長芋 レシピ 煮物。 長芋を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

長芋を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

長芋 レシピ 煮物

【材料】• 長ねぎ 4cm• 長芋 100g• かつお昆布だし汁 200cc• 牛乳 80cc• 生クリーム 大さじ1• 無塩バター 7g• 塩 適量• 粗挽き黒コショウ 適量• オリーブオイル 大さじ1 【作り方】• ごぼうの土をたわしで洗い落とし、薄い斜め切りにします。 長芋の皮をむいて2cm幅の乱切りにし、長ねぎは小口切りにします。 鍋にオリーブオイルをひいて熱し、長ねぎとごぼうを弱中火で10分程度炒めます。 だし汁、塩、長芋を加えて蓋をし、弱中火で8分程度煮込みます。 木綿豆腐をキッチンペーパーで巻いて600wの電子レンジで3分間加熱して水切りしてから鍋に加え、ブレンダーでなめらかになるまで攪拌します。 牛乳を加えて弱火で温め、生クリームを無塩バターを加えます。 器に盛り付けて黒コショウを散らせば出来上がりです。 【材料】• 鶏ささみ 1本• 乾燥きくらげ 4g• 長芋 100g• 酒 大さじ1• コショウ 少々• 乾燥きくらげを水につけ戻し、固い部分を取り除いて食べやすい大きさにちぎります。 長芋の皮をむいて5cm長さ1cm角の拍子木切りにし、白ねぎは5cm幅に切って縦4つ割りにします。 鶏ささみの筋を取って一口大のそぎ切りにします。 水、酒、鶏ガラスープの素を鍋に入れて沸騰させ、長芋と白ねぎ、鶏ささみを加えて煮立てます。 蓋をして弱火で2分程度煮て、醤油、塩、コショウで味を調えます。 器に盛り付けてごま油をたらせば出来上がりです。 【材料】• 長芋 150g• 長ねぎ 1本• カリフラワー 2房• ベーコン 1枚• オリーブオイル 小さじ2• 白ワイン 大さじ1• 水 200ml• 顆粒コンソメ 小さじ1• 牛乳 200ml• 塩 適量• コショウ 適量• パセリ 適量 【作り方】• 長芋は皮をむいて1cmの厚さの半月切りにし、長ねぎは斜め切りにします。 カリフラワーは小房に分け、ベーコンは1cm幅に切ります。 鍋にオリーブオイルをひき、ベーコと長ねぎを中火で炒めます。 長芋とカリフラワーを加え、焦がさないように3分程度炒めます。 白ワインを加えてアルコールを飛ばしたら、水とコンソメを加えます。 蓋をして、野菜が柔らかくなるまで8分程度煮ます。 木べらで野菜を崩すようにして混ぜ、牛乳を加えてひと煮立ちさせます。 塩コショウで味を調えて器に盛り、パセリを散らせば出来上がりです。

次の

長芋を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

長芋 レシピ 煮物

長芋は、すりおろして「とろろ」として食べることが多いですが、様々な健康効果を持つ食材なんです。 消化を助ける酵素を持ち、ぬめり成分が胃の粘膜を保護し、胃もたれや胸焼けを防ぐので、胃腸が弱っている時にも最適です。 長芋はレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が多く、食物繊維と同様に働き、便秘を改善したり、食後の血糖値の上昇を緩やかにし、糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果的です。 ディオスコリンAは、試験管内の実験で、インフルエンザウイルスの活性を抑える作用がわかっています。 消化酵素やディオスコリンAは熱に弱く、生で摂取をおすすめしますが、レジスタントスターチは煮ても効果が得られるので、時には煮るレシピで違った長芋の食感、味を楽しんでみてはいかがでしょう。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ツナ缶オイルの活用レシピです。 作り方は、長芋は皮をむき、半分は1cm角に切り、残りはすりおろす。 人参は縦に4等分にしたら、5mmの厚さのいちょう切りに。 小鍋に、ツナ缶オイル、かつお出汁、おろししょうがを加え、中火にかける。 沸騰したら、長芋、人参、水煮大豆、粒コーンを投入して煮る。 アクを取り、野菜に火が通ったら、醤油麹入れて味を整え、仕上げにねぎや大根の葉・茎を散らして完成です。 ごぼう入りさつま揚げ、ゴボ天と長芋が相性抜群のレシピです。 ほんのり生姜の風味が効いた、ホッとする味です。 作り方は、長芋は小さめに乱切りにする。 ゴボ天は熱湯をかけ、油抜きをして斜めに切ります。 小鍋に水、長芋を入れ煮立たせたら、蜂蜜を加えて5分ほど煮る。 さらにゴボ天を入れたら牡蠣醤油、生姜を入れ煮汁が少なくなるまで煮たら完成です。 そのまま食べるとサクサク、すりおろすとトロトロの食感が楽しい長芋。 中国が原産の芋で、日本では北海道と青森県で多く作られています。 長芋の旬は1年に2回。 11~1月に収穫されるみずみずしい秋堀りと、3~5月に収穫されるうま味が熟成された春堀りがあります。 長芋はムチンという粘りのもととなる成分を含んでおり、胃の粘膜を保護する力を持っています。 また、長芋は消化酵素を含んでいるため、食事に含まれるでんぷんの消化を助けるだけではなく、芋の一種でありながら、生で食べられるのです。 長芋はとろろのように生で食べられる他、焼く、揚げるといった加熱調理に向いています。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

長芋を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

長芋 レシピ 煮物

すりおろして「とろろ」にする料理が代表の長いもは、世界でも珍しい生のまま食べることのできる芋です。 消化酵素である「ジアスターゼ」を含み、デンプンの一部が分解されるため生で食べても胃に負担がかかりません。 長いもは水分が多いので、とろろ以外にサラダや和え物に入れてサクサクの食感を楽しむのもおすすめです。 皮を剥くと酸化して変色してしまうので、酢水に10分程度さらしてアク抜きしてください。 加熱すると食感が変わり、旨味もプラスされます。 輪切りにしてそのままソテーしたり、炒め煮してもおすすめですよ。 長いもそのものは味に大きな特徴はなく淡白なので、お好みの味付けをしてくださいね。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 とろろ入りの明太子ソースをかけた和風オムライスのレシピです。 玉ねぎをバターで炒めたらご飯を加え、醤油と塩コショウで味を整え皿に盛り卵をのせます。 すりおろした長いもは明太子、と麺つゆと合わせてソースを作り、オムライスの上にかけたらネギや海苔、千切りにした叔母などを飾って完成です。 中のご飯はお好みできのこを加えてもおすすめです。 とろろとオクラのネバネバ丼です。 スルスルと食べられて、シンプルな味付けは朝食にもおすすめです。 はじめに、オクラは水洗いしたらレンジで軽く加熱し、小口切りにします。 長いもはすりおろして丼に盛った皿の上にかけ、オクラをのせたら麺つゆをかけて出来上がりです。 お好みで卵、キムチ、納豆、鰹節、しらすなどトッピングしてもおすすめですよ。

次の