日本 透析 医学 会 2020。 JSDT

ご挨拶|第26回日本HDF医学会学術集会・総会

日本 透析 医学 会 2020

この度、第26回日本HDF医学会学術集会・総会を2020年10月10日(土)・11日(日)の2日間、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区)にて開催させていただくこととなりました。 HDF研究会」は、腎不全や濾過型の血液浄化法に関する診療、研究の進歩、発展、普及に関する事業を行うことを目的に設立され、1995年に第1回研究会が開催されています。 その後、全国各地で特徴ある研究会が開催しながら、2009年には「特定非営利活動法人日本HDF研究会」となり、HDF療法の普及と発展に大きく貢献してきました。 このような中、2019年の第25回の学術集会・総会では、これまでの活動の成果を踏まえ、日本HDF研究会を、「日本血液濾過透析医学会(通称:日本HDF医学会)」と改称することが決まりました。 研究会から学会へとステップアップすることで、さらに透析医療の発展に向けた役割を果たしていくという方向性が明確に示されたと考えます。 今回開催させていただく第26回学術集会は、本会が、学会としての第一歩を踏み出す記念すべき学術集会となりました。 今まで育まれてきた本会の理念をさらに大きく進展させられるよう、多くの関係者の参加を得て、濾過型血液浄化法を論ずる場としたいと考えています。 そのためには、何よりも一般演題での発表が重要と考えています。 オリジナルな研究の成果を発表し、議論をする場を提供することは、学術集会の最も重要な存在意義であると考えるからです。 ぜひとも、一般演題での発表をご検討ください。 また、同時に、今後の方向性について考え、新しいアイデアが生まれるようなシンポジウムやワークショップ、また知識のアップデート、自己研鑽が可能となるようなベーシックセミナーなども企画したいと考えています。 秋の横浜にて、多くの皆様をお迎えできるようスタッフ一同一丸となって鋭意準備を行っております。 多数の皆さまのご参加、ご発表をお待ちしております。 令和元年11月吉日.

次の

第26回日本腹膜透析医学会学術集会・総会:The 26th Annual Meeting of the Japanese Society for Peritoneal Dialysis

日本 透析 医学 会 2020

第26回日本腹膜透析医学会学術集会・総会:The 26th Annual Meeting of the Japanese Society for Peritoneal Dialysis 事務局 東京女子医科大学 血液浄化療法科 〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1 運営事務局 株式会社グレス 〒105-0012 東京都港区芝大門1-16-4 第二高山ビル6階 TEL:03-6435-9885 FAX:03-6435-9886 E-mail: この度、第26回日本腹膜透析医学会学術集会・総会を2020年9月19〜20日に新宿京王プラザホテルにおいて開催することになりました。 この大役を仰せつかりましたこと、誠に光栄に存じます。 日本は超高齢社会を迎え、慢性腎臓病 CKD 患者の増加とその高齢化が指摘されています。 そうした背景のもとに、CKDを取り巻く医療状況にも大きな変革が訪れています。 それは、在宅医療の推進と腎代替療法選択の徹底です。 これらは、明らかに今後の腹膜透析医療の重要性を際立たせ、腎代替療法における腹膜透析の意義と比重が増し、腹膜透析患者の増加が予想されます。 このことは、在宅医療の場でも、Shared Decision Making(SDM)の実施や訪問診療の増加など、腎不全医療に関わる医療者に、腹膜透析の知識や実地の習得が求められてきます。 腹膜透析医療が、腎代替療法においてさまざまな多様性を持ち、さらにその中に多くの患者、医療者、診療システム、新しい技術革新が内包され、魅力的な医療となることを祈念したつもりでおります。 実際に、今大会を契機に、日本腹膜透析医学会は、本年度9月より新たに認定医・連携認定医制度をスタートさせるつもりでおります。 これは本会の会員のみならず、家庭医(かかりつけ医)の先生方にも腹膜透析医療を拡充するための制度です。 さらに腹膜透析医療の充実に加えて、多職種が連携した日本腎代替療法医療専門職推進協会の設立が進められており、腎不全医療の大きな枠組みの構築が計画されています。 こうした腹膜透析を取り巻く状況の変化に呼応すべく、大会実施を計画中でしたが、ご承知のように、2019 年 12 月以降に、新型コロナウイルス感染症 COVID-19 が発生、現在は世界中に広がっており、世界保健機関(WHO)はその発生状況がパンデミック(世界的な大流行)に該当すると発表しました。 日本国内では、2020年1月15日に肺炎患者からCOVID-19が検出され、以降は徐々に関連肺炎患者が全国に蔓延する状態となりました。 本症の対策に3密(密閉・密集・密接)が最も避けたい状態であることは、学術集会を挙行することをも困難にし、多くの学会が中止や延期となっております。 緊急事態宣言が解除され、日常が戻りつつある現在でも、9月の本会が無事に開催に至る際には従来の形とは大きく異なるものとなることは必至です。 COVID-19は今後蔓延・遷延化が指摘されており、ワクチン開発などがなければ、長い付き合いになるかもしれません。 しかし、正しい知識と対処が感染の予防や重症化阻止につながることも分かってきています。 これは在宅医療である腹膜透析が、このような状況の中で腎代替療法の新しい大きな可能性を秘めていることにもなるのではないでしょうか。 是非、本会もこの困難な時代における新しい形として実現し、無事開催したいとスタッフ一同鋭意努力中です。 どうか皆さまのご支援、ご協力をお願い申し上げます。 第26回日本腹膜透析医学会学術集会・総会 大会長:土谷 健 東京女子医科大学 血液浄化療法科.

次の

JSDT

日本 透析 医学 会 2020

この度、第26回日本HDF医学会学術集会・総会を2020年10月10日(土)・11日(日)の2日間、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区)にて開催させていただくこととなりました。 HDF研究会」は、腎不全や濾過型の血液浄化法に関する診療、研究の進歩、発展、普及に関する事業を行うことを目的に設立され、1995年に第1回研究会が開催されています。 その後、全国各地で特徴ある研究会が開催しながら、2009年には「特定非営利活動法人日本HDF研究会」となり、HDF療法の普及と発展に大きく貢献してきました。 このような中、2019年の第25回の学術集会・総会では、これまでの活動の成果を踏まえ、日本HDF研究会を、「日本血液濾過透析医学会(通称:日本HDF医学会)」と改称することが決まりました。 研究会から学会へとステップアップすることで、さらに透析医療の発展に向けた役割を果たしていくという方向性が明確に示されたと考えます。 今回開催させていただく第26回学術集会は、本会が、学会としての第一歩を踏み出す記念すべき学術集会となりました。 今まで育まれてきた本会の理念をさらに大きく進展させられるよう、多くの関係者の参加を得て、濾過型血液浄化法を論ずる場としたいと考えています。 そのためには、何よりも一般演題での発表が重要と考えています。 オリジナルな研究の成果を発表し、議論をする場を提供することは、学術集会の最も重要な存在意義であると考えるからです。 ぜひとも、一般演題での発表をご検討ください。 また、同時に、今後の方向性について考え、新しいアイデアが生まれるようなシンポジウムやワークショップ、また知識のアップデート、自己研鑽が可能となるようなベーシックセミナーなども企画したいと考えています。 秋の横浜にて、多くの皆様をお迎えできるようスタッフ一同一丸となって鋭意準備を行っております。 多数の皆さまのご参加、ご発表をお待ちしております。 令和元年11月吉日.

次の