回線速度計測。 ドコモ光の回線速度測定方法!使い過ぎると速度制限され速度が低下する?

インターネット回線が遅い…そんな時は「スピードテスト」で速度測定! 使い方&見方を解説

回線速度計測

上記、無料ツールも、 ご利用ください!! No. 9『USEN スピードテスト回線速度・通信速度測定』 要Flashプラグイン! <出典:> 世に存在するスピードテストサイトにはさまざまな測定方法がありますので、測定方式によって結果が異なることがありますが、それぞれ正しい数値と言えます。 また、ご利用PC環境や性能、ご利用しているISPバックボーンの回線状況など多くの影響を受けますので異なる場合があります。 速度測定には Flash Playerが必要になります。 iPhone、iPadなどFlash非対応端末をご利用の場合は測定できません。 <出典:> ケーブルテレビ『USEN』が提供しているスピードテストの計測サービスです。 『Flashプレイヤー』が必要なので、 最近のPC Safariなど では、非対応のことも多く、計測が出来ないケースもあります。 「フレッツ光」と「フレッツ光以外」の回線で、計測方法が異なるようです。 計測PCと、www. usen. comサーバ間の回線速度を計測しているので、他社のツールと比べて、計測値が異なるケースもあります。 8『NURO スピードテスト速度測定』Radishツールの転用 <出典:> 国内の高速回線『NURO光 上限2Gbps 』の速度計測ツールです。 中身は、No2の項目で書いている、 を使っています。 Javaのインストールが必要ならため、 一部のPCや、スマホでは、計測出来ないこともあります。 NUROユーザーが計測出来るように、プルダウンで選択できるようになっていますが、 NURO以外のユーザーも「登録をSKIP」のリンクから、計測できます。 計測後は、Radishさんの計測サイトで、速度結果を確認することもできます。 7『BROADBAND speedtest. 本家は、イギリスの、です。 日本版として展開しているのが、上記のURLの速度測定サイトです。 あまり知られていないですが、『BROADBAND speedtest. jp』サイトでは、速度の統計データも公開されています。 <出典:> 分かりやすい計測ツールで、計測もすぐに終わるという点で、利用しやすいサイトです。 たまにTwitterなどで、計測結果を貼り付けているユーザーさんもいるようです。 現在、利用出来る大手オススメ速度サイトは、 、です。 『ラピッドネット』の特徴は、 スマホでも速度計測できるように、いち早く対応した点が特徴です。 サイト内にも「"FLASHは使っていないので、iPhone、android両方でご利用いただけます。 "」と書かれている通り、これまでFlashでの計測が一般的だったところを、改善したツールになっています。 2013年頃からサービスが開始されています。 サイトは、シンプルな作りで、速度測定ツールなので分かりやすいです。 時々、繋がることもあるかもしれませんが、 繋がらないことが多いようなので、下記で紹介しているツールでの計測をオススメします。 5『BNRスピードテスト』 Flash計測 <出典:> 『BNRスピードテスト』は、2002年頃から運営されている、速度計測サイトです。 かなりの老舗ですね。 ただFlash計測であったために、利用者が限られていました。 上記のリンクでは、検索出来るページにリンクしていますので、スマホでの計測も可能です。 ADSLが主流だった頃からの計測サイトなので、昔から速度チェックをしていた方には、なじみがあるかもしれません。 印象では、ギガ対応の光回線で、計測した際に 若干、時間帯によって、低めの速度が表示されることもあるようです。 2004年頃からサービスが開始されています。 各地域の速度や、プロバイダの速度を計測したランキング化、RBBアワードという賞を設けて、良いサービスを表彰する制度を作っていることなどが特徴です。 記事ページが多く、5000ページ近くの記事があるので、光回線・スマホ端末機器などの、記事が多いようですね。 国内で、速度計測サイトというと、この『RBB スピード測定』と『Radish』の2サービスは、比較のためにも、計測しておくことで、大手の計測結果として、役立つはずです。 もあるので、スマホタブレットの計測の際には、便利なツールです。 計測時に、回線と、プロバイダを必ず選ぶ必要があります。 結構な数から選ぶことになるので、ちょっと大変かもしれません。。 その他FFHで、いつも計測してしまっています。 3 すぐに計測したい!『Fast. com Netflix 』 <出典:> 動画がもたつく際の速度計測に最適! 『Fast. com Netflix 』は、2016年から始まった速度計測サービスです。 特徴は、 シンプル!そして、計測が簡単! ページを開いたらすぐに計測が開始して、数秒以内に計測が完了します。 『スマホでの動画が遅い!』という声に応えて、スタートしたサービスです。 この『Fast. com Netflix 』も動画を観るために、使いにくさをなくすための、とても良いサービスだと思います。 