サシ 飲み と は。 既婚者同士のサシ飲みで不倫関係になるものは?脈アリサインはどれ?

サシ飲みとは?サシ飲みに誘う男女の心理・うまい誘い方・会話テク15選

サシ 飲み と は

同僚や友人とのサシ飲みは、2人の絆を深め、より良い関係性を築くきっかけになります。 飲みに行く相手が異性の場合は、サシ飲みをきっかけに恋仲に発展することもあるかもしれません。 サシ飲みの意味やメリットについて考えてみましょう。 1対1で飲みに行くこと サシ飲みという言葉を聞いてピンと来ない人もいるでしょう。 サシは漢字で差しと書き、第三者を交えず、2人が向かい合って座ることを意味します。 「サシで勝負する」や「サシで話す」など、日常でサシを頻繁につかう人はそれほど多くないかもしれません。 どちらかというと、女子よりも男子が多用する表現です。 もし、友達に「今日はサシ飲みで!」と言われたら、 ほかの友人を呼ばずに2人で飲みに行くということです。 サシ飲みというと、年齢が上の人は同性同士での飲みを思い浮かべますが、若い人の中には、 男女のデートに近い意味で用いる人もいます。 サシ飲みで得られるメリット 大勢で飲みに行く場合、人に話を振ったり、相槌を打ったりと周囲に気を配りながら会話をする必要があり、気が張って楽しめないという人も少なくありません。 2人だけで飲むと必然的に距離が縮まり、普段はなかなか話せない込み入った話ができるようになります。 会社の同僚とサシで飲めば、 職場では言えない愚痴が発散できますし、幼なじみ同士なら昔の思い出話に花が咲きます。 「気になっていたんだけど…」「実はさ…」と、 本音が語り合えるのがサシ飲みの良いところでしょう。 そのため、異性とのサシ飲みは、2人の 関係をより親密にさせる効果が期待できます。 同性の友達からサシ飲みに誘われても特に何とも思いませんが、異性に「今日はサシ飲みで!」と言われるとなんだかドキッとしませんか?男女でサシ飲みに行くことには、どのような意味があるのでしょうか。 同性のサシ飲みは男女とも共通の意味 サシ飲みには 腹を割って本音で語れるという特徴があり、それは男女とも共通しています。 仕事の愚痴や将来の夢など話の内容は多岐にわたりますが、好きな人がいる場合は、 恋愛の悩みを相談することも多くなるようです。 異性とは分かり合えないことも、同性同士なら「そうだよねー!」と共感し合うことができるでしょう。 また、同性とは、 興味のある話題をとことん掘り下げていけるのがメリットです。 今取り組んでいることを互いに話せば、自分の仕事の参考にもなりますし、会話の中で新たなアイデアがひらめくこともあるでしょう。 異性と飲むサシ飲みの意味・男子編 男子が女子をサシ飲みに誘う目的や理由は一つではありません。 気の合う人と単純にお酒や料理を楽しみたいだけの場合もあれば、仕事の相談をしたいときもあるでしょう。 一方で、男子の多くは、サシ飲みする相手に何らかの特別な感情があり 「距離を縮めて深い関係になりたい」という目的を持っているようです。 薄暗いバーはほのかに揺らぐあかりが互いの表情を魅力的に見せます。 お酒が回れば気持ちが徐々に大胆になり、恋仲に発展することも少なくありません。 「うまくいけばお持ち帰りできるかも…」という下心がある可能性があるため、男子にサシ飲みに誘われた際は少し慎重になる必要がありそうです。 異性と飲むサシ飲みの意味・女子編 女子は異性と飲むサシ飲みをどう考えているのでしょうか? 多くの男性がサシ飲みする女子に特別な感情を抱いているのに対し、女子は 「誘われれば行く」というスタンスで、特に相手を選ばない傾向があります。 女子は心の中で 「もしかしたらおごってもらえるかも!」