ツルネ 感想。 『ツルネ ―風舞高校弓道部―』公式サイト

『ツルネ 風舞高校弓道部』アニメ紹介・感想~人気小説が原作|桃の甘味処 乙女ゲームおすすめ恋愛アプリ紹介

ツルネ 感想

NHK総合テレビ: 日 24:10~ 関西地方は同日24:50~ 配信 : 月 24:00~ : 水 12:00~ アニメ放題: 水 12:00~ 『ツルネ』ストーリー紹介 地元の公立高校・風舞高校へ入学した鳴宮湊。 入学早々、顧問のトミー先生から 弓道部に勧誘され、幼馴染の竹早静弥、 山之内遼平は入部を快諾する。 とある思いから入部を断っていた湊だったが、 遼平に押し切られる形で弓道部の説明会へと 足を運ぶと、そこには如月七緒、 小野木海斗らの姿もあった。 貴重な弓道経験者ということで、 トミー先生の指名によって湊は急きょ、 参加者の前で射を披露することになるが、 矢は的には当たらない。 湊は弓引きにとって重大な病を抱えていた……。 湊、静弥、遼平、七緒、海斗。 母と見た弓道の試合に魅せられ 小学校から弓道を始めた。 あることが原因で弓道から 離れようとしているが…。 竹早静弥 CV:市川蒼 風舞高校一年生。 湊の幼馴染で親友。 大人びた性格だが、湊のことになると 冷静さを欠くことも。 山之内遼平 CV:鈴木崚汰 風舞高校一年生。 明るく人懐っこい性格。 湊、静弥とは小学校の友達同士。 部員の中では最も経験が浅い。 如月七緒 CV:矢野奨吾 風舞高校一年生。 「メッハー」という謎の挨拶をし、 派手な見た目で軽く見えるが 物事を冷静に判断できる人物。 小野木海斗 CV:石川界人 風舞高校一年生。 苦労人気質の熱血漢。 弓道に真剣に取り組んでいるからこそ 弓道から逃げた湊を仲間と認めない。 滝川雅貴 CV:浅沼晋太郎 湊が夜、弓道場で出会った謎の男。 誰もいない弓道場で 一万射を目標に弓を引いている。 藤原愁 CV:小野賢章 桐先高校一年生。 湊と静弥の中学時代のチームメイト。 強豪・桐先高校でも 抜きん出た実力を持っている。 『ツルネ』観どころポイント! 少年たちの熱い青春ストーリー! 『ツルネ』は風舞高校の 5人を主軸においた 青春弓道ストーリーです! 「弦音」=ツルネ 矢を放ったときに鳴る弦の音。 湊にとって、弦音が全ての 出会いの始まり。 主人公の湊は過去の出来事から 大好きな弓道を離れていましたが 雅貴、通称マサさんと出会ってから 変わっていきます。 湊は誰よりも弓道が大好きな まっすぐな性格をしています。 まっすぐすぎて思い悩むことも ありますが、徐々に弓道と 自分に向き合っていく姿は 胸を打たれます。 使用画像の転載・配布等は禁止しております。 該当画像の転載・配布当は禁止しております。

