育毛剤。 おすすめの市販育毛剤10選【育毛剤の選び方と成分・コスパの良い製品をご紹介】

【あさイチ】女性の薄毛対策|育毛剤の効果と髪のケア方法

育毛剤

育毛剤と発毛剤は、よく混同されてしまいがちですが、それぞれが異なる目的や役割を持っています。 育毛剤は、「いま生えている髪の毛の維持にアプローチする」もの。 将来起こるかもしれない薄毛や抜け毛を予防し、毛髪の健康を維持していくために使うものです。 それに対して 発毛剤は、「いま生えていない髪の毛を生やし、毛量を増やす」ためのもの。 AGA(壮年性脱毛症または男性型脱毛症)によって起こる薄毛や抜け毛を治療して改善するために使うものです。 育毛剤と発毛剤は、薬機法(旧薬事法)でも、その分類がはっきりと分けられています。 育毛剤は、悩みの予防や現状の維持に使われる「医薬部外品」として、 発毛剤は疾患や症状を治療・改善する「医薬品」として、それぞれ厚生労働大臣に認定されています。 このように、育毛剤と発毛剤には明確な違いがあるのです。 育毛剤(医薬部外品)には、頭皮の血行を促したり、頭皮に栄養を与えたりする働きがあり、健康的な毛髪を育てる効果が期待できます。 健康的な毛髪とは、ハリコシがあり、抜けにくい丈夫な毛髪のこと。 また、頭皮を健やかに保つ効果も期待でき、ふけやかゆみなどの頭皮トラブルの予防にも役立つため、薄毛や抜け毛にお悩みの方だけでなく、幅広い方にお使いいただけるのが特徴です。 一方、 発毛剤(医薬品)には、発毛成分のが配合されており、新しい毛髪の発毛と成長を促す効果が期待できます。 ミノキシジルが頭皮の中にある毛乳頭細胞に直接働きかけることで、毛髪をつくる毛母細胞を活性化させ、薄毛や抜け毛につながっているヘアサイクルの乱れを正常に戻し、新たな毛髪を発毛させたのちに、強くたくましい毛髪へと成長させます。 すでにある毛髪を強く成長させるだけではなく、新しく生やし、さらに毛髪を育てて定着させるのが発毛剤の効果です。 育毛剤と発毛剤は、頭皮に直接塗布するタイプが一般的。 どちらにも、外用薬に共通して見られるような副作用が起こる可能性があります。 過去、頭皮に以下のような症状が出たことがある方は特に、使用前に医師・薬剤師に相談することをお勧めします。 【育毛剤・発毛剤に共通してみられる副作用】 頭皮のかゆみ、かぶれ、赤み、発疹、フケ などの皮膚症状 一方、発毛剤に含まれているミノキシジルは、もともと高血圧を治療する「血圧降下剤」として開発されたため、 発毛剤を使用すると人によっては全身性の、下記のような副作用が起こる可能性があります。 【発毛剤にみられる副作用】 頭痛、めまい、動悸、手足のむくみ、急激な体重増加、膝の痛みなど 心臓疾患、腎臓疾患、高血圧症、低血圧症などの既往歴がある方は、発毛剤を使用される前に、必ず医師または薬剤師に相談してください。 成分の吸収を妨げる可能性がある 通常、育毛剤や発毛剤はそれ1つで充分な効果を上げられるよう、成分の割合や濃度を調整して作られています。 しかし、 他の製品と合わせて使用してしまうとそのバランスが崩れるため、有効成分がうまく吸収されず、本来の効果を発揮できない可能性や、吸収量が増加する可能性があるのです。 副作用のリスクが高くなる 複数の薬剤を併用すると、本来混ざるはずのない相性の悪い成分が混ざり合い、頭皮トラブルを起こすことがあります。 また、本来は有効に働くはずの成分も、重複して吸収量が上がると、かえって頭皮に悪影響を及ぼすことがあります。 安易な併用は、 最悪の場合、重篤な副作用につながっていく危険性があるのです。 せっかくお金をかけて育毛剤と発毛剤を使用しても、逆に効果がなくなったり、副作用が出やすくなったりしては意味がありません。 安心してケアをするためにも、 自分に合った育毛剤・発毛剤を1つに絞って使いましょう。 育毛剤も発毛剤も、毛髪の悩みが進行する前に、早い段階でお使いいただいたほうがよいのは同じです。 ご自身の毛髪や頭皮の状態をしっかりと見定めて、適した方をお選びください。

