ヒロミ 軽 トラ。 ホンダの軽トラックが生産終了へ なぜ苦渋の撤退を決めたのか

「軽トラカスタム」DIYで自分でできる!こだわり抜いた軽トラまとめ

ヒロミ 軽 トラ

自動車の源流 軽トラックが販売終了 2019年末、一部のマニアがざわつく発表がホンダからなされた。 それは、同社の軽トラックである「アクティ・トラック」が2021年6月を持って生産を終了するというものだった。 現在販売されているアクティ・トラックは2009年に登場したもので、通算4代目となるモデルだが、その源流を辿るとホンダ初の4輪自動車である「T360」となるのである。 T360と言えば働くである軽トラックにもかかわらず、日本で初めてDOHCエンジンを搭載した量販車であり、あの幻のスポーツカー、S360と共用する前提で開発されたエンジンを搭載していたホンダの4輪の祖とも言えるモデルであった。 そんなホンダの自動車の源流とも言える軽トラックが販売終了を迎えるというのは、ホンダファンからしてみれば一大事。 しかも、現在のところ後継車種として新たな軽トラックが登場する予定はないとアナウンスされているから、マニアがざわつくのも致し方ないと言えるだろう。 なお、アクティにはトラックのほかにワンボックスタイプのアクティ・バンも存在していたが、こちらは2018年7月に登場したN-VANに後を託し、一足先にラインナップから姿を消している。 現在、国土交通省が発表している内容では、2021年11月以降に発売される新型の国産車に関して、基準を満たした性能を持つ衝突被害軽減ブレーキの装着が義務化されるとしているが、軽トラックに関しては2027年9月以降に義務化とやや後ろ倒しがなされている。 とはいえ、従来10年以上の長いモデルサイクルで開発費を回収してきた軽トラックということを考えると、このタイミングフルモデルチェンジをしたとしても、衝突被害軽減ブレーキの機能を無視して開発することは有り得ない。 また、パワートレインもAT車は未だに3速ATであり、4WDモデルにはそもそもATの設定がないなど、如何せん古さを拭いきれない点も考慮すると、これらも一新することが求められる。 そうなれば、当然前回のフルモデルチェンジ時以上のコストが必要となるのは致し方なく、苦渋の決断ということなのかもしれない。 そもそもアクティ・トラックはどのくらい売れているのだろう? アクティ・トラック、どのくらい売れている? では実際に現在アクティ・トラックがどのくらい売れているのか振り返ってみたい。 一般社団法人 全国軽自動車協会連合会が発表しているデータによると、2019年度上半期(2019年4月〜9月まで)のアクティ・トラックの販売台数は7809台となっている。 対するライバルのスズキ・キャリイは2万9623台、ダイハツ・ハイゼット・トラックに至っては4万3921台と5倍以上の台数が売れているのだ。 さらにキャリイのOEM車である日産NT100クリッパーとマツダ・スクラム・トラック、三菱ミニキャブ・トラックの3車種でプラス7914台、ハイゼットのOEMであるトヨタ・ピクシス・トラック、スバル・サンバー・トラックの2車種で5307台とその差は開く一方。 一方のホンダは現在他メーカーにOEM供給をしておらず、これだけの台数を自社でさばくというのは確かに難しいと言わざるを得ないところだ。 なお、アクティ・バンからバトンタッチしたN-VANは2019年度上半期で2万1592台を販売しており、比較的好調な販売と言える。 しかし、N-VANのベースは同時期に13万台以上を販売した大人気車種のN-BOXであり、開発費の回収は思った以上に容易と思われる。 ということで、N-BOXをベースに後部をトラック化した「N-TRUCK」というモデルが許されるのであれば、登場する可能性もゼロではないだろう。 しかし、荷台のサイズが重要な軽トラックだけにその可能性は限りなく低いということになりそうだ。 外部サイト.