特に、動画サービスに契約していなくても、だれでも使える点も素晴らしいですね。 2 国内で実績のある『Radish』 <出典:> 国内で、『ネット回線の速度測定ツール』というと、『Radish』さんは、とても便利で役立つはずです。 2005年頃から、スタートしています。 なにが便利かというと、各地域ごとの速度計測結果を詳細に比較できる点です。 最近、スマホでの計測にも対応し、さらにサービスが改善されており、個人的にオススメのサービスです。 1 もっともオススメ!世界標準の『Ookla speedtest. net』 <出典:> 世界標準の速度計測サイトとして、『Ookla speedtest. net』があります。 2006年頃から、スタートしているサービスです。 ユーザー数の多さから、 おそらく世界で最も多く使われている速度計測サイトだと思われます。 こちらも、スマホ対応したツールが提供され始めています。 もあり、こちらも手軽に速度計測ができ、かつ、計測の正確性においても、標準的な数値を確認することができて、便利です。 英語のサイトですが、画面上の『GO』ボタンを押すだけで、結果が分かります。 後述しますが、速度計測は、どんなに有名なサイトでも、計測の方法がそのサービスごとに異なるため、絶対的な完全な速度結果はないと、考えておいた方が良いです。 あくまで、複数の測定方法があると知った上で、 複数のサービスを利用しながら、おおよその値を確認するのが、もっともオススメする方法です。 【番外編】『ネット回線@街データ』 宣伝です。 当サイトでも、 速度計測ツールを制作して、できるだけ役立ててもらえるように計測結果を公開するための準備中です。 もしご協力頂けるようでしたら、数十秒で計測出来るツールですので、ご利用頂けますと幸いです。 ネット回線の速度測定ツールを使う際の注意点 ネット速度の計測の際の注意点として、まず、「ネット回線の速度」をどのように計測しているか?という計測方法自体に、統一した定義や方法がありません。 各社サービスによって、 計測値は異なるという点に注意が必要です。 【その他、速度計測の際に速度が遅くなる要因】 ・計測する時間帯が、20〜23時には、ほぼ確実に遅くなる ・住んでいる地域の回線網に、ヘビーユーザーがいると遅くなる ・住んでいる住宅と、プロバイダとの基地局が遠いと、常に遅くなる ・プロバイダが、速度制限をかけていると、遅くなる ・WiFi無線LANルーターを利用して、ネットを観ている場合、直接LANケーブルで繋ぐより遅くなる ・LANケーブルが古いと遅くなる 10BASE-TのLANケーブル:「10Mbpsまで」。 100BASE-TのLANケーブル:「100Mbpsまで」。 1000BASE-Tだと、「1Gbps」まで速度がでるのでオススメ ・計測するパソコン自体のスペック・メモリが低いと、速度も遅くなることが・・・ インターネットの利用時間帯 平成30年版 <出典:> などなど、速度が低下する原因は、たくさんの要素が掛け合わされている!ということなんです。 とは言え、上記の要素の中で、一つ一つ解決して、最後に残る問題点として、大きいのは• 『プロバイダによる速度制限』• 『基地局でのアクセスが集中している』 という原因から、常に速度が遅い!という声が多いです。 そういった悩みに応えられるように、地域のデータを集計し、少しでも役立つよう目指しています。 【その他・国内の Wimaxインターネット光回線の速度測定ツール】• WiMAX-info. net停止中• 【その他・海外の 速度測定ページ】• Ooklaに近い値が出ている。 元Ooklaのツール開発者?• 【国内プロバイダーが提供するインターネット光回線の速度測定ツール一覧】 有線パソコンのネットスピードテスト• リンク切れ多数• NTT東日本• Google スピードテスト【その他・海外の 速度測定ページ】 インターネット速度テスト あまり知られていないツールとして、Googleで『ネット速度』と検索すると、40MB以下の計測が、行えます。 周辺地域の計測結果などは、今のところ分からないようなので、一時的に利用する場合には、便利かも知れません。 10:00~19:00 年中無休 Yahoo! BB ー So-net 0120- 80 -7761 9:00~18:00 DTI 0120-830-501 10:00~17:00 平日のみ ASAHIネット 0120-030-275 平日 10:00-19:00 土日祝 10:00-17:00 T COM 0120-805633 10:00~20:00 bb. excite 0120-087-231 10:00~20:00 SANNET 0120-989-481 9:00~19:00 WAKUWAKU 0120-309092 10:00—19:00 UQ WiMAX 0120-929-818 9:00~21:00 年中無休 速度が遅くて、困っている場合、最終的にオススメな方法は、やはり、サポート窓口に確認すること!です。 大手のプロバイダ、回線サービスのサポート窓口をまとめてみました。 