俺 だけ レベル アップ な 件 48。 俺だけレベルアップな件48話のネタバレ/感想|レッドゲートに閉じ込められた旬たち|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

俺だけレベルアップな件48話のネタバレ/感想|レッドゲートに閉じ込められた旬たち|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

俺 だけ レベル アップ な 件 48

レイド参加者 A級(上原悠馬)、B級7人、C級4人、E級2人(旬と葵) A級新人の上原悠馬は、見学に腹を立てている模様。 メンバーがゲートをくぐると、ゲートがレッドゲートに変化。 旬は宍戸課長に、メイン攻撃隊への連絡をお願いしながら、そのままゲートに飲み込まれる。 宍戸から連絡を受け驚く、白虎ギルド社長、白川大虎。 48話 諸菱と旬を探す、S級ハンター 右京将人。 時速100㎞なら走ったほうが早い、常識から外れております。 そして、銀世界のレッドゲート内の中。 動揺する面々を奇襲するアイスエルフ。 C級のはずのダンジョンは、B級~A級のレッドゲート、たいしてA級ハンターは上原一人。 全滅してもおかしくない面々、孤立したゲート内で、果たして旬たちは生き残れるのか。 49話 A級の上原ハンターは、二手に分かれ、強いハンターのみでダンジョンをクリアすることを提案。 弱いC級以下のハンターはお荷物だと見捨てられ、旬と行動をともにする。 果たして、ギルドの教育を受け期待を背負う上原ハンターと、E級の旬、どちらがメンバーを率いて生き残れるのか。 ダンジョンの外では、宍戸課長が、白川ハンターに旬が再覚醒者かもしれないことを告げる。 そして登場する右京将人に殺気立つ白川ハンター。 50話 数匹のアイスベアをほぼ一人で倒す上原ハンター。 メンバーはアイスベアの肉を切って食料にしようと提案するも、油断するなと却下。 一方、アイスベアの縄張りである森の中に進む、旬たち。 理性のアイスエルフよりは、アイスベアのほうが良いとの、旬の判断。 旬は、メンバーの防寒着を用意。 代わりに、何も聞かず、何も要求しないよう、告げる。 現れたアイスベアを素手で1撃で倒す旬、レベルアップ。 そしてみんなで焚火の傍でクマ肉を味わう。 別行動する旬、デイリークエストをこなした後、影の軍団の力試しに、アイスベアの巣へ一人で向かう。 51話 強力な火力の魔法兵、再生力の高い歩兵、マナは大量消費するものの、影の兵士は大活躍。 アイスベアのボスの登場、魔法兵や歩兵は一撃でヤラレたが、イグリットが圧倒の強さでアイスベアを倒す。 イグリットのパワーは、今の旬より上かもしれない。 アイスベアを一掃したのち、旬はアイスベアとアイスベアのボスの影も抽出。 そして、ダンジョンの外では、旬の存在をめぐり、右京ハンターと白川ハンターが一触即発。 一方、上原ハンターたちは、雪男とアイスエルフの攻撃に、上原ハンター以外全滅。 食料があれば負けなかったと、嘆く上原ハンター。 52話 一触即発の右京ハンターと白川ハンターを、犬飼課長が間に入って止める。 水篠ハンターはE級に間違いないと、右京ハンターを説得。 上原ハンターは、なぜか団欒している低級ハンターたちに逆切れ。 旬に一撃でやられる。 そして現れるアイスエルフの軍団とボス。 なぜかアイスエルフと話せる旬。 ボスの話し中に、旬が攻撃を仕掛け、次回から戦闘が始まります。 53話 ボスは旬に対し、「どうして人間でもないのに人間の間に混ざっているのだ」と問う。 どうやらモンスターには、システムから人間を殺せとの指示が、来ている模様。 また、予期せぬ返答に対しては、エラーが起こるようだ。 旬は、ボスの提案を断り、アイスエルフの軍団VS影の軍団の戦いが始まる。 強敵のバルカに対して、旬とイグリットが協力しても勝つことは難しい。 そして、バルカの攻撃のタイミングで、上原ハンターが目を覚まし、旬を攻撃しようとする。 その上原ハンターを、イグリットを使い殺す旬、容赦ない。 54話 旬は、殺した上原ハンターの影を抽出、アイアンと名付ける。 素早いバルカのスピードについてけない、アイアン。 だが、旬は影の軍団と連携し、バルカと闘う。 アイスエルフの軍団は、影の軍団に倒され、バルカは一人になるも強気で旬に攻撃を仕掛ける。 だが、アイアン、魔法兵との協力で、バルカを倒す旬。 レベルが2アップ。 ダンジョンクリア、喜ぶメンバーたち。 55話 開かれるレッドゲート、白川ハンターは上原ハンターのおかげと思うも、、、戻ってきたのは下級ハンターとB級ハンター一人。 白川ハンターは旬に脅しをかけて事情を聞こうとするも、動じず強気に言い返す旬。 この件を機に、白川ハンターは、旬と契約するように宍戸課長に指示を出す。 旬の機嫌が悪かったのは、どうやら強敵バルカの影の抽出に失敗したからのようだ。 深夜3時にゲートを出て帰宅したのち、寝ずに諸菱ハンターとレイドに向かう旬とりん。 2人の関係を怪しむ諸菱ハンターが面白い。 感想 旬のイメチェン、、、!最高、、、! なんか、ちょっとずつ周りにもいろんな面で認められるようになっているの、嬉しいですよね。 そして、影の軍団を率いたレッドゲート編、めちゃめちゃ面白かった!!! アイスベアに、アイアンに、頼もしい影の軍団が増えましたね。 躊躇なく上原ハンターを殺した旬には、驚きましたが^^; バルカの短刀がA級だったし、おそらく今回のレッドゲートはA級レベル? 強敵のバルカに一人で勝つことは難しかっただろうし、旬の実力は、まだS級には届かないのか?届いているのか? 少なくとも、A級の上原ハンターよりも、はるかに旬は強くなっていることが分かりました。

