温かい お 言葉 ありがとう ござい ます。 温かい言葉の例文まとめ/お礼の書き方

皆様から温かいお言葉をいただいています。 江戸川区ホームページ

温かい お 言葉 ありがとう ござい ます

感謝の気持ちでいっぱいです• あたたかいお言葉に、いつも元気づけられています• お礼の申し上げようもございません• お心配り感謝いたします• 力強い励ましのお言葉、ありがとうございます• ご親切を賜りありがとうございます• いつもよくしてくださって、嬉しい限りです• 重ねてお礼申し上げます• 温かいお心遣いに感激いたしました• ご丁寧にありがとうございました 上記の温かい言葉と、伝える 相手とのエピソードを交えるようにして書くと、さらにメッセージに温かみが増します。 かしこまりすぎず、リラックスした状態で言葉を紡いでいきましょう。 お礼の部分で温かい言葉を伝えられても、書き出しや締めも考えなければいけませんね。 次は文章全体がまとまる書き出しと締めの言葉をご紹介します。 [adsense] 温かい言葉を繋げる書き出しと締めの言葉 お礼の言葉をしたためる際に、「何から書き始めたらいいかわからない」「どんな言葉で締めくくればいいかわからない」そういった悩みの声はよく聞きます。 お手紙だから、書き出しや文の締めの部分があります。 お礼の言葉だけを述べればいいということではありませんよね。 そこで、冒頭の書き出しと締めの結びの具体例をいくつかご紹介します。 ちなみに本文に入るための冒頭部分の書き出しを「起語」、本文を締めくくる結びの挨拶を「結語」と言います。 書き出しの3パターン• さて、~~• この度は、~~• 先日は、~~ 結びの挨拶5パターン• またお会いできる日を楽しみにしております• 今後ともよろしくお願いいたします• ますますのご活躍をお祈り申しあげます• ご多幸お祈り申しあげます• 時節柄くれぐれもご自愛くださいませ 書き出しは上記の3パターンを使えば間違いありません。 結語は他にもたくさんの種類があるので、自分の好きな言葉をセレクトするようにしましょう。 お礼の手紙を書く際に気をつけること お祝いを頂いたら、できるだけ早くお礼をすることが大切です。 手紙を送る場合は、遅くても2~3日の間には相手方に届くようにしてください。 万が一遅れてしまったとしても、ちゃんとお詫びの言葉を差し込めば問題ありません。 以下のような例文を手紙の本文に差し込んで、お詫びの挨拶としましょう。 お礼のお手紙が遅れてしまい、大変申しございません• 本当はもっと早くお伝えしたかったのですが• 遅くなってしまいましたが、温かいお気持ちは十二分に届いています 日ごろ忙しくしていると、どうしても返事が遅くなりがちになります。 きちんと遅くなったお詫びを言葉にすればちゃんと伝わります。 温かい言葉を贈りたいなら、素敵な名言を参考に! 礼儀やマナーはもちろん大切ですが、手紙だからといっていつも以上にかしこまる必要はありません。 お礼状において何よりも大切なことは、等身大の言葉で感謝の気持ちをストレートに表現することです。 人の心を温かくするのは、マナーや礼儀ではなく、純粋な本音。 それを如実に表しているのが「詩」だと思います。 中でも相田みつをさんの書く詩は、純粋な表現がとても心に響きます。 参考までに、いくつかご紹介させていただきますね。 ぐちをこぼしたっていいがな 弱音を吐いたっていいがな 人間だもの たまには涙をみせたっていいがな 生きてるんだもの あのときの あの苦しみも あのときの あの悲しみも みんな肥料になったんだなあ じぶんが自分になるための 私がこの世に生まれてきたのは 私でなければできない仕事が 何かひとつこの世にあるからなのだ コピーライト(C)相田みつを美術館 どれもメモに書いて携帯しておきたいくらい素敵な名言ですよね。 相田みつをさんの詩は素朴な表現で本音が綴られているからこそ、人を感動させるパワーを持っています。 お礼のメッセージもどこか自分らしさが伝わるような、そんな手紙を綴れたら受け取った側も嬉しい気持ちが増すのではないでしょうか。 まとめ 自分らしいお礼の言葉を綴ることができましたか?紹介した例文、書き出しと締めのパターンを使って、温かいお礼の手紙にできたら良いですね。 何よりも大切なのはストレートに感謝の気持ちを伝えること。 気負わずに素直な気持ちを文字に起こしてみてくださいね。

