細菌薬通販。 皮膚の病気治療薬通販|犬猫|真菌|ダニ|かゆみ|ぽちたま薬局

市販されていない処方薬を通販で購入!

細菌薬通販

「オリモノが生臭い」「量が多くなった」「膣周りがかゆい」などの症状で悩んでいませんか? 上記の症状が当てはまる人は、 細菌性膣炎かもしれません。 細菌性膣炎は、風邪やストレスなどが理由で発症するので、現代女性にとって身近な病気の一つになります。 淋病やクラミジアなどの性感染症と違って、 セックスだけが原因ではないのが細菌性膣炎の特徴。 繰り返し発症する女性が多いのは、生理や疲れなどの良くあることが引き金となるのが原因です。 この記事では、細菌性膣炎の原因と症状、繰り返さないための予防法まで分かりやすくまとめました。 細菌性膣炎は膣内・腟外・オリモノに様々な症状がでる 細菌性膣炎になると、膣内や膣外、オリモノなどに多様な症状が現れます。 自分にあてはまる症状がないか、以下の内容と照らし合わせてチェックしてみましょう。 オリモノの異常 細菌性膣炎になった際に起こるオリモノの異常は、次の通りです。 チェック項目 状態 臭い 魚臭い、イカ臭い、生臭い 色 灰色、黄色、黄緑色、クリーム色 状態 水っぽい、ネバネバしている 量 増える 細菌性膣炎の症状が、最もわかりやすく現れるのが オリモノになります。 パンティーライナーから溢れるほど水っぽいオリモノが出ていたり、ズボンの上からでも生臭いニオイが分かるなど、 オリモノに異常がある場合は細菌性膣炎になっている可能性が高いです。 オリモノの量が増えたり、臭いがきつくなることは生理などが原因で起こることもありますが、あまりにも度を超えているのであれば、病気の疑いがあります。 膣内外の異常 細菌性膣炎は、オリモノ以外にも症状が出ることがあります。 膣内に炎症が起きている状態なので膣内が痛んだり、細菌が混じったオリモノが排出されることで外陰部に 痒みが起きたりします。 また、炎症が酷くなると 不正出血を起こしてしまうこともあるので注意が必要です。 細菌性膣炎になる原因は? 細菌性膣炎になる大きな原因は、 膣の自浄作用の低下です。 膣内は通常、デーデルライン桿菌という善玉菌が悪玉菌の侵入・繁殖を防いでくれることにより、膣の健康が保たれています。 これを膣の自浄作用というのですが、免疫力の低下などにより機能が弱まると、 悪玉菌の侵入・繁殖を防ぐことができなくなってしまいます。 細菌性膣炎になって、あそこの異常に悩まないためにも、膣の自浄作用を低下させないようにしましょう。 日常のあらゆることが引き金に 細菌性膣炎は、膣の自浄作用が低下することによって起きます。 膣の自浄作用は、 日常のあらゆることが原因で低下してしまうので、どのような原因があるのか確認しましょう。 不規則な生活や、デリケートゾーンの洗い方など、治せることは改善し、膣の抵抗力を少しでも下げないように心がけてください。 妊婦が細菌性膣炎になると早産になる可能性が 妊娠中は、免疫力が下がってしまうため細菌性膣炎にかかりやすくなります。 日本感染症学会でも、妊婦が細菌性膣炎にかかった場合の危険性について、以下のように述べられています。 妊婦の細菌性膣症は、絨毛膜羊膜炎、正期前の低出生体重児、産褥性子宮内膜炎などと関係がある。 特に、妊娠後期に細菌性膣症が起これば、早産、新生児の肺炎・髄膜炎・菌血症などの感染症の原因ともなる。 引用元: 上述のように、妊婦の細菌性膣炎の発症は、早産の原因になるとされています。 また、 生まれてきた赤ちゃんが肺炎などの感染症を起こしてしまう可能性があり、大変危険だということがわかります。 妊娠中にオリモノの量が増えたり臭いが強くなることは、女性ホルモンの関係でよくあることです。 しかし、「このぐらいで病院に行くのはちょっと…」とオリモノの異常を放っておくと、細菌性膣炎などの病気を見逃してしまうことになります。 