も こう 不正。 「『一回転』でググれ」と言ったら、逮捕されますか?:こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(13)

談合(ダンゴウ)とは

も こう 不正

不正咬合の種類 叢生(そうせい) 歯列がでこぼこになっていたり、歯と歯が重なって生えてしまっている状態のことを「叢生(そうせい)」と言います。 「八重歯」や「乱杭歯」もこの叢生に含まれる症状です。 顎が小さくて、歯の生えるスペースが狭かったり、歯が大きくてやはり歯の生えるスペースが狭くなってしまい、歯同士が押し合いへし合いになってこのような状態になります。 空隙歯列 くうげきしれつ 、正中離開(せいちゅうりかい) 「空隙歯列 くうげきしれつ 」は歯の一本一本の間にすき間が開いている状態、「正中離開(せいちゅうりかい)」は前歯にすき間がある状態を言います。 つまり「空きっ歯」です。 叢生は歯の生えるスペースが狭いためになってしまう症状ですが、空隙歯列は歯が小さかったり、歯が本来の数より生えなかったせいで、すき間ができしまう症状です。 正中離開は外に生えていないけど、肉の中にある余分な歯が原因で起こったり、上唇の裏にあるスジ、「上唇小帯」がうまく育たたなかったのが原因である場合があります。 上顎前突(じょうがくぜんとつ) 上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは上顎の骨が下の顎より前に出ている症状のことで、いわゆる「出っ歯」のことです。 前歯が斜めに生えていたり、上顎がすごく成長してしまったり、下顎が成長不足だったりすると、上顎前突になってしまいます。 また、上顎も下顎も出っ張っている場合は「上下顎前突 じょうげがくぜんとつ 」と呼ばれます。 反対咬合(はんたいこうごう) 上顎前突とは逆に下顎が突出している状態のことを「反対咬合(はんたいこうごう)」と言います。 つまり、「受け口」のことです。 下の歯が斜めに生えていたり、下顎の骨自体が過成長してしまった場合になる症状です。 また、不正咬合全体に言えることではありますが、成長するにつれて不正咬合が治し辛くなるため、特に小さい子供の反対咬合はなるべく早く治したほうが良いと言われています。 過蓋咬合(かがいこうごう) 「過蓋咬合(かがいこうごう)」は上下の歯を閉じたときに、上の歯が下の歯を覆って隠してしまうほどの噛み合わせが深い症状のことです。 このように噛み合わせがあまりにも深いと、歯が歯肉に触れて傷つけてしまったり、歯に力が入ってしまって、摩耗しやすくなってしまうことがあります。 交叉咬合(こうさこうごう) 上下の奥歯、もしくは前歯が左右にずれて、うまく噛み合っていない症状を「交叉咬合(こうさこうごう)」と言います。 交叉咬合(こうさこうごう)になると、咀嚼するときなどに変な力が入って、顎が疲れやすくなったり、歯が痛みやすくなったりする以外にも、顔が歪んでしまうというリスクがあります。 開咬(かいこう 奥歯は噛み合っているのに前歯が浮いて噛み合わず、浮いてしまっている状態が「開咬(かいこう)」です。 オープンバイトとも呼ばれています。 この状態だと、前歯で食べ物を咀嚼することができず、歯の力を分散させることができなくなり、結果、噛み合っていた奥歯にも悪い影響を与えてしまいます。 こんなことが不正咬合の原因に! 遺伝 不正咬合の先天的原因に遺伝があります。 髪や目の色、体質や顔の特徴が遺伝するように、噛み合わせや、歯並び、骨格も遺伝します。 特に遺伝の影響を受けやすいのは、骨格が原因になることもある受け口。 また、親が歯の生える本数が少なかった場合も子に遺伝するので、空隙歯列も遺伝の影響を受けやすいと言えます。 ただ、大人になるまでに不正咬合が酷い場合は後天的な原因のほうが要素として強いようです。 悪い癖 不正咬合に原因となる悪い癖とは、指しゃぶり、頬杖、舌先で前歯を押すなど子供がやるような癖が多いです。 指しゃぶりや、舌先で前歯を押す癖は上顎前突に。 頬杖は交差咬合の原因になります。 