渡る 世間 は 鬼 ばかり。 吉村涼 「渡る世間は鬼ばかり」の愛ちゃんの現在や結婚について

橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』│TBSテレビ

渡る 世間 は 鬼 ばかり

2018年 「おかくら」ユニフォーム姿のまひる。 TBS『花より男子』のレギュラー出演で一躍注目を集める。 その後『透明なゆりかご』などのNHK作品にも多数出演。 主演作品はフジの昼ドラ『白と黒』など。 「」まひる役。 テレビドラマ出演作品抜粋 西原亜希さんが出演されたテレビドラマを抜粋してご紹介します。 TBS『花より男子』 松岡優紀役でレギュラー出演。 フジテレビ『白と黒』 昼の連ドラ『白と黒』に礼子役で主演。 NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』 「梅ちゃん先生」で典子役だった西原亜希さん。 西原亜希さんのクレジット厳選.

次の

渡る世間は鬼ばかり

渡る 世間 は 鬼 ばかり

大吉の姉で5人の娘の伯母。 ハワイ在住。 生まれ。 大吉とは2歳年が離れている。 両親を若くして亡くし、珠子が働いて大吉を大学まで出した。 その恩義で大吉は今でも珠子に頭が上がらない。 その後、大吉には節子という妻(節子を紹介したのは珠子である)をむかえ、自分は肺結核を患った男性とともに結婚してハワイに移住。 子供はいない。 しかし、夫は莫大な遺産を残して肺結核で他界し、悠々自適の暮らしをしている。 5人の姪の中では、特に葉子を一番可愛がっており、大吉・節子に葉子を養女に欲しいといつも口にする。 このことでは、節子と揉めることも少なくない。 葉子をハワイの大学に入学させたり、第1シリーズでは、節子と同居し肩身の狭い思いをしていた葉子の前夫、竹原洋次を不憫に思った葉子が珠子に頼み、葉子と洋次をハワイに呼ぶ場面もあり、いつも葉子の心強い存在である。 ただ帰国するたびに、騒動を持ち込んでくるので大吉たちは不安も抱く。 それでも大吉や節子、5人姉妹の一番の味方である。 いつも大吉・節子夫婦にハワイに来て欲しいと口癖のように言う。 なお、大吉とは異なり、珠子は公式サイト内では存命中となっている。 節子の叔母(節子の母の妹)。 大吉が家族に無断で会社を辞めて、小料理屋「おたふく」で働いていることを知り、怒った節子が家出してきた際にワカのもとを訪れる。 ワカはしばらく自身が営む呉服店で働いてみないかと提案する。 女性が外で働いていくことの厳しさを節子に教える。 ワカのところに五月が現れ、節子が家へ帰るように説得してほしいとワカに言うと、夫婦の問題は本人同士にしかわからないから、見守るしかないとアドバイスをする。 5人姉妹のなかでは、唯一五月と絡む。 第21話では大吉とも楽しそうに談笑している。 「おかくら」の従業員 2019年時点 青山 タキ 演 - 第4シリーズから登場。 節子の親友で、葉子の2度目の婚約者である久光の母。 生まれ。 愛称は「タキさん」。 節子とは「おかくら」に客として来たときに、子供の話をしているうちに意気投合して親友になり、ニューヨーク旅行に行く節子に代わって「おかくら」の手伝いを始める。 節子の病死後はその後任として「おかくら」の2代目女将を務める(調理師免許も取得)。 「差し出がましいようですが」と言いながら、店の経理事務や、5人姉妹(おもに長子関連)への忠告・批判・援助を節子に代わって行う。 建設会社を経営していた資産家の夫が残した遺産が相当あるらしく、近所のマンションで何不自由もなく気ままに一人暮らしをしている。 そのため、年中無休の「おかくら」に早朝から深夜まで詰め、大吉の世話や、長子親子の3人が同居していた際には3人の世話もすべて行う。 家族はいるが、3人の息子を含めてすべて交際を絶っている。 そのために息子たちには秘密で都心の一等地に所有していた300坪もの邸宅を売却して行方をくらましてきたと第4シリーズ51話内で語っている。 登場当初は節子の死の直後であり、姉妹たちに最初はおかくらの財産目当てで入り込んできたのではないかと疎まれ、特に弥生や葉子からは毛嫌いされていたが、弥生のへそくり50万円を文子が無断拝借した際、弥生がタキを疑った際、手持ちの50万円を出して来て、疑ってもらわれても構わないと弥生に啖呵を切る。 その後は彼女の人柄がわかると姉妹たちに徐々に理解されていく。 その後、岡倉家にはなくてはならない存在となる。 森山 壮太(もりやま そうた) 演 - 第5シリーズ第45話から登場。 眞の高校時代の同級生。 正造の息子。 のちにまひるの夫。 「おかくら」の見習い板前から、3代目板前となる。 愛称は「壮ちゃん」。 第6シリーズ第3話より眞の紹介で「おかくら」で働く。 母を亡くして、別の女性と再婚した父親と不仲にあり、父親が高校復学を要求し、何度も迎えに来るがはっきりと断り、そのたびに「おかくら」で揉めるので、一時期河岸で知り合った天ぷら屋「天龍」で働いた事もあるが眞と加津の説得でおかくらに戻る。 その後「おかくら」にしばらく落ち着くが、第8シリーズ第41話で、再婚相手の死が原因で父親が自殺未遂をして半身が不自由になったので、「おかくら」を無断で辞めてアパートを借りてで働きながら父親の面倒をみる。 ホストとしての人気は高く、客に100万円の腕時計を貢いでもらうに呼ばれるなどして、先輩ホストたちの恨みを買う。 その貢ぎ物も父との生活のために質屋に入れるが、父はこのような稼ぎ方を嫌い、社会復帰をした父と同様に「おかくら」に頭を下げ、「おかくら」へ戻り、京都の料亭を継いだ勉に代わって大吉を助ける。 最終シリーズでは父のリハビリをした経験を活かし、脳梗塞で体が不自由になった大井道隆のリハビリを行う。 終盤で道隆の開発した技術が中国の企業との契約を結び、多額の契約金が入金され、別のマンションに引っ越すことになり、療法士によるリハビリをすることとなってからは、リハビリをすることはなくなる。 眞と貴子の結婚を強く望み、道隆から二人の仲を取り持って欲しいと依頼を受けたときは、二人の結婚を成就させようと奔走する。 しかし、自分一人では不可能と思い、まひるにも協力を依頼する。 最終シリーズ終盤でまひるに好意を寄せられ、まひるのことは好きであるものの、周囲にはためらう。 最終回で眞のでまひるからプロポーズされ、最初は冗談と思っていたが、まひるから本当のプロポーズと知らされたとき、快諾する。 望や隆とも交友がある。 2012年では、長谷部マキが膵臓癌で余命3か月と宣告され、マキが健在のうちに結婚式を挙げることになり、に有馬で兄夫婦と合同結婚式を挙げる。 本間 日向子 「」を参照。 森山 まひる 「」を参照。 藤川 昇 「」を参照。 過去(おかくら) 小出 文平(こいで ぶんへい) 演 - 横田進 1995年末スペシャル・第3シリーズに登場。 「おかくら」の最初の板前。 愛称は「文ちゃん」。 「おかくら」が山口商事のテナントビルに入っていたころから勤めだし、岡倉家を改装した店舗になったあとも働くが、1998年春ごろに父が病に倒れたため退職せざるをえなくなり、里に帰る。 「おかくら」の2代目板前であり、文平の友人。 咲子の兄。 のちに比呂の夫となる。 愛称は「ベンちゃん」。 京都の料亭の長男でいずれは店を継ぐ予定だったのだが、「おかくら」で修行途中に妹が腕のよい板前と結婚し跡を継ぐことが決まり、このまま「おかくら」で働くことになる。 最初は魚の近海ものと輸入もの区別もつかなかったが、真面目な性格と勤勉さで、次々に新作料理を生み出す。 その後、2006年に幼馴染の大川比呂との縁談が決まり、彼女の実家の料亭「大川」の婿養子に入ることになったため、その年の7月いっぱいで寿退職し、年内に式を挙げ、大川姓になる。 「おかくら」で「の」を飲み酔いつぶれて大吉に介抱される女性。 息子が亡くなってからも自身の面倒を見ていた嫁が再婚することになり、結婚式の日に「おかくら」で酔い潰れる。 その後、大吉が長子を常子の看病に行かせるために出した求人募集を見て、「おかくら」への勤務を志願する。 長子は気に入らなかったが、昼間のみ働くことになる。 長子が岡倉家を出てからは夜も働くことになる。 大吉とはお互いに惹かれ合っていき、再婚の話も浮上する。 弥生・文子・葉子・長子の4人は再婚に賛成するが、五月だけは母、節子のことを理由に反対する。 第9シリーズ最終回で、海外で生活していた嫁夫婦が帰国し、嫁の誘いで同居することになったため、退職し大吉の前から姿を消す。 国内大手不動産業を生前営んでいた社長夫人だったことがわかり、大吉の姉、珠子とは20年前、夫と一緒にハワイに行ったときにとあるパーティーで会っていた。 そのため、珠子とは知り合いで関係は深い。 野田 あかり 「おかくら」開店当初、をする。 詳細は「」を参照。 本間 長子 「」を参照。 お食事処「おかくら」の従業員の家族と関係者 青山 久光(あおやま ひさみつ) 演 - 第4シリーズ第50話・最終回、第5シリーズに登場。 タキの長男。 葉子の2度目の婚約者。 で、英作と長子の発案でおかくらで・絵画販売会を開催している 森山 正造(もりやま しょうぞう) 演 - 第6 - 第8シリーズ、最終シリーズ第11話に登場。 壮太の父。 大川 幸兵衛(おおかわ こうべえ) 演 - 森本健介 第8シリーズに登場。 勉の婿入り先の料亭「大川」の主人。 梅子の夫。 大川 梅子(おおかわ うめこ) 演 - 第8シリーズに登場。 料亭「大川」女将。 幸兵衛の妻。 第9シリーズでは、すでに故人になっている。 大川 比呂(おおかわ ひろ) 演 - 第8シリーズに登場。 幸兵衛・梅子の娘。 勉の幼馴染であり、のちに妻となる。 宮部 咲子(みやべ さきこ) 演 - 第8シリーズに登場。 勉の妹。 畠山 智子(はたけやま ともこ) 演 - 第7シリーズに登場。 正造の再婚相手。 第8シリーズ終盤で死亡する。 会社員時代の大吉行きつけの小料理屋「おたふく」女将。 愛称は「お咲さん」。 大吉が板前になりたいと言い出してからは一から指導する。 しかし、大腿部を骨折して、息子の文太に説得され、店をたたむ。 塚田 文太(つかだ ぶんた) 演 - 第2シリーズ第40話に登場。 咲枝の息子で、子供が2人いる。 母を説得し「おたふく」をたたませる。 並木 宗春(なみき むねはる) 演 - 第4シリーズ第36話・第37話に登場。 珠子ので、珠子と一緒に来日。 珠子は宗春と葉子を結婚させるつもりだった。 宗春もその気だったが、葉子の返事はノーで、その後、宗春は珠子とともにハワイに帰る。 ごはんや藤木 演 - 第9シリーズ第1話に登場。 長女・弥生の周辺の人々 野田家 野田 良(のだ りょう) 演 - 弥生の夫、ハナの次男で、に長兄がいる。 あかり・武志の父。 生まれ。 大阪生まれではあるがではなく標準語で話す。 卒業で(第7シリーズ40話内で弥生が発言している。 )一流会社のエリート社員として仕事に打ち込む会社人間で、家庭の問題は専業主婦である弥生の責任だと考えている。 病気で倒れたハナを長兄夫婦が面倒を見ないことに腹を立てるが、次男の身で何も言えない自分に不甲斐なさを感じる。 急な転勤を命じられたときは左遷と思い、落ち込む。 福島のいわきで単身赴任生活を始め、最初は不安を感じるが次第に釣りに凝ったり、若い社員を招いて夕食をともにすることに楽しみを感じるようになる。 本社に戻ってからはリストラ担当重役として、多くの同僚の首切りを行う。 その後、自分も会社を辞めて(本人は「リストラ担当として自分自身をリストラした」と言う)元同僚らと食品配達会社「ごはんや」を設立するが、第8シリーズ第3話で「自分の役目は果たした」としてそこを辞め、庭師見習いになる。 その後、家事を放棄した弥生にかわって、炊事・洗濯など野田家の家事全般をひとりでこなすが、2008年の春より長男、武志一家と同居を始めて以降、武志の妻、佐枝(のちに離婚)が家事全般を引き受ける。 シリーズ初期のころは文句ばかり言い、何事も弥生のせいにするが、単身赴任後は徐々に丸くなっていき、のちに理解のある、物分りのよい夫・父親となり、も引き受けるようになる。 弥生・良夫婦の長女で武志の姉。 和夫の妻(のちに離婚)、勇気の母となる。 3月生まれ。 勉強は得意ではなく、進学問題で両親を悩ませる。 短期大学へ進んだあと、華やかな芸能界にあこがれ、その1ステップとしてテレビドラマに脇役として裸になって出演する。 しかし、ベッドシーンばかりでアダルトビデオ紛いの出演ばかりで嫌気がさして芸能界をあきらめたあと、父親の赴任先のいわきに移る。 不自由だと思って支えようといわきに住むが、釣りやスキーをしたりするようになる。 そこで梨農家の和夫と知り合い、環境の違いを心配する弥生を無視して強引に結婚する。 厳しい姑と意気地のない和夫に失望し、長男勇気を出産したのちに離婚、東京へ戻る。 家の中で育児だけに専念することに耐えられず、子連れでできる仕事を探す。 その結果、両親の「ごはんや」を仕入先としておむすびの移動販売車を考案し開業する。 第8シリーズでは勇気と同じ保育園に通っているはるかの父親、浅田和久と親密な関係になる。 浅田がシンガポールへ転勤になり、さらに浅田からプロポーズの言葉を受け、弥生の反対を押し切って勇気とともにシンガポールへ行くという決心もつくのだが、第8シリーズ第48話で浅田から別の女性と結婚することになったと突然告白され破局する。 第9シリーズ第1話で販売権を他人に売り、勇気を残して恋人に会いに行くために海外へ旅立つ。 野田 武志(のだ たけし) 演 - 弥生・良夫婦の長男。 あかりの弟。 佐枝の夫となる(のちに離婚)。 生まれ。 学生時代はサッカー部員で、バイクを無免許運転して担任に見つかり謹慎を受ける。 高校を卒業後、大学に行けと言う母、弥生の反対を押し切って静岡県浜松市の自動車整備工場、村上モータースに就職。 その後、他人の子を妊娠した佐枝と結婚。 母は反対していたが、佐枝が息子、良武を出産してからは態度が変わる。 勤めていた村上モータースから独立するが、経営難になり借金を抱える。 そのころ、東京では姉が家出し、武志はこれを機に工場を処分して妻子とともに帰京する。 しかし、東京で就職がうまくいかず、妻子を残して再度浜松の村上モータースに舞い戻る。 その後、最終シリーズ第11話で佐枝に離婚してほしいと告げ、離婚する。 そして、別の女性と再婚する。 良武(連れ子)の母で、武志の妻となる(のちに離婚)。 当初はギャル系で、弥生は反対していたが、弥生の家出中、良の世話をしていたことで正式に認められる。 第9シリーズでは、野田家で専業主婦をしていたが、弥生のすすめで医療事務の資格を取り、病院に勤務する。 しかし、院長と不倫関係となり、弄ばれていたことで退職する。 良や弥生に誠実な態度で接する。 武志と離婚したあとは野田家に住み、喫茶店の手伝いをしている。 最終シリーズ第33話ではある事情で家出をする。 その後、第36話では自分の意向と弥生の計らいで北川保育園に勤務することになる。 弥生・良夫婦の孫。 あかり・和夫の長男。 生まれ。 第9シリーズ第1話で母、あかりが海外へ失踪したあとは情緒不安定になるも、第2話でやってきた叔父一家との暮らしで元気を取り戻す。 同シリーズで武志が佐枝を殴ったときは「お母ちゃんをいじめるならお前が出ていけ」と食ってかかる。 生まれ。 佐枝の連れ子で、武志は実父ではなく、本当の父親は良武が生まれる前に姿を消しており、武志はそれを承知で妊娠中の佐枝と結婚する。 そのため野田家とは血縁関係にない。 東京に来てからは従兄弟の勇気と本当の兄弟のように暮らす。 最終シリーズ第11話で武志が佐枝と離婚したあと、武志に裏切られたことに失望し情緒不安定になるが、突如やって来た竹下春菜との出会いで元気を取り戻す。 良の母。 大阪で長男夫婦と暮らしていたが、厄介者扱いされ、脳梗塞で寝たきりになった際には病院に入れたままにされる。 それを見かねた東京の弥生夫婦に引き取られ、弥生の懸命な介護で歩けるまでに回復する。 女学校の講師をしていたため、非常に面倒見が良い。 専業主婦から看護師として復帰しようとするが、良に猛反対されていた弥生のために良を説得したりと、弥生のよき理解者でもあり、彼女が看護師として勤務する際や「ごはんや」で働く際には、家事を引き受けたり良や孫たちに家事を教える。 第4シリーズ第18話で弥生達に内緒で大阪の老人ホームに入所することを決め、第19話で入所。 しばらくして第40話で佐枝と曾孫、良武の顔を見るために東京の野田家に帰る。 その後は大阪の老人ホームに戻るが、第47話で良武の顔を見るために退所して再び東京の野田家で暮らす。 しばらくして、第7シリーズ第5話で勇気が父、和夫に連れ去られ、情緒不安定になったあかりの八つ当たりの一言でショックを受け、再度大阪の老人ホームに入所することになる。 シリーズを通して温厚な性格で、「弥生の介護のおかげで歩けるようになった」と感謝を忘れず、シリーズでは唯一ともいえる心優しい姑である。 秋葉家 和夫(かずお) 演 - 第3 - 第7シリーズに登場。 いわきの梨農家の息子。 あかりの夫(のちに離婚)、勇気の父となる。 実家であかりと知り合い結婚する。 その後、青山タキに3000万円もの大金を支援してもらいに農家としての夢を賭けるが、意気地がなく、農家としての夢を捨てたことが原因であかりに離婚を決意される。 その後もあかりに復縁を願うが、あかりには頑として聞き入れられずに終わる。 第7シリーズでいわきの土地家屋はすべて処分し、あかりに東京で一緒に暮らしたいと願うが、固辞されたことで希望をなくし自殺を図る。 だが、奇跡的に助かり、弥生夫婦に「ごはんや」で雇われ働くが、第7シリーズ最終回であかりが復縁を願ったときに「自分の父親としての役目は終わった」「北川が好き」と言い、また、梨園が売れたのを機に事業を興すべく、「ごはんや」を辞めてあかりのもとを去り、いわきへ帰る。 和夫と時枝の母。 夫と早くに死に別れ、子供たちを育て上げた。 当初は理解のある姑だが、和夫と水耕栽培の件で対立し、和夫の肩を持つあかりとの関係も険悪になる。 2004年4月に大腸がんに侵され死去。 秋葉家の長女で和夫の姉。 銀行員と結婚し東京に住む。 あかりと和夫が離婚する前、和夫と喧嘩した母、満枝を自分の家に置くが、満枝と仲が悪く、いわきに苦情を言いに行く。 本編では何も語られないまま、第7シリーズではすでに故人。 和夫と時枝の祖母。 もとは鬼姑だったというが、あかりが嫁に来たころには寝たきりの状態だった。 第4シリーズではすでに故人。 「ごはんや」の共同経営者 高山・春子夫人 演 - 、 菅野 信夫・玲子 演 - 、 桜田 敏之・圭子 演 - 、 全員第5シリーズ 「北川保育園」の関係者 北川 智子(きたがわ ともこ) 演 - 第7シリーズから登場。 園長兼保育士で、勇気の保育所時代の担任。 結婚には興味がない。 2016年SPでは、母が死後、遺産相続のために保育園を閉園することとなり、野田家に手伝いに来ることになる。 高野 夏子(たかの なつこ) 演 - 第8シリーズから登場。 保育士で智子の部下。 愚痴が絶えない。 