次の

【ツルネ】のあらすじ・キャラクター・声優・腐女子情報・原作などを一挙にまとめてみた!!【2018秋アニメ】 #ツルネ

ツルネ 感想

弓道ならではの所作に惹かれる アニメ「ツルネ-風舞高校弓道部-」は、アニメならではの強みを活かし、弓道ならではの所作がたくさん見られます。 普通に生活していたら、弓道の所作を目にする場面なんてそうそうありませんから、私はそれだけでもかなり新鮮味を感じました。 私自身、弓道を見たのは国体の競技場に観に行ったときくらいですからね~。 弓を射るときの動作はもちろんのこと、入場から退場までの一挙手一投足がとても新鮮で、ずいぶんと興奮したものです。 実際、その国体のときの弓道場はずいぶんと一般の人で賑わっていましたしね。 そんな弓道の美しい所作をまさかアニメで見る日が来ようとは。 「ツルネ」を見ているとそのときの国体の記憶が蘇ります。 それだけ弓道の所作には惹かれるものがある、ということなのでしょうね。 私は弓道経験者ではありませんが、アニメ「ツルネ」は弓道の所作をしっかりと描いていると思います。 応援したくなるタイプの主人公 主人公の鳴宮湊(なるみや みなと)は風舞高校の1年生。 湊が弓道をはじめたきっかけは、母に連れられて見た弓道の「弦音(つるね)」の音に惹かれたから。 なかなか渋いきっかけだと思います。 めきめきと頭角を現し、実力を身につけていくのですが、中学生最後の試合で「早気(はやけ)」にかかってしまい敗退。 「早気(はやけ)」というのは野球のピッチャーでいうところの「イップス」のようなもので、頭ではわかっているはずなのに、反射的に矢を早すぎるタイミングで離してしまう症状のことをいいます。 この「早気」、はたから見るとたいしたことないように思ってしまいがちですが、人によっては10年以上も治せないこともあるくらい、克服が困難なものだそうです。 「早気」は精神的なものなので、人によって克服する方法はまちまち。 ひょっとしたら一生治すことが出来ないかも知れない。 一度は弓を置いた主人公・湊が、ふたたび弓を取るまでの過程はなかなか引き込まれるものがありましたね。 湊は間違いなく応援したくなるタイプの主人公だといえるでしょう。 まとめ アニメ「ツルネ-風舞高校弓道部-」のアンコール放送を視聴した感想について書きましたが、いかがだったでしょうか? 放送局がNHKということと、制作が京都アニメーションということで、作品としてのクオリティは文句なし。 ラックライフが担当するOPテーマ「Naru」も若々しい力強さに満ちていて、「ツルネ」という作品にぴったりだと思います。 「ツルネ」を見て弓道やりたくなった人も結構いるんじゃないでしょうか。 アニメ「ツルネ」は全13話ということで、この記事を書いている時点ではのこり2話。 とりあえず第12話が放送される2019年1月14日(月)までに、11話までのアンコール放送分をしっかりと視聴して、第12話に臨みたいと思います。 また一ついい作品に出会ってしまった。

次の

2018年秋アニメ「ツルネ ―風舞高校弓道部―」【7話】の”感想”や”反響”を紹介!