また、子供の骨格は大人と比べても悪い癖で歪みやすいので、注意が必要です。 口呼吸 普通、舌は上顎に吸い付いていて、その吸い付いている力によって広げられています。 けれど口呼吸をする習慣があると、常に口が開いているため、上顎は広がりません。 そして、その広がらない分、狭くなって上顎前突になりやすくなってしまうのです。 また、口呼吸をしていると口が乾燥して唾液が少なくなります。 唾液には抗菌効果があるため、少なくなると虫歯になりやすくなり、結果、歯並びが悪くなる原因となります。 虫歯、歯周病 虫歯や歯周病、特に小さい子供の「乳歯の虫歯」が不正咬合の原因になることがあります。 「乳歯が虫歯になってもどうせ永久歯に生え変わるんだから大丈夫じゃないの?」と思ったら大間違いです。 乳歯の虫歯は後に生える永久歯に影響を与えてしまいます。 永久歯が虫歯になりやすくなるだけではなく、変な位置に生えて来てしまう可能性があるのです。 生活習慣 不正咬合は「顎の骨の発育が未発達」である場合にも起こることがあります。 最近の日本では食の欧米化が進み、パンなどのやわらかい食べものを食べることが日常化しています。 やわらかいものばかり食べて、あまり噛まずにいると顎が小さいままで成長せず、叢生などになってしまいます。 また、同じ歯ばかりで咀嚼するのも歯並びを悪くする原因になります。 不正咬合であることのデメリット ちゃんと咀嚼が出来ない 不正咬合で噛み合わせが悪いと、うまく咀嚼ができません。 そのため、余計に歯や骨格が成長せず、また、変な力が入ります。 また、食べものを噛んで細かく出来ないため、胃や腸の負担になり、消化不良などを起こすことがあります。 虫歯や歯周病になりやすくなる 歯並びがでこぼこしていると、その分、歯みがきがしにくくなります。 また、歯並びの症状によっては口呼吸が癖になってしまっていて、その影響で口内が乾燥してしまっていることも。 その結果、虫歯や歯周病になりやすくなり、またその虫歯が歯並び影響を与える……という悪循環を生んでしまいます。 発音に障害が出る 日本語のさ行、た行、な行、ら行などは舌を前歯に当てて、発音します。 特にさ行は「歯擦音」と呼ばれており、上下の前歯を一瞬こすり合わせて、その間から息を漏らすようにすることで発音しています。 なので、上顎前突、反対咬合、空隙歯列や正中離開である場合、うまく発音することができません。 また、歯並びを治した後にも舌の癖が残っている場合があり、すぐにうまく発音できないということもあります。 口の中を怪我しやすくなる 過蓋咬合でも口の中を傷つけてしまうことがあるのですが、上顎前突(出っ歯)であると、その分転んだときにぶつけやすくなり、口の中を傷つけることはもちろん、歯自体を損傷してしまう可能性が高くなります。 また、噛み合わせがずれていることによって、口の中を噛みやすくなってしまい、口内炎になることもあります。 コンプレックスになってしまう 不正咬合の最大のデメリットと言えるのは「見た目が悪くなる」という点です。 歯並びが悪い、出っ歯である、受け口やしゃくれてしまっている、空きっ歯である、という歯の見た目のコンプレックスは矯正をしたいときの大きな理由になっているケースが多く、またこのようなコンプレックスが原因で精神的にダメージを受けることもあります。 不正咬合を治すには 歯列矯正 不正咬合を治す場合、まず思い当たるのが「歯列矯正」だと思います。 歯列矯正は、矯正器具によって、歯を少しずつ動かして、歯並びを整える治療方法です。 一般的なブラケット矯正であれば、ほとんどの不正咬合に対応できます。 また、矯正器具が目立たない裏側矯正や、自分で取り外しができるマウスピース矯正などがあります。 補綴(ほてつ)矯正 補綴矯正とは、主に「セラミック矯正」のことをさし、歯の表面を削って、その上に被せ物をする矯正方法です。 歯列矯正と比べて治療期間が短いため「クイック矯正」もしくは「スピード矯正」とも呼ばれています。 また、歯並びだけではなく歯の色や形も整えることができます。 抜歯 歯列矯正でも、補綴矯正でも、場合によっては抜歯をする必要があります。 