竜村 初子(たつむら はつこ) 演 - 第6シリーズ第22話で初登場。 幼少期のあかりの主治医。 あかりが連れてきた勇気も診る。 第9シリーズからは北川保育園の専属医師として登場。 浅田家 浅田 和久(あさだ かずひさ) 演 - 第8シリーズに登場。 「北川保育園」に娘のはるかを預ける会社員。 はるかと勇気が仲が良いことから、あかりとよく食事に行くようになる。 その後、親しく付き合うようになり、シンガポールへの転勤の内示が出たことからついにプロポーズをする。 たがいに気持ちは決まっていたが、弥生が結婚に反対していること、そして母から別の結婚相手を薦められたことで、あかりとの結婚は白紙に戻し、母から薦められた相手とシンガポールへと旅立つ。 浅田 はるか(あさだ はるか) 演 - 原にち佳 第8シリーズに登場。 「北川保育園」に通う園児(当時)で、勇気と仲がよい。 和久とあかりが親しく付き合い始めてからは野田家にもよく行くようになり、父が出張の際は野田家に預けられる。 その後、父の仕事の都合でシンガポールへ旅立つ。 竹下家 美雨(みう) 演 - 最終シリーズ第16話から登場。 春菜の母。 派遣先の会社が倒産し、夫に捨てられるように離婚を言い渡され、職もなく頼る人もいなかったため、春菜を北川保育園に預け、自殺を図る。 一命は取り留め入院するが、退院当日に姿を消す。 春菜の様子が気になり、野田家に姿を現し逃亡を試みるが失敗、弥生たちの説得により良の庭師の助手のアルバイト(まかない付)をすることになる。 のちに野田家の家事を交代でやることになり、野田家の近所のアパートに住む。 学生時代は部員だった。 2013年以降は未登場。 春菜(はるな) 演 - 最終シリーズ第15話から登場。 北川保育園の園児。 美雨の娘。 母が迎えに来なかったために一時的に野田家に引き取られる。 勇気や良武を実の兄のように慕い、大家族との生活を楽しむ。 家出事件以来、ずっと引きこもっていた良武の心を開かせる。 2013年以降は未登場 里子 合田 篤(ごうだ あつし) 演 - 最終シリーズ第40話から登場。 勇気の友人。 幼少の頃に父親が家出し、母親に女一手で育てられる。 母親がで入院し、親戚も知り合いもおらず、アパートで一人暮らしをしているところを勇気に助けられる。 夏休み中は野田家で暮らすことになり、勇気・良武・良・竹下母娘とキャンプに出かけた帰宅途中に、野田家にアパートの大家から一本の電話があり、母親が亡くなったことを弥生に告げられる。 前述のとおり、親戚も知り合いもいないので一時、施設に預けられるが、勇気の必死の抵抗により良が連れて帰り、里子として野田家に暮らすことになる。 2015年以降は未登場 その他の人々(弥生周辺) 川田 草平(かわた そうへい) 演 - 第3シリーズに登場。 いわきに住む老人。 村上 哲也(むらかみ てつや) 演 - 第4シリーズに登場。 武志の勤める村上モータースの社長。 戸村(とむら) 演 - 最終シリーズ第4話に登場。 佐枝が勤務する病院の院長。 既婚者で、佐枝と不倫関係にある。 家を出たい佐枝に「結婚したい」と言われるが、妻と離婚するつもりはなく、子供のいる佐枝とは結婚する気はないと言って別れを告げる。 なお、これがもとで佐枝は病院を辞める。 武志の借金取り 演 - 、 第9シリーズ第2話に登場。 港 弘子(みなと ひろこ) 演 - 第10シリーズ第14話に登場。 武志の再婚相手と思われる。 声のみの出演。 三波 圭介(みなみ けいすけ) 演 - 2015年SPに登場。 予備校講師で勇気・良武の家庭教師。 親の帰りが遅い子供たちの勉強も野田家で見ている。 次女・五月の周辺の人々 小島家 勇(いさむ) 演 - 五月の夫。 幸吉・キミ夫婦の長男で久子・邦子の兄。 亭主関白風だが、実は優しい性格。 生まれで誕生日は実際はであるが、縁起がいいことを理由にとなっている。 五月の考えを理解する良き夫であるが、母に頭が上がらないため五月をかばえず、無言になったり逃げ出したりする。 妹たちのわがままには最初は反対するも、結局は振り回されるため妹たちにもほとんど頭が上がらない。 家業を継ぐために進学できなかったことに多少不満を感じている。 酒飲みではないが、本間英作が訪ねてくると一緒に泥酔し、日頃の鬱憤晴らしに母親や妹の悪口を言いたい放題を言い、「くたばれクソババァ」と迄言い放つ。 料理の腕は抜群であり、「幸楽」の餃子・焼売は一度食べた者は絶賛し、店は常連客で賑わい繁盛している。 第9シリーズでは金田と誠や商店街の友人、源太らとを結成、ギターとボーカルを担当。 大井精機の25周年記念パーティでデビューし、その後も商店街の秋祭りやケアホームでライブを行う。 また、最終シリーズ第22話では加津からCMソングの新曲を依頼され、第25話でそれが採用される。 そして、第42話でついにCDデビューを果たすこととなる。 2012年では足を怪我した母、キミのリハビリを妹たちが仕事で手が付けられないことを痛感し、キミのリハビリのために通院を手伝うことを決意する。 これが初めての親子水入らずの時を楽しむ時間となる。 生まれ(第5シリーズでは生まれ)。 青森から出てきて幸吉と裸一貫でラーメンの屋台から商売を始め、ついには都内一等地で「幸楽」を開くまでになる。 昔気質の人間で、頑固かつ独善的な性格。 息子夫婦(特に嫁の五月)や、その子供である内孫の愛や眞には厳しいが、娘とその孫と聖子には甘い。 また、娘の姑や婚家、五月の姉妹たちや実家である岡倉家を批判するが、自分自身の五月への態度には問題を感じていない。 シリーズ当初は稀に筋の通った主張をしていたが、シリーズ後半 聖子が登場して以降 では単なる憎まれ役のような立場となり理不尽な部分が増している。 教育などは無用で、手に職をつけ真面目に働くのが一番という考えの持ち主である。 加奈と登を眞と愛と一緒に北海道にキャンプに行かせた際の費用を勇が出した事にして実は五月が出した事も分かっている。 表向きは厳しい事言うが、実際は甘く、五月の誕生日には3万円渡し、「内緒にして」と言ったり、喜寿の祝いをおかくらで開催される時も行かないと突っぱねたが、縄付けでも連れてけとこぼしている。 第7シリーズ第47話で(誕生日翌日のに)で倒れて右半身に軽度の麻痺が残る不自由な身体となり、最終回で久子と邦子によってアメリカ・ニューヨークへ移住し、加奈のもとで療養することになる。 キミのアメリカへの渡航費用と生活費は野々下が支払うが、のちに加奈から断られる。 それから6年半あまり経つころ、最終シリーズ第37話で久子の発言から「(アメリカで暮らすのに嫌気が差すようになり)日本で暮らしたい」と言い、第46話で「幸楽」に戻りたいことを明かす。 そして、最終シリーズ最終回で加奈に付き添われて帰国し、「幸楽」へ戻ってくる。 以前と比べ、懸命なリハビリによって歩けるようになるまでに回復し、右半身にあった軽度の麻痺もなくなっている。 しかし、リフォームしたキミの部屋を見て加奈が「狭すぎる」などと言ったため、久子の提案で久子のマンションへ行くことになる。 しかし、本当は「幸楽」で過ごしたいと思い、加奈を安心させるため、加奈や久子たちの前で久子たちと暮らすと嘘をつき、翌日久子が加奈をへ送り、邦子が仕事へ行っている隙を見て、一人で再度「幸楽」へ戻る。 そして、「幸楽」は自分の生きる場所であることや、五月と暮らすべく、一緒にもう一度働きたいと、日本に帰国したかった理由を明かし、五月も本当はキミの帰りを待っていたため、これを受け入れる。 最後には久子が来て本当に「幸楽」でいいのか問い詰めると、最終的には勇や五月がキミの本当の思いを通し、久子も折れ、再び「幸楽」および小島家で暮らすことになる。 そして孫の眞の結婚披露宴にも出席でき、孫夫婦の門出を祝って見届けた。 2012年では、「幸楽」の店で転倒し足に怪我を負い、しばらく車椅子で生活することとなり、「幸楽」および小島家を出て久子のマンションで暮らすことを決意する。 足のリハビリのための通院には勇が付き添い、初めての親子水入らずの時を楽しむ。 2013年では食卓で談笑していた。 2016年は、忙しく面倒を見られなくなった久子によって、老人ホームに入居させられる事を久子が五月に話していて五月からは「お止めすればよかったです…」と涙を流されていた だが2015年SPでは既にこの事を五月の口から葉子に話している場面があり矛盾がある。 2017年は、一度久子のマンションに戻っていたが難聴や足腰が立たなくなった為再び老人ホームに戻った事を久子から話されている その時五月から普段中々面倒をみれないのでおかくらの株の配当で貰った100万円をキミへのお小遣いとして久子に渡している。 2019年の時点で死去しておりが営まれた。 遺産は五月にという遺言状を残しており、当初は久子と邦子がクレーム付いたが、久子には借金の肩代わりやアメリカでの喫茶店開業資金2000万を出している、邦子へはマンション購入や工場設立時に資金を出しているで、老人ホームの費用も勇が払っていた事から、幸吉の時と違い、悶着はなかった。 元々は喜寿の祝い後に倒れた時に五月へと遺言を残しており、野々下にも邦子は受取拒否の署名をさせられた。 キミの夫で勇らの父。 青森から上京し、キミと共に裸一貫でラーメンの屋台から商売を始め、そして都内一等地で「幸楽」を築き上げた。 舅として時には五月に厳しく接し、口数が少なく物言いもぶっきらぼうである。 しかし、自分勝手な主張からではなく、五月や孫たちを思っての発言である。 五月が大吉や節子に会いに行く際には、大吉たちへの気遣いも忘れない他、五月に「のんびりしてこい」と気持ち良く送り出している。 孫を可愛がっており、愛が生まれた年には1ヶ月分の店の売上を注ぎ込んでを買った事でキミに叱られた事が加津の為に飾った時に勇が語っている。 ところが(第1シリーズ第7話)、店内で突然倒れて植物状態になる。 と診断。 その後奇跡的回復を遂げるが、その際に死期を悟り、勇に弁護士を呼ばせ、「幸楽は勇と五月に」という遺言を述べ、二度目の出血で息を引き取る。 死因は脳出血。 なお、勇がすぐに弁護士を呼ばなかったために彼の急死により、小島家に遺産相続問題が浮上することになる。 「幸楽」の店名は「幸吉」の「幸」からとったものである。 眞(しん) 演 - 初期は脇を務める事がほとんどであったが話が進むにつれ岡倉姉妹同様メインのエピソードが増え、最終シリーズでは物語のキーパーソンで中心的人物になり五月同様全話登場している。 五月・勇夫婦の長男。 愛の弟。 のちに貴子の夫となり、香の父親になった。 生まれ。 同居する祖母や叔母たちに辛く当たられる両親や姉を幼い頃から常に助け、家業のラーメン屋が忙しいときは積極的に手伝うなど、思いやりのある性格。 小さいころから家業のラーメン屋を継ぐものと考え、進学時には迷うことが多い。 従兄弟である隆に付き合って一緒に勉強していたため私立中学にも合格するが、入学はしない。 中学生のころからはインターネットにはまり、高校へ行かずネットで勉強すると言って両親を困らせる。 その後は努力の結果、一浪を経てに合格する。 第8シリーズでは吉野杏子の結婚と片思い、第9シリーズでは大井貴子との結婚問題、その貴子の父が経営する会社「大井精機」への就職問題で、母と対立するが、貴子との結婚も「大井精機」への就職も認められる。 しかし「大井精機」は買収され、就職も駄目になる。 その後、杏子に税理士事務所を紹介されてそこに就職。 さらに、会社を明け渡した貴子の父は新しい仕事を見つけ中国に行き、貴子も父に同行すること決意したため、別れることとなり、結婚の話も破棄となる。 最終シリーズではの試験を受験し、合格する(第7話)。 さらに長谷部まひるに振り回されたことで、まひるの祖母からは恋人同士と思われ、力矢と五月もまひるとの交際を認める。 貴子のことは彼女が中国へ行ってからも愛し続けるが、貴子が父の病気で帰国し、眞を愛しているがゆえに病気の父親を抱える自分が眞の重荷になると考えて結婚を断られたときは失望する。 その後、最終シリーズ第39話で貴子と話し合い、貴子の気持ちを考えて、たがいに合意の上で、結婚を白紙に戻すこととする。 しかし、第45話で自分と貴子との結婚を強く望む壮太の強い後押しと、壮太の依頼で協力したまひるの努力によって後押しを受け、電話越しの貴子へプロポーズをする。 そして、貴子はこれを受け入れ、結婚することになる。 五月はまひるを推していたため、貴子との結婚を知ったときは破局したと思い、気に入らない様子だったが、道隆が貴子と一緒に「幸楽」へ挨拶しに行ったときに、道隆が思いを通したことで、五月からも貴子との結婚を認められる。 誠は「眞に貴子もまひるももったいないしありえない。 常識的に考えれば、貴子やまひるは荘太や望か隆と結婚、加津が不憫なので加津と結婚して幸楽を切り盛りしてほしい」と言う。 その後は大井家で暮らすが、2012年では、貴子との生活に嫌気がさしてしばらくの間幸楽の家に戻ってくる。 貴子が外で働くことを提案し、それを道隆が了承したことで再び大井家で暮らすことになる。 2015年で道隆を施設に入所させることを貴子と合意の上入所させた。 大井精機の社長令嬢。 輝の姉。 生まれ。 眞より2歳下。 のちに眞の妻となり、香の母となった。 元々は弟の家庭教師をしており、その縁で知り合った。 初期は優しく、かつ強い心を持った女性で、人前ではめったに泣かず笑顔を見せる性格であったが、最終シリーズからは父親の病状もあり根暗で感情的で被害者意識が強い部分も見せはじめる。 それに伴い五月との関係も2016年で妊娠期間中に五月が自身の身の回りの面倒をみる事を拒絶した事を境に悪化していき自己中心的でわがままでヒステリックな部分も増えていく。 学生時代はをやっていたほか、介護施設を訪問していた。 おやじバンドでマネージメントを行い、メンバーは彼女の笑顔に元気付けられる。 会社が買収され、仕事で中国に向かう父に同行する。 五月はまひるを気に入っており貴子との結婚に反対していた。 しかし、最終シリーズ序盤で父の病気で帰国。 深夜の工事現場で働く。 その後、五月と大吉の紹介で「おかくら」でのアルバイトも行う(第10話)。 また、眞を愛するがゆえに、病気の父親を抱える自分が眞の重荷になると考えて結婚を断り続け、第39話で眞と話し合い、互いに合意の上で、結婚を白紙に戻すこととする。 しかし、第45話で自分と眞との結婚を強く望む壮太の強い後押しと、それに協力したまひるの努力によって後押しを受けていた眞から電話越しにプロポーズされ、これを受け入れて眞と結婚することになり、最終回で正式に眞とを挙げる。 2012年では眞と離婚危機を迎えるが、両者の親たちの協力もあり復縁する。 2015年で道隆を施設に入所させた。 2017年に長男・香を出産。 2018年は眞が仕事ばかりで子育てに非協力的だと香を残し家出をする。 以前は親戚付き合いも大事だと言っていたのが、2019年は豹変して親戚づきあいは鬱陶しいからと法事もさっさと切り上げているほか家出してしまう。 香(こう) 演 - 柳田湊大、浅田弦寿 眞・貴子夫婦の長男。 春に誕生。 のちに誠の妻、さくらの母となる。 生まれ。 母親思いの優しい性格であるが、主張すべきことははっきりと言う。 成績は良く、私立中学へ進むために塾へ行きたいと言って、キミに反対にされ五月を困らせる。 大学時代にコンパニオンのアルバイトで城代正則と知り合い、「清く明るい」交際を続ける。 アナウンサーになることを夢見て、テレビ局へとしてアルバイトに行くが、結局実現せず、卒業後は銀行に就職するが、上司とのセクハラ事件に巻き込まれたことが原因で窓口業務をはずされ、半年で退職。 ホームページ作成会社を起業したり(結局は開業資金が用意できずに、倒産)、派遣の仕事についたりしたのち、派遣先で知り合ったサラリーマンの田口誠と結婚する。 結婚後は「幸楽」の経理を担当。 その後、会社を辞めた誠も「幸楽」で働くようになり、夫婦で「幸楽」を継いだ。 に長女のさくらを出産したあとは、短気で攻撃的な性格へ変貌を遂げ叔母の久子と邦子を言い負かすほど成長している。 一方で眞の婚約者である貴子に対しては幸楽をいずれ牛耳られる事を恐れ貴子が幸楽を手伝いにきた時はケジメで給与を渡し「幸楽に入り込んでほしくない!」と度々主張したり貴子を小島家に一時的に泊らせた時は「そんな事をしたらいずれ幸楽も自分の店だと言い出しかねない」と怒りを露わにしていた。 2015年で大吉の遺産に対して「娘である母さんにも貰う権利がある」と口を出したりと祖母のキミや叔母の久子と邦子に似た部分も見せ始める。 だが大吉や五月の姉妹達に対しては今まで通り温厚に接している。 最終シリーズ最終回のキミの帰国後は、キミを邪魔者扱いし、幸楽から追い出そうとし、2019年には五月をも追い出そうとする。 誠(まこと) 演 - 第8シリーズ第4話から登場。 愛の16歳年上の夫、さくらの父となる。 義父の勇が結成したおやじバンドでキーボードを担当。 当初は愛と同じ会社に勤める。 八王子出身。 城代の時は交際に勇から反対されていたが、彼はあっさりOKが出ている。 結婚後は「田口宅食サービス」という高齢者に病人食を配達する会社を八王子で経営するが、不況の影響により吸収合併される際に経営方針が変わったため、退職する。 その後「幸楽」での修行を経て、かつての夢であったラーメンの屋台を出してもよいと勇から承諾を得る。 そして最終シリーズ第14話で勇から「幸楽」の3代目主人の就任を言い渡され、これを受諾し、「幸楽」の3代目主人に就任する。 親父バンドの練習のために、をさくらのと偽り購入している。 優しい性格で、気が弱く優柔不断であるため愛には頭が上がらないことが多いが、五月や勇には気に入られる。 義弟である眞のために、東京に戻ってきた大井貴子の勤め先や住まいを探し出すなど、家族思いな一面もある。 「幸楽」の3代目主人になってからは、新しいラーメンや幸楽ソースを開発・商品化する。 愛と誠の長女で眞の姪。 生まれ。 五月夫婦にとっては初孫にあたるため、勇からは特に溺愛される。 名前は桜の季節(3月18日)に誕生したことから両親により命名される。 「幸楽」の従業員 『2019年』時点 田島 周平(たじま しゅうへい) 演 - 第2シリーズ第3話から登場。 「幸楽」従業員であり、聖子の夫となる。 愛称は「周ちゃん」。 五月の良き理解者であり、勇の右腕的な存在。 聖子のわがままに腹を立てて厳しく言い聞かせることがあるが、基本的には優しく誠実な性格で幸楽のムードメーカーでもある。 勇や五月たちには従業員と雇用主との間を超えた、誠実な態度で接する。 周平の優しさに惹かれて結婚する。 体型は太めであるが、愛想が良く、ケータリングの客からの人気が高い。 素の性格はキミ、久子、邦子同様意地悪かつわがままで自己中心的、特に五月や加津を従業員の立場でキミと一緒にいびったり、五月や加津、愛や眞と対立すると「女将さん!口惜しい!」と言い真っ先にキミに泣きつく。 キミが渡米して以降は入れ替わりで帰国した久子に取り入るなど、したたかで人に取り込むのが上手く計算高いずる賢さを持ち合わせており、過去には幸楽の預金通帳を持ち逃げしたり、共同出資などのうまい話に飛びついて大金を騙し取られたりもして自殺未遂をするなど幸楽のトラブルメーカーでもある。 