ネクストモバイル 通信制限。 ネクストモバイルは最強のモバイルWiFi?最強の無制限WiFiを徹底解説

ネクストモバイルに無制限プラン登場、これまでのプランの料金も値下げ。端末や通信速度もまとめて紹介

ネクストモバイル 通信制限

ネクストモバイルの通信制限はいつリセットされる? どうも、さとやんです。 スマホやモバイルルーターを使っていて悩まされるのが「通信制限」ですよね。 月末近くになって、会社の後輩である若い子たちの行動を見ていると スマホが通信制限を受けているかいないか分かります。 昼休みなど休憩時間に、スマホを触らず手持ち無沙汰でボーッとしている子は 大抵通信制限を受けていますね。 通信制限を受けると通信速度がガラケー並に落ちてしまい、 サイト閲覧ですら通常より時間が掛かり、動画なんて見られたものではありません。 通信速度を元に戻すには、追加料金を払って制限を解除するか、 リセットされるのを指折り待つかということになります。 では月間の通信量がゼロになって制限が解除される、 いわゆるリセット日はいつなのでしょうか? スマホやモバイルルーターで通信量のリセット日は、 基本的に料金の締め日と連動しています。 大手携帯キャリアのドコモやauは月末締めなので、 月が明けて1日になると通信量がリセットされ制限が解除されます。 ややこしいのはソフトバンクで、契約した時期によって ・10日締め ・20日締め ・月末締め と締め日が違っており、10日締めなら11日、20日締めなら21日、 月末締めなら翌1日がリセット日となります。 2011年4月から2017年に契約した場合は20日締めとなるので、 恐らく21日がリセット日となっている人が多いのではないでしょうか。 ただ2018年に入ってから契約した分は月末締めに変わっているはずなので、 自分の締め日が何日なのか明細などでしっかりチェックしておきましょう。 ソフトバンクに締め日が3通りあるなら、ソフトバンク系列であるネクストモバイルでも 契約した時期によって締め日が変わるのか気になりますよね。 契約した時期によって締め日が変わるのはソフトバンク本体だけのようで、 系列のネクストモバイルやワイモバイルは基本的に月末締めとなっています。 ですからリセット日は翌1日、 月が変わるとリセットされてゼロからスタートの方が分かりやすくて良いですね。 0時きっかりにリセットされるわけじゃない 通信制限を受けたので月が変わるのを指折り待って、 日付が変わった瞬間喜び勇んでスマホを使ってみると通信速度が遅いままだった・・・。 このような経験をしたことがある人も少なからず居るんじゃないでしょうか。 月が変わるのを指折り待っていたわけですから 「1日になっても解除されないのはおかしいじゃないか!」と思いますよね。 確かに翌1日なると通信量はリセットされるんですが、 必ずしも日付が変わった0時きっかりに制限が解除されるわけじゃないんです。 一斉ではなく「順次解除」なので、運よく0時きっかりに解除されることもあれば、 日付が変わって数時間経たないと解除されないこともあるんですね。 実際に過去には、 1日の夕方になってようやく制限が解除されたなんて人も居るぐらいです。 さすがにここまで時間が掛かることはなかなかないでしょうが、 少なくとも1~2時間、できれば朝まで待つのが確実だと思いますよ。 電源を一度切って再起動すると解除されていたなんてことも聞きますから、 数時間経っても制限が解除されない場合はスマホやモバイルルーターを 再起動してみると良いかもしれませんね。 ネクストモバイルはお金で制限解除できない スマホやモバイルルーターで月間通信量オーバーによる通信制限を受けた場合、 通信量を追加購入することで制限を解除できる場合があります。 500MB550円や1GB1,000円など1GB当たりの単価は高いんですが、 どうしてもネットに繋ぐ必要がある場合には便利ですよね。 スマホでは一般的なサービスですし、WiMAXやワイモバイルのモバイルルーターでも 制限付きプランなら通信量が追加購入できるようになっています。 ところがネクストモバイルの場合は、通信量の追加購入はできず、 通信制限を「お金で解決」することができません。 