という期待を持っており、男子以上にサシ飲みをカジュアルに軽く考えているところがあるようです。 つまり単純に料理や話を楽しみたいだけなのです。 男子の中には「女子がサシ飲みをOKしたら脈ありかも」と思っている人がいますが、そうとは限らない点に注意しましょう。 もちろん、好きな男子と距離を縮めたいからサシ飲みをするという女子もいます。 異性に誘われたら脈ありサイン? 男女間ではサシ飲みの目的や意味に多少のズレがあります。 異性にサシ飲みに誘われたとき、脈ありサインと見なしていいのはどんなときでしょうか? 少なくとも好意はある 異性からサシ飲みに誘われた場合、自分に好意を寄せているのか、単に食事や会話を楽しみたいだけなのか判断に迷う場合があります。 ただ、2人きりになることを考えれば、 少なくとも相手は自分を嫌いなわけではないと考えて良いでしょう。 たとえば、職場の同僚や仲の良い異性からサシ飲みに誘われた場合、脈の有無は判断しにくいですが、合コン相手から「2人で飲みたい」と連絡があったのなら、相手が自分に好意を抱いている可能性は高くなります。 サシ飲み中の態度で確認 同僚や異性の友人など、脈ありかどうかが分からない相手なら、サシ飲み中の態度で確かめましょう。 まず、相手が 自分に質問を多くしてくるのは「あなたのことが知りたい」という好意的なサインです。 特に、 好きな異性の好みや恋愛観、休日の過ごし方などを聞かれた場合は、脈あり度は高いと考えられます。 相手は質問をしながら、自分は恋人としてアリか、または自分の価値観と似ているところはないかを探しているのです。 もし、飲んでいる最中もずっとスマホをいじっていたり、リアクションが薄かったりした場合は脈なしの可能性が高いと言えます。 何気ない会話の中で、恋人いらない宣言が出たときも、残念ながら恋の発展は期待できないでしょう。 お店の選び方もチェック 相手に特別な感情を抱いているのであれば、 サシ飲みのお店選びにも力が入ります。 特に男子は、 好きな相手の前では見栄を張りたいという心理があるため、雰囲気がよく、高そうなお店を選ぶでしょう。 たとえば、夜景のきれいなダイニングやハイクラスなホテルのラウンジ、クラシックが流れる落ち着いたバーなどです。 また、 個室で予約しているか、非個室で予約しているかでも、相手の本気度が分かります。 もし、大衆居酒屋などの個室がない空間を選んだ場合は、単にカジュアルに食事を楽しみたいだけかもしれません。 サシ飲みデートで盛り上がる話題とは 顔なじみの相手でも、グループで飲むのと2人きりで飲むのは、緊張の度合いが違うものです。 初めてのサシ飲みデートではネガティブで重い話題は避け、一緒に盛り上がれる話題を探しましょう。 出身地や地元の話題 出身地や地元のネタは、話しやすく盛り上がりやすい話題の一つです。 相手を知るための第一歩として「どこ出身ですか?」と聞いてみましょう。 出身地が違えばお互いの地元自慢ができますし、地元が同じなら、「あのお店知ってますか?」「子どもの頃はどのへんで遊んでいましたか?」など、 よく足を運んだ場所やおすすめのお店を挙げてみると盛り上がれますよ。 地元が同じで、かつ同年代であれば、話しているうちに共通の知人がいることが分かる場合もあるでしょう。 行き過ぎない本音をこぼしてみるのも 気になる相手の前では自分をよく見せたいという気持ちが出て、ついかっこいいことばかりを話してしまいがちです。 実際のところ、完璧で非の打ちどころがない人の前では、相手はリラックスして話ができません。 少し隙があって、たまに 弱音や本音がポロリと出てくる方がその人を愛おしく感じるものです。 自分が先に本音をこぼせば、相手も心を開き、2人の距離はどんどん縮まります。 