胃もたれ 寝方 向き。 逆流性食道炎でも楽な寝方が判明!寝るときの向きは横向きで頭を高く!

食後すぐに寝ると腹痛が起きる原因とは?症状別の病気

胃もたれ 寝方 向き

胃痛の治し方【食べ物】 胃痛を食べ物で治す場合、 消化に良い食べ物を消化に良い調理法で料理し、消化に良い食べ方を行うことが重要になります。 消化に良い食べ物は お粥・にゅうめん・湯豆腐・茶碗蒸し・ササミ・大根・ほうれん草・キャベツ・じゃがいも等々になっております。 果物は一般的に消化にいいイメージが強いですが逆で、あまりおすすめできないものが多いです。 すりおろしたリンゴを常温で食べれば消化のいいものと言えるのですが、基本的に食物繊維が多いため消化に良いと言い切れるわけではありません。 食べるときは消化の助けとなるように よく噛んで食べるようにしましょう。 飲み物について 胃が痛いときに良い飲み物は食べ物と同じで 胃の刺激にならないものが望ましいです。 そこで一番いいのは ぬるめの白湯になっております。 空腹で胃痛が発生している時に飲めば胃酸の濃度が薄まるので不快な症状が薄くなります。 胃の粘膜を守ってくれる牛乳もおすすめです。 牛乳を温めてホットミルクとするのが一番効果的であり、ヨーグルトをお湯で溶いてはちみつを加えたものもホットミルクと同じ効果が期待できます。 ピロリ菌を抑える機能を持ったココアも良い飲み物と言えるでしょう。 ピロリ菌は胃癌や胃潰瘍の原因になるので、そのような点でも良い飲み物と言えると思います。 呼吸法について 胃痛を治す方法の一つに呼吸法があります。 胃痛に効く呼吸は腹式呼吸です。 自律神経のバランスを整えるために、ゆっくりと鼻から息を吸って、口からゆっくりと吐き出す腹式呼吸が効果的です。 実際に胃痛に遭遇すると、痛みが生じているためどうしても呼吸が浅く多くなってしまいます。 そのため酸素が体の隅々に行きわたっていない可能性があるため、酸素を行きわたらせるためにもリラックスしながらの腹式呼吸が有効になります。 即効で効く?ツボについて 胃痛解消のためのツボも存在します。 それは親指と人差し指の間にある 合谷というツボです。 ここを痛みを少し感じる程度の力で強めに3秒押して3秒離すといった方法で刺激します。 場所がわかり難いという方は絵をご覧ください。 合谷は胃痛緩和の他にもストレス解消や目の疲れにも効果的であると言われております。 次は 内関という手の広を上に向けて手首から指三本くらい下がった位置にあるツボを数回押します。 ここは消化器官系の症状をよくするツボと言われております。 注意点としてはツボ押しの効果は個人差によるところが大きいということです。 そのため過信は禁物となります。 薬について Sponsored Link 日常生活や仕事に忙しい方の胃痛の最大の特効薬は薬です。 食事改善やストレス解消などの時間がかかるものと違い こちらは即効性があります。 ここで気を付けるところは胃痛の原因は複数あることに合わせて胃痛用の薬も複数あるということです。 ストレス性の胃痛薬を食べ過ぎによる胃痛に用いても効果はあまり期待できません。 そのため病院にかからないで市販薬で対応する人は 必ず薬剤師に症状を相談してから薬を購入するようにしてください。 ストレスによる胃痛の治し方 ストレスによる胃痛は長期的に見た場合はストレス解消法を手に入れてストレスを溜めない生活スタイルを身に着けることにありますが、 ストレスによる胃痛が起きている場合の治し方は胃薬を飲むこと・横になること・ホットミルクや白湯を飲むこと・ゆっくりと深呼吸をすることが早めに行動に移せるものとしてあります。 痛みが発生している時に、すぐに横になれない場合はとにかく椅子に座って休むことが大切です。 それだけでも痛みが和らぐことがあります。 胃痛対策はゆっくりと休むことにあります。 横になることが可能の場合は右を下にして胃の通りをよくするとよりいいでしょう。 ホットミルクや白湯は前述したとおり胃痛に効果ありです。 深呼吸も同じく前述したとおり効果が期待できます。 胃痛が起こるケースとして胃腸風邪があります。 胃腸風邪に関しましては次のページを参考にしてください。 胃が痛い時の寝方は? 胃痛がひどいときはなかなか寝付くことができないのでストレスがたまります。 その場合の対処法としてまずおすすめなのが 腹巻や湯たんぽ、カイロを使ってお腹を温めることです。 胃の痛みの原因は複数ありますが、内臓が冷え切っていることで痛むこともしばしばあるので、胃を温めることで痛みが軽減されることがあります。 また、胃が痛い場合は 右側を下にして眠るようにすれば胃の消化を助けることになるので、胃の痛みが軽くなりやすいのです。 それでも胃痛がなかなか減らない場合は 丸まって眠るといいかもしれません。 これは効果が出るのかは人によりますが、まるまって眠ることで胃痛が減ることがあります。 この時も体は右側を下にしてください。 ここまでやっても痛みが減らないというときは薬に頼るしかないかと思います。 胃痛を根本的になくす生活習慣 胃痛につながる生活習慣のキーワードは大きく分けて3つです。 それは「ストレス」「食生活」「ピロリ菌」になります。 ストレスは自律神経の乱れに繋がるので、とにかく 運動などのストレス発散につながるものを日常化し、記載した呼吸法を意識してするようにして自律神経のバランスを整えるようにしましょう。 規則正しく食事をとることも大切です。 不規則な時間での食事は胃に負担がかかります。 脂っこいものやアルコールの摂取のし過ぎには注意しましょう。 腹八分目を心がけて食事をするのもポイントです。 慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がんを予防するためにもピロリ菌は除去するように努めましょう。 一番効果的なのは病院でピロリ菌検査を受けてピロリ菌に対する薬を処方してもらいそれを服用することです。 胃痛の対策につきまして、次のサイトも参考にしてみて下さい。 エスエス製薬 ガストール 最後に いかがだったでしょうか・ 今回は「胃痛の治し方【食べ物・飲み物・呼吸法・ツボ・薬など】」と題して様々な胃痛解決への方法を模索してまいりました。 呼吸法やツボなどはすぐにでも実践できるものなので、少しでも胃に不安のある方は実践してみるのもいいと思います! ストレスが無い環境で生きるなんてそう簡単には実現不可能!だったら自分の身は自分で守るしかなく、自分の胃も自分で守るしかありません。 今回のこの記事が胃痛に悩む人へのお悩み解消に少しでもつながれば幸いに思います。