その為、加津や光子から「」と言われている。 だがキミからは悪行をどんなに重ねても信頼を置かれている。 聖子同様基本甘く接している自分の娘の久子と邦子に対しては時々は行き過ぎた普段の態度を咎める場合もあるキミも他人の聖子に対してはほとんどそういう様子は見られなかった。 キミが帰国してからは再びキミに取り入らずに今度は愛に取り入るようになり、愛と同じく幸楽にいることを邪魔に思いキミが入院したときには内心喜ぶ。 愛とは逆に第9シリーズ以降はわがままやずる賢い性格は徐々に鳴りを潜めていき、五月や愛にも信頼されて真面目でよく働く幸楽にはなくてはならない従業員になり、周平とも夫婦仲も良く穏やかで大人しい性格へと変化してきた。 松本 達夫(まつもと たつお) 演 - 第1シリーズから登場する「幸楽」従業員。 愛称は「達ちゃん」。 最初は単なる出前のアルバイトだが、次第に一人前になりたいと思うようになる。 第8シリーズ第4話でケータリング事業の独立の際に一度退職するが、中盤で光子との折り合いが悪くなり、退職届を出す直前に普段飲まない酒を飲んで幸楽の前で酔い潰れ、眞に介抱された。 愛の出産を契機に「幸楽」に戻る。 株にも心得があり、新聞の株式欄から大井精機の名前を見つけ出す。 2019年には調理師免許取得する。 滝本 延彦(たきもと のぶひこ) 演 - 2017年から登場。 愛称は「タッキー」。 出前要員。 子供好きで、さくらや香の面倒を見ることもある。 過去 元造(げんぞう) 演 - 第1シリーズ第7話のラストから登場。 で、幸吉の急死後、「幸楽」の再開にあたって助っ人として登場。 愛称は「元さん」。 山形 明子(やまがた あこ) 演 - 第3シリーズに登場。 早乙女の恋人で「幸楽」で食事をしたあとに無銭飲食して「金がないから雇ってほしい」と頼む少女。 彼女にかつての自分の姿を重ね合わせた五月が、キミの反対を押し切って、雇用を了承する。 周平に惚れられるが、早乙女と同棲して彼を支えており、彼の子供も身篭っていたが過労から流産する。 賄い料理の残りや新メニューの試作品を持ち帰っており、小島家の掃除も500円で引き受けていた。 早乙女に対しても偽名を使って素性を隠して幸楽で真面目に働いていたが、実は国内最大手の不動産業でもある堀井財閥の社長令嬢で本名は「とむらさち」であった。 素性を明かした後は早乙女と決別して、地方の温泉旅館へ住み込みの為に五月にになってもらい「幸楽」を去る。 早乙女 圭吾(さおとめ けいご) 演 - 第3シリーズ第7話のラストから登場。 山形の恋人。 漫画家志望であり、同棲して援助を受けていた。 幾つもの会社を経営している実業家の息子で、家を飛び出して当初は売れない漫画家であったが、少しずつ売れるようになり彼女にプロポーズしていたが、父親の「資産家の娘となら結婚してもよい」の一言を聞いた山形が激怒して振られてから「幸楽」を去る。 坂元 浩次(さかもと こうじ) 演 - 第5 - 第8シリーズに登場。 「幸楽」で出前を担当し、近所の人々からはかなり人気がある。 第8シリーズ第4話でケータリング事業の独立の際に退職するが、その後に首になったという。 愛称は「浩ちゃん」。 桐野 サチ(きりの サチ) 演 - 第5・第6シリーズに登場。 眞がインターネットで知り合う女性。 眞に高校受験を勧める。 夜間専門学校に通うための学費を稼ぐ為に「幸楽」でバイトする。 去ったあとはコンピュータ関連の会社を経営する。 大前 定次 演 - 第4シリーズより登場。 幸楽の弁当部門の店員。 邦子の姉。 わがままで自己中心的な性格。 初回時にキミに300万借金してる。 第8シリーズ後半からは多少丸くなり(特に加津に対する態度)五月達に悪態をつく場面も減っていく。 父の遺産相続については子供として等分の分与を要求する。 それは「幸楽」の土地を処分し、商売をやめることを意味している。 最後には母の店を続けるという希望に折れて、遺産相続権を放棄する。 その後、夫の健治と一緒に「幸楽」で働くが、キミとともに嫁の五月に辛く当たることが多い。 自分の子供には贅沢をさせわがままを通させるが、五月の子供たちが自分の子供よりも恵まれた立場になることは決して許さない。 第3シリーズ第1話でアメリカ・ニューヨークへ渡り、そこで暮らし始める。 しかし、第4シリーズ序盤で健治と離婚し、健治の帰国後も子供とニューヨークに残り暮らし続ける。 それから長らくして、第7シリーズ最終回で(3月に)キミが倒れたことを邦子から聞きつけ帰国し、キミのリハビリを行うという名目でキミや邦子以外の身内の反対を押し切って、キミをニューヨークへ連れて帰る。 その1年後(第8シリーズ第1話で)、キミの代理として単身帰国して「幸楽」の経理を握り、その後は健治とのよりを戻す画策をしながらホームパーティー専門のケータリング事業の復活に奔走するが、その成功後、第8シリーズ最終回で加奈によって再びアメリカへ帰る。 しかし1年後(第9シリーズ第1話で)、仕事がうまくいかなくなったうえに、加奈の結婚相手にメイド代わりにこき使われ、そのことに怒ってまた日本に帰国。 それが原因で「もうアメリカには(二度と)帰らない」と言い、小島家に居座る。 そして、第9シリーズ第11話で長年のニューヨークでの生活でのヒントを生かし、新事業の洗濯代行「らくらく」を「幸楽」の隣りにオープン。 これがきっかけで健治とよりを戻す。 そして第33話で店が繁盛し、支店を出す提案をしたことを機に小島家を出る。 しかし、最終シリーズ第4話で不況のあおりを受け「らくらく」が経営危機を迎える。 その後は店をたたみ、健治と邦子の3人で「幸楽」ののインターネット通信販売事業を始める。 そして事業の幅を広げるため、最終シリーズ第19話で製品作りから発送まで一か所でできる工場があり、そこを作業場に改装すると言いだし、勇にローンの保証人を頼み、改装後第23話で拠点をそこに移す。 そして第37話で事業が大ブームになったのをきっかけに、母キミのために親孝行をしようと工場近くの中古マンションを購入し、リフォームをする。 親孝行をするのも、兄夫婦が面倒を見なければならない母を自分と健治と邦子が代わりに面倒を見るためである。 しかし、キミが「幸楽」で暮らしたいと言われたときは、邦子とともに落胆する。 最終回でキミを迎えに行って「幸楽」のキミのリフォームした部屋を見て加奈が「狭すぎる」「平穏な老後を送ってほしい」と言ったため、自分のリフォームした中古マンションを見て「幸楽」かマンションにするか決めるという提案を出し、キミをマンションへ連れて行く。 キミがマンションで暮らすと言って安心するものの、加奈をまで送ったあとマンションへ帰ってきたところ、キミが「幸楽」へ行ったため、「幸楽」へ行って母に本当にそこで暮らすのかと問い詰めるが、最後には母の「幸楽」で働きたいとの意思や勇や五月がキミの本当の思いを通したことで折れ、結局は自分と健治と邦子の3人でリフォームした中古マンションで暮らすこととなる。 その後のスペシャルでは、マンションにキミが戻るという話が出てくるが、餃子の仕事で手いっぱいで面倒が見られないということで拒否する。 何かにつけては前述の遺産破棄を理由にキミや勇から金をせびる。 餃子販売にあたり、餃子を作るが、邦子とともにろくに「幸楽」を手伝っていなかった キミ曰く五月の半分も役に立たない、健治にも五月の半分も仕事をしてないと言われている ことがたたり、当初は久子が作った餃子は売り物にならないと健治に言われる。 健治 演 - 第1シリーズ第8話から登場。 久子の夫(一時離婚、のちに復縁)。 サラリーマンであったが仕事に満足できず、幸吉の遺産を期待して借金を重ね自分の事業を起こそうとする。 それらが失敗したあと、久子母子を残して失踪し、自殺を図る。 改心後は中華料理の修行に励み、「幸楽」の料理人として働く。 第3シリーズ第1話で久子母子とともに渡米し、ニューヨークで暮らすも第4シリーズ序盤で久子と離婚し、第3話で日本に帰国。 帰国後は義兄の勇が大火傷で店に出られない状態になり、眞が「幸楽」に呼び戻す。 料理の腕は一流で、弁当事業やケータリング事業を起こし、「幸楽」に貢献する。 切れ者の光子と再婚し、さらに事業の幅を広げケータリング事業を独立させ「幸楽」から離れる。 しかし経営が行き詰まったのを機に、資金1000万円を投資している光子に事業の牛耳を執られることとなる。 光子と離婚したあとはホテルの料理人として働くが、第9シリーズ第23話でそれを辞めて、久子の経営する店を手伝ったのをきっかけに復縁する。 久子・健治夫婦の長女。 登の姉。 アメリカ・ニューヨークに住み、アメリカ人実業家との結婚後は、祖母であるキミの面倒を見る。 成人後は何度か日本に帰国し、最初は奔放でわがままな性格の持ち主で、容姿もヤンキー風。 第8シリーズ最終回で母を迎えに来た際には、今までキミの面倒を見てきた五月に感謝の言葉を述べるなど、性格は多少丸くなって容姿も変わり、最終シリーズ最終回でキミを日本へ連れて帰ってきた際は、五月夫婦が曙リフォームに頼んでリフォームした「幸楽」のキミの部屋では部屋が狭すぎる、母のマンションで平穏な老後を送ってほしいなどと言い、久子のマンションへ連れ出すといった、わがままな性格ながらも祖母思いの一面も見せる。 キミを久子のマンションへ連れて行ったあと、キミが母たちと暮らすと言ったときは喜んで安心し、翌日アメリカへ帰る。 その後はアメリカ人実業家の恋人や登と悠々自適に暮らす。 登(のぼる) 演 - 第2シリーズ迄登場。 久子・健治夫婦の長男。 加奈の弟でニューヨーク在住。 キミや久子の発言から、加奈夫婦と同居していることがわかる。 その他(久子関係) 大沢 光子(おおさわ みつこ) 演 - 第6 - 第8シリーズに登場。 健治の妻となる(再婚相手。 のちに離婚)。 「幸楽」の従業員であり、栄養士の資格を持っている。 主に外回りでの仕事の描写が多いが、人手不足の場合は店に入る。 先輩風を吹かせる聖子からは疎まれ、嫌味を言われるたびに毅然と言い返すなど、芯の強い女性。 但し五月や勇には逆らわない。 ケータリングでは聖子と共に接客係をしているが、生真面目過ぎる点が愛嬌のある聖子のが好評だという。 久子が帰国して幸楽を仕切るようになってからは性格が豹変してきつくなり、久子と度々密会していた健治と一方的に離婚して追い出したり、一緒に独立した達夫とは折り合いが悪くなったり、逆らう浩次を一方的に解雇した。 その後第9シリーズで久子が渡米後に健治に譲渡したケータリング会社をライバル企業と一緒に結託して乗っ取られたと健治が語っている。 小川との離婚後、野々下の妻となるも離婚。 姉や母親と同様自分勝手でわがまま。 キミや久子以上にヒステリックで乱暴な性格をしている。 姉の久子や幸楽従業員の聖子同様トラブルが起きると幸楽が開店中でもお構いなしに「母ちゃん!口惜しい!」と叫び真っ先に母親のキミに泣きつく。 第1-第6シリーズでは五月達に気を遣う場面も僅かに見られたが第7シリーズ以降は横暴で短気でわがままで自己中心的な姿勢は基本崩さずにいて久子と違い五月達に改心して気を遣う場面もほとんどなくなった。 小川浩介と結婚し、二人の子供を育てる専業主婦となる。 「幸楽」改築後は、その前に小さな化粧品店を開く。 実家の木材業を浩介が継ぐこととなり実家へ入るが、商家の暮らしと姑の仕打ちに耐えられずに離婚。 一時は立石一茂と付き合うが、立石が癌で急死する。 その後、「幸楽」の2階に住み、自活の道を探る。 クレーン車の免許を取り現場で働いていたときに野々下と知り合い再婚する。 離婚して独り身だと思っていた野々下を頼って娘の加津が現れるが、引き取りを拒否する。 行き場のない加津は「幸楽」で暮らすことになる。 加津を引き取って一緒に暮らそうとする野々下との間でたびたびトラブルを起こし、何度も離婚の危機を迎える。 第7シリーズでは離婚して加津とみのりと暮らしたいと、野々下が借りたマンションでゴルフクラブを振り回して部屋を滅茶苦茶に破壊し、離婚を思いとどまらせる。 第9シリーズでは久子の経営する洗濯代行業「らくらく」で働くが、半年もたたないうちに辞める。 最終シリーズ第3話では、野々下からついに離婚を言い渡されたのち、自分名義になっていた家を株の失敗で作った借金の返済にあてることとなり、小島家に引っ越す。 その後は姉の久子夫婦とともに「幸楽」餃子のインターネット販売をする。 第29話、事業が大ブームになって、このままいけば母のキミをアメリカから呼び戻そうと発言する。 しばらくは小島家で暮らすが、最終シリーズ第46話で姉の久子が購入してリフォームした中古マンションへ引っ越す。 2013年で登場した以降は出番はなかったが、2019年はキミの四十九日法要のシーンで登場した。 浩介の長男。 両親の離婚後は邦子に引き取られて小島家で暮らす。 眞への対抗心を持つ母に無理矢理に通わされて辟易し、眞と一緒に勉強するものの、眞とは反対に私立中学は不合格に終わる。 一時、幸楽を継ぎたいと言い出したため、勇が手伝わせるが、野菜洗うのにお湯が出ないと文句言うなど数日で音を上げる。 都立高校入学前に眞と高橋家に「男3人合宿生活」に行った際、高橋家の上の階の部屋で漏水し、高橋家も被害が出る。 そのとき、駆けつけた水道工事の仕事ぶりを見て、目標を見つける。 大吉の紹介で北原設備工業に住み込みで就職。 以後、「おかくら」にときどき修理や食事をしに来るようになる。 就職に対し、邦子は猛反対するが、自分の思いを通す。 眞の他、望や森山とも仲が良く、私立中学を不合格となって荒れたときにも、眞のフォローで立ち直る。 2回目の「男3人合宿生活」は眞が店の都合で途中リタイアしたので、野々下長太が参加する。 望のボランティア活動にも同行する。 のちにに合格したことで母とは和解する。 なお隆・眞・登の3人は同年齢であるが、加奈・登とは交流がない。 ミカ(1995年年末から第8シリーズ) 演 - 隆の妹。 浩介の長女。 両親の離婚後は母の実家「幸楽」で兄とともに暮らす。 母が野々下と再婚してからは、裕福な暮らしをする。 のちに男と同棲。 第9シリーズ以降は名前だけで登場はない。 野々下家 長太(ちょうた) 演 - 第4シリーズ第20話から登場。 加津の父で、邦子の再婚相手となるも、のちに離婚。 もともとはテレビゲーム制作の仕事をしていたが、妻に裏切られ、娘とともに去られて以来、仕事を辞め、自暴自棄の生活を送っていた。 建設現場で働いていたとき、邦子と知り合い再婚する。 それを機会にゲームソフトを制作し、それが認められたことで、もとの仕事に復帰し、再び高収入のサラリーマンとなる。 娘の加津が母に捨てられて父を頼って来たときには、邦子に反対され引き取ることができず、仕方なく五月に託す。 邦子の連れ子に気を使い、実娘の加津の面倒もよくみる。 最終シリーズ第2話で、邦子との息苦しい生活に限界を感じ、邦子に離婚を言い渡し、新しいマンションを買って加津と同居生活を送りはじめる。 金持ちの者であるため、金で問題を解決しようとする傾向がある。 加津(かづ) 演 - 第4シリーズ第38話から登場。 野々下とみのりの長女。 両親の離婚に際し、母に引き取られる。 しかし、母にも捨てられて父を頼って戻ってくる。 再婚した父の新しい家庭を壊したくないと同居を拒み、五月のもとに引き取られる。 以来五月を母、愛を姉、眞を兄のように慕うが、小島家の人間ではない理由でキミ・久子・聖子からは邪魔者扱いされる(ただし3人とも人柄は認めているふしがある。 そのため久子はのちに自分の洗濯代行業の店を手伝わせるなど、加津に接する態度にもかなり変化が生じる)。 その境遇から「私には父も母もいない、一人で自由に生きていく」と口癖のように言う。 学芸会の芝居がきっかけで子役タレントとしてスカウトされるが、怪我のためデビューには至らず、その後はインターネットにはまり、ホームページを作成し、随筆風自叙伝を公開する。 それが出版社に注目され、単行本化してベストセラーになり、世間の話題となったため、母が連絡をとってきて再会する。 父の家族と、母の家族のあいだで、どちらにも行き場のない境遇となる。 初恋相手は森山だったが、叙々に眞に恋心を抱くようになる。 眞に彼女がいることがわかり、吉野杏子にヤキモチを焼き、吉野に会いに行く。 その後、高校を休学しペットシッターを志しペットショップでアルバイトをするが、父親の説得により断念し復学。 好きな食べ物はあんみつである。 第8シリーズでは「杏仁 MY LOVE」、第9シリーズでは「チコの日記」というタイトルのブログを書く。 登場当時からいじめなどにも負けず周囲の登場人物の考えも読み通せる勘の鋭い賢しい子供だったが、成長後の第9シリーズ最終回で進学塾に通わずに独学で東大に現役合格し入学するものの、父の仕事を手伝うようになり、最終シリーズ第2話で「幸楽」を出て、父の野々下と暮らしそれ以降はインターネットCMの仕事を始め、東大にはほとんど行けていない様子でおやじバンドのCMソングCDの件で勇達に相談を持ち掛け最終回の眞と貴子の結婚式にも出席している。 最終シリーズ後のスペシャルからは出番はほとんどなくなり音沙汰なしである。 誠は眞の結婚相手は加津しかいないと語る。 その他(邦子関係) 小川 浩介 演 - 別府康男 第1シリーズ第8話から第3シリーズに登場。 邦子の最初の夫。 隆・ミカの父。 小川 豊 演 - 舟越圭佑(第2シリーズ第48話)、堀裕晶 第2シリーズ第48話と1994年秋に登場。 邦子・浩介の長男。 第2シリーズ放送終了後に放送された年末スペシャルからは邦子と浩介の子供は隆とミカの2人になっており、現在は公式サイトでも存在抹消となっている。 小川 忠 演 - 内田健一 第2シリーズ第48話と1994年秋に登場。 邦子・浩介の次男。 第2シリーズが放送終了したあとの年末スペシャルからは設定が変更され存在が消されたかのようになっている。 これにより現在の公式サイトでも存在抹消となっている。 邦子の不倫相手。 過去に浮気をしていたのは二度や三度のことでは無いらしい。 伸子の夫。 のちに第47話に癌で他界。 立石 伸子 演 - 第3シリーズ第29話のラストに登場。 一茂の本妻。 第3シリーズ第47話を最後に登場していない。 金にがめつく、夫とは金銭目的だったほか、看病すらしなかった。 加津関係の人々 菊村家 みのり 演 - 第6シリーズ第47話で初登場。 加津の母。 野々下の前妻で、のちに康史の後妻となる。 加津を捨ててからはでをしていたが、和菓子屋「菊屋」の女将、菊村サワのもとに身を寄せる。 加津が小学生のころに自身のことを書いた小説を出版したことがきっかけで、再会を果たす。 その後はサワの長男、康史と再婚して、男児をもうける。 康史(やすふみ) 演 - 第7・第8シリーズに登場。 みのりの再婚相手で、「菊屋」の本店を経営する。 和菓子協会の一員であり、岡倉の常連客。 みのりとは2度目の結婚で、最初の妻はサワとの関係で気苦労が絶えず、心臓発作で亡くなっている。 にサワの下で働いていた、みのりと再婚。 