抜歯をする理由としては、歯並びをきれいにするためのスペースを確保するためや、歯列矯正をして動かした歯が元の悪い状態に戻らないようにするためなどがあります。 現在ではなるべく、抜歯をしないように治療をしてくれる歯医者さんも増えています。 ダイレクトボンディング ダイレクトボンディングは歯に直接、歯科用レジンやプラスチックを盛り付ける治療法です。 空隙歯列や正中離開に有効です。 治療が早く済み、また、セラミック矯正と比べると歯を削る量を減らすことができます。 ただ、変色しやすいので注意が必要です。 外科手術 ただ歯並びが悪いだけではなく、不正咬合の原因が顎にあったり、顎の骨格が変形してしまっている「顎変形症」である場合は通常の矯正治療に併せて、外科手術をしなければならないケースがあります。 また、矯正治療は基本的に保険が適応されないことが多いのですが、外科手術の場合は適応されることもあります。 不正咬合を予防しよう! 後天的な原因は予防できる! 不正咬合の原因の多くは後天的な原因で、しかも生活習慣に隠れていることが多いです。 治療が成長する過程である子供のときにするのが効果的であるように、予防も、子供のうちから心がけているほうが、不正咬合のリスクは格段に下がると言えます。 生活習慣を見直して、不正咬合を予防しましょう。 食事はよく噛んで食べる ご飯はよく噛んで食べましょう。 噛む回数は30回ほどが目安です。 このとき、決まった場所だけで噛まずに、歯全体で咀嚼しましょう。 また、せっかく細かく噛んでもお茶や水で食べ物を流し込むと舌を動かす機会が減ってしまいます。 舌の力を使って飲み込みましょう。 悪い癖を治す 不正咬合につながるような、指しゃぶり、頬杖、舌で前歯を押す癖はなるべく早く治すようにしましょう。 指しゃぶりであれば、大抵成長とともにしなくなるようになりますが、頬杖や舌の癖などは大人でも癖になっていることがあるので注意が必要です。 また、癖の原因としてはストレスや寂しさが原因になっている場合があります。 直接的に癖を治すより、原因を取り除いてあげるほうが効果的かもしれません。 鼻呼吸をする 口呼吸をする癖がついているようであれば、鼻呼吸を出来るように改善しましょう。 鼻炎などが原因で口呼吸をせざるを得ない場合は、まず、耳鼻科に行くことをおすすめします。 鼻呼吸をすることによって、不正咬合や虫歯、歯周病になるリスクを減らすだけではなく、風邪の予防にもつながります。 虫歯にならないよう気をつける 虫歯は不正咬合の原因になります。 特に、乳歯の虫歯はあとから生える永久歯の生え方や、虫歯のなりやすさに影響を及ぼします。 虫歯が原因で歯並びが悪くなり、今度は歯並びが原因で虫歯になり……ということになりかねませんので、日々の予防やケアをしっかりとしましょう。 まとめ 不正咬合にはたくさん種類がありますが、そのほとんどが生活習慣が原因になっていることが多く、また、矯正治療で治すことができます。 自分や子供の歯並びに不安を覚えたときは歯医者さんに相談してみましょう。 また、不正咬合の原因となる虫歯や歯周病を防ぐため、定期検診に行くこともおすすめします。

次の

不正咬合について

も こう 不正

不正咬合の種類 叢生(そうせい) 歯列がでこぼこになっていたり、歯と歯が重なって生えてしまっている状態のことを「叢生(そうせい)」と言います。 「八重歯」や「乱杭歯」もこの叢生に含まれる症状です。 顎が小さくて、歯の生えるスペースが狭かったり、歯が大きくてやはり歯の生えるスペースが狭くなってしまい、歯同士が押し合いへし合いになってこのような状態になります。 空隙歯列 くうげきしれつ 、正中離開(せいちゅうりかい) 「空隙歯列 くうげきしれつ 」は歯の一本一本の間にすき間が開いている状態、「正中離開(せいちゅうりかい)」は前歯にすき間がある状態を言います。 つまり「空きっ歯」です。 叢生は歯の生えるスペースが狭いためになってしまう症状ですが、空隙歯列は歯が小さかったり、歯が本来の数より生えなかったせいで、すき間ができしまう症状です。 