海上 自衛隊 幹部 名簿。 【高級幹部】海上自衛隊 海将補名簿氏名一覧|2019年7月版

自衛隊トップ人事で大番狂わせ?海上幕僚長就任確実視された山下元海将、ひっそり勇退の全真相

海上 自衛隊 幹部 名簿

海上幕僚長に就任した山村浩氏(左/海上自衛隊HPより) やはり、落ち着くべきところに落ち着いたといったところか。 3月19日、自衛隊高級幹部人事の交代が発表された。 制服組トップの統合幕僚長には山崎幸二陸上幕僚長が、 海上幕僚長には山村浩海上幕僚副長がそれぞれ就くこととなった。 発令は4月1日付。 いずれも、2018年4月22日付当サイト記事において予想した範囲内の人事である。 この人事をめぐって制服組自衛官、なかでも海上自衛隊内部では安堵ともいえる空気感に包まれているという。 艦艇畑の2佐は、その様子を次のように語った。 「切れ者として知られ、次期海幕長の有力候補だった 山下万喜(かずき)海将が勇退することになり、平成も終わり、次の時代の海自のリーダー像がはっきりした感があります」 ここ数年来、海自内外においては、新海幕長には海自現場部門のトップである自衛艦隊司令官だった山下元海将が最右翼といわれてきた。 だが、結果はそうならなかった。 今回は、そんな新海幕長人事の舞台裏に迫ってみたい。 とりわけ海自は、その色合いが濃い。 人事は霞が関の中央官庁と同じく、「この椅子に座れば、次はこの椅子」と、遠い将来の人事がほの見えてくるところがある。 次期海幕長の椅子を射程圏内とする、これらの重要ポストのなかでも「格上」とされる2つの職、自衛艦隊司令官と佐世保地方総監を務めたのが山下元海将だった。 若い頃から「海自のホープ」と音に聞こえた俊秀ぶりから、海自内外では誰もが「いずれは山下海幕長の誕生」を信じて疑わなかったという。 「あまりにも輝いているので、同年代の人材が全員霞んでみえた」 東京・市ヶ谷の防衛省近く。 若手幹部時代から、「まだまだ組織から試されている立場」である1佐になってすぐの頃の山下元海将は、頭脳明晰で桁外れな行動力を持ち、将来、国防の重責を担う部下や後輩幹部自衛官には熱く丁寧な指導を施し、下士官(曹士自衛官)にも気配りを忘れなかった。 そのため、上司はもちろん部下や後輩からも、まさに非の打ちどころのないナイスガイとして音に聞こえた「名士」だったという。 そうした呼び声もあってか、山下元海将の海幕長就任は「遅かれ早かれ実現する」という見方が衆目の一致するところだった。