用意されているプランが20GB・30GBという大容量であり、通信量オーバーによる 通信制限を受ける人はほとんど居ないだろうと踏んでいるのかもしれません。 もしくは低料金実現のため、 極力ムダなものを省いてサービスをシンプルにした結果ということも考えられます。 ともかく詳しいことは分かりませんが、ネクストモバイルでは通信量の追加購入で 制限解除はできず、制限を受けたら月が変わるのを待つしかないということです。 3日間の制限はいつからいつまで? ネクストモバイルにはありませんが、 WiMAXやワイモバイルには3日間10GBの通信制限があります。 月間通信量オーバーによる通信制限は、通信量がオーバーした瞬間から 締め日(一般的には月末)までと分かりやすいですよね。 ではWiMAXやワイモバイルの3日間制限はいつから始まり、 いつリセットされるのでしょうか? 3日間の制限では、規定の通信量を超えた瞬間ではなく、 超えた日の翌日に制限を受けるのが一般的です。 例えば3月1日から3日までの合計通信量が10GBを超えたら、 4日に通信制限を受けることになるわけです。 以前は丸1日経たないとリセットされませんでしたが、 最近は随分緩和されて7~8時間程度でリセットされるようになっています。 WiMAXでは3日間の通信量が10GBを超えた翌日の18時頃から翌2時頃まで、 ワイモバイルでは翌日の18時頃から翌1時頃までです。 先の例で言うと4日の18時頃から制限が始まり、WiMAXは翌2時頃までの約8時間、 ワイモバイルは翌1時頃までの約7時間が制限期間となります。 夕方から夜間にかけてのネットをよく使う時間帯ではありますが、 翌日の朝には解除されているわけですから緩いっちゃ緩いですよね。 ただし気を付けないといけないのは、月間の制限と違って3日制限では制限が解除されたからと言ってそれまでの通信量がゼロになるわけではないということです。 常に直近3日間の合計通信量が制限対象ですから、 1日で10GB以上使った場合には最大3日間制限を受けることになるんです。 例えば ・3月1日・・・4GB ・3月2日・・・4GB ・3月3日・・・3GB と使ったとすると、制限を受けるのは3月4日だけとなります。 ところが ・3月1日・・・4GB ・3月2日・・・4GB ・3月3日・・・15GB だとすると、制限は3月4日から6日まで続くことになるわけです。 要するに直近3日間の合計通信量が10GBを下回るまで 通信制限は続くということです。 ただし制限を受けるのはあくまで18時頃から翌1~2時頃の間だけで、 それ以外の時間帯については通常通り使えます。 それだけに直近3日間の合計通信量が10GBを下回ることがなく、 ずっと制限を受け続ける恐れもあるんですが・・・。 ネクストモバイルを使う場合には気にする必要ありませんが、 WiMAXやワイモバイルを使う場合には若干ややこしいですが覚えておいた方が 良いですよ。 制限を受けても結構使える? 通信制限を受けると通信速度がガラケー並となるので何もできなくなる、 と思っていませんか? 確かにガラケー並の通信速度では、ネット検索も多少時間が掛かりますし、 動画なんて到底見られません。 ところが通信制限を受けた状態でもできることって案外あるんです。 例えばメールは、写真を貼り付けたり、 動く絵文字なんかを使わずに文字だけなら普通に送受信することができます。 ガラケーでもメールの送受信はできるわけですから、 当たり前と言えば当たり前なんですけどね。 文字だけのメールがOKなんですが、SNSも文字だけなら使えないことはありません。 LINEなんて文字だけのメッセージのやり取りなら、制限を受けていようがいまいが、 全く問題無くできます。 TwitterやFacebookも、当然画像や動画の読み込みには時間が掛かりますが、 投稿を読むだけなら何とかなります。 ただし画像や動画の投稿が中心であるInstagramについては、 制限を受けている状態ではほぼ使えないと思った方が良いですね。 文字だけが大丈夫なら、音だけもOKです。 radikoは若干立ち上がりが遅いものの途切れることはありませんし、 音楽のストリーミング再生も多少読み込みに時間は掛かりますが問題無く聴けます。 