台風 6 号 2019 進路。 台風6号2019東京(関東)いつ上陸?最新進路や現在地に新幹線電車や飛行機の影響も!|ENTAMENOTE

台風19号は「カテゴリー6」に相当するのか、冷静と情熱のあいだ

台風 6 号 2019 進路

編集者の方へ: 本記事に新しい内容を加筆をする際は、でください。 Citeテンプレート使用時を含め、出典追加時はの記入を 必ずお願いします。 ビジュアルエディターで自動生成された出典を提示される方は、生成後に不備を埋めるようお願いします。 これらのいずれかが抜けている出典を発見した際は情報の補強をお願いします。 ビジュアルエディターでの出典の自動生成を含めたCiteテンプレートの使用はなるべくお控えください。 Citeテンプレートが使われすぎるとエラーを起こし、脚注が表示できなくなってしまいます。 本記事の内容は、出典があり内容の検証性がとれるもののみ掲載しています。 出典無き記述を発見した場合は検証可能な出典を提示してください。 2019年の台風 軌跡の地図 最初の熱帯低気圧発生 2018年12月31日 最初の台風発生 1月1日 最後の台風消滅 12月28日 最後の熱帯低気圧消滅 12月29日 最も強かった 台風 — 905 , 115 10分間平均 熱帯低気圧の総数 50 台風の総数 29 の総数 17 の総数 4 総死亡者数 388 総被害額 341. 4 億ドル 2019 年別 , , 2019, , 中国へとを北上すると、日本の南を北上する(8月9日) の(北西部及び で発生した)のデータ。 データは基本的に日本のの情報に基づき、気象庁が熱帯低気圧としていない一部のものについては、 JTWC のみに拠る。 台風番号はに関わらず平成31年からの続き番号とする。 2019年に発生した台風は、平年の25. 6個よりも多い29個だった。 日本での影響においては、接近数は平年の11. 4個より多い15個(統計史上7位)、日本本土への上陸数は平年の2. 7個より多い5個(6号、8号、10号、15号、19号が上陸・統計史上5位)と、発生数と日本への接近・上陸数がいずれも平年を上回った。 に発生した熱帯低気圧が年を跨いで存在した。 その熱帯低気圧は1951年の統計開始以来初めてに台風となった。 しかし、一年で海水温が最も低く台風の発生が少ないのは2月であることから、の延長であると考えられる。 その台風1号はその後、約21年(21年と2ヶ月)ぶりとなる越境サイクロンとなった。 に発生したは、台風が発達しにくい2月にハイペースで発達し、2月としては1951年の統計開始以来初めて「 猛烈な」勢力に発達した。 7月末頃から台風の活動が活発になり、からまでの12日間に5個の台風が発生するなど、記録的なペースで台風が発生していき、8月6日15時から同月7日9時までは台風が同時に3つ存在していた(8・9・)。 9月以降も例年通り対流活動が活発な状況が続き、9月には6個の台風が発生、11月下旬頃までほぼ1週間に1個以上は台風が発生する状態が続いたため、11月の台風発生数は6個となり、統計史上最多タイの記録となった。 そのうち、日本に影響を及ぼした台風は7月末に各地の花火大会に影響をもたらした台風6号や 、やに暴風や大雨をもたらした台風8号 、2年振りに「超大型」の台風となり、29年ぶりの上陸などの記録を残し、西日本に大きな影響を与えた台風10号 、9月に千葉県を中心に暴風の被害を与え、関東史上最強の台風とも呼ばれた 、などが挙げられる。 特に被害の大きかった台風19号は、および の広範囲に記録的な豪雨をもたらし、や、といった主要河川の氾濫・堤防決壊を引き起こした。 一連の豪雨は 13都県をの発表対象に、また7県 71河川128箇所 を堤防決壊に至らしめ、前年の(平成30年)に気象庁が定めた「台風の名称を定める基準 」において浸水家屋数が条件に相当する見込みとなったことから、(52年)9月の以来、42年1か月ぶりに命名される見通しとなった。 政府はこの台風に対し、、、の非常災害、さらにはをも超える数の自治体にを適用するなど、極めて異例な事態となった。 2020年2月19日、気象庁は直後から命名される見通しの立っていた台風19号 に加え、台風15号についても命名を行い、台風15号を「 令和元年房総半島台風」、台風19号を「 令和元年東日本台風」と命名した。 前述の通り気象庁が台風の命名を行ったのは約42年ぶりであり、さらに同じ年に発生した2つの台風が同庁により命名されたのは、およびの襲来した以来、約60年ぶりのことであった。 台風の日本接近数 [ ] 台風の年間日本接近数(上陸数を含む) 接近数が多い年 接近数が少ない年 順位 年 接近数 順位 年 接近数 1 19 1 4 4 17 2 5 5 16 3 6 7 15 4 7 7 8 台風の日本上陸数 [ ] 台風の年間日本上陸数 上陸数が多い年 上陸数が少ない年 順位 年 上陸数 順位 年 上陸数 1 10 1 0 2 6 5 1 5 5 各熱帯低気圧の活動時期 [ ] 「台風」に分類されている熱帯低気圧 [ ] 台風1号(パブーク) [ ] トロピカル・ストーム トロピカル・ストーム 発生期間 1月1日 — 1月4日 ピーク時の強さ 45 10分間平均 996 頃にで形成した低圧部に対し、(JTWC)は31日5時30分(30日20時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。 低圧部は31日15時に熱帯低気圧に発達し、JTWCは31日18時(協定世界時31日9時)に熱帯低気圧番号 36W を付番した。 その後、36Wは年を跨いだ1月1日15時にの北緯6度20分、東経109度55分で台風となり 、アジア名 パブーク( Pabuk)と命名された。 1月1日に台風が発生するのは1951年の統計開始以降初めてであり、この台風は一年の中での発生日時が(統計開始以降)最も早いものとなった。 台風はやや発達しながら西に進み、を通過したのち、4日21時頃に南部のに上陸した。 その後、5日0時前にを通過して気象庁の観測範囲外となったため、台風からとなった。 台風が東経100度線を通過してサイクロンになるのは、の以来約21年ぶりである。 IMDは、1月7日午前3時に、付近の北緯13度10分、東経92度で熱帯低気圧()に降格したとしている。 (ただし、気象庁と分類が違い、という階級を飛ばしての衰退となっている。 )なお、サイクロニック・ストーム・パブーク(サイクロン)としての寿命は51時間であった。 低圧部は19日3時に熱帯低気圧に発達し、JTWCは19日18時(協定世界時19日9時)に熱帯低気圧番号 02Wを付番した。 その後、02Wは20日3時にマーシャル諸島の北緯5度05分、東経155度05分で台風となり 、アジア名 ウーティップ( Wutip)と命名された。 台風は初め近海を西北西に進みながら少しずつ発達し、23日には「非常に強い」勢力となった。 その後23日15時から21時までの6時間で中心気圧が25hPa低下する急発達をし、近海で中心気圧925hPaと2月としては中心気圧が最も低い台風となった。 その後台風は速度を落とし、24日には台風は一旦勢力を落としたものの、25日には台風は再発達し、25日15時には「 猛烈な」勢力となり、中心気圧も915hPaにまで低下した。 2月中に台風が猛烈な勢力となるのは最大風速のデータがある1977年以降では初めてであるうえ、前述したように1951年の統計開始以来では2月としては中心気圧が最も低い台風となった。 その後、台風は26日の夜から急激に弱まり、28日15時にの東の北緯18度、東経135度で熱帯低気圧に変わった。 熱帯低気圧に弱まった直後、(PAGASA)の熱帯低気圧監視エリアに進入したため、28日18時(28日17時)にPAGASAにてフィリピン名 ベティ( Betty)と命名されている。 平成から令和に改元された0時までに新たな台風が発生しなかったため、この台風が平成時代最後の台風となった。 台風3号(セーパット) [ ] トロピカル・ストーム トロピカル・ストーム 発生期間 6月27日 — 6月28日 ピーク時の強さ 40 10分間平均 994 6月17日21時に近海で熱帯低気圧が発生。 