次の

【あさイチ】女性の薄毛対策|育毛剤の効果と髪のケア方法

育毛剤

不規則な生活やストレス、睡眠不足などが原因と言われる男性の「薄毛」。 男性が加齢とともに直面することの多い大きな不安要素です。 最近では、ミノキシジル配合の発毛剤のテレビCMも多く放送され、ネットでは通販限定の育毛剤の広告を目にする機会も多いのではないでしょうか。 もちろん、以前から長い間販売されてきた「カロヤン」や「サクセス」などの育毛剤にも根強い人気があります。 ここでは、「発毛剤と育毛剤の違い」「育毛剤の選び方」などの基礎知識と、市販されているおすすめの育毛剤をご紹介しましょう。 育毛剤とは? 発毛剤との違いを知ろう 似たようにも思える「発毛剤」と「育毛剤」ですが、それぞれ効果が違います。 まずは、それぞれの特性を知ることが成功への第一歩となります。 髪の毛がなくなってしまった部分でも、発毛する可能性が期待できるものを指します。 現在、日本で市販の医薬品として認められているのは、発毛成分としての「ミノキシジル」を含んだ外用薬のみ。 それ以外の成分や内服薬に関しては、医師の診察が必要となります。 ただし「発毛剤」は、効果が高いだけに副作用が起こる確率も高く、そのすべてが第一類医薬品に指定されています。 さらに、副作用は人によっても異なります。 また、必ずしもすべての人に効果があるとは限らないので、それを知った上で活用してください。 新しい髪の毛を生やす効果はありませんが、頭皮環境を整え、今ある髪の毛を強く太く育てることを目的とする成分が含まれているものを指します。 ほとんどが医薬部外品ですが、化粧品扱いの製品もあります。 どちらも医薬品に比べて効果は穏やかですが、副作用の可能性もほぼないと言っていいでしょう。 しかしながら、付属の取扱説明書は熟読しておくべきです。 また、数は少ないものの第二類医薬品・第三類医薬品の製品もあり、これらは「発毛促進剤」と呼ばれています。 発毛促進剤にも発毛効果はなく、あくまで育毛を目的としたものになります。 これに関しては、ストレスや睡眠不足、偏った食生活などが頭皮の血行不良を引き起こす…という考察が最も有力です。 それによって頭皮の毛細血管が萎縮して血流量が減り、毛根まで栄養が届かなくなってしまうと考えられています。 そこでおすすめできるのは、毛細血管を広げて血行を促進することが期待できる成分が入った育毛剤になります。 < 血行を促進することが期待できる育毛成分例>• アルギニン• イチョウ葉エキス• カプサイシン• サイトカイン• その場合はまず、さまざまなトラブルの原因となる乾燥から、頭皮を守ることが大切となります。 そして、さらに頭皮を清潔に保つようにし、今度は炎症を防ぐ成分が入っている育毛剤を選んでみてはいかがでしょうか。 < 頭皮の乾燥を防いで保湿することが期待できる成分例>• フコイダン• ユキノシタエキス < 頭皮の老化や菌の繁殖を防ぐことが期待できる成分例>• ホホバオイル• 酢酸DL-a-トコフェロール < フケやかゆみの原因となる頭皮の炎症を防ぐことが期待できる成分例>• 甘草エキス• グリチルリチン酸2K• ヒノキチオール なお、アレルギーのある方や、肌がデリケートな方は、エタノールが配合されている製品を避けたほうが良い場合があります。 もし使う場合には、使用前にパッチテストをして、問題がないことを確認してからにしてください。 配合成分が多すぎないものを選ぶ PM Images Getty Images 育毛剤は、3カ月~6カ月程度使い続けることで、初めて効果が観察できるヘアケア製品と言えます。 値段が安いものなら1000円台から、高いもので1万円を超える育毛剤も販売されています。 ただし、どれだけいい成分が含まれていても、使い続けることができなくては効果を出すことはできないでしょう。 そのため、最低でも半年程度は無理なく購入できる価格帯の製品を選ぶことをおすすめします。 おすすめの育毛剤10選 ここまで説明した選び方を踏まえて、おすすめの育毛剤をご紹介しましょう。 どの育毛剤もコスパが良く、含まれている成分のバランスも良好です。 過剰な皮脂を抑制する「カシュウチンキ」、毛乳頭を活性化して発毛を促す「チクセツニンジンチンキ」を配合していますが、どちらも頭皮への負担が少ない生薬成分となっています。 1回の使用量2mlを正確に測ることのできる使い勝手のよい容器や、1本で60日使えるコストパフォーマンスの高さにも注目です。 資生堂 / 薬用アデノゲンEX 資生堂が特許を持つ成分、「アデノシン」を配合した育毛剤です。 発毛促進因子(FGF-7)を産生し、髪の成長を後押ししてくれる成分です。 もともと生体内に存在する成分のため、長期間の使用でも頭皮の負担になりにくいというメリットがあります。 その他にも、「パナックスジンセンエキス」「ソフォラ抽出エキス」など、毛母細胞に働きかけ育毛をサポートする成分など、6種類の有効成分を配合しています。 また、ブラック一色のシンプルでスタイリッシュな容器なので、グルーミングスペースの雰囲気を壊さないでしょう。 花王 / サクセス バイタルチャージ 薬用育毛剤 花王が独自に開発した、「t-フラバノン」を配合した育毛剤です。 花王は、毛母細胞の増殖促進作用が期待できる物質「アスチルビン」と呼ばれる成分を発見し、その成分をもとに育毛成分として「t-フラバノン」を開発しました。 また、薬液が垂れにくくマッサージしやすいなど、使い勝手にもこだわっています。 バスクリン / モウガ 育毛剤 生薬の研究を長年続けているバスクリンが、東洋医学の考えをベースに生薬の有効成分のみで構成した薬用育毛剤です。 毛母細胞の分裂を促す「センブリエキス」など、4つの有効成分が血行促進や、頭皮の保湿効果を発揮することが期待できます。 生薬成分がメインで防腐剤や香料も使用していないので、長期間の使用でも頭皮への負担が少ないでしょう。 柳屋 / 薬用育毛 フレッシュトニック 柑橘EX 加齢による髪のボリュームダウンから薄毛が気になる中高生まで、気軽に使える育毛トニック。 ジェット噴射式のスプレー&メントールの爽快な使い心地が、お風呂上がりの火照った頭皮にも気持ちいい、人気のロングセラー商品です。 有効成分は「センブリエキス」など、3種類の生薬。 さらにオレンジ・レモン・グレープフルーツ・ユズの4種類の柑橘エキスが保湿成分として配合されています。 柑橘の自然な香りと、手ごろな価格で使いやすさは抜群です。 初めての育毛剤にもぴったりと言えます。

