大人 に なれ なかっ た 弟 たち に。 国語の問題がわかりません。『大人になれなかった弟たちに…』という教...

「大人になれなかった弟たちに…」

大人 に なれ なかっ た 弟 たち に

はじめに 中学国語1年(光村図書)の「大人になれなかった弟たちに……」(米倉斉加年)の教材研究です。 戦争、家族、命といったテーマだけでなく、作者の思いが表れる表現にも着目し、 自分と他者、社会との関わりについて考えるきっかけになる単元になればと思います。 1 題名や表現について なぜ題名は「弟たち」と複数になっているのか? 「弟たち」と複数形にしている理由は、ヒロユキの他にも、 同じように戦争や栄養失調で死んでしまった幼い子ども、乳児がたくさんいたことを表すためであると考えられる。 『ちいちゃんのかげおくり』(光村図書 小学 3下)で「ちいちゃんの命」ではなく、「こうして、小さな女の子の命が、空に消えました」という表現も同様。 板書で比較すると考えやすい。 なぜ「ヒロユキ」はカタカナ表記なのか? 「ヒロシマ・ナガサキ(被爆地)」と同じく、 平和や戦争に関連する事柄として普遍化し、特別な意味を持たせるためだと考えられる。 誰にどんな思いを伝えようとしているのか? 戦争へ:空襲で街(物)を壊すように、子どもたちを殺すことへの怒り。 大人へ:未来をつくる子供を奪うことは何を意味しているのか、問いかけているようだ。 (子どもを守るために耐えるのは母、守るために戦うのは父、といった時代の性別観も感じられる) 子供へ:戦争が何かも分からない年齢の子でさえ、命の奪い合いに巻き込まれることの理不尽さ。 (大人に「なれなかった」のだ) 2 情景描写ー美しさが深い悲しみを表す 疎開:「美しい青空」「桃の花が咲く山村「桃源郷」 母にたくさんあゆを食べてもらえると喜ぶ 「僕」の胸の高鳴りが、これから始まる苦しい生活や弟の死、 喪失感を際立たせている。 小学校では、「スイミー」「ちいちゃんのかげおくり」などの作品にも同様の仕掛けがある。 弟の死:「空は高く高く青く澄んでいました」「青空にきらっきらっと機体が美しくかがやいています」「歩いているのは三人だけです」 広い青空(明)と小さな三人(暗)を対比的に表し、ヒロユキを失った 空虚感を表現している。 死んだ弟も「そこにいる」一人に数えることで、 三人で家族という一体感と同時に、弟一人だけ別世界にいるような虚しさを感じさせる。 3つの美しさ 「美しい顔」ー強い顔、悲しい悲しい顔、子供を必死で守る母の顔 「美しい青空」ーあゆ、桃源郷 「美しく輝く機体」ー死んだヒロユキを負う母と毎日のように爆弾を落とすB29 戦争という灰色の世界に、色ではなく 「美しさ」という言葉で何を示しているのだろう。 3 主題を考える視点 「栄養失調」と「空襲の爆撃」 栄養失調 死の際にみんなが周りにいた。 幼い子供が先に犠牲になる。 戦争がもたらすひもじさによるもの。 食料を手に入れるために、人は優しくも残酷にもなる。 (母の献身、ミルクを盗み飲みする「僕」、親戚) 死は本人の内側から発生する。 「もっとこうしていれば、、」と自分が悔やまれる余地がある。 空襲 死の際にばらばらになってしまう。 対象は大人も子供も無差別。 殺される。 戦争を恨むしかない。 「ひもじさ」と「弟の死」 「ひもじかったことと、弟の死は一生忘れません。 」 戦争がもたらしたひもじさによって、「僕」は弟のミルクを何度も盗み飲みしてしまう。 一方、疎開先で母に毎日あゆを食べさせてあげられる生活を桃源郷のように夢見る。 食べ物から、人の卑しさも喜びも生まれている。 母親の献身もかなわず、弟は食べ物がなく死んでしまう。 「小さな小さな口」のヒロユキには、自分よりも多くの食べ物が必要だったとは思えない。 なのに、なぜ死んでしまったのか、、 大人になった「僕」と大人に「なれなかった」弟 もしかして、自分が大人になったから、弟は大人になれなかったのか。 弟を殺したのは戦争なのか、それとも、、、 弟の死に対して「僕」の思いが表現されているのは、作品最後の「ひもじかったことと、弟の死は一生忘れません。 」と「病名はありません。 栄養失調です……。 」の「……」の中だと考えられる。 弟の死に対する自責の念。 戦争への憤り。 弟に対する、自分が生きることへの責任感。 4 戦争・食料を考える参考資料 (より) 「アンパンマン」を創作する際の僕の強い動機が、「正義とはなにか」ということです。 正義とは実は簡単なことなのです。 困っている人を助けること。 ひもじい思いをしている人に、パンの一切れを差し出す行為を「正義」と呼ぶのです。 なにも相手の国にミサイルを撃ち込んだり、国家を転覆させようと大きなことを企てる必要はありません。 (中略)困っている人、飢えている人に食べ物を差し出す行為は、立場が変わっても国が違っても「正しいこと」には変わりません。 絶対的な正義なのです。 記事より引用 (1946年5月の食糧メーデーで空腹を訴えた子どもたち 記事より) 総力戦体制による軍需増強のため困窮した国民生活の中、戦前と比べ、敗戦後には子どもの全年代(6歳~18歳)の平均身長がマイナス、最大6センチも縮んだそうです。 記事では、当時の食料事情や、戦時中に国民の話題になったと言われる宰相・東条英機陸軍大将が民家のごみ箱を調べたエピソードなども紹介されています。 関連授業 記事内に何度か出てきた作品です。 「かげおくり」「空の色」を中心に、ちいちゃんの家族への思いを読み解いています。 (小学3年) 食べ物、戦争、家族愛について「目に見える、目に見えない」と対比的に捉えました。 (小学4年).

