ドワンゴ 株価。 『ドワンゴ』株価が急落 値下がり率で2位を記録

KADOKAWAの19年4〜12月期、78億円の最終黒字に転換 ドワンゴの改革が増益要因に

ドワンゴ 株価

- 本社所在地• 〒104-0061 四丁目12番15号 :• Huntley(共同創業者、初代会長) (共同創業者、元代表取締役副社長) (創業者、初代代表取締役社長、顧問) (創業メンバー、元取締役副社長) (元代表取締役社長) (元取締役) (元代表取締役社長) (元取締役) (元取締役) 外部リンク 株式会社ドワンゴ( DWANGO Co. , Ltd. )は、の関連。 の完全子会社。 DWANGOは「 Dial-up Wide Area Network Gaming Operation」の頭文字をとったものである。 元々は米Interactive Visual Systems(IVS)社が運営していたオンラインゲームサービスの名称であり、IVS社から権利を譲り受けたものである。 沿革 [ ] 1994年12月、 Robert E. Huntley(ロバート・E・ハントレー) のInteractive Visual Systems社(IVS)によりUSAテキサス州ヒューストンで動画研修やオンラインゲーム接続環境を提供するサービス""として始められた。 インターネット普及前でかつをDOSモードで起動して単独で動かさねばならないであったにも関わらず、社の協力を得てに代表される初期の代表的なの対戦を可能にし、翌1995年初頭までには月額8. 1996年、サービスを日本、韓国、シンガポールに拡張。 日本では、株式会社ソフトウェアジャパンが運営権およびマスターフランチャイズ権を取得。 しかし、11月にソフトウェアジャパンは倒産。 同社に勤めていたが、の薦めによりIVS社のRobert E. Huntleyと、1997年4月にIVS社の子会社として、有限会社ドワンゴジャパン を設立。 1997年8月、川上量生とRobert E. Huntley 、ゲーム作成団体のの によりIVS社の子会社として 株式会社ドワンゴを設立。 1998年、IVS社は、昨年12月より急速に拡大するインターネット市場に対応するためMicrosoft社のに参加し、DWANGO Zoneを立ち上げていたが 、DWANGO参加者を増やそうとしたことに起因する技術的問題や、時間課金制を取ったために支持を失い、DWANGOサービスそのものを停止し、資金調達にも失敗して倒産した。 (平成9年)• 8月6日 - コンピュータゲームネットワークの接続サービスを目的として、Interactive Visual Systems Corporation、ランドポート株式会社他3名の出資により、東京都品川区東五反田一丁目10番9号に 株式会社ドワンゴ(資本金1700万円)を設立。 (平成10年)• 2月 - 本社を東京都中央区日本橋人形町二丁目13番9号に移転。 10月 - 米国から用カスタムの日本国内でのサードパーティへの技術サポート業務を受託。 11月 - 有限会社ディシーエル(現 株式会社インフォーエス)、ランドポート株式会社他3名を割当先とした第三者割当増資を実施。 (平成11年)• 2月 - 本社を東京都中央区日本橋人形町二丁目14番6号に移転。 8月 -Interactive Visual Systems Corporationより『 DWANGO』の全世界における商標、知的所有権、その他すべての権利を譲受。 8月 - (旧・有限会社ドワンゴジャパン)、森栄樹、川上量生を割当先とした第三者割当増資を実施。 11月 - i-mode向けゲームサイト「ドワンゴかもね」をサービス開始。 第一弾ゲームとして釣りシミュレーションゲーム「釣りバカ気分」の配信を開始。 (平成12年)• 4月 - コナミ株式会社、株式会社エヌ・エヌ・エムイー情報流通(現・エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社)を割当先とした第三者割当増資を実施。 5月 - Intel Pacific, Incを割当先とした第三者割当増資を実施。 6月 - ネットワークゲームのコンテンツとシステムを統合的に開発することを目的として、株式会社と合弁で株式会社フロム・ネットワークスを設立。 6月 - 小林宏が代表取締役社長に、川上量生が代表取締役会長に、森栄樹が代表取締役副社長に就任。 8月 - 株式会社イサオ、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントなどを割当先とした第三者割当増資を実施。 8月 - 株式会社エヌ・ティ・ティエックス(現・エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社)、株式会社サイタスマネジメントと共同で、携帯端末向けコンテンツ事業者向けの高付加価値プラットフォーム「XnetBooster」の提供を開始。 9月 - 本社を東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目39番5号に移転。 11月 - 大阪市西区西本町に大阪開発部を開設。 12月 - アジア市場開拓を目的として、中華民国に多玩國股份有限公司を設立。 (平成13年)• 2月 - 資本金を4億4,000万円に増資。 4月 - 携帯電話向けコンテンツ開発・運営を目的として、株式会社コンポジットを設立。 5月 - 携帯電話向けゲームパックサイト「ドワンゴ7」(いろメロゲームズ、携帯ゲーム百選)を開設。 6月 - 株式会社コンポジットとの共同事業でi-mode向け着信メロディサイト「16メロミックス(現・)」の配信を開始。 10月 - 携帯電話向けコンテンツの企画・開発・運営を目的として、株式会社マリアス(現・株式会社エンティス)を設立。 (平成14年)• 2月 - 着信ボイス配信サイト「16メロボイス」(後のいろメロと~く、dwango. jpボイス)サービス開始。 5月 - ドイツE-Plusが運営するiモードに「Traders Odyssey」を配信。 7月 - 携帯電話コンテンツを軸にしたコンセプトショップ「ドワンゴショップ」を7月18日から8月25日の期間限定で裏原宿にオープン。 8月 - Dwango North America, Inc. との商標使用許諾契約および技術ライセンス契約を締結。 