マスター ランク 防具。 【MHW:IB】対テオ・ナナ用おすすめランス装備・スキル(マスターランク)

【モンハンワールド:アイスボーン】マスターランク中盤のおすすめ装備【MHWI】

マスター ランク 防具

マスターランクの序盤を効率よく進める方法 スキルが弱くなってもマスターランクの装備に変えよう! 「上位で装備を整えてスキルは完璧!マスターランク装備は守備力高いけどスキルが弱い・・・」 マスターランクの装備を見た人はみんなが思うこと。 そして、「装備は買い替えたほうがいいの?」とは誰もが悩む問題だ。 結論を言えば、 スキルが弱くなってもマスターランクの装備にすぐ変えたほうがいい。 理由は簡単で、上位装備では守備力が低くモンスターの一撃で7割以上HPを削られてしまうからだ。 上位防具とでは防御力が150近く差がある 上位防具の最終強化の場合、防御力「450」近く、マスターランクの防具は防御力「600」近くと防御力に差がある。 スキルは多少劣るが、必ずマスターランクの装備に乗り換えよう。 MR序盤おすすめ防具 発動スキル 体力増強Lv3、砥石使用高速化Lv3、攻撃Lv2、防御Lv2、弱点特効Lv1、破壊王Lv1、風圧耐性Lv1 腕と脚をアロイシリーズに変え、砥石使用高速化Lv3を付けた快適装備。 弱点特効を装飾品もしくは、護石でLv3にすると会心が出やすくなり、狩り時間が大幅に短縮される。 MR序盤の剣士系おすすめ武器 MR序盤は上位の武器でも戦える 上位武器をカスタム強化しているなら、マスターランク星2までは上位の武器でも十分に通用するので買い替える必要はない。 鉱石系装備をすぐに作るのもあり 上位武器をカスタム強化していないならレア度9の鉱石系武器を作るのがおすすめだ。 鉱石武器は斬れ味が白ゲージあり攻撃力も高いので汎用性の高く作って損はしない。 防衛隊シリーズもMR序盤なら使える 必要素材が少なくそれなりの性能を持った武器「防衛隊シリーズ」。 上位では充分すぎるぐらい強いが、MR序盤でも戦える性能をしている。 マスターランク星3で火属性武器を作ろう マスターランク星3のラストにイヴェルカーナ撃退クエストがあるので、それまでに火属性武器を作っておきたい。 火属性武器は数種類あるが、ディノバルド系武器が斬れ味が優秀なのでおすすめ。 手数が多い武器種は状態異常を持つ武器がおすすめ 火属性が効かない敵用に鉄系武器もレア度10まで上げておけば盤石だ。 状態異常と相性が良い片手剣・ランス・操虫棍は 無属性武器ではなく状態異常武器を作成しよう。 武器種別おすすめ武器 MR序盤のガンナー系おすすめ武器 MR序盤は上位の武器でも戦える 剣士と同じくガンナーもカスタム強化をしていれば、マスターランク星2までは上位の武器で十分戦えるので買い替える必要はない。 マスターランク星3で火炎弾を撃てるボウガンを作ろう マスターランク星3のラストのイヴェルカーナ撃退クエストに備えて火炎弾を撃てるボウガンを用意しておきたい。 武器種別おすすめ武器.

次の

MHW『アイスボーン』マスターランクでおすすめのオトモ装備【超有能】

マスター ランク 防具

アイテムの見直しをしておこう 新モンスターや新マップによる環境の変化に耐えられるように、所持品の見直しをしておきたい。 特に、頻繁に起こる氷やられを防げるウチケシの実や、凍て地で常に必要になるホットドリンクは必ずアイテムセットに入れておこう。 ホットドリンクはトウガラシでも作れる ホットドリンクはフィールドでトウガラシを採取することでも手に入る。 初期キャンプから出る道にも生えてるので覚えておこう。 多少スキル構成が崩れても、防御を優先した方が結果的に攻略は楽。 防御優先の統一性の無い防具でも、体力増強や耳栓と言った有用なスキルはつくことが多い。 装飾品である程度火力もカバーできるなら、なおのこと防具はどんどん新しいものを作ったほうが良い。 特におすすめの防具 派生表の一番上の鉱石派生は、大型モンスターの素材を必要としない。 そのため、序盤の内からレア9以上のマスターランク武器を作りやすい。 レア9にしただけでも、鑑定武器を含めたワールドの大半の武器よりも強いため、まずここを目指そう。 鉱石は別に集める必要あり 大型モンスターの素材を使わないとはいえ、素材にはマスターランクの鉱石が必要になる。 マスターランクでの探索が可能になり次第、先に鉱石集めだけ済ませてしまおう。 よく使う鉱石の集め方記事はこちら• クラッチクローに早めに慣れる 今作はクラッチクローの新アクションがとにかく強い。 しがみつきからの武器攻撃やぶっ飛ばしは、特にメリットが大きい。 最初は使うタイミングなどに慣れが必要だが、敵が疲れてる時は積極的に狙っていこう。 読んでおきたいクラッチクロー関連の記事• そのため、着用中は確実にクラッチアクションを決められる。 転身に関しては弱体化されたとはいえ、まだまだ使う価値は大きい。 敵が氷属性なら耐寒もアリ 新マップの渡りの凍て地は、当然、氷属性の敵が多い。 また、マップには脚を踏み入れると氷やられになる川も存在する。 装具2つの内、片方はこれらを対策できる耐寒の装衣を選ぶのもアリだ。 おすすめの装衣の詳細はこちら 蒸気機関管理所では、低確率で天の竜人手形を入手することができる。 天鱗や古龍の大宝玉など貴重な素材と交換できるので、手形狙いでプレイするのもいい。