正中離開は外に生えていないけど、肉の中にある余分な歯が原因で起こったり、上唇の裏にあるスジ、「上唇小帯」がうまく育たたなかったのが原因である場合があります。 上顎前突(じょうがくぜんとつ) 上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは上顎の骨が下の顎より前に出ている症状のことで、いわゆる「出っ歯」のことです。 前歯が斜めに生えていたり、上顎がすごく成長してしまったり、下顎が成長不足だったりすると、上顎前突になってしまいます。 また、上顎も下顎も出っ張っている場合は「上下顎前突 じょうげがくぜんとつ 」と呼ばれます。 反対咬合(はんたいこうごう) 上顎前突とは逆に下顎が突出している状態のことを「反対咬合(はんたいこうごう)」と言います。 つまり、「受け口」のことです。 下の歯が斜めに生えていたり、下顎の骨自体が過成長してしまった場合になる症状です。 また、不正咬合全体に言えることではありますが、成長するにつれて不正咬合が治し辛くなるため、特に小さい子供の反対咬合はなるべく早く治したほうが良いと言われています。 過蓋咬合(かがいこうごう) 「過蓋咬合(かがいこうごう)」は上下の歯を閉じたときに、上の歯が下の歯を覆って隠してしまうほどの噛み合わせが深い症状のことです。 このように噛み合わせがあまりにも深いと、歯が歯肉に触れて傷つけてしまったり、歯に力が入ってしまって、摩耗しやすくなってしまうことがあります。 交叉咬合(こうさこうごう) 上下の奥歯、もしくは前歯が左右にずれて、うまく噛み合っていない症状を「交叉咬合(こうさこうごう)」と言います。 交叉咬合(こうさこうごう)になると、咀嚼するときなどに変な力が入って、顎が疲れやすくなったり、歯が痛みやすくなったりする以外にも、顔が歪んでしまうというリスクがあります。 開咬(かいこう 奥歯は噛み合っているのに前歯が浮いて噛み合わず、浮いてしまっている状態が「開咬(かいこう)」です。 オープンバイトとも呼ばれています。 この状態だと、前歯で食べ物を咀嚼することができず、歯の力を分散させることができなくなり、結果、噛み合っていた奥歯にも悪い影響を与えてしまいます。 こんなことが不正咬合の原因に! 遺伝 不正咬合の先天的原因に遺伝があります。 髪や目の色、体質や顔の特徴が遺伝するように、噛み合わせや、歯並び、骨格も遺伝します。 特に遺伝の影響を受けやすいのは、骨格が原因になることもある受け口。 また、親が歯の生える本数が少なかった場合も子に遺伝するので、空隙歯列も遺伝の影響を受けやすいと言えます。 ただ、大人になるまでに不正咬合が酷い場合は後天的な原因のほうが要素として強いようです。 悪い癖 不正咬合に原因となる悪い癖とは、指しゃぶり、頬杖、舌先で前歯を押すなど子供がやるような癖が多いです。 指しゃぶりや、舌先で前歯を押す癖は上顎前突に。 頬杖は交差咬合の原因になります。 また、子供の骨格は大人と比べても悪い癖で歪みやすいので、注意が必要です。 口呼吸 普通、舌は上顎に吸い付いていて、その吸い付いている力によって広げられています。 けれど口呼吸をする習慣があると、常に口が開いているため、上顎は広がりません。 そして、その広がらない分、狭くなって上顎前突になりやすくなってしまうのです。 また、口呼吸をしていると口が乾燥して唾液が少なくなります。 唾液には抗菌効果があるため、少なくなると虫歯になりやすくなり、結果、歯並びが悪くなる原因となります。 虫歯、歯周病 虫歯や歯周病、特に小さい子供の「乳歯の虫歯」が不正咬合の原因になることがあります。 「乳歯が虫歯になってもどうせ永久歯に生え変わるんだから大丈夫じゃないの?」と思ったら大間違いです。 乳歯の虫歯は後に生える永久歯に影響を与えてしまいます。 永久歯が虫歯になりやすくなるだけではなく、変な位置に生えて来てしまう可能性があるのです。 生活習慣 不正咬合は「顎の骨の発育が未発達」である場合にも起こることがあります。 最近の日本では食の欧米化が進み、パンなどのやわらかい食べものを食べることが日常化しています。 