11月 - 「40メロミックス(現・dwango. jp)」をはじめとした携帯電話向けコンテンツサービスにおける協業体制の一層の強化を目指し、株式会社コンポジットを完全子会社化。 (平成15年)• 2月 - 本社を東京都中央区日本橋浜町二丁目31番1号に移転。 7月 - 東京証券取引所に株式上場(資本金8億8,625万円)。 証券コード 3715• 8月 - いろメロミックス(現・dwango. jp)の人気コーナー「アニメロミックス」を独立させ、アニメに特化した着信メロディサイト「アニメロミックス」を開始。 9月 - Dwango North America, Inc. とWoodland Hatchery, Inc. OTCBB: WLDH が、株式交換を行い、Woodland Hatchery, Inc. がDwango North America Corp. (別名:Dwango Wireless、OTCBB:DWGN)に商号変更。 11月 - いろメロミックス(現・dwango. jp)にて、着信ボイス&動画が融合したオリジナルムービーが楽しめるサービス「着と~く」を開始• 12月 - いろメロミックス(現・dwango. jp)にて、番組形式の情報コーナー「いろメロ生放送」を開始。 (平成16年)• 2月 - 次世代携帯電話機向けコンテンツの制作・供給業務を目的として株式会社モバイルコンテンツを設立し、同社を通じて株式会社エクシングと携帯電話機向けのコンテンツの制作と利用に関して提携。 4月 - いろメロミックス 現・dwango. jp の着うたコーナー「CDサウンド」を独立させ、着うたサイト「いろメロCDサウンド(後のdwango. jpうた)」を開始• 8月 - タワーレコード株式会社の株式の一部を取得すると共に、同社及び株式会社NMNLと業務提携。 - 東京証券取引所市場第一部に市場変更(資本金48億6,855万円)。 (平成17年)• 2月25日 - いろメロミックス(現・dwango. jp)にて、携帯電話向けのストリーミング放送サービス「(通称:パケラジ)」を開始。 4月21日 - ゲームソフトウェアの企画・制作・販売を行う株式会社(現・スパイク・チュンソフト)を子会社化。 10月16日 - 株式会社コンポジット(子会社)を吸収合併。 10月28日 - Dwango North America Corp. (別名:Dwango Wireless、OTCBB:DWGN)との商標使用許諾契約および技術ライセンス契約を終了。 11月14日 - 各種コンテンツや情報サービス等を携帯電話メールを利用して提供するサービスの企画・制作及び供給業務を目的として株式会社を設立。 11月16日 - から株式を取得し、ゲームソフトウェアの企画・制作・販売を行うを子会社化。 12月8日 - 株式会社チュンソフト、株式会社スパイクを子会社とする中間共同持株会社、株式会社を設立。 12月26日 - 音楽著作権の管理を目的として株式会社を設立。 (平成18年)• 1月16日 - 株式会社ニワンゴ、無料メールポータル「」のサービスを開始。 3月15日 - (AGHD)と業務・資本提携を開始。 AGHDを割当先とする第三者割当増資を実施し、これによりAGHDの関連会社となる。 7月 - 株式会社文化放送、株式会社ピクチャーマジック、株式会社セントラルミュージックとの合弁会社、株式会社AG-ONE(現・MAGES. )を設立。 8月 - 株式会社と資本・業務提携。 10月 - モバイル向け広告販売を目的として株式会社スカイスクレイパーを設立。 11月 - アニメ分野に特化した声優・歌手の発掘・育成を目的として株式会社ドワンゴ プランニング アンド ディベロップメントを設立。 12月12日 - 再生中の動画にリアルタイムコメントを付けられる「」のサービスを開始。 (平成19年)• 1月 - セガ、ドコモ・ドットコム、電通ドットコム、博報堂DYメディアパートナーズからの株式譲渡により、持分法適用関連会社の株式会社モバイルコンテンツを再子会社化。 2月 - レコード制作及び出版管理を行う株式会社evolutionを子会社し、株式会社ドワンゴ・エージー・エンタテインメントに商号変更。 4月 - 第三者割当増資引受により、タクシー手配システムの構築及び手配業務受託を主な事業とする株式会社トランを子会社化。 (平成20年)• 1月 - 子会社である株式会社ゲームズアリーナが、新たなブランド追加と企画開発力の強化を目的に、株式会社を子会社化。 10月 - 株式会社、株式会社等と共同によるai sp ce製作委員会が、3D生活空間サービス「」の正式サービスを開始。 (平成21年)• 12月 - 子会社である株式会社ドワンゴ・ミュージックパブリッシングと株式会社ドワンゴ・エージー・エンタテインメントを合併し、商号を株式会社ドワンゴ・ミュージックエンタテインメントに変更。 (平成22年)• 4月 - 株式会社ドワンゴ プランニング アンド ディベロップメントが、持分法適用関連会社である株式会社AG-ONEを存続会社とする吸収合併により解散。 - 株式会社角川グループホールディングス(現・株式会社KADOKAWA Future Publishing)と電子書籍や各種コンテンツの配信に関して包括業務提携。 (平成23年)• 2月 - 株式会社を子会社化。 4月 - アンテナショップ「ニコニコ本社」が原宿にオープン。 6月 - 持分法適用会社である株式会社AG-ONEと株式会社が合併し、商号を株式会社MAGES. に商号変更。 6月 - 株式会社角川グループホールディングス(現・株式会社KADOKAWA Future Publishing)と業務・資本提携。 6月 - ライブハウス「ニコファーレ」が六本木にオープン。 (平成24年)• 1月 - モバイル事業を会社分割し、株式会社ドワンゴモバイルを設立。 2月 - niconico事業のコンシューマーエレクトロニクス分野におけるサービス企画開発業務の強化を目的として株式会社を設立。 3月 - 株式交換により株式会社CELLを完全子会社化。 4月 - 連結子会社の株式会社チュンソフトと株式会社スパイクが合併し、商号を株式会社スパイク・チュンソフトに変更。 4月 - 「」を幕張メッセで開催。 6月 - 株式会社ゲームズアリーナが解散。 12月 - COO最高執行責任者の荒木隆司が代表取締役社長に就任。 (平成25年)• 1月 - ポータル事業及びライブ事業の一部を株式会社CELLに吸収分割し、株式会社CELLは株式会社に商号変更。 3月 - 株式会社スカイスクレイパーの株式の60%を株式会社角川グループホールディングスに譲渡し、合弁会社として商号を株式会社スマイルエッジに変更• - 本社を中央区明治座から、中央区銀座歌舞伎座タワーに移転した。 - 株式会社と業務提携開始、エイベックス・グループ・ホールディングスからドワンゴ株4. - 株式会社の株式を全取得し完全子会社化。 (平成26年)• 3月 - 株式会社、株式会社との共同出資でゲーム情報サービス会社株式会社リインフォースを設立。 - アニメ製作出資事業を分割しMAGES. に統合• - 株式会社(現・株式会社KADOKAWA Future Publishing)との経営統合契約書を締結。 - NagisaWorksが運営していた「」を譲り受けることを発表。 - KADOKAWAと同時に上場廃止。 - 日本最大級の読書コミュニティーである「」を運営している株式会社の全ての株式を17億円で取得して、完全子会社化すると発表。 - 株式会社KADOKAWA・DWANGO(現・株式会社KADOKAWA)を設立し、株式移転を実施、同社の完全子会社となる。 10月1日 - 子会社のドワンゴモバイル(子会社)、(子会社)、(子会社)の3社を吸収合併。 10月 - を設立。 10月 - アンテナショップ「ニコニコ本社」を原宿より池袋に移転。 - 株式会社のに関係する資産を譲り受けることを発表し 、付でサービスを移管した後に「Live Dwango Reader(ライブドワンゴリーダー)」と名称を変更することを発表。 付で移管と名称の変更を実施。 - (子会社)を吸収合併。 12月16日 - 株式会社ニワンゴの発行済み全株式を取得し完全子会社化。 12月24日 - KADOKAWAとの経営統合をきっかけにした「シナジー事業」の一環として、KADOKAWABCでアスキーブランドのIT技術書発行を手がけてきたハイエンド書籍部の移管を受けるとともに、KADOKAWAとドワンゴの共同技術書レーベル「アスキードワンゴ」を発足させると発表。 12月25日 - 株式会社を完全子会社化。 12月 - KADOKAWAとの合弁会社、株式会社スマイルエッジを完全子会社にし、2015年1月ドワンゴに事業移管した上で解散。 (平成27年)• 1月 - ゲーム大会とゲーム実況の祭典「闘会議2015」を幕張メッセで開催。 7月1日 - 、と共同で背景美術制作会社株式会社でほぎゃらりーを設立。 8月3日 - 株式会社ユビキタスエンターテインメントより、コンピュータグラフィックス研究所「UEIリサーチ(現ドワンゴCGリサーチ)」を弊社に移管。 10月1日 - 株式会社(子会社)を吸収合併。 また、親会社のKADOKAWA・DWANGOが商号をカドカワに変更したことに伴い、経営統合を表現する意味合いでコーポレートロゴのデザインを変更。 10月 - 株式会社と共同による池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員会が、イベント「池袋ハロウィンコスプレフェス2015」を開催。 (平成28年)• 1月 - 株式会社との共同開発でスマートフォン用イベントアプリ「niconico event+」をリリース• 2月12日 - との合弁によるゲーム実況者等のマネジメント会社として株式会社ワタナベアマダクションを設立。 3月18日 - イタリア・ローマのDigitalVideo社が独自開発したアニメーション制作ソフト「」の買収を発表し、オープンソースソフトウェア「OpenToonz」として改良。 - 株式会社リインフォースを吸収合併し、ニュース事業部門と統合。 12月 - 株式会社との共同ゲームプロジェクト「 コンパス~戦闘摂理解析システム~」を提供開始。 (平成29年)• 1月 - 競馬・ゲーム・ネットが融合したプロジェクト「リアルダービースタリオン」を開始。 - 自社が主催するのがタイトル戦に昇格することを発表。 新聞社・通信社以外が将棋のタイトル戦を主催するのは史上初となる。 - 吸収分割よりニコニコニュース事業の記事コンテンツサービスをドワンゴから株式会社(同年5月10日設立。 カドカワ株式会社子会社)に移譲。 - niconicoにおける提供サービスの一つであるについて、それまでにより運営が行われてきたニコニコ大百科事業がカドカワ株式会社の普通株式を吸収分割の対価とする三角吸収分割により大百科ニュース社に譲渡される。 (ドワンゴはニコニコ大百科について大百科ニュース社と共同管理責任者の立場。 7月3日 - 、と共同でアニメ・CG制作会社株式会社プロジェクトスタジオQを設立。 12月21日 - 川上量生会長が代表取締役を退任し、IT全般の最高責任者として取締役CTOに就任する人事を発表。 (平成30年)• 2月15日 - との共同出資で株式会社バカーを設立。 4月1日 - 吸収分割により事業を株式会社トリスタへ継承。 4月1日 - 子会社株式会社トリスタの全株式を株式会社に譲渡し、カドカワグループの書籍関連サービスを集約。 4月5日 - コスプレイヤー専用エージェンシーサービス「COSPLAY AGENCY」を開始。 4月16日 - VR向け3Dアバターファイル形式「VRM」を提供開始。 4月16日 - 株式会社インフィニットループと共同開発したVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」を提供開始。 東京・品川にモーション収録と生放送が可能な大型モーションキャプチャースタジオを新設。 ニコニコ本社「ニコぶくろスタジオ」がバーチャルキャラクター出演に対応。 7月27日 - 株式会社と合弁会社株式会社を設立。 8月17日 - dwango発 初 のオリジナルIPブランド「IIV」を開始。 10月2日 - 株式会社テクテック(子会社)を吸収合併。 11月29日 - スマートフォン向けゲームアプリ一生歩けるRPG「テクテクテクテク」を配信開始• 12月14日 - 株式会社・ 株式会社・株式会社・株式会社との共同出資で株式会社を設立。 12月18日 - 観察プロジェクト「ARTILIFE」提供開始• 12月25日 - 株式会社S-courtとの共同出資で株式会社を設立。 (平成31年・令和元年)• 2月13日 - 同日付でが代表取締役社長に就任。 