膣洗浄• 内服薬• 軟膏 病状や医師の方針によっても、治療方法に違いがあります。 それぞれの治療方法について、以下の内容で詳しく解説していきます。 膣洗浄 膣内に溜まった細菌や、細菌の残骸を洗い流します。 病院で細菌性膣炎と診断されると、最初の段階で膣内洗浄をして、次の薬物治療に臨むことが多いです。 膣錠(フラジール・クロマイ膣錠・ハイセチン膣錠など) 膣内に繁殖した悪い細菌を、抗菌作用のある膣錠を挿入して殺菌します。 抗生物質を使うと、悪玉菌と一緒にデーデルライン桿菌などの善玉菌まで殺菌してしまうので、乳酸菌の膣錠を併用することも多いです。 1日1錠を挿入して1週間ほど治療した後、再度検査して問題がなければ完治したとされます。 内服薬 細菌性膣炎は膣錠を用いて治療することが多いのですが、抗生物質の内服薬を使用する場合もあります。 抗生物質を服用すると下痢が起こりやすくなるので、乳酸菌の錠剤も併用して副作用を軽減します。 妊娠中の細菌性膣炎の治療は、内服薬ではなく膣錠を用いることが一般的です。 外陰部の痒みには塗り薬 オリモノや膣内の異常に加え、外陰部に痒みやただれがある場合は軟膏を処方されます。 症状を伝えていないと処方してもらえないことがあるので、痒みなどがある場合はあらかじめ医師に相談しておきましょう。 細菌性膣炎を何度もぶり返してしまう理由 細菌性膣炎を発症している人の声を聞いてみると 「治療をしても何度もぶり返す」と悩んでいる人が多い印象を受けます。 きちんと治療をして完治したはずなのに、どうして再発症してしまうのでしょうか。 細菌性膣炎を繰り返し発症してしまう原因をまとめました。 抗生物質の使用で膣内が弱くなるから 細菌性膣炎になると、抗生物質を用いて治療するのが一般的です。 悪玉菌を退治する目的で使用するのですが、膣内環境を守る善玉菌まで殺菌してしまうので、 治療後の膣内はとても弱い状態になってしまいます。 この間に、外から細菌が入ることにより、 再度膣内に悪玉菌が増殖してしまうのです。 「完治して1週間後にぶり返した…」という人がいるのは、抗生物質により膣が弱くなったことが原因といえます。 弱った膣内に細菌が侵入しないよう、治療後は陰部を清潔に保つよう心がけましょう。 根本の原因を変えないとぶり返す 細菌性膣炎は、疲労やストレス、生活習慣の乱れが原因で発症します。 きちんと治療をしても、根本的な原因を改善しないと膣の自浄作用が高まらず、 再発症してしまいます。 とはいえ、仕事や家事に忙しい現代の女性にとって、全ての原因を排除するのは困難です。 膣の健康をサポートするアイテムがいくつかあるので、細菌性膣炎を予防したい人は頼ってみるのもよいでしょう。 薬局、通販で買える細菌性膣炎の予防グッズ 膣の自浄作用をサポートして、細菌性膣炎を予防しましょう。 膣の自浄作用をサポートするアイテムは、ドラッグストアなどの薬局でも市販されていますし、通販で購入することもできます。 体全体の抵抗力を高めるサプリや、膣内に直接アプローチするアイテムなど、さまざまな方法があります。 自分のライフスタイルに適した予防方法をおこない、細菌性膣炎を発症するリスクを軽減しましょう。 ヨーグルトやビオフェルミンで腸内環境を整える 体が健康な状態ではないと、膣の抵抗力も下がってしまいます。 疲労や睡眠不足によって体調を崩しがちな人は、 腸内環境を整えて体全体の免疫力をアップしましょう。 多くの医者や研究者が、腸内環境の改善が免疫力のアップにつながると唱えており、腸は人体で最大の免疫器官といわれるほどです。 厚生労働省でも、体の健康と腸内細菌の関係について以下のように考察されています。 腸内には細菌がおよそ100種類、100兆個も生息していることが知られています。 体の健康には、この腸内細菌に占めるビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が占める割合を増やすことが重要です。 