の持ち主で、みのりへのプロポーズも母に頼む。 その後は、みのりの希望によりサワと同居する。 加津や長太に対しても嫌悪感はまったくなく、野々下家の事情も知っており、加津を引き取るつもりでいたので、いつでも遊びに来いと言う他、長太に岡倉で飲もうと誘っている。 母には「やっちゃん」と呼ばれている。 サワ 演 - 第7・第8シリーズに登場。 康史の母で、「菊屋」の女将。 旅館で働くみのりを引き取り、和菓子の職人に育てる。 また、加津とみのりを引き合わせる。 を嫌っている。 戸田家 司 演 - 第7シリーズ第6話から登場。 加津の友人。 加津に思いを寄せる。 弘行 演 - 第7シリーズに登場。 司の父。 子育ては妻に任せきり。 弓子 演 - 第7シリーズ第7話から登場。 司の母。 いわゆる教育ママで、勉強嫌いの司の尻を叩く。 加津が司を誘惑しているのではないかと思いこんで幸楽に行き、文句を言っていた。 その他(加津関係) 小学校の担任 演 - 第5シリーズ第31話に登場。 中村 演 - 第6シリーズに登場。 加津の本の編集長。 荒川 演 - 第7シリーズ第44話に登場。 いじめっ子の父。 松永 正晴・昌子夫妻 演 - 、 第8シリーズに登場。 ペットシッター先の家族。 菅井 演 - 永田耕一 最終シリーズ第24話に登場。 インターネットCM先のスポンサーの営業部長。 城代家 正則(まさのり) 演 - 第5シリーズ第24話 - 第7シリーズに登場。 忠信の息子。 コンパニオンのアルバイトで愛と知り合い交際を始める。 交際は順調に進むが、第7シリーズでは愛との進展に業を煮やしてひそかに別の女性と付き合っていて、その女性と結婚することが決まったため破局する。 忠信(ただのぶ) 演 - 第5シリーズ・第6シリーズ第26話に登場。 正則の父。 実家はラーメン屋だった。 愛をクルージングに出す為に代理で数日間幸楽の調理場を手伝う。 大井家 道隆(みちたか) 演 - 第9シリーズ - 2015年に登場。 貴子・輝の父で大井精機の社長。 小島家との関係も良好で、貴子の結婚を心待ちにする。 眞に秘書のアルバイトをさせ、いずれは自社に就職してもらおうと考える。 しかし、第9シリーズ第42話で自身の会社が海外ファンドに買収されて、新しい仕事が見つかり中国へ移住し、貴子も道隆に同行することになる。 しかし、最終シリーズ序盤でで倒れ、貴子とともに帰国し、壮太に手伝ってもらいながらリハビリをする。 その後、自身の開発した技術が中国の企業との契約が結び、中国行きを決める。 多額の契約金が入金され、別のマンションに引っ越すことになり、療法士によるリハビリをすることとなる。 眞と貴子の結婚を強く望み、二人の仲を取り持って欲しいと、同じく眞と貴子の結婚を強く望む壮太に依頼する。 2015年SPで施設に入所する。 貴子・輝の母で道隆の妻(のちに離婚)。 道隆とは財産目当てで結婚した。 第9シリーズ第42話で大井精機の買収を機に離婚する。 五月とは生まれ育った環境が正反対であり、娘の結婚を巡って対立する。 離婚後も貴子を引き取ろうとする。 貴子の弟で、眞が家庭教師を務める。 両親の離婚時に母親に引き取られる。 吉野家 杏子(きょうこ) 演 - 第8シリーズ第2話から登場。 眞の彼女となる。 スキーと登山と株が趣味。 両親曰く、お転婆で、男と喧嘩して泣かせた事も多々あるという。 コンサート行くのも好きで「ノスタルジー」を眞と鑑賞して望と知り合いおかくらで食事する。 第8シリーズ第49話、実家を継ぐ予定だった姉が駆け落ちし、東大を中退して昔からの憧れだった手ぬぐい職人の「平ちゃん」と結婚することとなる。 眞と破局してからも一友人として就職や結婚について相談に乗り、大井精機が買収されたのち、税理士になりたいと言いだした眞に税理士事務所を紹介する。 東吾(とうご) 演 - 第8シリーズに登場。 杏子の父。 浅草で日本手ぬぐいの店「ふじや」を経営。 秋子(あきこ) 演 - 第8シリーズに登場。 杏子の母 長谷部家 力矢 演 - 最終シリーズ第7話から登場。 「かすみ監査法人」に勤務する公認会計士。 まひるの兄。 のちに育美の夫となる。 公認会計士の試験に合格した眞に実務経験を積ませるべく上司・先輩として指導にあたる。 自分の部下である眞のことを非常に気に入り、妹のまひると眞を何とか一緒にさせようとする。 終盤でまひるが森山壮太に惹かれていることを知ると、今度は妹の恋を成就させようと奔走する。 恋人ができないため、まひるには心配される。 である描写は無いが、部屋には鉄道グッズを多数飾っている。 バイクにはねられそうなところを眞がかばう。 2012年では、余命3か月の祖母、マキを安心させるため、恋人の金沢育美と結婚し、妹のまひる夫婦と故郷の有馬で合同結婚式を挙げる。 金沢 育美(かなざわ いくみ) 演: 2012年登場。 力矢の恋人として登場し、結婚して妻となる。 まひる 演 - 最終シリーズ第18話から登場。 力矢の妹。 のちに壮太の妻となる。 周囲の人々からは「まひる」ではなく「あひる」と名前をよく間違えられる。 兄とは別の税理士事務所でをしていた。 もとは実家のの旅館の跡取り娘なのだが、旅館を継ぐのが嫌で上京する。 税理士になったのもこれがきっかけである。 自分を実家に連れて帰ろうとする祖母の目をごまかすため眞に恋人と偽ってもらうが、次第に彼に惹かれていく。 五月のことを気に入っており、五月自身もまたまひるを「ハキハキした良いお嬢さん」と気に入る。 終盤、眞との偽の恋人関係が晴れると、今度は壮太に次第に惹かれていくようになり、実家の有馬温泉の旅館も継ぐ意思を持つようになる。 壮太には好意を寄せるものの、プロポーズするのをためらい続け、最終回でようやくプロポーズし、これを受け入れられ結婚することになる。 壮太との婚約後は、仕事終わりの夜のみ「おかくら」で働く。 2012年では、余命3か月の祖母を安心させるため、婚約している壮太と結婚し、兄の力矢夫婦と故郷の有馬で合同結婚式を挙げる。 2016年では、税理士事務所を辞め、新装開店した「おかくら」で一日中勤めるようになる。 力矢とまひるの祖母。 実家の兵庫で有馬温泉の旅館の大女将をしている。 眞とまひるが付き合っていると思い込み、五月に挨拶に来る。 その後も眞とまひるが付き合っていると思っていたが、第41話でまひると「おかくら」を訪れたときに、眞には貴子という恋人がいることを知り、呆れ果てる。 さらにまひるにも、東京でもし恋人ができなかったら実家の兵庫で恋人が見つかって、結婚したら旅館を継げるかもしれないから実家に帰って来るようにと発言する。 2012年は未登場だが、膵臓癌で余命3か月と診断され、健在のうちにまひるの花嫁姿が見たいと願い、孫の力矢夫婦とまひる夫婦の合同結婚式に留袖を着て参加していて、喜んだと語られる。 力矢とまひるの母。 実家の兵庫で有馬温泉の旅館の女将をしている。 力矢の話を聞いて東京を訪れ、壮太へのプロポーズをためらうまひるを後押しする。 マキが余命3か月で健在のうちにまひるの花嫁姿を見たがっていると言いに上京する。 「おやじバンド」の人々 中本 源太(なかもと げんた) 演 - 第9シリーズ第8話から登場。 中本寝具店店主。 ギターと作曲を担当。 電気屋店主。 パーカッションを担当。 2017年急逝。 川上 華江(かわかみ はなえ) 演 - 2017年から登場。 哲也の妻。 昔、歌手を目指していた。 亡き夫のためにも「おやじバンド」に参加させてほしいと申し出て、新メンバーオーディションを受ける。 ボーカル担当で番組主題歌も担当する。 中井 保三 演 - 2018年から登場。 ギターを担当。 谷村 庄治 演 - 2019年に登場。 キーボードを担当。 「幸楽」が忙しくなり、バンドを抜けることになった誠に代わり、「おやじバンド」のメンバーになる。 本業はピアノ奏者。 金田 典介 とボーカルを担当。 詳細は「」を参照。 キミの友人 トミ、ふじ 演 - 、 第5シリーズに登場。 初子、浪江 演 - 、 第7シリーズ第46話に登場。 その他の人々(五月周辺) 成田(なりた) 演 - 第1シリーズに登場。 健治の友人で、成田商事経営だがかなりアコギな商売をしている。 借金取り。 約1000万貸していたが、勇が返済し、借用書を取り返している。 北原(きたはら) 演 - 第5、第7シリーズに登場。 「北原設備工業」の社長。 「おかくら」の常連客で、ときどき隆を連れてくる。 里美(さとみ) 演 - 第6シリーズに登場。 勇が通い詰めるバー「くるみ」のママ。 勇と不倫関係になったと思われるが、じつは。 のちに改心し、勇や五月に謝罪して店を閉め、郷土に帰る。 石川 保(いしかわ やすし)、竹村 光介(たけむら こうすけ) 演 - 、 第7シリーズに登場。 両名とも愛のクライアント。 招待客 演 - 第8シリーズ第10話に登場。 愛と誠の結婚式の招待客の一人。 誠の新人サラリーマン時代の行きつけの屋台のラーメン屋の主人で、誠が屋台をやるきっかけとなる人物。 岩田(いわた) 演 - 最終シリーズ第28 - 34話に登場。 道隆が大井精機を経営しているころからの顧問弁護士。 道隆が考案した新しい技術の開発のことで相談があるということで道隆から依頼を受ける。 八田(はった) 演 - 最終シリーズ第37話に登場。 大井精機の元社員で、技術部に所属していた。 大井精機が買収されたあと、道隆と貴子が中国に行く際、自身も同行して中国へ行っていた。 2人が帰国したあとも中国に残っていたが、道隆の代理で来た眞と会い、目的である中国の企業との交渉を眞と一緒に行う。 交渉を終えたあとは眞と一緒に帰国し、道隆や貴子と再会する。 三女・文子の周辺の人々 高橋家 亨(とおる) 演 - 文子の夫(のちに離婚)。 望の父。 生まれ。 もともとは文子と同じ会社で営業関係の仕事をしていて、文子のほうが社内での地位が高かったものの、文子の仕事に対して理解のある夫だった。 しかし、望の養育問題、教育問題で母年子の介入を拒否できず、母との同居を決意する。 その後、会社の待遇に対して不満を持ち、退職して自然食品の店を開く。 経営は順調であったが、第4シリーズ第27話で店を突然たたみ、ハワイでのホテル経営に乗り出す。 家族揃ってのハワイ移住を希望するが、文子に反対され単身赴任状態となる。 望のことで問題があると気軽に帰国し、それなりに父親としての役目を果たす。 何かにつけて文子をハワイに誘うが、文子は頑として行こうとしない。 その後は息子の望と一緒に暮らすが、最終シリーズ第19話でナンシーにホテルのことに口出しされるのに嫌気がさしたうえに、肺癌で余命1年と宣告されて、望を残して日本に帰国。 病気療養と並行してFTトラベルの顧問に就任する。 第25話での精密検査の結果、肺癌は誤診で、炎症であったことがわかり、病状も文子によって徐々に快方に向かってゆく。 第26話で無事に治療を終え、「もうハワイには戻りたくない」と言い、再び文子の仕事を手伝うようになり、旅行業の面白さを覚える。 2013年SPでは文子が心筋梗塞で倒れたところを献身的に看病し、文子の退院後に文子からプロポーズを受け、再び復縁するが、2016年SPで、仕事の上で折り合いがつかず、三度目の離婚をする。 離婚後も文子とは友人として付き合い、2019年SPでは再び「FTトラベル」で働いている。 望(のぞみ) 演 - 文子・亨の長男。 生まれ。 親思いの優しい子であるが、成長するにつれて親に反発したり自分の意見を主張するようになる。 私立小学校卒業前に友人がしてお金で一緒に遊んでいた所、でされるが、望自身はカツアゲに関与してないのでになる。 その後退学し公立小に転校する。 眞とは一歳違いで仲が良く、隆とも交友があり、ボランティア活動する。 ハワイに移住してからは亨が経営するハワイのホテルの後継者になるのを夢見て、亨の下で働く。 亨がハワイに単身赴任状態となってからは親権は文子に移るが、第9シリーズ第38話で亨と文子が正式に離婚してからは、親権は亨の元に正式に移る。 だが、最終シリーズ第19話で亨が帰国したため、婚約者とともにハワイで父が築き上げたホテルを守る。 学力も眞と引けを取らないくらいに優秀であり、眞と一緒に東大を受験するものの、音楽大学に行きたいという目標があったため、わざと不合格になる。 2012年SPでは、ハワイ在住の女性のルリと結婚していたが2018年スペシャルでは亨の口から望が結婚する話が再度出ており、この話はなかったことにされたのか離婚したのかは不明である。 現在は亨の後を継ぎハワイのホテルで2代目を継いでいる。 長身の中年女性。 亨の母。 文子の姑となる。 一人息子の亨を溺愛し、プライドも高い。 当初から文子との結婚には反対する。 結婚後、第1シリーズでは最初の実家での同居の際に望の教育方針の相違などから文子と対立することが多いが、のちの第2シリーズでの同居ではお互いの生活に干渉しないことを約束する。 第3シリーズでは60代後半でにかかっており、介護を文子に押し付けたため、亨との最初の離婚の要因となる。 なお、珠子が週3日づつ交代でやればいいと言う意見で交互に介護するようになる。 第1シリーズ当初は節子とことあるごとに衝突するが、次第に女性同士・母親同士ということで仲が深まってゆく。 また、シリーズに登場する姑たちの中では比較的嫁に理解があるほう。 アルツハイマー病の末、4月に死去。 金田家 利子(としこ) 演 - 第6シリーズ第30話から登場。 文子の友人で典介の妻。 恵理の母。 文子との最初の出会いでは子供のことで衝突してばかりだったが次第に意気投合し、文子の旅行会社を手伝うものの、夫の転勤でインドへ行く。 最終シリーズ第1話で1年半ぶりに帰国し、再び文子の仕事を手伝うことになる。 2013年以降は未登場。 典介(でんすけ) 演 - 第6シリーズ最終話から登場。 利子の夫。 恵理の父。 勇が結成したおやじバンドではとボーカルを担当。 酒癖が悪く、「おかくら」では何度も悪酔いする。 おやじバンドに熱い思い入れがあったが転勤でインドへ行く。 最終シリーズ第1話で1年半ぶりに帰国し、再びおやじバンドで活動することになる。 最終シリーズ最終回では眞の結婚式のを務める。 恵理(えり) 演 - 第6シリーズ第27話 - 第7シリーズに登場。 利子・典介夫婦の長女、望の親友でガールフレンド。 望とは音大受験の際に通っていたピアノ教室で知り合う。 のちにウィーンに留学する。 「FTトラベル」の従業員 演 - 諏訪ひろ代・高橋礼恵・・田辺秀昴 その他の人々(文子周辺) 七重(ななえ) 演 - 第3・4シリーズに登場。 亨が経営する自然食品店「あさま」の従業員。 里沙(りさ) 演 - 「あさま」の従業員。 太田教授(おおた) 演 - 第3シリーズに登場。 年子の主治医。 奥田(おくだ) 演 - 第3シリーズ第7話に登場。 年子の担当の銀行員。 ナンシー 演: 第9シリーズ第37話に登場。 ハワイの亨宅で働く、日系三世のメイド。 なんでも手際よくこなし、日本人の祖母から仕込まれた料理は亨たちからも絶賛される。 このナンシーの存在が文子・亨夫婦の本当の離婚のきっかけとなる。 四女・葉子の周辺の人々 大原家 透(あきら) 演 - 第8シリーズから登場。 葉子の三度目の夫。 ゆきとみきの父。 高校生の頃に両親を交通事故で亡くしており、単身渡米して設計関係の仕事を行っていた。 そして、宗方にその腕を認められ、雇われる。 葉子との間に子ができるものの、葉子の不注意で流産となる。 その後、一級建築士の資格を取れなかったら妻の葉子と別れると言うが、無事合格し、葉子と設計事務所を持つ。 最終シリーズ第23話では葉子が双子を妊娠する。 葉子の出産後はを取得し育児に専念する。 2019年は四十九日後、1年間の赴任中。 山口家 太郎(たろう) 演 - 第1シリーズ第10話から第8シリーズに登場。 「山口商事」の社長。 葉子の婚約者で、ハワイ時代から葉子とつきあっていた。 葉子が日本へ帰国してアパート住まいになると、そこで半同棲生活を始める。 しかし、母に結婚を反対され、葉子が社長夫人に納まることに疑問を持ったため破局。 太郎は政子にいわれるまま、政略的結婚をする。 しかし、結婚は長続きせずすぐに離婚。 その後、葉子との関係が復活しそうな気配も生まれるが、結局は葉子を諦め、美智と結婚する。 葉子の現状に責任を感じ、葉子に幸せになって欲しいという気持ちから、しばしば葉子に援助の手を差し伸べる。 政子(まさこ) 演 - 第1シリーズ第23話から第7シリーズに登場。 太郎の母。 太郎と葉子が交際をしていると知った当初は、家柄が合わないと結婚に反対する。 しかし、政子が連れてきた太郎の嫁との仲がうまくいかず離婚させたため、太郎と葉子の婚約を破棄したことを後悔する。 太郎と美智の結婚後、美智と顔を合わせたくないという理由で、葉子のもとに押し掛け無理矢理同居し、葉子の世話を始める。 葉子に幸せになって欲しいと言って、政子が気に入っている宗方直之との結婚を勧める。 宗方との結婚後、二人のために贅沢なマンションを準備し、自分も一緒に同居を始める。 葉子は政子の好意をありがたいと思う一方、煩わしさも感じる。 結局葉子は宗方と離婚し、大原と同棲を始めたため政子のもとを去る。 美智(みち) 演 - 第3シリーズ第49話から第6シリーズに登場。 太郎の妻で、財産家の娘。 政略結婚により太郎と結婚する。 控えめな性格で、太郎と葉子の仲には口をはさむどころか、葉子に相談を持ちかけることもある。 太郎の父 演 - 名前は不明。 第1シリーズ第34話に登場。 太郎の結婚式披露宴の1シーンのみ登場。 台詞はないうえ、その後のシリーズにも登場しない。 竹原家 洋次(ようじ) 演 - 第1シリーズ第22話 - 最終回に登場。 葉子の最初の夫。 葉子と同じ設計事務所で照明デザイナーとして働いていた。 そのことが縁で第42話で葉子と結婚し、二人で岡倉家に住むようになる。 しかし、怠惰な生活をする洋次に節子は厳しくあたり、婿養子の洋次は肩身の狭い思いをする。 そんな洋次に葉子はハワイへの移住を提案し、洋次は照明の勉強のためにもハワイに行きたいと返事をする。 しかし、第2シリーズではアメリカの永住権を欲しがり、葉子を捨て、別の女性に走る。 留子(とめこ) 演 - 第1シリーズに登場。 洋次の母。 岡倉家で暮らすようになった洋次に「婿にやった訳ではない」と釘を刺す。 洋一(よういち) 演 - 第1シリーズに登場。 洋次の兄。 竹原家の長男で実家の果樹園を継ぎ、母とともに家を支える。 その他の人々(葉子周辺) 宗方 直之(むなかた なおゆき) 演 - 第4シリーズ第9話から登場。 亨の友人で、「あさま」の出資者でもある。 葉子の二度目の夫。 設計会社「NAOエンタープライズ」の社長で、葉子に設計を依頼する。 葉子に惹かれ、何度も告白を試みるも、よい返事は貰えなかったが、自身が膵臓癌になったことで葉子と結婚し、新婚旅行のためと公表して仕事から一時離れ、治療に専念する。 手術は無事成功し、そのまま新婚生活を送るが、葉子と部下の透との不倫により、破局する。 優しく紳士的な性格で、葉子と大原の不倫が発覚した際も怒るどころか、宗方自身が大病を患ったときに葉子に助けてもらった恩義があるために逆に二人を祝福する。 