3月29日 - 資本金を1億円に減資。 4月1日• 株式会社のにより株式会社(初代法人)の子会社となる。 ドワンゴ人工知能研究所を閉所。 プロメテック・ソフトウェア株式会社に、コンピュータグラフィックス研究所「ドワンゴCGリサーチ」を譲渡。 サイバーエージェントと提携し、niconico内にAbemaTVチャンネルが開設され、同日のではドワンゴ社長の夏野がゲスト出演。 4月5日 - 子会社の株式会社MAGES. よりアニメロサマーライブ事業を吸収分割にて継承する旨を官報で公告。 4月22日 - CG映像制作を行う事業ブランド「TUNEDiD(チューンディッド)」 の開始および、制作スタジオ「TUNEDiD film」、大型モーションキャプチャースタジオ「TUNEDiD studio」を開設。 6月1日 - 株式会社を吸収合併。 7月1日• カドカワとKADOKAWA間の吸収分割に伴い、株式会社(旧・カドカワ。 KADOKAWA二代目法人)の子会社となる。 電ファミニコゲーマーのゲーム攻略サイト事業「電ファミWiki」を株式会社に、ニュースメディア事業「電ファミニコゲーマー」を平信一が社長を務める株式会社マレにそれぞれ事業移管。 7月12日 - 株式会社MAGES. の全株式をが代表を務める株式会社CHIYOMARU STUDIOに売却。 10月 - 株式会社バカーの保有株式を経営陣に売却• 12月18日 - ライブビューイング事業を開始• 11月1日• サテライトスタジオ「ハレスタ」が東京・池袋にオープン• (令和2年)• 2月 - 結婚相談所「Ncon エヌコン 」のサービスを開始 niconico事業 [ ] niconico [ ]• ブロマガ• リアルダービースタリオン• ニコニコアンケート• Nアニメ niconico関連ソフト [ ]• (株式会社との共同ゲームプロジェクト) バーチャルリアリティ事業 [ ]• (同名のS-courtとの共同出資会社が運営)• (同名のインフィニットループとの共同出資会社が運営) モバイルコンテンツ事業 [ ] dwango. jp [ ]• - やJ-POPの音楽配信サイト。 ビルボード公式• K-POP Life• ドワンゴジェイピーストア(株式会社ECホールディングスに業務委託)• ドワンゴジェイピーnews animelo mix [ ]• アニメロミックス• animelo mixチャンネル 大相撲 [ ]• ニコニコ町会議• ニコニコ超パーティー• (と共同)• (2018よりと共同)• 超歌舞伎(、と共同)• 池袋ハロウィン(、ハコスタと共同運営制作) 運営施設 [ ]• ハレスタ 教育事業 [ ]• (多額の寄付寄贈を行っておりドワンゴ社員を出向させたり各種運営にも協力しているなど資本関係はないものの事実上KADOKAWA・ドワンゴ付属のである) その他事業 [ ]• アスキードワンゴ(IT技術書の出版。 発売元)• osoba(オソバ) 映像制作 [ ] アニメ企画・制作・製作 [ ]• 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕• 戦姫絶唱 シンフォギアG• (カラーとの共同企画)• 映画製作 [ ]• 遠くでずっとそばにいる• Party』 MSSP-1001 MSSP-1002 M. S Projectから受託 2015年12月09日 +『Monster's Show』 DUED-1154 2016年03月09日 『ニコラボ』 DUED-1155 2016年05月25日 M. S Project『Egoist Unfair』 MSSP-1003 MSSP-1004 M. S Projectから受託 2016年06月14日 ねじ式『Sad Dancer』 DUED-1198 2016年07月06日 n-buna『月を歩いている』 DUED-1174 DUED-1175 2016年09月07日 鬱P『Post-Traumatic Stress Disorder』 MSIS-013 MY SONG IS SHITから受託 2016年11月09日 EasyPop『Web Dance』 DUED-1201 2016年11月15日 ねじ式『TYING THE MOON』 DUED-1202 2017年01月18日 『SEASIDE SOLILOQUIES』 DUED-1206 2017年01月18日 Orangestar『未収録OSC』 DUED-1207 2017年02月08日 M. S Project『M. Phantasia』 MSSP-1005 M. S Project『M. Phoenix』 MSSP-1006 2018年05月09日 ヨルシカ『』 DUED-1242 DUED-1243 2018年06月20日 ねじ式『INDICTOR』 DUED-1245 2018年06月27日 『超歌舞伎 花街詞合鏡』 Blu-ray Disc DUED-1252 2018年09月05日 鬱P『GREATEST SHITS』 MSIS-018 MY SONG IS SHITから受託 2018年09月26日 和田たけあき くらげP 『かおなしスタンプ』 DUED-1253 2018年10月24日 R Sound Design『Replica』 RSDA-01000 2018年11月07日 Omoi『ガーデンツアー』 OCD-0002 2018年11月21日 EasyPop『ジャストフォーユー』 DUED-1254 2018年12月12日 ぬゆり『Outer Sample』 DUED-1262 2018年12月12日 『ROOTS』 DUED-1257 DUED-1258 DUED-1260 ソニー・ミュージックマーケティングに委託 2018年12月19日 『Kardia』 DUED-1264 2019年01月16日 ねじ式『INDICTOR』 DUED-1265 2019年02月06日 ドンツーミュージック3 DTM-40003 2019年02月20日 「 コンパス 戦闘摂理解析システム」 オリジナルサウンドトラック Vol. 1 DUED-1225 2019年02月20日 「 コンパス 戦闘摂理解析システム」 オリジナルサウンドトラック Vol. 2 DUED-1263 2019年04月10日 ヨルシカ『』 DUED-1266 DUED-1267 2019年04月24日 M. S Project『アスヘノBRAVE』 