ドライバー 転職。 検索結果一覧|ドライバー・タクシー等の運転手専門の転職・求人サイト【ドライバー転職ドットコム】

実際に転職してみてわかったこと【ルート配送ドライバー】/ドライバー・運転手の求人/転職ならジョブハウスドライバー

ドライバー 転職

一般的に40代の転職は難しいとされています。 その理由は、「企業の若返り」や「長く勤務して欲しい」などの、企業側の事情にあります。 ですが即戦力を求める企業にとって、40代は「即戦力であり、リーダーシップを取れる世代である」という強みもあります。 40代の転職の鍵を握るのは、即戦力になるための「スキル」「経験値」「人間としての成熟さ」です。 他業種への転職を考えている方も、この3つは大いに生かせます。 40代の転職の注意点 40代の転職の注意点ですが、まず前職とのケンカ別れをすることによって風評被害を起こすことは避けましょう。 そして自身の体力・スキルなどを考慮し、その業種に対して「40代の市場価値」を見極めましょう。 40代の求人は年齢の壁などにより、職種が絞られる傾向にあります。 選択肢を増やすためにも異業種への参入を一案し、前職のキャリアを忘れ、真っさらな状態で新しい仕事に挑むことも必要です。 40代で転職しよう!ドライバーの仕事5種類 40代におすすめのドライバーの仕事1つめは、タクシードライバーです。 タクシードライバーの求人は未経験者の採用枠が多く、40代の採用が望まれる職種です。 そして給与形態は歩合制なので、たとえタクシードライバーとしてのキャリアがなくても「本人のやる気」さえあれば、高収入を望めます。 タクシードライバーの仕事はお客様を同乗するので、人とのコミュニケーションが苦にならない方や、接客業が好きな方に適しています。 介護タクシードライバー 介護タクシードライバーとは、介護認定者・身体障害者など、単独でタクシーなどの利用が困難な方を対象に、病院等の送迎サービス・介助をするタクシードライバーです。 奉仕活動に興味のある方は、大いにやりがいを感じるでしょう。 介護タクシードライバーは、「普通自動車二種免許」「介護職員初任者研修の習得(旧ホームヘルパー2級)」が必須です。 そして一般のタクシードライバーよりも高収入を望めます。 40代で転職しよう!ドライバーの仕事2:バスドライバー 40代の転職におすすめしたい仕事2つめは、バスドライバーです。 バスにも様々あり、観光バス・路線バス・高速バス・送迎バス・コミュニティバス・リムジンバスなどがあります。 バスドライバーは「大型二種免許」が必要です。 バスドライバーは未経験者でも求人募集があり、もし採用されれば、企業側が開催するバスの運転訓練などがありますので、未経験者でも安心して運行できます。 40代で転職しよう!ドライバーの仕事3:ルート配送ドライバー ドライバーの種類 平均月収 タクシードライバー 24万円 バスドライバー 31万円 ルート配送ドライバー 30万円 宅配ドライバー 25万円 大型ドライバー 34万円 40代の転職でドライバーがおすすめな理由3:転職しやすい 40代の転職でドライバーがおすすめな理由3つめは、求人が多く転職しやすいことです。 冒頭でお伝えした転職のベストタイミングとは、「自分が納得する転職先を見つけた時」、そして欲を言えば「採用された時」でしょう。 40代の転職は、年齢の壁という難関が待ち受けているのが現状です。 ですが売り手市場の職種であるドライバー職は、企業から雇用を熱望されるので、転職しやすいうえに気持ちよく働くことができます。 40代の転職でドライバーがおすすめな理由4:一人になれる時間ができる 40代の転職でドライバーがおすすめな理由4つめは、たとえ仕事中でも、一人の時間を満喫できる環境にあることです。 前職でオフィスに缶詰め状態で従事していた方であれば、「時には一人になりたい」という願望を持ったことがあるでしょう。 ドライバー職は、1日の中でほとんどの時間を一人で行動するので、息苦しい環境が苦手な方には適した職業です。 40代の転職でドライバーがおすすめな理由5:ストレスが少ない 40代の転職でドライバーがおすすめな理由5つめは、職場の人間関係などの煩わしさが僅少で、その分ストレスが少ないことです。 そしてドライバー職は、1日の業務を自分で計画・行動するので、自分で能率よく仕事をこなせる環境を作れます。 運転が好きな方であれば、運転自体がストレス解消の手助けになる時もあるでしょう。 ストレスが転職理由であれば、ぜひドライバー職への転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

