アメリカ 選挙 制度。 アメリカ大統領選挙の仕組みとは?わかりやすく流れを解説

アメリカの選挙制度と日本との違いをわかりやすく解説!

アメリカ 選挙 制度

4年に1度1年間かけての大イベント アメリカの大統領選挙は 4年に1度、オリンピックの年に約1年かけて行われる、アメリカ最大のイベントです。 日本の首相が、ほとんどの国民の関係ないところで選ばれるのと違って、アメリカ大統領は、形は間接投票ですが「国民が選ぶ」という点が大きく違います。 民主党と共和党の二大政党で「予備選挙」がある 【クリックで拡大】(情報は2016年のものです) アメリカの議会は、民主党と共和党の二大政党が争っていて、大統領もこの百年以上、どちらかの政党から選ばれています。 大統領選は、大きく分けて、 民主・共和両党の候補者を1人に絞る「予備選挙」と、両党の候補者から大統領を選ぶ「本選挙 一般選挙 」とがあります。 民主党は6人、8年ぶりの政権奪還を狙う共和党は18人が立候補を表明しました オバマ大統領は、すでに2期の8年間大統領を務めたので、今回の選挙では確実に新大統領が生まれます。 現在は、各政党が候補者を一人に絞り込むための予備選挙が行われています。 予備選挙では「代議員」に投票する 1月から7月まで、共和党では全米50州で「予備選」または「党員集会」が行われます。 予備選は非公開投票、党員集会は公開投票で、州によって異なります。 この 予備選・党員集会では、各州の有権者が、自分が選びたい候補者を支持している「代議員」に投票します。 たとえば、クリントン候補に投票したい人は、クリントン氏を支持している代議員に投票するわけです。 代議員は、州によって人数が異なり、人口に比例して配分されています。 この結果、 各候補が得票に応じた代議員の人数を獲得し、この獲得人数が多い方が優位に立ちます。 こうして、次々と各州で予備選挙が行われていきますが、その過程で、勝ち目がないと思った候補者は自分から撤退していきます。 すでに、民主党からは4人、共和党からは8人が撤退しています(2016年2月時点)。 予備選挙の最大のヤマ場は「スーパーチューズデー」と呼ばれる3月第1週の火曜日(今年は3月1日)です。 今回はアーカンソー州、テキサス州など10州以上で予備選・党員集会が行われます。 「全国党大会」で各党の大統領候補が決まる その後も7月末まで、各州で予備選挙が行われ、党の「大統領候補」が1人に絞られます。 そして共和党 7月18日 、民主党 7月25日 に行われるの「全国党大会」で、全国の代議員が集合し、党公認の大統領候補が指名されます。 その後、いよいよ「本選挙」の選挙戦に突入するわけです。 そして、「本選挙」 本選挙は、共和党候補と民主党候補の「一騎討ち」となり、約2カ月間の選挙戦に入ります。 そして、いよいよ本選挙の投票です。 「一般投票」つまり有権者が投票する日は11月8日。 ここでも、有権者は各州の「選挙人」を選んで投票します。 選挙人は、予備選の時の「代議員」と同じように、どちらの候補を支持しているか表明しているので、有権者は、どちらかの党のグループに投票し、間接的に大統領を選ぶわけです。 そして開票。 これがまた面白いシステムで、その州で1票差であっても 最多得票となった政党が、その州全体の選挙人の人数すべてを獲得できるのです 「勝者独占方式」と呼ばれています。 このような形で、各州の勝者と、獲得した選挙人の数が決まります。 選挙人は全米で538人存在しているので、その 過半数の270人以上を獲得した候補者が、大統領となるわけです。 その後も形式だけですが、選ばれた選挙人が集まって12月に投票し、開票は来年1月に行われ、 1月20日に正式に新大統領が就任します。 【関連書籍】 幸福の科学出版 大川隆法著 幸福の科学出版 大川隆法著 幸福実現党刊 【関連記事】 2016年2月2日付本欄 米大統領選幕開けのアイオワ戦 政治改革派のサンダースやトランプが台頭する理由 2016年1月20日付本欄 米大統領選 過激発言でも人気があるトランプ氏の不思議 2016年1月13日付本欄 左翼政権の集大成 オバマ氏の一般教書演説 2015年12月10日付本欄 トランプ氏「イスラム教徒排斥」発言が批判されるなら、「日本人排斥」の歴史も見直すべき.

