アブ 写真。 ブユ

ブユ

アブ 写真

ビロードツリアブ ビロウドツリアブ …北摂の生き物 ビロードツリアブ ビロウドツリアブ 都市周辺部でも緑のある環境にふつうに生息しています。 成虫は、春にだけ見られます。 2010年3月21日…大阪府池田市伏尾町 2010年3月21日…大阪府池田市伏尾町 ビロードツリアブは、都市近郊でも緑のあるような環境ではふつうに見られるツリアブ科の昆虫です。 ただし、成虫が見られるのは春だけです。 日あたりのいい場所を好み、特徴のある長い口吻で花の蜜を吸います。 上の写真のようにオオイヌノフグリがあるときには、それを選んで吸蜜します。 胸と腹は明るく丸いビロード状になっています。 写真のビロードツリアブは飛びながら吸蜜しています。 時々とまって吸蜜することもあります。 ホバリング 空中で静止をし、ほとんど同じ場所で飛ぶこと をすることも多く、上からつった 吊った ように見えることからツリアブという名前がついています。 ビロードツリアブの幼虫は、ヒメハナバチのなかまの幼虫に寄生して成長するそうです。 2010年3月21日…大阪府池田市伏尾町 2010年3月21日…大阪府池田市伏尾町 上の写真は、ビロードツリアブのオスです。 複眼の間がくっついています。 左の写真は、メスです。 複眼が離れているので区別ができます。 双翅目 ハエ目 の昆虫は、基本的に前に二枚の翅を持ち、後ろの翅は平均棍 へいきんこん…細い棒の先が丸くなったもの になっています。 ビロードツリアブには、前翅の後ろに鱗弁というものがあります。 右の写真では前翅の付け根付近にある平行四辺形に近い形をしているものが鱗弁です。 2012年3月29日…兵庫県宝塚市 やっと4月上旬なみの暖かさになりました。 たくさんのビロードツリアブを見ました。 ナガバタチツボスミレで吸蜜するものもいました。 2012年4月2日…大阪府池田市東山町 ビロードツリアブがたくさん見られました。 交尾をしているものもいました。 このような形でするとは思っていませんでした。 2012年4月5日…大阪府池田市東山町 この日も交尾をしたビロードツリアブが飛んできました。 上の写真をクリックすると大きな画像で見ることができます。 2012年4月18日…大阪府池田市東山町 ムラサキサギゴケでビロードツリアブが吸蜜をしていました。 季節とともに吸蜜する植物が変わるようです。 2013年4月5日…兵庫県宝塚市 ビロウドツリアブが交尾をしていました。 いつ見てもこの交尾はかわいく感じます。 交尾をしながら飛ぶようすはうまく撮影できませんでした。 上の写真をクリックすると大きな画像で見ることができます。 2013年4月15日…大阪府箕面市 ビロードツリアブが地面から10cm少しの高さを保って特定の範囲にこだわるような飛び方をしていました。 ときどき空中から卵を落とす赤とんぼのなかまのような動作をしています。 この斜面はちょうどハナバチ類が産卵する場所ではないかとほかの昆虫を探している場所でした。 ふだんのビロードツリアブは腹部の先が下の写真のようにはなっていなかったと思います。 どなたかビロードツリアブがどのような産卵をするのかご存知の方はありませんか。 2013年4月25日…大阪府池田市五月山 Photo by M. Mat. 松本 勝さんからビロードツリアブの産卵の写真が送られてきました。 とまって産卵をしているようでした。 15日は飛びながら産卵をしているように見えました。 ビロードツリアブの産卵はどのような場所でどのように行われるのがふつうなのでしょうか…?.

