生理 痛 飲み物。 生理前のつらい症状(乳房の痛み・発熱・関節痛・おなかの張り・寒気など)原因や対処法、PMSの治療

生理痛を和らげる飲み物&食べ物まとめ!生理中に控えるべきものも解説

生理 痛 飲み物

まずは飲み物から! ハーブティー 生理痛や生理前症候群(PMS)の症状を緩和するにはハーブティーがおすすめです。 ハーブティーには、生理痛やPMSを和らげるために効果的なものが多くあるので、自分の好きな風味を選んで、長く続けることができるからです。 どんなに身体に良いものでも、長続きしないと効果があらわれません。 ぜひ、お気に入りのハーブティーをいくつか見つけてください! ・ジンジャーティー(生姜) ジンジャーティーは血行を促進して、身体を内側から温める効果があるハーブティーです。 生姜には「ジンゲロール」という成分が含まれており、乾燥または加熱することで「ジンゲロン」「ショウガオール」という熱を作る成分になり体の中から温めてくれます。 血行を良くし体も温めるので冷え性、肩こり、関節痛の改善など、生理痛の緩和に効果的です。 ・ラズベリーリーフ ラズベリーリーフには、フラガリンという成分が含まれていて、これには子宮や骨盤周りの筋肉を緩める作用があり、生理前から飲んでおくことで生理痛を軽くする効果があります。 ・ジャーマンカモミールティー ジャーマンカモミールティーには、胃腸の働きを助ける効果と、冷えを改善する効果があります。 また、鎮静効果があり、ストレスや不安、不眠にも有効です。 睡眠の質が高まると、ホルモンバランスが整うので生理痛緩和にもつながります。 ・マリーゴールドティー マリーゴールドには血流促進や発汗作用、体内の毒素を排出する働きがあります。 また、ホルモンを整えてくれる作用もあるため、PMSや生理痛に有効です。 ・ジャスミンティー ジャスミンにはリラックス効果があり、生理前のイライラした気分を落ち着かせてくれます。 また、気分を高揚させる効果もあるので、沈んだ気持ちを和らげてくれます。 ・ルイボスティー ルイボスティーにはホルモンバランスを整える効果があるため、生理痛の改善に効果があるといわれています。 さらに鉄分がたっぷりと含まれているので、貧血予防におすすめです。 ココア ココアに含まれるカカオポリフェノールには末梢血管を拡張して血液の流れを良くする働きがあることから生理痛にとても効果的な飲み物だと言われています。 ココアに含まれている鉄分は身体に吸収されやすく、生理中に起こりやすい貧血の予防にも役立ってくれます。 温かい豆乳 豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンの働きを促す「エストロゲン」と似た働きをするため、生理痛緩和に効果を発揮するといわれています。 そもそも血液や女性ホルモン生成の材料になるタンパク質が豊富に含まれているため、貧血や生理不順の改善も期待できます。 飲む際には温めてホット豆乳にすると効果的です。 生理痛を悪化させる飲み物 カフェインを含む飲み物 コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインを含む飲み物は生理中にはあまりおすすめできません。 カフェインには神経を刺激する作用がありますので、イライラを悪化させる、血液循環を悪くして体の冷えを招く、鉄分の吸収率を妨げるなど、多くの生理痛を悪化させる要素が含まれています。 生理が近づいたときだけでもコーヒーならたんぽぽコーヒーに、紅茶ならハーブティーに替えるのをおすすめします。 アルコール アルコールを分解するにはビタミンBやマグネシウムが使われていますので、ホルモンバランスの乱れや貧血を引き起こしやすくなります。 さらに、生理中には代謝機能が低下していますので肝臓への負担も大きくなり、いつもなら平気な量でも悪酔いしたり、体調が悪くなったりしやすくなります。 