次の

教材研究 中学1年 国語 大人になれなかった弟たちに

大人 に なれ なかっ た 弟 たち に

中1国語「大人になれなかった弟たちに・・・」について。 中1女子です。 今、学校では国語の時間に 「大人になれなかった弟たちに…」という単元をやっているのですが、 少し気になったところがあるので、質問させていただきます。 考察、お願いします。 ちなみにこのお話は、筆者の弟が 太平洋戦争中に栄養失調で亡くなってしまうという話です。 ・ この文に出てくる筆者の弟「ヒロユキ」は、なぜカタカナで表記されているのか ・ 同様に、「ナガサキ」「ヒロシマ」もカタカナなのはなぜか よろしくお願いします。 補足迅速な回答ありがとうございます! 強調するためですか…参考になります。 あともう1つ、題名の最後の「弟たちに…」の「…」に 書きたかったことは何なのかが分かりません。 もし知っていたら、またはこうでないかな? というのがあれば お願いします。 私も中一女子です。 この前の中間でこの問題が出てきたこと覚えていたので・・・。 簡単ですよ! この単語のみを強調させるためです。 もし他の文と同様に、ひらがなや漢字で書いていたら、 ヒロシマやナガサキに原爆が落ちたことが強調されなくなってしまいます。 例えると、都道府県のほとんどが漢字なのに、ホッカイドウだけがカタカナだと違和感を感じますよね? 何故これだけカタカナなのかと聞きますよね。 そういう違和感を持ってもらって、聞いてもらう、若しくは考えてもらうために カタカナなんですよ。 長文失礼しました。。 補足読みました。。。 例えですが・・・友達aと友達bがいて、aが元気が無いとします。 b「どうしたの? なにかあったの?」 a「なんでもないよ・・・」 b なんかあるんだ・・・・ というような展開になると思いますが、aのなんでもないよ・・・が・・・なしだと、「近寄るな、放っておけ」的な意味合いを持ってしまいます。 しかし・・・ありだと、「言いたいことがあるから聞いてほしい、心配してほしい」と落ち込みの様子を見せます。 題名の最後の「弟たちに…」の「…」は、自分自身で考える事で、とても予想できるものかどうかも分かりません。 例を上げるならば、最後に「に」が付いていることから、手紙のような意味合いがあるのではないかと思います。 普遍化とは・・・個別的、特殊的なものを捨て、共通なものを取り出すことによって概念や法則などを引き出すこと。 ヒロシマ、ナガサキなどがカタカナになっているのはその地での固有の出来事・体験を超えて人類の普遍化な課題として提示。 普遍化・・・あらゆる場面に当てはまること だと思いますっ 分かりにくかったらすみません。 ・・・などを使うのはこの文章の特徴ですね! この後には、悲しみや強さ、怒りなどの色々な気持ちが込められていると思います。 因みに、 弟たちにと複数で表現することで戦争で犠牲になった多くの子供達に向けてます。 初めのところで 「ヒロユキと いいます 」 とありますが、これとかは現在形です。 カタカナ書きは、強調するためもありますが、普遍性を持たせるという意味があります。 広島・長崎というように漢字を使えば、ただ地名を表しますが、カタカナ書きをすることで、「原爆の被災地」であるということを一目で表したいからです。 誰もがそうだ、とわかってほしい筆者の気持ちが伝わります。 ちなみに、中学生はわからないかもしれませんが、大人であれば「ヒロシマ・ナガサキ」というカタカナ書きを見れば、「原爆に被災地」としての地名だとわかる人が多いと思います。 同様に、「ヒロユキ」の名前をカタカナで書いたのも普遍性を持たせたかったからだと思います。 題名には「弟たちに」とあります。 つまり、この文章は筆者の弟のことだけを書いたのではないことが分かります。 戦争中は「ヒロユキ」と同じように亡くなった子がたくさんいるはずです。 その代表として自分の体験談と弟のことを書いただけで、筆者の思いは自分の家族だけのことではない、という思いがこの題名やカタカナ表記に表れているのだと思います。 題名の「・・・」は、上記のことを参考に自分で考えてほしいと思います。 ちなみに、この回答は、筆者の米倉斉加年さんが教科書の指導書(先生用の参考書)に書いてあったことを参考にしています。 彼はその中で、「戦争は多くの人がなくなります。 その中でも犠牲になるのは子どもやお年寄りです。 」ということを書いています。 この言葉からも彼がこの文章を書いた理由がわかると思います。