25日18時(フィリピン標準時25日17時)に、(PAGASA)はフィリピン名 ドドン( Dodong)と命名した。 (JTWC)は25日11時(協定世界時25日2時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発したが、27日10時(協定世界時27日1時)に取り消した。 その後、熱帯低気圧は27日18時に沖の北緯31度35分、東経133度35分で台風となり 、アジア名 セーパット( Sepat)と命名された。 台風はの南を東に進み、28日15時に日本の東の北緯36度、東経147度でに変わった。 台風4号(ムーン) [ ] トロピカル・ストーム トロピカル・ストーム 発生期間 7月2日 — 7月4日 ピーク時の強さ 35 10分間平均 992 6月30日頃にで形成した低圧部が、7月1日15時に熱帯低気圧に発達。 (JTWC)は7月2日6時(協定世界時1日21時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。 熱帯低気圧は2日21時にの北緯18度55分、東経111度30分で台風となり 、アジア名 ムーン( Mun)と命名された。 発生時点で「大型」の台風であった。 JTWCは一度は熱帯低気圧形成警報(TCFA)を取り消したものの、後にトロピカル・ストームに発達したとして4日6時(協定世界時3日21時)には熱帯低気圧番号 05Wを付番した。 台風は3日頃に、4日頃にの付近に上陸し、4日12時にベトナムの北緯21度、東経106度で熱帯低気圧に変わった。 熱帯低気圧は5日3時に消滅した。 台風5号(ダナス) [ ] トロピカル・ストーム トロピカル・ストーム 発生期間 7月16日 — 7月21日 ピーク時の強さ 45 10分間平均 985 7月11日頃にで形成が始まった低圧部が、14日9時に近海で熱帯低気圧に発達。 15日6時(フィリピン標準時15日5時)に(PAGASA)はフィリピン名 ファルコン( Falcon)と命名した。 (JTWC)は16日7時30分(協定世界時15日22時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、16日18時(協定世界時16日9時)に熱帯低気圧番号 06Wを付番した。 06Wは16日15時にフィリピンの東の北緯17度05分、東経125度40分で台風となり 、アジア名 ダナス( Danas)と命名された。 台風は17日15時には「大型」の台風となり、その後少しずつ発達しながら北上し、18日昼頃には付近を通過した。 台風はさらにを北上、台風による南西の湿った空気とによる南東の湿った空気によって九州付近に収束帯が形成され 、によって九州を中心に大雨となり、特にのとでは20日に大雨が発表される事態となった。 20日21時頃にはの付近に上陸、21日21時にの北緯40度、東経130度で温帯低気圧に変わった。 台風6号(ナーリー) [ ] トロピカル・ストーム トロピカル・ストーム 発生期間 7月26日 — 7月27日 ピーク時の強さ 35 10分間平均 998 7月24日6時に近海で熱帯低気圧が発生。 (JTWC)は24日17時(協定世界時24日8時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、25日12時(協定世界時25日3時)に熱帯低気圧番号 07Wを付番した。 07Wは26日9時に潮岬の南南東約430キロの北緯29度50分、東経137度05分で台風となり 、アジア名 ナーリー( Nari)と命名された。 台風は日本近海をそのまま北上し、発生から1日も経っていない27日7時頃には南部に上陸した。 その後、同日15時にの北緯36度、東経137度で熱帯低気圧に変わった。 熱帯低気圧は28日9時に温帯低気圧に変わった。 この台風は、7月末に各地のに影響をもたらした。 またこの台風は、になってから初めて日本に上陸した台風となった。 に初めて日本に上陸した台風は、のであったことから、令和初上陸台風と平成初上陸台風はいずれも「台風6号」となった。 さらに、これら2つの台風はいずれも東海地方に大雨を降らせたという、台風番号が同じこと以外の共通点もある。 台風7号(ウィパー) [ ] トロピカル・ストーム トロピカル・ストーム 発生期間 7月31日 — 8月3日 ピーク時の強さ 45 10分間平均 985 7月29日頃にで形成した低圧部が、30日9時に熱帯低気圧に発達。 (JTWC)は30日6時(協定世界時29日21時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、31日6時(協定世界時30日21時)に熱帯低気圧番号 08Wを付番した。 08Wは31日9時に南シナ海北部の北緯18度30分、東経113度25分で台風となり 、アジア名 ウィパー( Wipha)と命名された。 台風はゆっくりとした速度で西に進み、8月1日頃に付近に接近、中国付近に上陸した。 台風はさらに西進し、3日にはベトナム北部の付近に上陸した。 台風はその後3日21時にベトナムの北緯20度、東経106度で熱帯低気圧に変わった。 台風8号(フランシスコ) [ ] タイフーン カテゴリー1 タイフーン 発生期間 8月2日 — 8月7日 ピーク時の強さ 70 10分間平均 970 詳細は「」を参照 8月1日午前に近海で形成が始まった低圧部が、同日15時に熱帯低気圧に発達。 (JTWC)は1日22時30分(協定世界時1日13時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、2日6時(協定世界時1日21時)に熱帯低気圧番号 09Wを付番した。 09Wは南鳥島近海(北緯19度35分・東経153度05分)で台風となり 、アジア名 フランシスコ( Francisco)と命名された。 台風は少しずつ発達しながら日本の南を西進し、4日昼頃にはに接近した。 台風はさらに西進し、5日未明から21時頃にかけてさらに発達、5日15時には「強い」勢力となった。 その後、台風は6日5時頃に「強い」勢力で付近に上陸した。 同日昼過ぎには台風はに抜け、7日0時頃に南部に上陸した。 台風は7日9時に(北緯38度・東経129度)で熱帯低気圧に変わった。 同日15時には温帯低気圧に変わった。 台風9号(レキマー) [ ] タイフーン カテゴリー4 スーパー タイフーン 発生期間 8月4日 — 8月13日 ピーク時の強さ 105 10分間平均 925 詳細は「」を参照 7月29日頃に近海で形成が始まった低圧部が、8月3日3時にフィリピンの東の海上で熱帯低気圧に発達。 (JTWC)は3日21時(協定世界時3日12時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、4日12時(協定世界時4日3時)に熱帯低気圧番号 10Wを付番した。 (PAGASA)は4日0時(フィリピン標準時3日23時)にフィリピン名 ハンナ( Hanna)と命名した。 10Wは4日15時にフィリピンの東の北緯17度25分、東経131度55分で台風となり 、アジア名 レキマー( Lekima)と命名された。 台風は7日頃から急速に発達し、8日21時で「 猛烈な」勢力となった。 台風は猛烈な勢力を保ったまま8日23時頃に付近を通過した。 その後、台風はを北西に進み、10日未明に中国付近に上陸した。 台風はさらにを北上し、12日にはまで到達した。 台風は13日3時にの北緯37度、東経120度で熱帯低気圧に変わった。 台風が直撃した中国東部では豪雨による土石流で大きな被害が出ている。 なお、事後解析ではピーク時の中心気圧が925hPaに下方修正されている。 台風10号(クローサ) [ ] タイフーン カテゴリー3 タイフーン 発生期間 8月6日 — 8月16日 ピーク時の強さ 75 10分間平均 965 詳細は「」を参照 8月4日頃に形成した熱帯擾乱に、(JTWC)は5日22時30分(協定世界時5日13時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。 熱帯擾乱は5日9時にで熱帯低気圧に発達し、JTWCは6日6時(協定世界時5日21時)に熱帯低気圧番号 11Wを付番した。 