あまりお酒が強くない方は生理中のアルコール摂取を控えた方がいいかもしれません。 少量でもお酒を飲みたい場合は、ポリフェノールが含まれている赤ワインを常温で飲んだり、温かくして飲める日本酒などをおすすめします。 冷たい飲み物 暑い時期には、どうしてもジュースやスポーツドリンクなど、冷たい飲み物を手に取ってしまいますが、体を冷やすため生理中にはおすすめしません。 とくに、砂糖をたっぷり使ったジュースは飲みすぎると血行を悪くしてしまいます。 次は食べ物です! 体を温める野菜 ねぎ、カボチャ、ゴボウ、ニンジン、レンコン、カリフラワー、山芋、カブなどの野菜には体を温める効果があります。 スープにしたり、きんぴらゴボウやきんぴらレンコンを作ってみたりと、上手く食事にとり入れてみてください。 大豆製品 豆腐・納豆・味噌などの大豆製品には大豆イソフラボンの効果が期待できます。 女性ホルモンの卵胞ホルモンと似た働きをしてくれますので、生理痛を和らげる効果が期待できます。 マグロやカツオ マグロ、カツオ、サバなども体を温める働きがあります。 また、生理中に取りたい栄養素であるEPAが豊富に含まれています。 発酵食品 キムチや納豆、チーズ、漬物といった発酵食品も体を温めてくれます。 生理痛を悪化させる食べ物 糖分の多い食品 ケーキやお菓子など、砂糖を多く含む食品を食べることでホルモンバランスが乱れて痛みがひどくなることがあります。 かき氷やアイス 冷たいものを食べることで身体が冷え、血流が悪くなり生理痛が悪化する恐れがあります。 サラダなどの生野菜 トマトやナス、ゴーヤやキュウリといった美味しい夏野菜は、生で食べることが多いですが、夏野菜は水分が多いうえに体を冷やす作用のあるものが多いです。 寒いときでもトマトなどの夏野菜を食べたいときは、生で採るのではなく、加熱調理をしたり、温野菜にして食べたりすることをおすすめします。

次の

つらい生理痛の緩和・改善に良い食べ物&飲み物5選【体を温める】

生理 痛 飲み物

生理のたびに起こる生理痛。 生理痛の感じ方や症状は一人一人の女性によって異なりますが、症状の度合いに差こそあれ、女性なら誰でも経験する不快な症状です。。 生理だからおなかが痛いのは仕方ない、と思ってただ我慢していても、生理痛は緩和されません。 毎月起こるものだからこそ、生理痛の効果的な緩和方法や対処法を身につけておくことが重要です。 生理痛を緩和するには、冷え性やむくみの改善が必要といわれています。 適度の運動やストレスの解消などとともに、食事の内容や飲み物について気を配ることも冷え性の改善につながります。 普段口にしているものの中には、生理中はなるべく控えほうがいいものもあります。 生理中にお勧めの飲み物とは?生理中に控えたほうがいい飲み物は?など、生理痛を効果的に緩和するために知っておきたい情報をご紹介します。 生理痛が起こる仕組みとは? 生理痛が起こる理由については、いくつかの要因が絡み合っていますが、もっとも大きな影響を与えると考えられるのが、プロスタグランジンの過剰分泌。 プロスタグランジンのはたらきは子宮を収縮させることで、これにより子宮内膜の要らなくなったものが生理の経血として膣をとおして排出されます。 プロスタグランジンは生理の経血のスムーズな排出に不可欠な物質ですが、同時に痛みを強くする作用や血管を収縮させる作用もあり、これによって生理痛が生じてしまいます。 冷え症や血行不良により、生理の経血の排出がうまく行われないと、この問題を解消させようと、体はプロスタグランジンの分泌を増やします。 プロスタグランジンの過剰分泌により、子宮まわりの血管も収縮してしまい、痛みも強く感じやすいことから、おなかや腰の痛み、違和感、倦怠感などの生理痛の症状があらわれます。 生理痛について知っておきたいこと 生理痛の主な原因は、プロスタグランジンの過剰分泌にあると考えられます。 