次の

ドライバージョブ

ドライバー 転職

ドライバーの求人情報ならドライバージョブ ドライバージャパンジョブはトラック運転手の求人情報を扱う求人サイトです。 全国から様々な業種の求人情報を集めています! トラック運転手の転職動向 今、トラック運転手の需要がどんどん増えていることをご存知ですか? 配達の需要が急激に増えたことで、運送業界が深刻な人手不足に陥っていることが原因です。 運送会社がより多くの働き手を求める中、働き手であるドライバーは、自分にあった会社をしっかり選別することができるようになっています。 ドライバージョブで求人を調べ、自分にぴったりの会社を見つけましょう! トラック運転手の労働環境 トラック運転手の労働環境は、決していいものとは言えません。 普通の仕事に比べて長時間労働であったり、勤務時間が不規則だったりと、いわゆる「ブラック」と呼ばれることが多いです。 また、運送業界は企業によってその待遇が大きく異なります。 人手不足を受け、労働環境を改善している企業もあれば、過酷な労働環境でドライバーを働かせる企業もあります。 トラック運転手は今売り手市場です。 つまり、就職する側のトラック運転手は、運送会社を見極め、より好条件の企業を選ぶことができるのです。 人手不足の今だからこそ、しっかりリサーチして、自分にぴったりの企業を選ぶことが大切です。 トラック運転手の平均年収 トラック運転手の平均年収はどれくらいなのでしょうか?賃金構造基本統計調査によると、2015年のトラック運転手の平均年収は437万円でした。 これは、2010年に比べ30万円以上高くなっており、今後も上がっていくことが期待されます。 長距離ドライバーになると、月収の手取りが30万円を超えることもあります。 歩合制の会社が多いため、走れば走るほど給料が上がります。 ただし、会社によって給料の基準は異なるため、自分のスキルや仕事のスタイルにあった会社を選ぶ必要があります。 仕事内容のご紹介 長距離ドライバー 長距離ドライバーは、荷物を日本全国に届けるトラック運転手を指します。 一般的に大型トラックやトレーラーなど、大きな荷物を遠くまで運ぶ仕事です。 長距離ドライバーは長い時間運転するため、車内で休憩を取ったり食事をしたりすることが多くなります。 一人の時間が長く気楽な分、10時間以上運転し続けないといけないため、体力と精神力が求められる仕事です。 その代わり、トラック運転手の中でもっとも稼げる仕事です。 中距離ドライバー 中距離ドライバーは、日帰りでできる運送業務を行います。 主に個人宅への宅配や、スーパーやコンビニへの荷物配送が仕事になります。 中距離ドライバーになるには、普通免許または準中型・中型免許が必要になります。 小型トラックであれば普通免許でも運転できますが、より多くの荷物を運ぶためには中型免許が必要になります。 長距離ドライバーに比べ拘束時間が短く、生活が昼夜逆転することもないため、自分のライフスタイルに合わせた働き方をすることができます。 トレーラー トレーラーとは、運転手が乗るトラックとトレーラーと呼ばれる荷台が繋がったものを指します。 大量の荷物を遠くまで運ぶときに、非常に重宝されるトラックです。 トレーラーの運転は他のトラック運転に比べ高いスキルが求められ、必要な免許も多くなります。 「大型免許」はもちろん、トレーラーの総重量が750kgを超える場合は、「牽引免許」という免許も必要になります。 大型トラック 大型トラックは11t以上のトラックのことです。 大型トラック、ダンプカー、バス、タンクローリーなど、大型免許で様々な種類の大型車が運転できます。 月収が30万円を下回ることはないと言われるほど、大型トラック運転手は待遇のいい仕事が多いです。 これは、大型トラックが長距離を走れること、より多くの荷物を運ぶことができることが理由です。 中型トラック 中型トラックは7. 5t以上11t未満のトラックを指します。 普通免許を2年以上保持していれば、中型免許を取得することができます。 中型免許の取得により、運転できるトラックの範囲が広がり、長距離の運送も可能なため、給料アップが狙えます。 面接の時も、中型トラックを運転できることで有利になることが多いです。 小型トラック 小型トラックは、2〜3tのトラックを指します。 普通免許で運転ができるため、まだ資格はないけどトラック運転手に転職したい、という人におすすめです。 仕事内容は主に地域配送になります。 宅配便を届けたり、コンビニやスーパーに荷物を届けたりという仕事になります。 直接人に届ける仕事なので、他のドライバーに比べ人とコミュニケーションをとる機会が多い仕事です。 比較的小さい荷物を運ぶことから、小型トラック運転手は女性でもなりやすい仕事です。 準中型トラック 2017年より新しくできた免許が「準中型免許」です。 5t〜7. 5tの中型トラックを運転するための免許となります。 特徴として、18歳以上であれば免許取得できるという点と、普通免許を持っていなくても免許が取れるという点の2つが挙げられます。 運転経験が少ない高卒のドライバーにとって敷居が高かった「中型免許」ですが、「準中型免許」が誕生したことでより身近なものとなりました。 準中型トラックは宅配便やコンビニ配送などの近距離の配送に多く使われます。 フォークリフト フォークリフトは荷物の積み下ろし作業ができる重機のことです。 重い荷物を軽々と持ち上げることができるので、フォークリフト免許は作業現場で重宝される免許です。 実は国家資格であり、フォークリフト免許を一度とれば一生物の資格となります。 配送業だけでなく、建築業や産業廃棄物など様々な業種で潰しがきく免許です。 引っ越しドライバー 引っ越しドライバーは引越しの荷物を運ぶ仕事です。 荷物の運送だけでなく、引越し元から荷積みから、新しい部屋まで荷物を運ぶまでの作業を全て行います。 他のトラック運転手と比べ、体力が求められる仕事です。 引越しドライバーの利点は、日中の仕事がほとんどのため、規則正しい生活が保てることです。 また、1日何件と引越しの件数が決まっており、引越し作業が早く終われば早く帰ることができるため、時給にするとお得な仕事だったりします。

