グリーンピース きょうの料理。 節約なら冷凍で!新緑を思わせる「グリーンピース」で春ランチ

グリンピースご飯 (豆ご飯) レシピ|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

グリーンピース きょうの料理

グリーンピースが使われている料理といえば、代表的なのが「焼売」。 きっと崎陽軒さんならシュウマイの歴史を知っているに違いない!というわけで、横浜にある本社へお邪魔してきました。 なぜシュウマイにはグリーンピース? 謎を解くために、いざ崎陽軒へ! 今回、我々の疑問に答えてくれたのは、メガネがお似合いの爽やかイケメン、広報・マーケティング部の金田さん。 ただ、一般的に昔からよく言われているのは 「イチゴのショートケーキのようにシウマイの上に何か乗せて欲しいとリクエストがあった」 、 「給食を作る際に、数を把握しやすいように目印代わりに乗せた」、「冷凍食品メーカーが見栄えや栄養バランスを考慮して」という説を聞いたことがあります。 ちなみに、一般的にイメージされるのは「グリーンピースが乗っているシウマイ」だと思うのですが、崎陽軒のシウマイは、グリーンピースを上に乗せず中に混ぜ込んでいますよね? 金田さん:えぇ。 弊社のシウマイは、豚肉や干帆立貝柱、玉ねぎなどの原材料と一緒にグリーンピースを練り肉に混ぜ込んでいます。 シウマイの味や食感・風味・栄養など総合的なバランスを考慮して、というのがグリーンピースを使っている理由です。 あと、グリーンピースの緑色が中国で縁起のいい翡翠の色だから、というのも一理ありますね。 ただ、これも開発当時の記録が残っていないので正確な理由はわからないんですよね。 先日我々が独自で行ったでは、2人に1人が「グリーンピースが嫌い」と答えているのですが…どう思いますか? 金田さん:グリーンピースがお客様にとって賛否両論ある食材であることは、私も認識しています。 金田さん:実際にお客様からも「シウマイの練り肉に混ぜ込んであるから、グリーンピースをのぞいてから食べるのが大変」といった意見を頂戴することがあります。 ですが一方で、「中に混ぜ込んであると、グリーンピースが苦手でもおいしく食べられる!」という嬉しいお声もいただいていて。 グリーンピースを好きになってほしいとまでは言えませんが、ぜひ、崎陽軒のシウマイの要素のひとつとして、グリーンピースの味わいもお楽しみいただけると大変ありがたいなと思っております。 金田さん:昭和3年の発売当時からレシピはそのままに、変わらぬ味を守り抜いています。 そして今年、発売から88年の米寿の年を迎えました。 列車の中で召し上がっていただくことを想定しておりますので、「冷めてもおいしい」「ひと口サイズ」である点が特長ですね。 ほとんどの方が始発駅の東京駅で駅弁を買ってしまいますので。 そこで、初代社長の野並茂吉が「だったら横浜にも名物をつくろう!」と意気込んで開発したのが、「シウマイ」だったんです。 金田さん:当時の横浜は、開港まもなく文化と呼べるものがありませんでした。 南京町と呼ばれた今の中華街も数件の中華料理店が並んでいただけで今ほど栄えていなかったそうです。 その料理店で「突き出し」として出されていたのがシューマイ。 駅で売るには、冷めてもおいしくなければ商売にならなかったため、点心師を招いて1年近く試行錯誤を繰り返し、崎陽軒のシウマイが誕生しました。 飛行機で空からビラを配る!? どうやってPRしたんですか? 金田さん:当時としては、一風変わったPR手法を取り入れていました。 例えば…飛行機を使って上空から横浜市街に無料引き換え券のビラを配ったり。 発売当初は1日10折ほどだったシウマイの出荷量が、数年後には1,000折を超えるほどになったそうです。 あと、「シウマイ娘」も話題を呼びました。 的な…? 金田さん:今でいう売り子さんです。 横浜駅のホームで赤い服を着たシウマイ娘たちが、手カゴにシウマイを入れて「シウマイはいかがですか?」と、車窓から売り歩いていたんです。 それが口コミでどんどん広まって。 そこからシウマイ娘が主人公の新聞小説が流行り、それが映画化されて、崎陽軒のシウマイが一躍全国区に。 金田さん:ひょうちゃんは昨年60歳の還暦を迎えまして、今は61歳です。 漫画家の故・横山隆一先生がいろは48文字にちなんで描いてくださった顔が48種類あるんですよ。 常温で召し上がっていただく「 」「 」だけに入っているので、ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、横浜市民の食卓にシウマイと共に欠かせないものです。 金田さん:はい。 夏季限定の「いかシウマイ」にはグリーンピースではなく、枝豆を混ぜ込んでいるんです。 これは、いつものシウマイとは一味違う味わいに仕上げた「冷やして食べるシウマイ」。 お刺身感覚でわさび醤油をつけて召し上がってください。 その式場のオプションサービスとして「ジャンボシウマイカット」を行っています。 これまた斬新ですね。 金田さん:ジャンボサイズのシウマイを新郎新婦でカットしていただくと、中から小さなシウマイがコロコロと出てくるんです。 たくさんの子宝に恵まれますようにという願いを込めて。 弊社のシウマイを愛してくださる方々に喜んでいただいています。 では、最後にアマノ食堂の読者に向けてメッセージをお願いします! 金田さん:崎陽軒は横浜の地で、真にローカルなブランドを目指し事業を行っており、関東圏以外にお住まいの方にとっては普段手にする機会がないかもしれません。 ですが、横浜へお越しの際には、ぜひ旅のお供にシウマイをお楽しみください。 弊社のシウマイが皆さまの旅の思い出に寄り添うことができたら、これ以上の喜びはありません。 横浜工場では事前のご予約が必要ですが、シウマイの工場見学も行っておりますので、ぜひお立ち寄りくださいね。 弊社のシウマイは1個に入っているグリーンピースの数がまばらなんですが、まれに3粒ほど入っていると「お、ラッキーだな」とちょっとテンションが上がります(笑)。 本日はありがとうございました! 「グリーンピースが入っていてこそ崎陽軒のシウマイ」と語ってくれた金田さん。 取材後に早速シウマイをいただいてみたところ、グリーンピースの風味が豚肉や帆立貝柱と絶妙にマッチして、旨みがより増している気がしました。 見た目も、グリーンピースの緑がアクセントになって食欲をそそります。 ごはんのおかずに、旅のお供に、横浜土産に崎陽軒のシウマイをぜひご賞味あれ。 [PROFILE] 金田祐輔さん 1989年埼玉県生まれ。 2012年。 「新たな名物名所を創り続ける」ことを目標に日々の業務に取り組む。 同社取締役広報部長を務める「ひょうちゃん」は上司であり人生の大先輩。 企画協力/崎陽軒.

