ピアニスト フジコ ヘミング。 フジコ・ヘミング(ピアニスト)の経歴や年収!若い頃は下手だった噂を調査!

フジコ・ヘミングを紹介するよ【魂のピアニスト】壮絶な人生、ピアニストとしての評価など|クラシックなひと時

ピアニスト フジコ ヘミング

どんなに辛くても、チャンスを失っても、 ピアノに向かい続けた一人の女性がいました。 フジコ・ヘミング。 彼女の軌跡を描いたドキュメントがNHKで放送され、 大きな反響を呼びました。 そして彼女のデビューCD『奇蹟のカンパネラ』は クラシック界では異例の200万枚以上の売上を記録したのです。 彼女の著作『希望の力 くじけない、あきらめない心』より その壮絶な軌跡をご紹介します。 フジコヘミング 父親はスウェーデン人の画家、 母親は日本人のピアニストの卵。 彼らの間にフジコは生まれた。 フジコの母親はピアノの家庭教師をしていた。 そのため小さい頃から母親が弾くショパンを聴きながら眠ったという。 そんな彼女がピアノを習い始めたのは4歳。 しかし面白いと感じることはなく、 いやいやピアノを弾いていた。 教えていた母親が厳しかったのも理由としてあったかもしれない。 レッスンは1回2時間、 それが2、3回も繰り返される。 フジコが間違えるとコテンパンに怒鳴られる。 そんな日々だった。 でも、彼女はグッと歯を食いしばってそれを乗り越えた。 するといつのまにかピアノは面白いと感じるようになっていたという。 そしてフジコが高校生になった頃も変わらずピアノ漬けの毎日。 「人生には、いつどんなことが起きるかわからない。 お前はピアノ以外、何ができる? ピアノだけがお前のとりえなんだから、しっかりしなさい。 」 母親からの言葉を今でも覚えているという。 フジコヘミングの壮絶な日々の始まり そんなフジコの努力のかいがあり、 17歳で銀座のヤマハホールで初めてのリサイタルを開くことになった。 娘心に、つらくても努力して頑張れば、 必ずその先にはいいことが待っているんだって思ったわ。 高校を卒業後、東京芸術大学に入学し、さらにピアノの勉強を始める。 コンクールに入賞し、また数々の賞を受賞した後、 多くの人の助けがあったおかげで 念願だった、ドイツのベルリンへピアノ留学を果たす。 フジコヘミングが29歳の時。 しかし待っていたのは長く苦しい生活のはじまりだった。 その大学では日本人も多くいたが皆裕福な環境で、 「難民」という特別な待遇だったフジコは 胸をときめかせるような素晴らしい 状態のまま次第に孤立していく。 日本では「異人」といじめられ、 生まれたドイツでは「東洋人」と見られ、 日本人の留学生からは「よそ者」とされて 仲間に入れてもらえない・・・。 「どうして?私の故郷はどこ?」 抱いていた夢が消えそうだった。 フジコはそう不遇の時をそう している。 そんな環境でも彼女はで大学を卒業し、 ドイツの隣の国、オーストリアの首都ウィーンへ移る。 多くの素晴らしい音楽家と出会い、 希望に満ちていたが、 ただお金が無かった。 パスポートがなく仕事もない。 頼りは母親からのわずかな仕送り。 毎日、ジャガイモとにんじんにカレー粉を入れたスープ、 食べるものが無くなると、 一週間砂糖水だけで過ごした日もあったという。 壮絶な日々から抜け出せるチャンス ある日、辛く貧しい日々を過ごしていたフジコにチャンスがくる。 世界的な音楽家パーンスタインの演奏会が開かれることを知ったフジコは なけなしのお金でチケットを買い、 そしてバーンスタインへ自分の写真と手紙を送った。 自分の道は自分で切り拓くしかない、そう思ったからだ。 演奏会後、バーンスタインの楽屋を訪ねたフジコ。 彼はフジコの手紙を読んでくれていて、 その場で「ピアノを弾きなさい」と言ってくれた。 私は無我夢中でリストの「ラ・カンパネラ」や「愛の夢」を弾いた。 すると、聴き終わったバーンスタインが私を抱き寄せ、 キスしてくれたのよ。 神様が微笑んだ。 そしてウィーンの街角にフジコのリサイタルのポスターが貼られた。 とうとう夢が叶う。 苦しくても前を見つめて頑張ってきたからだ。 どんなことも、あきらめなければ 必ず道は開けてくる。 そう思った。 フジコヘミングの本当の壮絶な日々 リサイタルの1週間前、 暖房もない寒い部屋で暮らしていたフジコは風邪をひいてしまった。 それが原因で子供の頃にかかった中耳炎が再発してしまう。 慌てて大学病院に駆け込んだが、 お金も健康保険もなかった。 フジコは聴力を失ってしまった。 その後、耳が聴こえないままリサイタルを行ったが 結果はメチャメチャ。 翌日のリサイタルを全てキャンセルしたという。 せっかく掴んだ最高のチャンスを逃してしまい、 毎日、泣いて過ごした。 悪魔のせいだ、もう終わりだと思った。 しかしフジコはピアノを弾き続けた。 一度ウィーンを離れたが、再びドイツに戻り 耳の治療をしながら、 ピアノ教師の資格をとる。 教師として働きながらコンサートを続けて暮らしていた。 そして母親の不幸があったため、 日本へ帰国。 フジコは日本で母校でのコンサートを行なうなど活動を続けていた。 そんな彼女の壮絶な人生を描いたドキュメンが放送され、 デビューCDが爆発的にヒットするなど、 フジコの名前は多くの人に知られるようになった。 放送後の東京オペラシティでの復活リサイタル後、 本格的に音楽活動を再開する。 有名なオーケストラと協奏、 また2009年の日本ツアーでは5万人を動員するなど 現在でも彼女は国内外で幅広い活躍を続けている。 私の人生はこの風邪のせいで狂ってしまった。 あのリサイタルが成功していればと思う。 誰にも不幸はあり、全部いいことばかりの人はいない。 だから大事なことは、失敗や不幸に負けず、 どう乗り越えていくかね。 私の場合は、 ただ正直にピアノを弾き続けてきた。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