ちなみにWiMAXやワイモバイルで実施されている3日間制限だと、 通信速度は1Mbps程度は出るので、動画も画質を落とせば見られます。 通信制限を受けないに越したことはありませんが、 受けてしまった場合でもできることがあるというのは覚えておきたいですね。 そうすればお金を払って制限を解除したり、 スマホを触らずに解除されるまで耐え忍ぶなんてことしなくて済みますよ。 私は20ギガを月額2000円台で使えるWIFIがあるなんで知りませんでした。 (34歳 会社員) 格安SIMは所詮安かろう悪かろうですよ。 昼休みや夜間が遅いのは当たり前。 はっきりいって本当に使い物になりません。 家もスマホもソフトバンク回線のモバイルルーターで快適ですよ。 ソフトバンク回線といってもソフトバンク本体のモバイルルーターはおすすめできません。 本家本元はコストがかさばって安くできないからです。 その点、ソフトバンクの代理店は強気です。 ソフトバンクから報酬をたっぷり貰えるのでギリギリのやすさで戦えるわけです。 ネクストモバイルもその一つ。 このモバイルルーター以上のコスパと速度(夜間でも普通に20Mbps以上)を持つWIFIはないでしょう。 WIMAXで電波がはいらない、とか消耗する前に 一刻もはやくネクストモバイルにすべきです。 快適なネット生活でイライラすることもなくなりました。

次の

通信制限っていつ解除される?ネクストモバイルのリセット日は毎月1日

ネクストモバイル 通信制限

ネクストモバイルとはどんなモバイルルーターなの? ネクストモバイルは、WiMAXと比較するとおすすめできないモバイルルーターと紹介されることもありますが、全くそんなことはありません。 20GBや30GBというデータの通信量は、1日2時間動画を見ている方だったら余裕で1ヶ月持ちます。 ですから 容量の心配はほぼいりません。 ただし動画視聴を1日8時間以上利用するという方にはおすすめできません。 また通信速度が遅いという口コミもありますが、ネクストモバイルはソフトバンクの回線を使用しているので、 ソフトバンクキャリアの通信と同じ速度で使用することが可能です。 月々の利用料金については、20GBが月々2,760円、30GBでも月々3,490円とかなりお値打ちです。 ネクストモバイルを固定回線代わりに使わないのであれば、お得で使い勝手がモバイル良いモバイルルーターだといえます。 「大容量ではあるが、結局1ヶ月のデータ容量を気にしなくてはならない」• 「固定回線代わりに利用することを考えると30GBじゃ不安」• ですから、動画メインでモバイルルーターを利用する方には、容量が足りなくなるためデメリットと言えます。 ですから、ネクストモバイルは容量が少ないという一見して悪い口コミに見える内容は、普段から通信大容量の通信を行っているユーザーからしか聞かれない評判です。 ネクストモバイルの使用方法のメインが外出時のポケットWIFIとしてでしたら、むしろ満足度の高い良い口コミしか見られないという状況です。 つまり、現状の通信量の利用状況が毎月30GB以内ならネクストモバイルで問題ありません。 逆に毎月30GBを超えるならNEXT mobile以外を選ぶのがおすすめということですね。 ネクストモバイルは月額料金の安さが魅力 ネクストモバイル最大のメリットは 「月額料金が安い」こと。 契約開始月から月額2,760円(税抜)で利用できる上に、データ容量は20GB、さらに端末代金もなんと無料です。 また、データプランも大容量の「20GB」「30GB」のどちらから選べるのも嬉しいポイントです。 ただし契約期間内のプラン変更はできませんので注意が必要です。 通信速度は「下り最大150Mbps」「上り最大50Mbps」 ネクストモバイルの通信速度は「下り最大150Mbps」「上り最大50Mbps」となっており、ベストエフォート(数字的な最大速度)は何も問題ありません。 ですが気になるのは実際に使ってみたときの実行速度。 ソフトバンク回線を利用しているネクストモバイルはの実行速度は、ソフトバンクキャリアのLTE速度と変わらない速度となっており、利用するときに遅いと感じることの方が少なくなっています。 