次の

ホンダの軽トラックが生産終了へ なぜ苦渋の撤退を決めたのか

ヒロミ 軽 トラ

地方に行くと個人宅でもゴミ出しや灯油運びなどで使われている他、軽キャンパーのベース車などレジャーシーンでも活用される日本の軽トラック。 軽自動車だから税金や維持費が安いし、小さいから裏路地や農道などの細い道でも入っていける。 そして細かいことを気にせず荷物をガンガン積める堅牢性。 日本の発展、人々の暮らしを支えてきた軽トラックは中古車市場でも需要が高く、かなりの台数が流通しています。 軽トラックはOEM製品を含めるとすべての軽自動車メーカーから販売されています。 「軽トラなんてどれも同じでしょ?」と思っている人も多いと思いますが、実は各社で様々な特色を打ち出しているんです。 そこで、この春に初めて軽トラックを買おうと思っている人のために、その特徴とオススメモデルをご紹介しましょう! 中古車選びに役立つはず! 軽トラック豆知識 オススメモデルの話の前に、軽トラックを選ぶ際に覚えておきたい豆知識を紹介します。 中古車物件ページ内に出てくる言葉もあるので要チェック! 【駆動方式】 一般的な車と同様に、軽トラックにも2WDと4WDがあります。 未舗装路を走る機会が多い人には4WDが人気。 また、2WDはすべて後輪駆動になります。 (前輪駆動(FF)だと、荷台に荷物をたくさん積んだ際、タイヤが路面に力をかけづらくなるため) ただ、メーカーにより後輪駆動の方式が異なり、2WDの軽トラックには3種類の駆動方式が存在するので理解しておきましょう。 グレードによっては鳥居がついていなかったりルームミラーに写り込む鳥居中央のポールの太さや位置が違うため、後方視界に差が出たりするので、店頭で使いやすさを確認したいですね。 物件によっては鳥居に荷台を照らす照明がついていることも。 これらは4WD+5MTで、重い荷物を積んでも大丈夫な専用サスペンションを採用したり、農作業に便利な装備がつけられたりしています。 5cm)を寝かせて積むことができます。 各モデルのホームページでは、ビールケースやポリタンクなど、実際に積む機会の多いものが何個積めるかが表示されています。 これは荷台のゲートが開く方向のことで、三方開はリアと両サイドが開きます。 現在新車で作られている軽トラックは三方開ですが、中古車ではリアのみ開く一方開も流通しています。 細かいところに心配りを感じます 2013年に14年9ヵ月ぶりのフルモデルチェンジを受けたキャリイ。 荷室の使いやすさはもちろん、仕事をするうえでの使い勝手も考えつくされた軽トラックとして人気の高いモデルです。 荷台の高さは650cmと軽トラックの中で最も低く荷物の積み降ろしが楽。 アングルポスト(鳥居)は太くてしっかりしたものが取りつけられています。 ボディサイドに取りつけられた荷台ステップは開口幅を広くしてあるので、幅の広い靴、長靴でも荷台に上がりやすいのが特徴。 トランスミッションは5MT、3ATの他、MTのクラッチ操作を車が自動で行う5AGSを設定。 5AGSは基本がマニュアルトランスミッションでありながらクリープ機能がついているためATと同じ感覚で乗ることができます。 現行型の中古車は1000台ほど流通しており、ベーシックな三方開タイプの中古車相場は60万~110万円。 先代モデルなら車両本体価格10万~90万円で探すことができます。 ハイゼットトラックは軽自動車の常識を覆したモデルです 2014年9月にフルモデルチェンジしたダイハツハイゼットトラックは、現在新車が最も売れている軽トラックです。 大きな特徴は軽トラックとして初めて9種類ものボディカラーを設定したこと。 ピンク、水色、オレンジなどカラフルな色もラインナップに加わったため、仕事現場はもちろん軽キャンピングカーのベース車としても人気が集まっています。 日常のあらゆるシーンで使用される軽トラックは女性が運転することも多いもの。 荷台にはとにかくいろんなところにフックがついています。 その数、全部で25個! 荷物をロープで固定したりシートをかける際に便利ですよ。 荷台フロアの長さは2030mmと軽トラックNo. 1(キャリーも同じ長さ)。 さらに荷台上の空間の長さも1945mmと軽トラックで最も長く取っているので、背の高いものもたくさん積めるのが特徴です。 現行型の中古車流通量は約700台。 ベーシックな三方開タイプの中古車相場は60万~140万円。 先代モデルなら車両本体価格20万~120万円で探すことができます。 最大の特徴はエンジンを後輪車軸後方に配置するRRを採用したこと。 RRは重量物が後方にあるため空荷状態でも駆動輪にしっかりトラクションをかけることができます。 さらにエンジンがキャビンから離れているので、回転数が上がったときも静かというメリットが。 ちなみにサンバーのエンジンは軽自動車でも珍しい4気筒。 しかもスーパーチャージャーを搭載するグレードもあり、最高出力58馬力を発生します。 サスペンションは軽トラックで唯一の四輪独立懸架に。 それぞれのサスペンションが別々に動くので、車軸で繋がれたものより乗り心地が良くなります。 現在の中古車流通量は約500台。 中古車相場は20万~150万円。 この時代のサンバーを指名買いする人も多くいます。