MSSP-1008 M. S Projectから受託 2019年05月22日 syudou『最悪』 DUED-1273 2019年06月05日 『アリアノート』 DUED-1274 2019年08月28日 ROOT FIVE『Re:paint』 DUED-1269 DUED-1268 2019年09月11日 『ミライコレクション』 MRCL-3939 2019年09月18日 鬱P『RENAISSANCE』 MSIS-019 2019年09月25日 和田たけあき『デッドマン・タイムズ』 DUED-1276 2019年10月09日 ねじ式『nevertheless』 DUED-1275 2019年10月16日 R Sound Design『Delights』 RSDA-21100 2019年12月25日 ちいたな『ASSAULT』 DUED-1277 2020年01月29日 煮ル果実『NOMAN』 NLFR-1 2020年02月05日 ドンツーミュージック4 DTM4-4 2020年02月05日 TaKU. K『189g』 DUED-1278 2020年02月05日 ねじ式『last painter』 DUED-1279 2020年04月29日 アメノセイ『Log』 DUED-1281 終了したサービス [ ]• DWANGO - 対戦ゲーム専用パソコン通信ネットワーク(ゲームサーバー)• IWANGO - 対戦ゲーム専用のインターネットサービス(ゲームサーバー)• GigaArena - ターン制ネットワークゲームサーバー• DWANGO Lobby Center AP - ターン制ネットワークゲームサーバー。 「みんなのGOLF オンライン」「オンラインゲームズ 大ぐるぐる温泉」で採用。 LobbyCenter RT - P2P通信対応リアルタイム型ゲーム向けサーバー• DWANGO ApplicationCenter NE - 最大1000人規模のリアルタイム対戦が可能なゲームサーバー• ApplicaitonCenter AD - HTTP通信対応ターン制ゲームサーバー• ApplicationCenter MM - Massive Multi Playerゲームサーバー。 「」で採用。 ApplicationCenter BR - 更新型ゲームサーバー• DWANGO MobileBooster - 携帯電話端末向けゲームサーバー• DWANGO MessageBooster - インスタントメッセージ機能を提供するツール• IPatcher - インターネット経由でクライアントソフトを自動更新するソフト• ネットワークRPGメーカー2000 (ドワンゴ開発)• Niconico Live Encoder• SmartySmile• friends. nico モバイルサイト [ ]• ドワンゴかもね• 携帯ゲーム百選 (ドワンゴ7、いろメロゲームズ )• のMarry's Angels• 写フレ・いっぱい• モバイルアプリ [ ]• シーマン~待受型人間関係修復保全ペット~• niconicoコメントビューア iOS• nicocas(ニコキャス) iOS - ライブ動画配信サービス。 にじたび iOS• ニコニコスマホSDK• ニコルン iOS• ニコナレ iOS• モバイルゲーム [ ]• 釣りバカ気分• 釣りバカ気分 Second Stage• 米ポコ• 海運ジェネレーション(Traders Odyssey)• ドキパクきのこ?! キュン!旅ごっこ• サムライロマネスク• 対戦!がんこ盤• 誰でもスパイ気分• ドワンゴレーシング(dwango Racing)• ぐるもじパニック• 爆弾掃海艇Z• クイズオリオンQ• STAR EXCEED スターエクシード• ジャンプヨン• 特捜フーリガン24時• 16 いろ パズ~ル• カワグチ探検隊• STAR DIVERSION• ボムット BOMBT• ウルティマ オンライン モバイル版• I・QUIZ• カスタムゾンビ• クイズみんなの学園• FORMATION ELEVEN• いろメロダービー(VictoryHorse Online)• カルドセプトモバイル• ビジュアルクイズ• Fay~英雄の卵と魔女~• クサカリ村• でびるbox• メルルーの秘宝• 双魔の書• ひぐらしのなく頃に 贄捜し編• ひぐらしのなく頃に解 心崩し編• ひぐらしのなく頃に解 喰荒し編• 富竹シャッターチャンス レナ編• 富竹シャッターチャンス 梨花編• ひぐらし麻雀• インストールメアリー• ぺそぎんの大冒険• リズムビート• スノーボード3D• Lets! パターゴルフ• 悠久の騎士団ONLINE• ハイパー消防士-FIREMAN-• サムライフィーバ• フィギュアスケート -Beautiful Spin-• 勇者の母親• ニコニコの塔(仮)• ニコニコ運動会(陸)• ニコニコイライラ• ゴールデンフィンガー• アークファンタズムオンライン• SPELUNKER• 実況!ねこ式戦闘機~激ムズ無料シューティングアクション~• ゲーマガ• Cafe Cuillere ~カフェ キュイエール~• テクテクテクテク PCゲーム [ ]• Jong Plugged(ドワンゴ開発)• Sledge Blow(ドワンゴ開発)• 動天2(ドワンゴ開発)• (ドワンゴ開発)• アミーゴ・アミーガ(チュンソフト、ドワンゴ、ゲームズアリーナの共同開発)• グループ企業 [ ] 連結子会社 [ ]• 株式会社 - ゲームコンテンツの企画・開発・販売・運営。 2012年4月に がを吸収合併し、商号変更した。 Spike Chunsoft, Inc. - スパイク・チュンソフトの米国現地法人• 株式会社 - クリエイティブ分野に特化したスクール運営(全日制・キャリア・高等学院)。 株式会社 - S-courtとの共同出資会社。 3Dアバター作成アプリ「カスタムキャスト」の開発・運営事業。 関連会社 [ ]• 株式会社(48. 株式会社 - 、との共同出資会社• 株式会社でほぎゃらりー - 、との共同出資会社 過去の関係会社 [ ]• 株式会社エンティス 2001年10月に携帯向けコンテンツの企画運営子会社、株式会社マリアスとして設立。 (平成17年)8月並びに9月に第三者割当増資を実施し、ドワンゴの出資比率が低下したためにグループから除外。 株式会社コンポジット の共同運営会社。 (平成17年)ドワンゴに吸収合併され解散。 