アップル ウォッチ ワーク アウト。 Apple Watch標準「ワークアウト」アプリの使い方|林檎時計のある生活

Apple Watchがあれば運動や健康管理が楽しくなる!アプリ機能説明と使った感想

アップル ウォッチ ワーク アウト

ワークアウトをはじめてしばらくすると、 消費カロリー、移動距離、心拍数などの記録を残しておきたくなるものです。 それらのデータは、Apple Watchがあればかんたんに取得できます。 Apple Watch以外にも、ワークアウトをトラッキングできるデバイスはたくさんあります。 FitbitやGarminなど専用のアクティビティトラッカーや、SamsungやLGなどフィットネスの習慣をモニターできるスマートウォッチもあります。 Androidのスマホを使っているなら、スマートウォッチAndroid Wearがオススメです。 一方で、iPhoneを使っている人には、『アクティビティ』や『ヘルスケア』アプリに直接データを送ってくれるApple Watchが便利です。 これらのアプリを使えば、情報の確認や進捗の記録がかんたんにできるのです。 ランニング、サイクリング、エリプティカル、ローイング、スイミング(。 シリーズ1は残念ながらできません)など、様々なワークアウトの記録を残せます。 心拍数、カロリー、距離、各エクササイズ中およびエクササイズ後の経過時間などが確認できます。 iPhoneを使えば、履歴も見られます。 以下に、この便利なガジェットを最大限に活用する方法を紹介しましょう。 Apple Watchの設定方法 まずは、Apple WatchのwatchOSを4. 0以降にアップデートしましょう。 iPhoneのiOSが11以降であることを確認してください。 iPhoneで、「Watch」アプリを開きます。 「一般」「ソフトウェア・アップデート」をタップしてください。 現在のwatchOSが4. 0以降であればそのままでOK。 そうでなければ、アップデートをダウンロードしてインストールしてください。 これで、お好みの フィットネスマシンやウォーキング、ジョギングなどをはじめる準備ができました。 Apple Watchで『ワークアウト』アプリ(走っている人のアイコンです)をタップして開きましょう。 画面をスクロールして、今からやろうとしているワークアウトの種類を選びます。 Apple Watchには• ウォーキング• 室内ウォーキング• ランニング• 室内ランニング• サイクリング• インドアバイク• ステアステッパー• エリプティカル• ローイング• スイミング• 高強度インターバルトレーニング(HIIT) などのワークアウトが用意されています。 リストにお気に入りのワークアウトがなければ、そのほかを選びます。 そのほかを選ぶと、身体運動に基づいて 心拍数と消費カロリーを計算します。 終了後、そのワークアウトに名前を付けることで、後々に使うことができます。 具体的な目標を定めずにトラッキングをしたいなら、ワークアウトの名前をタップするだけでOK。 消費カロリー、時間、距離などの目標を決める場合は、緑の丸3つのアイコンをタップして「目標」を選択、数値を設定したのち、「開始」をタップしてください。 Image: Lance Whitney さあ、ワークアウトをはじめましょう。 Apple Watchがカウントダウン状態になり、トラッキングがはじまります。 ワークアウト中、画面には経過時間、アクティブカロリー(運動で消費したカロリー)、トータルカロリー(アクティブカロリー+基礎代謝による消費カロリー)、心拍数が表示されます。 目標を設定しているときは、達成時にアラートが出ます。 ワークアウトを終了するときは、画面を右にスワイプし、「終了」をタップしてください。 Image: Lance Whitney すると画面には、ワークアウト全体の統計値が表示されます。 下にスワイプすると、合計時間、消費カロリー、平均心拍数、心拍数の幅の各数値を確認できます。 「保存」を押して、ワークアウトを記録しておきましょう。 Image: Lance Whitney モチベーションを保つそのほかの機能 以上が基本です。 でも、手動で開始して記録する以外の方法もあるんです。 もっと手軽にエクササイズをしたいですか? それなら、 Siriにワークアウトをはじめると伝えてください。 「ヘイSiri、ウォーキングを始めるよ」「ヘイSiri、10分間の屋内ウォーキングをするよ」「ヘイSiri、90カロリーのエリプティカルを始めて」などと言えば、Siriがワークアウトを立ち上げてくれます。 終了したいときは、Siriにワークアウトを止めるように言えばいいのです。 便利なオプションはほかにもたくさんあるので、その一部を紹介しましょう。 モチベーションが足りないあなたには、 スマートコーチング機能がオススメです。 この機能は、ワークアウトのアドバイスや提案、毎月の課題、達成度を表示してくれます。 また、アクティビティの目標値を達成したときには、バーチャルのトロフィーをもらえます。 音楽もモチベーションを高めてくれる1つの要素でしょう。 あらかじめ設定しておけば、ワークアウト中に流すプレイリストをWatchが自動的にかけてくれます。 まず、iPhoneからWatchアプリを開いてください。 