LTEで遅いと感じる程電波の悪いところにいたら速度が遅いのも納得してしまいますよね。 ネクストモバイルの利用は速度の遅さは気にしなくても大丈夫です。 ネクストモバイルは「遅くない通信ができる」ので速度が速く感じられます。 ネクスモバイルはSoftBank回線のモバイルWi-Fiなので、「SoftBank 4G LTE」の通信速度と同じと勘違いされがちです。 SoftBank 4G LTEの下り最大速度は187. 5Mbpsとなっていますが、実際にはネクストモバイルの端末のスペックの速度が最大値となるため、SoftBank 4G LTEのベストエフォートよりも速度は遅くなっているんですね。 ただ、実行速度がSoftBank 4G LTEと大差ないようで、速いわけではないが、遅いわけでもないという形で利用することが可能となっています。 データ使用量が契約した容量を超えた場合、当月末まで通信速度が送受信最大128Kbpsに制限されます。 最大128Kbpsでは快適なデータ通信は困難なので、上限を超えないように注意してください。 大手携帯キャリアの SoftBankと同じ通信エリアが使えるのですからエリアが広いのも納得ですね。 旅行先でネクストモバイルを携帯すれば、たいていのところで快適なインターネット利用が可能となります。 誰もが知っているソフトバンクの通信回線を利用できるのであれば、その安心感は計り知れません。 ネクストモバイルは「ネットワークの混雑回避のための通信制限」がありません。 モバイル通信の場合、その回線を全ユーザーで分け合う仕組みとなってるので、回線の混雑による通信速度の低下が起きるのですが、NEXT mobileでは ネットワークの混雑回避のための通信制限が存在しません。 「20GB」「30GB」のデータ容量に対しての料金を支払うので、当然といえば当然なのですが、それでも短期の速度制限を気にしなくていいのは大きなメリットです。 ただ、NEXT mobileの契約プランの容量を超えた使用の際には通信制限はかかるので注意が必要です。 ネクストモバイルで実施されているキャンペーンについて NEXT mobileは、期間限定で「Pocket Wi-Fi 端末代無料!」キャンペーンを実施していますので、今なら契約するだけで 「ルーター機器」が無料で付いてきます。 料金や速度、エリアなどの様々なメリットが存在するネクストモバイルですが、これらのメリットに加えて端末代金が無料になるキャンペーンを実施しています。 ネクストモバイルは固定回線と異なり、回線をつなげるのに初期工事などが必要ありませんので、端末代金が無料になることで実質初期費用が無料に。 とてもお得に利用を始めることができます。 端末代金無料キャンペーンはいつ終わってしまうかわからないキャンペーンなので、ネクストモバイルの利用を考えているあなたは今がチャンスです! ネクストモバイルの安心サポートとMyNEXTサポートとは? ネクストモバイルのサポートサービスには、安心サポートとMy NEXTサポートの2種類のサポートがあります。 安心サポートは、正常な使用状態(故意、水没以外)でルーター端末が故障した際に、無料で修理してもらえるオプションサービスです。 自然劣化に対するサポートとなるので、月額300円を支払うくらいなら、安心サポートよりもMy NEXTサポートに加入するのがおすすめです。 月額料金300円(税抜)• My NEXTサポートは、3つのサービスがセットになったオプションサービスです。 月額料金907円(税抜)• 申込条件:NEXTmobileサービスとの同時申し込み ネクストモバイルは、通信量が無制限というわけではありませんが、他社回線と比べて「速度」「料金」「口コミ・評判」どれをとっても優秀な回線です。 速度を他社と比較しても、ソフトバンクキャリアの回線を利用しているので問題なし。 口コミ・評判を見ても、悪い口コミを書いているのは異常なくらいインターネットを利用している人くらい。 普通の人が普通にインターネットを利用するのに、ネクストモバイルのサービスで満足できないわけがありません。 複数人で使用する場合は注意が必要 ネクストモバイルの回線を複数人で利用する場合には、データ容量がオーバーしないように注意が必要です。 