フジコ・ヘミングのピアノは、なぜ人々の心をとらえるのか。魂のピアニスト:イングリッド・フジコ・ヘミング特集

ピアニスト フジコ ヘミング

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2015年11月) フジコ・ヘミング 出生名 ゲオルギー・ヘミング・イングリット・フジコ 学歴 卒業 卒業 ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 - レーベル 公式サイト フジコ・ヘミング、本名 ゲオルギー=ヘミング・イングリッド・フジコ(Georgii-Hemming Ingrid Fuzjko, - ) 、は、と・で活躍するである。 父親は系人画家・建築家の ()。 母親は日本人の大月投網子。 俳優のは実弟。 歌手のは従姪にあたる。 経歴 [ ] 幼少時代 [ ] で生まれる。 スウェーデン国籍(長らくの状態が続いた)。 幼少期に日本に移住したが、父は日本に馴染めず、家族3人を残し一人に帰国してしまう。 以来、母と弟と共にで暮らし、6歳から母:投網子の手ほどきでを始める。 また10歳から、父の友人であり、で母がピアノを師事した生まれのドイツ系、に師事する。 以後、藝大在学時を含め、長年の間クロイツァーの薫陶を受ける。 学生時代 [ ] 青山学院緑岡尋常小学校(現:)3年生の時にラジオに生出演し、天才少女と騒がれる。 1945年2月、家族と共に岡山に疎開する。 同年4月、岡山県のに入学し、そのままされる。 終戦後、青山学院高等女学部(現:)に転校。 青山高女5年修了で、新制:高等部3年に進級する。 高等部在学中、17歳で、デビューコンサートを果たす。 音楽学部在学中のには新人音楽家の登竜門である、第22回に入選をはたし、さらに音楽賞など、多数の賞を受賞した。 卒業後、本格的な音楽活動に入り、など多数のオーケストラと共演。 かねてよりピアノ留学を望んでいたフジコだったが、申請時に無国籍であったことが発覚する。 その後、留学の機会をうかがいつつピアニストとして音楽活動を行っていたが、1961年に、駐日ドイツ大使の助力により、に認定されたとして国立ベルリン音楽大学(現:)へ留学を果たした。 卒業後、ヨーロッパに残って各地で音楽活動を行うも、生活面では母からのわずかな仕送りと奨学金で何とか凌いでいたという、大変貧しく苦しい状況が長らく続いた。 フジコは「 この地球上に私の居場所はどこにもない... 天国に行けば私の居場所はきっとある。 」と自身に言い聞かせていたと話している。 ヨーロッパでのピアニスト時代 [ ] その間、では後見人でもあったに師事した。 また、作曲家・指揮者のに才能を認められ、彼のソリストとして契約した。 しかしリサイタル直前にをこじらせ(貧しさで、真冬の部屋に暖房をつけることができなかったためとしている)、聴力を失うというアクシデントに見舞われ、やっとの思いで掴んだ大きなチャンスを逃すという憂き目を見た。 既に16歳の頃、の悪化により右耳の聴力を失っていたが、この時に左耳の聴力も失ってしまい、フジコは演奏家としてのキャリアを一時中断しなければならなくなった。 失意の中、フジコはに移住する。 のの傍ら、音楽学校の教師の資格を得て、以後はピアノ教師をしながら欧州各地でコンサート活動を続ける。 日本への帰国後のブレイク [ ] 母の死後、に日本へ帰国し、母校東京藝大の旧:などでコンサート活動を行う。 にのドキュメント番組『』「フジコ〜あるピアニストの軌跡〜」が放映されて大きな反響を呼び、フジコブームが起こった。 その後、発売されたデビューCD『奇蹟のカンパネラ』は、発売後3ヶ月で30万枚のセールスを記録し、日本のクラシック界では異例の大ヒットとなった。 第14回の「クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」他各賞を受賞した。 やがて、1999年10月15日の大ホールでの復活リサイタルを皮切りに、本格的な音楽活動を再開し、国内外で活躍することとなる。 2001年6月7日にはでのリサイタルを披露する。 