり厳しいのが現状です。 また、年収が高くても、それだけ使ってしまう人と結婚すると、子供ができた時に学費の備えがないまま生活していかなければならなくなります。 結婚式の費用や新居の費用などを、貯金でまかなえるかどうかも確認しておきましょう。 もちろん、あなた自身も貯金がきちんとできるようにしておく必要があります。 貯金がきちんとできる人であれば、年収が200万円であっても子供を育て、マイホームを建てることも不可能ではありません。 あなたも働けば、相手の年収が低くても十分にカバーすることは可能です。 年収ばかりを相手に求めていては、結婚したいと考えている相手も少なくなってしまいます。 子供は何人欲しいのか、またマイホームが欲しいか、将来的に両親と同居する可能性はあるのかなど、ライフスタイルによって必要となるお金は変わってきます。 ただし「お金がなくてもなんとかなる」と夢や理想ばかりを口にしている相手だと、経済的に破綻する可能性もありますので、注意が必要です。 お金のこと、生活スタイルなど、自分と考えや価値観が同じであれば問題ありませんが、全く違う場合は問題です。 年収がいくら高くても、一緒に暮らして行きたいと思える相手でなければ意味がありません。 目先のお金にとらわれず、相手との未来の生活が思い浮かべられるかどうか、しっかりと見極めましょう。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ 女性が結婚相手の男性に求める平均年収は400万円です。 夫婦2人での生活であれば、年収400万円でも問題はありませんが、将来子供ができてからのこと、また将来の生活を考えると、男性だけの年収では不安ですよね。 それでも女性も仕事をし、男性とほぼ変わらない収入を得られるようになっている現代では、共働きが一般的になっており、十分に子育てが可能となっています。 結婚を考える際には、男性の年収も大切ですが、自分も働くこと、また働いている間にできる貯金などを考えて一緒に力を合わせて生活していきたいと考えられる相手を探すことが大切です。