「2人で会うのは初めてでドキドキしています」と素直な気持ちを打ち明けるのも効果的ですし、お互いによく知る相手ならば 仕事での失敗談を話してみるのも良いでしょう。 ただし、本音や愚痴がエスカレートしてしまっては相手に不快感を与えます。 ネガティブにならないように内容には気を付けましょう。 スタンダードにお酒や料理の話 話題が尽きそうなときは、 スタンダードにお酒や料理の話題を出してみましょう。 目の前にある料理の話はもちろん、 相手の好きな食べ物を聞いてみるのもおすすめです。 料理の話なら、「あの店は〇〇はおいしいよ」「今度行ってみようか」と次のデートの約束が自然にできるでしょう。 日本やワインに詳しい人はちょっとしたうんちくを話してみるのもアリですが、度が過ぎると「めんどくさい人」と思われるので要注意です。 デートが失敗してしまうNGな行動 気になる相手を前に気持ちが舞い上がってしまうと、普段ではありえないような失敗をしてしまうことがあります。 サシ飲みをする前に、これだけは気を付けたいNGな行動をチェックしておきましょう。 酔っぱらって暴言を吐く 理性がなくなるまで飲み続け、 酔っぱらって暴言を吐き、他人の悪口を言う人は、高い確率で相手に嫌われます。 ストレスを抱えているのは分かりますが、相手にとっては迷惑でしかありません。 お酒の酔い方は人それぞれで、急に気が大きくなって 威張りだす人や説教をはじめる人、「ねぇねぇ聞いてよ…」と泣きついてくる人もいます。 酒癖がよくない人は、飲む量をできるだけセーブし、会話や食事を楽しむことに徹しましょう。 アルコールは最初の1杯だけにして、ノンアルコールビールやノンアルコールカクテルを注文するのもアリですよ。 相手との距離が近すぎる サシ飲みでは相手との適度な距離感を保ちましょう。 アルコールが入ると気が緩み言動が大胆になりがちですが、 ボディタッチが度を過ぎると相手は不快な気持ちになります。 また、自分は軽いスキンシップのつもりだったのに、 相手に勘違いされてしまったというケースもあるようです。 一部の男子は「異性とのサシ飲み=脈あり」と考えています。 女子が酔ってベタベタしてきたのをいいことに体の関係を迫る人もいるため、その気がないなら最初から隙を与えないようにしましょう。 帰るタイミングを見極められない 話が盛り上がると「もうちょっと一緒にいたいな」という気持ちになりますが、ずるずると時間を延長させるのは好ましくないでしょう。 時間が長引けば長引くほどその場が白けてきますし、「こんなはずじゃなかった」と後悔する関係になるかもしれません。 異性とのサシ飲みは引き際が肝心で、 適度なところで切り上げて名残惜しさを感じさせるほうが関係性がうまくいくものです。 女性から上手にサシ飲みに誘うには? 男子が女子を誘うのが、デートの典型的なパターンです。 「ガツガツした女子だと思われたくない」という思いから、男子をサシ飲みに誘うのをためらっていませんか? 気軽に誘うのが一番 相手を誘うのに慣れていない女子はドキドキしていますが、気合はいれずにさらりと誘うのが一番です。 「一緒に行ってくれる人がいないから付き合ってくれない?」と声をかけるのもいいですし、同僚なら「気になるお店があるんだけど帰りに寄ってみない?」と誘っても良いでしょう。 ただ単に「2人で飲みに行きたいの」と言われるよりは「〇〇だから行ってみたい」というように、 理由付けがあると相手はOKしやすくなりますよ。 相手の好みを事前にリサーチしよう 相手が同僚や男友達の一人であれば、みんなで話しているときの会話に耳を傾けてみてください。 「俺、焼肉が大好物なんだよな」「お酒はワインが1番だよ」などのセリフが出てくれば、チャンスです。 