次の

最強育毛剤!おすすめ人気比較ランキングTOP5(男性用)

育毛剤

何をもってして「効果」と言うかが問題でしょ。 チョロっと生えて「有効」と言われても困るんだけど! 育毛剤は「改善度」が問題 「効果がある」には大きくは2つの意味がありますよね。 つまり、• どのくらいの割合で効くのか=10人使ったら何割の人に効果があるのか?という割合=有効率(改善率)• 効果があった人はどれくらい増えたのかという度合い=改善度 で、問題は2番目の効果の度合い、つまり「 改善度」という訳です。 結論から言うと、この点で育毛剤は物足りません。 例えば、ミノキシジルを例に、患者の主観での「改善度」を見てみると、 上のグラフでは「悪くなった」~「非常に良くなった」の5段階で改善度を患者に診断させてますが、• 「非常に良くなった」=約1割• 「良くなった」=約4割• 「少し良くなった」=約4割 これが9割の効果の内訳です。 で思うのが、たぶん「少し良くなった」くらいでは嬉しくないですよね。 「良くなった」くらいでも「もっと期待してたけど」と不満が残る人はいるでしょう。 とすると、患者目線で満足できる「改善度」は、「非常に良くなった」に限ると 1割程度、「良くなった」の半分(=2割)を入れても 3割程度にまで下がってしまいます。 だから、育毛剤を使っても「大して効いた気がしない」んです。 では、なぜ改善度が低いのでしょうか? 育毛剤は抜け毛を抑える効果が弱い 僕が訪れた、ある有名な薄毛治療専門病院の医師が「うまい事」おっしゃっていました。 おっしゃる通りなんですが、それは、「市販」の育毛剤ではムリです。 市販品には効果の強い成分を入れられない 今や薄毛は病院で治療できる時代です。 その治療で中心になる薬が、先ほどから出ているプロペシア(成分名フィナステリド)というもの。 「特効薬」、「この薬のおかげで薄毛を克服できるようになった!」、どちらでも過言ではないとか(ホントかよ!)。 でも、この薬の成分は市販の育毛剤に使えません。 なぜなら、効果が強い分、扱うのに専門的な知識が要り、医師の処方箋が必要だからです。 育毛剤は「市販品」であるがゆえに効果の高い成分を使えないんです(ちなみに、薄毛治療専門病院(=AGAクリニック)に行くと、プロペシア入りの育毛剤もあります)。 さらに、「育毛剤ならでは」の限界が追い打ちをかけます。 外用薬は体内に吸収されにくい 育毛剤は塗り薬です。 そのため頭皮から吸収させないといけません。 でも、頭皮には外界から異物が入り込まないよう、バリア機能があり、ちょっとやそっとじゃ入らないように防御構造があります。 そうでないと、雨が降るたびに頭皮が水ぶくれになってしまいますよね。 そのため、飲み薬と比べてどうしても外用薬=塗り薬は身体に吸収される量が少ない分、効果が弱くなります。 もちろん、プロピレングリコールを始め様々な皮膚浸透を助ける成分が開発されたおかげで、この問題もだいぶ解決されていますが、まだ飲み薬にはかなわないのが実情です。 育毛剤の効果まとめ• 育毛剤でも有効率の高いものはあるが、改善度が低い。 それは「発毛効果」が劣っているというより、「抜け毛を抑える効果」が弱いから。 改善度の低さは「市販」の「塗り薬」としての育毛剤の限界。 育毛剤で効果ある人・ない人とは? 上の話から導き出されるのは、もちろん、 「病院でプロペシアと発毛効果のある育毛剤、両方処方してもらうのが一番効果が高い」。 これは世界中で行われている薄毛治療の基本的なレシピです。 例えば、毛髪再生医療の世界的権威であるアメリカ、コロンビア大学教授のバーンスタイン先生も、。 とは言うものの、 わざわざ病院に行かなくても、育毛剤でどうにかなってる人もいるでしょ? おっしゃる通りです。 