次の

アオメアブ…緑の複眼の捕食者

アブ 写真

アメリカミズアブの対策 アメリカミズアブの対策 アメリカミズアブとは、体長10mm〜20mmの黒いアブです。 アブですが、人を刺したりしません。 帰化昆虫ですが、各地に広く分布しています。 有機物(生ごみ、人畜の糞、腐葉土など)が豊富なところに発生します。 ミミズ箱、堆肥箱には必ずといっていいほど発生するのでエコロジーな人には嫌われています。 幼虫はウジムシで大量に発生するので、気持ち悪いのです。 私が子供の頃には、汲み取り式便所によく発生していたので、便所アブと言っていました。 学名:Hermetia illucens 英名:Black Soldier fly(黒い兵士のハエ) 卵 卵はまとめて産み付けられ、その塊は白色で、全体でも数ミリと小さいので、見つけにくい。 生ごみの上に産卵しなくても、容器の外側に産卵し、孵化した幼虫は、フタの隙間から中に入り込むようです。 ミミズ箱では、アメリカミズアブの幼虫は、ミミズを押しのけてしまい、生ごみを占領してしまうので、発生したら捕まえています。 幼虫が少なければミミズと共存できています。 しかし、アメリカミズアブの幼虫がたくさんいると、ミミズのエサを横取りして、エサ不足になる恐れがあるほどです。 幼虫は生臭いので大量にいると、臭いでも嫌になります。 堆肥箱のアメリカミズアブの幼虫は、 生ごみを処理してくれるので、放置しておきます。 生ごみを処理してくれるのはいいのですが、幼虫の姿が気持ち悪いので、取り除いています。 孵化した後の蛹の殻は、腐らなくて、半年以上もそのままの形を保っているので、これも気持ち悪い。 エサが豊富にあると、体長20mmくらいの大きさになりますが、エサが少ない環境だと10mmちょっとの大きさでも蛹になります。 小さい蛹でも、元気な成虫が生まれてきます。 幼虫は、地面近くの通気性の良いところで、蛹になります。 なので、蛹を深くに埋めておくと、羽化できないか、羽化しても死んでいます。 強い生命力 アメリカミズアブの幼虫だけを、割り箸で捕まえて、逃げないような容器に入れて、干しておいても、なかなか死にません。 小さな幼虫は数時間で死ぬのですが、大きいとしぶといです。 死ぬまでの間は、活発に動き回るので、気持ちよいものではありません。 アメリカミズアブの幼虫の生命力は強く、堆肥箱の内容物を全て、新聞紙の上に播き、真夏に天日干ししても、1週間は生きていました。 生ごみと一緒に干しても、大きな生ごみの中に水分が少しでも残っていると、そこに入り込んで生き延びてしまうのです。 しかも、平らなところに干すと、日が落ちて暗くなると、堆肥から逃げ出して、あちこちの暗がりに移動してしまうので、気を付けなければなりません。 堆肥を乾燥させて殺そうと思ったら、完全に乾燥させないといけないのです。 幼虫の効果的な捕まえ方 幼虫は光を嫌って、土の中に逃げ込む性質を利用します。 ミミズ箱や堆肥箱の中身を平らな容器に、2,3cmの厚さで入れておくと、ミミズやミズアブの幼虫は下の方に逃げますので、集まったところを捕まえます。 また、水分が多くて腐りやすく、臭いが強いものものには、すぐに寄ってくる性質を利用して、スイカの皮、メロンの皮、梨の芯などを置いておくと、幼虫が集まってきます。 アメリカミズアブに産卵させない 腐敗臭に敏感で、臭いのする生ごみを置いておくとすぐに成虫が飛んできます。 防ぐには、目の細かいネットで箱全体を覆うといいようです。 ミミズ箱には、一度に腐りやすいものを大量に入れないことが大切です。 生ごみの上に土をかぶせるようにすると臭わないので産卵されません。 しかし、箱の下の方が水分が多い場合は、腐敗してしまい、臭いがするので、水分管理も重要です。 堆肥箱は、どうしても臭うので、産卵されてしまいます。 しかし、堆肥箱には、生ごみの数倍の土を入れ、なるべく乾燥気味に保ち、よくかき混ぜて、腐敗臭をなるべく少なくしても、ミズアブはやってきますが、かなり少なくなります。 植物への食害の可能性 熟成させるために寝かせている堆肥で、カボチャの種が発芽したのですが、発芽した双葉を、まだ小さな体長4ミリくらいのアメリカミズアブの幼虫が食べていました。 双葉は枯れておらず、しおれてもいませんでした。 エサが少ないと、生きている植物を食べることもあるようです。 双葉は堆肥の中に埋もれているという特殊な条件なので、幼虫に食べられたのかもしれませんが、堆肥に使う時にはミズアブの幼虫は、取り除くようにしています。 リンクはご自由にどうぞ.

