赤 ニキビ オロナイン。 鼻のニキビを治したい! 赤・白ニキビの原因・意味や痛みなど症状別の治し方

赤ニキビにオロナインは効く?正しい使い方と間違った使い方|feely(フィーリー)

赤 ニキビ オロナイン

1.ニキビができる原因 ニキビができる場所は大きく二つに分けられます。 思春期にできるニキビの多くがこの場所で、成長に伴い皮脂の分泌が過剰になり、毛穴に詰まってしまうことが原因となっています。 この場合の原因としては、食生活の乱れや不規則な睡眠、疲れやストレスなどがあげられます。 これらの原因がもとでホルモンバランスが崩れると、皮脂分泌にも影響を及ぼし、ニキビの原因となるのです。 皮脂が肌の汚れと混ざり、固まると毛穴を塞いでしまいます。 塞がれた毛穴の中では、ニキビの原因菌と言われるアクネ菌が繁殖します。 このアクネ菌が炎症を起こし、赤く腫れあがったニキビを作ってしまうのです。 2.オロナインH軟膏について ニキビを早く確実に、そして跡を残さないよう治療するには皮膚科を受診する必要があります。 しかし、なかなか受診する暇が無い…という方も多いでしょう。 個人で購入できる市販薬の中に、ニキビに効く薬はあるのでしょうか? ここからは、薬局やドラッグストアで購入することができる市販薬のひとつ、オロナインH軟膏について見ていきます。 2-1. オロナインH軟膏の成分と作用 オロナインH軟膏の有効成分は、クロルヘキシジングルコン酸塩と呼ばれる消毒薬です。 消毒薬は、その効力により高水準、中水準、低水準書毒と分類されます。 クロルヘキシジングルコン酸塩は、低水準消毒のグループに入ります。 皮膚に対する刺激が少なく、嫌な臭いもありません。 低濃度では細菌の繁殖を抑え、高濃度では細菌を死滅させる作用を持っています。 2-2. オロナインH軟膏はニキビに効果ある? 効能・効果として、以下のものが表記されています。 にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、 水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも ニキビができる要因は様々ですが、肌にニキビを作り出す直接的な原因はアクネ菌の感染です。 オロナインH軟膏に含まれるクロルヘキシジングルコン酸塩は、アクネ菌に対する殺菌作用を持っています。 そのため、ニキビに対する効果も持っているのです。 ニキビに使用する処方薬との違い ニキビに使うことができる市販薬の殺菌成分は、消毒薬に分類されるものです。 炎症を抑える成分もイブプロフェンピコノールやグリチルリチン酸なども、効果はマイルドなものです。 専門的な知識が無くても安全に使えるよう、使える成分が制限されています。 処方薬の場合には、殺菌成分は抗生物質になります。 キノロン系やリンコマイシン系など、ニキビの原因菌であるアクネ菌や、皮膚に常に存在しているブドウ球菌に対して抗菌作用を持つものです。 耐性菌の問題などがあるため、医師の指示のもとでしか使用できません。 また、過酸化ベンゾイルという、ニキビにのみ適応を持つ成分もあります。 こちらは抗菌作用と毛穴の詰まりを改善する作用を併せ持っています。 3.オロナインH軟膏の商品ラインナップと価格 オロナインH軟膏には、容量の異なるいくつかの商品があります。 それぞれの容量ごとに、通販サイトでの販売価格を見てみましょう。 最安値から5位までの価格を示します。 11gチューブ入:248円~267円 50gチューブ入:498円~645円 30g瓶入:311円~365円 100g瓶入:592円~647円 250g瓶入:1,430円~1,553円 他の市販薬の場合、20g前後で1,000円程度かかるものがほとんどです。 オロナインH軟膏は非常に安価だと言えるでしょう。 小さなチューブもあるので、携帯にも便利ですね。 4.オロナインH軟膏の使用上の注意点 有効成分のクロルヘキシジンに対するアレルギーのある方は、使用しないようにしてください。 湿疹や虫刺されに対しては使わないようにと添付文書に書かれています。 有効成分はクロルヘキシジンで、その作用は殺菌です。 湿疹や虫刺されによる炎症を抑える成分は配合されていません。 また、体質的に合わない場合、塗った場所が赤くなったり、かゆみや腫れが生じる場合があります。 このような症状が現れた場合には使用を中止してください。 クロルヘキシジングルコン酸塩を含む医薬品に対しては、平成29年10月に「使用上の注意」の改訂指示が出されています。 国内において、クロルヘキシジングルコン酸塩を含む製品の使用によるアナフィラキシー症状が一定数確認されたためです。 アナフィラキシー症状としては、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動機等があげられます。 このような症状が現れた場合はすぐに病院を受診してください。 5.オロナインH軟膏が効かない場合は? オロナインH軟膏を5~6日間使用しても、症状に改善が見られない場合は使用を中止しましょう。 有効成分のクロルヘキシジングルコン酸塩は殺菌作用を持っていますが、細菌の繁殖が進んでいる場合には効果が不十分な可能性があります。 また、オロナインH軟膏には、詰まった毛穴を開く作用、炎症を抑える作用はありません。 オロナインH軟膏は、症状の軽い、ニキビのでき初めに適した薬です。 5~6日間使用しても改善が見られない場合には使用を中止し、早目に皮膚科を受診するようにしましょう。 6.まとめ オロナインH軟膏とニキビについて見てきましたが如何でしたでしょうか? オロナインH軟膏は取り扱っている店も多く、価格も安いためセルフケアの目的で使用するには良い商品だと言えます。 しかし効果はマイルドなため、ひどくなってしまったニキビには効かないこともあります。 普段から規則正しい生活をして、ニキビができにくい環境を整えることも大事です。 オロナインH軟膏を使っても症状が良くならないときは、早目に皮膚科を受診するようにしてください。