中村 朋美(なかむら ともみ) 演 - 最終シリーズ第43話に登場。 出産を間近に控えた葉子の担当医。 ベビーシッター 演 - 最終シリーズ最終回に登場。 五女・長子の周辺の人々 本間家 英作(えいさく) 演 - 第2シリーズ第2話のラストから登場。 本間病院の跡取り息子。 常子の息子で、由紀の兄。 長子の二度目の夫であり、日向子の父。 の持ち主。 生まれ。 描写は無いが、会話から学生時代は下宿先の近所の「幸楽」の常連客の一人で、キミや五月に食事や洗濯の世話をしてもらう。 そのため「幸楽」との関係は深い。 本間病院を継ぐよりも大学病院で脳外科を極めたいと、常子の大阪へ戻って来いという話はいつも拒絶する。 常子の進めた病院長の娘との縁談を断りもせず、しぶしぶ話に乗るが、長子をどうしても諦めきれず結婚式の当日に逃げ出す。 ストレスがたまると、勇と泥酔するまで飲み明かし、周囲の人への不満を吐くことがしばしばある。 長子のわがままを許し、長子に理解ある風を見せるが、本心ではかなり不満がたまる。 大吉のもとで婿養子同然の生活を送っていることにも、自分の不甲斐なさを感じる。 何度も激務で倒れるたびに病院を転々とする。 母親と神林の交際は快く思わない。 第9シリーズ第26話で勤務中に過労によって倒れ、脳外科の手術はもうできないと診断され、勤め先の病院を退社し、神林の勧めで神林クリニックで訪問診療の仕事を始める。 神林の死後は、在宅医療専門の「本間クリニック」を開業。 生まれ。 家族からは「ひな」と呼ばれる。 当初、大吉は静かで淑やかな娘に育つように「静子(しずこ)」と命名しようとするが、常子と英作がすでに「お日様に向かってまっすぐ育つように」と「日向子」という名前を考えており、大吉の案は却下される。 「静子」とは、大吉の初恋の女性の名前である。 両親が仕事で忙しく相手にしてもらえないため、大吉や常子と遊びに行くことがある。 第8シリーズにおいて、大吉にねだって飼うことになった犬のルル(マルチーズの雌)を溺愛する。 最終シリーズではインターネットにはまり成績が下がったため、長子に叱られる。 ネットで知り合った乃木智と付き合う。 最終シリーズ第23話では壮太や大吉の仕事ぶりを見て、「おかくら」を継ぐつもりになり、料理コンテストで優勝するほどの腕前を持つまでに成長する。 その後も夏休みや放課後を使い頻繁におかくらの手伝いをする。 長子は大学卒業が条件と主張するが、自分の思いを通す。 2016年SPでは、大学に進学するが休学し、正式に「おかくら」の跡継ぎとして、タキ、森山夫婦と4人で、「おかくら」を続けていくことになる。 長子の姑。 英作・由紀の母で神林の内縁の妻。 生まれ。 本間病院を医師であった夫と助産師である常子の二人で築き上げる。 自己中心的で我が強くわがままで、自分の思い通りにならないと気が済まない性格。 そのために英作や長子とは度々意見の食い違いなどで衝突する。 息子・英作、娘・由紀の双方が継ぐことを望むが、どちらもその気がないことに不満を持つ。 孫の日向子が生まれてからは孫に継がせようと教育に熱を上げる。 東京へ出てきたおりに神林と知り合い交際を始める。 その後、第7シリーズ第19話で神林からの求婚を受け、神林と再婚する。 娘の由紀に春日伸彦(婿養子)を迎え、本間病院を継がせるが、のちに伸彦を追い出し、英作に本間病院をゆだねようとする。 しかし、英作・由紀と喧嘩別れして本間病院をつぶす。 その後、東京で神林と暮らし、老人医療のボランティアをしているが、第9シリーズ第15話で脳卒中で倒れる。 最終シリーズ第1話での神林の死後、神林家が売却されることとなったため、岡倉家の近所のマンションに住む。 2012年SPでは、足腰の弱りから家に閉じこもっていたが、大吉の金銭的援助もあって老人ホームに入居する。 2017年春に脳出血で死去。 最終シリーズ終了後、2016年まで複数回放送されたスペシャル版には出演せず、演じた京唄子は2017年4月6日に死去。 京にとっては本作最終シリーズが遺作となった。 常子の内縁の夫(再婚せず)となる。 大学病院の内科医師から、神林クリニックの院長となる。 一人息子がいる。 自宅で常子・英作一家とにぎやかに暮らす。 当初、英作からはあまり気に入られていない様子だったが、のちに医師として信頼されていく。 第9シリーズ終了後から最終シリーズ第1話の間に心筋梗塞で死亡する。 守弘(もりひろ) 演 - 第7、最終シリーズに登場。 神林と前妻の一人息子。 第7シリーズでは、父の神林と常子の再婚を反対し、常子が金目当てであると決めつける。 最終シリーズ第1話では、亡くなった神林の相続税を払うため、神林邸を売らなければならないと申し出る。 「神林クリニック」にあった医療器具は英作に安く譲る。 長子の小姑。 紀彦の母。 春日信彦をに迎え、息子の紀彦を儲ける。 本間病院を継ぐが、のちに手放す。 神林夫婦と同居するが、常子と紀彦をめぐり対立し、追い出される。 不妊治療を専門とする医師。 犬嫌いで、英作と同居中は英作がいないあいだに、ルルをベランダに放り出す。 2017年SPでは、仕事が忙しいために母・常子を老人ホームに入れたまま、最期も看取ることができなかったことの後悔から、紀彦のアメリカ留学を期に兄・英作の訪問診療を手伝い始める。 本間 紀彦(ほんま のりひこ) 演 - 第6シリーズ第38話で誕生する、由紀・春日伸彦の長男。 生まれ。 両親の離婚後は母のもとで暮らす。 アレルギーがある模様。 静子の弟。 本間由紀と結婚し、息子の紀彦を儲ける。 子宮癌手術を専門とする医師であり、その腕は常子のお墨付きである。 本間病院を継ぐが、のちに姉を本間病院に入れて、静子名義の新しい病院を作る。 これがきっかけで由紀との離婚に陥り、第8シリーズで本間病院の経営状況が悪化し、倒産するきっかけとなる。 春日 静子(かすが しずこ) 演 - 第6シリーズに登場。 伸彦の姉。 不妊治療を専門とする医師。 本間病院を継いだ弟によって本間病院に送り込まれ、第7シリーズで弟の伸彦とともに本間病院の経理を一手に握り、利益を持ち出して逃げ、自分名義の新しい病院を作る。 長子の最初の夫、遊の父となる。 運送会社の社長で、運転中、飛び出してきた子犬を助けようとハンドル操作を誤り、歩道を歩いていた長子をはねる。 入院した長子を毎日見舞い、退院後もリハビリの送り迎えをする。 その後、恋人の竜一に振られた長子が熱を出した遊を看病して、二人は急接近する。 長子にプロポーズし、大反対する大吉と節子を説得し第1シリーズ最終回結婚する。 1993年4月(第2シリーズ第2話)、仕事中にで倒れ、英作の手術の甲斐なく死去。 運送業は赤字で、借金経営で、遺産は無く、兄は相続放棄をしている。 遠山 遊(とおやま ゆう) 演 - 第1・2シリーズに登場。 昌之の連れ子。 昌之が長子と再婚したあとも、長子との関係は良好で、アメリカンスクールに通わせてもらう。 1993年4月、父がクモ膜下出血で死去し運命が大きく変わる。 昌之の遺産を欲しがった叔父の孝男に引き取られるが、こき使われたあげく施設へ入ることとなり、施設に入る前に長子に会いにやってくる。 遊を不憫に思った節子に引き取られ、岡倉家で暮らすようになり可愛がられる。 その後、雲仙で旅館を営む母方の親戚、田村家の養女として引き取られ、岡倉家を出る。 遠山 孝男 演 - 第2シリーズに登場。 昌之の腹違いの兄。 茂子の夫。 昌之の急逝後、遊を引き取りたいと長子に申し出る。 その理由は兄の遺産目当てであり、妻と共に幼い遊に対し家事一切を押し付けた挙句、施設に入れようとする。 遠山 茂子 演 - 第2シリーズに登場。 孝男の妻。 田村綾子 演 - 第2シリーズ第46話、第47話、第48話に登場。 遊の母方の親戚。 の温泉旅館「半水盧」経営。 綾子の夫。 川本(かわもと) 演 - 第1シリーズ最終回に登場。 川本建設社長。 昌之の仕事関係での恩人で、長子と昌之の結婚に大反対する大吉・節子夫妻に昌之の人柄などを語り、結婚の承諾を求める。 サラリーマン時代の大吉とも面識がある模様である。 長子の友人 加納 竜一、小木 文太 演 - 、 第1シリーズに登場。 長子の大学時代の友達。 大木 すみれ 演 - 横島江里子 第1シリーズに登場。 長子の銀行勤務時代の同僚。 同期入社で高卒なので長子を「先輩」と呼んでいる。 母親が病弱で兄弟の面倒も見ていたので家事は上手。 長子に頼まれて竜一の身の回りの世話をしていたところ、竜一の両親が訪ねてきて、両親が彼女を気に入ったため、竜一と結婚し、専業主婦になる。 大木家 忠則(ただのり) 演 - 第2シリーズ第25話に登場。 忠信の息子で、御曹司。 英作の担当患者で、父・忠信との関係がうまく行かず、のふりをしていた。 長子が「おかくら」に連れてくる。 「おかくら」に居候しながら「幸楽」でアルバイトをする。 絵を描くのが趣味で手品もこなせる。 学生時代は野球部で、合宿中に料理をしていたので幸楽では即戦力だった。 居候中に貰った良や勇や亨の古着を貰って帰る。

次の

橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』│TBSテレビ

渡る 世間 は 鬼 ばかり

お願い:スポンサーの過剰な記述は絶対に行わないで下さい。 (での合意に基づく) 橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり ジャンル 作 出演者 (第8シリーズ - 2013年) (第1 - 7シリーズ) ナレーター オープニング 作曲: 製作 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 第1シリーズ 放送期間 - 放送時間 木曜日21:00 - 21:54 放送枠 TBS木曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 48 第2シリーズ 放送期間 - 放送時間 木曜日21:00 - 21:54 放送枠 TBS木曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 49 秋のスペシャル 放送期間 1994年 放送時間 木曜日21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 1 年末スペシャル 放送期間 放送時間 木曜日21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 1 第3シリーズ 放送期間 - 放送時間 木曜日21:00 - 21:54 放送枠 TBS木曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 50 第4シリーズ 放送期間 - 放送時間 木曜日21:00 - 21:54 放送枠 TBS木曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 51 二時間年末特別企画 放送期間 1999年 放送時間 木曜日21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 1 春の二時間スペシャル 放送期間 放送時間 木曜日21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 1 第5シリーズ 放送期間 2000年 - 放送時間 木曜日21:00 - 21:54 放送枠 TBS木曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 50 第6シリーズ 放送期間 - 3月27日 放送時間 木曜日21:00 - 21:54 放送枠 TBS木曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 51 第7シリーズ 放送期間 - 3月31日 放送時間 木曜日21:00 - 21:54 放送枠 TBS木曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 51 第8シリーズ 放送期間 - 放送時間 木曜日21:00 - 21:54 放送枠 TBS木曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 50 第9シリーズ 放送期間 - 放送時間 木曜日21:00 - 21:54 放送枠 TBS木曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 49 最終シリーズ 放送期間 - 放送時間 木曜日21:00 - 21:54 放送枠 TBS木曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 47 ただいま!! 2週連続スペシャル 前後編 放送期間 - 放送時間 月曜日21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 2 2013年2時間スペシャル 前後篇 放送期間 - 放送時間 月曜日21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 2 2015年2時間スペシャル 前後篇 放送期間 - 放送時間 月曜日21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 2 2016年二夜連続特別企画 放送期間 - 放送時間 前篇:日曜日21:00 - 22:48(108分)、後篇:月曜日21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 2 2017年3時間スペシャル 放送期間 放送時間 月曜日 20:00 - 22:54 放送分 174分 回数 1 3時間スペシャル2018 放送期間 放送時間 月曜日 20:00 - 23:07 放送分 187分 回数 1 特記事項: 全シリーズ通算511回 『 橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』(はしだすがこドラマ わたるせけんはおにばかり)は、毎週木曜日21時 - 21時54分に、系の「」枠で放送された日本のシリーズ。 からまでシリーズとして断続的に制作・放送された。 連続ドラマ終了後は、1 - 2年に1回のペースでスペシャルが放送されている。 全10シリーズで、通算放送回数は511回(最終シリーズ後のスペシャルも含む)。 概要 1990年にTBSが開局40周年 を記念して企画された1年間シリーズとして放送したが、好評を得て断続的にシリーズ化された。 ・夫婦と5人の娘たち(、、、、)とそれぞれの家族の暮らしを描く家庭ドラマである。 通称「 渡鬼(わたおに)」。 タイトルは「渡る世間 は鬼はなし 」ということわざもじってつけられたもので、「相手のことを鬼だと思う自分がすでに鬼なんだと、自分が鬼でなかったら相手のことも鬼だと思わない、という意味を込めたんですよ」とプロデューサーは語っている。 放送期間は各シリーズとも1年間。 は全て調べ、関東地区のもの。 より第10シリーズの放送がスタートし、本シリーズをもって連続ドラマでの放送は終了した。 2009年春よりこれまで放送されていたがバラエティ枠となり、ドラマ枠はに移動した関係上、放送枠については未定であったが 、その後TBSより、木曜21時枠での放送が発表された。 2010年8月26日、TBSは「丸20年という節目で、出演者の皆さんが元気なうちに美しく切り上げたいという思いもあり、ここで区切りをつけようと判断した」として10月14日に始まる第10シリーズで終了することを正式に発表した。 最終シリーズ終了からおよそ1年が経過した9月17日と9月24日に「」枠の21時 - 22時54分で、最終シリーズ終了から1年が経った岡倉家や「幸楽」を描いた「 ただいま!! 2週連続スペシャル〜前後編」が放送された。 全シリーズ・全単発スペシャルを通して放送曜日が初めて月曜日となり、も実施した。 にも5月27日と6月3日に「月曜ゴールデン」枠で「 2013年2時間スペシャル〜前後編」が放送された。 秋も新作スペシャルの収録が予定されていた が、大吉役の宇津井が死去したために、大吉が急逝した後の岡倉家を描いた「 2015年2時間スペシャル〜前後編」が2月16日と2月23日に放送された。 9月18日と9月19日に、中華料理店「幸楽」を改装する小島家を描く「 二夜連続特別企画 渡る世間は鬼ばかり」が放送された。 最終シリーズ以降に放送された単発スペシャルはいずれも前後編を2週に分けて放送したが、初めて2夜連続の放送で、初めてに放送される。 テーマソングに歌詞がつき、が歌った。 以降は毎年敬老の日(2017年9月18日、9月17日、9月16日)に3時間スペシャルが放送されている。 やなどで版が制作され、出演者の配役がダブルキャストなど異なり、ドラマの舞台化やドラマでは描かれなかったストーリー構成で、舞台のみに登場する役柄もいる。 原作は橋田壽賀子だが、脚色が石井君子、演出が石井ふく子と、一部のスタッフがテレビドラマと異なる。 (第7シリーズ最終話)、(第9シリーズ)、(最終シリーズ)、(第7シリーズ)、(第3シリーズ)、(最終シリーズ)、(2012年スペシャル)、(2013年スペシャル)などこの作品が遺作となった出演者は多い。 節子の叔母役でが出演している(第1シリーズ)。 第1シリーズ• 1990年10月11日 - 1991年9月26日(全48回、平均視聴率18. 1993年4月15日 - 1994年3月31日(全49回、平均視聴率23. 第3シリーズ• 1996年4月4日 - 1997年3月27日(全50回、平均視聴率26. 第3シリーズでは、の脱税のために、第1シリーズ、第2シリーズで演出を担当していた井下靖央がプロデューサーを担当することになり、演出・プロデューサー両方を兼任していた回もあった。 最終回(1997年3月27日)の放送でシリーズ最高視聴率34. ドラマの中心的役割を担っていた山岡久乃のレギュラー出演最後のシリーズ。 第4シリーズ• 1998年10月1日 - 1999年9月30日(全51回、平均視聴率24. 2000年10月5日 - 2001年9月27日(全50回、平均視聴率24. このシリーズからハイビジョン制作。 第6シリーズ• 2002年4月4日 - 2003年3月27日(全51回、平均視聴率23. 2004年4月1日 - 2005年3月31日(全51回、平均視聴率18. 藤岡のレギュラー出演最後のシリーズ。 第8シリーズ• 2006年4月6日 - 2007年3月29日(全50回、平均視聴率18. 2008年4月3日 - 2009年3月26日(全49回、平均視聴率14. 2010年10月14日 - 2011年9月29日(全47回、平均視聴率13. 