株式会社フロム・ネットワークス との合弁、ゲームズアリーナ設立の影響で2006年12月に解散し、7月に清算完了。 「」を開発。 株式会社(レコード会社) 2007年2月に設立の株式会社evolutionをドワンゴが子会社し、ドワンゴ・エージー・エンタテインメントに商号変更。 2009年12月に吸収合併され解散。 株式会社ドワンゴ プランニング アンド ディベロップメント 子会社。 「」と「」の運営会社。 (平成22年)にAG-ONE(現MAGES. )に吸収合併され解散。 製作委員会 子会社。 ドワンゴ、、、、が出資。 (平成23年)期に解散。 株式会社(レコード会社・ゲーム会社) 持分法適用関連会社(間接出資)。 (平成23年)にAG-ONEに吸収合併され解散(AG-ONEは合併時に、MAGES. に商号変更)。 株式会社(ゲーム会社) 4月にに吸収合併され解散。 株式会社 解散。 ゲームズアリーナ1号 (平成20年)ごろ解散。 「アミーゴ・アミーガ」の開発。 ゲームズアリーナ有限責任事業組合2号 (平成23年)期に解散。 「Blade Chronicle: Samurai Online」の開発。 株式会社(ゲーム会社) 1月7日株式会社スパイク・チュンソフトに吸収合併され解散。 株式会社トラン(タクシー予約サイト) (平成17年)傘下入り、(平成19年)子会社化。 (平成20年)付で同社取締役に全保有株式を譲渡。 現在は株式会社の子会社。 株式会社(の大手) (平成19年)に持分法適用関連会社とする。 (平成21年)期に他社に対する第三者割当増資が実施され、ドワンゴの出資比率が低下したためにグループから除外(最終的に全資本が引き上げられ、(現・)傘下となり、(平成23年)に同社に吸収合併され消滅)。 株式会社ホーゲット(ゲーム会社) 非連結子会社としていた時期がある。 旧・ゲームズアリーナグループ。 8月に全株式を譲渡。 株式会社モバイルコンテンツ (平成16年)に子会社として設立。 2007年(平成19年)1月に再び子会社となったが、(平成25年)2月に解散。 新作CD等の情報を携帯電話向けコンテンツとして配信するツール「モバイルコンテンツウィンドウ」の運営会社。 多玩國股 份有限公司 台湾子会社。 2013年(平成25年)9月に解散。 Nico Nico Inc. 米国子会社。 2014年(平成26年)1月に清算。 同社のCEOだったが設立していたNico Nico Douga, Incとは別会社である。 株式会社ドワンゴモバイル 携帯向けコンテンツの企画運営子会社。 2014年10月1日付でドワンゴに吸収合併され解散。 株式会社 生放送番組等の制作・運営子会社。 旧・CELL。 が創業。 2011年2月子会社化。 2014年10月1日付でドワンゴに吸収合併され解散。 株式会社 コンシューマーエレクトロニクス向けネットワークサービスの企画・開発子会社。 2014年10月1日付でドワンゴに吸収合併され解散。 株式会社(レコード会社) 子会社。 旧・ドワンゴ・ミュージックパブリッシング、旧・ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント。 2014年11月1日付でドワンゴに吸収合併され解散。 株式会社スマイルエッジ 株式会社スカイスクレイパーとして設立後、角川グループホールディングスが資本参加したことに伴い社名変更。 KADOKAWAとの経営統合が行われたのを機にドワンゴの完全子会社化した後、広告営業業務をドワンゴに移管し解散。 2015年7月に清算完了。 株式会社 メールポータルやを運営する子会社。 2015年10月1日付でドワンゴに吸収合併され解散。 株式会社N塾 株式会社ビビッド(坪田塾)との合弁会社。 2017年7月26日付で清算。 株式会社 2014年10月に子会社化。 2018年4月に同じカドカワグループの株式会社に譲渡。 株式会社F'smile 非連結子会社。 インターネットを活用したタレントの発掘やプロデュースを行っていた。 2018年4月清算。 株式会社テクテック 子会社。 ゲーム「テクテクテクテク」の開発。 2018年10月2日付でドワンゴに吸収合併され解散。 株式会社 関連会社。 2019年に解散。 株式会社ワタナベアマダクション 50%出資のとの合弁会社。 ゲーム実況者をはじめとするネットタレントのマネジメント。 2019年に解散。 株式会社 2011年6月にが を吸収合併し、商号変更。 2019年7月にによるMBOにより独立。 現在はの完全子会社。 株式会社MAGES. Lab 株式会社MAGES. の子会社。 株式会社バカー との共同出資会社。 「ゲームマガジン」を運営。 2019年10月にMBO 提供番組(終了したものを含む) [ ]• ケータイ将軍 (日本テレビ系)• (テレビ東京系)• (系)• (系)• (系)• (テレビ東京系)• ( 他)• ( 他)• ( 他)• (系) 話題 [ ]• (平成17年)から、のと、ブランド「」ののテーマ曲を起用したを展開した。 また、2ちゃんねる発祥の「」という猥歌(インストゥルメンタル)までCMに起用した。 このCM中のナレーションは当時の2ちゃんねるとニコニコ動画管理人であるの声である。 なお、西村はドワンゴの社員ではない。 2007年2月、 のスレッド上に於いて「限定」とした求人活動を行ったことで話題となる。 この結果、4月に3名をとして採用したが、採用予定の10名に達しないことから再度募集を開始している。 採用条件は17歳から22歳まで(再募集の際に0x17〜0x22歳()を追加)かつ、中卒または高卒のみ(大学在学者はの意志がないこと)というものだった。 2007年12月17日、で流行したを使ったオリジナル曲をに登録していたことが話題になる。 この登録において、初音ミクの販売元であるの規定した、「登録するアーティスト名は作成者と初音ミクの名前を併記する」という条件を無視し、「初音ミク」だけで登録されていた。 アーティスト名の登録の修正はおこなわれたが、さらに着うた配信について、作者との契約がないまま行われたなどという内容の掲示板の書き込みが話題になっている ことなどについて、両者それぞれが提供サービスブログ・自社事業部ブログのブログエントリおよびコメントで反論しあう事態となった。 この際ドワンゴとの縁があった人物が解決策を提案、作品を公開、動画投稿サイトに投稿したとされる。 (平成19年)には ドワンゴから「着うた配信及び今後の協業に関する共同コメント」を発表した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 愛称は"bob"。 のちの株式会社ドワンゴ初代取締役会長。 現・Mason Software CompanyCEO• DWANGOの優位性は、この様な射撃対戦では一瞬でも早い通信環境が求められたのに対し、当時internet経由での対戦では通信に遅れが出たのを、直接サーバーに接続することで遅延を減らす点にあった。 最初に配布されたのはの版に同梱して。 ヒューストンまで電話回線で繋げなければならなかったにも関わらず、イタリアやオーストラリアから接続する者さえいた。 株式会社ドワンゴとは別会社。 1998年に、2003年に有限会社パーセントに商号変更。 2012年に清算結了。 新株式発行並びに株式売出届出目論見書 平成15年6月、52頁• Dwango North America, Inc. 親会社であるDwango North America Corp. (旧・Woodland Hatchery,Inc. )は、平成17年12月12日付でDijii Corporationに社名変更しその後清算(株式会社ドワンゴ、第9期&第10期有価証券報告書) 出典 [ ]• , 株式会社ドワンゴ 2018年7月3日• Silverman, Dwight December 2, 1997. "Dwango coming to a Microsoft Web site near you". Houston Chronicle. 『』 Ziff Davis October 22, 1996 p339• PC Watch 1996年6月12日. 2012年5月6日閲覧。 『ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語』• Ltd. August 1997 — December 2001 4 years 5 months Robert E. Huntley along with partner Nobou Kawakami, co-founded Dwango Co. , Ltd. Nikkei Traded Stock 3715• 変更報告書No. 2 森栄樹 平成20年2月12日提出【保有目的】「発行会社の創業者であり」• 永井美智子 2007年12月14日. 2007年12月14日閲覧。 impress. 2019年1月8日閲覧。 Stories 1997年6月16日. 2020年1月14日閲覧。 Softbank Publishing. 2018年6月2日閲覧。 itmedia. 2019年1月3日閲覧。 impress. 2019年1月11日閲覧。 itmedia. 2019年1月4日閲覧。 2019年7月11日閲覧。 musicman-net. 2018年6月2日閲覧。 NTT 公式ホームページ 2013年7月29日. 2014年3月23日閲覧。 -株式会社ドワンゴ(2013年12月2日)、2013年12月8日閲覧• ,アニメ! アニメ! ,2014年2月23日• 2014年5月14日閲覧。 ITmedia 2014年5月14日. 2014年5月14日閲覧。 ドワンゴ 2014年9月25日. 2014年9月27日閲覧。 ITmedia. 2014年9月26日. 2014年9月27日閲覧。 盛田 諒 2014年9月25日. ASCII. 2014年9月27日閲覧。 ITmedia. 2014年9月26日. 2014年9月27日閲覧。 ドワンゴ 2014年9月26日. 2014年9月27日閲覧。 株式会社KADOKAWA・DWANGO 2014年10月24日. 2014年10月30日閲覧。 2015年1月7日閲覧。 KADOKAWA・DWANGO 2014年11月13日. 2014年11月13日閲覧。 ,週アスPlus,2014年12月24日• KADOKAWA・DWANGO 2014年11月13日. 2014年11月13日閲覧。 KADOKAWA・DWANGO 2014年11月13日. 2014年11月13日閲覧。 ,株式会社ドワンゴ,2015年7月31日• 株式会社ドワンゴ. 2019年1月4日閲覧。 ,ITmedia,2015年8月31日• ,マイナビニュース,2015年10月1日• dwango. 2019年1月8日閲覧。 ,株式会社ドワンゴ,2016年3月9日• ,カドカワ株式会社,2017年5月25日• カドカワ 2017年5月25日. 2018年7月23日閲覧。 ドワンゴ 2017年7月3日. 2018年7月23日閲覧。 ,株式会社ドワンゴ,2017年7月12日• ,ねとらぼ,2017年12月21日• 官報平成30年2月27日(本紙第7211号)24頁• PR TIMES. 2018年4月2日閲覧。 株式会社ドワンゴ. 2018年4月30日閲覧。 株式会社ドワンゴ. 2018年4月30日閲覧。 株式会社ドワンゴ. 2018年8月20日閲覧。 株式会社ドワンゴ. 2018年9月3日閲覧。 株式会社ドワンゴ. 2019年1月3日閲覧。 株式会社ドワンゴ. 2019年1月3日閲覧。 カドカワ. 2019年2月13日閲覧。 ,Social Game Info,2019年2月25日• カドカワ 2019年2月13日. 2019年3月16日時点のよりアーカイブ。 2019年3月16日閲覧。 ITmedia NEWS. 2019年4月1日閲覧。 ドリームニュース. 2019年4月1日閲覧。 ITmedia NEWS. 2019年3月28日閲覧。 官報 平成31年4月5日(第7482号)30頁 吸収分割公告• 株式会社ドワンゴ. 2019年4月29日閲覧。 平成31年4月5日(第7482号)29頁 合併公告• E-IR. 2019年5月20日閲覧。 電ファミニコゲーマー. 2019年6月30日閲覧。 PR TIMES. 2019年7月26日閲覧。 Social Game Info. 2020年6月25日閲覧。 オタク産業通信. 2020年1月14日閲覧。 AV Watch. 株式会社インプレス 2019年11月1日. 2020年1月14日閲覧。 AV Watch. 株式会社インプレス 2020年2月27日. 2020年6月28日閲覧。 itmedia. 2019年1月4日閲覧。 www. itmedia. 2019年1月8日閲覧。 