11Wは6日15時にマリアナ諸島の北緯18度30分、東経142度50分で台風となり 、アジア名 クローサ( Krosa)と命名された。 発生時点で「大型」の台風であった。 台風ははじめマリアナ諸島近海を北西に進んでいたが、8日頃から11日頃にかけて近海でほとんど停滞し、8日15時には「非常に強い」勢力となった。 その後は徐々に勢力を落とし、11日の昼頃から台風は再び北西に進み始めた。 12日15時には以来の「 超大型」の台風となった。 14日6時には強風域が縮小し、「大型」の台風に戻りつつ再発達した。 その後は九州地方や四国地方を暴風域に巻き込みながらゆっくりと北上、同日11時頃にを通過したのち 、同日15時頃に付近に上陸した。 広島県への上陸は1990年の台風14号以来29年ぶり、統計史上3例目。 台風は日本海に抜け、日本海を北上、16日21時にの西の北緯43度、東経138度で温帯低気圧に変わった。 台風接近に伴うの影響で北陸地方などでは14日から15日にかけて気温が上昇し、特に中条では15日に40. また、同日同県では1日を通しての最低気温が31. 台風11号(バイルー) [ ] シビア・トロピカル・ストーム トロピカル・ストーム 発生期間 8月21日 — 8月26日 ピーク時の強さ 50 10分間平均 985 8月14日頃に近海で形成が始まった低圧部が、20日9時に近海で熱帯低気圧に発達。 (JTWC)は同日18時30分(協定世界時9時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。 その後、(PAGASA)は21日0時(フィリピン標準時20日23時)にフィリピン名 イネン( Ineng)と命名し、JTWCは21日18時(協定世界時21日6時)に熱帯低気圧番号 12Wを付番した。 12Wは21日15時にフィリピンの東の北緯15度40分、東経132度20分で台風となり 、アジア名 バイルー( Bailu)と命名された。 台風はフィリピンの東の海上をやや発達しながら北西に進み、24日昼過ぎ頃に台湾南部のとの付近を通過した。 台風はさらに西に進み、を通過し、25日には中国に上陸した。 その後台風は26日3時に華南の北緯25度、東経113度で熱帯低気圧に変わった。 台風12号(ポードル) [ ] トロピカル・ストーム トロピカル・ストーム 発生期間 8月28日 — 8月30日 ピーク時の強さ 40 10分間平均 992 8月22日頃に付近で形成が始まった低圧部が、25日9時に熱帯低気圧に発達。 (JTWC)は同日15時(協定世界時6時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、27日0時(協定世界時26日15時)に熱帯低気圧番号 13Wを付番した。 (PAGASA)は26日18時(フィリピン標準時26日17時)にフィリピン名 ジェニー( Jenny)と命名した。 13Wは27日9時にフィリピンの東の北緯14度40分、東経127度00分で台風となり 、アジア名 ポードル( Podul)と命名された。 台風は西進して28日0時にはフィリピンののに上陸したのち、南シナ海に抜けて海上を進んだ。 その後30日3時ごろにベトナムの付近に上陸したが、急速に勢力を弱めて30日15時にタイの北緯17度、東経103度で熱帯低気圧に変わった。 台風13号(レンレン) [ ] タイフーン カテゴリー4 タイフーン 発生期間 9月2日 — 9月8日 ピーク時の強さ 95 10分間平均 940 8月31日に近海で低圧部92Wが形成し、同日15時に熱帯低気圧に発達。 (JTWC)は9月1日4時30分(協定世界時8月31日19時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。 (PAGASA)は9月1日12時(フィリピン標準時1日11時)にフィリピン名 リウェイウェイ( Liwayway)と命名し、JTWCは2日12時(協定世界時2日3時)に熱帯低気圧番号 15Wを付番した。 15Wは2日9時にフィリピンの東の北緯15度05分、東経126度05分で台風となり 、アジア名 レンレン( Lingling)と命名された。 台風は徐々に発達しながらフィリピンの東の海上を北上し、5日3時には「非常に強い」勢力となり、同日14時ごろに付近を通過した。 この際、では同地点の観測史上1位となる最大瞬間風速61. また、下里では最低海面気圧940. 5hPaを観測した。 その後台風は非常に強い勢力を保ったままを北上、6日頃から勢力を弱め始めたものの、の西側のをさらに北上、7日15時頃に強い勢力を保ったままの付近に上陸した。 上陸後は北東に進み、台風は8日9時にロシアのの北緯47度、東経131度で温帯低気圧に変わった。 北朝鮮の朝鮮中央通信は、死者5名、全半壊住宅460戸余りおよび公共の建物15棟、浸水農地約4万6200ヘクタールなどの被害が生じたと伝えている。 また、韓国では中央災害安全対策本部によれば3名が死亡し約16万世帯が停電したとされる。 台風14号(カジキ) [ ] トロピカル・ストーム トロピカル・デプレッション 発生期間 9月2日 — 9月3日 ピーク時の強さ 35 10分間平均 996 8月30日9時にフィリピンのの東の海上で熱帯低気圧91Wが発生。 (JTWC)は9月1日4時(協定世界時8月31日19時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。 (PAGASA)は9月1日6時(フィリピン標準時1日5時)にフィリピン名 カバヤン( Kabayan)と命名した。 熱帯低気圧はから南シナ海に抜けて西進し、2日頃にを通過、その後は南西に進み、3日頃にベトナムの付近に上陸。 3日3時にの北緯16度35分、東経107度35分で台風となり 、アジア名 カジキ( Kajiki)と命名された。 JTWCは3日6時(協定世界時2日21時)に熱帯低気圧番号 16Wを付番した。 台風は3日9時にはに到達したものの、進路を北東方向に変え、15時には南シナ海に抜けたが、台風はそのまま弱まり3日21時に北緯17度、東経109度で熱帯低気圧に変わった。 熱帯低気圧に変わった後も南シナ海を東進し続けていたが、7日21時に台湾の西側付近の南シナ海で消滅した。 台風15号(ファクサイ) [ ] タイフーン カテゴリー4 タイフーン 発生期間 9月5日 — 9月10日 ピーク時の強さ 85 10分間平均 955 詳細は「」を参照 8月30日未明(協定世界時29日18時頃)に近海のやや東側で熱帯低気圧90Wが発生し、同日9時(協定世界時30日0時)頃に東経域に進入した。 (JTWC)は9月1日18時(協定世界時1日9時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、2日6時(協定世界時1日21時)に熱帯低気圧番号 14Wを付番した。 14Wは太平洋をしばらく西進した後、5日15時に南鳥島近海の北緯19度35分、東経155度25分で台風となり 、アジア名 ファクサイ( Faxai)と命名された。 この勢力を保ったまま台風はに接近、9日3時前に三浦半島付近を通過した。 その後台風の中心はに抜けて北東に進み、9日5時前には付近に上陸した。 その後は徐々に速度を上げながら東進し、10日15時に日本の東で温帯低気圧に変わった。 気象庁は2月、この台風について「 令和元年房総半島台風」と(同年発生した台風19号と共に以来42年ぶりに命名)した。 台風16号(ペイパー) [ ] トロピカル・ストーム トロピカル・ストーム 発生期間 9月15日 — 9月16日 ピーク時の強さ 35 10分間平均 1000 9月12日頃に近海で形成が始まった低圧部が、13日9時に熱帯低気圧に発達、(JTWC)は15日6時(協定世界時14日21時)に熱帯低気圧番号 17Wを付番した。 同日21時、近海の北緯17度40分、東経138度0分で台風となり 、アジア名 ペイパー( Peipah)と命名されたが、24時間後の16日21時には小笠原近海の北緯25度、東経143度で熱帯低気圧に変わり 、17日9時には消滅した。 