やわらかいものばかり食べて、あまり噛まずにいると顎が小さいままで成長せず、叢生などになってしまいます。 また、同じ歯ばかりで咀嚼するのも歯並びを悪くする原因になります。 不正咬合であることのデメリット ちゃんと咀嚼が出来ない 不正咬合で噛み合わせが悪いと、うまく咀嚼ができません。 そのため、余計に歯や骨格が成長せず、また、変な力が入ります。 また、食べものを噛んで細かく出来ないため、胃や腸の負担になり、消化不良などを起こすことがあります。 虫歯や歯周病になりやすくなる 歯並びがでこぼこしていると、その分、歯みがきがしにくくなります。 また、歯並びの症状によっては口呼吸が癖になってしまっていて、その影響で口内が乾燥してしまっていることも。 その結果、虫歯や歯周病になりやすくなり、またその虫歯が歯並び影響を与える……という悪循環を生んでしまいます。 発音に障害が出る 日本語のさ行、た行、な行、ら行などは舌を前歯に当てて、発音します。 特にさ行は「歯擦音」と呼ばれており、上下の前歯を一瞬こすり合わせて、その間から息を漏らすようにすることで発音しています。 なので、上顎前突、反対咬合、空隙歯列や正中離開である場合、うまく発音することができません。 また、歯並びを治した後にも舌の癖が残っている場合があり、すぐにうまく発音できないということもあります。 口の中を怪我しやすくなる 過蓋咬合でも口の中を傷つけてしまうことがあるのですが、上顎前突(出っ歯)であると、その分転んだときにぶつけやすくなり、口の中を傷つけることはもちろん、歯自体を損傷してしまう可能性が高くなります。 また、噛み合わせがずれていることによって、口の中を噛みやすくなってしまい、口内炎になることもあります。 コンプレックスになってしまう 不正咬合の最大のデメリットと言えるのは「見た目が悪くなる」という点です。 歯並びが悪い、出っ歯である、受け口やしゃくれてしまっている、空きっ歯である、という歯の見た目のコンプレックスは矯正をしたいときの大きな理由になっているケースが多く、またこのようなコンプレックスが原因で精神的にダメージを受けることもあります。 不正咬合を治すには 歯列矯正 不正咬合を治す場合、まず思い当たるのが「歯列矯正」だと思います。 歯列矯正は、矯正器具によって、歯を少しずつ動かして、歯並びを整える治療方法です。 一般的なブラケット矯正であれば、ほとんどの不正咬合に対応できます。 また、矯正器具が目立たない裏側矯正や、自分で取り外しができるマウスピース矯正などがあります。 補綴(ほてつ)矯正 補綴矯正とは、主に「セラミック矯正」のことをさし、歯の表面を削って、その上に被せ物をする矯正方法です。 歯列矯正と比べて治療期間が短いため「クイック矯正」もしくは「スピード矯正」とも呼ばれています。 また、歯並びだけではなく歯の色や形も整えることができます。 抜歯 歯列矯正でも、補綴矯正でも、場合によっては抜歯をする必要があります。 抜歯をする理由としては、歯並びをきれいにするためのスペースを確保するためや、歯列矯正をして動かした歯が元の悪い状態に戻らないようにするためなどがあります。 現在ではなるべく、抜歯をしないように治療をしてくれる歯医者さんも増えています。 ダイレクトボンディング ダイレクトボンディングは歯に直接、歯科用レジンやプラスチックを盛り付ける治療法です。 空隙歯列や正中離開に有効です。 治療が早く済み、また、セラミック矯正と比べると歯を削る量を減らすことができます。 ただ、変色しやすいので注意が必要です。 外科手術 ただ歯並びが悪いだけではなく、不正咬合の原因が顎にあったり、顎の骨格が変形してしまっている「顎変形症」である場合は通常の矯正治療に併せて、外科手術をしなければならないケースがあります。 また、矯正治療は基本的に保険が適応されないことが多いのですが、外科手術の場合は適応されることもあります。 不正咬合を予防しよう! 後天的な原因は予防できる! 不正咬合の原因の多くは後天的な原因で、しかも生活習慣に隠れていることが多いです。 