現在、ソロ活動に加え、海外の有名オーケストラ、室内楽奏者との共演と活躍は続く。 また、に、系で波瀾万丈の半生がテレビドラマ化された。 スペシャルドラマ『 』はフジ子役をが演じて、20. 2013年に自身のCDレーベル「ダギーレーベル」を発足。 アルバム第1作「フジコヘミング スペインカメラータ21オーケストラ」を国内外でリリース。 毎年、世界各地でコンサートを行っているが、2019年3月8日にはパリの有名コンサートホール「」でリサイタルを開く。 人物 [ ]• フジコは、として知られている。 食物の中で特に好むのはであるとされる。 20歳からずっと愛煙家である。 ピアノ演奏以外の趣味は絵画、裁縫、書、水泳などで、バレエや映画の鑑賞も好んでいる。 絵に関しては幼少時から得意としており、現在までに書き溜めた絵は本やCDのジャケットで使われている。 個展を開くこともある(2001年2月5日 - 2001年2月24日「幻の素描展」より)。 愛猫家、愛犬家の動物愛護家である。 東京育ちであるが、母の影響で言葉の端々にが出ることがある。 語録 [ ]• 「私はミスタッチが多い。 直そうとは思わない。 批判する方が愚かしい」• 「ぶっ壊れそうな鐘があったっていいじゃない、機械じゃないんだから」(『』について)• 「私の人生にとって一番大切なことは、小さな命に対する愛情や行為を最優先させること。 自分より困っている誰かを助けたり、野良一匹でも救うために人は命を授かっているのよ。 「一つ一つの音に色をつけるように弾いている」• 大好きなピアニストに、「」と答えている。 (「あなたにとってピアノとは? 」と訊かれて)「猫達を食わせていくための道具ね」• 「それでも私は、永遠に、永遠に生きて永遠に、弾くことは出来るわよ」 ディスコグラフィ [ ] アルバム [ ]• 奇蹟のカンパネラ (8月25日、12月16日)• 永久 とわ への響き/Echoes of Eternity (4月5日)• 憂愁のノクターン(2000年8月3日)• リスト:ピアノ協奏曲 第1番 (4月4日)• カーネギー・ホール・ライヴ フジ子・ヘミング 2001 (2001年10月24日)• フジ子・ヘミング トロイメライ (1月1日)• トロイカ (2003年5月21日)• 雨だれ (2003年11月26日)• 心の詩〜想い出メロディ (2003年12月25日)• こころの軌跡 (3月17日)• ショパン・リサイタル(2004年8月21日)• エリーゼ(2004年11月21日)• カンタービレ(3月18日)• ラ・カンパネラ1973 (2005年8月24日)• ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番《皇帝》(2005年12月24日)• イングリット・フジコ・ヘミング/ピアノ名曲集 (9月20日)• イングリット・フジコ・ヘミング/ピアノ名曲集〜デラックス・エディション2007 (3月21日)• フジコ・イン・パリ 2006〜ウィーンのヴィルトゥオーソたちとの競演〜 (2007年10月31日)• 「イングリット・フジコ・ヘミング」10巻組 〈通販限定CD全集〉• Fuzjko(日本版:7月22日/全世界版:9月15日)• イングリット・フジコ・ヘミング/スペイン・カメラータ21オーケストラ/トビアス・ゴスマン(2013年3月27日)• フジ子・ヘミング/ ピアノ ソロ【会場限定盤】(2014年3月30日)特典DVD付セット• フジコ・ヘミング / ソロ ライブ【会場限定盤】(2017年4月10日)• フジコ・ヘミング/特典CD【映画前売り券付録】(2017年10月)• フジコ・ヘミング/リスト:ピアノ協奏曲 第2番&ソロ (2017年11月10日) ビデオ・DVD [ ]• フジコ 〜あるピアニストの軌跡〜(NHKビデオ VHS:10月15日、DVD:4月21日)• フジ子・ヘミングとウイーンの仲間たち/サントリー・ホール・ライブ (9月21日)• 響色の舞 〜フジ子・ヘミング絵画の世界(2月21日)• フジ子・ヘミングの軌跡(VHS・DVD:2004年3月17日) キャスト:菅野美穂, 十朱幸代, 