ほかほか 弁当 の メニュー。 ほっかほっか亭

ほかほか弁当 新宿5丁目店

ほかほか 弁当 の メニュー

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年1月) を皮切りに、"Honesty"(まじめに)"Hot"(つねにあたたかいお弁当)"Heart"(こころをこめて)の『3H』を基本理念として、銘柄米を使った炊きたてのと作りたてのという、それまでの弁当販売の概念を覆すメニューを提供した。 (昭和53年)4月に株式会社化。 (昭和56年)に 株式会社を設立し、各事業会社が同社のフランチャイジーとして店舗を運営する形態に変更した。 2008年(平成20年)5月時点では、株式会社ハークスレイが・以外ので、・九州地方・山口県エリアでは株式会社が、として店舗を運営(直営ないし加盟店への委託)していた。 しかしプレナスが2008年(平成20年)5月14日をもってフランチャイズ契約を解消した。 (詳しくは「」の項目を参照のこと)。 これにより、同社の直営・加盟店を合わせて3,294店あった店舗のうちの2,028店と、サンコー株式会社が運営する茨城地区の50店の、合わせて2,078店が新ブランド「」に転換したため 、(平成20年)5月15日時点での店舗数は1,363店となった。 約2,300店を展開していたが持ち帰り弁当業界首位に浮上し、ほっかほっか亭は業界3位に転落した。 しかしプレナスのエリアから完全に店舗がなくなったわけではなく、一部の店舗がほっかほっか亭として存続したほか、解約後、当エリア内にほっかほっか亭としての新規出店も行われている。 ほっかほっか亭は2018 年現在も持ち帰り弁当店の店舗数は3位である。 なお、(平成27年)10月現在、・・・・・・には店舗がない。 エリアフランチャイズにより地域ごとに運営会社が異なっているため、メニューなども地域ごとに違っている。 2008年(平成20年)より新ブランドロゴへ一新された(ブランドカラーの赤と黄色は以前と同様継続し、「3H」を模した3つの「H」が描かれている)。 以前は、ほっかほっか亭の頭文字の「H」をデザイン化し、側面には「HOKKAHOKKATEI」と書かれていた。 店頭のブランドロゴは順次、新ブランドロゴへ入替中ではあるが、現在 [ ]でも旧ブランドロゴで営業している店舗もある。 にほっかほっか亭総本部はハークスレイの完全子会社となり、同年に同社に合併され消滅した。 これによりほっかほっか亭は、かつてフランチャイジーだったハークスレイがフランチャイザーとなって運営する店舗に移行した。 各地区本部 [ ] 2015年(平成27年)9月30日以前の各地区本部については「」を参照 東日本(旧・株式会社ほっかほっか亭総本部直轄)・山口県・九州エリアはかつてプレナス直営・加盟店だった。 プレナスがフランチャイズ契約を解約したため、鹿児島県にある鹿児島食品サービスは総本部直轄の地区本部となり、他地域は総本部が、直営店を含めたほっかほっか亭へ残留した店舗の運営・管理指導を行ってきた(解約当時は、熊本県にあるマルコフーズがほっかほっか亭熊本地区本部を設立し運営していたが、自己破産を申請したためハークスレイの運営となった)。 2008年(平成20年)4月、はほっかほっか亭総本部と新規契約しほっかほっか亭宮崎地区本部を設立、同年7月には西日本畜産株式会社とも新規契約し、前述の2社とあわせて九州地区の各地区本部となった。 運営会社 地区 株式会社ハークスレイ (直轄) 当初から運営 、、、、、 、、(除く)、、 、、、、 旧・株式会社ほっかほっか亭総本部ほか 、、、、、、 、、、、、 株式会社ハークスレイ福岡支店 (旧・株式会社ほっかほっか亭総本部福岡支店) 、、 連結子会社 株式会社鹿児島食品サービス (ほっかほっか亭鹿児島地区本部) 業務提携 株式会社ほっかほっか亭京滋地区本部 、 株式会社ほっかほっかフーヅ (ほっかほっか亭四国地区本部) 、、、、兵庫県(淡路島のみ) 株式会社みちのくジャパン (ほっかほっか亭岩手地区本部・青森地区本部) 、 西日本畜産株式会社 (ほっかほっか亭大分地区本部) 株式会社ほっかほっか亭宮崎地区本部 弁当メニュー [ ] メニューやキャンペーンは、運営会社・地区により異なっている。 岡山県のラジオ局の場合は四国の一部や兵庫県の一部でも受信できる為に「四国・淡路島は対象外となります」というアナウンスが最後に入る。 問題 [ ]• (平成19年)11月10日 - 山梨県の山梨万力店(旧プレナス管理店)にて、店長の指示によるの改竄が行われていたことが、同店に勤務していたパート店員のにより発覚。 パート店員は店長に対して改竄をやめるよう進言したところ、店長により解雇された。 ほっかほっか亭は、同店店長を無期出社停止にすると同時に、内部告発したパート店員を別店舗にて再雇用すると発表した [ ]。 脚注・出典 [ ].