ツルネ 感想

ストーリー [ ] 鳴宮湊は、中学最後の弓道部の試合で負けてから弓道を辞め、風舞高校に進学する。 だが、「夜多の森(やたのもり)弓道場」で凄腕の射手 滝川雅貴と知り合ったのをきっかけに再び弓道に向き合うことを決め、風舞高校弓道部に入部する。 目指すは、県大会優勝。 登場人物 [ ] 声の項はテレビアニメ版の。 風舞高校弓道部 [ ] 湊の家の近くにある公立高校。 鳴宮 湊(なるみや みなと) 声 - 風舞高校1年生。 母と見た弓道に魅せられ、小学生のころ弓道をはじめた。 中学生最後の試合に早気にかかってしまい、それが原因で試合は敗退。 そのため、高校に入ってからは弓道から離れようとしていた。 しかし、雅貴と出会ったことがきっかけでやり直そうと決心し、弓道部に入部する。 小学6年生のときに母親を交通事故で亡くし、現在は父親と二人暮らし。 静弥とは幼馴染で親友。 竹早 静弥(たけはや せいや) 声 - 風舞高校1年生。 弓道部部長。 面倒見が良く大人びた性格だが、湊が絡むと冷静さを欠くこともある。 湊とその母親の交通事故を目撃しており、その事もあってか、湊の怪我に対して敏感。 湊を追いかけて私立の高校から県立高校に移籍するなど、過保護な面をみせている。 普段は眼鏡をかけているが、弓を引くときはコンタクトにしている。 山之内 遼平(やまのうち りょうへい) 声 - 風舞高校1年生。 人懐っこい明るい性格。 湊と静弥とは、小学校時代を共に過ごしていた。 その後転校し、湊たちと再会する。 部員の中では弓道の経験が最も浅い。 同部活に所属する七緒と仲が良い。 如月 七緒(きさらぎ ななお) 声 - 風舞高校1年生。 海斗のいとこ。 校内にファンクラブが存在するほど女子に人気がある。 派手な見た目で軽い男に見えるが、実は物事を冷静に判断することができる。 小野木 海斗(おのぎ かいと) 声 - 風舞高校1年生。 弓道に真剣に取り組んでいるため、一度弓道から逃げた湊に何かとつっかかる。 性格や物言いがかなりきつく、協調性があるとはいいがたい。 動物に懐かれやすい。 森岡 富男(もりおか とみお) 声 - 現弓道部員達が入学したのと同じ年度に風舞高校に赴任して来た教諭で、弓道部顧問。 長らく休止中だった弓道部を再興した。 風貌や性格が好好爺然としており、腰痛のため弓を引く機会は少ないが、「鬼の射手」と称されている。 弓道六段。 白菊 乃愛(しらぎく のあ) 声 - 妹尾 梨可(せお りか) 声 - 花沢 ゆうな(はなざわ ゆうな) 声 - 桐先高校弓道部 [ ] 私立中高一貫校の弓道部。 藤原 愁(ふじわら しゅう) 声 - 桐先高校1年生。 祖父がイギリス人。 貴族の血を引く家系で華やかで風格のある射をし、周囲から「貴公子」と呼ばれている。 湊と静弥とは中学時代のチームメイト。 本村 宏樹(もとむら ひろき) 声 - 桐先高校3年生。 弓道部主将。 遼平と図書館で会った際に早気について聞かれ、中崎を紹介した。 佐瀬 大悟(させ だいご) 声 - 桐先高校3年生。 菅原 千一(すがわら せんいち) 声 - 菅原 万次(すがわら まんじ) 声 - 椛島(かばしま) 声 - 湯島(ゆしま) 声 - その他 [ ] 滝川 雅貴(たきがわ まさき) 声 - 夜多神社の神職で、湊が夜多の森弓道場で出会った男性。 その後、森岡顧問に請われて風舞高校弓道部コーチに就任。 弓道の腕は超一級で見目麗しいが、何かとオヤジ臭い。 滝川 蓮(たきがわ れん) 声 - 雅貴の義理の兄で、絵本作家。 カメラマンはその取材用の姿である。 雅貴からは「蓮」と呼ばれている。 西園寺先生 さいおんじせんせい 声 - 湊と愁の師匠。 雅貴の祖父と知り合いで弓道の権威者だったが、最近は公の場にも滅多に出ていない。 中崎 なかざき 声 - 中崎弓具店の店主。 用語 [ ] 「」も参照 弦音(つるね) 矢を放った際、弦が弓を打つと鳴る音。 同じ人物が同じ矢を使用しても鳴らないことがあり、天気や射手の状態の影響を受けやすい。 