放送20周年を迎えるこのシリーズをもって終了することになり、「最終シリーズ」という表記が追加されている。 特徴 4クールの長期放送 この番組は1シリーズごとに1年間(4クール)のシリーズを組む大河シリーズとして放送され続けてきた。 1963年から続くのや、1970年代のホームドラマ『』、『』(プロデューサーは石井ふく子)などがあるが、近年(平成になってから)では珍しい。 1980年代に橋田が3本の大河ドラマ(『』、『』、『』)の脚本を書き高い視聴率を取った結果、確固としたテーマ設定があれば長期放送でも十分視聴率を確保できる見通しがあった。 キャスティング ナレーションはが担当している。 なお石坂は、第1シリーズの最終回にしている。 サブタイトルなし 各家族に設定されたテーマ 主人公の岡倉節子(山岡久乃)が登場していた初期のシリーズでは、5人の娘それぞれの家族にテーマが設定され、節子の行動的な性格もあり基本節子が視聴者目線で岡倉姉妹の家庭に訪れる場面が多く物語がほぼ均一に近い時間配分で展開されていた。 また、娘の婚家と実家のそれぞれの親が対立するシーンがあった。 しかし、山岡降板後の第4シリーズからは中心的役割が小島五月や岡倉大吉に移り基本各家庭の姑達にやり込まれる大吉の性格上実家対婚家の構図が崩れ、節子ほど岡倉姉妹の各家庭に訪れる事がない為それに代わり親子問題、教育問題が扱われることが多くなった。 幸楽でも聖子が加わって以降小島キミの性格も理不尽な態度の描写がさらに増えていき単純な嫁いびりだけの話が多くなった。 しかし、第8シリーズから赤木が一時降板し、代わりに久子が復帰した以降は嫁いびりの話も徐々に減っていき聖子の性格も第9シリーズ以降は大人しい性格になっている。 それに反して主役の小島五月の性格も姑や小姑の登場の減少や貴子がレギュラーになってからは高飛車な部分も見せている。 また、愛も(キミや久子や邦子のように五月姉妹や大吉に横暴な態度はほとんど取らないが)幸楽の経理事情や跡継ぎ問題、貴子や誠に対しては高飛車な態度を取っていき気性の激しい性格に変化している。 五月の嫁の貴子も第9シリーズは明るく愛想のいい性格で五月との関係も序盤は五月に拒絶され不仲であり中盤から良好な関係に落ちついていたが第10シリーズ以降は穏やかで愛想のいい部分も時々見られるが父親の病状の事もあり基本根暗で被害者意識が強い性格になっていき、五月との関係も今度は貴子の方から拒絶される場面が多くなり眞と結婚して以降もその状態が続き同時に自己中心的でわがままな面も増えていき、五月からも再び嫌悪感を持たれ両者の関係が悪化していき五月と貴子の『嫁姑問題』のエピソードが増えていき争いの内容も五月とキミの争いと違いどちらにも非があるように描かれている。 野々下加津も第9シリーズ以降は以前と比べると口数が少なくなり影が薄くなっていて、第10シリーズは事実上レギュラー降板しイレギュラーの形での登場となった。 小島家でのエピソードも「眞の結婚問題」、「愛と誠夫婦」、「おやじバンド」のエピソードがほぼメインになっていて小姑達のトラブルや嫁いびりのエピソードは減っている。 物語全体的には「岡倉大吉とおかくらと本間家」「小島家とその周辺の人々」がほぼ物語のメイン、野田家が準メインとなっており、その他の家族(文子、葉子)はほぼサブ的要素となっている。 2015年からはそれまで物語の社交場の中心的役割を担っていた岡倉大吉が不在になり、主要な登場人物も以前ほど岡倉の店に出入りする機会が減っていき(2017年の五月曰く「おかくらは日向子の代になってから行きづらくなった」)、日向子の母親の本間長子を除けば岡倉姉妹の相談事を聴く役割も姉妹間やそれぞれの家庭内だけでとどまる場面が増えてきている。 長ぜりふ 1回のが長いことで有名である。 台本の見開き1ページが丸々1回の台詞ということも多い。 その長い台詞が終わるまで周囲の人物は相槌をほとんど打たないなど、さを指摘する声もある。 一人あたりの台詞が長く、相槌が極端に少ない理由は、このドラマの主な視聴者が主婦層であり、放映時間が夕食の後片付けの時間帯と重なるという理由で、テレビ画面から目を離しても、音声だけでドラマの展開が分かるようにとの配慮(ラジオドラマ化)であるとがラジオ番組で打ち明けている。 本来は台詞と台詞の間や、登場人物の表情の動きなどはト書き(前述で表現されるべき部分の指示)で説明されることが多く、また台詞も演出や台本へのト書きの書き入れなど制作工程上の理由から、1本につき2行前後で収めるのが原則である。 リアルタイムの年月の流れ ドラマの中の時間は放送日の数日前から当日までで、その時期に応じた季節の話題、行事を取り上げることが多い。 しかし、脚本自体は数か月前には書き終えられているので、最新の話題が取り上げられるわけではない。 登場人物の多さ シリーズを重ねるたびに登場人物が増えている。 新しい出演者はゲスト出演ではなく、新レギュラーとして加わることが多く、それがレギュラー陣肥大化の原因となっている(特に「小島家とその周辺の人々」が多い)。 多い自営業、少ない会社員 ホームドラマで会社員を描いても面白くないために、大きな会社の事務室のシーンは少ない。 そのため、第1シリーズでは、サラリーマンであった、岡倉大吉・野田良・高橋亨の3人は次々に脱サラし、レギュラー陣の職業もほとんどが小規模の自営業(商店)となっている。 臨終シーンの少なさ 長期間に渡って放送されているため、岡倉節子や遠山昌之、高橋年子など故人となった登場人物も少なくないが、小島幸吉のように病に倒れるシーンはあるものの、多くは新シリーズ第一回で亡くなったことが台詞などで説明され、以後は遺影や回想などでの登場すらほとんどなくなる。 また、秋葉時枝のように亡くなったことが本編で語られないまま、死亡したという設定にされているケースもある(この場合は、公式サイトの家系図に「死亡」と記されたのみとなっている)。 出演者のスケジュール調整 ベテランの出演が多いため、スケジュール調整が困難を極めることが多い。 ストーリー上、不自然な設定がされ特定者が数か月出演しないことがしばしばあり、場合によっては降板により登場人物が死亡と設定されることもある。 また、野々下隆に至っては名字が変わる度に演者が異なっている(元々第1-2シリーズに登場する邦子の子供自体も隆とミカではなく豊と忠という兄弟であり邦子が小島家に移住した単発スペシャル2作目から設定変更されている)。 山辺や岩渕が降板して以降その後のシリーズや単発にも再登場をしていないケースもある。 また、泉とえなりは2016年以降出演はしても同じ場面に登場する事はほとんどなくなり一時期週刊誌やテレビニュースでも取り上げられるほど話題になっていた。 理由はえなりの泉に対しての共演拒否(えなりが発疹が出るといいドラマを降板したいと訴えたほど)と子供時代からのえなりの母親と泉の不仲は橋田や関係者が語っている。 だが、石井は同じ場面に立たないのはストーリーの展開上の演出と言っていて2020年は眞夫婦と五月の嫁姑バトルを主軸にストーリーを展開していくと話していた [ ]。 橋田も「嫌いな役者は作中で出張させたり死なせたりしていました…」と『』で発言をした事もあった。 登場する店・会社 おかくら(第1シリーズでは岡倉家ダイニング。 第3シリーズで改装して開業) 大吉の経営するお食事処。 第2シリーズから山口商事のテナントビル内に開業するも、政子の事業失敗と葉子の機転で岡倉家に移店する。 壮太の父が社会復帰後は税理を彼に担当して貰っている。 曙橋商店街• 幸楽(全シリーズ、SPで登場。 第2シリーズで改築、2016年増床) 五月の嫁ぎ先の中華料理店。 1では幸楽の2Fがキミ夫婦の自宅で、勇夫妻の住居は裏手にあった。 最終回で等価交換に応じ、新築ビルになるが、調理器具や家具は自己負担。 2階は小島家の居住スペース。 両家の間には共同玄関と共用居間がある。 3階以上は企業事務所やマンションとなっており田口家が3階に部屋を借りている。 チラシやHPはケータリングも含めて加津が作成していた。 クニ化粧品店(第2シリーズ) 邦子が経営する5坪強の花王ソフィーナブランドの化粧品店。 しかし、夫の製材場に行ってる間に久子に牛耳られてしまい乗っ取られ、久子が宝石商も始めるが偽物だったので返済の為あえなく閉店。 幸楽の一角にあり、閉店後は喫茶店を経て洗濯代行屋になる。 キュウケータリングサービス(第8シリーズ) 健治と光子が設立して久子が乗っ取ったケータリング会社。 光子の時はかなり厳しく、業績も光子が他社に回して久子を追い出そうとしていた。 その後久子が乗っ取り、ホームパーティーや社内パーティーと言った小規模なケータリングとして続ける。 ケータリングの接客係は吉野杏子が集めた東大生が中心。 野田家も依頼する。 らくらく(第9シリーズ) 久子が経営する店で、アメリカでの生活を元に始めた洗濯代行屋。 の資格を所持していたのでクニ化粧品店の跡地に出店起業した。 健治がチェーン店で働いている。 このことが久子と健治の復縁につながった。 出店難癖付けた邦子が五月の一声で働くようになったがすぐに辞めてしまう。 加津も働いていた。 不況のあおりを受け閉店することになった。 くるみ(第6シリーズ) 勇が通い詰めたバー。 女将・里美と不倫関係になったと思われたが、実はだった。 後に女将は改心し勇や五月に謝罪し、郷土に帰る。 仲本寝具店 源太経営の店• 愛オフィス 愛が起業したネットショッピングの会社。 当初は別のマンションにあったが、から借金をしたため、キミが返済後は幸楽の自宅の玄関前の共同居間を仕事場にしていたが閉鎖。 曙橋信用金庫 幸楽と取引のある預金先の銀行。 TIH 亨が友人とハワイでで始めたホテル。 現在は望が経営している。 FTトラベル(第5シリーズから) 文子の経営する富裕層をターゲットにした南米や中心の。 (Fumiko Takahashi)からきている。 TIH日本支社も兼ねており、ハワイへのツアーも行なっている。 最終シリーズ序盤までは高橋家が事務所代わりとなっていたが、最終シリーズ第20話以降はテナントビルのに移っている。 社員は金田も含め3人だったが、最終シリーズでは5人となった。 後に亨がに就任する。 本間クリニック(2016年から) 英作が開業した在宅医療専門のクリニック。 英作と長子の住居も兼ねている。 2017年SPから由紀も働いている。 花(2018年から) 弥生が近所のお年寄りたちの憩いの場所をつくるために始めた喫茶店。 かすみ監査法人(第10シリーズから) 眞が勤務する税理・会計事務所。 元々は吉野家の手拭い屋の経理を担当していた。 菊屋(第7シリーズから) 麻布にある。 キミや五月も知っている老舗和菓子店。 みのりが奉公する。 支店はサワが営んでいる。 本店は康史が経営している。 康文は和菓子協会の一員でおかくらの常連客でもあり、常子はこの和菓子のファンだと言う。 村上モータース 武志の勤務先の中古車販売・自動車修理工場で、ごはんやの配達車、あかりの移動販売車、良の庭師用の軽トラックなどもここで改造・納品している。 北原設備工業 隆の住込先の水道工事及びリフォーム会社。 社長の北原はおかくらの常連客でもある。 おたふく(第1シリーズ - 第2シリーズまで) 会社員時代の大吉がこの小料理屋に通ったことがきっかけで退職、修業を積んだ。 病気で倒れたのとの借金返済により閉店。 ラ・メール(第2シリーズ - 第4シリーズまで) 弥生が勤めたことのある高級フランス料理店。 経営不振により大手チェーン会社に吸収合併され、格安ファミレス化となる。 ごはんや(第5シリーズ - 第8シリーズ冒頭まで) 野田夫婦らが共同経営するご飯の製造・宅配サービス。 第8シリーズで野田家の人間は全て退職している。 おかくらと幸楽も主要取引先のひとつ あさま(第2シリーズ - 第4シリーズまで) 亨と宗方が始めた自然食品店。 何だかんだ言っていた文子も従業員の無能ぶりを見かねて手伝うようになる。 亨との離婚後は慰謝料として文子が経営を引き継ぐものの、経営不振により廃業。 その後、FTトラベル設立する。 本間病院(第8シリーズまで 常子が院長を務めていた・の専門病院。 由紀夫婦が継いだものの、常子や由紀のワガママぶりが祟り、伸彦と不仲になり、経営不振に陥り倒産。 伸彦も離婚後は退職し、大学病院で勤務したものの、折り合いが悪く、勤務医として復帰する。 英作は産婦人科医は務まらないと辞退し、伸彦に一任している。 北川保育園(第7 - 10シリーズ) 弥生がボランティアで勤めていた保育園。 勇気が以前通っていた。 2016年SPで、北川家の相続の問題から閉園したことが語られた。 田口宅食サービス(第8 - 9シリーズ) 誠が結婚後経営する高齢者や障害者に病人食を配達するサービス会社。 元々は光子も参入を考えていた。 起業は健治のケータリング会社同日。 不況の影響により、吸収合併された上に合理化を追求し過ぎる経営方針に変わってしまった為、退職。 その後、誠は、「幸楽」の3代目店主になった。 大井精機(第9シリーズ) 大井道隆が経営していた会社。 25年の歴史がある。 技術力と相反してが安価だった為にに株を買い占められて買収される。 これにより会社は破綻し、大井夫婦は離婚し、父娘は中国企業からのオファーにより中国行きを決める。 神林クリニック(第7 - 最終シリーズ) 神林が院長を務める高齢者向けの。 常子が患者の相手をしている他、英作が訪問診療を行っている。 神林の死後、家が売却されることになり、診療所を閉めた。 なお、医療機器は英作が譲り受けた。 成田商事 1 健治の友人経営のと。 な商売をしており、健治に1500万貸していて、幸吉の遺産目当てだったが、五月が500万、幸楽が1000万を負担して返済した。 その後の動向は不明。 山口商事 1 - 山口太郎・政子親子の企業。 業と経営と輸入業が主体。 不況の煽りで不動産業は撤退。 NAOエンタープライズ 宗像経営の企業。 不動産業と中古車販売が中心。 葉子にマンションの内装設計依頼をする。 大原も独立前はここで勤務していた。 岡倉設計事務所 3 - 4 葉子の自宅兼個人設計事務所。 ブルースカイ にある。 店自体は大きく無いが売り上げはトップクラスの店舗。 森山が働いていた他、キュウケータリングの利用客のマダムの行きつけの店。 ふじや 吉野家の実家である浅草で由緒ある日本手ぬぐい店。 経理や税理はかすみ監査法人に依頼している。 あらすじ この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2018年1月)() お食事処「おかくら」を経営する・夫婦には5人の娘がいる。 上から順に、3月生まれの弥生、5月生まれの五月、7月生まれの文子、8月生まれの葉子、9月生まれの長子。 弥生は夫や子供達に手を焼き、五月は姑や小姑からのいびりに悩まされ、文子は病気の姑の面倒を見た後離婚・復縁、葉子は仕事優先でなかなか男性と落ち着かず、末娘の長子は口うるさい姑にも好き放題言い返す奔放な性格。 この5人が次から次へと悩みを抱えては大吉の元に相談に来る。 妻の節子を亡くして以来、1人で娘達の世話に追われている大吉であるが、ぶつぶつ文句を言いながらも実は娘達が大好きでなかなか子離れができない面もある。 また逆に娘達も父親が大好きでお互い忙しい時間を割いて岡倉家に集まっては一緒に食事をしたりするほどの仲。 そしてそれぞれ不満を抱えながらも、自分の家族も大切にしているのである。 第1シリーズ 岡倉夫婦(シリーズテーマ「サラリーマンの退職後」) 大吉は親会社を定年退職後、子会社の重役になる。 しかしその境遇に不満を持ち、人に使われない生活を夢見ている。 しかし、妻の節子には大吉の不満は理解できず、このままサラリーマン生活を続けていくことを願っている。 五月の遺産相続問題で退職金が必要になり、大吉は会社を辞める。 そして、通い慣れた小さな小料理屋の板前になる。 節子は大吉の夢が理解できずなおさら不満が募る。 野田家(シリーズテーマ「専業主婦の自立、老人介護」) 弥生は長年専業主婦をつとめていたが、夫の良は仕事人間であり、二人の子供は自立しつつあり、家で孤独を味わっている。 ふとしたことで結婚前にやっていた看護師の仕事に戻ることを決心する。 しかし、良も子供たちも仕事に就くという弥生の気持ちが理解できず、日々の暮らしが変わることに文句を言う。 半年後、大阪の長男夫婦宅に住む姑のハナが倒れ半身麻痺になる。 弥生は看護師を辞めてハナを野田家に引き取り自分で介護をすることに決める。 小島家(シリーズテーマ「遺産相続」) 五月の舅・幸吉が急に亡くなる。 遺言状がないため、嫁いだ妹たちは財産を等分することを主張する。 しかし、土地の評価価格は高いものの貯金もないために、実際に分けるには店を売るしか方法がない。 姑のキミは夫と築いた店を残すことにこだわる。 その事があって五月とキミの仲は、一時的に良くなった。 しかし、妹たちは納得せず次々と問題を持ち込んでくる。 高橋家(シリーズテーマ「共働き夫婦の子育てと親との関係」) 文子は食品会社で研究職に勤務するキャリアウーマン。 職種こそ違うものの同じ会社に勤務する夫の亨以上の仕事をしていた。 そのため子育ての時間がとれない。 それを姑の年子はいつも厳しく批判した。 しかし、問題が続出し離婚問題にまで発展する。 葉子(シリーズテーマ「結婚の条件」) 葉子はハワイで暮らしている間に裕福な家の御曹司である太郎と交際していた。 しかし、婚家に縛られる生活を嫌い、結婚後も職業を持ち続けたいと考える葉子は太郎との結婚に疑問を持つ。 日本に帰り働き始めた葉子はそこで竹原洋次と知り合う。 財産もない三男坊の洋次だったが、仕事上の夢を共有できる洋次は太郎以上の相手に見えてくる。 葉子は洋次と結婚することを選択し、ハワイへ移住する。 長子(シリーズテーマ「就職と結婚」) 長子は大学卒業を控えている。 大吉節子夫婦は葉子か長子が岡倉家に残ってくれると信じているが、長子には全くその気はない。 大学卒業後は一流銀行に就職。 大学時代から交際していた加納竜一と結婚の約束もしていたが、同期入行した女性に奪われ失恋。 交通事故に遭い、その加害者遠山昌之と知り合う。 昌之には死別した妻との間に子供がいた。 しかし、長子は次第に昌之に惹かれていき、結婚を決意する。 大吉夫婦は子連れの昌之との結婚に大反対する。 第2シリーズ 岡倉夫婦(シリーズテーマ「おかくら開店」) 大吉は試験を受けて、将来は自分の店を出したいと考えている。 しかし妻の節子は事業の失敗を心配して賛成しない。 試験に不合格になったことを内心喜ぶ。 大吉の勤める「おたふく」が借金のため閉店し、大吉は職を失う。 しかし、調理師試験に合格後、山口政子の援助を受けて小料理屋「おかくら」を開店する。 最初は絶対に協力しないと言った節子だが、開店するとかいがいしく女将として振る舞うようになる。 野田家(シリーズテーマ「夫の単身赴任」) 弥生の夫、良が突然いわきへ転勤になる。 身体の不自由な姑をかかえ、子供たちの学校の問題もあるため、弥生は良に単身赴任を要求する。 今まで専業主婦の弥生に全てを頼っていた良は不安を隠せない。 