まとめ ロッテ。 野球お絵かきまとめ@なんJ : 千葉ロッテマリーンズ

MAJOR2nd : まとめロッテ!

まとめ ロッテ

2アビで付与できる無敵効果は2回消費まで永続する効果。 加えて1アビ命中率DOWNや奥義の回避カウンターなど、被ダメを避ける事に長けているため、聖騎士Lvの維持を自身でカバーできる他、 HPも高い状態で保ちやすく倒されにくい性能。 ライターA HPを保ちやすいので、光属性で運用機会の多い渾身スキルやストレングスとの相性が良いのも魅力ですね。 光シャルロッテの注意点 多段や全体攻撃の敵とは相性が悪い シャルロッテの強みはやはり聖騎士Lvを上げての高火力にある。 多段攻撃や通常攻撃が全体攻撃で、この 聖騎士Lvを頻繁に減少させてくる敵とは相性が悪いと言える。 ライターA 2アビの無敵効果2回は単発攻撃に対しては優秀ですが、多段攻撃だとすぐに回数を消化され剥がされてしまう点に注意したいですね。 光シャルロッテの総合評価 1:継続的な別枠強化が強力なアタッカー 聖騎士Lvに応じた別枠強化により、 自己火力を高めた状態で継続的に戦えるキャラ。 Lv減少の要因となる被ダメージは自身である程度回避可能という自己完結した性能を持ち、純粋にベース火力が高いアタッカーとして優秀といえる。 ライターA 剣得意のためオメガ剣編成に組み込みやすい点も嬉しいですね。 聖騎士Lv5の強力な強化効果をほぼ常時維持した状態で行動できるためダメージを稼ぐ速度が跳ね上がる。 60秒の麻痺が入れば 聖騎士Lv5の強力な状態のまま戦えるため、シャルロッテの火力を最大限引き出せる組み合わせ。 発動中は自身の火力がDOWNしてしまうデメリットはあるものの、 シャルロッテの聖騎士Lvの維持に大きく貢献できる。 シャルロッテが苦手とする全体攻撃の特殊技などから守れるのが魅力。 常時ターゲットにされる確率も高く、聖騎士Lvの維持に貢献できる。 互いに剣得意なので、剣得意PTで組み合わせやすいのも好相性。

次の

ロッテ

まとめ ロッテ

ロッテ井口資仁監督(45)が28日、練習後に報道陣のオンライン取材に対応した。 開幕時点での先発ローテーションについて「5戦目までは(本人に)伝えています」と明かした。 【写真】「6・19」開幕投手有力候補の美馬学 「6・19」の開幕投手は美馬学投手(33)が有力とみられる。 候補の1人、石川歩投手(32)とともに31日の紅白戦に先発する。 2人以外では、成長著しい種市篤暉投手(21)、今季から背番号18をつける二木康太投手(24)、オープン戦で安定感があり19日紅白戦にも先発する西野勇士投手(29)、さらに2年目左腕の小島和哉投手(23)の4人が、先発ローテ入り有力とみられる。 その中での「5戦目までは」発言だ。 今週末の実戦再開から開幕まで、約20日しかない。 井口監督は「開幕時点では(先発も)80球から100球もてばいいかなと思う。 ドラフト1位・佐々木朗希投手(18)の大抜てきは、さすがに難しそうだ。 ただ、井口監督は26日のシート打撃登板を受け「菅野に本塁打を打たれてからギアチェンジして、160キロを2回出すのはさすがだなと感じましたし、マウンドさばきもどっしりしていましたし、並大抵のルーキーじゃないなと感じました」とあらためて衝撃を受けた様子だ。 佐々木朗はすでに、6月の1軍練習試合での登板が内定。 コンディション次第では、今週末の紅白戦に登板する可能性もある。 カテゴリー•

次の

MAJOR2nd : まとめロッテ!

まとめ ロッテ

22日までロッテ浦和球場で行われた二軍練習試合に出場していた荻野貴司、同じくロッテ浦和球場で練習を行っていた石川歩、二木康太、小島和哉が一軍の練習に参加した。 荻野はティー打撃ではいつもと同じように片手ティー、両手ティーを行い、打撃練習でもライト、センター、レフトと広角に打ち分けた。 打撃練習後にはセンターとレフトで打球捕、走塁練習もしっかりと行い、22日までのロッテ浦和球場で行っていた試合前練習と同じような練習を行っていた。 打撃練習前の投球練習では158キロを計測し、打撃投手でも福田光に投じた初球は157キロを記録した。 福田光にレフトに本塁打を打たれたが、力強いストレートに福田光、茶谷ともにやや差し込まれている印象があった。 福田光は佐々木のボールについて「高めのボールは今まで見たことないくらい小さく見えました」と驚いていた。 その福田光は、佐々木との対戦を終えると、セカンド、ショート、サードでノックを受け、走塁練習では一塁付近で大塚明コーチ、伊志嶺翔大コーチからアドバイスを受ける場面も見られた。 全体の打撃練習が終わったあとには、岡とペアで10球間隔で交代し、約20分間の打ち込み。 打撃練習が終わると、囲み取材を行い、その後再びグラウンドで特守。 特守では10メートル近い風が吹く中、サード、ショート、セカンド、ファーストのポジションでフライを捕る練習を行っていた。 ちなみにフライ練習をしているときのポジションごとの風速表示は、サードが7メートル~9メートル、ショートが10メートル、セカンドが5メートル、ファーストが5~8メートルの風が吹いていた。 その後、大塚コーチが見守る中、和田はライトでフリー打撃練習中の打者のボールを捕るようにしていた。 このときも大塚コーチが和田に、守備について助言を送っている場面が見られた。 守備練習を終えると、打撃練習、マシンを相手にバント練習。 バント練習では昨年の秋から練習を行っているセーフティバントの練習を何度も繰り返した。 全体の打撃練習が終わると、再びグローブを持ってグラウンドへ。 大塚コーチのノックをセンター付近で受けていた。 田村は左投手、中村は右投手のボールを黙々と打ち込み。 田村といえば、「やっぱり左ピッチャーはクロスに入ってくるので、引っ張っていたら体が全部前に出てしまう。 入ってくる球に対して内からしっかり反対方向に打つというイメージを持ちながらやっていますね」と昨年10月23日の取材でこのように話していたが、この日の左投手の打撃練習でも右方向への打球が多かった。 田村と中村の打撃練習が終わると、藤岡、菅野、岡、福田光の4人が2箇所のケージ(藤岡・菅野のペア、岡・福田のペア)で、1人10球間隔で2度目の打撃練習。 この練習で、打撃投手を務めた手嶌広報兼打撃投手が投げる緩いボールを打っているのが印象的だった。 打撃練習を行っている横では、和田が外野で2度目の守備練習、マシンを相手に佐藤都志也がキャッチング練習などを行なっていた。 この日の練習を見ていて感じたのは、若手・中堅の野手はもう一度、徹底的に鍛えている印象を受けた。 一方、投手陣はZOZOマリンスタジアムで行われる試合前の練習と同じように、キャッチボール、ランニング、ノックなどで汗を流していた。 プロ野球は4月10日以降の開幕を目指してきたが、新型コロナウイルス拡大の影響で、4月24日以降の開幕を目指すことになった。 シーズン開幕が延期となったり、練習試合が中止になるなど、例年のシーズンに比べて、選手たちにとってかなり調整が難しくなっている。 それでも、マリーンズの選手たちは開幕に向けて、マリンスタジアムで練習のスタートを切った。 文=岩下雄太 BASEBALL KING.

次の