野際陽子, 谷原章介, 宇津井健• フジ子・ヘミング 35年目の世界初挑戦 〜奇蹟のピアニスト 独占密着300日!! (2005年3月16日)• フジコ・ヘミング ソロ・コンサート(BSフジ)DVD:[2017年4月]• フジコ・ヘミング ソロコンサート「いと小さき命のために〜」〜プレミアム・パーフェクト・バージョン : [2019年11月8日] 歌 [ ]• Make It Home/テレビアニメ「」後期エンディングテーマ 書籍 [ ]• 『フジ子・ヘミング1 奇蹟のカンパネラ』(ショパン、)• 『フジ子・ヘミング2 ピアノがあって、猫がいて』 (ショパン、)• 『フジ子・ヘミング魂のピアニスト』求龍堂(2000年)のち新潮文庫• 『フジ子・ヘミングピアノのある部屋から』求龍堂(2001年)• 『フジ子・ヘミング運命の力』阪急コミュニケーションズ(TBSブリタニカ、)• 『フジ子・ヘミングの「魂のことば」』清流出版()• フジ子・ヘミング画 原作『紙のピアノの物語』講談社()• 『フジ子・ヘミング耳の中の記憶』小学館()• 『Fujiko Hemming Esprit de Paris』主婦と生活社()• 『フジ子・ヘミング 我が心のパリ』阪急コミュニケーションズ(2005年)• 『天使への扉』光文社・知恵の森文庫(2005年)• 『あなたに届けば to you from Fujiko Hemming』オークラ出版(2005年)• 『ほんの少し、勇気をあげる to you from Fujiko Hemming』オークラ出版(2005年)• 『イングリット・フジコ・ヘミング私が歩んだ道、パリ』ぴあ()• 『パリ・下北沢猫物語』阪急コミュニケーションズ(2007年)• 『フジコ・ヘミング画集 青いバラの夢』講談社()• 『パリ音楽散歩』朝日新聞出版(2008年)• 『青い玉』<フランス語対訳つき>フジコ・ヘミング絵 沓沢小波 文 文化出版局(2009年)• 『希望の力 くじけない、あきらめない心』PHP研究所(2010年)• 『フジコ・ヘミング運命の言葉』朝日文庫(2012年)• 『たどりつく力』 幻冬舎 (2016年)• 『青い玉』<英文対訳つき特別版>フジコ・ヘミング絵 沓沢小波 文 文化出版局(2017年)• 『フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記』暮しの手帖社(2018年)• 『くよくよしない力』フジコ・ヘミング 著 秀和システム(2018年) 映画・TV出演 [ ]• 『フジコ〜あるピアニストの軌跡〜』( 出演:フジコ・ヘミング• 『』(2000年、監督:) - フジ子 役• スペシャルドラマ『 』(2003年10月17日フジテレビ)フジコ役• 金スマ 波乱万丈スペシャル 奇跡のピアニスト フジコ・ヘミング(2010年10月1日のTBS)• 『フジコ・ヘミングの時間』(2018年、監督:)主演:フジコ・ヘミング、 ぴあ映画初日満足度ランキング1位・第22回上海国際映画祭 パノラマ部門 招待出品• ファミリーヒストリー『フジコ・ヘミング~母の執念 魂のピアニスト誕生~』(2020年2月24日NHK ドキュメンタリー) フジコ・ヘミングを演じた女優 [ ]• :『』 受賞歴 [ ]• 奇蹟のカンパネラ• 憂愁のノクターン• フジ子・ヘミングこころの軌跡 脚注 [ ]• , の2015-12-24時点におけるアーカイブ。 , 2015年12月24日閲覧。 日本放送協会. 2020年5月2日閲覧。 18歳までに一度も入国した経験がなかったためを抹消されたことによるもの。 当時日本は父系を採っており、も取れなかった。 後にスウェーデンに就籍する。 吉澤ヴィルヘルム『ピアニストガイド』、印刷所・製本所厚徳所、2006年2月10日、192ページ、• NHKビデオ『フジコ 〜あるピアニストの軌跡〜』(1999年10月15日)の中で、「一日に一食は何らかの形でジャガイモを取らないと体調が優れない」という旨のことを述べている。 関連項目 [ ]• (日本の歌手、俳優、演出家) 外部リンク [ ]• - 青葉ピアノコンサートサイト•

