後継 者 人材 バンク。 一宮市後継者人材バンク

後継者人材バンク

後継 者 人材 バンク

子供のように大切に育ててきた会社を、よりよい形で次世代に残したいというのは、 多くのオーナー社長に共通した想いでしょう。 しかし、現実的には「息子や娘がいるが、会社を継ぐ予定がない。 」 「そもそも親族内に後継者がいない」というように、 後継者不在が問題となっている企業は多いようです。 このような企業を救うために設けられた国の制度が、後継者人材バンクです。 後継者不在に悩む企業に対して、 バンクに登録した起業希望者を紹介することで、 双方の課題解決を目指しています。 全国で初めて設立されたのは、 事業承継に関する相談窓口として静岡商工会議所に設置された 「静岡県事業引継ぎ支援センター」であり、 現在では岡山、長野の支援センターにも開設されています。 政府は今後この制度を、各都道府県に展開していく方針です。 残念ながら現在までで事業承継が実現した例はありませんが、 2015年1月現在までで、人材を引き合わせたのは11件。 そのうち5件が事業の引き継ぎに向けた話し合いをし、 うち1件が成約に結び付きそうということです。 債務の処理や将来的な収益の分け方など、 実務的な要件をまとめることに課題があると言われる後継者人材バンクですが、 これからの事業承継対策の解決策として期待する声は多いようです。 団塊の世代の経営者の多くが勇退時期に差し掛かり、 今後「後継者不足」に悩む企業はますます増えることが予想されます。 様々な支援制度の確立や、税制緩和など、 オーナー企業の事業承継を円滑に進めるための対応策が関係機関に求められています。 しかし、廃業に至った企業の中にも、 後継者教育や第三者承継についてのアドバイス等を受けて早めに対策を講じていれば 異なる結果になったケースもあると思われます。

次の

5 事業引継ぎ支援センターについて

後継 者 人材 バンク

1 目的 後継者不在の中小企業者及び個人事業主の後継者作りを支援するため、後継者人材バンクに登録した「創業希望者」と「後継者不在の中小企業者」を引き合わせ、創業希望者が後継者として当該事業を引継ぐために必要となる支援を行います。 意欲ある起業家による創業と 地域に不可欠な事業の存続を同時に実現するものです。 2 運営主体 公財 21あおもり産業総合支援センターが国の委託事業により設置している「青森県事業引継ぎ支援センター」が運営します。 「青森県事業引継ぎ支援センター」は、後継者不在などで事業の存続に悩みを抱える方、経営を引継ぐ意思のある方等のご相談に対し、適切な助言、情報提供及びマッチング支援等を行う専門機関です。 3 登録対象者 創業により事業を引き継ぐ意思のある方を対象に、連携する創業支援機関等から紹介していただき、「青森県事業引継ぎ支援センター」の担当者が面談の上、登録します。 4 登録のメリット 創業希望者 ・販売先(顧客)や仕入先、店舗等の経営資源を引き継ぐため、創業時のリスクを低く抑えることができます。 ・地域における知名度や経営ノウハウ、代々はぐくまれてきた知識など、目に見えない資産を引き継ぐことができます。 後継者不在の中小企業者(個人事業主を含む) ・先祖代々承継してきた事業を絶やすことなく、次世代に引き継ぐことができます。 ・事業の存続を望む従業員や取引先、地域からの期待に応えることができます。 5 チラシ・申込書 からダウンロードしてお使いください。 6 問い合わせ先 青森県事業引継ぎ支援センター 青森市新町2-4-1青森県共同ビル7階 21あおもり産業総合支援センター内 電話番号 017-723-1040 FAX番号 017-721-2514.

次の

沖縄県事業引継ぎ支援センター

後継 者 人材 バンク

子供のように大切に育ててきた会社を、よりよい形で次世代に残したいというのは、 多くのオーナー社長に共通した想いでしょう。 しかし、現実的には「息子や娘がいるが、会社を継ぐ予定がない。 」 「そもそも親族内に後継者がいない」というように、 後継者不在が問題となっている企業は多いようです。 このような企業を救うために設けられた国の制度が、後継者人材バンクです。 後継者不在に悩む企業に対して、 バンクに登録した起業希望者を紹介することで、 双方の課題解決を目指しています。 全国で初めて設立されたのは、 事業承継に関する相談窓口として静岡商工会議所に設置された 「静岡県事業引継ぎ支援センター」であり、 現在では岡山、長野の支援センターにも開設されています。 政府は今後この制度を、各都道府県に展開していく方針です。 残念ながら現在までで事業承継が実現した例はありませんが、 2015年1月現在までで、人材を引き合わせたのは11件。 そのうち5件が事業の引き継ぎに向けた話し合いをし、 うち1件が成約に結び付きそうということです。 債務の処理や将来的な収益の分け方など、 実務的な要件をまとめることに課題があると言われる後継者人材バンクですが、 これからの事業承継対策の解決策として期待する声は多いようです。 団塊の世代の経営者の多くが勇退時期に差し掛かり、 今後「後継者不足」に悩む企業はますます増えることが予想されます。 様々な支援制度の確立や、税制緩和など、 オーナー企業の事業承継を円滑に進めるための対応策が関係機関に求められています。 しかし、廃業に至った企業の中にも、 後継者教育や第三者承継についてのアドバイス等を受けて早めに対策を講じていれば 異なる結果になったケースもあると思われます。

次の