体配(たいはい) 射場への入場から、弓矢を構え、矢を放つまでの基本になる一連の所作や姿勢 手の内 弓を構える際に持つ部分 握り部 の握り方 立(たち) 試合における対戦回数の単位(バスケットなどに於ける「第1クオーター」などの感覚に近い)。 「一立(ひとたち)ニ立(ふたたち)... 」と数え、最大でも五立の場合が多い。 試合の勝敗は立ごとの勝敗数、または全ての立の合計的中数によって決まる、どちらの場合かは試合形式により異なる。 一立で引く矢数は四矢であるが、的中数が引き分けている場合一手競射によって勝敗を決する。 皆中(かいちゅう) 放たれた全ての矢が的に命中すること。 主に一立で四矢(よつや)全て中てた場合このように言う。 試合の際などはチームメイトや対戦相手、観客などが拍手を送る事もある。 一手(ひとて) 一度に引く矢数が2本であること。 甲矢(はや)・乙矢(おとや)で一組であり、必ずこの組み合わせで持って射位に入る。 四矢の場合は甲矢と乙矢を二組持って射位に入る。 試合に於いて一手競射になった場合、二本とも的に的中することを「一手皆中」という。 本座・射位 弓を引く際の立ち位置。 まず本座に立ち、的に向かって「揖(ゆう)=一礼」をした後、三または五歩で射位へ進み立つ。 この時的に向かって体を横向きに、射位が体の中心にくるように立つ。 これが射法八節の「足踏み」となる。 弓返り(ゆがえり) 離れで弦から手を放した際、弓が手の内を軸に回転し弦が手の甲側へ回転すること。 手の内が正しく、最後まで崩れず、正しい体配で弓を引けていると綺麗に弓返りし、未熟であるほど上手く弓返りしないとされる。 早気(はやけ) 自分の意思に反して、「会」 「」内解説を参照 をする前に矢を放つこと。 射手として深刻な病でに似ているという。 また、会まできて間もなく弦を放してしまい、十分に伸び合う(会の状態を保つ)事が出来ていない場合も早気とされる。 既刊 [ ]• 綾野ことこ(著者)・森本ちなつ(イラスト)KAエスマ文庫〈京都アニメーション〉• キャッチコピーは「 その一射が、全ての《出会い》の始まりとなるーー」 、「 もがく、青春!」。 スタッフ [ ]• 原作 - 綾野ことこ• 原作イラスト - 森本ちなつ• 監督 - 山村卓也• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン -• 総作画監督 - 丸木宣明• 美術監督 - 落合翔子• 3D美術 - 篠原睦雄• 色彩設計 - 秦あずみ• 小物設定 - 唐田洋• 撮影監督 - 船本孝平• 3D監督 - 山本倫• スーパーバイザー -• 編集 - 重村建吾• 音響監督 -• 音楽 -• 音楽制作 - 、ハートカンパニー• 音楽プロデューサー -• プロデューサー - 髙島龍平、中村伸一、鈴木めぐみ、斎藤滋• 企画プロデューサー - 八田英明• アニメーション制作 -• 明見裕子• 高瀬亜貴子 湊は射手の滝川雅貴に会うため、弓道場を訪ねるようになる。 滝川は一万射を目指して弓を引いていた。 弓道部では来月の県大会予選の話になるが、静弥は団体戦への出場を希望し、湊を誘うが拒否される。 湊は滝川に早気で悩んでいることを打ち明ける。 滝川も高校3年の時早気になったことを語り、「弓は仲間と引くもの」と教える。 夕方弓道場を訪ねた湊は、滝川は1年前に亡くなっていると聞き驚く。 その夜、弓道場にいた滝川を幽霊と思い込んだ湊は「マサさんの射が好きだから消えないで」と懇願するが、亡くなった人物は人違いとわかる。 滝川は最後の一万射を湊に引かせる。 湊は滝川と弓道を辞めないと約束する。 第三話 出会いの矢先 山村卓也 角田有希 湊は今までの態度を謝罪し、弓道部に入部する。 静弥たちは歓迎するが、生真面目な海斗は反発する。 遼平は早気を治す方法を調べ、弓具店店主から早気に悩んだ知り合いの日記を譲ってもらう。 