次の

料理メニュー : ほかほか弁当 萩園店 (ハギゾノテン)

ほかほか 弁当 の メニュー

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年1月) を皮切りに、"Honesty"(まじめに)"Hot"(つねにあたたかいお弁当)"Heart"(こころをこめて)の『3H』を基本理念として、銘柄米を使った炊きたてのと作りたてのという、それまでの弁当販売の概念を覆すメニューを提供した。 (昭和53年)4月に株式会社化。 (昭和56年)に 株式会社を設立し、各事業会社が同社のフランチャイジーとして店舗を運営する形態に変更した。 2008年(平成20年)5月時点では、株式会社ハークスレイが・以外ので、・九州地方・山口県エリアでは株式会社が、として店舗を運営(直営ないし加盟店への委託)していた。 しかしプレナスが2008年(平成20年)5月14日をもってフランチャイズ契約を解消した。 (詳しくは「」の項目を参照のこと)。 これにより、同社の直営・加盟店を合わせて3,294店あった店舗のうちの2,028店と、サンコー株式会社が運営する茨城地区の50店の、合わせて2,078店が新ブランド「」に転換したため 、(平成20年)5月15日時点での店舗数は1,363店となった。 約2,300店を展開していたが持ち帰り弁当業界首位に浮上し、ほっかほっか亭は業界3位に転落した。 しかしプレナスのエリアから完全に店舗がなくなったわけではなく、一部の店舗がほっかほっか亭として存続したほか、解約後、当エリア内にほっかほっか亭としての新規出店も行われている。 ほっかほっか亭は2018 年現在も持ち帰り弁当店の店舗数は3位である。 なお、(平成27年)10月現在、・・・・・・には店舗がない。 エリアフランチャイズにより地域ごとに運営会社が異なっているため、メニューなども地域ごとに違っている。 2008年(平成20年)より新ブランドロゴへ一新された(ブランドカラーの赤と黄色は以前と同様継続し、「3H」を模した3つの「H」が描かれている)。 以前は、ほっかほっか亭の頭文字の「H」をデザイン化し、側面には「HOKKAHOKKATEI」と書かれていた。 店頭のブランドロゴは順次、新ブランドロゴへ入替中ではあるが、現在 [ ]でも旧ブランドロゴで営業している店舗もある。 にほっかほっか亭総本部はハークスレイの完全子会社となり、同年に同社に合併され消滅した。 これによりほっかほっか亭は、かつてフランチャイジーだったハークスレイがフランチャイザーとなって運営する店舗に移行した。 各地区本部 [ ] 2015年(平成27年)9月30日以前の各地区本部については「」を参照 東日本(旧・株式会社ほっかほっか亭総本部直轄)・山口県・九州エリアはかつてプレナス直営・加盟店だった。 プレナスがフランチャイズ契約を解約したため、鹿児島県にある鹿児島食品サービスは総本部直轄の地区本部となり、他地域は総本部が、直営店を含めたほっかほっか亭へ残留した店舗の運営・管理指導を行ってきた(解約当時は、熊本県にあるマルコフーズがほっかほっか亭熊本地区本部を設立し運営していたが、自己破産を申請したためハークスレイの運営となった)。 2008年(平成20年)4月、はほっかほっか亭総本部と新規契約しほっかほっか亭宮崎地区本部を設立、同年7月には西日本畜産株式会社とも新規契約し、前述の2社とあわせて九州地区の各地区本部となった。 運営会社 地区 株式会社ハークスレイ (直轄) 当初から運営 、、、、、 、、(除く)、、 、、、、 旧・株式会社ほっかほっか亭総本部ほか 、、、、、、 、、、、、 株式会社ハークスレイ福岡支店 (旧・株式会社ほっかほっか亭総本部福岡支店) 、、 連結子会社 株式会社鹿児島食品サービス (ほっかほっか亭鹿児島地区本部) 業務提携 株式会社ほっかほっか亭京滋地区本部 、 株式会社ほっかほっかフーヅ (ほっかほっか亭四国地区本部) 、、、、兵庫県(淡路島のみ) 株式会社みちのくジャパン (ほっかほっか亭岩手地区本部・青森地区本部) 、 西日本畜産株式会社 (ほっかほっか亭大分地区本部) 株式会社ほっかほっか亭宮崎地区本部 弁当メニュー [ ] メニューやキャンペーンは、運営会社・地区により異なっている。 岡山県のラジオ局の場合は四国の一部や兵庫県の一部でも受信できる為に「四国・淡路島は対象外となります」というアナウンスが最後に入る。 問題 [ ]• (平成19年)11月10日 - 山梨県の山梨万力店(旧プレナス管理店)にて、店長の指示によるの改竄が行われていたことが、同店に勤務していたパート店員のにより発覚。 パート店員は店長に対して改竄をやめるよう進言したところ、店長により解雇された。 ほっかほっか亭は、同店店長を無期出社停止にすると同時に、内部告発したパート店員を別店舗にて再雇用すると発表した [ ]。 脚注・出典 [ ].