相手の好きな料理のジャンルがあらかじめ分かれば「あそこにワインのおいしいスペインバルがあるよ、一緒に行かない?」というように、 相手の好きなお店を提案する形で自然に誘うことができます。 「行ってみたかったんだよね」「気になってた!」と会話が盛り上がれば、高い確率でOKしてくれるでしょう。 好みがはっきり分からないときは、 男子が好みそうな居酒屋を選ぶのも一つの手です。 すぐに特別なデートと分かる高級すぎる店や、ロマンチックすぎるバーは避けましょう。 相談や日頃のお礼を兼ねる 同僚や友達なら 日頃のお礼をさせて欲しいという理由で食事に誘うのがおすすめです。 相手におごるのを前提に「この前は手伝ってくれてありがとう、お礼にごちそうするよ」と気軽に声をかければ、相手も承諾しやすいでしょう。 日頃からあまり接する機会がなく、お礼の理由が見つからないときは、相談をもちかけるのもアリです。 ただ、「相談に乗ってほしいんだけど」とだけ伝えると「何で俺なの?」と不思議がられてしまうこともあります。 そのときは「男性の意見を聞きたいんだけど…」「〇〇に詳しいよね、教えてほしいことがあるの」となぜ 相手を選んだかの理由を添えるのがベターですよ。 断りたい場合はどう伝える? あまり好きではない異性や知り合って間もない人とのサシ飲みに抵抗を感じる人は多いはずです。 勇気を出して誘ってくれている相手を傷つけずに、自然な流れで断る方法を考えてみましょう。 サシ飲みではなくグループ飲みを提案 相手と2人きりになるのに抵抗があれば、 サシ飲みではなくグループ飲みを提案しましょう。 「お酒があまり飲めないので、〇〇さんも一緒にいいですか?」「そのお店、〇〇さんも気になると言っていました、誘ってみましょう」「そのお店なら人数がいたほうが楽しそうですね」など、 ほかの人も一緒に行ったほうが良いと考えている理由を必ず添えるのがポイントです。 このとき、「2人で行くと周囲の目が気になるので…」と相手の気分を害するような理由はNGですよ。 用事や仕事があると断る 同じ職場の同僚には通用しませんが、 社会人であれば仕事が忙しいことを理由にするのが自然です。 「最近忙しくて帰りが遅い」「大事なプロジェクトを任されていて、ゆっくりできない」と伝えれば、相手も仕方ないと諦めます。 もしくは、 先約や用事があると答えるのも良いでしょう。 「地元の友人が遊びに来ている」「家族が泊まりに来ている」などでもOKです。 相手の誘いを断るときは「誘ってくれてありがとう」「うれしいけど今回はお気持ちだけいただきます」と 感謝の気持ちを添えるのがマナーです。 「仕事が落ち着いたらこちらからお誘いしますね」と付け加えておけば、相手からしつこくサシ飲みに誘われることはないでしょう。 体調不良を理由に断る 相手を傷つけずに手っ取り早く断りたいなら、 体調不良を理由にするのがおすすめです。 「今日は体調があまりよくないからお酒は控えたい」と言えば、相手も無理に誘うことはできません。 ただし、同僚など普段から顔を合わせている相手であれば、数日後にまたサシ飲みに誘われることを覚悟しておきましょう。 体調がすぐれないという理由は何度もつかえないため、相手の誘いに乗るか、別の理由を考えなければなりません。 まとめ お互いの本音を引き出すサシ飲みは、関係性をより深めるためのコミュニケーション手段ですが、男子と女子ではサシ飲みに対する考え方に若干の違いがみられます。 予約したお店の特徴や話の内容からは、 相手が自分をどう思っているのかが分かるでしょう。 サシ飲みでは節度のある飲み方を心がけ、相手に不快な思いをさせないようにしたいものです。