引用元: 上記の内容を簡単にまとめると、体の健康を維持するためには腸内の 善玉菌を増やすことが大切ということです。 ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、ヨーグルトやサプリから摂取することができます。 ヨーグルトはスーパーやコンビニで購入できますし、ビオフェルミンや乳酸菌サプリは薬局や通販で購入できます。 体の免疫力を上げることで、膣の健康もサポートできます。 疲労や生活習慣の乱れが原因で細菌性膣炎にかかりやすい人は、腸内環境を整えて細菌に負けない体づくりをすることが大切ではないでしょうか。 洗いすぎにはデリケートゾーン専用の石鹸 ストレスや疲労を特に感じていないのに何度も細菌性膣炎を繰り返してしまう人は、 デリケートゾーンを洗いすぎていることが原因かもしれません。 一般的な ボディーソープは洗浄力が強すぎるため、膣内の善玉菌まで洗い流してしまいます。 「石鹸を変えたら細菌性膣炎にかからなくなった」という人もいるので、体の不調に心当たりがないのであれば石鹸を変えてみるのも一つの方法です。 デリケートゾーン専用の石鹸は、市販や通販で購入できます。 どのような商品があるのか詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

次の

感じる細菌学×抗菌薬 染方史郎の楽しく覚えず好きになるの通販/染方 史郎

細菌薬通販

「オリモノが生臭い」「量が多くなった」「膣周りがかゆい」などの症状で悩んでいませんか? 上記の症状が当てはまる人は、 細菌性膣炎かもしれません。 細菌性膣炎は、風邪やストレスなどが理由で発症するので、現代女性にとって身近な病気の一つになります。 淋病やクラミジアなどの性感染症と違って、 セックスだけが原因ではないのが細菌性膣炎の特徴。 繰り返し発症する女性が多いのは、生理や疲れなどの良くあることが引き金となるのが原因です。 この記事では、細菌性膣炎の原因と症状、繰り返さないための予防法まで分かりやすくまとめました。 細菌性膣炎は膣内・腟外・オリモノに様々な症状がでる 細菌性膣炎になると、膣内や膣外、オリモノなどに多様な症状が現れます。 自分にあてはまる症状がないか、以下の内容と照らし合わせてチェックしてみましょう。 オリモノの異常 細菌性膣炎になった際に起こるオリモノの異常は、次の通りです。 チェック項目 状態 臭い 魚臭い、イカ臭い、生臭い 色 灰色、黄色、黄緑色、クリーム色 状態 水っぽい、ネバネバしている 量 増える 細菌性膣炎の症状が、最もわかりやすく現れるのが オリモノになります。 パンティーライナーから溢れるほど水っぽいオリモノが出ていたり、ズボンの上からでも生臭いニオイが分かるなど、 オリモノに異常がある場合は細菌性膣炎になっている可能性が高いです。 オリモノの量が増えたり、臭いがきつくなることは生理などが原因で起こることもありますが、あまりにも度を超えているのであれば、病気の疑いがあります。 膣内外の異常 細菌性膣炎は、オリモノ以外にも症状が出ることがあります。 膣内に炎症が起きている状態なので膣内が痛んだり、細菌が混じったオリモノが排出されることで外陰部に 痒みが起きたりします。 また、炎症が酷くなると 不正出血を起こしてしまうこともあるので注意が必要です。 細菌性膣炎になる原因は? 細菌性膣炎になる大きな原因は、 膣の自浄作用の低下です。 膣内は通常、デーデルライン桿菌という善玉菌が悪玉菌の侵入・繁殖を防いでくれることにより、膣の健康が保たれています。 これを膣の自浄作用というのですが、免疫力の低下などにより機能が弱まると、 悪玉菌の侵入・繁殖を防ぐことができなくなってしまいます。 細菌性膣炎になって、あそこの異常に悩まないためにも、膣の自浄作用を低下させないようにしましょう。 日常のあらゆることが引き金に 細菌性膣炎は、膣の自浄作用が低下することによって起きます。 