そこで現実的な育毛剤ケアの方針をお話しします。 育毛剤ケアの基本方針 先ほどの医師のたとえ話にかけると、「穴」が大きければどれだけ水を入れても水は貯まりませんが、穴が小さければ貯まりますよね。 つまり、穴の大きさ=薄毛の深刻度の高低によって取るべき対策が分かれるワケです。 (1)薄毛が深刻なら育毛剤では効果なし!• 「今まで、このサイトで3つ星鑑定を獲得してる育毛剤も試したけど 効果がなかった」• 「 父親も兄弟も禿げててオレも薄くなり始めてる」 という場合は、病院で本格的な薄毛治療を受けた方がいいでしょう。 このまま育毛剤でケアしても、残念ながら、お金と時間のムダになる可能性が高いです。 (2)軽度の薄毛なら育毛剤でまずケア! 薄毛の症状がそれほど深刻でない、つまり、• まだ病院に行くほどじゃない。 家族を見てもウチはツルっぱげになる家系じゃなさそう。 ということなら、まずは育毛剤を使ってケアしてみるのも手です。 とは言え、何でもいいわけではなくて、どうせ選ぶなら、医療で使われているほど効果の証明された成分の入った育毛剤の方が安心です。 最たる例はミノキシジルという成分。 この成分は世界中の病院で治療に使われているので、まちがいなく効果が証明されています。 ミノキシジル以外にも、市販の育毛剤に入っている成分で、医療で使われているものもあります。 後で紹介します。 育毛剤の効果への不信感の元凶 「そもそも育毛剤って効果あるの?」。 こうした疑問が根強いのは、上にあげた理由だけでなく、効果のない(=改善度のみならず、有効率も低い)インチキ育毛剤が氾濫(はんらん)していることが 一番の原因かもしれません。 効果のない育毛剤は、本来なら売れるはずがないんですが、彼らもいろんな手練手管(てれんてくだ)を使って僕たちに「この育毛剤良さそう!」と 誤認させることに、残念ながら、成功しています。 その典型的なやり口は、 商業的な比較サイトとの提携です。 提携した比較サイトは、一見、 中立な立場で育毛剤を評価する 第三者のような口ぶりですが、実際は、提携する業者の育毛剤を買わせるために、ニセの口コミやランキング、ウソの自己体験談を駆使して巧みに僕らを誘導します。 結果、インチキ育毛剤が売れて業者は万々歳!比較サイトも広告収入ガッポリで万々歳! ひるがえって僕たちはというと、最悪、生えればいいですが、多くの場合、効果が出るわけもなく、結局、僕たちだけが食い物にされる・・・という構図が出来上がってます。 何じゃこりゃあっ! 「第三者風」の口コミや体験談や「客観的っぽい」アンケートに基づく人気ランキングをよく見かけますが、「これ、ウソかも」と 疑ってみる慎重さが必要です。 「売上No. 1!」とか「モンドセレクション受賞!」などと書かれてると何となく良さげに思えてきますが、効果とは直接関係ありませんので、一切 無視しちゃいましょう! では、何を信じるか? 当たり前ですが「成分」です。 「効果ある成分が入っているか?」。 この一点で判断してみてはいかがでしょうか? だいぶマシな育毛剤が手にできるはずです。 効果ある育毛剤おすすめ 先ほども言った 医療でも使われているほど効果の証明された育毛・発毛成分をこちらに挙げておきます。 この成分が入っているなら、基本、どの育毛剤を選んでも、それなりの効果は期待できます。 大正製薬のリアップや、最近では、にも使われてるので知ってる人も多いのではないでしょうか。 効果を証明した文献が比較的豊富にあり、海外でも日本でも専門病院での治療に使われる成分です。 特に「ミノキシジル嫌い」の人や、「キャピキシルは効かない」と敬遠する人に支持されています。

次の