NEXT mobileは「20GB」「30GB」と大容量のプランが提供されていますが、 データ通信を無制限で使えるわけではありません。 家のメイン回線として、家族全員での使用を考えていたりする場合には、データ容量の管理に注意が必要です。 ネクストモバイルはモバイルWi-Fiルーターなので、光回線やケーブルテレビといった固定回線サービスと違い、無線通信サービスには「圏外」というリスクが伴います。 電波が届きにくい場合には速度が遅くなったり、サービスの提供エリアの「圏外」の場合、電波が届かず、データ通信ができない状態になってしまいます。 無線通信のデメリットを理解したうえで、あなたの利用環境で快適な使用ができるのかを検討するようにしてください。 まとめ 月間の通信量が20GB以下、30GB以下というあなたはネクストモバイルの利用がおすすめです。 「外出先で少しネットをする」「固定回線と併用」といった使い方が目的なのであれば、月額料金の安い NEXT mobileの方が選択肢として合っているでしょう。 しかし、1ヶ月間のデータ容量を気にしたくないのであれば、通信量に制限のないプランのある回線を選択するべきです。 使用方法や使用目的によってネクストモバイルをおすすめできるかどうかが異なりますので、どのような形で、どれくらいの通信量が必要なのかを検討して契約に進むようにしてくださいね。

次の

【悲報:使い放題プラン終了】ネクストモバイルをレビュー|代案あり ~ WiFiコンシェルジュ

ネクストモバイル 通信制限

ネクストモバイル NEXT mobile は、ポケットWiFiの業界では比較的新しいサービスです。 ポケットWiFiの業界では、 WiMAXやどんなときもWiFiなどのクラウドSIM技術を利用した3大キャリアの回線を使えるものが人気となっており、ネクストモバイルのような新しいポケットWiFiは、利用者の母数がそもそも少ないです。 そのため、口コミやレビュー等は決して多くはありません。 また、見つかったとしても、どちらかと言えばデメリットの口コミ・評判が多く見受けられます。 何故デメリットに言及するものばかりなのでしょう。 これには明確な理由があります。 ネクストモバイルがその人に適していないポケットWiFiであるからです。 ネクストモバイルには、きちんとおすすめ出来る人と出来ない人がいるのです。 そこで!今回は、ネクストモバイルはデメリットが多い!という評判に着目し、 「どんな人にとって」ネクストモバイルの 「どんな特徴が」デメリットとなるのか、徹底解説していきます。 もちろん、デメリットだけでなく、ネクストモバイルのメリットもご紹介していきますので、自分に適しているのかどうか、気になる方はぜひご一読ください! では早速、デメリットと言われている点から見ていきましょう。 【デメリットと言われる点】• 最大通信速度が遅い• 安いのは2年間だけで、 3年目は月額料金が高い• 口座振替の支払い方法希望の場合、不便• 契約期間中に プラン変更ができない 1つずつ上記のデメリットについて、解説をしていきます。 ネクストモバイルの端末は、持ち運び可能なモバイルルーターも自宅用のホームルーターも通信速度が 下り最大150Mbpsと、決して早くないです。 むしろ、かなり遅い印象さえあります。 WiMAXやドコモ、ソフトバンクにY! mobileなど、大手通信会社が提供するポケットWiFiの最大速度は徐々に高速化しています。 例えば、業界No. 1人気のポケットWiFi「WiMAX」の 最大速度は「 W06」という機種で 1,237Mbps。 WiMAXの最大速度と比較すると、ネクストモバイルの下り最大150Mbpsという数字はかなり遅いためデメリットと感じるかもしれません。 しかし、この最大速度がデメリットとなるのは、ネクストモバイルやWiMAXなど全てのポケットWiFiが最大速度を出すことができた場合です。 実際は、どんなポケットWiFiであっても最大速度が出るということは、まずあり得ません。 そのため、最大速度を比較するよりも普段ポケットWiFiを使う際に、どれほどの速度が出ているかをあらかじめ把握するほうがが重要。 