次の

しこりニキビにオロナイン軟膏は間違いだった!改善効果どころか悪化の可能性も?

赤 ニキビ オロナイン

思春期前にニキビができやすい理由はわかりましたが、最近は20〜30代の「大人ニキビ」に悩んでる方もたくさんいます。 この大人ニキビの主な原因は「 疲れやストレス」とされています。 ストレスによって、• 睡眠時間が減少• 食生活が乱れる• 喫煙や飲酒が増える などの行動が増えることで、ニキビが悪化していきます。 脂質の多い偏った食事は避け、規則正しい生活をすることで治していきましょう。 面皰の段階:毛穴の詰まりを取る薬を使う• 丘疹(赤ニキビ)の段階:アクネ菌を抑える抗菌薬・炎症を抑える抗炎症薬を使う それぞれについて解説します。 面皰(白ニキビ)の治療に有効な成分 面皰(白ニキビ)の治療には、 毛穴の詰まりを取る薬が有効です。 イオウ• サリチル酸 など、毛穴の角質を柔らかくして剥がしてくれる「 ピーリング作用」をもつ薬を使いましょう。 赤ニキビの治療に有効な成分 赤ニキビの治療には「 アクネ菌を殺菌する薬」と「 炎症を抑える薬」が必要です。 アクネ菌を殺菌する成分 ニキビの市販薬に使用されているアクネ菌の殺菌成分としては、• レゾルシン• イソプロピルメチルフェノール• トリクロサン• エタノール などがあげられます。 炎症を抑える成分 ニキビの市販薬に使用されている炎症を抑える成分としては、• イブプロフェンピコノール• グリチルリチン酸ニカリウム などがあげられます。 これらの成分がニキビの炎症を抑え、悪化を防いでくれます。 赤ニキビの治療で市販薬を購入する際は、これらの成分が配合されている薬を選択することがおすすめです。 ニキビ治療に有効な漢方薬 ニキビ治療での漢方薬は、 ニキビができにくいように体質を改善させることを目的としています。 主に使用される漢方薬は以下のとおりです。 清上防風湯 せいじょうぼうふうとう:赤ニキビが多いときに用いられる、ニキビ治療に幅広く使える漢方薬です• 黄連解毒湯 おうれんげどくとう:顔面の赤み、炎症が強い場合のニキビに使用されます• 桂枝茯苓丸 けいしぶくりょうがん:青黒い感じのニキビに使用されます• 当帰芍薬散 とうきしゃくやくさん:顔色が悪く、冷え性で艶がなく、隆起もないニキビに使用されます• 十味敗毒湯 じゅうみはいどくとう:皮膚の赤みや痒みを発散し、腫れや化膿を抑えます。 ニキビ用薬といえばクリームなどの外用薬のイメージが強いですが、こちらは 錠剤タイプの漢方薬です。 先ほども解説しましたが、 ニキビ治療での漢方薬の使用は体質改善を目的としています。 (即効性を求める方にはクリームや軟膏などの直接塗布するタイプの製剤をおすすめします) 清上防風湯は、顔がのぼせて赤い方のにきび、顔や頭の湿疹、皮膚炎を改善する効果があります。 ニキビができやすい体質の方• ニキビを根本から改善させていきたい という方には、漢方製剤を試してみることもおすすめです。 ニキビにおすすめのスキンケア(洗顔・化粧水・乳液) ニキビは慢性的な皮膚の疾患なので、日常のセルフケアが重要です。 ここでは、 ニキビを悪化させないためのスキンケアについて解説します。 ニキビにおすすめの洗顔方法 ・洗顔の基本は朝と夜に1日2回、洗顔料を使用してやさしく洗いましょう。 皮脂をしっかり除去するためにも、洗顔料は必須です。 ・洗顔で顔をこすると炎症の悪化につながります。 手のひらで良く泡立ててから、顔に使うようにしましょう。 ・洗顔料はしっかりと洗い流しましょう。 ・化粧水、美容液、乳液などの基礎化粧品は、顔のバリア機能を補強のために必ず使用しましょう。 最低限、化粧水だけでも使用することが大切です。 ・化粧水は、手で叩かず、手のひら全体で押さえるようにして使いましょう。 ・美容液、乳液は保湿成分が含まれたものを使用しましょう。 ヒアルロン酸の入ったものがおすすめです。 ニキビにおすすめの洗顔剤 という洗顔料は、アクネ菌を殺菌する成分(イソプロピルメチルフェノール)を含んでいるため、ニキビに悩んでいる方におすすめです。 洗顔 ・美容液・クリームがセットになった使いやすい製品です。 ファンデーションはパウダータイプが油分が少ないのでおすすめです• リキッドタイプのファンデーションは毛包を閉じてしまうため、使用はやめましょう• 「目」、「鼻」、「口周り」は皮脂が多いため、塗りすぎないように注意しましょう• コンシーラーを使う場合は最低限の量にしましょう。 なるべく使用しないのがおすすめです• ニキビ以外の部位を目立たせるようなメイクをしましょう• 刺激や油分が少ない化粧品を選びましょう ニキビにおすすめのサプリ ニキビ治療では ビタミンB群およびビタミンCの摂取がとても有効です。 ビタミンB2:皮脂の分泌を抑える• ビタミンB6:皮脂の分泌を抑える• ビタミンC:皮脂の分泌を抑える・ニキビ跡を改善 ニキビに使用するサプリとしては「」という製品がおすすめです。 ビタミンB2・B6・Cが全て含まれているため、ニキビ治療に最適なサプリとなっています。 この記事で解説したように、市販のニキビ薬にもしっかりと効果を発揮してくれる商品が揃っています。 また、ニキビを治すためには 適切なスキンケアや 規則正しい生活リズムが重要です。 適切な対策でニキビの症状を抑えて、快適な毎日を過ごしましょう。