場合によっては、プロバイダ側で速度規制をしているケースもあるので、 ネット回線の会社に確認を、まずした上で、プロバイダにも確認を取ってみると、なにかヒントが得られるかも知れません。 この際に、伝えるべき項目をまとめると・・・• 時間帯によって遅いのか?常に遅いのか?を伝える• PCのスペック CPU・メモリ に問題がないか調べて、大きな問題がないことを伝える。 WiFiまたは無線LANでの接続か? LANケーブルでの接続か?を伝える• 複数回、ネット回線の速度ツールで、計測をしておいて、何度計っても〇〇Mbps程度なんです!と伝える 確認したい項目をまとめると・・・• 特にLANケーブルで速度が出ないのは、回線側の原因が考えられるので、 接続に問題が無いか?再度確認する• ネット回線の会社と、 接続に問題がないか?を確認してもらう• 接続には問題ありませんね、と言われたら、「他に 私のほうの設定で改善できる設定や作業などはありますか?」と確認する。 ここで、協力的であることをアピールしつつ、目的の速度改善方法が本当にないか、聞き出す ここまでサポートに聞いてみても、これ以上速度が改善しません!と言われた場合、 『利用場所と、回線基地局との距離』または 『同じ回線網の利用者が多い・ハードユーザーがいる』などの原因が考えられます。 多くの集合住宅で、1Gbpsの光回線を分岐 同じ集合住宅内でシェアし合うイメージ してことが多く、そのために、時間帯や・通常の利用でも速度が遅くなっているケースが多いようです。 どうしてもマンション・アパートの場合で、遅くて速度を改善したい場合、 ・関東・関西・東海県内の『NURO光』エリア範囲内 という条件が達成出来て、かつ、 ・8階以上のマンションでかつ4人以上の『NURO光』加入者が見込める という場合はが、とても速い 上限2Gbps ためオススメです。 ztv. インターネット・光回線の速度の平均的な基準値・目安・見方・単位って?• インターネット・光回線の速度の単位ってGbps?Mbps?Ping値・RTTって??• PC/Windows7・8・10/MAC OSX/スマホ での速度の確認・調べる方法 って?• インターネット・光回線の速度の改善・向上のための方法って?• インターネット・光回線の速度の最速だとどれぐらい?平均値ってどれぐらい?• ネット回線が遅い!原因・改善方法・設定の見直し法7選!• 無線LAN・WiFiルーターが遅い時に気を付けたいポイント7選• PS4・PS3/Switchが遅い!速度改善の重要ポイント7選• インターネット・光回線の速度計測アプリ7選!• 速度で選ぶネット回線・おすすめBest5!!.

次の

BNRスピードテスト 画像読込み版(iPad iPhone などのFlash非対応版)

回線速度計測

上記、無料ツールも、 ご利用ください!! No. 9『USEN スピードテスト回線速度・通信速度測定』 要Flashプラグイン! <出典:> 世に存在するスピードテストサイトにはさまざまな測定方法がありますので、測定方式によって結果が異なることがありますが、それぞれ正しい数値と言えます。 また、ご利用PC環境や性能、ご利用しているISPバックボーンの回線状況など多くの影響を受けますので異なる場合があります。 速度測定には Flash Playerが必要になります。 iPhone、iPadなどFlash非対応端末をご利用の場合は測定できません。 <出典:> ケーブルテレビ『USEN』が提供しているスピードテストの計測サービスです。 『Flashプレイヤー』が必要なので、 最近のPC Safariなど では、非対応のことも多く、計測が出来ないケースもあります。 「フレッツ光」と「フレッツ光以外」の回線で、計測方法が異なるようです。 計測PCと、www. usen. comサーバ間の回線速度を計測しているので、他社のツールと比べて、計測値が異なるケースもあります。 8『NURO スピードテスト速度測定』Radishツールの転用 <出典:> 国内の高速回線『NURO光 上限2Gbps 』の速度計測ツールです。 中身は、No2の項目で書いている、 を使っています。 Javaのインストールが必要ならため、 一部のPCや、スマホでは、計測出来ないこともあります。 NUROユーザーが計測出来るように、プルダウンで選択できるようになっていますが、 NURO以外のユーザーも「登録をSKIP」のリンクから、計測できます。 計測後は、Radishさんの計測サイトで、速度結果を確認することもできます。 7『BROADBAND speedtest. 本家は、イギリスの、です。 日本版として展開しているのが、上記のURLの速度測定サイトです。 あまり知られていないですが、『BROADBAND speedtest. jp』サイトでは、速度の統計データも公開されています。 <出典:> 分かりやすい計測ツールで、計測もすぐに終わるという点で、利用しやすいサイトです。 たまにTwitterなどで、計測結果を貼り付けているユーザーさんもいるようです。 現在、利用出来る大手オススメ速度サイトは、 、です。 『ラピッドネット』の特徴は、 スマホでも速度計測できるように、いち早く対応した点が特徴です。 