女性の生理に伴って生じる症状ですので、どんなに健康でも生理痛をまったく経験しない方はいません。 生理のある女性であれば、誰でも経験しているはずの生理痛。 生理痛は軽く済む方もいれば、生理のたびにつらい思いをする方もいます。 生理痛の緩和の仕方は 生理なのだから、生理痛があるのは仕方ない、と我慢してしまう方も多いでしょう。 また生理痛があるからといって、生理のたびに鎮痛薬を飲んでいるとくせになってしまうと考え、鎮痛薬を飲まずにひたすら我慢してしまう方もいます。 しかし生理痛は頭痛や歯痛と同じで、鎮痛薬を飲んだからといって、くせになるということはありません。 生理痛がひどくつらいときには我慢せずに、早めに鎮痛薬を飲んだほうが断然楽になります。 ただし生理痛対策として鎮痛薬だけを頼りにするのは間違い。 鎮痛薬の服用は対処療法ですので、鎮痛薬を飲んだからといって、次の生理のときの生理痛が軽くなるわけでも、重くなるわけでもありません。 生理痛自体を軽くするには、日ごろから生活習慣・食習慣を正し、運動不足を解消するなどの努力が必要です。 またこれと同時に、生理中の食べ物や飲み物にも配慮すると、生理痛を上手に緩和することが期待できます。 生理中にお勧めの飲み物と避けたほうがいい飲み物についての知識を備えておくことが必要です。 生理中に避けたい飲み物とは? 生理痛の緩和に効果的な飲み物について挙げていく前に、まずは生理中なるべく避けたほうがいい飲み物について挙げてみましょう。 生理痛を緩和してくれる飲み物を把握しておくことも重要ですが、同時に避けたほうがいい飲み物についても知っておくと便利です。 自宅にいるときであれば、生理痛にお勧めの飲み物を用意することも出来ますが、外出先や外出中、職場などでは選べる選択肢が限られています。 こんな場合にも、避けたほうがいい飲み物について知っておくと安心です。 生理中のカフェインのメリットとは? カフェインにはメリットとデメリットがあります。 メリットのいちばんに挙げられるのが眠気覚ましです。 カフェインを飲んでから、家事や仕事に取り掛かる人も多いでしょう。 他には利尿効果、運動能力を高める効果、集中力を高める効果、基礎代謝を上げる効果、交感神経を刺激する、などが指摘されています。 また頭痛を抑えるなどの鎮痛効果もあり、鎮痛薬に成分として配合されていることもあります。 カフェインのデメリット いろいろなメリットのあるカフェインですが、適量を超えて飲んでしまうとデメリットも生じます。 利尿効果のあるカフェインですが、利尿作用があるゆえに、飲み過ぎるとかえって逆効果。 水分を逃さないように、体は水分を溜め込もうとしますので、むくんでしまうこともあります。 またカフェインを飲み過ぎると、尿と一緒に女性にとっては必要不可欠なカルシウムなども流れ出てしまいます。 生理中にカフェインを飲む場合には量に注意しましょう。 カフェインはコーヒーだけでなく、緑茶や紅茶、エネルギードリンクなどにも含まれています。 コーヒー以外は大丈夫と考えて、他のカフェイン飲料をたくさん飲んでしまうことがないようにしましょう。 清涼飲料水などの糖分の多いもの 市販の清涼飲料水には糖分が多く含まれているものが多いので注意が必要です。 砂糖の取りすぎは肥満の原因になるだけでなく、生理痛や月経前症候群の症状を悪化させるおそれもあります。 生理前から生理の前半にかけては、普段にもまして甘いものが欲しくなります。 これはホルモン分泌の変化やそれに伴うストレスを解消させようと、甘いものを食べることで手っ取り早くセロトニンを作り出そうとするため。 甘いものを食べると一時的に安心感が得られますが、食欲を抑えらず、甘いものを摂り過ぎてしまい、結果的に生理痛をひどくしてしまうおそれがあります。 冷たい飲み物 冷たい飲み物は体を内側から冷やしてしまいます。 