次の

【MHWアイスボーン】レア12の防具一覧|マスターランク【モンハンワールド】|ゲームエイト

マスター ランク 防具

武器 鉱石や骨武器がオススメ 武器としては鉄や骨といった 採取素材だけで作れる武器がオススメです。 やはり ・簡単に作れる ・相手を選ばない ・クセが無くバランスの良い性能のものが多い という点からストーリー攻略には最適だと思います。 この両者を比べるなら、近接武器の場合は切れ味の関係から鉱石武器の方がややオススメです。 どうしても倒せない、苦手な相手がいるならそのモンスターに有効な武器を作ればいいと思いますがストーリーを進める分にはとりあえず鉱石武器で十分だと思いました。 作れるならもちろん属性武器を揃えるのも有効ですが、やはり素材集めで寄り道してストーリーを進めるのが遅れてしまうのが嫌だったので自分は鉱石や骨の武器だけで進めました。 確かにマスターランクの防具の防具は強力で、単純に防御力だけ見ても鉄や骨で作るようなマスター序盤の未強化防具ですら最大強化歴戦王防具を超えているのですが、防御力以上に使う武器に必須、もしくは必須級に大事なスキル(例えば弓の溜め段階解放やランスのガード性能等)を切ってまで防御を優先させたら却って戦いづらいですし、特にマスターランクのストーリーではアイスボーン初出のモンスターとの戦いも多いですがやはり序盤はそのランクでは下級の立ち位置の相手も多く、上位で古龍や歴戦王を倒してきたプレイヤーならそこまでの難敵はいませんし、マスターと言えども序盤から「ちょっと小突かれただけで致命傷」というほど極端に攻撃力が高くなったりもしません。 だったら多少は防御が低くともキチンとスキルを組んだ装備でさっさとマスターランクを上げてより強力な装備を作れるモンスターを解禁した方が良いと思いました。 「上位で使ってた防具」とかなりザックリしたことを書きますが、要は マスター序盤ならスキル優先で上位防具を使うのは十分アリってことですね。 上位で組んだ防具を徐々にマスター装備と入れ替えていく 上位で使っていた装備を使う場合似たような構成を組める防具が作れるようになったなら、その部分だけ既存の防具と組み合わせて スキル構成を出来るだけ維持したまま進めるのがオススメ。 自分はこの方法で攻略してきました。 上とはやや矛盾したことを言いますが、入れ替える際にはスキル1~2レベル分くらいなら失うのも止む無しといった感じ。 必須スキルは維持しつつ、攻撃や見切りといった立ち回りにあまり影響を及ぼさないようなスキルならレベルを下げてマスター防具に更新していきましょう。 まぁ見切りとかも100%会心達人芸装備とかなら影響出ますが割愛 ただし流石はマスターというべきか、防御力だけでなくスロットやスキルも上位よりは向上しているので全く同じ構成とは行かなくとも案外プラマイ0、あわよくばプラスになるくらいなので少し入れ替えたからといって劇的に弱くなるわけでもないですので、そういう意味でも上位防具から徐々に更新していくのをオススメします。 鉱石・骨防具 武器同様レアな素材も無く マスタークラスに上がって採取をすればすぐ作れるので、特にアイスボーンからモンハンワールドを始めて上位を一気に駆け上がってきたという人にオススメ。 ただし扱う武器に関しては特に指定しませんが、上の項目で書いたように武器毎の必須スキルを投げ捨ててまでオススメ出来る防具ではありません。 まずは防御力を確保したい人向けですね。 EXナルガ スキルも いつも通り回避性能が付いている部位が多い。 使っている武器や他の防具によって変動するものの、個人的な優先度は胴、足、腰>腕>頭でしょう。 素材元のナルガクルガもちょうど上位防具をマスター防具に入れ替えたいと思える時期に出てくるのも地味にポイント(個人的な感想ですが)。 ぶっちゃけ私はストーリー攻略では使いませんでしたが、見た感じ汎用性が高くストーリー攻略ではオススメの防具だと思ったので書き残しておきます。 とりあえず自分が進めて感じたことはこんな感じです。 また何か気付いたことなどがあれば更新したいと思います.

次の