次の

【2020年版】ニキビにおすすめの市販薬ランキングを現役薬剤師が紹介|原因と治し方・洗顔料(化粧水・乳液)・サプリについても解説

赤 ニキビ オロナイン

鼻の中やアゴ、おでこなど…さまざまな場所にできるニキビ。 ちょっと触れただけで「痛い!」と声が出てしまうようなものもありますよね。 なのに、そんな痛いニキビに限って、痛みが引いても赤くて硬いしこりになってなかなか治ってくれなかったり。 そんな悩ましいニキビ、じつはパーツごとにできる原因が違っているんです! そこで今回は、『美容皮膚科タカミクリニック』の本田医師に、痛いニキビの原因から治し方について教えていただきました。 【目次】 ・ ・ ・ ・ 痛いニキビの原因は? 鼻の中、鼻の下、小鼻、顎、おでこ、頬… パーツによって原因って違うの? 教えてくれたのは… 本田えり医師 1日100名前後が来院する『 』にて、ニキビ治療・毛穴治療をメインに、シミ、しわ、たるみなどのアンチエイジング治療まで一貫して治療を行っている。 現在の肌トラブルの改善はもちろん、将来に向けて、より美しい肌で過ごせるよう治療計画の提案、スキンケア指導を含めた生活面でのアドバイスも好評。 10代の青春ニキビはおでこやTゾーン、大人ニキビはアゴや首にできるイメージがありませんか? 実は、ニキビはできる場所によって原因が違うんです。 その原因をしっかり理解していれば、ニキビ肌改善のヒントになるかも。 鼻の中や鼻の下はニキビじゃない!? 「鼻の中や鼻のすぐ下などにできる痛いふくらみは、ニキビじゃない可能性大。 皮脂が多い10代~20代前半は、Tゾーンや頬にニキビが出やすいですが、ある程度、年齢がいってもおでこや頬などにもできてしまうなら、それは乾燥とスキンケアの油分過剰が原因かもしれません。 年齢的にはもうTゾーンの皮脂などは減っていっていいはずなのにニキビができるのは、バリア機能を低下させるようなスキンケアの仕方に加え、クリームやオイルの塗りすぎや、マッサージが原因になることも。 スキンケアのやり方やアイテムを見直したほうがいいでしょう」 自分がインナードライだと気付かずに、クリームやオイルを多量に使っていると、ニキビができてしまうんですね。 「そうです。 ニキビが出やすい方は、まずは化粧水や美容液の段階でセラミドやアミノ酸といった天然保湿因子、つまり角質層の主成分や細胞の機能を高める成分、炎症を抑える成分をたっぷりと入れて保湿をしっかりしてあげることが大切です。 その上で、最後に軽めに油分で膜を張ってあげるとニキビができなくなりますよ。 クリームやオイルを全体に使うのを避けて、ゲルや乳液で保護をし、ニキビが出ないとこだけに油分をプラスするケア方法を試してみてください」 治るどころか悪化!? ついついやりがちなNGケア ニキビには油分を与えない、というお話でしたが…ここ数年、オイル美容がトレンドです。 