生理痛の緩和には冷たいものではなく、温かい飲み物を選ぶようにしましょう。 冷たいジュースや清涼飲料をごくごく飲んでしまうと、体の内部を冷やすだけでなく、太りやすい体質を作る原因になることもあります。 生理痛で腹痛や腰痛がする場合には、温かい飲み物を少しずつ飲んだほうが、生理痛緩和に効果的です。 アルコール お酒 アルコールはごく少量を飲む場合にはそれなりのメリットがありますが、適量を守らずに飲みすぎてしまうと体調を崩す原因にもなります。 生理中は体の機能全体が普段よりも少し落ちています。 アルコールを分解するはたらきにしても同様で、普段よりもアルコールを分解するのに時間がかかってしまい、結果として二日酔いや悪酔いをしてしまいます。 また普段よりも控えめに飲んでいても、酔いやすいので、体力のない方やアルコールに弱い方は、生理中のお酒は出来れば控えたほうが良いでしょう。 さらにアルコールには出血を促す作用もありますので、生理中の飲酒には注意が必要です。 生理痛がつらいときにお勧めの飲みものとは? 生理痛がつらいときに避けたほうがいい飲み物についてみてきましたが、今度は生理中にお勧めの飲み物について、一つ一つ紹介していきましょう。 生理中は体も精神状態も普段よりもデリケート。 たかが飲み物と甘く考えずに、上手に飲み物を選び、生理痛の緩和に役立てましょう。 どんな飲み物を選ぶべきかを把握しておくと、外食のときや自販機で飲み物を買うときにも便利です。 ハーブティー ハーブティーはカフェインレスで、カロリーも気になりませんので、生理中の女性にはお勧めです。 ハーブティーにはいろいろな種類がありますので、好みや気分によっていろいろな味を楽しむことができます。 いくつかのハーブを組み合わせたブレンドハーブティーはどなたにでも合うよう、口当たりよく出来ていますので、手軽に楽しめて、便利です。 生理痛の緩和という目的だけでなく、美容や健康に良い効能を備えたハーブも多いので、複合的な効果も期待できます。 ただしひとつ注意したい点があります。 ハーブの中には妊娠中の方や授乳中の方は摂取できないものもありますので、妊娠している可能性がある方や妊活をしている方はきちんと医師に確認してからにしましょう。 カモミールティー カモミールには鎮静効果や安眠効果がありますので、生理中のイライラや疲労感を和らげてくれる効果が期待できます。 西洋ではカモミールは昔から伝統療法に用いられて来ました。 爽やかな香りで、すっきりリラックスしたいときにお勧めです。 チェストツリー チェストベリー チェストツリーは月経前症候群の症状の緩和に効果があるとされるハーブ。 そのはたらきとは、黄体ホルモンの分泌を促すことにより、女性ホルモンのバランスの崩れを調整すること。 最近とくにチェストツリーの効果に注目が集まっていて、女性向けにチェストツリーやビタミンなどを配合したブレンドハーブティーやサプリメントもたくさん販売されています。 まだ試したことのない方はぜひ一度チェックしてみましょう。 ペパーミントティー ペパーミントにも鎮静効果や吐き気や胃痛を抑え、胃の調子を整えるはたらき、リラックス効果、安眠効果などがあるとされています。 すっきりした爽快な味で、頭痛などの痛みを和らげてくれる効果が期待できます。 生姜入りドリンク 生姜湯には体をぽかぽかと温めてくれる効果があります。 生姜の有効成分には血行促進効果や疲労回復効果、新陳代謝をアップさせる効果など、女性にとって嬉しいさまざまな効能が備わっています。 また生姜にはプロスタグランジンE2の分泌を抑えるはたらきもありますので、生理中には最適な成分といえるのではないでしようか? 生姜入りの飲み物というと、生姜はちみつ湯が人気。 他には紅茶と組み合わせた生姜紅茶などもありますが、生理中は出来るだけカフェインを控えたいので、生姜紅茶にする場合には飲む量に十分注意しましょう。 ココア ココアの健康効果はさまざま。 