次の

【原作小説132話】俺だけレベルアップな件/英語版翻訳

俺 だけ レベル アップ な 件 48

こんにちは、俺レベ沼に落ちたmizです! このページでは、 俺だけレベルアップな件の登場人物をまとめています。 職業やランク、分かる範囲で年齢も書いています。 英語版で読んでいる方用に、英語表記も載せております。 先行話の登場人物の記載もありますので、 ネタバレにはご注意ください。 80話超えたあたりから、ワールドワイドに話が進んでいくので、登場人物を国別に分けております。 ピッコマでは日本舞台ですが、原作は韓国舞台なので、日韓の設定が少々ややこしくなります。 原作では韓国と共闘・対立する立場で、架南島レイド編から日本が出てきます。 ピッコマではこの隣国を、 韓国ではなくDFNとしています。 (ピッコマ56話参照) 左から、 旬・賢太・最上・白川・後藤・犬飼・マー師範・右京・トーマスアンドレ 左から、葵、りん、観月、雫、旬、エジル 旬に振り回される女性たち。 笑 Contents• 父親は行方不明、母親は溺眠症にて入院、妹は受験生。 家族の生活を支えるため、危険なハンターの仕事を4年続け、何度も死にそうになってきた。 もともと人類最弱兵器と言われていたが、隠しダンジョンをクリアしたことにより、 プレイヤーとして再覚醒。 諦めない勇気と努力で、レベルアップを続け、60話時点でも 国内トップの実力になっている。 職業:魔法使い ハンターズギルドのマスター。 最終兵器と呼ばれる。 炎の魔法を使いこなし高い実力を持ち、ギルドの運営能力も長けている。 10年前、ゲートに閉じ込められた。 右京将人を簡単に打ち負かすほどの強さを持っている。 右京将人と戦った後、行方不明。 30代半ば。 後藤会長の右腕。 隠しダンジョンの生き残りとしての旬の存在を知っており、その強さにも徐々に気づいている。 ハンターではないが、かなりの実力者。 48話 松浦良平 GO MYUNG-HWAN ランク:C 職業:武闘家 レッドゲート内の生き残り。 白川に手をかけていて、宍戸課長とは仲が良くない。 実はA級ハンターとして覚醒しているが、ハンターにはならず、モデルの仕事をしている。 賢太を姉的存在。 輝かしいハンターデビューの邪魔をした旬を、敵対視?笑 死神ギルドに所属。 採掘チームメンバー 気の良いチーム長の石田、旬の指導係の木山、意地の悪い堀口、その他。 エリートが揃うハンターズギルド内で、Bチームのリーダーを務め、AランクとBランクのハンターをまとめる。 チーム内のA級ヒーラーと出来てる説ありw チームメンバーの名前は出てきませんでしたが、みんな個性的で良い人たちばかりでした。 知名度の高い韓流スターハンターの友谷を獲得。 89話 颯樹ハンター ランク:S 架南島レイドで、白川と美濃部の前で亡くなった、S級ハンター。 美濃部が第一線を退くきっかけ。 オールバックで髭を生やした、60歳前後の男性。 旬を獲得するよう、マイケルに指示。 旬の獲得に全力で動く。 国際レベルの強さを持つ。 右京将人の兄を殺した旬に、復讐を考えている。 旬の動向、およびアリ討伐の件で、83話でハンター協会を訪れる。 107話 Liu Zhigang 長髪の中国人ハンター ランク:国家レベル 中国のヒーロー、両刀使いの肉体派戦闘系ハンター。 一振りでアリの大群を倒す強さ。 旬の獲得のため、オフィスも訪れている。 SELNER 覚醒者の能力値を上げることのできる、謎の覚醒者。 46歳のアフリカ系アメリカ人。