次の

温かいお心遣い|#話術.com

温かい お 言葉 ありがとう ござい ます

「お気遣いいただきありがとうございます」とは、「私のために気配りや配慮をしてもらいありがとうございます」という意味のある敬語表現です。 「お気遣い」は、相手が自分のことを気を配る気持ちや相手の配慮を指します。 つまり、物や形ではなく相手が自分のためを思ってくれる気持ちを示すところがポイントです。 また、「いただく」は「もらう」の謙譲語で、自分の立場をへり下って伝えたいときに使います。 そのため「お気遣いいただきありがとうございます」をビジネスシーンで使うときは、上司や取引先の人など目上の人からしてもらった心遣いに感謝を示したいときに用いることが可能です。 「お気遣いいただきありがとうございます」は、目上の方にも使える敬語表現? 「お気遣いいただきありがとうございます」は 目上の人からの心遣いや配慮に感謝を伝えたいときに用います。 例えば、風邪などで会社を休むときに「無理しないようにしてください」など温かい言葉をかけてもらったときには、「お気遣いいただきありがとうございます」を用いることで、心遣いに対して感謝の気持ちを述べられます。 また、 「お気遣いいただきありがとうございます」の他の使い方としてメールや手紙などの書き言葉としても使用可能。 日頃の心遣いに感謝をしたいときやお中元やお歳暮などを受け取ったときに、相手の配慮に対して感謝の気持ちを伝えられます。 他にも「お気遣いいただきありがとうございます」は、接待やお誘いに感謝の気持ちを示したいときにも使えますよ。 「痛み入ります」は「恐縮です・恐れ入ります」と同じような意味を持つので「お気遣い痛み入ります」は「心遣いや気遣いに身が縮む思いです」という意味になります。 「お気遣いいただきありがとうございます」の類語で、「お気遣いいただきありがとうございます」と同様に目上の人から受けた心遣いに対して感謝の気持ちを伝えたいときに活用します。 しかしながら、「お気遣いいただきありがとうございます」のように日常会話で使うことは少ないです。 ビジネスシーンでは接待などのお誘いを受けたときにお礼や感謝を伝える書き言葉として使うのが一般的です。 「お気遣い痛み入ります」の使い方• Thanks for your concern. (お気遣いありがとうございます)• Thank you for your thoughtfulness. (お気遣いいただきありがとうございます)• I am very much obliged to you(恐縮です)• I appreciate your thoughtfulness. (お気遣い痛み入ります)• Thank you for being so considerate. (ご高配ありがとうございます)• I am sorry for troubling you when you are busy. (お忙しいところ恐れ入ります).

次の

温かい言葉の例文まとめ/お礼の書き方

温かい お 言葉 ありがとう ござい ます

温かいお言葉のお礼 例• お客様からの温かいお言葉、励みになります。 いろいろと温かいお言葉をいただき、ありがとうございました。 先生の温かい励ましのお言葉には、いつも元気づけられます。 ありがとうございました。 これからも、いろいろご相談させていただくこともあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。 先輩の温かいお言葉に、いつも力をいただいています。 お客様からの温かいお言葉を、いつも励みにさせていただいております。 先日はご多忙のところご指導いただき、本当にありがとうございました。 先生から私どもに励ましの言葉をかけていただき、心から感謝申し上げます。 ご厚意に胸がいっぱいになりました。 先日は家族が急な入院をして落ち込んでいました。 あの時に温かいお言葉をいただいた事を感謝しております。 あの時、先輩から温かいお言葉を頂いたこと、この上ない励みになりました。 先日は転勤のことで激励のお言葉をいただき、ありがとうございました。 今までお世話になり、ありがとうございました。 営業部の皆様からの温かいお言葉、いつまでも忘れません。 この度はお客様より温かいお褒めのお言葉をいただきまして厚く御礼申し上げます。 いつもあたたかいお言葉をありがとうございます。 お客様から有益なアドバイスも頂き、感謝しております。 もう大丈夫です。 ありがとうございました。 お客様の激励のお言葉が、私たちスタッフの元気の源です。 いつも気にかけていただき、ありがとうございます。 温かいお言葉をかけて頂き 例• 先生に激励のお言葉をかけて頂いてから気持ちが上向きになり、また頑張ろうとやる気が出ました。 温かいお言葉を頂戴し 例• 昨日は業務改善計画の相談に乗っていただき、本当にありがとうございました。 激励のお言葉を頂戴いたしまして、仕事に取り組む視野が広がったように思います。 当方の失態でご迷惑をおかけしたにもかかわらず、温かい励ましのお言葉まで頂戴し、ご厚情に痛み入ります。 社長から暖かいお励ましを頂戴し、たいへん光栄です。 お客様より頂戴した温かいお言葉を励みに、スタッフ一同、一層努力をして参りたいと思います。 温かいお言葉を賜り 例• 先日は暑い中、私どもの結婚式へわざわざお運びいただいたうえ、温かい祝福のお言葉を賜[タマワ]り、ありがとうございました。 先日はわざわざ記念式典会場にお運びいただいたうえ、激励のお言葉を賜りありがとうございました。 温かいお言葉とお心遣いを賜り、ありがとうございます。 退職に際しては温かいお心遣いを賜りまして誠にありがとうございました。 このたびは長女の出産に際し、温かいお言葉とお心遣いを賜り、本当にありがとうございます。 新規開業にあたりまして、常務様より温かい励ましのお言葉とお心のこもったお祝いの品を賜り、誠にありがとうございます。 当店スタッフの対応にお客様からお褒めのお言葉を賜り、大変光栄に存じます。

次の