弥生はこれをきっかけに夫との新しい関係を築けるのではないかと期待する。 また娘のあかりは、弥生のような平凡な主婦になるのは嫌、女優になりたいと言い、家を出て行く。 小島家(シリーズテーマ「姑との同居、小姑との同居」) 幸楽の店舗が古い木造から鉄筋のビルに変わる。 2階は3世代2世帯が住める広い住居になる。 五月は姑・キミと完全同居し、小姑の久子家族とも同居することになる。 幸楽の前に邦子が化粧品店を開く。 キミは何かと久子や邦子の子供たちを可愛がる。 そして愛や眞には孫は平等であるべきだと辛くあたる。 五月は子供たちの将来を守るため、キミに逆らうようになる。 高橋家(シリーズテーマ「夫の脱サラ、親との同居」) 夫の亨が会社の処遇に不満を持ち、脱サラを図る。 そのためにマンションを売り、母親の年子と同居すると言い出す。 同居当初は、年子が息子の望を過保護に扱ったりなど問題が発生したが、文子が亨に関する不満や自分の考えを年子にぶつけたことが逆に年子に好感を持たれ「親は親の生活を、子供は子供の生活」との希望に協力してもらえる。 当初、亨が始めた自然食品販売店経営に反対していた文子だったが、ひょんなことから亨の店を手伝うことになり、その甲斐あって軌道に乗り始める。 葉子(シリーズテーマ「仕事か結婚か」) ハワイで暮らしていた葉子は洋次に捨てられ、失意のうちに帰国し岡倉家へ戻る。 葉子との結婚を諦め一度は結婚した山口太郎も、やはり離婚していた。 政子は二人を別れさせたことを後悔し、葉子を太郎の嫁にと望む。 太郎も葉子が結婚後も仕事をすることに理解を示すが、葉子は結婚よりも仕事に打ち込む生活を選ぶ。 長子(シリーズテーマ「バツイチの結婚」) 長子の夫遠山昌之が、連れ子の遊を残して突然死ぬ。 昌之の兄から遺産相続放棄をさせられ、遠山家を追い出されてしまう。 路頭に迷った長子は岡倉家に戻り、夫の主治医であった本間英作の口利きで病院の医院長秘書に就職。 英作は長子に惹かれるが、母の常子は強引に病院長の娘との縁談を進める。 長子は、引き取られたの昌之の兄の家から家出し岡倉家を訪ねて来た遊を保護。 冷遇の末、施設に送られそうになった遊を引き取り育てる決意をしていた。 英作は結婚式の当日、式場から逃げ出して長子に結婚を申し込む。 遊はで女将として温泉旅館を切盛りする、裕福で心優しい伯母(昌之の先妻の姉)に引き取られる。 秋のスペシャル 大吉の店は、節子の手伝いもあり軌道に乗り出した。 長子と英作の結婚式が近づき、葉子もニューヨークから帰国した。 しかし、当の長子の表情は冴えない。 聞けば「英作との結婚を考え直したい」という。 英作の母・常子が長子のことをお手伝い代わりと見ているというのだ。 娘のわがままに呆れた節子は、嫁としての自覚を促すが、その気持ちは長子には伝わらない。 一方、五月は店を休み、勇と式に出席するのを楽しみにしていた。 しかし勇は「店は休めない」と言うし、キミも式の当日に、大量の弁当を受注してしまっている。 なんとか夫を説得した五月だが、キミは店を休むことに大反対し、ついに仙台に住む娘・邦子の元へ家出してしまう。 年末スペシャル 大吉と節子は小料理屋を営みながら夫婦水入らずの生活を送っていた。 二人の41回目の結婚記念日を祝うため、久しぶりに五人の娘が集まることになった。 五女の長子は臨月の体での里帰りで、姑と折り合いが合わずにお産が済むまで滞在すると告げる。 一方、幸楽へ嫁いだ次女・五月も小姑の邦子が仙台から上京し一緒に住むと言い出したため悩んでいた。 5人の娘たちはそれぞれに悩みを抱えてはいたが、自分たちの家族の大切さを再確認し、新しい生活の一歩を踏み出していく。 第3シリーズ 岡倉夫婦(シリーズテーマ「おかくら改装」) 山口政子の事業が失敗し、おかくらは閉店せざるをえなくなる。 新店舗購入の資金もなく、大吉は商売を諦める。 しかし、葉子が自宅を改装して住宅地にある落ち着いた店としておかくらを再開することを提案する。 改装の期間、大吉節子夫婦は暮らす場所を求めて娘たちの家を順番に訪れる。 台所とリビングと和室を店舗用に改装し、新しいおかくらが開店する。 野田家(シリーズテーマ「娘の結婚」) 女子大を卒業したあかりは、単身赴任中の良の看病のため訪れたいわきで、梨農家の息子和夫と知り合う。 弥生の反対にもかまわず、あかりは和夫と結婚する。 いわきの工場が閉鎖されるのに伴い、良は東京へ戻ってくるが、仕事を持つ弥生とのすれ違いが目立つようになる。 会社の再建のため、良は重役へと昇進する。 一方武志は大学進学を嫌い、好きな仕事をしたいと自動車修理工になるため家を出て行く。 小島家(シリーズテーマ「小姑との同居、小姑の不倫」) 五月は相変わらず姑のキミと、離婚して出戻ってきた邦子の機嫌を伺いながら生活している。 小姑の久子家族は幸楽を辞めてアメリカ・ニューヨークへ移住した。 邦子は子供には父親が必要だと考え、妻のある立石一茂と不倫関係に陥る。 立石との再婚を目指した邦子だったが、立石は癌にかかり、結局は死亡する。 高橋家(シリーズテーマ「アルツハイマーの姑の介護」) 亨の母年子がアルツハイマーになる。 文子は献身的に介護をするが、年子の状態は一向によくならない。 葉子(シリーズテーマ「二度目の婚約破棄」) 葉子はこれからは照明デザイナーよりも一級建築士の時代であると言い、資格取得に懸命になる。 山口商事の業績悪化に伴い、山口太郎との婚約が破棄となる。 本間家(シリーズテーマ「嫁姑問題」) 長子は英作と結婚し、大阪の本間病院で暮らすが常子とうまくいかず離婚覚悟で東京に戻ってくる。 英作との二人だけの生活が始まるが、なにかにつけ常子が現れて本間家の嫁の立場を説く。 第4シリーズ 岡倉夫婦(シリーズテーマ「節子の死」) ニューヨーク旅行中の節子が現地で急死する。 半年前に知り合った近所に住む節子の親友タキがおかくらを手伝うことになる。 一人になった大吉は深夜急に気分が悪くなり救急車で病院に運ばれる。 5人の子供たちはそれぞれ心配する。 ハワイから珠子が大吉の70歳のを祝うため帰国する。 珠子はニューヨークから宛てた節子のメールを披露する。 初期の頃はタキの図々しい態度に煙たがる五姉妹だったが次第に打ち解けて行く。 野田家(シリーズテーマ「息子の結婚相手」) 武志は進学せず静岡の自動車整備工場に就職する。 そして既に妊娠している佐枝と結婚する。 弥生夫婦は自分たちの孫でない子供が生まれることに失望する。 しかし、佐枝の気だての良さに気付き二人の子供の出産を祝福する。 一方、あかりは秋葉家で過酷な農作業に従事していた。 夫の和夫は水耕栽培に農家としての夢を賭ける。 その資金をタキが出資するという。 小島家(シリーズテーマ「小姑の再婚」) 眞はインターネットにのめりこみ、高校進学をしないと言い出す。 久子家族が去った後には離婚した邦子家族が住んでいた。 ところが、健治が久子と離婚して帰ってくる。 邦子は生活のためクレーン車の免許を取り働き始める。 そこで離婚して一人暮らしの野々下と知り合い結婚する。 母親に捨てられた野々下の娘の加津が現れる。 野々下が引き取ることを邦子が拒否したため、五月夫婦が面倒を見ることになる。 高橋家(シリーズテーマ「復縁」) 亨は自然食品の店をやめてハワイでホテル経営を始める。 夫婦で協力し介護してきた年子は亡くなり、文子は亨と協議離婚する。 しかし、望が起こす問題を文子一人では解決できない。 そこへ亨の友人宗方が現れる。 宗方は離婚した二人の仲を元に戻そうと画策する。 望が別れた夫の亨と隠れて会っていることに文子は愕然とする。 望の問題を話し合っていくうちに文子は亨ともう一度やりなおす気持ちになる。 葉子(シリーズテーマ「元婚約者との関係」) 葉子は太郎の妻・美智と会う。 美智は二人の交際を非難するどころか、自分が山口家の嫁として不出来なことを詫びる。 葉子は美智に自分の仕事を手伝うことで視野を広げることを提案する。 本間家(シリーズテーマ「姑の交際、跡継ぎ問題」) 長子は一人暮らしになった大吉を心配して一緒に暮らし始める。 しかし、常子は英作を婿に取られたようで気持ちが納まらない。 常子は神林と交際を始める。 英作は母親が父親以外の男と付き合うことが許せずに悩む。 常子は本間病院の跡継ぎとなるよう英作に何度なく強要していたが、妹の由紀が失恋を機に病院勤めをやめて本間病院に戻る。 年末二時間特別企画 周平が聖子にプロポーズした。 今まで聖子にお金を貢ぎ続けた周平はいい返事を期待したが、聖子は結婚を断る。 何とか二人を結婚させようとしていたキミはそのことを知ってショックを受ける。 どうしても心の整理がつかない周平は不注意からボヤ騒ぎを起こす。 周平をかばう五月と聖子の肩を持つキミが徹底的に対立し始める。 一方、英作の母・常子が、英作の妹・由紀のフィアンセ・伸彦を紹介するため上京、岡倉へやって来た。 英作は2人が結婚すれば、自分の居場所がなくなってしまうと複雑な心境になる。 春の二時間スペシャル 五月の長女・愛が大学に進学することになった。 キミは4年間も高い学費を払うことに不快感を示し、嫌味を言い出した。 五月は愛の夢を叶えるため、お金のことでキミに迷惑をかけないと宣言し必死に戦った。 一方、新婚の周平と聖子は部屋探しをしていたが、このことを聞いたキミは、以前邦子が使っていて現在は加津が使っている部屋に住むように提案する。 一方、岡倉では、長子の長女・日向子の教育問題で家族がもめていた。 近所の幼稚園に通わせるという長子と英作に対し、有名私立幼稚園に入れて英才教育を受けさせると張り切る常子。 大吉は、長子と常子の言い争いにほとほとうんざりしていた。 第5シリーズ 岡倉大吉とおかくら おかくらにタキの息子の青山久光が現れる。 インドで絵を描いてきたというので、おかくらの店舗で個展を開く。 タキは久光と葉子の結婚を危ぶみ、二人の結婚を阻止する。 野田家 良はリストラ担当重役として同僚社員の首切りを行う。 そして自分自身も会社に辞表を出す(本人曰くリストラ担当として自分自身をリストラした)。 あかりは妊娠し病院に入るが、姑の満枝に甘えていると嫌味を言われる。 出産を終えたあかりは息子勇気を連れて東京に戻る。 水耕栽培の夢を捨てた和夫を許せず、離婚を決意する。 小島家 愛は親に隠れてコンパニオンのバイトを始める。 そこで城代正則と知り合い交際を始める。 最初は反対していた五月と勇であったが、勇が城代の父親に惚れ込んでしまい逆に愛に早く結婚するように勧めるまでになる。 聖子はキミのご機嫌取りに励んでいたが、ある日銀行通帳と印鑑を渡された時に魔が差し、預金を引き出して逃亡する。 眞はインターネットにはまったまま高校進学に悩む。 ネットで知り合ったサチに説得され高校受験を決心する。 眞は従兄弟の隆と同時期に受験するが、隆は落ちてしまう。 隆は荒れて野々下を父親として認めないという。 邦子は全て眞と五月が悪いと罵る。 隆は高校に進まずに水道工事屋になるというが邦子は外聞が悪く、それを許さない。 加津は眞の同級生で、父親に捨てられた森山壮太が気になる。 高橋家 文子は旅行代理店を開くために資格を取ろうとする。 努力の結果、旅行業務取扱主任となった文子は望を大吉に預けて南米に視察旅行に出かける。 亨は文子が旅行代理店を始めることに反対する。 葉子 葉子のところには太郎の母政子が押し掛けてきて同居する。 太郎の嫁の美智と顔を合わせたくないからである。 政子はお気に入りの宗方を葉子と結婚させて、3人で暮らすことを望んだ。 一方、葉子はタキの息子久光に惹かれていく。 本間家 英作は妹夫婦が大阪の本間病院を継いだことで自分の不甲斐無さに悩む。 由紀夫婦と暮らしていた常子が折り合いが合わずに東京に出てくる。 一度は由紀と和解し大阪に戻るが、今度は由紀が常子とは一緒に暮らせないので病院を出て行くと長子夫婦のところに相談に来る。 第6シリーズ 岡倉大吉とおかくら 大吉は行くあてのない森山壮太をおかくらで雇う。 タキは調理師免許の試験を受けて合格する。 壮太の父がおかくらを訪ねて来て、高校を続けさせたいという。 しかし、壮太は立派な板前になることが夢だと言って断る。 野田家 あかりは息子の勇気と二人で自立して生活するために、おむすびの移動販売を考える。 元夫の和夫が現れて復縁を願うが頑として聞き入れない。 良と弥生のごはんやは順調に営業していたが、突然良は経営困難になっている会社の女社長の手伝いをすると言って仙台へ行ってしまう。 二人の仲を心配した良の母ハナは自ら説得して連れ帰ると仙台へ旅立つ。 小島家 五月のところへ健治が結婚するといって光子を連れてくる。 やり手の光子は幸楽の弁当販売の得意先を増やし始める。 眞と加津は行方不明になった森山壮太を見つけ出し、大吉に身の振り方を依頼する。 ニューヨークから健治と久子の娘である加奈がやってきて幸楽をかき回す。 久子の境遇が心配になったキミは単身ニューヨークに渡る。 そして小さな喫茶店を開く開店資金として2000万円を渡す。 それに不満を持った勇はバーのママ里美の元に毎晩通い続け、仕事に手がつかなくなってしまう。 加津がインターネットに書いていた小説が認められ、単行本として出版される。 大きな話題になり、幸楽にファンの客が押し寄せる。 古い旅館で仲居をしている加津の母もその本を知り、加津と会うためにインターネットで連絡をとり始める。 愛はアナウンサーを目指し、城代に英語のレッスンを頼む。 そして両親に内緒で放送局にADとしてアルバイトに行く。 高橋家 望が自分の娘にストーカーをしていると金田利子が訴えてきた。 実は音大を目指す友人同士だった。 突然家に駆け込み怪我を負わさせられる。 怪我の功名それを機会に文子と利子は仲良くなる。 葉子 葉子はいまだに政子と暮らしている。 仕事の関係上、宗方との付き合いはあるが結婚までは踏み込めない。 仕事以外のことに時間を取られることがいやなのである。 宗方もそれを理解しつつも、葉子にプロポーズする。 太郎の妻美智は自分の存在が太郎の邪魔になると考え、離婚を申し出る。 しかし、太郎も葉子もその必要はないと美智を説得する。 葉子は宗方のプロポーズを断る決心をする。 本間家 英作は病院をやめて救急センターで働いていた。 しかし、激務のため身体をこわし入院する。 常子は日向子を本間病院の後継ぎにしようと教育熱を上げていたが、由紀の妊娠を知り手のひらを返すように日向子への関心をなくす。 由紀の夫伸彦は、出産と子育てのために仕事ができなくなる由紀の代わりに自分の姉を本間病院に入れるという。 しかし、由紀も常子もそれを伸彦の本間病院の乗っ取りと疑う。 第7シリーズ 岡倉大吉とおかくら おかくらに壮太の父が現れる。 金持ちの会社経営者と再婚するので壮太を引き取りたいという。 しかし、壮太は板前を続けたいと言って断る。 葉子の結婚がとうとう決まり、岡倉の名前とおかくらの店を継ぐ者がなくなったため、大吉は意欲をなくし店を続けていくことを迷う。 野田家 あかりの元へ和夫が訪れる。 いわきの土地家屋は全て処分したので、これからは東京で一緒に暮らしたいという。 しかし、あかりは固辞する。 希望をなくし和夫は自殺を図る。 孫の勇気が和夫を慕う姿を不憫に思い、弥生と良はごはんやで和夫を雇う。 勇気が幼稚園に入りたいと願っていることを知り、和夫と弥生夫婦はあかりを説得するが、あかりは承知しない。 やっとのことで勇気を幼稚園に入園させる。 父親を慕う勇気を見ているうちに、いつしかあかりは和夫を許すようになる。 あかりが和夫に復縁話を持ち出した時、和夫は自分の父親としての役目は終わったと言ってあかりのもとを去る。 小島家 健治のケータリング事業が伸びていた。 しかし、無理な営業がたたってか食中毒事件に巻き込まれる。 愛は銀行へ就職する。 しかし勇から帰りが遅いと叱られ、そして一人暮らしをしたいと家を出て行く。 しかし銀行の上司とのセクハラ事件に巻き込まれ窓口業務をはずされたことで希望をなくし銀行をやめる。 インターネットを使ったホームページ製作の小さな会社を仲間と作るが開業の資金が用意できず倒産させる。 失意の愛は城代正則との結婚を決断するが、城代は既に別の女性との結婚を決めていた。 加津は母親と連絡を取っていたことを野々下に知られる。 加津の母みのりは旅館をやめて東京に移り、老舗の和菓子屋に住み込みではたらく。 そしてそこの女主人に気に入られる。 キミは脳血栓を患い不自由な身体になる。 一緒にリハビリをしようと久子がアメリカ・ニューヨークから迎えに来る。 高橋家 音大を目指しているはずの望は路上ライブをやっていた。 文子は驚くが、望は大学へは行かずにプロのミュージシャンになると言い出す。 葉子 葉子は仕事の便宜上、宗方と付き合い続けていた。 しかし、政子や宗方との関係を清算しようとした時、宗方の膵臓ガンが発見される。 病気を隠し通すために葉子は宗方との結婚を決意する。 葉子の努力の甲斐あって、宗方の手術は成功し全快する。 しかし結婚したとたん、政子と宗方の嫁としての役割を求める無言の圧力を感じ、葉子は宗方との結婚を後悔する。 本間家 大阪から由紀がやってきて、伸彦とその姉が本間病院の経理を一手に握り、利益を持ち出して姉名義の新しい病院を作っていると訴える。 そして由紀は伸彦との離婚を決意する。 常子は行き場を失い、神林からの求婚を受けることを決める。 英作はそれが面白くない。 長子は婿同様の気分で岡倉家で小さくなっている英作のために近所に小さなマンションを借りる。 第8シリーズ 岡倉大吉とおかくら(シリーズテーマ「勉の辞職」「娘との仕事」「壮太の失踪」) 勉が結婚のためおかくらを去る。 翻訳家としての才能に限界を感じた長子がおかくらを手伝い始める。 壮太の父が再婚相手の死をきっかけに自殺を図る。 壮太はリハビリ費用を稼ぐためおかくらを辞めて、ホストになる。 野田家(シリーズテーマ「夫婦の転職」「娘の再婚問題」) 良はごはんやでの仕事は終わったと言って、今後は自然を相手にできる庭師になるという。 弥生もごはんやの仕事に疑問を持ち、ごはんやを辞め結婚前に看護師だったことを生かして保育園でボランティアを始める。 あかりは息子勇気の保育園の友達はるかを通じて、その父親浅田和久と知り合う。 お互いに子供を持つ親ということで、二人は好意を抱き始める。 小島家(シリーズテーマ「小姑との確執」「小姑との同居」「娘の結婚」「息子の恋人」「加津の進路」) 姑キミの代わりに幸楽の経理を見ると言って、アメリカ・ニューヨークから小姑の久子が帰ってくる。 健治夫婦はケータリング事業を独立させて幸楽を出て行く。 しかし、久子は裏で資金を健治に渡し、ケータリング事業の乗っ取りと健治との復縁を画策する。 愛は派遣の仕事で忙しい毎日だったが、そこで知り合った田口誠と結婚しすぐに妊娠する。 眞は同級生の吉野杏子と仲良くなり、あちこちに遊びに出かけるようになる。 そんな眞を加津は妬ましく思い、悩みを募らせる。 高橋家(シリーズテーマ「息子との別居」) 息子の望がハワイの大学に転学すると言って、日本から出て行く。 一人になった文子は寂しさのあまりアルコール依存症になって荒れた生活を送る。 友人の金田はそれを心配し大吉に相談する。 