その指標となるのが、実測値です。 あわせて、ネクストモバイルの実測値についても見ていきましょう。 最大通信速度と実測値の違いに注意 NEXTMobileは現在安定して30kbpsでています。 桁が違うわ! Check out my result! How fast is your internet? photographed photographed 実測値の観点からいくと、ネクストモバイルの最大速度は全くもってデメリットになりません。 なぜなら、どんなポケットWiFiも最大速度が出ることは絶対になく、 10〜40Mbps、良くても50〜70Mbpsぐらいが平均値だからです。 ネクストモバイルも実際は平均して10〜40Mbps程度。 インターネットを利用する上では、 5〜20Mbpsの回線速度があれば事足りますので、ネクストモバイルの実測値であれば通常のインターネットに困るということは少ないでしょう。 つまり、ネクストモバイルの通信速度が遅いというデメリットは、「実際のネクストモバイルの速度を知らない」もしくは「ネクストモバイルの通信エリア外で繋がらない、接続できない」という方の意見になるのです。 それにより速度が遅くなったということもなく、価格も非常にお得となっています。 ただし、WiMAXやY! mobileなどと比較すると料金プランは安く設定されていますが、それは 利用開始24ヶ月目までの話です。 25ヶ月目からはどの契約プランであっても500円料金が上がってしまいます。 デメリットとはいえないまでも、2年目以降になると圧倒的に料金が安いという印象はなくなってしまいます。 ただし、それはどんなポケットWiFiも同じ。 例えば、WiMAXを3年契約すれば、3年目以降の料金は高くなってしまいます。 たまたま、ネクストモバイルは2年契約だったというだけで、 月額料金が高くなってしまう前にネクストモバイルを 解約してしまえば、3年目の高額な月額料金は支払う必要がありません。 ポケットWiFiは消耗品ですから「なるべく短期間で新品に交換できるほうが良い」という人にとっては、2年で解約できるという点でデメリットではなくメリットとも言えますね。 実はネクストモバイルは、口座振替に対応しています。 クレジットカードを持っていない方でも、申し込みができるのです。 にも関わらずデメリットだと言われるのは、口座振替に対応している料金プランが20GB、30GBのプランのみだから。 月間データ容量が使い放題の無制限プランはクレジットカードのみとなっています。 また、20GB、30GBプランで口座振替契約した場合、手数料として別途200円が料金として上乗せされること、発送される端末も中古端末となってしまいます。 月々の料金を100円でも安くしたいのが利用者の本音である以上、デメリットだといわれても仕方ないかもしれません。 しかし、この件に関しては、注意点があります。 実は、 ポケットWiFiの業界全体がクレジットカード支払いを推奨しており、口座振替に対してプランを絞ったり手数料を取る手法が散見されます。 例えば、23社あるWiMAXのプロバイダですら、口座振替に対応している会社は 僅か3社のみです。 このデメリットは、ネクストモバイルに限らず、ポケットWiFiを契約する以上は我慢しなければならないポイントです。 他のポケットWiFiも出来ないところの方が多いですが… 唯一 WiMAXプロバイダだけは、月間7GBと月間データ容量無制限のギガ放題プランを月ごとに変更可能。 「今月はあまりデータ容量を使わなそうだからプランを変更しよう」ということができなくなるため、今までWiMAXを契約していた人からすると、この点もネクストモバイルのデメリットになるかもしれません。 とはいえ、ネクストモバイルにはプランは3種類しかありませんので、比較は容易です。 後悔のないように、よく吟味して選ぶようにしましょう! 以上が、ネクストモバイルの口コミ・評判をもとにしたデメリットの詳細となります。 WiFiルーターとしての評判は?エリア・料金・速度などの口コミを紹介! ここまで、ネクストモバイルのデメリットに関する内容のみをご紹介したので、「ネクストモバイルは、デメリットが多いのかな?」