湊は滝川から早気を治すための記録ノートを譲られ、朝練をはじめた。 遼平と七緒は、海斗と湊を和解させるため、海斗を早朝学校に呼び出す。 道場が毎日掃除されているのを不審に思った白菊たち女子部員も集まる。 湊は静弥に弓が本当に好きだからプライドを捨てて戻ってきたと語る。 隠れて話を聞いた海斗は遼平にも説得され、しぶしぶ湊を部員と認める。 団体戦出場を控え、富川はコーチを紹介。 あらわれたのは滝川だった。 第四話 合わない 筈 ( はず ) 横手美智子 澤真平• 角田有希 合宿2日目。 下僕になった男子部員は雑用ばかりさせられ、練習させてもらえない。 買い物に行った湊たちは、川に落ちた七緒の帽子を取りにいき、ずぶぬれになって帰ってくるが、部員同士連帯感が生まれてくる。 翌日、森岡から団体戦の立ち順が発表され、湊は最後の射手「落ち」に選ばれる。 第六話 弓引く 理由 ( わけ ) 横手美智子 高瀬亜貴子 テスト期間中、部活動は一週間休みになる。 休み前の練習日、海斗は滝川に弓返りができないと相談する。 弓道の強豪校・私立桐先高校では県大会予選出場選抜が行われ、一年生の藤原愁、菅原千一・万次兄弟が選ばれる。 森岡と飲みにいった滝川は厳しかった祖父への思いを語る。 テスト明け、県大会のプログラムを見た湊は愁の名前を見つける。 第七話 再、会 吉野弘幸 北之原孝將 岡村公平 県大会一日目は個人戦。 会場に来た湊は桐先の千一・万次兄弟に早気をからかわれる。 桐先中等部出身の湊と静弥は、愁とも再会する。 個人戦には女子部員と海斗・七緒が出場。 熱を出した白菊は実力を発揮できず、海斗も弓返りと愁を意識しすぎて的をはずす。 瀬尾は本選進出。 湊は子どものとき愁と出会って弓を始めたことを思い出す。 第八話 矢を向けて 吉野弘幸 石立太一 太田稔• 丸子達就• 岡村公平 滝川と森岡の話を立ち聞きした湊は、滝川が祖父への「復讐」のため風舞のコーチを引き受けたと知る。 滝川は祖父・八坂八段と親しかったという西園寺のことを調べ、自宅を訪ねるがそこで湊と鉢合わせする。 西園寺の弟子だった湊は、弓を再開したことを報告。 西園寺は滝川に青森の弓引き・大曾根を訪ねることを勧める。 滝川は湊に、早気を責められて祖父と絶縁したこと、早気を克服したが祖父が亡くなり弓を引く意味を失ったこと、弓をやめるため一万射を引き始めたが、湊に出会い最後の射を引かせることで再スタートし、祖父のような指導者にならないのが復讐だと明かす。 滝川は大曾根に連絡を取ったが誘われたのは県大会前日の日。 事情を知った部員たちは、滝川を送り出す。 だが県大会当日、滝川が交通事故にあったとの知らせが入る。 第十二話 五本の矢 吉野弘幸• 門脇未来• 池田和美• 丸子達就• 角田有希 風舞は決勝トーナメントを勝ち進み、ついに桐先と対戦する。 接戦の末、風舞は桐先に勝利する。 病院を抜け出した滝川は会場にかけつけ、試合を終えて喜ぶ部員たちを見守る。 夜の夜多の森弓道場。 怪我が治った滝川は湊に青森の話と祖父の思い出を語り、「一万射を返してもらう」と弓を引く。 『ツルネ-風舞高校弓道部-』公式サイト. 2017年10月28日閲覧。 2018年8月9日閲覧。 『ツルネ-風舞高校弓道部-』公式サイト. 2017年10月28日閲覧。 MANTANWEB 2017年10月23日. 2018年10月3日閲覧。 NHKアニメワールド. 2018年6月29日閲覧。 アニメ公式サイトから• アニメPV第4弾、宣伝ポスターより• ラックライフ OFFICIAL WEBSITE 2018年8月5日. 2018年8月6日閲覧。 2018年10月20日閲覧。 2018年8月7日閲覧。 2018年10月20日閲覧。 2018年11月12日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 2019年1月20日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の