サイト内にも「"FLASHは使っていないので、iPhone、android両方でご利用いただけます。 "」と書かれている通り、これまでFlashでの計測が一般的だったところを、改善したツールになっています。 2013年頃からサービスが開始されています。 サイトは、シンプルな作りで、速度測定ツールなので分かりやすいです。 時々、繋がることもあるかもしれませんが、 繋がらないことが多いようなので、下記で紹介しているツールでの計測をオススメします。 5『BNRスピードテスト』 Flash計測 <出典:> 『BNRスピードテスト』は、2002年頃から運営されている、速度計測サイトです。 かなりの老舗ですね。 ただFlash計測であったために、利用者が限られていました。 上記のリンクでは、検索出来るページにリンクしていますので、スマホでの計測も可能です。 ADSLが主流だった頃からの計測サイトなので、昔から速度チェックをしていた方には、なじみがあるかもしれません。 印象では、ギガ対応の光回線で、計測した際に 若干、時間帯によって、低めの速度が表示されることもあるようです。 2004年頃からサービスが開始されています。 各地域の速度や、プロバイダの速度を計測したランキング化、RBBアワードという賞を設けて、良いサービスを表彰する制度を作っていることなどが特徴です。 記事ページが多く、5000ページ近くの記事があるので、光回線・スマホ端末機器などの、記事が多いようですね。 国内で、速度計測サイトというと、この『RBB スピード測定』と『Radish』の2サービスは、比較のためにも、計測しておくことで、大手の計測結果として、役立つはずです。 もあるので、スマホタブレットの計測の際には、便利なツールです。 計測時に、回線と、プロバイダを必ず選ぶ必要があります。 結構な数から選ぶことになるので、ちょっと大変かもしれません。。 その他FFHで、いつも計測してしまっています。 3 すぐに計測したい!『Fast. com Netflix 』 <出典:> 動画がもたつく際の速度計測に最適! 『Fast. com Netflix 』は、2016年から始まった速度計測サービスです。 特徴は、 シンプル!そして、計測が簡単! ページを開いたらすぐに計測が開始して、数秒以内に計測が完了します。 『スマホでの動画が遅い!』という声に応えて、スタートしたサービスです。 この『Fast. com Netflix 』も動画を観るために、使いにくさをなくすための、とても良いサービスだと思います。 特に、動画サービスに契約していなくても、だれでも使える点も素晴らしいですね。 2 国内で実績のある『Radish』 <出典:> 国内で、『ネット回線の速度測定ツール』というと、『Radish』さんは、とても便利で役立つはずです。 2005年頃から、スタートしています。 なにが便利かというと、各地域ごとの速度計測結果を詳細に比較できる点です。 最近、スマホでの計測にも対応し、さらにサービスが改善されており、個人的にオススメのサービスです。 1 もっともオススメ!世界標準の『Ookla speedtest. net』 <出典:> 世界標準の速度計測サイトとして、『Ookla speedtest. net』があります。 2006年頃から、スタートしているサービスです。 ユーザー数の多さから、 おそらく世界で最も多く使われている速度計測サイトだと思われます。 こちらも、スマホ対応したツールが提供され始めています。 もあり、こちらも手軽に速度計測ができ、かつ、計測の正確性においても、標準的な数値を確認することができて、便利です。 英語のサイトですが、画面上の『GO』ボタンを押すだけで、結果が分かります。 後述しますが、速度計測は、どんなに有名なサイトでも、計測の方法がそのサービスごとに異なるため、絶対的な完全な速度結果はないと、考えておいた方が良いです。 あくまで、複数の測定方法があると知った上で、 複数のサービスを利用しながら、おおよその値を確認するのが、もっともオススメする方法です。 【番外編】『ネット回線@街データ』 宣伝です。 当サイトでも、 速度計測ツールを制作して、できるだけ役立ててもらえるように計測結果を公開するための準備中です。 もしご協力頂けるようでしたら、数十秒で計測出来るツールですので、ご利用頂けますと幸いです。 ネット回線の速度測定ツールを使う際の注意点 ネット速度の計測の際の注意点として、まず、「ネット回線の速度」をどのように計測しているか?という計測方法自体に、統一した定義や方法がありません。 各社サービスによって、 計測値は異なるという点に注意が必要です。 【その他、速度計測の際に速度が遅くなる要因】 ・計測する時間帯が、20〜23時には、ほぼ確実に遅くなる ・住んでいる地域の回線網に、ヘビーユーザーがいると遅くなる ・住んでいる住宅と、プロバイダとの基地局が遠いと、常に遅くなる ・プロバイダが、速度制限をかけていると、遅くなる ・WiFi無線LANルーターを利用して、ネットを観ている場合、直接LANケーブルで繋ぐより遅くなる ・LANケーブルが古いと遅くなる 10BASE-TのLANケーブル:「10Mbpsまで」。 