次の

「食べてすぐ寝る」はOK? 食後の寝る向きが重要だった!

胃もたれ 寝方 向き

食後の「寝る向き」で消化をスムーズに お昼からの仕事を効率よくするために、何社もの企業は仮眠をとることを進めているようです。 お昼の休憩時間はせいぜい1時間程度だと思われますが、食事をしてから約15分から30分ほどだけ横になるだけで良いのです。 この短さであれば毎日でも仮眠をとることができますよね。 その仮眠の姿勢によって消化がスムーズになるかどうか関係があるのです。 まず胃の形ですが、そらまめのような形をしていますよね。 胃の中へ入った食べ物は左側から右側に進んでいきます。 仮眠のときに右側を下にして横になることによって、胃から十二指腸への消化をスムーズに進めることができます。 反対に、左側を下にして横になった方が良い場合があり、私のように逆流性食道炎になりやすい人です。 胃の中のものが逆流しやすく、胃酸などで食道の粘膜が炎症を起こしてしまうのです。 食後にすぐ寝るのはよくない? 私は食べるとすぐ眠くなってしまうんですよね。 身体が温まるからでしょうか。 寝るには上記で書いたように身体を右側に下にして15分から30分以内。 そして、頭と足を高くしましょう。 これは、肝臓に血流を集中させるためです。 そうすることによって、代謝が上がりカロリーの消費が進むのです。 結果、ダイエット効果にもなるかもしれません。 30分以上寝てしまうと、消化器に負担がかかってしまいます。 脳が疲れやすくなったり、胃もたれや冷え性、そして脳卒中にもなりやすくなるのです。 長く寝すぎると良いことはありませんね。 消化のことを考えると晩御飯を食べる時間も念頭に入れておくと良いですね。 20時以降は食べないようにするという理念も案外当たっているんです。 消化や胃腸に良い食後の過ごし方として、自宅での食後は、リラックスをして映画やドラマを見たり、通販雑誌を眺めたり、ピアノやギターなどの楽器を弾くのもおすすめします。 一日のうちに少しでものんびりとする時間がないと、身体は悲鳴を上げてしまいますよ。