次の

未婚女性が結婚相手に求める年収、最低「301~400万円」

結婚相手 年収

婚活市場に年収500万円の男性はどれくらいいるのか? 年収500万円の男性はそこまで多くありません。 しかし、 多くの婚活女性が相手に求める最低年収を500万円にしているため、人数の割に需要があるので非常に競争率は激しそうです。 年収が500万円以上と書くだけで、マッチング確率が上がったり相手希望者がぐっと増えるといいます。 年収500万円というと、専門職で資格を持って仕事をしていたり、会社で役職があるなど、普通のサラリーマンではなく特別な職の人が多いです。 ただ、リアルでも年収500万円の男性はモテるので、そもそも婚活している人が少ないということもあるので、激しい戦いになるのは避けられないですね。 婚活中の年収500万円の男性と結婚した場合の生活 年収500万円の男性と結婚した場合の生活は、どのようなものになるのでしょうか。 様々な視点から考えてみました。 専業主婦になれるかどうか 年収500万円と言えど、500万円が手元にそのまま丸々入ってくるわけではありません。 税金などが入るので、大きくマイナス100万円以上が手取りになるはずです。 とは言え、家賃や食費なども考慮し1ヶ月の出費をしっかり計画すれば、年収500万円の人と結婚しても専業主婦で生活していけるでしょう。 ただ、 今この時代に年収500万円がいつまで続くかわからないので、頼りっぱなしにならないよう様々な逃げ道を考える必要がありそうです。 どういったところに住めるか 年収500万円の人とどんなところに住めるかですが、これは家族の人数によります。 ただ、マイホームが欲しいという人も多いのでお伝えしておくと、通常年収の5倍までを目安に家を購入するそうなので、年収500万円だと2,500万円になります。 しかし、 東京でのマイホーム検討は最低でも2,800万円スタートが多いので、なかなか東京で家を買うのは難しそうです。 本当にマイホームが欲しいのか、どの場所にどの大きさの家が欲しいのか、しっかり検討し確認した上でマイホーム購入を進めていきましょう。 旅行などの娯楽はどれくらいできるか 旅行も一回の旅行でどれだけの金額を使うかによって、年間で旅行にいける可能性というのがぐっと変わります。 たとえば、子供なしの夫婦二人の海外旅行は口コミで多いのが年に一回の海外旅行または年に数回の温泉旅行。 もちろん、宿のクオリティや旅行先でどれだけ予算を使うかによって大きく変わりますが、それでも海外旅行はそこまで多くいけないでしょう。 もし子供がいる場合は、海外旅行もなかなか難しいので、どうしても国内になってしまいそうです。 もし海外旅行に行きたい場合は、収入を増やす必要があります。 旅行や娯楽も家族で楽しみたいなら、共働きは避けられなそうです。 将来のための貯金はどれくらいできるか 将来のための貯金は年収500万円だとすると、そこまでたくさんの金額はできないでしょう。 ただ、子供がいなければ少しずつ貯めることは可能です。 子供がいる場合、何かとお金がかかってくるのでなかなか計画的に貯金するのは難しいかもしれません。 ただ、 普段の生活費などをできるだけ節約したり、貯金する分を別の口座にするなど、手をつけないよう貯金できるように工夫する必要がありそうです。 日々の積み重ねで上手にやりくりできると良いですね。 婚活中の年収500万円の男性に出会う方法 続いて、そんな年収500万円の男性に出会う方法をご紹介します。 結婚相談所に無料相談する これだけオンラインの婚活サービスやマッチングアプリがどんどん出現しているのに、 わざわざ結婚相談所へ無料相談するという人は、非常に真面目に今すぐにでも結婚をしたいという人が多いそう。 他の婚活サービスより入会金や月会費が高いですが、結婚相談所の相談員さんはプロ。 これまでたくさんの人の結婚の悩みを聞いて来ました。 そして、年収500万円の人は人口が少ない代わりに非常に競争率が激しいのでしっかり対応してくれる結婚相談所が丁寧で良いでしょう。 店舗に出向くというデメリットはあるものの、時間さえ調整すれば無料で相談が受けられるのはとても魅力的ですね。 婚活パーティーや街コンに参加する オープンの場でしっかり一人一人顔を見ながら話ができる、婚活パーティーや街コンで年収500万円の人と知り合う方法もあります。 年収500万円の人の人口は低く競争率が高めと言いましたが、意外と婚活市場に出て来ている人が多いと言います。 そのため、 場所を選んだり日付をよく見てどんな人が集まるのかをしっかりチェックする必要がありますが、婚活パーティーや街コンなどの大きな場でも年収500万円の人と出会える確率は高そうです。 ただ、街コンや婚活パーティーでは一人一人の持ち時間や相手とじっくり話すことは難しいので、必ず連絡先を聞いて二人だけのデートに持っていきましょう。 待つのではなく、積極的に声をかけていくことが、婚活パーティーや街コンで他の人と差をつけられるポイントでしょう。 婚活中の年収500万円の男性と出会ったときにかくにんするポイント 「実は500万円は一時期だけで今は稼げていない……」なんてことも、交際後や婚約後に見つかってしまう可能性も否定できません。 年収の嘘・偽りがないかを疑ってみる 年収500万円は婚活市場において、一つの大きなボーダーラインとなります。 そのため、相手が本当に「年収500万円」か見極めるためには• どんな仕事をしているのか• どんな小物を身につけているのか• 普段の生活・趣味 などを質問してみると良いでしょう。 たとえば、• 仕 事の内容が明らかに役職についていない• 財布がかなりボロボロだったりブランド物でも昔のモデルを使っている• 腕時計が型落ちしているモデルを身につけている など、観察力を細部まで働かせることでしっかりチェックすることができます。 コミュニケーションで見破りましょう。 稼いでいたとしても、それが他の人にも話せる真っ当なことか 「年収500万円」という収入がどこから来ているのかを調べることも非常に大切です。 もしかしたら誰かをだまし取っているお金かもしれませんし、副業で情報商材を売りつけて詐欺まがいなことをやって稼いだ500万円かもしれません。 相手にとっては同じお金かもしれませんが、面向きにしっかり話せる内容でないと、年収500万円はこれから上がりもしませんし続きません。 そして、年収500万円は比較的真面目な人が多いので、騙して稼いだお金ではそういった人柄もまったく現れません。 できるだけ彼と話すことでどんなことをしているのか、ちゃんとお金の出所を話せるのかも漏れなくチェックしましょう。 なんだかんだ相性も大事 婚活に焦ってしまうと、年収500万円という数字だけをみて「この人と結婚しよう」決めてしまうこともしばしばあるそうです。 しかし、男性はお金で決めるものではありません。 結婚はこれからの一生を一緒に共にしていくためにすることなので、• しっかり中身をみて自分と合うかどうか• 譲れない部分はクリアしているか• 譲れない部分以外は全て許せるのか など、自分の中でしっかりと判断基準を持って婚活をすることをオススメします。 この時代、いつ会社が潰れてもおかしくありません。 会社から帰って来たらクビになっていたなんてことも可能性はゼロではありません。 もちろんお金はかなり大切ですが、しっかり結婚相手は中身で判断しましょう。 まとめ 年収500万円は婚活市場において人口は少ない割にそこまで難しい壁ではなさそうです。 子供がいる場合は共働きも避けられないケースがありそうですが、それでも二人で暮らしていくのであれば、専業主婦でも問題はなさそうです。 ただ、一般企業に勤めている場合、経営次第では仕事が続かなくなるケースもあるので、頼りっきりはよくありません。 二人で話し合って素敵な家族が作れると良いですね。

次の