次の

漫画「俺だけレベルアップな件」各エピソードネタバレ一覧|最新話まで

俺 だけ レベル アップ な 件 48

俺だけレベルアップな件48話のネタバレ 右京は旬を探す 日本ハンター協会の監視課の犬飼が、右京を車に乗せ走る。 犬飼は、S級ハンターを乗せるのだから、もっといい車をご用意すべきだと謝ると、確かにこのスピードなら走った方が速いという右京。 右京は、兄 隼人の葬式はどうなったと尋ねる。 遺体は回収できなかったが、葬儀はしめやかに行ったと言う犬飼は、墓参りに行くか尋ねるが、死んだ人間に興味はないという。 それよりも、旬の方が気になるという右京は、ダンジョンに向かうよう犬飼に指示。 犬飼は数あるゲートの中から2人を見つけ出すのは無理だというが、今は21世紀、すぐに見つかるといい、スマホをチェックする。 旬は今、ダンジョンにいるとの情報を掴んだ右京。 そして 右京は、ダンジョンで俺が奴らを埋葬しようが、監視課は気づかないフリをすればいいと告げるのでした。 アイスエルフに襲われる旬たち その頃、旬たちはゲートに入ると、そこは雪山だった。 ホントにダンジョンの中なのかと戸惑う一行。 怪しい気配は感じられない。 まさか異世界に通ずるゲートだったのか? バシュッ その時、氷の矢が旬たちに降り注ぐ。 「奇襲だ!木の上!あそこにいる!」 遠くにある木の上には、2人のアイスエルフの影が確認できる。 旬は、この距離なら気づけるわけがないと言う。 戦ったことがないハンターはアイスエルフ呼び、戦ったことがあるハンターは別の名で呼ぶと言う。 エルフという美しい名前の裏に隠された残酷非道な姿からつけられた呼び名「白鬼 びゃっき 」と。 ゲートを見た白川は… その頃、ゲートには白虎ギルド社長、白川大虎がやってくる。 白川は協会に連絡したのか宍戸に尋ねるが、協会は間違いなくC級だったと言い張るだけだと言う。 レッドゲートは上級ダンジョンでしか開かれることがない。 ゲートの向こうには異世界が広がっているのに、C級レベルの魔力しか検出されなかったのかと白川は推察する。 そして、 目の前にあるゲートは最低でもB級。 運が悪ければA級。 下手すればそれ以上もあるという白川。 宍戸は魔力測定器で測りましょうかと尋ねますが、レッドゲートになると魔力が漏れ出てこないので、測定は不可能。 こうなるとどの程度のランクなのかわからないのだと白川は語る。 白川は、中に入ったハンターのランクを確認する。 BならA級ハンターが最低でも3人以上、AならS級ハンターが1人、あるいはA級ハンターが10人以上必要だという。 すなわち、ゲートがA級以上なら、全滅する可能性が極めて高く、運が良くてもAやB級が2~3人生きて出てくるだけだろうと語る。 すると宍戸は、自分が最近目を付けているハンターも中に入ったことを話す。 食い入るようにランクを尋ねてくる白川に、 宍戸はE級だと答えるのでした。 孤立した一行 一方ダンジョンでは、 アイスエルフが放った矢によって、グループの中で一番弱い2人が射抜かれたことに、旬は、完全に見抜かれていると感じる。 アイスエルフは旬を挑発し、山奥へと姿を消すのだった。 上原は、ここはレッドゲートの中で、全員死ぬか、ダンジョンブレイクでゲートが開くまでは誰もここに入ってこれないと言う。 レッドゲートについて、旬に尋ねるヒナ。 レッドゲートは異次元に繋がる特殊なゲートで、一度足を踏み入れると外部と完全に遮断され、助けが中に入ることもできない。 ボスを倒すか、ダンジョンブレイクが起こるまで、外には出られないと話す。

次の