治療が成長する過程である子供のときにするのが効果的であるように、予防も、子供のうちから心がけているほうが、不正咬合のリスクは格段に下がると言えます。 生活習慣を見直して、不正咬合を予防しましょう。 食事はよく噛んで食べる ご飯はよく噛んで食べましょう。 噛む回数は30回ほどが目安です。 このとき、決まった場所だけで噛まずに、歯全体で咀嚼しましょう。 また、せっかく細かく噛んでもお茶や水で食べ物を流し込むと舌を動かす機会が減ってしまいます。 舌の力を使って飲み込みましょう。 悪い癖を治す 不正咬合につながるような、指しゃぶり、頬杖、舌で前歯を押す癖はなるべく早く治すようにしましょう。 指しゃぶりであれば、大抵成長とともにしなくなるようになりますが、頬杖や舌の癖などは大人でも癖になっていることがあるので注意が必要です。 また、癖の原因としてはストレスや寂しさが原因になっている場合があります。 直接的に癖を治すより、原因を取り除いてあげるほうが効果的かもしれません。 鼻呼吸をする 口呼吸をする癖がついているようであれば、鼻呼吸を出来るように改善しましょう。 鼻炎などが原因で口呼吸をせざるを得ない場合は、まず、耳鼻科に行くことをおすすめします。 鼻呼吸をすることによって、不正咬合や虫歯、歯周病になるリスクを減らすだけではなく、風邪の予防にもつながります。 虫歯にならないよう気をつける 虫歯は不正咬合の原因になります。 特に、乳歯の虫歯はあとから生える永久歯の生え方や、虫歯のなりやすさに影響を及ぼします。 虫歯が原因で歯並びが悪くなり、今度は歯並びが原因で虫歯になり……ということになりかねませんので、日々の予防やケアをしっかりとしましょう。 まとめ 不正咬合にはたくさん種類がありますが、そのほとんどが生活習慣が原因になっていることが多く、また、矯正治療で治すことができます。 自分や子供の歯並びに不安を覚えたときは歯医者さんに相談してみましょう。 また、不正咬合の原因となる虫歯や歯周病を防ぐため、定期検診に行くこともおすすめします。

次の

会計不正はこう見抜け

も こう 不正

「日本の不正会計に関する書籍は、『粉飾決算の見破り方』などといった実務書がほとんどであるが、本書はそれらのハウツー・ブックスとは決定的に違う。 何よりも、本書の不正会計事例で取り上げられている企業は、 日本のカネボウやソフトバンクを含み 全米の上場企業全100社以上に上る。 しかもその実証分析は、会計学的論理性に優れ、会計トリックの発見技法も、論旨は一貫してゆるぎない。 圧倒的に豊富な事例の高度解析分析が、本書における粉飾発見技法として結実している。 」 細野祐二氏の本書解説から 2002年に刊行して好評だった『会計トリックはこう見抜け』の大幅改訂版。 原書はCFA 米国証券アナリスト プログラムとして使われている定番本だ。 著者のハワード・シリットは、財務諸表の分析から不正会計の警告を投資家に発するCFRA Center for Financial Research and Analysis の創立者。 いまはシリット・フォレンジックスのCEOとして、投資家の立場に立つリポートを出している。 改訂版はエンロン事件以降の多くの粉飾決算事例を収録し、利益操作のトリック、キャッシュフローのトリック、キー・メトリックスのトリックの3つに分類して、投資家を欺く粉飾の手口を詳述している。 解説はベストセラー『公認会計士vs特捜検察』の細野祐二さん。 ハワード・シリット 博士 Ph. 、公認会計士 CPA 1994年、企業の財務報告の不正について投資家に警告を与える調査機関「財務調査・分析センター」 CFRA を設立、。 2011年、シリット・フォレンジックスを設立して、現在は同社CEO。 17年間、アメリカン大学で会計学を教えた。 著書に『会計トリックはこう見抜け』 本書旧版 ほか。 ジェレミー・パーラー 証券アナリスト CFA 、公認会計士 CPA ミシガン大学のロス・スクール・オブ・ビジネスで会計学修士と経営学士号を取得。 プライスウォーターハウスクーパースのニューヨーク事務所勤務を経て、シリット・フォレンジックスのマネージング・ディレクター。 