次の

職場女性と2人飲み(サシ飲み)をしてからよそよそしくなりました。どんな原...

サシ 飲み と は

既婚者とのサシ飲みは浮気になる派の意見 既婚者との浮気・不倫には人それぞれ異なる意見があります。 ここでは3つの意見についてまとめてみました。 「そもそも既婚者が異性と2人きりで過ごすなんてありえない」 既婚者が異性と2人きりで過ごす=デートに値する行為であり浮気とみなす考え方です。 家庭を持つ既婚者が家族を差し置いてプライベートで異性と2人きりで過ごす必要があるのか?と考えてしまう意見がこちらのパターンです。 「サシ飲みをする時点で、相手に何らかの好意があるのでは?」 隙あらばベッドインを狙う、そこまででなくても相手と親密な時間を共にしたいという時点でその相手に個人的な好意を抱いていることは確実です。 そんな2人が純粋にサシ飲みを楽しむだけで終わるのか?と疑う意見も多数あります。 「サシ飲みがきっかけで浮気に発展する可能性が強まる」 最初は全くそのつもりがなくても、何度か既婚者とサシ飲みを重ねるうちに相手が本気で好きになってしまった……という話は不倫が始まるよくあるきっかけです。 サシ飲みが浮気の前兆に繋がる可能性があると判断する人も少なくありません。 既婚者とのサシ飲みは浮気にならない派の意見 サシ飲みはあくまでも許容範囲内だという意見も多くあります。 こちらも3つにまとめてみました。 「仕事や友人関係であれば既婚者とのサシ飲みでも問題ない」 あくまでも気心の知れた相手であればサシ飲みは問題ないと考えるパターン。 仕事やプライベートな悩みを楽しく飲みながら話すだけなら浮気・不倫には相当しないという意見です。 とはいえ、サシ飲み相手に好意を抱く可能性も捨てきれません。 「配偶者にもサシ飲みの話をして事前に許可をもらえば大丈夫」 やましい気持ちが最初からないので、パートナーに「今日は飲みに行ってくるから」と正直に話してしまう派の意見も多数あり。 配偶者に前もって伝えておくことで余計な心配をかけません。 ただし配偶者が少しでも嫌悪感を示すようであればサシ飲みは控えておいた方が安全です。 下手をすると夫婦ケンカの原因となりますので、家庭を壊しかねる可能性があると感じたら止めておくのが無難です。 「人脈を広げたい、異性の意見を聞きたい、勉強として」 異性とのサシ飲みに対して、恋愛感情ではなく人脈を広げたり、単純に異性の意見を聞いて自分の学びとして捉える人もいるようです。 学びの場としてサシ飲みを活用するパターンです。 もしサシ飲みに行く場合に気をつけるべきこと サシ飲みに対する議論は賛否両論です。 とはいえ、可能であれば既婚者とのサシ飲みになるような状況は避け、複数人で飲みに行く方が安全ではあります。 たとえ信頼できる異性であっても2人きりでお酒を飲めば何が起きるか予想ができません。 飲む前はその気がなくても、酔いが回りほろ酔い気分になってしまえば甘えが出ることも否定できません。 どうしても……という場合は、まずは配偶者に相談してみること。 「え?なんで?」と嫌悪感を示したら喧嘩や離婚のきっかけに発展する可能性がありますのでサシ飲みは止めておきましょう。 既婚者とのサシ飲みは自分の価値観だけでなく、飲み相手や配偶者の気持ちを考慮しなければなりません。 また、既婚者とのサシ飲みが周囲にバレて、根も葉もない噂が広まると仕事にも支障が出てしまうケースもあります。 サシ飲みをする場合は、自分の評価を下げてしまうリスクがあることをよく考えた上で行動に移してください。