ホホバオイルなど、ニキビへの効果を謳ったオイルもたくさんありますが、そういうオイルなら使用しても問題ないのでしょうか? 「私はおすすめしていません。 オイルの種類によっては、炎症を抑える効果のあるものもありますが、それよりも油分で毛穴が詰まるリスクのほうが高いと思いますよ。 植物性のオイルなどは特に、菌のエサになるというリスクまであります。 痛みやかゆみが出た時の対処法は? 対処法と気をつけたいポイント ニキビに強い赤みがある、膿があるような炎症がひどい場合ですと、細胞からヒスタミンが出やすくなって、まわりの神経に作用するので、痛みやかゆみを伴うことがあります。 自分のかゆみがどれに当たるのか、まずはそれを知ることが大切です。 ニキビの炎症が進んだ状態「しこりニキビ(硬結ニキビ)」の正しいケアは ニキビの炎症が進んだ状態「しこりニキビ(硬結ニキビ)」の正しいケアは 赤く盛り上がったまま、しこりがなかなか消えないニキビ。 これは、どういった原因でできてしまうのでしょうか? 「ケロイドって聞いたことがあると思うんですが、しこりニキビはこれの前段階です。 深い傷などができて炎症が起こったあとに、コラーゲンがその場所に余計に作られ、赤く固くなってしまうんです。 つまり、ニキビの中でも炎症がかなりひどいため、しこりニキビ化してしまうんですね。 フェイスラインやデコルテ、肩などに出やすいですが、ほかの場所の小さなニキビでも、触ったり潰したりしていると、しこりニキビ化することがあるので注意が必要です」(本田医師) ニキビの中でも悪化が進んだニキビが、しこりニキビだったんですね。 では、どうやって治していけばいいのでしょうか。 「触らなければ、通常は時間とともに落ち着いてくると思います。 しかし、こういったしこりニキビができやすく、また治りにくいケロイド体質の方というのがいらっしゃるので、そういう患者さんは、ピーリング作用のある塗り薬やステロイド注射などを使いながら治療していきます」 ただし、しこりニキビになってしまってからでは、治療にかなりの時間がかかってしまうそう。 痛いニキビにオロナインは効果あるの? 軽いニキビなら引くことも。 痛いニキビには… ニキビができても病院に行く時間が取れない人などは、市販薬に頼りたくなると思います。 「オロナインの主な成分は、クロルヘキシジン。 消毒液と同じ成分なので、かなり軽いニキビなら引くこともあるでしょう。 皮膚科では、いざニキビができたときに塗る薬をもらっておくこともできるので、ニキビができやすい人はそういった、皮膚科の塗り薬をストックしておいてはいかがでしょう」(本田先生) 痛いんだったら、それはかなり炎症が進んでいる状態とのこと。 ひどい場合は市販薬に頼るより、なるだけ早く病院にかかったほうがニキビ跡を残さないためにもおすすめだそうです。

次の