膣の自浄作用は、 日常のあらゆることが原因で低下してしまうので、どのような原因があるのか確認しましょう。 不規則な生活や、デリケートゾーンの洗い方など、治せることは改善し、膣の抵抗力を少しでも下げないように心がけてください。 妊婦が細菌性膣炎になると早産になる可能性が 妊娠中は、免疫力が下がってしまうため細菌性膣炎にかかりやすくなります。 日本感染症学会でも、妊婦が細菌性膣炎にかかった場合の危険性について、以下のように述べられています。 妊婦の細菌性膣症は、絨毛膜羊膜炎、正期前の低出生体重児、産褥性子宮内膜炎などと関係がある。 特に、妊娠後期に細菌性膣症が起これば、早産、新生児の肺炎・髄膜炎・菌血症などの感染症の原因ともなる。 引用元: 上述のように、妊婦の細菌性膣炎の発症は、早産の原因になるとされています。 また、 生まれてきた赤ちゃんが肺炎などの感染症を起こしてしまう可能性があり、大変危険だということがわかります。 妊娠中にオリモノの量が増えたり臭いが強くなることは、女性ホルモンの関係でよくあることです。 しかし、「このぐらいで病院に行くのはちょっと…」とオリモノの異常を放っておくと、細菌性膣炎などの病気を見逃してしまうことになります。 膣洗浄• 内服薬• 軟膏 病状や医師の方針によっても、治療方法に違いがあります。 それぞれの治療方法について、以下の内容で詳しく解説していきます。 膣洗浄 膣内に溜まった細菌や、細菌の残骸を洗い流します。 病院で細菌性膣炎と診断されると、最初の段階で膣内洗浄をして、次の薬物治療に臨むことが多いです。 膣錠(フラジール・クロマイ膣錠・ハイセチン膣錠など) 膣内に繁殖した悪い細菌を、抗菌作用のある膣錠を挿入して殺菌します。 抗生物質を使うと、悪玉菌と一緒にデーデルライン桿菌などの善玉菌まで殺菌してしまうので、乳酸菌の膣錠を併用することも多いです。 1日1錠を挿入して1週間ほど治療した後、再度検査して問題がなければ完治したとされます。 内服薬 細菌性膣炎は膣錠を用いて治療することが多いのですが、抗生物質の内服薬を使用する場合もあります。 抗生物質を服用すると下痢が起こりやすくなるので、乳酸菌の錠剤も併用して副作用を軽減します。 妊娠中の細菌性膣炎の治療は、内服薬ではなく膣錠を用いることが一般的です。 外陰部の痒みには塗り薬 オリモノや膣内の異常に加え、外陰部に痒みやただれがある場合は軟膏を処方されます。 症状を伝えていないと処方してもらえないことがあるので、痒みなどがある場合はあらかじめ医師に相談しておきましょう。 細菌性膣炎を何度もぶり返してしまう理由 細菌性膣炎を発症している人の声を聞いてみると 「治療をしても何度もぶり返す」と悩んでいる人が多い印象を受けます。 きちんと治療をして完治したはずなのに、どうして再発症してしまうのでしょうか。 細菌性膣炎を繰り返し発症してしまう原因をまとめました。 抗生物質の使用で膣内が弱くなるから 細菌性膣炎になると、抗生物質を用いて治療するのが一般的です。 悪玉菌を退治する目的で使用するのですが、膣内環境を守る善玉菌まで殺菌してしまうので、 治療後の膣内はとても弱い状態になってしまいます。 この間に、外から細菌が入ることにより、 再度膣内に悪玉菌が増殖してしまうのです。 「完治して1週間後にぶり返した…」という人がいるのは、抗生物質により膣が弱くなったことが原因といえます。 弱った膣内に細菌が侵入しないよう、治療後は陰部を清潔に保つよう心がけましょう。 根本の原因を変えないとぶり返す 細菌性膣炎は、疲労やストレス、生活習慣の乱れが原因で発症します。 きちんと治療をしても、根本的な原因を改善しないと膣の自浄作用が高まらず、 再発症してしまいます。 とはいえ、仕事や家事に忙しい現代の女性にとって、全ての原因を排除するのは困難です。 