100BASE-TのLANケーブル:「100Mbpsまで」。 1000BASE-Tだと、「1Gbps」まで速度がでるのでオススメ ・計測するパソコン自体のスペック・メモリが低いと、速度も遅くなることが・・・ インターネットの利用時間帯 平成30年版 <出典:> などなど、速度が低下する原因は、たくさんの要素が掛け合わされている!ということなんです。 とは言え、上記の要素の中で、一つ一つ解決して、最後に残る問題点として、大きいのは• 『プロバイダによる速度制限』• 『基地局でのアクセスが集中している』 という原因から、常に速度が遅い!という声が多いです。 そういった悩みに応えられるように、地域のデータを集計し、少しでも役立つよう目指しています。 【その他・国内の Wimaxインターネット光回線の速度測定ツール】• WiMAX-info. net停止中• 【その他・海外の 速度測定ページ】• Ooklaに近い値が出ている。 元Ooklaのツール開発者?• 【国内プロバイダーが提供するインターネット光回線の速度測定ツール一覧】 有線パソコンのネットスピードテスト• リンク切れ多数• NTT東日本• Google スピードテスト【その他・海外の 速度測定ページ】 インターネット速度テスト あまり知られていないツールとして、Googleで『ネット速度』と検索すると、40MB以下の計測が、行えます。 周辺地域の計測結果などは、今のところ分からないようなので、一時的に利用する場合には、便利かも知れません。 10:00~19:00 年中無休 Yahoo! BB ー So-net 0120- 80 -7761 9:00~18:00 DTI 0120-830-501 10:00~17:00 平日のみ ASAHIネット 0120-030-275 平日 10:00-19:00 土日祝 10:00-17:00 T COM 0120-805633 10:00~20:00 bb. excite 0120-087-231 10:00~20:00 SANNET 0120-989-481 9:00~19:00 WAKUWAKU 0120-309092 10:00—19:00 UQ WiMAX 0120-929-818 9:00~21:00 年中無休 速度が遅くて、困っている場合、最終的にオススメな方法は、やはり、サポート窓口に確認すること!です。 大手のプロバイダ、回線サービスのサポート窓口をまとめてみました。 場合によっては、プロバイダ側で速度規制をしているケースもあるので、 ネット回線の会社に確認を、まずした上で、プロバイダにも確認を取ってみると、なにかヒントが得られるかも知れません。 この際に、伝えるべき項目をまとめると・・・• 時間帯によって遅いのか?常に遅いのか?を伝える• PCのスペック CPU・メモリ に問題がないか調べて、大きな問題がないことを伝える。 WiFiまたは無線LANでの接続か? LANケーブルでの接続か?を伝える• 複数回、ネット回線の速度ツールで、計測をしておいて、何度計っても〇〇Mbps程度なんです!と伝える 確認したい項目をまとめると・・・• 特にLANケーブルで速度が出ないのは、回線側の原因が考えられるので、 接続に問題が無いか?再度確認する• ネット回線の会社と、 接続に問題がないか?を確認してもらう• 接続には問題ありませんね、と言われたら、「他に 私のほうの設定で改善できる設定や作業などはありますか?」と確認する。 ここで、協力的であることをアピールしつつ、目的の速度改善方法が本当にないか、聞き出す ここまでサポートに聞いてみても、これ以上速度が改善しません!と言われた場合、 『利用場所と、回線基地局との距離』または 『同じ回線網の利用者が多い・ハードユーザーがいる』などの原因が考えられます。 多くの集合住宅で、1Gbpsの光回線を分岐 同じ集合住宅内でシェアし合うイメージ してことが多く、そのために、時間帯や・通常の利用でも速度が遅くなっているケースが多いようです。 どうしてもマンション・アパートの場合で、遅くて速度を改善したい場合、 ・関東・関西・東海県内の『NURO光』エリア範囲内 という条件が達成出来て、かつ、 ・8階以上のマンションでかつ4人以上の『NURO光』加入者が見込める という場合はが、とても速い 上限2Gbps ためオススメです。 ztv. インターネット・光回線の速度の平均的な基準値・目安・見方・単位って?• インターネット・光回線の速度の単位ってGbps?Mbps?Ping値・RTTって??• PC/Windows7・8・10/MAC OSX/スマホ での速度の確認・調べる方法 って?• インターネット・光回線の速度の改善・向上のための方法って?• インターネット・光回線の速度の最速だとどれぐらい?平均値ってどれぐらい?• ネット回線が遅い!原因・改善方法・設定の見直し法7選!• 無線LAN・WiFiルーターが遅い時に気を付けたいポイント7選• PS4・PS3/Switchが遅い!速度改善の重要ポイント7選• インターネット・光回線の速度計測アプリ7選!• 速度で選ぶネット回線・おすすめBest5!!.