次の

トラックドライバー(配送業)経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

ドライバー 転職

タクシードライバーの志望動機のポイントは、コミュニケーション能力、サービス精神、責任感などです。 タクシードライバーは、お客様を安全に目的地に届けることはもちろん、お客様にとって快適な空間を提供できるかが重要になります。 そのためには志望動機で接客業が好きだとアピールするのが効果的です。 また、安全にお客様を目的地まで届けるという責任感や、不規則な労働環境にも適応できる体力などにも言及すると良いでしょう。 *志望動機の例文* 私は幼少の頃から車が好きで、車関係の仕事に対して憧れを抱いていました。 そして、数年前から祖母が病院通いなどでタクシーを利用するようになり、その社会的な役割に興味を持ち、タクシー運転手を志望しました。 お客様に安全と居心地の良い空間を提供するのは決して楽ではありませんが、前職の営業職で培ったコミュニケーション能力を生かし、タクシー運転手として邁進したいと考えています。 トラックドライバーの仕事はきつい仕事で、特に長距離のトラックドライバーは労働環境が過酷と言われています。 そのため、ほかの職種以上に、体力や精神力が求められます。 また、納期が切迫していることも多く、安全運転や交通法令の遵守の中で、期限までに必ず荷を届けるという責任感も求められます。 そのため、トラックドライバーの志望動機には、心身ともに健康であること、強い責任感があることをアピールしましょう。 *志望動機の例文* 長距離トラックの運転手は体力的にも精神的にもきつい仕事と言われていますが、私は中学・高校と部活動で鍛えた体力と精神力には自信があります。 また、それと同時に部活動ではチームワークの大切さを学びました。 貴社の社員教育や福利厚生など、社員に対する誠実さとチームワークをホームページなどで感じ取ることができ、トラック運転手として働くならば、ぜひ貴社でと応募させていただきました。 バスドライバーの志望動機 バスドライバーも、タクシードライバー同様、単に「運転が好き」というだけでなく、交通規則や法令を遵守し、お客様の命を預かっているという自覚と緊張感をもって運転することが求められます。 また、お客様に対して笑顔で接することができるなど、コミュニケーション能力も必要なため、志望動機に盛り込んでおくと良いでしょう。 *志望動機の例文* 幼い頃からバスの運転手になりたいというのが夢で、昨年大型二種免許の資格を取得しました。 私の地元では貴社のバスは必要不可欠な存在で、私自身もよく利用してきました。 その際、「お客様第一」をモットーにした丁寧なサービスに感動し、私もそのサービス提供に貢献していきたいと思い、志望させていただきました。 状況別ドライバーにおすすめの志望動機は? 状況に応じて、志望動機の書き方も異なります。 職業ドライバーとしての経験がない場合、経験者であり転職する場合の志望動機の書き方を見てみましょう。 未経験者 「未経験可」のドライバーの求人募集は比較的多くみられます。 ドライバーは不足していることが多いため、広く募りたいからです。 