次の

料理メニュー : ほかほか弁当 萩園店 (ハギゾノテン)

ほかほか 弁当 の メニュー

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年1月) を皮切りに、"Honesty"(まじめに)"Hot"(つねにあたたかいお弁当)"Heart"(こころをこめて)の『3H』を基本理念として、銘柄米を使った炊きたてのと作りたてのという、それまでの弁当販売の概念を覆すメニューを提供した。 (昭和53年)4月に株式会社化。 (昭和56年)に 株式会社を設立し、各事業会社が同社のフランチャイジーとして店舗を運営する形態に変更した。 2008年(平成20年)5月時点では、株式会社ハークスレイが・以外ので、・九州地方・山口県エリアでは株式会社が、として店舗を運営(直営ないし加盟店への委託)していた。 しかしプレナスが2008年(平成20年)5月14日をもってフランチャイズ契約を解消した。 (詳しくは「」の項目を参照のこと)。 これにより、同社の直営・加盟店を合わせて3,294店あった店舗のうちの2,028店と、サンコー株式会社が運営する茨城地区の50店の、合わせて2,078店が新ブランド「」に転換したため 、(平成20年)5月15日時点での店舗数は1,363店となった。 約2,300店を展開していたが持ち帰り弁当業界首位に浮上し、ほっかほっか亭は業界3位に転落した。 しかしプレナスのエリアから完全に店舗がなくなったわけではなく、一部の店舗がほっかほっか亭として存続したほか、解約後、当エリア内にほっかほっか亭としての新規出店も行われている。 ほっかほっか亭は2018 年現在も持ち帰り弁当店の店舗数は3位である。 なお、(平成27年)10月現在、・・・・・・には店舗がない。 エリアフランチャイズにより地域ごとに運営会社が異なっているため、メニューなども地域ごとに違っている。 2008年(平成20年)より新ブランドロゴへ一新された(ブランドカラーの赤と黄色は以前と同様継続し、「3H」を模した3つの「H」が描かれている)。 以前は、ほっかほっか亭の頭文字の「H」をデザイン化し、側面には「HOKKAHOKKATEI」と書かれていた。 店頭のブランドロゴは順次、新ブランドロゴへ入替中ではあるが、現在 [ ]でも旧ブランドロゴで営業している店舗もある。 にほっかほっか亭総本部はハークスレイの完全子会社となり、同年に同社に合併され消滅した。 これによりほっかほっか亭は、かつてフランチャイジーだったハークスレイがフランチャイザーとなって運営する店舗に移行した。 各地区本部 [ ] 2015年(平成27年)9月30日以前の各地区本部については「」を参照 東日本(旧・株式会社ほっかほっか亭総本部直轄)・山口県・九州エリアはかつてプレナス直営・加盟店だった。 プレナスがフランチャイズ契約を解約したため、鹿児島県にある鹿児島食品サービスは総本部直轄の地区本部となり、他地域は総本部が、直営店を含めたほっかほっか亭へ残留した店舗の運営・管理指導を行ってきた(解約当時は、熊本県にあるマルコフーズがほっかほっか亭熊本地区本部を設立し運営していたが、自己破産を申請したためハークスレイの運営となった)。 2008年(平成20年)4月、はほっかほっか亭総本部と新規契約しほっかほっか亭宮崎地区本部を設立、同年7月には西日本畜産株式会社とも新規契約し、前述の2社とあわせて九州地区の各地区本部となった。 運営会社 地区 株式会社ハークスレイ (直轄) 当初から運営 、、、、、 、、(除く)、、 、、、、 旧・株式会社ほっかほっか亭総本部ほか 、、、、、、 、、、、、 株式会社ハークスレイ福岡支店 (旧・株式会社ほっかほっか亭総本部福岡支店) 、、 連結子会社 株式会社鹿児島食品サービス (ほっかほっか亭鹿児島地区本部) 業務提携 株式会社ほっかほっか亭京滋地区本部 、 株式会社ほっかほっかフーヅ (ほっかほっか亭四国地区本部) 、、、、兵庫県(淡路島のみ) 株式会社みちのくジャパン (ほっかほっか亭岩手地区本部・青森地区本部) 、 西日本畜産株式会社 (ほっかほっか亭大分地区本部) 株式会社ほっかほっか亭宮崎地区本部 弁当メニュー [ ] メニューやキャンペーンは、運営会社・地区により異なっている。 岡山県のラジオ局の場合は四国の一部や兵庫県の一部でも受信できる為に「四国・淡路島は対象外となります」というアナウンスが最後に入る。 問題 [ ]• (平成19年)11月10日 - 山梨県の山梨万力店(旧プレナス管理店)にて、店長の指示によるの改竄が行われていたことが、同店に勤務していたパート店員のにより発覚。 パート店員は店長に対して改竄をやめるよう進言したところ、店長により解雇された。 ほっかほっか亭は、同店店長を無期出社停止にすると同時に、内部告発したパート店員を別店舗にて再雇用すると発表した [ ]。 脚注・出典 [ ].

次の