次の

めまいの原因と治療法。耳石の治し方

胃もたれ 寝方 向き

この記事の目次• 右向きと左向きで違ってくること 仰向けやうつ伏せで寝るのが苦手で、左向きまたは右向きで、横向きの姿勢で寝ているという人も多いようですが、その理由は私たちの胎内記憶にあるのかもしれません。 母親の胎内にいる時に私たちは左右どちらかの姿勢の状態のまま過ごしていました。 その為、落ち着く姿勢が横向きの姿勢というのは不思議なことではありません。 横向き寝の良いところ まず、横向き寝によって得られるメリットについて考えてみましょう。 (1)いびきの軽減や、睡眠時無呼吸症候群の予防 (2)アルツハイマーや認知症の原因と言われている脳のゴミの排出促進効果 (3)腰への負担を軽減 これらのメリットが横向きの姿勢で寝ることで得られると言われています。 一番わかりやすいのが、いびき。 仰向けの状態で寝ていると気道が狭くなり呼吸がしづらいのですが、横向きになると気道が確保され、呼吸がしやすくなる為、いびきを軽減することができます。 右向きと左向きの違い また、左向き、右向きの状態によって体に与える影響が異なっていることがわかっています。 右側を下にして寝ることによって、心臓の位置が上になる為、心臓への負担を軽減することができると言われています。 また、胃や腸などの消化器の出口が右側に位置していることから、右側を下にして寝ることで消化機能を助けてくれます。 ただし、逆流性食道炎などを患っている方は逆効果になることもありますので注意しましょう。 左側を下にして眠ることで得られることに、リンパ液の正常な排出があります。 体の左側はリンパ系の優位側であり、リンパ液はこちら側から排出されていると言われています。 その為、左側を下にして寝ることでリンパ系の分泌を促進しやすくしてくれる効果が期待できるのです。 それによって、老廃物を排出してくれる作用も期待できます。 また、右側には大静脈などのデリケートな血管が集まっている為、右側を下にすることで圧迫されてしまいます。 その為、左側で寝た方が血流が悪くなることなく寝ることが出来る為、寝付きやすくなったり、安眠効果を得ることができると言われているのです。 特に妊娠中の女性にとっては、左側を下にして寝たほうが本人はもちろん、赤ちゃんにとっても負担が少ない姿勢と言えるでしょう。 左向き、右向きどちらを下にしても得られるメリットがありますが、自分の健康状態に合わせて選んでみても良いかもしれません。 寝方とその効果の違い 寝る姿勢によって、体調が良くなったり悪くなったりすることを知らない人は多いかもしれません。 いつもこの向きで寝ているからと決まった姿勢で寝ていませんか? 実は寝る姿勢によっては健康を損ねる原因に繋がってしまうこともあるのです。 特に、仰向けで寝ているという人はいびきや睡眠時無呼吸症候群が悪化してしまうこともあるようですので注意しましょう。 では、どのような寝方が健康に良いのでしょうか。 横向き姿勢で寝ることはメリットが多いと先程も述べましたが、左側を下にして寝る方がメリットが大きいと言えます。 左向きで寝るようにすると老廃物を排出しやすくしてくれたり、逆流性食道炎などの胸やけを緩和することができると言われています。 昨今では、この逆流性食道炎で悩まされている人が増えており、寝方一つでも改善することができることを知りましょう。 右側を下にして寝ることで、消化を促進してくれるのですが、逆流性食道炎の方が右側を下にして寝てしまうと、起床時の胃もたれや胸やけの原因に繋がってしまいます。 逆流性食道炎で悩んでいる方は、左側を下にして寝るように心掛けましょう。 横向き寝のデメリット 横向きで寝ることによってメリットもたくさんある反面、デメリットもあります。 同じ方向ばかりを下にしていると、骨盤などに歪みが生じる可能性があったり、顔の側面が枕に擦れる為、ほうれい線やしわの原因になってしまうこともあるようです。 これらのデメリットを回避する為にも、適度に寝返りを行うことが良いとされていますが、寝ている間のことなので無意識で分からないという場合もあるでしょう。 しかし、ほとんどの方は自然と寝返りを行っていますのであまり深く考えなくても良いようです。 スポンサーリンク 横向き寝の工夫 また、横向きで寝る際のコツをしっかり押さえておくと、より質の高い睡眠をとることができます。 薄暗い照明を右側に置く 真っ暗闇でしか寝られない人は別として、ライトを付けて寝ている人はライトを右側に置くようにしてください。 右側が明るいと自然と左側を向くようになります。 腰の下や膝の間にクッションを置く 横向きの姿勢で寝るのに慣れていない人にとっては、体が痛く感じることがあるかもしれません。 その時には腰の下や膝の下にクッションを挟むと楽に寝ることができます。 いつもと違う姿勢で寝ると寝つきが悪くなることがありますので、このような方法を使用して寝やすい環境を整えてください。 横向き寝の基本ポイントとして、頚椎がまっすぐになるような状態で寝るようにしましょう。 枕の高さが高すぎたり、低すぎると頚椎が歪んだ状態になってしまいますので、枕の高さをしっかり確認してください。 頚椎がまっすぐの状態になっていることで、首への負担を軽減することができますし、横向き寝の状態を安定させることができるでしょう。 また、横向き寝で寝ていると仰向けの状態に比べて体重を支える面が狭くなる為、負荷がかかりやすくなってしまいます。 肩や腰にかかる負担はかなりのものですので、あまりに負担を感じるようであれば、マットレスなどを交換してみることをおすすめします。 体に痛みを感じるようであれば、まずは寝具から見直すことが大切です。 他にも寝るときにできる工夫として、睡眠前に食べると身体に良いものや、食べてはいけないものについても紹介していますので、そちらも併せて見てみてください。 まとめ 寝る姿勢の中でも横向きで寝るのが健康面で効果的ということがわかりました。 睡眠不足で悩んでいる人や、起床時の胸やけなどに悩んでいるという人は、ぜひ寝る姿勢の見直しをしてみましょう。 自分が自然にとっている姿勢が一番楽だと思い込んでいる人がいるのですが、寝る姿勢一つで害になってしまうこともあるのです。 まずは、自分の体調に合わせて寝る選択をしていきましょう。 横向きの姿勢一つでも左側で得られるメリットと、右側を下にすることで得られるメリットは異なっています。 その違いをしっかり把握することで、良質な睡眠へと近づけることができます。 今日からすぐにできる方法ですので、自分の寝る姿勢を見直し、改善していきましょう。

次の