次の

初めに of 貧相アブ衛門の嘆き

アブ 写真

出典: アブ(虻)は、 昆虫綱ハエ目ハエ亜目に属する昆虫の総称で、日本には約100種類ほどのアブが存在します。 そのうちの10種類程度が蚊のように人を吸血します。 アブは非常に種類が多いために分類上の判別が難しく複雑です。 アブの特徴 アブは見た目がハエやハチによく似ていますが、ハチとは分類上は別種です。 ハチはお尻にある毒針で人を刺しますが、アブの場合は口で人の皮膚に噛みつき吸血するのです。 アブの体長は種によって異なり、イヨシロアブやキンイロアブのように小型の種は約9~12mm、日本最大と言われるアカウシアブの場合は約20~30mmにもなります。 大型種ともなればハエよりも大きいので、近づいてきたらすぐにハエではないと分かるでしょう。 ウシアブ 出典: アブの卵は、発生源の近くにある葉っぱなどに産みつけられます。 1週間ほどで孵化し、1~3年ほどの幼虫期間を経て蛹となり成虫へと羽化するのです。 アブの種によっては家畜の糞尿に産卵するものもいて、家畜業者の間で厄介視されているようです。 アブの食性は、幼虫期間は土壌中の小さな昆虫などを食します。 成虫になってからの食べ物は種によって異なり、ハナアブは花の蜜を吸い、シオヤアブやアオメアブなどは他の昆虫を捕食するなどさまざまです。 吸血性のアブは、牛や馬などの家畜や人間の生き血を狙います。 吸血するのはメスのみで、鋭い口吻によって皮膚を刺し、傷口から出てきた血を吸うのです。 この吸血行動は蚊と同様、メスが産卵のためにタンパク質を必要としているためと言われています。 アブに刺された時の症状 では、人間がアブに刺されてしまったらどのような症状が起きるのでしょうか。 アブは皮膚を噛み切るように刺すため、刺された瞬間はチクッとした 強い痛みを感じます。 噛み切るため当然傷口からは出血し、痛みとともに 腫れや 強いかゆみに襲われます。 腫れやかゆみは2日ほどで治まることもありますが、ひどい場合には2週間近く続くこともあります。 また、微熱を伴うこともあったり、アレルギーにより化膿してしまうケースもあるので、刺された時は悪化しないようにすぐ対処する必要があります。 出典: せっかくのレジャーシーズン、アブに刺されるのが嫌だからと外出を控えるわけにはいかないですよね。 アブの発生しやすい場所に行く際には、刺されないための対策をとる必要があります。 まずは、 帽子、長袖長ズボン、靴下の着用です。 アブは足首やすねあたりを狙ってくることが多いです。 決して半ズボンにサンダルといった格好では行かないようにしましょう。 そして、 虫よけスプレーや携帯用の蚊取り線香なども効果的です。 レジャーの際は忘れずに対処しましょう。 アブはハチの場合と同じく、柔軟剤の強い香りや黒系の色に反応します。 こういった衣服は避け、 白や黄色と言った明るい色の衣服を着用すると良いでしょう。 また、飲酒した場合もアブは寄ってくることがありますので注意しましょう。 アブは外だけでなく、車の窓を開けていると車内に飛び込んでくることもあります。 外出する際にはフマキラーといった殺虫剤を携帯しているとより良いですね。 スポンサードリンク ハッカ油で虫除けスプレーを自作しよう! 薬局などで、1000円程度で購入できる「ハッカ油」、口に入れても安心な天然成分100%でできています。 このハッカ油はアブが嫌うので、できるだけ自然な物質を使って、アブから身を守りたい人にオススメです。 またアブだけではなく、蚊、コバエ、ゴキブリ、アリ、ダニにも効果があります。 体にスプレーする場合は、薬局に売っている無水エタノール10mlに、ハッカ油を20滴程度たらし、同じく薬局で100円程度で売っている精製水を90ml混ぜれば完成です。 100円均一で売っている、空のスプレーボトルに入れて持ち歩くのをオススメします。 ハッカ油は、アブを含めた虫に効果があるだけではなく、すーっとした冷感作用もあるので、夏の暑い日には助かります。 ハッカ独特の香りが苦手な人は、自分の好みのアロマオイルを足してもいいです。 こちらも、肌から有効成分が消えてしまうと効果がなくなってしまうので、こまめに塗りなおしましょう。 スプレーが余った場合は、玄関先や、靴にふっておけば、香りがある間は虫除けの効果があるのでおすすめです。 まとめ アブはほぼ日本全国に生息しており、森林や川、沼、湿地といった水辺付近でよく見かけます。 刺されると、激痛とともに腫れや強いかゆみに襲われます。 もし刺されたら、患部を清潔にして冷やし、抗ヒスタミンやステロイド入りの軟膏を塗りましょう。 夏になると、川でキャンプやバーベキューなどする機会もあると思います。 アブやハチといった虫のせいで嫌な思い出とならないように、服装に気を付け、虫よけスプレーを忘れないよう、入念な準備をして遊びに行ってくださいね。

次の