次の

統合幕僚監部の人物一覧

海上 自衛隊 幹部 名簿

さて、陸上自衛隊の、に続き、2019年7月版の海上自衛隊・海将一覧を作成した。 2019年7月15日現在で海将の任にあり、我が国と世界の平和に重い責任を担う最高幹部の数は、17名。 特徴的なところで言えば、28期からが海上幕僚長に着任したにも関わらず、27期のが退役にならず、情報本部長のポストにあることだろうか。 他の27期の最高幹部は、山村の昇任とともに全て勇退となったことから考えても、これは異例のことだ。 元々情報本部長は、防衛大臣が設置する防衛省の特別の機関である「防衛会議」の一員という、非常に重要な職責を担っている。 なお防衛会議のメンバーは、制服組自衛官から招集されるのは統合幕僚長に加え、陸海空の各幕僚長、それに情報本部長の5名のみである。 そのようなことを考え合わせると、2019年4月に大塚を容易に勇退とするわけにはいかない、何か特別な事案があったのだろうか。 軍事上のインテリジェンスを掌握する立場であるだけに、非常に気になるところだが、それでもおそらく、2019年夏の将官人事でようやく、勇退を認めて貰えるのではないだろうか。 その他、28期である山村の海幕長着任で、海上自衛隊の最高幹部の若返りが進んだ。 28期組の幹部も、2019年夏に何名かが退役になると、ますます世代交代が進むだろう。 そういった意味でも、間もなく発令されるであろう将官人事を楽しみに待ちたいと思う。 なお、例によってアイキャッチ画像の美しい女性は、海将一覧とは何の関係もない。 オッサンだらけの海将のご紹介に際して、強く美しい女性自衛官の活躍をご紹介しようと思い、統合幕僚監部の公式ツイッターから拝借したものだ。 アフリカのソマリア沖で活躍する、派遣海賊対処行動水上部隊(DSPE)「あさぎり」に乗船し、大きな責任を任されている女性隊員の仕事中の一コマである。 (画像提供:) 海将名簿氏名一覧(2019年7月15日現在) 氏名 期別 生年月日 (昭和) 出身地 昇任 (西暦) 補職 ひとこと 27 35年8月 東京 2015. 08 情報本部長 小学校の頃の夢は「提督」、有言実行の海の男 28期の山村が海幕長に昇ったが、今も要職にある27期最後の幹部だ 28 37年1月 神奈川 2019. 04 海上幕僚長 下馬評を覆し、25期の村川からバトンを引き継ぐ 水上艦艇畑のエリートコースを真っ直ぐに昇りトップを極めた 28 36年2月 茨城 2015. 12 佐世保 地方総監 海自固定翼機出身のエリート 現場のトップである佐世保の総監に昇ったが、現職が勇退ポストになるだろう 28 36年12月 神奈川 2016. 12 防衛装備庁長官官房装備官 面倒見の良さで知られる補給マン。 防大ボート部出身の細マッチョ 28 相当 35年8月 兵庫 2017. 12 潜水艦隊 司令官 京都大出身のサブマリナー。 統幕の部長相当職に2度に渡り補職。 29 36年6月 千葉 2016. 07 横須賀 地方総監 ヘリコプター部隊で積み上げた飛行のエキスパート。 海軍航空隊の伝統を引き継ぐ男。 29 38年1月 滋賀 2016. 12 自衛艦隊 司令官 海無し県から世界屈指の海自戦力司令官に 軍人外交にも通じるシーマンシップの紳士 29 37年10月 青森 2017. 08 呉地方総監 日本海軍以来の呉にあって、地方隊を率いる。 世界に誇る海自の固定翼航空機部隊指揮官出身のエリートだ 29 37年12月 鹿児島 2017. 12 舞鶴地方総監 経理出身で後方支援のスペシャリスト 座右の銘は「不進即退」(立ち止まることは退くこと) 29 37年8月 神奈川 2017. 12 海上自衛隊 補給本部長 応用物理の工学博士で技術系のエキスパート。 整備・補給系の要職でも活躍。 30 相当 37年6月 大阪 2017. 08 海上幕僚副長 一般大卒で30期海将一番乗り 笑顔の素敵な坊主頭 30 39年2月 徳島 2017. 12 護衛艦隊 司令官 絵に描いたような真面目顔なのに笑顔がとても魅力的。 掃海隊群司令としても活躍。 30 39年1月 鹿児島 2018. 03 教育航空集団 司令官 海軍伝統の鹿児島出身最高幹部。 ポーカーフェイスでカッコよく一般人にもファンが多い。 30 38年12月 愛媛 2019. 04 統合幕僚監部運用部長 練習艦隊司令官も務めた艦艇畑のトップエリート統合運用の要・統幕で運用部長の重責を担う 31 37年12月 滋賀 2018. 08 大湊地方総監 31期1選抜で海将補・海将に昇任 青森以北の海の安全を担うトップエリート 31 37年12月 東京 2018. 12 航空集団 司令官 31期の1選抜で海将に昇任 世界に誇る海自の航空戦力を統率する 乾悦久 31 39年7月 静岡 2019. 04 海上自衛隊 幹部学校長 27代齋藤隆、28代吉川榮治海幕長の副官も務めた艦艇屋。 後方支援の知見も十分。 我が国と世界の平和に重い責任を担う皆様の活躍を、心から応援しています!.