画面下の「マイウォッチ」タブから、「ワークアウト」を選択します。 「ワークアウトプレイリスト」をタップして、特定のプレイリストを選びます。 これで、 ワークアウト開始と同時に選択したプレイリストが再生されます。 音楽を聞くには、Bluetooth対応のヘッドセットかスピーカーが必要です。 データのトラッキング 最近のワークアウトのデータを見たいときは、Apple Watchで「アクティビティ」アイコン(カラフルな同心円)をタップします。 画面には、その日のアクティビティがリングと数値で表示されます。 赤の「ムーブ」は、今日これまでに消費したカロリーを示します。 緑の「エクササイズ」は、今日エクササイズにかけた時間を示します。 青の「スタンド」は、今日立っていた時間を示します。 これら3項目について、その達成度のほかに、Apple Watchが毎日の平均をもとに自動で定めるゴールが表示されます。 ゴールを達成して、各アクティビティのリングを完成させることを目指しましょう。 Fitbitと同様、ワークアウト中でなくても、Watchを腕に付けている限りデータは収集されます。 つまり、 アプリ上で特定のワークアウトを開始しなくても、歩いたり、泳いだり、自転車に乗ったり、ボートを漕いだりすると、アプリが自動的にアクティビティを記録し、統計値を保存してくれます。 身体活動の履歴を見たいときは、Watchのアクティビティアプリの画面を強く押します。 「週ごとの概要」アイコンをタップすると、今週の状況が表示されます。 さかのぼって過去のデータを表示することも可能です。 iPhoneの「アクティビティ」アプリは、もっといろいろなことができます。 立ち上げると、その日のアクティビティが表示されます。 右にスワイプすると、1日前にさかのぼれます。 この画面で、その日のアクティビティとワークアウトをすべて見ることができます。 ワークアウトは下のほうに表示されているので、スクロールして確認しましょう。 特定のワークアウトをアップすると、 消費カロリー、距離、時間、心拍数、ペースなどのデータが表示されます。 Watchを使いはじめた日までさかのぼって、ワークアウトとアクティビティを確認できます。 特定の情報のみ確認できる 情報が多すぎる場合、フィルターをかけて特定のワークアウトだけを表示することもできます。 iPhoneのアクティビティアプリで画面下にある「ワークアウト」アイコンをタップし、右上の「全ワークアウト」というリンクをタップします。 すると、ローイング、エリプティカル、ランニングなど、特定のワークアウトを選べます。 これで、下にスワイプして次に右にスワイプすることで、選択したワークアウトだけの履歴を見ることができます。 Image: Lance Whitney 取得データのカスタマイズ ワークアウト中に記録される測定値をカスタマイズするには、iPhoneでApple Watchアプリを開きます。 マイウォッチ画面でワークアウトアプリをタップし、「ワークアウト表示」をタップします。 ウォーキング、屋内ランニング、スイミングなど、ワークアウトの種類を選び、「編集」をタップします。 距離などの測定値を削除したり、平均ペースやトータルカロリーなどの測定値を追加したりできます。 各ワークアウトにつき5つまで測定値を記録できます。 もう1つ、覚えておくべきオプションがあります。 それは、ムーブゴールの変更。 1日の消費カロリーの目標を増やしたい(減らしたい)ときに使います。 まず、Watchのアクティビティアプリで画面を強く押します。 「ムーブゴールを変更」というアイコンをタップしてください。 Image: Lance Whitney iPhoneの『ヘルスケア』アプリを併用する iPhoneの「ヘルスケア」アプリも、あなたのワークアウトの状況を知ることができる便利なアプリの1つです。 ヘルスケアアプリをタップして開くと、「今日」画面にその日のエクササイズとアクティビティが、「アクティビティ」アプリよりも詳細に表示されます。 この画面で、「アクティブエネルギー」「安静時消費エネルギー」「歩数」「ウォーキング+ランニングの距離」「スタンド時間」「上った階数」「エクササイズ時間(分)」「ワークアウト」などを確認できます。 平均心拍数、安静時心拍数、歩行時心拍数などのデータも表示できます。 アクティビティアプリと同様、右にスワイプすることで、1日前のデータを閲覧できます。 「アクティブエネルギー」「歩数」「スタンド時間」など特定の項目をタップすると、「日」「週」「月」「年」の平均値を見ることができます。 Image: Lance Whitney 最後に、ワークアウトとアクティビティは、サードパーティ製のApple Watchアプリでもトラッキングが可能です。 『』『』『』『』『』などは、フィットネスの習慣を記録するのに便利です。 これらのアプリで収集した情報も、アクティビティアプリとヘルスケアアプリに送信されます(許可した場合)。 いろいろ使って試してみてください。 ただ、Watchを使いはじめたばかりであれば、純正のワークアウトアプリで十分事は足りると思います。 無料で簡単、かつ有効な選択肢といえるでしょう。 Image: Lance Whitney Source: Apple(, , , , , ) Lane Whitney - Lifehacker US[] 訳:掘込泰三.