台風17号(ターファー) [ ] タイフーン トロピカル・ストーム 発生期間 9月19日 — 9月23日 ピーク時の強さ 65 10分間平均 970 詳細は「」を参照 9月14日頃にから降格した低圧部が、17日9時に沖縄の南で再び熱帯低気圧に発達。 (PAGASA)はこれをマリリンとは別の新たな熱帯低気圧と解析し、17日18時(フィリピン標準時17日17時)にフィリピン名 ニンファ( Nimfa)と命名した。 その後、(JTWC)は19日12時(協定世界時19日3時)に熱帯低気圧番号 18Wを付番した。 18Wは同日15時に沖縄の南の北緯22度25分、東経128度35分で台風となり 、アジア名 ターファー( Tapah)と命名された。 台風は20日21時に「強い」勢力になり、21日未明にはに接近。 その後はを北上した。 北部やを暴風域に巻き込みながらを経てに進み、23日9時に沖の北緯38度、東経135度で温帯低気圧に変わった。 台風18号(ミートク) [ ] タイフーン カテゴリー2 タイフーン 発生期間 9月28日 — 10月3日 ピーク時の強さ 75 10分間平均 965 9月25日15時に近海で発生した熱帯低気圧に対して、(JTWC)は26日23時30分(協定世界時26日24時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、27日18時(協定世界時27日9時)に熱帯低気圧番号 19Wを付番した。 19Wは西進して(PAGASA)の監視エリアに進入し、28日6時(フィリピン標準時28日5時)にフィリピン名 オニョク( Onyok)と命名した。 その後、同日9時にフィリピンの東の北緯15度25分、東経132度5分で台風となり 、アジア名 ミートク( Mitag)と命名された。 台風は北上して29日9時に「強い」勢力となり、その後30日から10月1日にかけてや沿岸に接近し、さらにを北上して2日深夜に南西部に上陸した。 その後東進してへ抜け、3日15時に北緯38度、東経131度で温帯低気圧に変わった。 台風が上陸した韓国では、少なくとも10人の死者が確認されている。 なお、台風はを通過したため、「」は8年連続で日本に接近・上陸した台風となった。 台風19号(ハギビス) [ ] タイフーン カテゴリー5 スーパー タイフーン 発生期間 10月6日 — 10月13日 ピーク時の強さ 105 10分間平均 915 詳細は「」を参照 10月1日頃に近海で形成が始まった低圧部が、5日3時に熱帯低気圧に発達。 (JTWC)は同日11時30分(協定世界時5日2時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、18時(同9時)に熱帯低気圧番号 20Wを付番した。 20Wは6日3時に近海の北緯15度5分、東経158度10分で台風となり 、アジア名 ハギビス( Hagibis)と命名された。 台風は平年値よりも高い海水温の領域を通過しながら急速に発達し、7日18時には、同時刻までの24時間の気圧低下 77hPaを記録。 発生から僅か39時間で中心気圧915hPaの「 猛烈な」勢力になった。 10日21時に非常に強い勢力へ降格したが 、に接近。 13日12時に北緯41度、東経147度で温帯低気圧に変わった。 台風19号から変わった温帯低気圧は北東進しながら急発達し、最低気圧が952hPaとなり14日夜にベーリング海に到達。 その後も衰弱しながらベーリング海を進み続けたが、23日15時に東経域からやってきた別の低気圧に吸収され、消滅した。 上陸前から台風による影響が懸念されていた東日本では、12日に首都圏を中心に公共交通機関の計画運休が実施された。 台風は広範囲で台風接近前から猛烈な雨と風をもたらし、同日から13日にかけて、、、、、、、、、、、、の13都県でが発表された。 信濃川、阿武隈川、多摩川など100以上の河川で氾濫や決壊が発生した。 なお、台風19号が猛烈な勢力を維持した期間は7日21時から10日21時までの72時間となり、第1位のの96時間、第2位のの90時間、第3位のの78時間に次いで、第4位を記録した。 気象庁が定めた「台風の名称を定める基準 」において、浸水家屋数が条件に相当する見込みとなったため、以来42年ぶりにされる見通しとなり 、同庁は2020年2月、この台風について「 令和元年東日本台風」と命名(同年発生した台風15号と共に命名)した。 台風20号(ノグリー) [ ] タイフーン カテゴリー2 タイフーン 発生期間 10月17日 — 10月21日 ピーク時の強さ 75 10分間平均 970 10月16日9時にフィリピンの東で発生した熱帯低気圧に対して、(JTWC)は16日6時(協定世界時15日21時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、(PAGASA)は同日12時(フィリピン標準時16日11時)にフィリピン名 パーラ( Perla)と命名した。 その後、JTWCは17日0時(協定世界時16日15時)に熱帯低気圧番号 21Wを付番した。 21Wは18日3時に北緯19度40分、東経129度30分で台風となり 、アジア名 ノグリー( Neoguri)と命名された。 台風は予想よりも発達し、19日12時には「強い」勢力となった。 その後は沖縄の東海上を北東進し、21日18時に沖の北緯32度、東経135度で温帯低気圧に変わった。 台風21号(ブアローイ) [ ] タイフーン カテゴリー4 タイフーン 発生期間 10月19日 — 10月25日 ピーク時の強さ 100 10分間平均 935 「」も参照 10月17日頃に近海で形成が始まった低圧部が、18日15時に熱帯低気圧に発達し、(JTWC)は19日0時30分(協定世界時18日15時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、12時(協定世界時19日3時)に熱帯低気圧番号 22Wを付番した。 22Wは同日21時に近海の北緯10度40分、東経153度55分で台風となり 、アジア名 ブアローイ( Bualoi)と命名された。 その後24日になどに最接近し、25日21時に日本の東の北緯35度、東経150度で温帯低気圧に変わった。 日本付近を通過した亜熱帯低気圧と台風の湿った空気の影響で、25日は関東・東北地方では大雨となり、特に千葉県とでは河川の氾濫や浸水被害が相次いで発生するなど、大きな被害が出た。 関東地方に接近したことから「台風第21号」は3年連続で日本に接近または上陸したことになる。 台風22号(マットゥモ) [ ] シビア・トロピカル・ストーム トロピカル・ストーム 発生期間 10月30日 — 10月31日 ピーク時の強さ 50 10分間平均 992 10月25日頃にの南で形成が始まった低圧部が、28日15時に付近で熱帯低気圧に発達。 (JTWC)は29日6時30分(協定世界時28日21時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。 30日3時にの北緯13度30分、東経112度55分で台風となり 、アジア名 マットゥモ( Matmo)と命名されたのち、JTWCは同日6時に熱帯低気圧番号 23Wを付番した。 台風は31日未明に南部に上陸し、同日12時にはの北緯北緯13度、東経106度で熱帯低気圧に変わった。 23Wはその後あまり衰退せずに西進し、11月1日のうちにを越えて気象庁の監視範囲外に出た。 2日から4日にかけてを通過し、JTWCは6日に再びTCFAを発した。 同日17時、(IMD)はディープ・デプレッションに発達したとしたのち、JTWCによれば7日3時にはトロピカル・ストームに再昇格している。 IMDは現地時間()23時30分(日本時間8日3時)にサイクロニック・ストームの基準を満たしたとして、国際名ブルブル( Bulbul=で「うぐいす」の意)と命名した。 一方、JTWCはTropical Storm Matmo(トロピカル・ストーム・マットゥモ)と表し、アジア名の使用を継続した。 この表記は次の発表時にTropical Cyclone Matmo(トロピカル・サイクロン・マットゥモ に改められた。 