という印象を持った方もいると思います。 たしかに、最大手のWiMAXと比較するとデメリットに感じられるポイントもありますが、たくさんのユーザーの方がいる以上、ネクストモバイルに対する評価は人それぞれです。 ネクストモバイルのデメリットの口コミ評判だけでなく、メリットに触れた口コミ評判も見ていきましょう。 端末の通信速度は問題なし 固定回線の代わりにモバイルルーター(ネクストモバイル)を使い始めて11日目。 現在の使用量は17. 0GBです。 まあアニメとか見てたらこのぐらい消費するわな。 ちなみに速度に関しては問題なし。 ソフトバンク回線なので、普通に快適ですよー。 夜8時でも下り20Mbpsぐらいでてる。 しかし、通常のインターネット通信をするには充分な通信速度と言えそうです。 ソフトバンク回線で広範囲のエリアで接続できる UQ WiMAXは電波さえ入れば早い NEXT mobileは電波を探さなくても良い? ネクストモバイルは口座振替が可能 月3千500円ぐらい!結構いいよ 私はnextmobileってとこの使ってる、口座振替があって安定してるのそこだったから ソフトバンクの回線使ってるからWiMAXみたいに電波悪いとかなりにくいみたいやで〜? 樺ちゃん! ClusterMaia 口座振替手数料がかかってしまうというデメリットはあるものの、クレジットカードを持っていない方も契約できるというのは、ネクストモバイルのメリットと言えます。 SYu SSyu21 ネクストモバイルの最大の強みは安さにあります。 もちろん、料金が安いからといって遅い、繋がらないということもないので安心です。 1日くらいであれば、充電器を持たずに外出しても問題なくインターネット接続することができます。 ネクストモバイルは本当にデメリットばかり? ネクストモバイルに限らず、デメリットを指摘されないサービスはこの世に存在しません。 人によってデメリットに感じる点や、評価するポイントはそれぞれ違うからです。 ネットで検索すると、デメリットの情報が散見されるネクストモバイルですが、他の人がデメリットだと思うポイントが、あなたのデメリットにもなるとは限りません。 そこで、ネクストモバイルのデメリットだけではなく、きちんとメリットとなるポイントについてもご紹介します。 デメリットだけでなく、メリットについても確認しよう WiMAXと比較すると、• 3日10GBの制限がない分、決められた容量を超えなければ速度制限にかからない• 最大通信速度を気にしなければ、安い料金で利用できる• どんな場所でもインターネットがサクサク繋がる このような点はネクストモバイルのメリットになります。 最大手のWiMAXよりネクストモバイルを高く評価している方も多いですし、ネクストモバイルは決してデメリットばかりではありません。 1日にいくらインターネットを使っても速度制限なし!? WiMAXは、月間データ容量は無制限ですが、3日10GBという短期間での制限があります。 対して、ネクストモバイルは1日の通信量が1GBだろうと10GBだろうと、 決められた月間データ量を超えるまでは通信制限はかかりません。 もちろん、ネクストモバイルの無制限プランであればどれだけ使っても速度制限になることはありません。 WiMAXのギガ放題プランもデータ容量は大容量ですが、人によっては 「1日に使えるデータ量には制限はない」というのがメリットになるような人もいます。 具体的には、• 決められた日にしか インターネット利用をしない人• 土日しか使わない人• 月の前半しか動画を見ない人 このような方が当てはまります。 偏りのある通信の使い方、データの消費をする人にとっては、ネクストモバイルの容量制限ルールはメリットとなります。 最大通信速度を気にしなければ、ポケットWiFiの中で最安級 デメリットの箇所で触れたように、ネクストモバイルの最大通信速度は150Mbps。 WiMAXの1,237Mbpsと比較すると、どうしても通信速度は見劣りしてしまいます。 しかし、最大の通信速度が劣る分、ネクストモバイルの各料金プランは非常に安く設定されています。 