膣の健康をサポートするアイテムがいくつかあるので、細菌性膣炎を予防したい人は頼ってみるのもよいでしょう。 薬局、通販で買える細菌性膣炎の予防グッズ 膣の自浄作用をサポートして、細菌性膣炎を予防しましょう。 膣の自浄作用をサポートするアイテムは、ドラッグストアなどの薬局でも市販されていますし、通販で購入することもできます。 体全体の抵抗力を高めるサプリや、膣内に直接アプローチするアイテムなど、さまざまな方法があります。 自分のライフスタイルに適した予防方法をおこない、細菌性膣炎を発症するリスクを軽減しましょう。 ヨーグルトやビオフェルミンで腸内環境を整える 体が健康な状態ではないと、膣の抵抗力も下がってしまいます。 疲労や睡眠不足によって体調を崩しがちな人は、 腸内環境を整えて体全体の免疫力をアップしましょう。 多くの医者や研究者が、腸内環境の改善が免疫力のアップにつながると唱えており、腸は人体で最大の免疫器官といわれるほどです。 厚生労働省でも、体の健康と腸内細菌の関係について以下のように考察されています。 腸内には細菌がおよそ100種類、100兆個も生息していることが知られています。 体の健康には、この腸内細菌に占めるビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が占める割合を増やすことが重要です。 引用元: 上記の内容を簡単にまとめると、体の健康を維持するためには腸内の 善玉菌を増やすことが大切ということです。 ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、ヨーグルトやサプリから摂取することができます。 ヨーグルトはスーパーやコンビニで購入できますし、ビオフェルミンや乳酸菌サプリは薬局や通販で購入できます。 体の免疫力を上げることで、膣の健康もサポートできます。 疲労や生活習慣の乱れが原因で細菌性膣炎にかかりやすい人は、腸内環境を整えて細菌に負けない体づくりをすることが大切ではないでしょうか。 洗いすぎにはデリケートゾーン専用の石鹸 ストレスや疲労を特に感じていないのに何度も細菌性膣炎を繰り返してしまう人は、 デリケートゾーンを洗いすぎていることが原因かもしれません。 一般的な ボディーソープは洗浄力が強すぎるため、膣内の善玉菌まで洗い流してしまいます。 「石鹸を変えたら細菌性膣炎にかからなくなった」という人もいるので、体の不調に心当たりがないのであれば石鹸を変えてみるのも一つの方法です。 デリケートゾーン専用の石鹸は、市販や通販で購入できます。 どのような商品があるのか詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

次の

犬猫の膀胱炎治療薬通販|症状・原因|効果|くすりペットナビ

細菌薬通販

クロマイ膣錠は、細菌性膣炎の治療に使われる薬です。 クロマイ膣錠の効果 クロマイ膣錠は細菌性膣炎に効果があります。 カンジダ膣炎には効果がありません。 クロマイ膣錠のジェネリックは クロマイ膣錠のジェネリック医薬品は、ハイセチン膣錠です。 どちらも成分 一般名 はクロラムフェニコールです。 クロマイ膣錠の使い方(入れ方) クロマイ膣錠は膣内に挿入し、患部に直接作用します。 間違ってクロマイ膣錠を飲まないよう注意してください。 クロマイ膣錠は、一般に1日1回、1回1錠を寝る前に使用することが多いです。 ただし、医師の指示があればそれに従ってください。 クロマイ膣錠を使用する前に、必ず手指をきれいに洗い、水分をしっかり拭き取ってください。 クロマイ膣錠は、吸湿するとバラバラに崩壊する性質があるので、濡れた手で扱わないよう注意しましょう。 外陰部も清潔にしたら、「人差し指と中指ではさむ」または「人差し指の指先にのせる」などの方法で、膣内のできるだけ膣の深いところに押し込みます。 このとき体に力が入っていると、膣の痛みを感じることがあります。 