11月8日IMDは現地時間(IST)2時にSCS(シビア・サイクロニック・ストーム)に昇格したとした。 その12時間後にIMDはVSCS(ベリー・シビア・サイクロニック・ストーム)に昇格したとした。 同時刻にJTWCは、カテゴリー1に到達したとした。 台風23号(ハーロン) [ ] タイフーン カテゴリー5 スーパー タイフーン 発生期間 11月2日 — 11月9日 ピーク時の強さ 115 10分間平均 905 10月31日頃に近海で形成が始まった低圧部が、11月2日9時に熱帯低気圧に発達。 (JTWC)は同日18時(協定世界時2日12時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、3日0時(協定世界時2日15時)に熱帯低気圧番号 24Wを付番した。 同時刻に北緯13度20分、東経156度55分で台風となり 、アジア名 ハーロン( Halong)と命名された。 9日9時には日本のはるか東の北緯32度、東経161度で温帯低気圧に変わった。 11月に猛烈な勢力になるのは以来約6年ぶりである。 台風24号(ナクリー) [ ] タイフーン カテゴリー1 タイフーン 発生期間 11月6日 — 11月11日 ピーク時の強さ 65 10分間平均 975 11月1日頃にの東で形成が始まった低圧部に対し、(JTWC)は4日12時30分(協定世界時4日3時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、同日21時に南シナ海で熱帯低気圧に発達。 (PAGASA)は5日12時(フィリピン標準時5日11時)にフィリピン名 キエル( Quiel)と命名した。 同日21時に北緯13度40分、東経115度50分で台風となり 、アジア名 ナクリー( Nakri)と命名された。 その後、JTWCは6日6時(協定世界時5日21時)に熱帯低気圧番号 25Wを付番した。 台風は始め東進し、その後向きを西に変えながら発達、8日6時には「強い」勢力となった。 11日にはに上陸し、同日9時にはベトナムの北緯19度、東経109度で熱帯低気圧に変わった。 台風25号(フンシェン) [ ] タイフーン カテゴリー3 タイフーン 発生期間 11月12日 — 11月17日 ピーク時の強さ 85 10分間平均 965 11月9日頃にマーシャル諸島近海で形成が始まった低圧部が、10日21時に熱帯低気圧に発達。 (JTWC)は11日12時(協定世界時11日3時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、12日0時(協定世界時11日15時)に熱帯低気圧番号 26Wを付番した。 26Wは同日15時に近海の北緯15度25分、東経160度20分で台風となり 、アジア名 フンシェン( Fengshen)と命名された。 15日3時には「非常に強い」勢力に発達し、16日頃にに接近後、18日3時に北緯25度、東経158度で熱帯低気圧に変わり 、同日15時には消滅した。 台風26号(カルマエギ) [ ] タイフーン カテゴリー1 タイフーン 発生期間 11月14日 — 11月20日 ピーク時の強さ 70 10分間平均 975 11月8日頃にマリアナ諸島近海で形成が始まった低圧部が、12日3時に熱帯低気圧に発達。 (JTWC)は12日6時30分(協定世界時11日21時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、13日6時(協定世界時12日21時)に熱帯低気圧番号 27Wを付番した。 27Wは同日9時にフィリピンの東の北緯12度55分、東経128度50分で台風となり 、アジア名 カルマエギ( Kalmaegi)と命名された。 また、(PAGASA)は同日12時(フィリピン標準時13日11時)に、既に監視エリア内に存在していた26号にフィリピン名 ラモン( Ramon)と命名した。 ゆっくりと北西進し、19日12時には「強い」勢力となった。 20日早朝にから北部に上陸したのち、同日9時に同島の北緯北緯18度、東経122度で熱帯低気圧に変わった。 台風27号(フォンウォン) [ ] シビア・トロピカル・ストーム カテゴリー1 タイフーン 発生期間 11月20日 — 11月22日 ピーク時の強さ 55 10分間平均 990 11月17日頃に近海で形成が始まった低圧部が、18日9時に熱帯低気圧に発達。 (PAGASA)は19日6時にフィリピン名 サラ( Sarah)と命名した。 (JTWC)は同日7時(協定世界時18日22時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、20日0時(協定世界時19日15時)に熱帯低気圧番号 28Wを付番した。 28Wは同日9時に北緯16度5分、東経128度10分で台風となり 、アジア名 フォンウォン( Fung-wong)と命名された。 台風はに接近し、23日3時に東シナ海(付近)の北緯25度、東経126度で熱帯低気圧に変わった。 なお、この台風はこの年の11月に発生した5個目の台風であり、11月に台風が5個以上も発生したのは、1991年以来28年ぶりであった。 台風28号(カンムリ) [ ] タイフーン カテゴリー4 タイフーン 発生期間 11月26日 — 12月6日 ピーク時の強さ 90 10分間平均 950 詳細は「」を参照 11月24日頃に近海で形成が始まった低圧部が、同日21時には熱帯低気圧に発達。 (JTWC)は25日18時に(協定世界時25日9時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、26日6時(協定世界時25日21時)に熱帯低気圧番号 29Wを付番した。 29Wは同日9時にの北緯10度20分、東経149度55分で台風となり 、アジア名 カンムリ( Kammuri)と命名された。 台風は発達しながらゆっくりと西進し、監視エリア内への進入が確認された30日6時(フィリピン標準時30日5時)、(PAGASA)はフィリピン名 ティソイ( Tisoy)と命名された。 台風はカテゴリー1の勢力を保っていたが、フィリピン上陸直前の12月2日9時にカテゴリー4の「非常に強い」勢力に発達しピークを迎えた。 その後、6日0時に南シナ海の北緯12度、東経113度で熱帯低気圧に変わり、同日15時には消滅した。 なお、この台風の発生で当月6個目となり、11月としてはとに並んで過去最多となった。 台風が直撃したを中心に死者13人以上が出たほか、約6万6000人が避難を余儀なくされた。 台風29号(ファンフォン) [ ] タイフーン カテゴリー2 タイフーン 発生期間 12月22日 — 12月28日 ピーク時の強さ 80 10分間平均 970 12月19日頃に近海で形成が始まった低圧部が、20日3時に熱帯低気圧に発達。 (JTWC)は21日15時(協定世界時21日6時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、22日6時(協定世界時21日21時)に熱帯低気圧番号 30Wを付番した。 同日9時にはの北緯8度10分、東経138度10分で台風となり 、アジア名 ファンフォン( Phanfone)と命名された。 (PAGASA)は23日6時(フィリピン標準時23日5時)に監視エリア内に進入したとしてフィリピン名 ウルスラ( Ursula)と命名した。 台風は24日6時には「強い」勢力となり、同日夕方には強い勢力を保ったままフィリピンの付近に上陸し、同地域に大規模な洪水や土砂崩れをもたらした。 その後は南シナ海へ抜け、28日15時に北緯15度、東経114度で熱帯低気圧に変わった後 、29日15時には消滅した。 この台風のアジア名「ファンフォン」はこの台風限りで使用中止となった。 気象庁が「台風」に分類しなかった熱帯低気圧 [ ] 熱帯低気圧の詳細な解析や確定値の発表は行われないため、データは基本的に速報値のみに基づきます。 (PAGASA)がフィリピン名を命名している場合、フィリピン名も併記。 また、熱帯低気圧番号がない場合も、気象庁が熱帯低気圧としたものを以下、単に「TD」と示す。 