ascii. 2019年1月4日閲覧。 www. 4gamer. net. 2019年1月4日閲覧。 ニコニコインフォ. 2019年4月29日閲覧。 週刊アスキー. 2019年1月11日閲覧。 GAME Watch. 2020年1月14日閲覧。 ITmedia Mobile. 2020年1月14日閲覧。 ASCII. ASCII. 2020年1月14日閲覧。 impress. 2019年1月8日閲覧。 ITmedia NEWS. 2019年4月29日閲覧。 ITmedia NEWS. 2019年4月29日閲覧。 Google. 2020年1月14日閲覧。 [J論] - これを読めばJが見える Jリーグ系コラムサイト 2015年8月18日. 2020年1月14日閲覧。 PR TIMES. 2018年5月17日閲覧。 INTERNET Watch. 株式会社インプレス 2015年4月16日. 2019年4月29日閲覧。 ドワンゴ. 2018年5月17日閲覧。 ITmedia NEWS. 2020年1月14日閲覧。 ITmedia NEWS. 2020年1月14日閲覧。 ニコニコインフォ. 2019年4月29日閲覧。 KADOKAWA. 2017年8月19日閲覧。 impress. 2019年1月3日閲覧。 株式会社インプレス. 2017年8月19日閲覧。 株式会社インプレス. 2017年8月19日閲覧。 アイティメディア株式会社. 2017年8月19日閲覧。 株式会社インプレス. 2017年8月19日閲覧。 impress. 2019年1月4日閲覧。 株式会社インプレス. 2018年5月26日閲覧。 株式会社インプレス. 2018年5月26日閲覧。 2019年1月4日閲覧。 株式会社インプレス. 2018年5月26日閲覧。 www. famitsu. com. 2019年1月3日閲覧。 株式会社インプレス. 2018年5月26日閲覧。 ITmedia Mobile. 2019年1月3日閲覧。 角川アスキー総合研究所. 2018年5月26日閲覧。 www. 4gamer. net. 2019年1月3日閲覧。 4gamer. net. Aetas Inc. 2020年1月14日閲覧。 www. 4gamer. net. 2019年1月3日閲覧。 ドワンゴ. 2018年5月26日閲覧。 Social Game Info. 2019年3月31日閲覧。 ITmedia Mobile. 2019年1月3日閲覧。 三柳英樹 2007年4月6日. 2008年1月16日閲覧。 松尾公也 2007年12月17日. 2008年1月16日閲覧。 2007年12月21日. 2008年1月16日閲覧。 参考文献 [ ]• 佐々木俊尚 『ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語』 アスキー・メディアワークス 2009年10月9日 関連項目 [ ]• - ドリームキャスト版がドワンゴの通信サーバシステムを採用。 外部リンク [ ]• (動画配信サービス)• (自作ゲーム投稿サービス)• (音楽配信サービス)• (配信サービス)• (教育事業)• (音楽レーベル)• (IT技術書出版ブランド)• (オリジナルIPブランド)• (結婚相談所).

次の

ドワンゴ (3715) : 株価/予想・目標株価 [DWANGO]

ドワンゴ 株価

KADOKAWAの2019年4〜12月期連結決算 動画サービス「ニコニコ動画」の有料会員数は、19年12月末時点で167万人。 9月末から4万人減少し、減益要因となった。 減少幅は、17年9月末〜12月末の14万人減、16年12月末〜17年3月末の9万人減などから縮小したが、下げ止まらない状況だ。 一方、企業や個人クリエイターが動画・生放送・記事などを配信できるサービス「ニコニコチャンネル」は好調で、12月末時点での有料会員数は114万人(9月末から6万人増)に増えた。 出版事業の売上高は前年同期比1. 3%増の859億6300万円、営業利益が9. 3%減の50億6200万円。 コミックスでは「ファイブスター物語」、ライトノベルでは「ソードアート・オンライン キス・アンド・フライ」、一般書では「はじめてのやせ筋トレ」などの売れ行きが好調だった。 同事業では、埼玉県所沢市に書籍の製造・物流工場を建設中で、7月から稼働する予定。 稼働後はデジタル印刷を本格採用する他、製造・配送の効率化を図り、利益率の改善に努めるとしている。 映像・ゲーム事業の売上高は前年同期比2. 9%増の349億2200万円、営業利益は54. 6%増の38億9400万円。 アニメ「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」「オーバーロード3」「盾の勇者の成り上がり」などのロイヤリティー収入が北米や中国で増加した。 通期業績予想は、売上高が0. 8%減の2070億円、営業利益が約3. 7倍の100億円、最終損益が95億円の黒字(前年同期は40億円の赤字)のまま据え置いた。 関連記事• ミクシィが2019年4〜12月期の連結決算を発表。 最終利益は前年同期比97. 5%減の4億2600万円に落ち込んだ。 モンストのV字回復とはならなかった。 DeNAが、2020年3月期第3四半期の連結決算を発表。 ゲーム事業で約490億円の減損損失を計上した影響で、営業損益が441億6100万円の赤字に転落した。 南場智子会長と守安功社長は、3カ月間にわたって役員報酬の月額50%を返上する。 コロプラの19年10〜12月の連結業績は、売上高が111億円、営業利益が38億円、純利益が26億円と増収増益。 「ドラゴンクエストウォーク」の売り上げが好調だった。 メルカリが2019年度上半期の連携業績を発表。 最終損益が141億300万円の赤字となった。 フリマアプリ「メルカリ」の国内事業は好調だったが、従来と同様、メルカリの米国事業と、メルペイ事業に積極投資した影響で最終赤字となった。 関連リンク•

次の

(株)ドワンゴ【3715】:企業情報・会社概要・決算情報

ドワンゴ 株価

日中~5年のチャートがラインチャートや4本足チャートなどで閲覧可能です。 現在値:2,269. 0円 始値:2,115. 0円 高値:2,273. 0円 安値:2,115. 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の