次の

【高級幹部】陸上自衛隊 陸将名簿氏名一覧|2019年7月版

海上 自衛隊 幹部 名簿

自衛隊の階級 ご存知の方も多いかと思いますが、自衛隊は階級社会です。 この階級によって役職や責任度合い、定年退官の年齢、給料なども大きく異なります。 大きく分けると、幹部と曹士に分かれるのですが、さらに細かく見ると16階級に分かれます。 階級は陸海空でほとんど同じですが、階級章は陸海空でそれぞれ異なります。 共通呼称 階級章・呼称 定年 陸上自衛隊 海上自衛隊 航空自衛隊 幹部 将官 統合幕僚長 陸上幕僚長 海上幕僚長 航空幕僚長 62 幕僚長 60 将 陸将 海将 空将 将補 陸将補 海将補 空将補 佐官 1佐 1等陸佐 1等海佐 1等空佐 56 2佐 2等陸佐 2等海佐 2等空佐 55 3佐 3等陸佐 3等海佐 3等空佐 尉官 1尉 1等陸尉 1等海尉 1等空尉 54 2尉 2等陸尉 2等海尉 2等空尉 3尉 3等陸尉 3等海尉 3等空尉 准尉 准陸尉 准海尉 准空尉 曹士 曹 曹長 陸曹長 海曹長 空曹長 1曹 1等陸曹 1等海曹 1等空曹 2曹 2等陸曹 2等海曹 2等空曹 53 3曹 3等陸曹 3等海曹 3等空曹 士 士長 陸士長 海士長 空士長 — 1士 1等陸士 1等海士 1等空士 — 2士 2等陸士 2等海士 2等空士 — 3士 (旧自衛隊生徒) 現在、階級はありません 3等陸士 3等海士 3等空士 — 以上が自衛官の全階級となります。 各階級の職務について 幕僚長 陸海空自衛官のトップにあたる役職が幕僚長なのですが、6年間の自衛隊生活の中で実際にお会いしたことはないくらい雲の上のような存在の方です。 幕僚長には、陸海空、全自衛隊を統括する統合幕僚長、陸上自衛隊を統括する陸上幕僚長(陸幕長)、海上自衛隊を統括する海上幕僚長(海幕長)、航空自衛隊を統括する航空幕僚長(空幕長)の計4名が該当します。 統合幕僚長 統合幕僚長は統合幕僚監部の長であり、陸海空自衛官の最高位者です。 外国軍の統合参謀総長あるいは国軍参謀総長に相当し、陸海空の自衛隊の運用に関し一元的に防衛大臣を補佐し、統合幕僚監部の所掌事務に係る大臣の指揮命令は、全て統合幕僚長を通じて行います。 陸上幕僚長 陸上幕僚長は陸上幕僚監部の長であり、陸上自衛官の最上位者です。 外国軍の陸軍参謀総長に相当、防衛大臣の指揮監督の下、陸上自衛隊の任務および隊員の服務を監督し、それらに関する最高の専門的助言者として大臣を補佐します。 海上幕僚長 海上幕僚長は海上幕僚監部の長であり、海上自衛官の最高位者です。 外国軍の海軍参謀総長ないし、軍令部総長に相当し、防衛大臣の指揮監督の下、海上自衛隊の任務および隊員の服務を監督し、それらに関する最高の専門的助言者として大臣を補佐します。 統合幕僚長、陸上幕僚長、海上幕僚長又は航空幕僚長(以下「幕僚長」という。 )は、防衛大臣の指揮監督を受け、それぞれ隊務及び統合幕僚監部、陸上自衛隊、海上自衛隊又は航空自衛隊の隊員の服務を監督する。 幕僚長は、それぞれ、隊務に関し最高の専門的助言者として防衛大臣を補佐する。 (自衛隊法第9条第2項)• 幕僚長は、それぞれ、隊務に関し、部隊等に対する防衛大臣の命令を執行する。 (自衛隊法第9条第3項)• 幕僚長は、防衛大臣の指揮監督を受け、幕僚監部の事務を掌理する。 () 将・将補 各幕僚長も法律的には将に該当するのですが、階級章も異なり事実上は別の階級として扱われているので、ここでは幕僚長以外の将と将補についてお話します。 将や将補も雲の上のような存在で曹士が直接お話をする機会は皆無ですが、各方面隊の方面総監や防衛省直轄の学校の学校長が将や将補なので、幕僚長よりは目にすることが多い階級だと思います。 ちなみに、私の母校でもある少年工科学校(現、高等工科学校)の学校長は陸将補でした。 将 方面隊、師団、護衛艦隊、地方総監、航空方面隊などの非常に大きな組織を指揮・統率。 陸海空自衛隊それぞれに約20名ほど存在します。 