次の

BNRスピードテスト 画像読込み版(iPad iPhone などのFlash非対応版)

回線速度計測

インターネット回線速度の測定サイトをお探しですか? インターネットを使う上で速度がどのくらい出ているのか、またはあなたが申し込みを考えているプロバイダはどのくらい速度が出せるものなのか気になってしまいますよね。 今回は実際に試してみた9つの測定サイトを挙げて、それぞれの特徴を見ながらご紹介していきます。 最初にお話ししておきますが、 測定サイトの結果はあくまで目安にしましょう。 理由としては、あなたのパソコンから測定するサーバーまでの距離や環境に依存するので、使う測定サイトによってもバラバラの結果が出ます。 また測定をした時間帯によってネットワークのデータ使用量の多い・少ないなども影響します。 測定結果が遅いからと言ってそのシステムが悪いという事でもなく、すべての測定結果がそれぞれ正しいという見方で試してみることをおすすめします。 その中で、「測定が簡単・機能が便利・デザインが好き」など自分の好みで使っていくのが良いと思います。 それでは、早速見ていきましょう! 目次• お手軽派の人向け Fast. com こちらはWebサイトを開くと自動的に速度測定が始まるのでお手軽中のお手軽と言えます。 ネット回線の速度測定サイトとしては後発ですが「POWERED BY NETFLIX」の表記があるように、NETFLIXの速度測定サイトなんです。 僕もそうですが、NETFLIXに関わらずHulu、Amazonプライムビデオ、Apple TVなど動画配信サービスをよく見る人にはひとつの指標になる測定サイトではないでしょうか。 また、検索結果には「次と比較: speedtest. net」というリンクがあり、下で紹介するSPEEDTESTの測定サイトでも速度を測ることができます。 ラピッドネット/Rapidnet ラピッドネットのスピードテストは他と比べて測定時間がもの凄く短いです。 サイトもシンプルなので、使い方に困るような事もありません。 「測定開始」のボタン押してほぼ一瞬で測定が終了。 最初は『あれ?これで測定できてるの?』と思ったほど。 測定結果には女の子のキャラクターがいます。 サイトもシンプルなので使い方に困るような事もありません。 特徴としては、精度は下がるけど結果が速くわかる「高速モード」を選ぶことができるので、ADSLのような低速回線や、光回線だけど速度が遅い時間帯に測定をするときなどに使えます。 測定システムはFLASHを使っていないとのことで、iPhoneやAndroidスマホ・タブレットからでも回線速度の測定ができます。 必要があれば、回線情報を選んでからの測定もできますよ。 ちなみに速度測定の機能はFlashで動いていますが、Flashが使えないパソコンや、iPhoneやAndroidスマホ・タブレットからは「画像読み込み版」から測定ができるようになっています。 ここはサイトも見やすく NUROユーザー以外も使えるのは嬉しいです。 いきなり測定もできますし、回線種別と郵便番号を入力してから測定も可能です。 ここもJAVAを使っているため Chrome以外のブラウザで測定しましょう。 測定は誰かがやっているときは待ち人数が表示されます。 測定結果は 上り・下りだけでなく回線の品質、測定状況もグラフで表示してくれるので良い感じです。 com(Google ChromeはNG) 価格. 上りと下りの両方が測れます。 注意点はJAVAを使っているために、ブラウザが Chromeだと測定できませんのでChrome以外で測りましょう。 comのスピードテストはサービスを終了してしまったようです。 com スピードテスト きっちり測定したい、サービス検討中、デザインも気になる人向け RBB SPEED TEST ニュースメディアサイト「RBB TODAY」が運営しているスピードテストで1998年から開始しているようです。 サイトのデザインはWindows8のタイルのようなフラットなデザイン。 スピード測定をするために郵便番号や回線種別、回線サービスやプロバイダも選ばなければならないので、少し面倒ですが、しっかりと測れそうな感じです。 ニュースサイトなだけに、スピードテストのページも測定の他に「ランキング」というコンテンツがあり、スマホなどのモバイル回線、光などの固定回線別に 他の人が測定した速度ランキングを、地域毎に見ることができます。 インターネットを検討中の人は一度覗いておくと良いかもしれませんね。 