WiMAXのギガ放題プランは月額3,500円前後 プロバイダによります ですが、ネクストモバイルの20GBプランは 月額2,400円、30GBプランは 2,700円、使い放題プランは 3,100円です。 WiMAXを除くポケットWiFiは、月間7GBまでというプランも多く、その上ネクストモバイルよりも月額料金は高額ですから、比較を必要すらありません。 上記の内容を踏まえると、ネクストモバイルの通信速度はデメリットとなり得る部分ですが、料金に関しては他社ポケットWiFiやWiMAXと比較して十分メリットといえるポイントです。 ソフトバンクLTE回線が利用可能!エリアが広く、地下鉄等でも安心の電波網 そー言えば、昨日からネクストモバイル。 今のところ順調。 光がない田舎にはこのようなサービスいいかもね。? キッシー ohoutdoor ネクストモバイルの最大速度が遅いことがあまりデメリットにならないのは、このポイントが要因。 ネクストモバイルは ソフトバンクの回線を利用しているため、ソフトバンクのスマートフォンと同じLTE回線が利用できます。 ソフトバンクの携帯キャリア回線といえば、全国どのエリアでもインターネットに繋がる広い守備範囲と、サクサク繋がることが強みです。 これにより、ネクストモバイルは最大速度のデメリットをカバーできているのです。 また、WiMAXを契約したことのある方は分かるかと思いますが、WiMAXは地下鉄内でほとんどインターネットに繋がりません。 これはWiMAXのデメリットの1つです。 対して、ネクストモバイルは地下鉄等でも安心してインターネット利用が可能。 この点もWiMAXとネクストモバイルを比較した際の、ネクストモバイルだけのメリットになります。 最大手のWiMAXが利用できない状況でも、インターネットを利用できるのは、大きな魅力ではないでしょうか? ネクストモバイル NEXT mobile がおすすめな人 以上が、ネクストモバイルのデメリットと、それを払拭してくれるメリットに関する紹介でした。 もう一度、簡単にまとめると、ネクストモバイルのデメリットとして挙げられるのは、 【デメリットと言われる点】• 最大通信速度が遅い• 安いのは2年間だけで、 3年目は月額料金が高い• 口座振替の支払い方法希望の場合、不便• データ量の 変更ができない このようになっております。 しかし、ユーザーからの評判を見てみると、速度や料金にデメリットを感じていない方もいることがあります。 WiMAXのようなお得なキャンペーンはありませんが、そのままでも料金は非常にお得です。 前述したように、口コミ・評判で見られたデメリットも全て利用する人の使い方によってはデメリットにならないこともありますし、デメリット以上のメリットが沢山ありますので、どうぞ安心してください。 こちらの記事が、ネクストモバイルの契約を考えているあなたの参考になれば幸いです。 ネクストモバイルについてもっと詳しくまとめた記事は、下記のリンクからご覧ください。 よくある質問まとめ 最後にネクストモバイルに関するよくある質問をまとめました。 デメリットも踏まえて、 ネクストモバイルの契約を検討しているという方は、是非参考にしてみてください。 契約プランは何種類? ネクストモバイルの現在のプランは以下の3種類となっています。 フラット20GBプラン• フラット30GBプラン• ネクストモバイルの料金は高い? ネクストモバイルの料金は各プランとも 業界最安級です。 ただし2年契約となっているため、3年目以降の料金は月額500円高くなってしまうというのはデメリット。 そのため2年間だけ使うという方におすすめです。 ネクストモバイルの通信速度は遅い? ネクストモバイルの最大速度150Mbpsと、WiMAXの1,237Mbpsと比較するとデメリットとなります。 しかし、通常のインターネットをする分には全く問題ない通信速度。 実際に通信速度に関する良い口コミ・評判もありますので、ご安心ください。 支払い方法は? クレジットカード支払いと、口座振替どちらも契約可能です。 ただし、口座振替の場合は、「フラット20GBプラン」と「フラット30GBプラン」のみの契約となっています。 また、端末が 中古端末となってしまうという点はデメリットとなるので注意しましょう。

次の