次の

軽トラック

ヒロミ 軽 トラ

今、海外から意外なクルマが大注目されています。 それはなんと軽トラ!海外のバイヤーが軽トラックの中古車を買い付けるためにわざわざ来日し、 古い軽トラを買って輸出しています。 なぜ今になり外国人が軽トラに夢中になるでしょうか。 アメリカで軽トラックが爆発的な人気! 今まで、軽自動車は日本仕様のまま海外へ輸入されることは非常に稀でした。 しかし、SNSがネット、動画サイトが発展してから、徐々に日本の軽自動車が海外からも注目されるように「 我々の国でも乗りたい!」という意見が多数見られます。 海外も普通車よりも排気量が小さいミニマムカーが生産・販売されていますが、軽自動車のような多数のモデルをラインナップし機能的なミニマムカーは日本だけ! 要は、軽自動車が世界中のミニマムカーの中でも最高のレベルに達しているわけです。 そんななか、日本の軽トラックが今注目を集め、中古車が北米をはじめとする海外に多く輸入されるようになり、いまや軽トラックは「 Cool Japan」のひとつに挙げられるようになりました。 25年ルールで古い軽自動車がアメリカでは50万円! アメリカでは一部の州を除き、日本仕様の右ハンドル車は法律上公道で走行できませんでしたが、 25年経過したクルマでは右ハンドルのまま走行可能になります。 そのため、発売から25年 カナダでは15年 を超える日本車を自由に輸入でき、昭和から平成初期の多くの日本車がアメリカへ輸入されています。 そのなかで日本独自の規格である軽自動車も25年落ちなら輸入でき、中でも軽トラは「Mini truck ミニトラック 」、中には「Kei truck ケイトラック 」と日本名そのまま呼ばれることもあり、北米で人気が集中するようになってから現地で中古の軽トラの専門店まで出店されています。 日本で売られれば10万円前後で売られているものがアメリカでは50万円ぐらいで販売されるほどで、現在、北米への供給が追いついていないほどです。 トラックの本場アメリカで認められた軽トラック そもそも、北米は個人で使用する ピックアップトラックが国民的な乗用車として定着し、日本に正規輸入されていないピックアップトラックのフォード・F150はアメリカで一番売れているクルマです。 そんなトラック大好きな北米人が軽トラックに注目するようになったのは、小さくてチャーミングなルックスもさることながら 丈夫でタフな車体や、 未舗装道路の凹凸のある道でも乗り切ってします走破性、そしてシンプルな設計であるため カスタムベースとして楽しめるところです。 荷台を利用し、アウトドア道具やバイク、自転車を運ぶために使ったり、広大な敷地をもつ牧場では家畜の餌を運んだり、北米での使い方はさまざま。 趣味や仕事に北米でも日本同様多くの場面で軽トラは活躍しています。 軽トラックがいずれグローバルカーになるかも 北米でさまざまなユーザーに重宝されている軽トラの姿を見れば、日本よりも海外のほうが活躍できる場面が日本よりも多いのかもしれません。 北米の人々が軽トラックをただ物珍しさだけで購入しているのではなく 生活を豊かにするツールとして使いこなされ、日本で乗られた軽自動車は新たな地でも活躍しています。

次の