シリット,ハワード 博士 Ph. 、公認会計士 CPA。 2011年、シリット・フォレンジックスを設立。 17年間、アメリカン大学で会計学を教えた パーラー,ジェレミー 証券アナリスト CFA 、公認会計士 CPA。 ミシガン大学ロス・スクール・オブ・ビジネスで会計学修士と経営学士号を取得。 1993年、早稲田大学を卒業後、監査法人朝日新和会計社 現・あずさ監査法人 入所。 1996年、公認会計士第3次試験合格。 2008年、独立。 1982年、公認会計士登録。 1978年から2004年まで、KPMG日本およびロンドンにおいて会計監査並びにコンサルタント業務に従事。 2004年、キャッツ有価証券報告書虚偽記載事件で逮捕・起訴。 2010年、最高裁判所上告棄却により、懲役2年、執行猶予4年の刑が確定。 2014年6月、執行猶予満了。 主な著書に、『国際金融取引の実務』 中央経済社、日本公認会計士協会学術賞受賞 ほか 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです 10年以上前に読んだ『会計トリックはこう見抜け』の大幅改訂版。 財務諸表は概ね理解しているが、会計知識にさほど詳しくない程度の投資家に米国SECの10-K、10-Q(日本の有報に相当)を読むコツを与えてくれます。 財務諸表作成者にも色々と考えさせること多いですが、前著よりは改善しているとはいえ、専門的な用語や言い回しの翻訳がややこなれていないのは気になりましたね。 とはいえ、内容は関心ある方にはオススメ。 会計不正は、不正がわかってからみると、確かにここはおかしかったというのはわかりますが、実際に投資している立場からは見破ることは容易ではありません。 特に会社に不正の問題が起きているが、景気回復により自然と覆い隠されてしまうケースも多いので今不正がないからといって安心というわけではないです。 むしろ爆弾を抱えつつあることもあるのですから、投資家であれば勉強しておくに越したことはないです。 25日)、キャッシュフローの伸びが純利益に伴わない(伸び率の比較)。 証券会社でもこの数値を自動表示してもらえるとうれしいところ。 ほかには、純粋に営業キャッシュフローの減少です。 赤字になると危険です。 チェックしたほうがいいこととして、未請求売掛金の増加、収益よりも長期売掛金が増えていくケース、割引率を使用する場合はその値(リース会社)、請求済未出荷売上のビジネススタイルの危険性(日本では、ミュゼが該当するだろう)、といったものがある。 著者達は米国の会計の専門家。 本書では利益操作のトリック(損益計算書の操作方法)、キャッシュフローのトリック(営業キャッシュフローを多く見せかける方法)、キー・メトリクスのトリック(成績をよく見せる指標を提示したり、賃借対照表の指標の歪曲をする)の3つに分けて、実際に行われていた決算粉飾や恣意的な決算処理の事例を豊富に用いて紹介していきます。 取り上げられている手口は、会計基準の違いには関係しないようなものが殆どと思うので、日本人が読んでも、勉強になります。 実際、カネボウやソフトバンクの事例も出てきますし、東芝そのものは出てこないものの、話題となった工事進行基準の不適切な適用の事例も出てきます。 また、第5部の総括では、取り上げた手口の一覧が数ページにコンパクトにまとめられておくので、この部分だけコピーして手元に置いておくのにも役立ちます。 財務三表の知識が必要なので、ない方は國貞克則氏の『財務3表一体理解法』や『財務3表一体分析法』、あるいは小宮一慶氏の『財務諸表を読む技術 わかる技術』や『これだけ財務諸表』あたりを先に呼んでおく必要があると思います。 こうした知識がある方が読むと、会計不正の手口がこれだけ豊富にあるということを分かりやすく理解できる、刺激に富む一冊と思います。 財務関係者以外でも、経営や投資に携わる人が読んでも損はないでしょう。 惜しむらくは翻訳がプロの翻訳家でないためか、訳がやや分かりにくいこと。 これで一点減点しましたが、内容自体はとてもよいと思います。

次の