豊田市持続化給付金。 【給付対象者が拡大されました】持続化給付金について(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策)

【持続化給付金と持続化補助金の違い】持続化給付金と持続化補助金の比較についてまとめ~ダブル活用がお勧め~

豊田市持続化給付金

新型コロナウイルス感染症により、中小企業の経営がさらに深刻化しています。 収入が急激に減少した場合、真っ先に表面化する問題の1つが、「当面の家賃をどう工面するのか」ということ。 この状況に対応するため、国会では野党が共同で法案を提出するなどの動きを見せていましたが、このほど自公両党が「家賃支援給付金」の創設を決定し、5月27日の閣議決定を目指す第2次補正予算案に盛り込まれる見通しとなりました。 概要を説明します。 申請はそれ以降ということになりますが、早ければ6月中に給付が始まるものとみられます。 逆に言えば、支給は少なくともそれ以降になります。 現在のところ、申請にどのような書類が必要なのかなどについては不明です。 ただ、この問題を検討してきた「与党賃料支援プロジェクトチーム」が5月8日に公表した「テナントの事業継続のための家賃補助スキームについて」には、「給付にあたっては従前の賃貸借契約書(家賃額、契約期間)を確認の上、家賃への使用を確保しつつ、複数月分をまとめて支給するなど、実務面で簡易な方法とする。 」という記載があります。 さきほど説明したような売上減少が給付の条件となっていますので、速やかに申請を行うためには、それを証明できる帳簿類なども準備しておくべきでしょう。 関連記事:• 「減収世帯」への家賃補助も、幅が広がった 一方、「コロナ禍」で収入が減少した世帯も、家賃で苦しんでいます。 このため、国は経済的に困窮した人に対して家賃を補助する「住居確保給付金」の支給要件を緩和しました。 この制度は、もともと離職したり廃業したりして住む場所を失った、またはその恐れがある人に対して家賃補助を行うことにより、安定した住居を確保し、自立をサポートする目的で設けられました。 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によって、大幅な減収を余儀なくされる人が増加したため、そうした世帯も対象に含めることになったのです。 具体的には、「離職・廃業後2年以内の者」とされていた支給対象に、「給与等を得る機会が当該個人の責に帰すべき理由・当該個人の都合によらないで減少し、離職や廃業と同程度の状況にある者」という条件が加わりました。 支給の内容は、次の通りです。 関連記事: 収入、資産には要件がある 一方、支給要件は、次の通りです。 ただし100万円を超えない額 例えば、東京23区の目安は、単身世帯で50万4000円、2人世帯で78万円、3人世帯で100万円。 「新型コロナ」の感染が拡大する下では、それは困難だという判断からです。 支給額や要件については、東京特別区を例に説明しましたが、家賃には地域差があるため、これらは自治体によって異なります。 問い合わせ、申請などは、お住まいの市町村の「自立相談支援機関」が窓口になります。

次の

愛知県の持続化給付金申請サポート会場の開催場所と窓口の連絡先は?|カユテガ

豊田市持続化給付金

一方、「事業主ではない個人(世帯)」に対しては、(10万円給付金のみで)十分と言える補償がされていないことから、不公平感が高まっているのも事実ではないでしょうか。 いずれにせよ、本ブログでは、 「持続化給付金」について、公式に公表されている情報についてまとめて参ります。 ご参考になれば幸いです。 なお、令和2年4月20日には「特別定額給付金(10万円給付)」についてもか閣議決定されました。 こちらは以下のブログ記事をご参照ください。 持続化給付金の給付対象者は、 『中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者等、その他各種法人等で、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している者』と公表されました。 なお、対象期間については、 『2020年1月から2020年12月のうち、2019年の同月比で売上が50%以上減少したひと月について、事業者の方に選択いただきます。 』とされているため、50%以上減少した(する予定の)月がひと月でもあれば、申請要件を満たすことが出来るということになります。 毎月の固定収入が発生する事業はともかく、月によって連動するような業界(製造業や建設業など)では、任意の月を選択できるということですので、多くの方が恩恵を受けることが出来るのではないでしょうか。 新型コロナウイルス感染症による影響を受けた事業者に向けた資金繰り対応策として、セーフティネット保証第4号・5号が発動されています。 以下のブログ記事も参考に、 「 持続化給付金」と並行しつつ、セーフティネット保証制度を活用した融資による資金調達も併用して手元のキャッシュを手厚くしておくことを推奨します。 なお、システム上で自動計算がされる ようですので、考え方としては細かい計算は理解する必要はありません。 要件を満たせば「原則200万円(個人事業主は100万円)もらえる。 但し昨年1年間の売上からの減少分が上限。 」との理解で良いでしょう。 つまり、1社(者)あたり、これ以上の売上減少分については補填されないこととなります。 それでも、新型コロナ感染症で大打撃を受けている事業者にとっては、大変ありがたいものであることに間違いはないでしょう。 但し、「法人格のない社団(財団)」はそのとおり法人格がないため対象外となるでしょう。 「(通称)ものづくり補助金」では、様々な「加点措置」が設けらえており、令和2年度補正で言えば、 「経営革新計画の承認」や 「事業継続力強化計画の認定」があります。 また設備投資に伴い、固定資産税の3年間免除措置となる 「先端設備等導入計画認定」もあります。 これらの官公庁に対する申請手続きは、「行政書士法」の規定で「独占業務」となっています。 もしも行政書士以外が「コンサル」と称して書類作成や代理申請までをも有料にて行う場合は、たとえ銀行等からの紹介であっても違法であり、簡単なアドバイスだけで法外な手数料を請求する悪徳業者の可能性もあるため、十分にご注意ください。 当法人は行政書士法人ですので、これらの認定申請に対する代理も適法に可能ですし、見積もり以外の費用のご請求はあり得ません。

次の

【持続化給付金と持続化補助金の違い】持続化給付金と持続化補助金の比較についてまとめ~ダブル活用がお勧め~

豊田市持続化給付金

2020. 17 2020. 16 2020. 16 2020. 16 2020. 16 2020. 16 2020. 16 2020. 16 2020. 15 2020. 14 2020. 14 2020. 13 2020. 10 2020. 10 2020. 10 2020. 9 2020. 9 2020. 9 2020. 8 2020. 8 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 6 2020. 1 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 23 2020. 18 2020. 18 2020. 17 2020. 17 2020. 16 2020. 16 2020. 16 2020. 16 2020. 16 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 9 2020. 9 2020. 9 2020. 9 2020. 9 2020. 9 2020. 9 2020. 9 2020. 9 2020. 9 2020. 9 2020. 27 2020. 27 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 21 2020. 21 2020. 21 2020. 21 2020. 20 2020. 19 2020. 18 2020. 15 2020. 15 2020. 15 2020. 14 2020. 13 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 12 2020. 8 2020. 7 2020. 28 2020. 28 2020. 27 2020. 27 2020. 27 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 24 2020. 23 2020. 23 2020. 23 2020. 23 2020. 23 2020. 23 2020. 22 2020. 21 2020. 20 2020. 20 2020. 20 2020. 20 2020. 17 2020. 17 2020. 17 2020. 17 2020. 16 2020. 16 2020. 16 2020. 16 2020. 16 2020. 16 2020. 15 2020. 15 2020. 14 2020. 14 2020. 14 2020. 14 2020. 14 2020. 14 2020. 14 2020. 13 2020. 13 2020. 13 2020. 13 2020. 13 2020. 13 2020. 13 2020. 10 2020. 10 2020. 10 2020. 10 2020. 10 2020. 10 2020. 10 2020. 10 2020.

次の