iPhoneとAndroid用のスマホアプリも提供しているので、スマホやタブレットからでもスピードテストが手軽にできますよ。 Radish Network Speed Test(Google ChromeはNG) 野菜のラディッシュが入っているロゴが可愛いRadishのスピード測定です。 簡単に測定ができることと、 上りと下りの回線速度と、回線品質として安定性も測れるので便利です。 サイトの特徴として、「みんなの測定結果」というページで、 過去にスピードテストをした人の結果を見ることができます。 回線・プロバイダ・地域で絞り込みができるので、特定のプロバイダを検討している人には申し込む前の参考にできると思います。 スピード測定にはJAVAを使っているので、ブラウザが Google Chromeだと上手く動作しません。 IE、Safariなど他のブラウザで測定をしましょう。 特に回線種別や何やらも入力する必要がないのも良いです。 気になるのは、測定するエリアの上下左右にGoogleの広告が張られているので、個人的にはちょっとやりすぎかな…とは思いますが。 iPhoneとAndroid用のスマホアプリも提供しているのでスマホやタブレットのスピードテストも手軽にできます。 ユーザーインターフェイスが格好良いですね。 ブロードバンド スピードテスト こちらのサイトは「スピードテストを開始する」ボタンのクリックひとつで測定が始まり、ping応答速度、上りと下りの回線速度が測れます。 手軽さと測定できる項目も多いのでバランスが優れていると思います。 また、 「私の地域でのスピード」ページで周辺の回線速度が見れるので、この機能もプロバイダを検討している人には助かりますよね。 iPhoneとAndroid用のスマホアプリも提供しているのでSIMのスピードテストも手軽にできます。 他にはない面白い機能としては、ここのスピードテストの機能のデザインをカスタマイズして、 自分のウェブサイトに貼り付けられるんです。 試しにやってみるのも良いのではないでしょうか。 うちの環境では測定できませんでしたが一応ご紹介 フレッツ光の回線速度測定 NTTのフレッツ光ユーザー向けに回線の速度測定ができます。 会員用の情報サイトからの利用です。 特長はフレッツ網だけの速度測定をするため、プロバイダに依存しない光回線の速度を調べることができます。 測定サイトへは会員サイトにログインしてください。 KDDIの通信速度測定サイト auのサービス利用者のみがアクセスできる仕組みになっています。 サイト上で他社ユーザーへはRadishとRBBの速度測定サイトをおすすめしていますね。 スピードテストをする時の心得と、遅いときの対処法 スピードテストをする時には、測定サイトを開いているブラウザ以外のアプリケーションやタスクは可能な限りすべて終了させてください。 回線速度の測定中にアプリケーションやタスクが動いていると測定結果に影響を与える可能性があります。 数分待って、パソコンが落ち着いてから測ってみるのが良いです。 一般的に「ベストエフォート型」と呼ばれる回線の場合は、戸建て向けのものであっても一本の回線をシェアする仕組みになっています。 契約の回線速度(例:最大1Gbps)の3割~5割くらいになるのが一般的だと思います。 マンションや集合住宅タイプの場合、ゴールデンタイムと呼ばれるネットワークが込み合う時間帯は更に遅くなるケースがあります。 無線LANで接続している場合、LANケーブル接続に比べて半分くらいの回線速度になります。 速度の関連用語を解説 スピードテストの測定結果では、ダウンロード速度やアップロード速度の他に「ping」や「Jitter」も測定することができます。 『一体何のこと?』という人のために以下補足しておきます。 ping(ピング、ピン)とは? pingとは「応答速度」のことで、サーバーから返ってくる反応の速さを表しています。 例えば、オンラインゲームでキャラにジャンプさせたい時、操作してから実際にそのキャラがジャンプするまでにはタイムラグがありますよね。 あれを数値化したものがpingです。 ping値は「ms(ミリ秒)」という数値で表されます。 pingの値が小さければ小さいほど通信は快適です。 快適にネットを利用できる目安は30ms程度ですが、リアルタイムでの応答が求められるオンラインゲームでは10ms以下が理想的と言われていますね。 