深呼吸をするなどして、体の力をぬきましょう。 膝をつく、座る、仰向けに寝るなど、自分の楽な姿勢を見つけてみましょう。 膣の入り口が湿っているほうが、挿入時の痛みが軽減されるので、入浴後のタイミングでクロマイ膣錠を挿入するのも良いでしょう。 ただし、就寝前でない場合は、薬が流れ出てしまわないよう注意が必要です。 挿入後すぐの激しい運動などは避けましょう。 クロマイ膣錠を1週間使用しても症状が治まらない場合は、医師に相談してください。 クロマイ膣錠は、膣内の良い菌も殺してしまう欠点があります。 効果が見られないのに安易に長期使用すると、膣内の細菌のバランスが崩れ、さらに他の膣炎などが発症する可能性もあります。 クロマイ膣錠は細菌性膣炎の治療薬ですが、全ての原因菌に効果があるわけではありません。 クロマイ膣錠で治らない場合は、他の薬を試す場合もあります。 自己判断で使用せず、必ず医師に相談しましょう。 クロマイ膣錠は生理中に使用できるか 生理中にクロマイ膣錠を膣に挿入しても、生理の経血で膣外に押し出されることがあります。 生理中は一時的に使用を中止したらいいと思います。 迷う場合は医師に相談しましょう。 クロマイ膣錠は妊娠中に使用できるか クロマイ膣錠は妊娠中にも使用できます。 クロマイ膣錠の副作用 クロマイ膣錠の添付文書によると 重大な副作用として、ショック、アフィフィラキシーが表れることがあるようです。 その他の副作用として、過敏症で発疹、そう痒、局所の発赤、局所の刺激、局所のびらん、接触性皮膚炎、全身性皮疹、紅斑 クロマイ膣錠の添付文書 クロマイ膣錠の添付文書は第一三共株式会社のホームページで確認することができます。 medicallibrary-dsc. pdf クロマイ膣錠の入手方法〜楽天やAmazon(アマゾン)で購入できるか? クロマイ膣錠は病院で処方してもらうことができます。 市販の医薬品ではないので、薬局薬店やドラッグストアーでは販売していません。 楽天やAmazon(アマゾン)などの通販サイトで購入することもできません。 入手できるのは海外からの個人輸入代行サイトから通販で購入することができます。 おすすめのサイトはファミリーファーマシーグローバルまたは空詩堂です。 クロマイ膣錠はオオサカ堂で購入できるか クロマイ膣錠はオオサカ堂では販売していません。 クロマイ膣錠と一緒に飲むといいものは 価格:2561円(税込、送料無料 ビオスリーHi錠もいいみたい 最近、知り合いにすすめられて、 ビオスリーHi錠を飲み始めました。 このビオスリーHi錠には乳酸菌のほか、酪酸菌、糖化菌が配合されているようです。 酪酸菌、糖化菌と言われてもよく分かりませんが、善玉菌の種類のようです。 効果としては、細菌性膣炎というより、便秘や軟便と書かれています。 でも、体の中に善玉菌が増えて、体調がよくなり、細菌性膣炎にかかりにくくなればラッキー、 細菌性膣炎には効果がなくても、体調がよくなればいいなと思い購入しました。 近所の薬局薬店ドラッグストアーを5件ぐらい回りましたが、置いていなかったので、結果的Amazonで買いました。 楽天でも売っています。 値段は約2000円ぐらいです。 (定価は 270錠入りが一番コスパがよかったのでこれを買いました。 1回2錠で1日3回服用です。 小さくて飲みやすい薬です。 45日分です。 結果は飲んで3日目からバナナうんちががすっきりでるようになりました。 私にはビオスリーHi錠があっているようです。 ただし、細菌性膣炎予防に効果があるかはまだ分かりません。 このような乳酸菌関連の薬は効果に個人差があるので、いろいろ試してみて自分に合ったのを服用するのがいいそうです。 ティーツリーオイルもいいみたいです。 クロマイ膣錠は溶けて出てくることがある。 クロマイ膣錠は、クロラムフェニコール系の抗生物質で、細菌性膣炎の治療に使われます。 クロマイ膣錠は膣内に直接挿入する錠剤で、患部に直接作用します。 