次の

アメリカの若者が選挙に行かない理由 日本とは異なるシステム上の問題も

アメリカ 選挙 制度

ロードアイランド州の連邦議会選挙で、上院議員に当選して全身で喜びを表す民主党のシェルドン・ホワイトハウス。 それは連邦議会が法律制定の中心的役割を果たすからである。 議会から首相を選出する議院内閣制とは異なり、前述したように、米国の制度では立法府と行政府が独立しており、大統領と議員は別々に選ばれる。 在職中の大統領が連邦議会に法律を提案することもあるが、その場合、議会で大統領に協力する支持者がその法案を起草しなければならず、議会で可決されて初めて、大統領は署名を入れることができる。 連邦議会の上下両院は、法的にも政治的にも大統領の意志に拘束されない。 米国方式の議会では、議院内閣制の議会に比べると、党規はそれほど厳格に守られない。 連邦議会議員にとって、次の選挙で再選を果たすための方策も含めて、自分が最善と思える政策に票を投じるのは、それほど難しいことではない。 その結果、議会の指導者たちは、党規で厳しく統制された党から自動的に支持を得ることは期待できないので、議員一人一人に呼びかけて支持者の連合をつくらなければならなくなる。 従って、議会での法案成立には常に困難が伴う。 このように、強大な権力を持つ連邦議会の議員選挙は、国民にとっても議員個人にとっても重要な意味を持ち、かつ予測が難しい。 下院と上院の違い 下院と上院はほぼ等しい権力を持っているが、選出方法はまったく異なる。 米国の建国者たちは、下院議員に国民の近くに身を置かせ、国民の要望や念願を国政に反映させようとした。 それゆえ、小さな選挙区から多くの議員を集めるために、下院の議席数を比較的多くし、短期間(2年)で改選するように定めた。 最初は2年でも長すぎるという考えもあった。 移動手段が馬しかなかった時代には、ワシントンで2年の任期を務めれば、選挙民から2年間離れたままということもあるからだ。 今日では、議員たちの懸念はむしろ、2年ごとに選挙があるため、毎週のように週末には 選挙区に飛んで帰って政治的支援のてこ入れをしなければな らないということにある。 リンダ・サンチェス(中央)とロレッタ・サンチェスに宣誓就任させる下院議長ナンシー・ペロシ(左)。 50州の各州に、下院で最低1議席が保証されており、残りの議席は各州の人口に応じて振り分けられる。 例えば、アラスカ州は人口が少ないので下院には1議席の枠しかないが、最も人口の多いカリフォルニア州は53議席を持つ。 各州に割り当てられる議席数は、10年ごとに実施される国勢調査のあと、過去10年間の人口の変化を考慮して再計算される。 各州議会は、配分し直された議席数と州内の人口移動の変化に応じて、州内の選挙区の範囲を定めなおす。 上院は、議員がより広い選挙区(州全体)を代表し、人口の多少にかかわらず各州が平等の代表権を持つように構想された。 従って、上院では、小さな州が大きな州と同じ影響力(2議席)を持つ。 当初、上院議員は州議会が選んでいた。 各州の有権者が直接選ぶようになったのは、1913年に憲法修正第17条が制定されてからのことである。 各州には2名の上院議員がいる。 任期は6年だが、2年ごとに全体の3分の1が改選されるため、任期満了時期が少しずつずれる。 上院議員は州の選挙民の相対多数により選ばれる。 党への忠誠か、個人への忠誠か 建国者たちは連邦議会の上院が保守的な安定勢力になることを意図した。 Senate Historic Office かつては、多くの有権者が長期間ひとつの政党を支持し、党の方針に従って投票する傾向にあったので、連邦議会議員選挙は「党中心」になりがちだった。 議員の人格や実績が有権者の支持に加味されたり差し引かれたりすることは、あったとしてもほんのわずかだった。 ところが、ここ数十年で、以前と比べて候補者個人の考え方や人格が選挙戦の中心をなすようになり、党に対する忠誠の重要性が幾分薄れてきた。 実際、1960年代以降、国政選挙は次第に候補者中心になっている。 メディアとインターネットの発展、積極的な選挙資金集めの重要性、頻繁に行われる世論調査、その他の現代的選挙運動のさまざまな要素により、有権者が候補者を個人として意識することが多くなっているのだ。 その結果、有権者は投票の際、党に対する支持とともに候補者個人の長所・短所を重視する傾向が出てきた。 20世紀初めに広範な公教育が確立し、第2次大戦後には高等教育が定着したことも、有権者が以前より自分の判断に自信を持ち、党にさほど手掛かりを求めずに投票の選択をするようになった要因である。 このような候補者重視の選挙を背景に、連邦議会の現職議員は好成績をあげ、90パーセントを優に超える再選率を誇っている。 これは、ひとつには、往々にして当り障りのない連邦議会のマスコミ報道と、とりわけ州や下院選挙区の地方メディアによる個々の議員についての報道によるものである。 一般的には有利になるこうしたメディア露出と、社会政策問題への不断の関与、それに政策に影響力を発揮したい個人ないし団体の存在もあって、現職議員は新人よりはるかに選挙資金を集めやすい。 このような理由と他のさまざまな理由によって、所属政党に関係なく、現職議員が再選される可能性は非常に高い。 出典: *上記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