自律神経のバランスを整える効果や血行促進効果などに加えて、鉄分の吸収を良くする効果などがありますので、生理痛を和らげる効果が期待できます。 ココアに含まれる成分を挙げてみると、マグネシウムやカルシウム、食物繊維、ポリフェノール、ビタミンなど、健康に良い成分をたくさん含んでいます。 またココアにはカフェインが含まれていますが、その量はコーヒーや紅茶に比べると少ないので、コーヒーや紅茶の代わりにホットココアにするのもひとつのアイデアです。 市販のココアはそれぞれカカオの純度に違いがありますので、純ココアに近いものを味わいたい方はカカオの純度の高いものを選びましょう。 豆乳 豆乳に含まれる大豆イソフラボンのはたらきは、卵胞ホルモン エストロゲン のはたらきに似ているといわれています。 大豆イソフラボンは女性にとって強い味方。 卵胞ホルモンは女性に美しさをもたらすホルモン。 卵胞ホルモンの分泌量が減り、黄体ホルモンとのバランスが崩れると、自律神経のバランスも崩れ、体と心にさまざまな不調が生じてしまいます。 生理前から生理中にかけて起こる女性ホルモンのバランスの崩れ、豆乳はこのバランスの崩れをうまく調整してくれます。 上に挙げたココアとの組み合わせで、豆乳ココアにすると相乗効果が期待できます。 カフェインレスの飲み物 上に挙げた飲み物があまり好きでない方は、麦茶や杜仲茶などに代表されるカフェインレスの飲み物を選ぶようにしましょう。 他にもルイボスティーや黒豆茶などのカフェインレスの飲み物もお勧めです。 カフェインレスの飲み物であっても、冷たいまま何杯もごくごく飲んでしまうと、体を冷やしてしまいます。 カフェインレスの飲み物でも温めて飲めるものはホットで飲むようにしましょう。 これらの飲み物はどれもカロリーが非常に低いので、その点でも安心です。 自販機で何を購入しようか迷ったときに覚えておくと便利です。 まとめ 生理中の飲み物についての情報をご紹介しました。 腹痛、頭痛、腰痛、イライラ、眠気、にきびや肌荒れ、むくみなど、生理中にはさまざまな不調が生じてします。 生理に関する不調の最たるものが生理痛。 生理痛のおなかの痛みや腰のだるさは、他の何とも比べられないほど辛いもの。 毎月経験するものだからこそ、生理痛の効果的な緩和法を知っておくことが必要です。 生理痛の緩和に役立ちそうな飲み物はたくさんあります。 生理中の体はデリケート。 食べ物だけでなく、飲み物にも気を使い、生理痛の緩和に少しでも役立てましょう。

次の

紅茶を飲んで、生理痛の痛みを軽減・緩和させよう|タメリス

生理 痛 飲み物

このページの目次• 生理痛ってどんなもの? 生理痛がひどい時はベットから立てなくなることもある…なんてことを周り女性から聞いたもいるかと思います。 なぜ人によって痛みが違うのでしょうか? ここでは生理痛の基本的なことを説明します。 痛みは人によって様々 生理痛を感じる時、子宮では経血を排出するために収縮運動が行われています。 この収縮運動が激しいと痛みを感じるのですが、 人によって感じる痛みの強さや種類が違うと言われています。 キリキリした痛みから、お腹の中に鉛を抱えているような鈍痛まで様々です。 生理痛の大きな原因には、• 冷えタイプ• 栄養不足タイプ• ストレスタイプ 以上の3つが挙げられます。 詳しくは原因でご紹介するので参考にしてみてくださいね。 生理痛がひどい人は月経困難症 生活に支障をきたしてしまうほどの生理痛は、 月経困難症と呼ばれます。 生理が始まると2日間は家から出ることができない、立つことが困難といったレベルであれば一度婦人科クリニックで診てもらいましょう。 薬などで改善する方法があります。 月経困難症には、2つ種類があります。 機能性月経困難症 多いと言われているのが 機能性月経困難症です。 プロスタグランジンという物質が過剰分泌されることで起こります。 