TD 01W(アマン) [ ] トロピカル・デプレッション トロピカル・デプレッション 発生期間 1月5日 — 1月22日 ピーク時の強さ 30 10分間平均 1004 (JTWC)は1月4日14時30分(協定世界時4日5時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した近海の低圧部に対して、5日6時(協定世界時4日21時)に熱帯低気圧番号 01Wを付番した。 JTWCによると、01Wは6日21時(協定世界時6日12時)に近海で低圧部に降格した。 一方、気象庁は14日頃にで低圧部が形成し、19日15時に近海で熱帯低気圧に発達したと解析した。 20日0時(フィリピン標準時19日23時)に(PAGASA)はフィリピン名 アマン( Amang)と命名した。 気象庁は、21日21時には24時間以内に台風に発達する可能性があるとして熱帯低気圧情報を発表したが、22日15時に取り消した。 01Wは同日21時に天気図から消滅した。 (JTWC)は同日19時(協定世界時14日10時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、15日12時(協定世界時15日3時)に熱帯低気圧番号 03Wを付番した。 03Wは西進しながら(PAGASA)の熱帯低気圧監視エリアに進入し、17日18時(フィリピン標準時17日17時)にフィリピン名 チェデン( Chedeng)と命名された。 03Wは19日の朝にはフィリピンのに上陸し、同日15時に低圧部に降格した。 熱帯低気圧は8日21時に低圧部に降格し、9日21時には低圧部は消滅したが、10日9時に再び熱帯低気圧として発生した。 11日15時にはの東で再び低圧部に降格した。 13日9時に一時低圧部となったが、同日15時に再び熱帯低気圧となった。 15日21時には近海で低圧部に降格した。 27日3時にで温帯低気圧に変わった。 (JTWC)は28日13時30分(協定世界時28日4時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、29日6時(協定世界時28日21時)に熱帯低気圧番号 04Wを付番した。 30日0時(フィリピン標準時29日23時)に、(PAGASA)はフィリピン名 エガイ( Egay)と命名した。 熱帯低気圧はフィリピンの東の海上を北西に進み、2日9時にで消滅した。 7月17日21時にルソン島の西ので熱帯低気圧が形成した。 (JTWC)は18日11時30分(協定世界時18日2時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発したが、19日11時30分(協定世界時19日2時30分)にはTCFAを取り消した。 19日12時(フィリピン標準時19日11時)に、(PAGASA)はフィリピン名 ゴーリン( Goring)と命名した。 熱帯低気圧は北上して台湾付近に接近し、19日21時に消滅した。 熱帯低気圧は8日21時にフィリピンの西海岸沖の南シナ海で消滅した。 19日9時に消滅した。 熱帯低気圧はを北上し、21日21時に付近で消滅した。 (JTWC)は3日6時30分(協定世界時2日21時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発したが、3日9時には気象庁の天気図から消滅した。 JTWCも後にTCFAを取り消した。 5日21時には低圧部に降格し、6日21時には低圧部が消滅した。 からを北上し、10日21時に消滅した。 TD(マリリン) [ ] トロピカル・デプレッション 発生期間 9月10日 — 9月14日 ピーク時の強さ 30 10分間平均 996 9月8日頃に近海で形成が始まった低圧部が、10日15時に熱帯低気圧に発達。 11日3時、気象庁は24時間以内に台風に発達するとの見込みで熱帯低気圧情報を発表し、12日には(PAGASA)の監視エリアに進入したため、フィリピン名 マリリン( Marilyn)と命名された。 (JTWC)も13日18時30分(協定世界時13日9時30分)に熱帯形成警報(TCFA)を発したが、同日21時には気象庁が熱帯低気圧情報を取り消し、JTWCもその後TCFAを取り消した。 マリリンは14日には低圧部に降格した。 やや北西進し、16日3時には北側にあった停滞前線に取り込まれる形で温帯低気圧に変わったが、など沿岸部を中心にまとまった雨となり、では同日18時までの24時間降水量が135. 5mmに達した。 3日15時には消滅した。 同日15時には消滅した。 台風26号の残骸から発達したものとみられる。 の北側を北西進し、28日21時には消滅した。 (JTWC)は12月1日12時(協定世界時1日3時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発したが、翌2日には低圧部に降格し、JTWCも同日18時(協定世界時2日9時)にTCFAを取り消した。 「期間」は熱帯低気圧として存命した期間を表す。 台風が熱帯低気圧に変わった場合、熱低化から消滅までの期間も含む。 「階級」「最大風速」「最低気圧」は、それぞれ上段が気象庁、下段がJTWCの解析によるデータである。 ただし、JTWCのデータがない場合、気象庁のデータのみを表示している。 「出典」の はそれぞれ気象庁HPで公開されている台風の経路図及び位置表のリンクである。 台風13・14号・15号は順番が入れ替わっているが、気象庁が熱帯低気圧として解析した日時の順に示している。 台風22号は11月2日に熱帯低気圧の勢力で東経100度経線を越えて気象庁の観測対象域外に達し、サイクロンとして台風であった時の勢力よりも強い最低気圧980hPaに発達したが、本記事の定義に従い越境前までの情報のみ記載してある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 気象庁の観測対象範囲である東経100度から180度までの北半球。 東北地方は一般に東日本に属するが、気象庁の予報用語では北日本とされている。 2018年に発生しているため、JTWCの熱帯低気圧番号は2018年からの続き番号となっている。 一部の報道機関では22年ぶりとしているが、1997年の台風26号は同年11月に発生しているので、正確には21年と2ヶ月ぶりとなる。 そのため、本記事では「約21年ぶり」と表記している。 IMDが解析する最大風速は3分間の平均値である。 宮古空港での統計開始が2009年であり、宮古島の他の観測地点ではによる85. 厳密には神津島付近で非常に強い勢力に発達したのではなく、神津島での最大風速43. 出典 [ ]• 気象庁 2019年4月19日. 2019年4月27日閲覧。 気象庁 2019年12月23日. 2019年12月23日閲覧。 日本気象協会 2019年1月1日. 2019年1月1日閲覧。 ウェザーニュース 2019年1月5日. 2019年1月5日閲覧。 日本気象協会 2019年1月5日. 2019年1月5日閲覧。 日本気象協会 2019年2月25日. 2019年2月25日閲覧。 exciteニュース 2019年7月26日. 2019年11月10日閲覧。 朝日新聞デジタル 2019年8月7日. 2019年8月7日閲覧。 毎日新聞 2019年8月6日. 2019年8月6日閲覧。 日本気象協会 2019年8月12日. 2019年8月13日閲覧。 ウェザーニュース 2019年8月15日. 2019年11月10日閲覧。 日本気象協会 2019年9月9日. 2019年9月9日閲覧。 デジタル毎日. 毎日新聞社. 2019年10月18日. 2019年11月10日閲覧。 気象庁. 2019年11月10日閲覧。 デジタル毎日. 毎日新聞社. 2019年10月15日. 2019年11月10日閲覧。 デジタル毎日. 毎日新聞社. 2019年10月15日. 2019年10月15日閲覧。 , 2020年2月19日閲覧。 2020年2月19日閲覧• 気象庁 2019年1月1日. 2019年1月1日時点のよりアーカイブ。 2019年1月1日閲覧。 2019年1月5日閲覧。 気象庁 2019年2月20日. 2019年2月20日時点のよりアーカイブ。 2019年2月20日閲覧。 