次の

【きょうの料理】ポークソテー グリンピースソースのレシピ!市瀬悦子さん(4月1日)

グリーンピース きょうの料理

鶏むね肉(皮なし) 1枚(250g)• グリーンピース(サヤから取り出す) 250g• ベーコン(薄切り) 2枚• ローリエ 1枚 *あれば• サラダ油・塩・こしょう 各適量• かたくり粉 適量• 砂糖 ひとつまみ• バター 小さじ2• グリーンピース 作り方• 鶏むね肉は繊維を断つようにして薄くそぎ切りにする。 片面に軽く塩コショウをふり、片栗粉を薄くまぶす。 お肉をくるくると丸め、手で握り塊にして丸い形に整える。 鍋にサラダ油を熱し、たまねぎ、にんじん、ベーコン、グリーンピースを入れて焼き目がつかない程度に炒めたら、水、ローリエ、塩を加えて煮立ったら、弱火にして5分間ほど煮る。 1のお肉を加え、蓋をして4分ほど煮込む。 塩、こしょうを少々で味を整え、砂糖ひとつまみ、バターを仕上げに入れる。 そのままテーブルに出し、取り分けていただくのがおすすめ。 まとめ 今回は鶏むね肉の洋風レシピでした。 カルパッチョおいしそうですね。 お酒のおつまみにも合いそう。 鶏肉は我が家でもよく使いますが、だいたい家族の好きなメニューは決まっていてワンパターンになりがちなんですよね。 春野菜との組み合わせでレパートリーが増えて嬉しいです。