次の

日本とアメリカでは選挙は大違い!アメリカではアルコール飲み放題がなんと無料! | 日本最大の選挙・政治情報サイトの選挙ドットコム

アメリカ 選挙 制度

トランプ新大統領の誕生により、世界中の注目を浴びたアメリカ大統領選挙。 様々なメディアで投票の仕組みなどが解説されているのをよく目にしますが、実はアメリカの選挙は、単なる制度の違いにとどまらないたくさんの面白いポイントに溢れていることをご存知でしょうか。 例えば街中の選挙広告がイケています。 アメリカでは、選挙に立候補している候補者が、多くの国民に関心を持ってもらえるように日本では考えられないような様々な工夫を行っています。 今回は、アメリカ大統領選挙で行われていた様々な面白い取り組みについてご紹介します。 事務所内には軽快な音楽が流れ、集まっている若い支持者たちがリズムに乗りながら投票を呼びかける電話を行ったり、演説会のチケット処理を行ったりしているのです。 …逆にうるさくないんですかね?笑 ちなみに 日本の選挙事務所は、とっても真面目な雰囲気。 内装からまったく違い、なおかつ集まっているのは高齢な方が多いですが、演歌1つ流れていない「オフィス」のような空間になっています。 そのうちの1つが「ビール」がフリードリンクとして置いてあるということです。 実は選挙事務所は選挙のための事務をするだけではなく、支持者たちが集まって交流するための場という側面も持っています。 だからこそ、事務所は支持者たちがまるで大学の食堂のような気分で気軽に立ち寄れるものになっているのです。 その最たる例がお酒の存在。 支持者たちはお酒を飲みながら、政治の話に花を咲かせることで、候補者への思いをまた強くしているようです。 日本では法律の関係で選挙事務所ではお酒は配れませんが、それ以上に「真面目な事務所に、アルコールを置くなんて…」とそもそも発想から考えられないでしょう。 他にも、選挙の工夫の1つに候補者の「アプリ」が存在するということがあげられます。 候補者の演説日程や様々な政策などの情報を確認できるます。 日本だとどんなに人気な政治家でも、自分の名前を冠したアプリを持っている人は、聞いたことがありませんね。 とあるトランプ氏の集会では、飛行機の格納庫が会場に選ばれました。 ガランとしただだっ広い倉庫には、ライブで使われるようなカラーのライトが回転し大きな音楽が流れています。 そんな会場に、トランプ氏は飛行機に乗って登場します。 ひときわ音楽が大きくなるとともに、格納庫の壁が開き、今まで白い壁に見えていたところには「トランプ」と書いてあるクールな飛行機が。 大歓声の中で、手を上げて合図しながら演説台へ向かう…。 日本では考えられないド派手な演出です。 ニューヨークの投票所では、投票を終えた人にこちらのシールを配布します。 とてもオシャレで可愛いこのシール。 「私は投票しました」と書いてあり、これは日本でいうところの投票証明書に当たります。 ニューヨークの人々は朝のうちに投票を済ませ、1日このシールを貼って生活する人もたくさんいるようです。 日本の証明書とは、随分と違いますね。 選挙は大きな「お祭り」 そんな国民がついつい選挙に興味を持ってしまうたくさんの工夫に支えられ、アメリカの民主主義は機能しているのかもしれません。 ただいたずらに「政治に関心を」投票を!」と呼びかけたところで、デートに学校、仕事に子育てで日々忙しい国民にとって政治や選挙に参加することの優先順位は低いのかもしれません。 日本でも18歳選挙権の思考を皮切りに、様々な選挙啓発活動が行われていますが、今回紹介したような要素をもっとふんだんに取り入れてみるのも1つなのかもしれません。

次の