陸将は、陸上幕僚副長、方面総監、中央即応集団司令官、師団長、陸上自衛隊幹部学校長、陸上自衛隊富士学校長、補給統制本部長、陸上自衛隊研究本部長などの役職に就きます。 海将は、海上幕僚副長、自衛艦隊司令官、護衛艦隊司令官、潜水艦隊司令官、航空集団司令官、教育航空集団司令官、地方総監などの役職に就きます。 空将は、航空幕僚副長、航空総隊司令官、航空総隊副司令官、航空方面隊司令官、航空支援集団司令官、航空教育集団司令官、航空開発実験集団司令官などの役職に就きます。 将補 旅団、団、護衛隊群、航空団などの大きな組織を指揮・統率、もしくは上級の司令部で幕僚としてトップを補佐。 将補は、役職に応じて以下の2種類に分類されます。 一般に連隊長や群長の役職に就く方のほとんどが1佐です。 細かく分けると1佐はさらに3つに分類することができます。 1佐(一) 1佐(二) 1佐(三) 陸上幕僚監部の課長 方面総監部の人事・情報・防衛・装備部長 師団幕僚長 副旅団長 方面直轄部隊長及び副師団長や将補(二)職の部隊長 など 旅団幕僚長 師団普通科連隊長・特科連隊(隊)・戦車連隊長 第1戦車群長 など 師団(旅団)司令部第3部長等 旅団普通科連隊長 特科・後方支援隊長 第12ヘリコプター隊長等旅団隷下の1佐職の部隊長 など 尉官 ここからは最も身近な存在となる幹部自衛官でしょう。 小隊長や中隊長などは直属のトップですので毎日のように顔を合わせるでしょう。 私が現職のころは航空科部隊だったので、ヘリパイが多く1尉はゴロゴロいました。 防衛大学校出身者や一般大卒の幹部候補生課程などで入隊すると、教育期間が終わると3尉からのスタートとなるので、いろいろと苦労することもあるようです。 准尉 幹部なのか曹なのかよくわからない階級として認識されている准尉ですが、立場的には曹(現場)の最上位者として部隊の補佐をするというイメージでした。 曹 おそらく全自衛隊の中でも一番多いのが曹階級ではないかと思います。 また、3曹以上になると一般会社でいう本雇いとなります。 曹になると班長として士長以下を指揮して勤務します。 その後、早い人だと最短4年で2曹になりますが、遅い人だと10年以上かかってしまう隊員もいます。 また、30歳以上の2曹になると既婚・独身に関係なく営外に家を持つことができます。 士 自衛隊に入隊して最初に任命される階級が2士です。 自衛官の中では最下級の階級です。 入隊方法によっても異なりますが、一定期間が経過すると1士へと昇任します。 さらに一定期間が経過すると士長へ昇任します。 士長までは試験や必須教育なども特にないので、自衛隊を続けていれば誰でもなることができる階級です。 とはいえ、士階級は部隊では下っ端階級なので主な任務は雑用が多いです。 士長までいくと、任期制隊員なら、このまま自衛官を続けていくのか、退職するのかを決断しなければいけません。 自衛隊を続けていくなら曹になるために曹候補生試験に合格しなければなりません。 私は生徒として入隊したので、曹候補生試験を受けたわけではないので、どの程度の難関なのか分かりませんが、この試験に受かるのは難しいようで、何回受けても不合格という人も珍しくありません。 とはいえ、一般会社の就職試験に比べるとそれほど難しくはないでしょうから、本気で曹になりたいのであれば、それなりに勉強するでしょうし、分隊教錬の練習も部隊で時間を作ってくれるので、真面目にやっているのに何回も何回も不合格になるということはないでしょう。 私が何人かみてきた中で毎回不合格になるのは、勉強もしない、分隊教錬もまともに練習しない、ような隊員ばかりでしたので、しっかりやれば必ず合格できる試験です。 とはいえ、定員の関係もあるので、一発合格するのは少し難しいかもしれませんが、中には一発合格する隊員もいますし、自衛官として続けていきたいのであれば、必ず合格しないといけない試験なので、しっかり勉強しておきましょう。 以上、 自衛隊の階級一覧とその職務 終わり.

次の