次の

【きょうの料理】鶏むね肉レシピ~チキンチップス・カルパッチョ風・グリーンピースのスープ煮など

グリーンピース きょうの料理

苦手な子どもが多いグリーンピース。 ミックスベジタブルも入っているので栄養満点、彩にも重宝するおかずです。 予熱したオーブントースターで9~10分焼く。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター、料理研究家。 テーマは「おいしくて、作りやすい家庭料理」。 NHK Eテレ『クッキンアイドル アイ! マイ! まいん! (2013年3月で放送終了)の料理も監修。 『ベビーブック』2015年4月号 ご飯もの|グリーンピースレシピ 【1】鶏肉とグリーンピースの炊き込みごはん ごはんと鶏肉を一緒に炊いて、調理をひと手間カット。 うま味がしっかりごはんに染みているので、簡単調理とは思えない美味しさです。 【2】鶏肉に【A】で下味をつけて20分置く。 【3】炊飯器に【1】と【A】を入れて軽く混ぜ、【2】をのせて普通に炊く。 【4】炊き上がったらグリーンピースを散らし、フタをして10分蒸らす。 【5】鶏肉を取り出してひと口大に切り、粗塩をふってごはんに混ぜる。 教えてくれたのは ウー・ウェンさん 北京生まれ。 1990年に来日。 雑誌で紹介した「北京の小麦粉料理」が評判となり、料理研究家に。 東京と北京でクッキングサロンを主宰。 『めばえ』2018年6月号 【2】炒り豆腐のドライカレー 子供が大好きなカレーに一手間加えてみたい!炒り豆腐とひき肉の相性がとてもいいドライカレー。 豆腐の水分で適度にゆるくて食べやすいところも特徴です。 ペーパーで巻き、重しをのせて15分ほど水きりをする。 【2】ミニトマトは4等分に切る。 玉ねぎとにんじんはみじん切りにする(にんじんは少し好みの型で抜いても)。 【3】フライパンにサラダ油とにんにくを入れて中火にかけ、香りが立ったら玉ねぎとにんじんを入れて炒める。 しんなりしたら、ひき肉を加えて炒め、肉の色が変わったら【1】を崩しながら加えてよく炒める。 【4】【A】を加えてさらに炒め、汁けをとばし、ミニトマトとグリーンピースを加えて混ぜ、火を止める。 器にご飯とともに盛る。 教えてくれたのは みないきぬこさん 女子栄養大学を卒業後、料理研究家のアシスタントを経て2007年独立。 料理家、フードコーディネーターとして料理雑誌や広告、メニュー開発など、幅広い分野で活躍。 女児の母。 『ベビーブック』2015年3月号 【3】桜えびとゆかりの混ぜごはん 香りがよく、カルシウムたっぷりの混ぜごはんは、彩りもよく、食欲をそそります。 【2】グリーンピースは塩ゆでする。 【3】ご飯にゆかり、【1】、【2】をさっくり混ぜる。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材を使い、食べ合わせによる体への相乗効果を大切にしたレシピが人気。 食育にも力を注いでいる。 一児の母。 『ベビーブック』2015年5月号 【4】カラフルカップ寿司 ゆで野菜で花の飾りをつければ、ひな祭りやお花見など春の行楽にも。 【2】 小さいフライパンに【A】を混ぜ合わせ、箸で混ぜながら中火で炒り、水分をとばし、鶏そぼろを作る。 【3】カップに【1】を緑、白、ピンクの順に詰め、炒り卵、【2】、【B】で飾る。 教えてくれたのは 中村陽子さん 料理研究家のアシスタントを経て独立。 