次の

国語の問題がわかりません。『大人になれなかった弟たちに…』という教...

大人 に なれ なかっ た 弟 たち に

2 1年生の授業で、「大人になれなかった弟たちに…」を読んだ。 今日が初回。 この作品は、俳優の米倉斉加年さんが 戦争中に栄養失調で亡くなってしまった弟の話を 絵本にしたもの。 今年から教科書が変わったので、 私にとっては10年ぶりくらいに扱う教久々の教材。 まず、少し戦争の話(空襲とか配給とか…)をしてから、 教科書会社作成の朗読CDをかけた。 この作品の朗読は、米倉斉加年さん自身。 「筆者本人が朗読しているからね。 」と前置きしてから聞いた。 日頃元気な受け答えをしてくれる1年生が、 しーんとして、みんな真剣に教科書を読んでいる。 それはいつもと似ている光景なんだけど… 何かが違う。 水を打ったような静けさ。 重たい空気。 39人の生徒たちの感性が大きく揺れているのを感じた。 こんなことは初めてだった。 いろんな生徒たちとこの話を読んできたけれど、 読んでいる最中にこんな雰囲気を感じたことってなかった。 いろんな気持ちがごちゃ混ぜになって、 CDを聞きながら、私の方が泣きそうになってしまった。 CDを聞き終わった後の授業が、またすごかった。 いつもはお調子者の男の子まで、真剣にノートに向かっている。 「感想を言ってくれる人?」と聞いたら、たくさん手が上がった。 一人一人当てていくと、神妙な顔をして 「戦争ってこんなことになってしまうのかと悲しかった」 「母の強さが支えになっていたと思った」 「弟の死を看取った僕とお母さんの気持ちがかわいそうだった」 などなど、いっぱい語ってくれた。 一人目を当てて発表してもらった後に、はっと気づいた。 「手をあげている子は、感想を言うことで、 今の気持ちを私に癒してしてもらいたいのかもしれない」 人は、文章を読んだり映画を見たりしたときに感動してしまうと、 それを誰かに語りたくなる。 言うだけではなくて、相手に共感してもらうことで、 ホッとしたり、感動が倍になったりする。 それと同じような気がした。 だから、感想を言ってくれた子に少しずつコメントした。 みんなホッとした顔になる。 きらきらした目でうなずいている子もいる。 なんだか、感動した。 この子たちの感性に見合うような、 良い授業をしないといけないと、気持ちが引き締まった。

次の