日本気象協会 2019年2月20日. 2019年2月20日閲覧。 日本気象協会 2019年2月23日. 2019年2月27日閲覧。 ウェザーニュース 2019年2月25日. 2019年2月27日閲覧。 デジタル台風 1951年以降2月に発生した台風を最低気圧昇順に並べたもの。 日本気象協会 2019年2月28日. 2019年2月28日閲覧。 気象庁. 2019年4月3日閲覧。 気象庁 2019年6月27日. 2019年6月28日時点のよりアーカイブ。 2019年6月28日閲覧。 日本気象協会 2019年6月27日. 2019年6月27日閲覧。 気象庁 2019年6月28日. 2019年6月28日時点のよりアーカイブ。 2019年6月28日閲覧。 日本気象協会 2019年6月28日. 2019年6月28日閲覧。 気象庁 2019年7月2日. 2019年7月3日時点のよりアーカイブ。 2019年7月2日閲覧。 日本気象協会 2019年7月2日. 2019年7月3日閲覧。 日本気象協会 2019年7月4日. 2019年7月4日閲覧。 気象庁 2019年7月16日. 2019年7月16日時点のよりアーカイブ。 2019年7月16日閲覧。 日本気象協会 2019年7月16日. 2019年7月16日閲覧。 ウェザーニュース 2019年7月20日. 2019年7月27日閲覧。 気象庁 2019年7月20日. 2019年7月22日閲覧。 日本気象協会 2019年7月21日. 2019年7月22日閲覧。 気象庁 2019年7月26日. 2019年7月27日時点のよりアーカイブ。 2019年7月27日閲覧。 日本気象協会 2019年7月26日. 2019年7月27日閲覧。 気象庁 2019年7月27日. 2019年7月27日時点のよりアーカイブ。 2019年7月27日閲覧。 日本気象協会 2019年7月27日. 2019年7月27日閲覧。 気象庁 2019年7月27日. 2019年7月27日時点のよりアーカイブ。 2019年7月27日閲覧。 日本気象協会 2019年7月27日. 2019年7月27日閲覧。 Yahoo! ニュース 個人. 2020年6月5日閲覧。 気象庁 2019年7月31日. 2019年7月31日時点のよりアーカイブ。 2019年7月31日閲覧。 日本気象協会 2019年7月31日. 2019年7月31日閲覧。 気象庁 2019年8月2日. 2019年8月2日時点のよりアーカイブ。 2019年8月2日閲覧。 日本気象協会 2019年8月2日. 2019年8月2日閲覧。 気象庁 2019年8月6日. 2019年8月6日時点のよりアーカイブ。 2019年8月6日閲覧。 日本気象協会 2019年8月6日. 2019年8月6日閲覧。 日本気象協会 2019年8月7日. 2019年8月7日閲覧。 気象庁 2019年8月4日. 2019年8月4日時点のよりアーカイブ。 2019年8月4日閲覧。 日本気象協会 2019年8月4日. 2019年8月4日閲覧。 日本気象協会 2019年8月8日. 2019年8月8日時点のよりアーカイブ。 2019年8月8日閲覧。 日本気象協会 2019年8月13日. 2019年8月13日閲覧。 日テレNEWS24 2019年8月13日. 2019年8月13日閲覧。 気象庁. 2019年11月3日閲覧。 気象庁 2019年8月6日. 2019年8月6日時点のよりアーカイブ。 2019年8月6日閲覧。 日本気象協会 2019年8月6日. 2019年8月6日閲覧。 huffingtonpost 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 気象庁 2019年8月15日. 2019年8月16日時点のよりアーカイブ。 2019年8月16日閲覧。 日本気象協会 2019年8月15日. 2019年8月15日閲覧。 気象庁 2019年8月15日. 2019年8月16日時点のよりアーカイブ。 2019年8月15日閲覧。 気象庁 2019年8月16日. 2019年8月16日時点のよりアーカイブ。 2019年8月16日閲覧。 日本気象協会 2019年8月16日. 2019年8月16日閲覧。 時事通信 2019年8月15日. 2019年8月15日閲覧。 日本気象協会 2019年8月16日. 2019年8月17日閲覧。 気象庁. 2019年11月3日閲覧。 気象庁 2019年8月21日. 2019年8月21日時点のよりアーカイブ。 2019年8月21日閲覧。 日本気象協会 2019年8月21日. 2019年8月21日閲覧。 日本気象協会 2019年8月26日. 2019年8月26日閲覧。 気象庁 2019年8月27日. 2019年8月28日時点のよりアーカイブ。 2019年8月28日閲覧。 日本気象協会 2019年8月27日. 2019年8月28日閲覧。 日本気象協会 2019年8月30日. 2019年8月31日閲覧。 気象庁. 2019年11月3日閲覧。 気象庁 2019年9月2日. 2019年9月2日時点のよりアーカイブ。 2019年9月2日閲覧。 日本気象協会 2019年9月2日. 2019年9月2日閲覧。 日本気象協会 2019年9月5日. 2019年9月7日閲覧。 日本気象協会 2019年9月8日. 2019年9月8日閲覧。 気象庁 2019年9月3日. 2019年9月3日時点のよりアーカイブ。 2019年9月3日閲覧。 日本気象協会 2019年9月3日. 2019年9月3日閲覧。 気象庁 2019年9月5日. 2019年9月5日時点のよりアーカイブ。 2019年9月5日閲覧。 日本気象協会 2019年9月5日. 2019年9月5日閲覧。 気象庁 2019年9月9日. 2019年9月9日時点のよりアーカイブ。 2019年9月9日閲覧。 気象庁 2019年9月9日. 2019年9月9日時点のよりアーカイブ。 2019年9月9日閲覧。 日本気象協会 2019年9月10日. 2019年11月10日閲覧。 気象庁 2019年9月15日. 2019年9月17日時点のよりアーカイブ。 2019年9月17日閲覧。 日本気象協会 2019年9月15日. 2019年9月17日閲覧。 日本気象協会 2019年9月16日. 2019年9月17日閲覧。 気象庁 2019年9月19日. 2019年9月22日時点のよりアーカイブ。 2019年9月22日閲覧。 日本気象協会 2019年9月19日. 2019年9月22日閲覧。 日本気象協会 2019年9月23日. 2019年9月23日閲覧。 気象庁 2019年9月28日. 2019年9月29日時点のよりアーカイブ。 2019年9月29日閲覧。 日本気象協会 2019年9月28日. 2019年9月29日閲覧。 日本気象協会 2019年10月3日. 2019年10月5日閲覧。 ハンギョレ 2019年10月4日. 2019年10月5日閲覧。 2019年10月6日時点のよりアーカイブ。 2019年10月6日閲覧。 日本気象協会 2019年10月6日. 2019年10月6日閲覧。 2019年10月7日時点のよりアーカイブ。 2019年10月7日閲覧。 日本気象協会 2019年10月7日. 2019年10月7日閲覧。 2019年10月10日時点のよりアーカイブ。 2019年10月10日閲覧。 2019年10月12日時点のよりアーカイブ。 2019年10月12日閲覧。 2019年10月13日時点のよりアーカイブ。 2019年10月13日閲覧。 日本気象協会 2019年10月15日. 2019年10月23日閲覧。 2019年10月13日閲覧。 気象庁. 2019年10月12日時点のよりアーカイブ。 2019年10月13日閲覧。 気象庁. 2019年10月12日時点のよりアーカイブ。 2019年10月13日閲覧。 2019年10月13日閲覧。 気象庁 2018年11月5日. 2019年10月14日閲覧。 日本語. Yahoo! ニュース 個人. 2018年9月19日閲覧。 2019年10月16日閲覧。 日本気象協会 2019年10月18日. 2019年10月20日時点のよりアーカイブ。 2019年10月20日閲覧。 2019年10月18日閲覧。 2019年10月23日閲覧。 気象庁 2019年10月19日. 2019年10月20日時点のよりアーカイブ。 