ドライバー経験者は優遇されることも多いですが、未経験者でも採用されにくいわけではありません。 ドライバー未経験者の志望動機は、仕事に対する熱意や責任感、安全運転の姿勢、十分な体力、異業種だが前職で培ったスキルの活用、などを盛り込みましょう。 自分の「これだけは負けない」というものを一つ持ち、それを志望動機でアピールできれば強みとなります。 求人に応募する際は、ミスのないよう丁寧に書類を作成しましょう。 その書き方で、人間性が分かります。 写真は三ヶ月以内に撮影されたものを使う、修正ペンを使わない、など、最低限の常識は身に着けておくべきです。 履歴書 履歴書は読みやすい大きさで丁寧に書きましょう。 パソコンなどで記入しても良いですが、少なくとも日付と氏名だけは手書きで書きましょう(日付は西暦ではなく、元号を用います)。 写真はその人の印象に大きな影響を与えるため、明るくかつ真面目な表情の証明写真を選びます。 スナップ写真などは使用しません。 持っている資格は取得順に記入します。 免許取得のために、勉強中などのものも記入しておきましょう。 また、希望職種も記入しておくと熱意が伝わりやすいです。 志望動機は前述したとおり、自分の強みを生かした、熱意あるオリジナルの文章を書きましょう。 事前に志望する会社の経営方針などの情報を得て、志望動機に盛り込むことも重要です。 職務経歴書 職務経歴書は、原則としてすべての入社・退社歴を書き、社名・部署名・役職・職務内容も書きましょう。 特に、業務内容はアピールポイントになります。 虚偽のないよう、事故歴なども正直に入力しましょう。 一般的にアルバイト経験は記入しませんが、応募する職種に関連したり、プラスに働くものは書いておきましょう。 退職理由は、「一身上の都合により退社」が一般的ですが、「会社倒産」など簡潔に表現できる場合は記入しましょう。 在職中の場合は、「現在に至る」、職務経験がなければ、「なし」と記載します。 ドライバーの面接での志望動機の答え方は? ドライバーの面接では、特段回答に困るような質問はないでしょう。 主な内容は、運転技術や免許についての確認、健康面などです。 結局、ドライバーは人柄が重視されるため、履歴書では確認できない人柄が面接では確認されます。 誠実であるか、責任感が強い人かを見られ、合否の判断材料となるでしょう。 面接時、志望動機については、ドライバーの業務への熱意など、履歴書に書いた内容を押さえておき、さらに言葉使いや身だしなみに気を付けて挑みましょう。 職業ドライバーになろう! 採用担当者は、履歴書や面接時の志望動機をしっかりと注目しています。 ドライバーの仕事は人の命を守る安全運転、法令順守は当然ですが、それと同時に、タクシードライバーやバスドライバーは接客業でもあります。 最低限の一般常識はもちろん、笑顔でお客様と接するなどコミュニケーション能力やサービス精神も求められます。 また、ドライバーの仕事は心身共に健康でなければ勤まりません。 時によって、過酷な勤務状況になることもあります。 体力・精神力を鍛え、それを志望動機でアピールしましょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の