器質性月経困難症 器質性月経困難症は、機能性に比べると少ないです。 婦人科系の病気が直接的な原因となって痛みを伴うものです。 生理痛が起こる5つの原因 辛い生理痛の原因は5つの原因が考えられます。 自分がどのタイプかわからない人は、婦人科で尋ねてみても良いかもしれません。 プロスタグラジンの過剰分泌 生理痛に大きく関わっているのが 「プロスタグランジン」という物質です。 この物質は、生理が始まると分泌され、経血を外に出すために子宮を収縮させる働きがあります。 正常な量であれば痛みを感じることは少ないですが、 過剰分泌状態になると子宮が必要以上に収縮することで痛みを感じます。 体の冷え 体の冷えは全身の血行を悪くしてしまいます。 血行不良になると、子宮や卵巣に酵素や栄養が行き届きません。 そのため、経血を子宮外に出す動きを妨げてしまいます。 経血が子宮にたまると、プロスタグランジンが増えてしまい、生理痛に繋がってしまいます。 子宮の出口の狭さ 生理では、子宮内膜が剥がれ落ちていきますが、子宮の出口が狭い人は剥がれ落ちた子宮内膜が排出されず痛みを感じることもあります。 1度出産を経験した人で生理痛がマシになった、という人はこちらが原因だと言えます。 ストレス ストレスの溜め込みすぎは、ホルモンバランスの乱れや血行不良を起こします。 ホルモンバランスの乱れはプロスタグランジンを過剰分泌させてしまい、子宮を過剰に収縮させてしまいます。 また血行不良で子宮の働きが鈍くなってしまうとまたプロスタグランジンが分泌されるという悪循環に陥ってしまいます。 病気によるもの 毎月お腹が痛くなっていると、自分で「生理痛だ」と決めてしまいがちですが、実は婦人科系の病気が潜んでいることがあります。 子宮内に良性の腫瘍ができる 「子宮筋腫」や、本来子宮の内腔にある子宮内膜が他の場所に発生してしまう 「子宮内膜症」が多いと言われています。 生理の度に痛みが酷くなっていたり、経血の量の多さに少しでも不安を感じたら、婦人科クリニックに診てもらいましょう。 夏でも効く!生理痛になった時の対策3選 鈍く重い生理痛は本当に辛いですよね。 そんな時に行える対策を3つご紹介します。 早く生理痛を抑えたい人は痛み止めと併用したり、薬には頼りたくない人でも行えたりする方法なので、一度試してみてくださいね。 温かい飲み物を飲む お腹を体内から早く冷えを解消できる、 温かい飲み物を飲みましょう。 ここでは2つ挙げていますが、もちろん白湯でも大丈夫です。 人によっては飲み物の種類でも生理痛に効く、効かないがあるようなので、自分の体に合ったものを飲んでくださいね。 ローズヒップティー ローズヒップに含まれるビタミンが、ホルモンバランスを整えてくれるので、生理痛を緩和することができます。 またビタミンには血行促進をして体を温めてくれたり、利尿作用で整理中にむくみに効いたりと、嬉しい効果がたくさん詰まっています。 生姜湯 体を温めてくれる効果があると有名な 生姜は生理痛緩和にも有効だと言われています。 生姜には 「ジンゲロール」と 「ショウガオール」という血行を促す成分があるので体が温まります。 生姜湯は、生姜とお湯のシンプルな飲み物のため、苦手な人は蜂蜜を入れてみるのもおすすめです。 白い砂糖は体を冷やしてしまうので避けましょう。 お腹のツボを押す 生理痛緩和には ツボ押しも効果があると言われています。 痛み止めの薬を飲んだ後にツボ押しをしてみるのも一つの方法です。 家にいる時は、寝転びながら行うこともできる嬉しい方法です。 気海(きかい) 気海はおへそより下(指2本分ほど)に位置するツボです。 生理痛の緩和や、便秘の改善などお腹の不調を整えてくれます。 片手の人差し指、中指、薬指の3本で優しく押しましょう。 関元(かんげん) 気海よりさらに指2本分下に位置するツボです。 体の冷えを改善するツボだと言われており、生理痛の緩和にも効果的です。 