あつ森 コーヒーカップ レイアウト。 【あつ森】おしゃれなマイホーム部屋一覧!凄腕の職人技をみて勉強しよう。

【あつ森】おしゃれなマイホーム部屋一覧!凄腕の職人技をみて勉強しよう。

あつ森 コーヒーカップ レイアウト

メインプレイヤーの自宅をカフェにしてみました。 だれでもおしゃれな部屋作り・島の整備が簡単できるように、ちょっとした家具の配置や配色のポイントを混ぜながら紹介していこうと思います。 カフェ風自宅の外装 まずは自宅外装から。 自宅は2階まで増築しました。 2階まで作ると外装のリフォームがすべてできるようになります。 見た目は完全にわたしの好みです。 オレンジ屋根に白い壁がとってもかわいい。 家の外装に色を合わせてレンガの柵で囲ってみました。 家の周りには黄色系のお花をたくさん植えました。 手前には「メニューこくばん」。 これも種類がいろいろあるようで、コーヒーカップのイラストが描いてあるよりカフェっぽいこくばんの存在も確認していますがわたしはまだ入手できていません。 (しょぼん) ゲットしたら取り換えるつもりです。 カフェ風の部屋作り さて、カフェに入店しましょう。 玄関を入るとお部屋はこんな感じです。 カウンター席を3つと、手前にはテイクアウトを待つお客様用のソファを用意しました。 真ん中の席に座ってみました。 あえて椅子を全部ちがう種類にしています。 もちろん同じ種類でそろえてもかわいいのですが、 種類のバラバラな家具を配置するとインテリアに動きが出て雰囲気が良くなることがあります。 マスターはキッチン側に立ちます。 カウンターの高さが絶妙ですね。 マスター側からはお客様がこんな感じに見えます。 このカウンターテーブルですが、実は「しょさいのつくえ」を裏にマスター側に向けて設置しています。 写真手前に写っている白いテーブルは「アイアンワークテーブル」のリメイクです。 バーカウンターのような家具はどうやら「ダイナーなカウンターテーブル」があるようですが、わたしは入手できていないので「しょさいのつくえ」で代用しています。 ぴったりくる家具が手に入らなくても、裏返したり不必要な部分を隠すことで代用できちゃうんですね。 DIYの家具はリメイクできるものもありますが、商店や風船から入手できる家具はカラーバリエーションが豊富でなかなかほしい家具・ほしい色に出会うことができません。 種類や色がちがっても配置を工夫すればまとまりよく部屋を作ることができそうですね。 カフェの外席 このカフェ、室内にはカウンター席しかありません。 団体様は外にある席でおくつろぎ願います、です。 外に出てみましょう。 建物の手前には噴水が。 さらに手前には広めのテーブル席スペースです。 さてお気づきでしょうか、カフェ店内の壁紙と外席のまるたシリーズのリメイク、同じにしています。 これはマイデザインで描いたものなんです。 青緑とオフホワイト、うす桃色をこのカフェのシンボルカラーにしました。 ここはカフェの入り口になるスロープ。 写真右の看板もシンボルカラーでデザインしています。 左右にあるテーブル席もあえて家具を統一していません。 ばらばらの家具をうまく配置するポイントは、引きで見たときに配色をちりばめて行うことです。 下の写真を見てみましょう。 外席はオフホワイトを基調にした配色。 差し色として茶色が入っています。 写真左には植物の鉢、小さめのスツール。 右には大きいテーブル。 1か所に色が偏らないように気を付けると良い感じに配置できます。 色の面積が左右で同じくらいになるようにバランスをとることがポイントですね。 自宅まわりの配色については、もう1つテクニックを使っているのですが、ひとまず今回はここまで。