次の

Apple Watchの標準ランニングアプリ「ワークアウト」が使いやすい【反応速度が神】

アップル ウォッチ ワーク アウト

この記事に書いてあること Apple Watchを「ひわさうみがめトライアスロン2019」にて使ってきました。 スイム、バイク、ランと種目ごとの計測にはなりますが、数値は正確に計測ができるのかどうかを、信頼できるGARMIN(ガーミン)時計と一緒に、両腕につけて完走してきたので、その使い勝手をレビューしています。 Apple製品って、CMなんかのイメージはすごくいいんですよね。 オシャレなイメージするし、実際見て触ってみるとシンプルで、その洗練された感じにあこがれてしまう。 Apple Watchに関してもそうで、CMではアクティビティ(運動)に重点を置いたようなイメージを出していて、ガッツリ運動するのに使えそうな雰囲気を出しています。 ってことで、ガチにトライアスロンのレースで使ってみたので、その感想をまとめておきますので、これからトライアスロンを始める時の参考にしてみてください。 現にマップで見ると直線ではないです。 おそらくかなり正確に計測はできています。 バイク バイクの距離に関しては、こちらもスイムから上がってきて、トラジションエリアでウェットスーツを脱いで、シューズを履いて、ヘルメットをかぶって、バイクの装備になった時からの計測で、完了したのもトラジションエリアに戻ってきて、バイクをバイクラックにかけたときまでになっています。 その分少し伸びてしまっているのですが、GARMIN(ガーミン)の方でも距離が少し長いので、おそらく天候不良で急きょ短縮したことから、距離の計測が正しくなかったのかもしれません。 その他、上昇した高度、心拍数、平均速度など、GARMIN(ガーミン)で計測したものとそれほど変わらないことから、こちらもかなり正確だと思います。 おそらく、通常のトライアスロンのショートディスタンス(スイム1. 5km、バイク40km、ラン10km)のレースだと、あと1時間くらいはかかるので、満充電からのスタートでもギリギリセーフというところでしょう。 それぞれのデータは、正確に計測できているので、Apple Watchをトライアスロンで使いたいというならば、スプリントディスタンス、ショートディスタンスまでの距離であれば、おそらく大丈夫!という結果となりました。 距離の測定はわりと正確 GARMIN(ガーミン)でも同時に記録をとっていました。 GARMIN(ガーミン)でのログ画面は次の通りです。 GARMIN(ガーミン)だと、この他に有酸素運動と無酸素運動との割合だったり、運動後のカラダのリカバリー時間だったり、他にも同時にさまざまな数値を知ることができますが、Apple Watchくらいで十分という方が多いのでは無いでしょうか? 使ってみてわかった、Apple Watchをトライアスロンで使うときの限界(デメリット) トランジションにかかった時間やレースタイムはわからない Apple Watchのワークアウトアプリでは、トライアスロンに対応しておらず、またApple Watchでトライアスロンに対応したアプリを、いまのところ確認できていません。 つまり、スイム、バイク、ラン、1種目ずつ計測を完結させていかないと駄目で、トライアスロンにトータルでかかった時間は分かりませんし、もちろんのことスイムとバイクの間、バイクとランの間にかかったトランジションの時間はわかりません。 もちろん、ゴール地点でタイムが出ているので、それをもとにだいたいのトランジションでの時間は分かりますけどね その点、トライアスロンに対応したGARMIN(ガーミン)時計であれば、「トライアスロン」というアクティビティを選ぶことで、途切れることなく全ての種目の記録ができます。 このためトータルでかかった時間や、スイムとバイクの間、バイクとランの間にかかったトランジションタイムも分かるのです。 種目の切替が、やはり面倒 トライアスロンに対応していないことによるデメリットは、計測タイムだけでなく、操作の面倒臭さにも繋がります。 いちいち、スイムが終われば終了させて、またバイクが始まればバイクのためにアプリを起動して、スタートボタンを押して、ランについても同様で。。。 これって、少しでも早く次の競技に移りたいトライアスリートにとっては不利でしかありませんし、とても面倒です。 トライアスロンでもショートディスタンスまでならば、バッテリー的に大丈夫ということがわかりましたので、Appleさんがワークアウトで「トライアスロン」を追加してくれるのを望むばかりですね どんなトライアスリートなら利用価値が高いか? すでにApple Watch(アップルウォッチ)を持っていて、これからトライアスロンを始めるので、極力出費を押さえたいという方には最適ではないでしょうか? ただし、この場合でもバイクのトレーニングでは、乗っている時間が長くApple Watchでは対応できないことも多くなります。 Apple Watch+サイクルコンピューター(バイクに乗った距離や速度などを計測する機器)という組み合わせが可能なら、ショートディスタンスまでの距離のトレーニングやレースでも十分に使えると思います。 もちろん、Apple Watchを持っていなくてトライアスロンのために購入するのなら、GARMIN(ガーミン)をおすすめします。 【まとめ】トライアスロンでApple Watchは使えなくもないが、トレーニングまで考えると「サイクルコンピューター」と併用するといい 大手を振って「おすすめ!」と紹介できない一番の要因は、バッテリーの稼働時間。 その次にトライアスロンに対応しているアプリが無いということ。 この2点で、トライアスロンで使うことを前提にすると思いっきりおすすめできませんが、正直日常生活ではGARMIN(ガーミン)より、Apple Watchのほうが利用価値の高いデバイスです。 Apple Watchをできるだけ使いたいと考えるならば、バッテリー的に一番問題なバイクトレーニングの部分はサイクルコンピューターを別で購入することで、Apple Watchはスイム(プールで使えるなら)とランだけにしておけば、問題なく使えます。 なかなか初心者で最初からGARMIN(ガーミン)時計を買うとなると躊躇しますが、Apple Watchだと、万が一トライアスロンをやめてしまっても、その後使えますからね。 比較検討の1要因として考えてもよいと思いますよ。 ではまた。 最後まで読んでくれてテリマカシ。 ボクの愛用しているGARMIN(ガーミン)時計.