次の

フジコ・ヘミングのピアノは、なぜ人々の心をとらえるのか。魂のピアニスト:イングリッド・フジコ・ヘミング特集

ピアニスト フジコ ヘミング

国籍がないまま海外へ イングリット・フジコ・ヘミングは ヒトラーが政権を掌握する前のベルリンで生まれました。 父親はスウェーデン人のアーティストで、母親はベルリンに留学中の日本人ピアニスト。 2人はベルリンで結婚し、フジコが5歳のときに第二次世界大戦直前の日本に戻ります。 けれども、幸せは長く続かず、いつか迎えに来ることを約束して父親はスウェーデンに帰国してしまいました。 生まれたときはスウェーデン国籍をもっていたフジコですが、一度もスウェーデンの地を踏まなかったことから、 当時の法律で国籍が抹消されてしまうことに。 国籍がない状態では海外へ行くことができず、音楽留学をあきらめていたところ、彼女の演奏を気に入ったドイツ大使が、赤十字の難民としてドイツに渡れるように手配してくれたのでした。 劇中では、厳しい母の下で小さな頃からピアノのレッスンに励む毎日、外国人扱いをされてイジメられた日々や楽しかった思い出など、フジコの少女時代がロングインタビューや絵日記を通して語られます。 小さな頃から絵や文才に長け、オシャレだったフジコの可愛らしい子供時代ものぞけますよ。 聴覚を2度失う 2度も聴力を失う悲劇に襲われたフジコ。 最初は、16歳のときに中耳炎をこじらせてしまい、右耳の聴力がなくなりました。 次に起こったのは、ベルリン留学が終わる頃。 35歳を目前としたフジコは一流の音楽家に実力を認められながらも、コンサートを開催できずにいました。 なぜなら、ピアニストがデビューするには、音楽会社や興行会社などのサポートが必要だったから。 そんなときに、フジコは指揮者の巨匠、 レナード・バーンスタインと出会い、彼の推薦でウィーンでコンサートを開けることに。 ところが、 コンサートの1週間前、高熱に襲われて左耳の聴力も喪失してしまいます。 治療後、左耳の聴力は半分ほど回復したものの、ピアニストにとっては致命的な出来事でした。

次の