2019年10月20日閲覧。 日本気象協会 2019年10月19日. 2019年10月20日閲覧。 日本気象協会 2019年10月25日. 2019年10月27日閲覧。 朝日新聞 2019年10月26日. 2019年11月11日閲覧。 気象庁 2019年10月30日. 2019年11月1日時点のよりアーカイブ。 2019年11月1日閲覧。 日本気象協会 2019年10月30日. 2019年11月1日閲覧。 2019年11月1日閲覧。 気象庁 2019年11月3日. 2019年11月3日時点のよりアーカイブ。 2019年11月3日閲覧。 日本気象協会 2019年11月3日. 2019年11月3日閲覧。 ウェザーニュース 2019年11月5日. 2019年11月5日閲覧。 日本気象協会 2019年11月9日. 2019年11月10日閲覧。 気象庁 2019年11月5日. 2019年11月7日時点のよりアーカイブ。 2019年11月7日閲覧。 日本気象協会 2019年11月5日. 2019年11月7日閲覧。 日本気象協会 2019年11月11日. 2019年11月11日閲覧。 気象庁 2019年11月12日. 2019年11月15日時点のよりアーカイブ。 2019年11月15日閲覧。 日本気象協会 2019年11月12日. 2019年11月15日閲覧。 日本気象協会 2019年11月18日. 2019年11月21日閲覧。 気象庁 2019年11月13日. 2019年11月15日時点のよりアーカイブ。 2019年11月15日閲覧。 2019年11月13日閲覧。 日本気象協会 2019年11月20日. 2019年11月21日閲覧。 気象庁 2019年11月20日. 2019年11月22日時点のよりアーカイブ。 2019年11月22日閲覧。 日本気象協会 2019年11月23日. 2019年11月24日閲覧。 Yahoo! ニュース 個人. 2020年4月20日閲覧。 気象庁 2019年11月26日. 2019年12月1日時点のよりアーカイブ。 2019年12月1日閲覧。 日本気象協会 2019年11月26日. 2019年12月1日閲覧。 AFP 2019年12月7日. 2020年1月21日閲覧。 日本気象協会 2019年12月22日. 2020年1月7日閲覧。 日本気象協会 2019年12月28日. 2020年1月7日閲覧。 日本気象協会 2019年9月16日. 2019年9月17日閲覧。 気象庁. 2018年1月1日閲覧。 RAPPLER 2019年1月3日. 2019年2月1日時点のよりアーカイブ。 2019年2月1日閲覧。 2019年1月5日閲覧。 確定値 [ ]• 31日3時に台風となった。 18日9時に台風となった。 19日21時に温帯低気圧に変わった。 19日15時に台風となった。 6日3時に台風となった。 12日9時に台風となった。 17日21時に 温帯低気圧に変わった。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 気象庁• - 気象庁• 関連する機関.

次の

台風6号2019東京(関東)いつ上陸?最新進路や現在地に新幹線電車や飛行機の影響も!|ENTAMENOTE

台風 6 号 2019 進路

米軍の予想は熱帯低気圧であった 25日時点の予想よりも少し西寄り になっています。 26日の夜から27日にかけて 紀伊半島を通過するので、 近畿地方で雨風に注意が 必要です。 27日のお昼過ぎから 28日の午前中にかけて 東海、関東を通過する 予想になっていますね。 ヨーロッパの進路予想を チェックすると、風の強さを 表す緑色があまり濃くないので そこまで強い台風ではないと 思われます。 27日になると一番濃い緑が 北海道のところに見られますが、 台風は三重県の南の うっすら緑色のところですね。 そして28日には千葉県辺りに 位置していますね。 【スポンサードリンク】 台風6号2019が関東直撃の可能性!? 米軍でもヨーロッパでも 現在のところは東海〜関東を 横断していきそうな予想に なっています。 一番荒れるのはやはり 27日、28日になるでしょう。 梅雨明けから夏本番となると 花火大会やお祭り、 夏フェスなどのイベントの予定も 今週末は多そうですね。 すでに中止が決まっている イベントもあります。 明日予定されていた「狩野川灯ろう流し」は、台風6号の影響で中止となりました。 — 沼津市議 小澤 隆(りゅう) llllnumazullll 2018年も台風の影響で 順延された隅田川花火大会が 今年も順延、もしくは中止の 危機になっていますね。 27日は順延となったとしても 28日の夜は大丈夫だと思うのですが… それぞれイベントの公式 ホームページで開催状況は チェックしてください。 楽しみな夏のイベントが たくさんあるので、 中止となったり順延して 行けなくなったりするかも しれませんが、 まずはやはり人命が大事なので 油断せずに早めに家に帰ったり 避難したり、しっかりと備えましょう。

次の

台風6号の卵(2019)の進路予想・被害状況は?東京や関東圏にはいつくる? | 20代独女の気になるお話

台風 6 号 2019 進路

まだ台風にはなっておらず、進路予想は26日までしか発表されていません。 国内の気象ニュースでは本州に上陸するとされていますが、今後予想が大きく変わってくるのかもしれません。 上陸するとすれば27日(土)から28(日)にかけてなので、今週末に予定されている屋外のイベントには大きな影響が出そうです。 台風7号のたまごの情報については現在のところ発表されておりません。 27日から28日にかけて本州に上陸する予想となっています。 この台風はあまり発達せず接近するとみられていますが、台風対策はしっかり行い、川や崖のそばなど危険な場所へは近づかないようにしましょう。 今週は隅田川の花火大会をはじめ、各地でイベントが予定されています。 出発前に主催者の公式HPなどで情報を確認しましょう。 台風7号たまごの情報は今のところ発表されていません。 気象庁とほぼ同じような予想となっています。 近畿、中部、関東の全域で台風の影響が出そうです。 北上した後に台風が速度を上げる可能性もあるので、台風対策は早めがいいでしょう。 台風7号のたまごの情報は発表されていません。 気象庁とは変わってすでに29日までの進路予想が発表されています。 このまま台風に発達して北上すると本州に上陸する可能性が高いでしょう。 27日から28日は要注意です。 ただ、予報の範囲がとても広く、進路が大きく変わる可能性があります。 黄色で囲まれた雲の塊が台風6号のたまごです。 こちらは24時間以内に台風へと発達する可能性は低いですが、日本に接近する可能性があるので今後の情報に注意が必要です。 現時点では台風7号のたまごは発生していません。 スポンサーリンク 2019年台風6号の影響が心配される関東の花火大会 台風6号が今週末に関東に接近すると予想されるため、関東地方で予定されている花火大会に影響が出る可能性があります。 中止や延期についての確認は公式HPや公式のSNSなどで確認ください。 今のところ台風5号による影響が出ているようです。 沖縄に接近中の台風6号のたまごについても、影響が出てくる可能性があります。 飛行機の運行状況は公式の情報を確認するようにしましょう。 ご利用のお客さまは、最新の運航状況をご確認ください。 本日18日午後も引き続き、複数の空港が悪天候により条件付きの運航となる可能性があります。 また、沖縄那覇、宮古、石垣空港は台風5号の影響により運航への影響が発生しています。 飛行機や鉄道などの交通機関への影響は今のところ発表されていませんが、今後出てくる可能性がります。 台風6号のたまごが台風5号を追う形で、日本に接近した場合は引き続き大雨になる可能性があります。 九州、関東や関西への影響については最新の進路予想が発表され次第更新します。 まとめ 2019年台風6号・7号たまごの沖縄、九州、関東や関西への影響について米軍、気象庁の進路予想を紹介しました。 現在は台風5号が接近中ですが、台風6号、7号と連続して接近する可能性があります。 引き続き台風対策と最新の情報を確認しましょう。

次の