次の

【あつ森】おしゃれなパン屋さんのレイアウト集

あつ森 コーヒーカップ レイアウト

遊園地の作り方とコツ 乗り物系の家具・遊具を用意 乗り物系の家具 遊園地のレイアウトには、遊具に見せるための乗り物系家具が必要です。 「まわるコーヒーカップ」はもちろん、例えば「TOYなベッド」は見た目的にゴーカートの代用品になります。 マイル家具を活用 マイル交換家具 遊園地レイアウトには、マイル家具がおすすめです。 「スプリングゆうぐ」や「パブリックベンチ」など遊園地の雰囲気に合う家具が多く、マイル交換で誰でも入手できる点も優秀です。 タイルやよぞらで園内を演出 マイデザイン トランプタイル カラフルタイル よぞら 遊園地の園内を演出するには、「タイル」や「よぞら」といったマイデザインが重要になります。 特にタイルは遊園地の通路を見事に表現してくれるので、2パターンほど用意しておくのおすすめです。 遊園地レイアウトにおすすめの家具 シリーズ家具 レシピの入手時期と入手方法• 【レシピを風船やメッセージから入手】• ・イースター期間:4月1日~4月12日• 【レシピをフーコから入手】• ・流星群の日にフーコから入手可能• 【レシピを風船やメッセージから入手】• ・1年中入手可能• 【レシピを風船やメッセージから入手】• ・1年中入手可能• 【レシピを風船やメッセージから入手】• ・1年中入手可能 遊園地レイアウトには、かいがら家具、フルーツ家具、花の家具シリーズがおすすめです。 来年のイースターが待てない人は、時間を戻すのも手です。 遊園地の家具一覧 家具と小物一覧 遊園地の家具 入手方法• 【マイル交換家具】• ・で入手• ・も存在• 【タヌキ商店で購入】• ・2,500ベルで購入• 【タヌキ商店で購入】• ・1,600ベルで購入• 【タヌキ商店で購入】• ・2,800ベルで購入• 【タヌキ商店で購入】• ・1,200ベルで購入• ・他シリーズと相性が良い• 【タヌキ商店で購入】• ・9,600ベルで購入• ・他シリーズと相性が良い• 【タヌキ商店で購入】• ・3,000ベルで購入• 【タヌキ商店で購入】• ・5,400ベルで購入• ・他シリーズと相性が良い• 【タヌキ商店で購入】• ・12,000ベルで購入• ・他シリーズと相性が良い• 【タヌキ商店で購入】• ・3,500ベルで購入• 【タヌキ商店で購入】• ・2,300ベルで購入• ・リメイクでかわいさUP• 【タヌキ商店で購入】• ・3,120ベルで購入• ・リメイクでかわいさUP• 【DIYレシピで作成】• ・や等からレシピ入手• ・リメイクでかわいさUP• 【タヌキ商店で購入】• ・1,800ベルで購入• ・リメイクでかわいさUP• 【マイル交換家具】• ・で入手• ・も存在• 【フーコ限定家具】• ・から貰える• 【マイル交換家具】• ・で入手• ・も存在• 【タヌキ商店で購入】• ・3,900ベルで購入• ・遊園地の入り口におすすめ• 【タヌキ商店で購入】• ・4,200ベルで購入• 【タヌキ商店で購入】• ・5,900ベルで購入• 【タヌキ商店で購入】• ・2,000ベルで購入• 【タヌキ商店で購入】• ・3,800ベルで購入• 【タヌキ商店で購入】• ・3,800ベルで購入• 【タヌキ商店で購入】• ・1,400ベルで購入• 【DIYレシピで作成】• ・や等からレシピ入手• ・リメイクで色を変えられる• 【マイル交換家具】• ・で入手• ・も存在• 【タヌキ商店で購入】• ・4,900ベルで購入• 【マイル交換家具】• ・で入手• ・も存在• 【フーコ限定家具】• ・から貰える• ・リメイクで色を変えられる• 【DIYレシピで作成】• ・や等からレシピ入手• 【DIYレシピで作成】• ・や等からレシピ入手• 【DIYレシピで作成】• ・や等からレシピ入手• 【マイル交換家具】• ・で入手• ・も存在 遊園地に合うおすすめの家具一覧です。 家具のレイアウトが苦手な方は、「まわるコーヒーカップ」や「パブリックベンチ」など、マイル家具を使用すると簡単に遊園地の雰囲気を出せます。 遊園地に合う柵一覧 遊園地におすすめの柵 - 遊園地に合うおすすめの柵一覧です。 柵のDIYレシピは、タヌポートのマイル交換で入手できます。 日替わりで2種類の柵のレシピが販売されるので、目的のレシピが見当たらないときは日付が変わるタイミングを待ちましょう。 遊園地の橋と坂一覧 遊園地おすすめの橋・坂 レンガのはし レンガのかいだん - 遊園地の橋と坂一覧です。 橋と坂は、案内所改築後たぬきちのインフラ整備の相談からかけることができます。 マイホームを遊園地風にする壁紙と床 遊園地におすすめの壁紙・床 - - マイホームを遊園地風にできるおすすめの壁紙と床です。 ローラン、またはタヌキ商店から購入できます。