次の

ワークアウトでApple Watch(アップルウォッチ)を使うメリットとは!?

アップル ウォッチ ワーク アウト

普段使ってるiPhoneと接続しておくだけでスマートフォンのように使用が出来るApple Watch(アップルウォッチ)。 電話ができたり音楽が聞けたりとすごい機能に溢れていますよね。 また標準機能である「エクササイズ」を毎日のワークアウトに活用することもできます。 そんな便利なApple Watch(アップルウォッチ)ですが、実はあまり知られていない小技がたくさん! 今回はApple Watch(アップルウォッチ)で使える便利な裏技をご紹介します。 Apple Watch(アップルウォッチ)のおすすめ機能14つをまとめたので、初心者さんでもラクラクApple Watch(アップルウォッチ)を使いこなせるように! 4. 左利きの人向きの特別設定 Apple Watch(アップルウォッチ)は右利きの人用にデザインされていますが、左利きの場合右腕についていたほうが便利な場合がありますよね。 もちろん右利きでも右腕につけたい人もいるかもしれません。 これでデジタルクラウンが左側にくる左利き用のApple Watch(アップルウォッチ)が出来上がります。 心拍数が高すぎると知らせてくれる Apple Watch(アップルウォッチ)にあったiPhoneにはない心拍数を測る機能。 Apple Watch(アップルウォッチ)が体の異常を知らせてくれるなんて優秀ですね。 Apple Watch(アップルウォッチ)の今すぐ使いたい便利機能9選 Apple Watch(アップルウォッチ)にはあまり知られていない便利なショートカットや機能もたくさんあります。 手をかざしてスリープモードに Apple Watch(アップルウォッチ)を操作すると終わってからも数秒間はディスプレイがついたままです。 ここで使える小技ですが、空いてる手をディスプレイの上にかざすだけで操作終了後すぐにディスプレイを消しスリープモードにすることができます。

次の