細菌性膣炎の治療に最もよく使われる薬で、普通、1週間投与されます。 一般に1日1回、1回1錠を主に就寝前に使用しますが、医師の指示がある場合はそれに従います。 就寝前に使用するのは、クロマイ膣錠が患部から流れ出てしまう心配が少ないからです。 就寝前以外のタイミングで使用する場合は、クロマイ膣錠挿入後20〜30分程度は激しい運動などは避けた方が良いでしょう。 クロマイ膣錠は、副作用の少ない薬ですが、まれにかゆみや局所の発赤・刺激・びらんなどが起こることがあります。 呼吸困難、発疹、血圧低下などの症状がみられた場合は、ショックやアナフィラキシーなど重篤な副作用の場合があります。 そのような場合はすぐに医師に連絡してください。 細菌性膣炎は、いろいろな細菌が原因となって発症します。 そのためクロマイ膣錠を使用しても、効果がない場合もあります。 クロマイ膣錠が効けば2〜3日程度で症状は治まってきますが、治まらない場合は、他の薬を試すこともあります。 クロマイ膣錠は、臭いの元となるガードネラ菌に効果がありますが、それと同時に膣内を守っている乳酸桿菌も殺してしまいます。 膣内に乳酸桿菌や細菌がいなくなると、カンジダが増えてしまう可能性があります。 膣内はとてもデリケートで、乳酸桿菌とその他の細菌のバランスが取れた状態で守られています。 クロマイ膣錠は、細菌性膣炎の治療に欠かせない薬ですが、良い菌にも影響を及ぼすので、膣内のバランスを崩す原因にもなります。 クロマイ膣錠の効果が見られないのに使用を続けたり、「もう症状が治まったから」と途中でクロマイ膣錠の使用を止めたりすると、膣内のバランスが大きく崩れ、他の病気を引き起こしてしまうかもしれません。 自分で判断せず、必ず医師に相談して使用しましょう。 クロマイ膣錠体験談〜しぶとい細菌性膣炎に使用しました。 私は山口県在住のアツコといいます。 私が細菌性膣炎になったきっかけは性交渉からでした。 性交渉の翌日、膣に急激な痒みがあり、病院に行くと「細菌性膣炎」と言われ、膣に傷がつきバイ菌がついたとのことでお薬を処方されました。 その時はお薬を飲んですぐ症状が治まったため安心していたのですが、それをきっかけに、身体に疲れがたまったり風邪で抗生物質を飲んだりするたびに膣が痒くなるようになりました。 自分ではまさか細菌性膣炎がぶり返しているとは思わず、市販のデリケートゾーン用の塗り薬を使用したりしましたが、塗り薬を塗るとなぜか更に痒みが悪化して我慢できないほどに酷くなるように。 痒みのほかに不快な匂いやチーズ状の塊になったおりものも出るようになり、周囲の人に気付かれるのではないかと気になって人に会うのも気が引ける生活でした。 頻繁にトイレにかけこんではウォシュレットで膣を洗い、しかしまたすぐ再発してくる不快な匂いと痒みとおりものに頻繁に悩まされていました。 これはおかしいと思い自分でインターネットで調べてみたところ、体調不良やストレス・抗生物質の服用等で細菌性膣炎を繰り返すことがあるとのこと。 過剰な膣内の洗浄も良くなかったようで、逆に膣内の良い菌まで洗い流してしまい、更に症状が悪化するとのことで愕然としました。 それからきちんと病院を受診し、専用の膣錠というお薬をもらい症状を治めるほか、自分でも再発防止のために生活に気を付けるようになりました。 疲れをためないように栄養をしっかりとり睡眠時間も十分に確保して、口コミで評判だったヨーグルトを毎朝食べるようにしました。 そうしていくうちに段々再発の頻度も少なくなり、今ではすっかり細菌性膣炎とは無縁の生活を送っています。 一度細菌性膣炎にかかると、しつこい再発に悩まされとてもストレスになり、女性としてもとても恥ずかしく窮屈な思いをするようになります。 性交渉の際には清潔さに十分気を付けること、疲労やストレスをためないように休息や睡眠を大切にし、健康な生活を送ることが大切なのだと思い知らされた経験でした。

次の