pingはオンラインゲームのユーザーに特に重要視されていますが、音声通話などでもpingは低い方が良いと思います。 Jitter(ジッター、ジッタ)とは? Jitterとは、ping値の揺らぎのことです。 ping値の最大値と最小値の揺らぎが大きいほど通信が不安定なので、数値は小さい方が快適な通信を行うことができます。 Jitterもpingと同様に、単位を「ms(ミリ秒)」で表します。 速度重視・おすすめインターネット回線 スピードテスト・回線速度測定サイトを紹介してきました。 速度の「遅い・速い」は、体感以外で測定するには上記の方法でチェックするのがいいのですが、インターネット回線は「ベストエフォート型サービス」です。 2020年4月からフレッツ光回線系の光コラボレーションでも最大速度10Gbpsのサービスが提供開始になりましたが、10Gbpsの速度を出すために一生懸命頑張っていますよ!!という感じなのです。 しかし、その最大速度が速い方が、実測値も速く出ることは想像しやすいですよね。 ここでは、最大速度の速いインターネット回線を順番に紹介していきます。 auひかり:最大10Gbps・5Gbps・1Gbps 2018年3月に提供開始したころには大きな話題になりました。 auひかりでは、首都圏のホームタイプに限られますが、最大速度10Gbps・5Gbpsのサービスを開始しました。 10G 5G 1G マンション 1年目:5,880円 2年目:5,780円 3年目:5,680円 1年目:5,100円 2年目:5,000円 3年目:4,900円 3,800円 地方限定回線:最大1G 各地方の電力会社のグループ会社が提供している、地方限定のインターネット回線は、速度もさることながらコスパもよく、顧客満足度が高いのでおすすめです。 これらの回線は、auスマホとのセット割引「auスマートバリュー」も適用可能で、地域密着型でサービス内容も充実しています。 コミュファ光 (東海) eo光 (関西) メガエッグ (中国) 1年目:3,930円 2年~:4,930円 (ネット・電話) 1年目:2,953円 2年~:4,953円 4,200円 BBIQ (九州) ピカラ光 (四国) auひかりちゅら (沖縄) 1年目:3,700円 2年~:4,700円 4,900円 (フラットコース) 5,100円 IPv6接続可能な光コラボ~最大1Gbps 最近はデフォルトでIPv6接続可能な光回線が増えてきました。 基本的には、ご自分のスマホキャリアに合わせるのがコスト面でもベストですが、気になる回線があればこちらもチェックしてください。 ソフトバンク・ワイモバイルとのセット割「おうち割光セット」の必須条件になっていて、月額500円で利用することが可能です。 ソフトバンクは様々なキャンペーンを打ち出したりしてきますので、ますます目が離せないインターネット回線です。 ソフトバンク光 戸建て:5,200円 マンション:3,800円 ・あんしん乗り換えキャンペーン(他社サービス解約金最大10万円まで還元) ・乗り換え新規で2. 4万円キャンペーン(乗り換えの方限定2. 4万円割引or還元) ・開通前WiFi無料レンタル ・おうち割光セットスタートキャンペーン 乗り換えの方へ向けた公式キャンペーンが豊富なので、携帯ごと乗り換える方にもおすすめです。 以下の3社は、キャンペーンもあり、お得にインターネットを始めることができます。 ビッグローブ光 @nifty光 So-net光プラス 戸建て:4,980円 マンション:3,980円 戸建て:4,500円 (3年目~5,200円) マンション:3,400円 (3年目~3,980円) 戸建て:5,580円 マンション:4,480円 <工事費> 実質無料 <工事費> 戸建:18,000円 マンション:15,000円 <工事費> 実質無料 最大26,000円のキャッシュバックがもらえる 最大15,000円のキャッシュバックがもらえる 最大45,000円のキャッシュバックがもらえる コスパで選ぶなら スマート光 スマート光 戸建てタイプ:4,300円 マンションタイプ:3,300円 IPv6接続オプション:月額300円 工事費無料キャンペーン中 キャッシュバックキャンペーンなどといった、大きな還元こそないものの、工事費無料で初期費用を抑えて始めることができる「 スマート光」。 月額料金は業界最安クラスで、IPv6接続に関してはオプションで対応してくれます。 格安SIMなどセット割を必要としない方は、 スマート光がおすすめです。

次の