次の

【あつ森】おしゃれなパン屋さんのレイアウト集

あつ森 コーヒーカップ レイアウト

メインプレイヤーの自宅をカフェにしてみました。 だれでもおしゃれな部屋作り・島の整備が簡単できるように、ちょっとした家具の配置や配色のポイントを混ぜながら紹介していこうと思います。 カフェ風自宅の外装 まずは自宅外装から。 自宅は2階まで増築しました。 2階まで作ると外装のリフォームがすべてできるようになります。 見た目は完全にわたしの好みです。 オレンジ屋根に白い壁がとってもかわいい。 家の外装に色を合わせてレンガの柵で囲ってみました。 家の周りには黄色系のお花をたくさん植えました。 手前には「メニューこくばん」。 これも種類がいろいろあるようで、コーヒーカップのイラストが描いてあるよりカフェっぽいこくばんの存在も確認していますがわたしはまだ入手できていません。 (しょぼん) ゲットしたら取り換えるつもりです。 カフェ風の部屋作り さて、カフェに入店しましょう。 玄関を入るとお部屋はこんな感じです。 カウンター席を3つと、手前にはテイクアウトを待つお客様用のソファを用意しました。 真ん中の席に座ってみました。 あえて椅子を全部ちがう種類にしています。 もちろん同じ種類でそろえてもかわいいのですが、 種類のバラバラな家具を配置するとインテリアに動きが出て雰囲気が良くなることがあります。 マスターはキッチン側に立ちます。 カウンターの高さが絶妙ですね。 マスター側からはお客様がこんな感じに見えます。 このカウンターテーブルですが、実は「しょさいのつくえ」を裏にマスター側に向けて設置しています。 写真手前に写っている白いテーブルは「アイアンワークテーブル」のリメイクです。 バーカウンターのような家具はどうやら「ダイナーなカウンターテーブル」があるようですが、わたしは入手できていないので「しょさいのつくえ」で代用しています。 ぴったりくる家具が手に入らなくても、裏返したり不必要な部分を隠すことで代用できちゃうんですね。 DIYの家具はリメイクできるものもありますが、商店や風船から入手できる家具はカラーバリエーションが豊富でなかなかほしい家具・ほしい色に出会うことができません。 種類や色がちがっても配置を工夫すればまとまりよく部屋を作ることができそうですね。 カフェの外席 このカフェ、室内にはカウンター席しかありません。 団体様は外にある席でおくつろぎ願います、です。 外に出てみましょう。 建物の手前には噴水が。 さらに手前には広めのテーブル席スペースです。 さてお気づきでしょうか、カフェ店内の壁紙と外席のまるたシリーズのリメイク、同じにしています。 これはマイデザインで描いたものなんです。 青緑とオフホワイト、うす桃色をこのカフェのシンボルカラーにしました。 ここはカフェの入り口になるスロープ。 写真右の看板もシンボルカラーでデザインしています。 左右にあるテーブル席もあえて家具を統一していません。 ばらばらの家具をうまく配置するポイントは、引きで見たときに配色をちりばめて行うことです。 下の写真を見てみましょう。 外席はオフホワイトを基調にした配色。 差し色として茶色が入っています。 写真左には植物の鉢、小さめのスツール。 右には大きいテーブル。 1か所に色が偏らないように気を付けると良い感じに配置できます。 色の面積が左右で同じくらいになるようにバランスをとることがポイントですね。 自宅まわりの配色については、もう1つテクニックを使っているのですが、ひとまず今回はここまで。

次の