片手の人差し指、中指、薬指の3本でゆっくり優しく押してください。 中極(ちゅうきょく) 関元からさらに指1本分下に位置するツボです。 生理痛緩和の他に、生理不順を整えてくれたり、膀胱トラブルにも効くと言われています。 両手の親指か、両手の中指で優しく押してください。 膀胱を刺激するので、お手洗いは済ませておきましょう。 帰来(きらい) 中極から指3本分離れた左右に位置するツボです。 生理痛緩和や、婦人系トラブルにも聞くと言われています。 手の人差し指から小指を腰に当て、両手の親指を帰来に当てるように押すと適度な力で押すことができます。 あったかグッズを使う 生理痛緩和には 体内外共に温めることが大切です。 布団や服で体を温めるのには限度があるので、そんな時にも効果的なグッズを使った温め方をご紹介します。 カイロを貼る カイロは冬に体を温めるイメージがあるかもしれませんが、生理痛緩和には1年中役に立つ優秀グッズです。 大判の貼るカイロを貼りましょう。 お尻のすぐ上にある逆三角の形をした骨(仙骨)が温まるように貼るのがおすすめです。 仙骨は子宮に近い場所にあるので、同じ高さのお腹に貼っておくのも良いでしょう。 夏は冷たい飲み物や冷房などで無意識に冷えがちですが、カイロはさすがに厳しい、という人は、腹巻で温めておくのもおすすめです。 あまりに生理痛がひどくなったら、貼らないタイプのカイロで一時的にあっためるのも良いでしょう。 足元を湯たんぽや靴下で温める 足は体の中で一番冷えやすい場所です。 足元を温めると、滞っていた血液が全身に流れるため体全体が温まります。 常に足元を冷やさないように工夫しましょう。 毎月の生理痛を和らげる方法3選 ついつい毎月薬に頼ってしまっている…という人もいるのではないでしょうか? しかし、痛み止めは単純に痛みを止めているだけなので根本的な解決にならない上に、多用して胃が荒れるという人も。 そうなってしまう前に、生理期間以外でもできることをご紹介します。 ストレッチをする 毎日同じような生活をしていると、体も同じようなところを動かしがちですよね。 ストレッチは普段意識的に動かさない部分を動かすことで、筋肉が柔らかくなり血行も促してくれます。 ここでは簡単にできる2つのストレッチをご紹介します。 膝抱えストレッチ• 仰向けになり両膝曲げ、両手で抱える• ゆっくりと胸元へ曲げて5秒キープする• 手足を伸ばしゆっくり仰向け状態に戻る 栄養がある食べ物でバランスの良い食事をする 食べ物は体内に直接入るので、栄養をきちんと摂ればその分体に良い効果が現れます。 しかし、偏った食事をしているとそれもそのまま体に現れてしまいます。 まず、以下のようなものを大量にとっていないか食事を見直してみましょう。 砂糖が多く含まれるお菓子• カフェインの入った飲み物• 乳製品• 冷たい食べ物や飲み物 いかがですか? 逆に、生理痛緩和のために摂りたい栄養は以下のものです。 たんぱく質• ビタミンB群 たんぱく質や鉄分は女性ホルモンや血液を作る大切な栄養で、ビタミンはストレス緩和に役立ちます。 お風呂で体を温める 体が冷えてしまう原因には色々ありますが、冷えた体を温めるには、毎日入るお風呂の時間が有効です。 ポイントは、 少しぬるめのお湯にじっくり浸かることです。 38〜40度のお湯で20分は浸かりましょう。 熱いお湯は体が温まったように感じますが、芯からは温まっていないことも多く湯冷めも早くなってしまいます。 時間がなく少しだけ湯船に浸かりたい、という時以外は避けた方が良いです。 生理痛は体を温めて対策をしよう 毎月の生理痛は人によって痛みの度合いが違うので、これをやっていれば絶対安心!と言い切れる方法はありません。 ひとつずつ取り組みながら、自分の体にはどんな方法が合っているのかを試してみてください。 自分の体と向き合いながら生理痛を改善していきましょう!.

次の