大原家(葉子)(シリーズテーマ「二度目の離婚」「三度目の再婚」「初の妊娠」「子供の親権」) 宗方との生活に不満を持った葉子は離婚を決意する。 そして、仕事仲間の若い大原透と暮らし始める。 すぐに妊娠するが、離婚直後なので婚姻届を出すことができない。 妊娠中にもかかわらず葉子は仕事三昧の生活を送り、周囲を心配させる。 本間家(シリーズテーマ「翻訳の仕事の辞職」「父親との仕事」「本間病院の倒産」) 長子は翻訳の仕事をやめて、おかくらを手伝う。 大阪の本間病院の経営状況が悪化したため、常子は由紀に会いに大阪へ戻る。 英作も東京の病院を辞めて本間病院の建て直しに奔走する。 しかし、本間病院は倒産してしまう。 倒産後、由紀は英作を頼って東京に移住する。 第9シリーズ 岡倉大吉とおかくら(シリーズテーマ「大吉の想い人」) 大吉は店で酔い潰れた小宮怜子という女性を介抱する。 大吉は怜子を気に行った様子で、その後も何度か会っていた。 そんな中、長子に常子の看病させるために出した求人募集を見て怜子がやってくる。 長子の反対を押し切り怜子を雇うことに。 それから大吉と怜子はお互いに惹かれあっていき、再婚の話までに至り、弥生・文子・葉子・長子は賛成するが、五月は亡き母の節子の気持ちを考えてほしいと再婚に反対する。 野田家(シリーズテーマ「娘の失踪」「息子夫婦との同居」) あかりは恋人に会いにいくため、勇気を残して海外に旅立つ。 そして入れ替わるように武志一家が同居することになる。 しかし、武志は仕事がうまくいっていないようでほとんど家に戻らずにいた。 そんな中、弥生夫婦は佐枝を大切にし、勇気と佐枝の息子・良武を平等に育てることを決心する。 小島家(シリーズテーマ「小姑の帰還」「小姑の事業」「息子の恋人」「娘婿の失業」) 眞は大井精機の社長令嬢・大井貴子を両親に紹介する。 五月は社長令嬢という肩書きを気にして貴子に冷たく接していたが、彼女の人柄を気に入る。 しかし大井精機は、金融危機の影響によりファンドに買収される事となり、大井精機社長夫妻は離婚し、結局貴子も父と中国に渡る事になる。 勇は幼馴染の源太・哲也と再会し、ギターを弾いていた頃を思い出す。 そして誠や典介も加わり、五月達に内緒で「おやじバンド」を結成する。 そのことを知った愛が五月に言ってしまったものの「趣味とかやりたいことがあるのはいい」と賛成する。 しかし、典介が海外転勤をしてしまう。 高橋家(文子)(シリーズ「夫との離婚」) 望が突然ハワイから帰国する。 望は亨に女性がいるかも知れないというのだが、文子は気にせずにいた。 その後に帰国した亨にハワイに来るように言われ、ハワイの家に行って見るとそこには亨が雇ったメイドのナンシーがいた。 それを見た文子は本当に本当の離婚を決意し、亨に望の全てを託した。 大原家(シリーズテーマ「三度目の離婚の危機」「夫の資格試験」) 葉子と透は想いのすれ違いから離婚の危機にさらされる。 透が一級建築士の資格を取れなかったら別れるという。 そんな中、透は姿を消してしまう。 本間家(シリーズテーマ「姑と旦那の病気」「姑との同居」「姑と娘の確執」「旦那の仕事」) 常子が突然脳卒中で倒れ、長子は昼間のおかくらを休んで看病をすることになる。 さらに英作も病院で倒れ、脳外科の手術に参加できなくなる。 長子は二人の看病をするために岡倉家を出て、一軒家を借りることに。 偶然再会した神林に、家に来ないかと勧められ、5人で暮らすことに。 それと同時に英作が神林クリニックから訪問医療を始めた。 最終シリーズ 岡倉大吉とおかくら(シリーズテーマ「孫の婚約者」) 大吉が80歳の誕生日を迎えることになる。 大吉は板前になる日向子を応援するが、長子と意見が合わず喧嘩をしてしまう。 大吉は五月からのお願いで貴子をおかくらの従業員として働かせる。 壮太は貴子の父・道隆のリハビリを手伝うことに。 野田家(シリーズテーマ「血の繋がりのない家族との暮らし」) 弥生は医療事務の資格を持ち、病院に勤務したまま家事をおろそかにしている嫁・佐枝の事が気に入らない。 弥生は良に佐枝を働かした自分に後悔しているという。 やがて、弥生は北川保育園で再び働き始める。 正月、浜松にいる武志が佐枝と離婚してほしいと頼みに来る。 良は武志とは疎遠になる。 そして武志は姉・あかりに会いに行くため、再婚相手と共に海外へ旅立つ。 その後、弥生は北川保育園に入園し、母親が迎えに来ないという竹下春菜の面倒を見ることに。 春菜は武志と佐枝の離婚が原因で情緒不安定になっていた良武の心を開く人物になった。 春菜の母親・美雨を見つけた弥生。 良は美雨を庭師として共に働かないかと誘う。 勇気の友達・篤の母親が亡くなり、弥生と良は篤の里親となり、篤を引き取ることになる。 小島家(シリーズテーマ「小姑との同居」「小姑の事業」「息子の婚約者」「幸楽の後継者」「姑の帰還」) 典介がインドから帰国し勇たちは、おやじバンドを再開する。 そして加津の働きによって、おやじバンドがメジャーデビューすることになる。 誠は愛の尻に敷かれ、ラーメン屋の屋台を閉めることにする。 誠は、勇によって三代目の幸楽の主人になる。 そして新しい幸楽ラーメン、幸楽ソースなどの商品を発明する。 おやじバンドの影響で、幸楽は行列のできる店となる。 加津は幸楽を出て行き、父親・長太と暮らすことになる。 誠は工事現場で働いてる貴子を見つけ、眞に教える。 貴子の父・道隆が脳梗塞で倒れ、二人で中国から戻ってきた。 眞は貴子と縒りを戻すことにするが、貴子は今でも眞に好意を抱いているものの、病気の父親を抱える自分が眞の重荷になると気にして、その気ではなかった。 眞が働いている監査事務所の先輩・長谷部力矢は、眞を祖母・マキに会わせたいと言ってマキと会うことになる。 マキは勘違いして力矢の妹・まひると眞が付き合っていると思い、幸楽に向かい、五月や勇と会うことになる。 久子は長太と離婚した邦子とともにインターネットで幸楽の餃子を売ることにする。 やがて、規模を大きくするため工場を作ると勇や五月に相談をする久子。 1000万円が必要となり、その借金の担保として幸楽の名義にすることを頼み込む。 このことに愛は猛反対。 やがて、キミが日本に帰りたいと言っていることを聞いた久子は、キミのために中古マンションを買いリフォームすると五月や勇に相談をする。 五月は姑・キミが帰って来ることに不安を抱いていた。 しかし、キミは本当は幸楽に帰りたいと言っていることを知った久子は勇や五月にまた相談する。 五月は不安を抱きつつ、キミのためにキミの部屋をリフォームしてもらうことを決意する。 やがて、キミが加奈に付き添われて幸楽へ帰ってくる。 そして、最終的にキミは幸楽で暮らすことになる。 さらに、眞も壮太とまひるの強い後押しもあり、貴子との結婚に至る。 文子(高橋家)(シリーズテーマ「元夫の病気」「元夫との仕事」) 文子は、相変わらず旅行会社で忙しい思いをしていた。 そんな中、典介と共にインドから帰国した利子が再び旅行会社で働きだす。 その後、旅行会社を大きなオフィスの一角に置くことにする。 そんな中、肺癌で一年の余命宣告された亨が帰って来る。 再婚相手のナンシーの家族がハワイのホテルの経営に口出ししてきたのが嫌になり、ハワイに一人望をおいたまま、一人で帰ってきた。 文子は、良い妻になれなかった罪滅ぼしとして亨を介抱することに。 やがて、亨の病気は誤診だったことが分かる。 文子は、亨と縒りを戻さないまま、旅行会社の社員には元夫婦だということは内緒という条件で、亨を旅行会社の顧問として働かせることにする。 大原家(シリーズテーマ「二度目の妊娠」) 葉子も透も、設計の仕事で忙しい思いをしていた。 そんな中、葉子が双子を妊娠していることが分かる。 葉子には仕事をしないようにしていたが、葉子は軽いうつ状態になってしまう。 やがて、葉子は大事を取って早めに入院することに。 葉子は双子を帝王切開で出産する。 本間家(シリーズテーマ「姑の老後」「娘の進路」) 神林が亡くなり、常子は孤独な思いをしていた。 神林の籍に入っていない常子は、相続権などの問題で長子、英作、日向子と共に神林の自宅を追い出されることになる。 おかくらの近くのマンションに住むことになる。 長子は再度おかくらで働き始める。 そして日向子は、高校には行かず、壮太のような板前になると言い出す。 英作は賛成するものの、長子は大学を卒業するまでは駄目だと反対する。 ただいま!! 2週連続スペシャル キミが「幸楽」で転倒して足を骨折した。 キミは店に出られないなら「幸楽」にいる意味はないと言って、久子たちのマンションで暮らすことになるが、久子たちは仕事が忙しいとキミの面倒を見ようとせず、勇がキミの暮らしの世話やリハビリに付き添うことになる。 岡倉では、壮太と婚約したまひるが夜の店を手伝っていた。 そんな中、まひるの母・里子が上京してくる。 里子はまひるたちの祖母・マキが余命宣告されたことから、壮太とまひるが将来、長谷部家が営む有馬の旅館を継ぐ意志に変わりはないのならば、マキが健在のうちに結婚式だけでも挙げてくれないかと言う。 まひる・壮太とともに力矢も彼女である金沢育美にプロポーズし、二組同時に結婚式を挙げることになった。 同じ頃、望もハワイでルリと結婚することになり、ハワイから帰国し、大吉や弥生たちを訪ね、結婚の報告をする。 2013年 文子・亨の再々婚と眞・貴子の離婚騒動。 2015年 岡倉大吉が心筋梗塞で他界した後暫くして、遺産相続について話し合うために姉妹が集まる。 大吉には約1億円の遺産があった。 遺産は大吉と共に暮してきた長子が1人で相続すべきであると考えていた弥生、五月、文子、葉子の4人は相続権を放棄するつもりでいたが、長子は「おかくら」を閉めるつもりになっていた。 だが最終的に、板前になる夢を持つ日向子の為に「おかくら」は存続させることになり、「株式会社岡倉」を設立し、姉妹たちは株主としてそれぞれの相続分を投資するという形をとることになった。 2016年 幸楽が店を改装をする事になった。 勇の後を継ぐ誠と愛が、使わなくなった住居部分を客席にして店を大きくするというもので、勇は理解を示すが、何の相談も無く勝手に店の事を決められた事後承諾に五月は激怒する。 だが、愛はすでに2人が一ヶ月の工事中の間に暮らすマンションを手配しており、更に働きづめであった勇と五月に30万円の小遣いを用意していた。 結果的に五月は渋々承諾するが、工事の間、勇はおやじバンドの活動が出来ると喜び、五月をマンションに残してさっさと練習に出かけてしまう。 家族からも見放され、気軽に話せる友達もおらず、孤立してしまった五月は、様々な所を勝手に訪ねて世話を焼こうとするが全て裏目に出てしまい、勇には「余計な事はするな」と釘を刺される始末。 そんな中、おやじバンドが原因で愛と夫婦喧嘩になった誠が「離婚する」と宣言して行方不明となってしまう。 2017年 五月たち姉妹は「おかくら」の利益配当金である一人100万円の使い道を思案する。 一方、貴子が「子育てに疲れた」と置手紙をし、家出。 香を連れて働く眞を見かねた愛が香の面倒を見るが、五月は「貴子とは離婚すべきだ」と譲らない。 その頃、自宅で世話をしていた子どもたちが成長して手を離れた弥生と、在宅医療で忙しい英作とすれ違いの毎日を送る長子は寂しさを感じていた他、由紀が紀彦のアメリカを機に英作の訪問医療の手伝いをする為に上京。 弥生は自宅にを開業したいとの事で葉子に設計依頼をし、文子は100万円で姉妹5人で旅行に行く事を提案。 親父バンドはメンバーの川上哲也が死去したため、活動休止していたが、妻・華江()が参加したいと言うことで続ける事になる。 2018年 貴子に眞が遺産相続の権利を放棄して愛に五月や勇の面倒をみて貰えるようにと懇願され困惑する。 一方、五月はおやじバンドに一人入れて欲しいと弥生に頼まれる。 2019年 キミの四十九日法要が営まれる中、老人ホームの顧問弁護士の末永()がキミの遺言書を携え訪ねて来て、そこにはキミの遺産を五月に譲るという物が書かれていた。 久子や邦子へは生前贈与と言う旨が伝えられており、特に久子には健治の借金1500万に久子の借金500万、アメリカでの喫茶店開業資金2000万贈与されているほか、餃子工場やマンション購入資金も幸楽から出ており、老人ホームの費用も勇が出していたのでクレームは付いたものの、概ね納得で悶着は無かった。 また、日向子に、常連客の藤川昇()がプロポーズする。 登場人物 岡倉家以外は 詳細は「」を参照 スタッフ• 作 -• 音楽 -• ナレーション -• 歌 - 「人生讃歌 〜渡る世間は鬼ばかり〜」(2016年- )• 作詞 - (2017年より)、作曲 - 羽田健太郎• プロデューサー -• 演出 - 清弘誠、荒井光明• 演出補 - 山崎統司、阿南昭宏• 技術 -• カメラ -• 照明 - 今井尚人• 音声 - 石鍋邦広、妹川英明• 映像 - 荒井秀訓• 音響効果 - 牧瀬能彦• 編集 - 大塚民生• MA - 武藤康一• 美術プロデューサー -• デザイン - 椎葉禎介、中村綾香• 装置 - 滝沢博史• 操作 - 綱島広明• 装飾 - 栗本誠治• 衣裳 - 吉川茂雄、西留由起子• 化粧 - 中田マリ子、佐藤有紀、大江明子• 持道具 - 赤松慶人• 電飾 - 三沢靖明、今村和之• 建具 - 大崎健一• 生花 - 遠山徹• 植木装飾 - 西村尚樹• 番組宣伝 - 反町浩之• スチル - 加藤徹• 和食所作指導 - 柳原尚之• 医療指導 - 指方梢• タイトル -• 衣裳協力 - (、千原初江)• 協力 - 、、• 製作補 - 室谷拡• 記録 - 市島恵子• 製作著作 - 過去のスタッフ• プロデューサー - 井下靖央 第3シリーズのみ• 演出 - 井下靖央、坂崎彰、川俣公明、山崎恆成、山崎統司、吉川厚志、鴨下信一、竹之下寛次• 演出補 - 戸高正啓、田澤保之、宇田川尚良、酒井聖博、大久保竜、吉川厚志• カメラ - 西舘博光• 編集 - 田口正樹• 美術プロデューサー - 丸谷時茂• デザイン - 清水袈裟寿• 装飾 - 加藤義和• 化粧 - 真鍋知子、山下恵子、近藤篤子• 電飾 - 井上昇• スチル - 龍田浩之、斉藤和己• ディレクター - 山田錦• 製作補 - 芦田健治、早川信雄• 記録 - 稲葉明子 放送日程• 量が多いため シリーズは、 伸縮型のメニューとして掲載する。 右にある [表示] をクリックすると一覧表示される。 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 秋のスペシャル(1994年) 放送日 演出 視聴率 1994年9月29日 井下靖央 年末スペシャル(1995年) 放送日 演出 視聴率 1995年12月28日 井下靖央 二時間年末特別企画(1999年) 放送日 演出 視聴率 1999年12月23日 井下靖央 23. 第1回・第26回・第50回は2時間スペシャル。 今シリーズから、岡倉大吉役が宇津井健に交代した。 今シリーズから、オープニングのクレジット映像の背景が、不定期で違うものに切り替えられるようになった。 2006年4月6日 - 2007年3月29日、全50回 話数 放送日 演出 視聴率 第1回 2006年 04月 06日 山崎恆成 20. 第1回・第26回・第38回・第49回は2時間スペシャル。 2008年8月14日は中継の為、休止。 第20回(2008年8月21日)の放送でシリーズ最低視聴率10. 2008年4月3日 - 2009年3月26日、全49回 話数 放送日 演出 視聴率 第1回 2008年 04月 03日 清弘誠 16. 第1回・第11回・第23回・第46回・第47回は2時間スペシャル。 2010年11月4日は橋田が脚本を担当したドラマ「TBS開局60周年記念5夜連続企画『』第2話」の放送のため休止。 2011年3月17日は3月11日に起きたやの爆発事故などの最新情報などを流すため、L字形の画面方式で放送された。 2011年9月1日は6日目中継のため休止。 2011年8月25日放送分から、次回予告にて「あと3回! 」などと、最終回までのカウントダウンをするようになった。 今シリーズでは特にオープニングのクレジット画面の背景が頻繁に変わることが多く、特に季節の花などをあしらったものが多く登場し、時にはひと月強で新しい背景が登場することもあった。 最終回放送と同日の2011年9月29日に、「」枠で最終回直前スペシャルを放送。 2010年10月14日 - 2011年9月29日、全47回 話数 放送日 演出 視聴率 第1回 2010年10月14日 清弘誠 13. 6% 3時間SP 2018年9月17日 11. 6% 3時間SP 2019年9月16日 8. 7% 特番枠• 2004年1月2日 『渡る世間は鬼ばかり! 夢のスペシャル新年会』• 2006年12月28日 『渡る世間は鬼ばかり 番外編』(「橋田壽賀子 バラエティ 渡る世間は鬼ばかり・来年も続きますよSP」、視聴率14. (新作)および(再放送)。 福井県にJNN系列の放送局がないため月曜9時55分 - に放送。 秋田県にJNN系列の放送局がないため土曜16時 - 16時54分に放送。 KIKU-TV (。 ) 1年 - 1年半遅れ。 毎週日曜20時 -。 配信 TBSオンデマンドでの配信は第1シリーズなど一部に限られていた。 TBSオンデマンドの後継サービスであるでもサービス開始当初は第1シリーズのみの配信(2018年スペシャルは放送後しばらくはレンタル配信)に限られていたが、2019年9月12日に2012年から2018年までのスペシャルを配信開始(2019年スペシャルは9月16日の放送後に配信)、10月2日より第2シリーズ以降が順次配信され 、2020年5月2日に第10(最終)シリーズの配信が開始された。 2017年9月10日. 2017年10月11日閲覧。 2018年7月18日. 2019年2月1日閲覧。 2017年9月10日. 2019年2月1日閲覧。 日刊スポーツ. 2010年5月5日. 2010年5月6日閲覧。 2015年1月14日閲覧。 日刊スポーツ. 2014年3月16日. 2014年3月24日閲覧。 ORICON STYLE. 2011年7月14日. 2015年1月14日閲覧。 週刊文春2019年10月10日号• 「「膵臓ガン」入院費用も借金だった「淡島千景」」『週刊新潮 2012年3月1日号』、2012年2月23日。 News. Paravi 2019年9月9日. 2019年9月15日閲覧。 関連項目• - 泉ピン子が『幸楽』を模したラーメン屋『ニュー幸楽』の女将「泉ちゃん」役で出演。 (で英語字幕付放送されている。 英語でのタイトルは"Making it through ")• - このドラマのテーマ曲が過去に収録されていた。 外部リンク• TBS• - 2001年10月24日時点の• - 2003年4月13日時点のアーカイブ• - 2005年4月1日時点のアーカイブ• - 2007年4月6日時点のアーカイブ• - 2010年3月15日時点のアーカイブ• TBSチャンネル• BS-TBS• Paravi• 非公式サイト• - 2011年1月4日時点のアーカイブ 系 前番組 番組名 次番組.

次の