かわいくて簡単に作れるレシピが人気。 二児の母。 【2】鍋に水と【1】を入れて中火にかけ、煮立ったら弱火にしてフタをし、5分煮る。 グリーンピースを加えてさらに3分煮込み、しょう油を加えて、溶きほぐした卵を流し入れ、ごま油で香りをつけ、こしょうをふる。 教えてくれたのは ウー・ウェンさん 北京生まれ。 1990年に来日。 北京家庭料理が評判となり、料理家に。 東京と北京でクッキングサロンを主宰。 【2】【1】の粗熱がとれたら2つに分け、ラップで包み、筒状に形を整えてギュッと握り、そのままおく。 【3】【B】を混ぜ合わせ、サラダ油を熱したフライパンに半量を流し入れ、【2】の半量をのせて端から巻く。 同様にもう1本作る。 ラップに包んで落ち着いたら切り分ける。 教えてくれたのは ほりえ さちこさん 栄養士、フードコーディネ ーター、飾り巻き寿司インストラクター1級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理や、かわいいお弁当レシピが人気。 『ベビーブック』2012年7月号 グリーンピースのおいしい食べ方 【1】カリカリ薄焼きトースト 旬の食材で2種類のディップを作る。 食事としてもデザートとしてもしっかり食べられる。 【2】小鍋に【B】を入れて弱火にかけ、15分ほど煮る(途中水が足りなくなったら足す)。 汁けをきって、カ ッテージチーズと混ぜる。 【3】食パンを型で抜いてトースターで焼き、【1】と【2】をのせる。 教えてくれたのは 鈴木薫さん シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 『めばえ』2014年4月号 【2】グリーンピーストリュフ グリンピースをトリュフ仕立てに!ヘルシーな上、とても簡単。 【2】グリーンピースはさやから出し、熱湯で2~3分ゆでる。 温かいうちに薄皮をむき、15個を取り分け、残りはコップの底などでつぶす。 【3】ボウルにホワイトチョコレートを入れ、湯せんで溶かす。 【4】別のボウルに【1】、【2】でつぶしたグリーンピース、グラニュー糖を入れてゴムべらで混ぜ、【3】を加えて混ぜ、冷蔵庫で冷やす。 丸められるかたさになったら15等分し、取り分けたグリーンピースを芯にして丸め、再び冷蔵庫で冷やす。 【5】食べるときに粉糖をまぶす。 教えてくれたのは 柿沢安耶さん 世界初の野菜スイーツ専門店『パティスリー ポタジエ』のオーナーパティシエ。 野菜などの素材を厳選し、「おいしくて、体にやさしいスイーツ」を提供。 食育活動にもいそしむ。 『ベビーブック』2011年9月号 【3】野菜たっぷりミニパンケーキ グリーンピース、にんじん、ポテトを使って、カラフルなパンケーキを作ってみよう!野菜をつぶして混ぜる工程は子供と一緒にやってもいいですね。 別のボウルで混ぜ合わせた【B】を加える。 【2】【C】はそれぞれやわらかく塩ゆでして、つぶす。 【1】を3等分して、それぞれを混ぜる(3種類の生地を作る)。 【3】フライパンを中火で熱してサラダ油をなじませ、【2】をそれぞれ直径10cmぐらいの円形に流し入れて焼く。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材を使い、食べ合わせによる相乗効果を考えたレシピが人気。 食育にも力を注ぐ。 NHK『きょうの料理』や広告、書籍、雑誌などで活躍中。 一児の母。 『ベビーブック』2014年6月号.

次の