次の

男女のサシ飲み、その意味には男と女で大きな違いが?誘った側の心理を分析

サシ 飲み と は

「サシ飲み」とは、男女が1対1で「差し向かい」で飲むことです。 男女の異性とお酒を飲むなら、それは「脈ありか」「脈なしか」が気になりますね。 あなたが誘われたシチュエーション別に、そのサシ飲みは脈ありか脈なしなのか、またあなたが誘われた意味なども詳しく見て行きましょう。 まずは男女・異性とのサシ飲みでよくあるのが、まだ付き合っていない状態なら「この人と付き合えるか」考えている期間にサシ飲みに行くという行動です。 少し冷静になって相手の行動をみてみましょう。 本当に相手はあなたのことを好きでしょうか?あなたも相手のことを好きですか? だいたいの男性は、好きな人にはほかの人に見せない「照れた顔」「目を細めて見つめる」「はにかんだ笑顔」などを見せています!まわりを見ていても、ああこの人彼女のことが好きなのね…という顔はだいたいわかりますよね。 その表情やしぐさがあなたに向けられているかを冷静に見きわめましょう。 まだ付き合っていない段階のデートでも、男性は初めから行けそうなら「Hしたい!」と考えていると言っても過言ではありません。 男性とは、そう見せていなくても絶対心の中のどこかでHがしたいと考えているものです。 そうしたシチュエーションでの男女のサシ飲みやデートでは、楽しくデートやお酒を飲んだ後に男性が「帰る?帰らない?」なんてニュアンスを隠しつつもストレートに聞いてくることもあります。 あとはあなたの返事次第です。 男女の関係はじらしすぎると逆効果なこともあります。 大人の女性なら、立場もありますが上司や部下のような関係性ではなく相手が好きな同僚などで、サシ飲みするくらいに好きな相手ならHしてもいいでしょう。 ただし、あれこれ言いふらす系の男だけは絶対やめましょう。 友達以上、恋人未満!「よく目が合う」「フォローしてくれる」「他の人には言わないような相談をされる」など、相手があなたのことを好きなら何らかのサインを出しているはずです。 例えまだあなたたちが恋人ではなくても、振りではなく真剣に「彼女について悩んでいる」相談や、相手がすごく愛しそうに絡んで来たりじゃれてきたりしたらそれはあなたに好意を持っているからこそ出る行動です。 そんな二人でサシ飲みするデートは楽しいですね。 楽しんでサシ飲みに行ってきてください。 その心理の中にはやはり「今日は一線を越えるかも」と心のどこかでお互いに思っていることでしょう。 更にお酒が入ればハイテンションになったりして感情はヒートアップするかも。 そのような心積もりもしてサシ飲みに出かけましょう。 または何らかの事情で一度一線を越えてしまった 付き合ってはいないけれど、お互いに好きな関係の 男女同士がそのようなことがあってから気心が知れて、サシ飲みに行くこともあります。 大人の関係は複雑です。 お互いにパートナーがいたり、恋人がいるかも知れません。 それでも一線を越えることが起こり得るのが人生です。 不倫する男性心理とは、いったいどんな心理なのでしょうか。 好きになった人が既婚男性だと辛いですよね。 本気かどうかを見分ける方法も気になりますが、出来れば不倫は避けたいものです。 でも好きな人との時間は人生でもっとも甘美なときですね。 きちんと策略を練るのも大事です。 これは、ある意味気楽で益のあるサシ飲みです。 気心が知れた異性の友人とのサシ飲みは、自分ではわからない異性の気持ちを相談する良い機会です。 A君のことが好きなんだけど相手はどう思っているように見える?みたいなライトな相談から家庭内での色々なことも気心の知れた友人なら話しやすいです。 ポイントは同性同士ではわからない異性の心理を知ることが出来るところ。 同性同士であれやこれやと話していても、気は休まりますが具体的な進言には遠かったりします。 その点、ズバッとその人のことを知っているような異性の友人に色々と客観的に見てもらった方が益になって解決への道筋が早いことも大いにあります。 かわいい後輩とは気を張らずにサシ飲み出来るので、誘う側としては気楽で楽しく飲むことができます。 母性本能やお兄ちゃん心をくすぐるタイプのかわいい妹・弟系の場合はこのような意味でのサシ飲みとなるでしょう。 あなたが後輩で誘われた立場の場合、脈なしの可能性も高いかも…。 扱いが「なんだか妹・弟みたいだな」と思ったらこれは残念ながら恋愛には遠そうです。 母性本能をくすぐってくる男性と、もしかしたら恋愛に発展するかも?あなたがサシ飲みを誘う側ならその後の発展はもしかしたらあるかも知れません。 人生何が起こるかわからないのが醍醐味です。 男女のサシ飲みとしては意外かも知れませんが、見落とせないのが「誰でもよかった。 」仕事で散々でかなり落ち込んでむしゃくしゃして、誰とでもいいからとりあえず楽に飲みたい…。 そんな心理状態になったときにこの「誰でもいいから(サシ)飲みたい」が発生します。 お相手は職場のとりあえず当たり障りなく付き合ってくれそうな人や、後輩などだと誘いやすいですよね。 サバサバ系の女子ならかわいい男の後輩、男性ならおっとりしてそうな女子の後輩、または盛り上げてグチを言わせてくれそうなウェイ系の女子同僚・後輩など。 サシ飲みに誘われたからと言って完全な枠外のこともあります。 サシ飲みの誘い方や注意点は? 脈ありでも脈なしでも誘い方は明るく! サシ飲みをするということは、当然お酒を飲んで酔っぱらうわけですからテンションが上がった二人がその後どこかに行ったりするかも知れません。 もしそのようなシチュエーションになったとき、あなたとしてはどうしたいのかあらかじめさらっと構想しておきましょう。 行くのか行かないのか、飲んでいる時の相手の態度はどうだったか…など、飲みつつ相手のことを冷静に判断してくださいね。 アルコールが回った時にこそ相手の本性は出るものです。 そのような時に、ちゃんと優しかったり嬉しそうな笑顔であなたを見てくれる人なら大丈夫でしょう。 男性が異性(男女)のサシ飲みで脈あり・脈なしだと判断するには 脈ありなら誘われた時の相手の反応が良い.

次の