アンドロメダ デッキ 組み方。 【オセロニア】ヨシノ高HP特殊ダメージデッキの戦い方・おすすめレシピ

#コンパス【攻略】: ルチアーノのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【3/2更新】

アンドロメダ デッキ 組み方

2人とも前イベのため、不本意に安打製造機コツが被ってしまうリスクが少ない。 経験点バランスが整いやすい キャラ役割がガード2・バウンサー2・レンジャー1・スナイパー1とバランスがかなり良い。 フリート野手で共通して不足しやすい精神ptも寺道の船積みタッグで大量に稼げるため、経験点バランスが整いやすい。 超優秀単練キャラの館橋・ハクで大量経験点を稼げる 館橋・ハクは船積みボーナスの値が高くなる単練 得意練習1種 キャラであり、それぞれ練習性能もかなり高いため、船積みタッグで大量経験点を稼ぎやすい。 体力維持がしやすい 沖野・王子の2人のメンタルキャラにより、体力維持がしやすい。 沖野のメンタルタッグで黄色積荷配置箇所でも船積みタッグの可能性があるのも嬉しい。 そのため、館橋の船積みタッグは優先して踏みにいき、積荷売却時にもなるべく多く敏捷ptを稼ぎたい。 覚醒した2人は 単練・得意練習率UP・やる気効果UPなど船積みタッグで経験点を伸ばすことのできる要素を多く所持しており非常に強力。 2人とも前イベのため、不本意にアーチストコツが被ってしまうリスクが少ない。 前イベ全完走率がかなり高い フリート高校は前イベの空き数が37と少なく前イベの全完走率の低さがネックとなるが、本デッキは 前イベ数が計9回 ソニアが3回で優秀 と軽いため、前イベ全完走率がかなり高い。 真アーチ用に筋力ptを多く稼ぐ必要あり 真・アーチスト取得に大量の筋力ptを要するため、筋力ptを多く稼ぐ必要がある。 合同練習キャラとのタッグで筋力ptを多く稼げる北雪やパワ高への出航で筋力pt不足をカバーしたい。 沖野・王子冴木のメンタルタッグで体力を回復しつつ、積荷を圧縮する動きが非常に強力なため複数回訪れることができると経験点が非常に伸びやすい。 船積みタッグの発生状況によっては技術は余ることも多いため、積荷売却で技術ptが多く入ってくるような積荷の稼ぎ方は避けたい。 真アーチ用に筋力とパワヒコツを早めに確保 真・アーチスト取得に大量の経験点が必要なため、筋力ptは意識して稼ぐ。 特に沖野・ソニアイベントが早く進行した場合に備えて、アーチスト取得のための筋力ptとパワヒコツはなるべく早めに確保しよう。 パワ高のはコツイベで必ずパワヒコツをくれるため、オススメ。 2人とも前イベのため、不本意にアーチストコツが被ってしまうリスクが少ない。 真アーチ用に筋力ptを多く稼ぐ必要あり 真・アーチスト取得に大量の筋力ptを要するため、筋力ptを多く稼ぐ必要がある。 合同練習キャラとのタッグで筋力ptを多く稼げる北雪やパワ高への出航で筋力pt不足をカバーしたい。 あかつきへの出港はしにくい アレフトをデッキに編成しているため、 あかつきでの合同練習キャラが1人少なくなってしまう。 その反面レンジャーが館橋1人になってしまうため、敏捷ptは意識して稼ぐようにしたい。 瞬鋭・支良州への出港は優先度激高 デッキ編成キャラと積荷配置の相性の良い瞬鋭・支良州高校への出港優先度は非常に高い。 沖野・王子冴木のメンタルタッグで体力を回復しつつ、積荷を圧縮する動きが非常に強力なため複数回訪れることができると経験点が非常に伸びやすい。 積荷売却時は紫 敏捷 ・赤 精神 ・黄 全経験点 の積荷売却で経験点を稼げるように意識し、経験点バランスを整えたい。 真アーチ用に筋力とパワヒコツを早めに確保 真・アーチスト取得に大量の経験点が必要なため、筋力ptは意識して稼ぐ。 特に沖野・アレフトのイベントが早く進行した場合に備えて、アーチスト取得のための筋力ptとパワヒコツはなるべく早めに確保しよう。 パワ高のはコツイベで必ずパワヒコツをくれるため、オススメ。 得意練習と対応積荷 役割 デッキの特徴・ポイント 沖野を使用できなくてもPG1以上が狙える 沖野と同じ肩力上限UP持ちの走一郎と、テーブルがフリートにかなり刺さっている四条兄を入れた編成。 王子・四条兄のメンタルタッグにより体力維持しやすい 王子・四条兄の2人とメンタルタッグが可能。 タッグでの回復量も多いため、体力維持がかなりしやすい。 モテモテ取得により泡瀬評価を上げやすくなる 走一郎の全レアイベでを高確率 体感7割ぐらい? で取得可能。 モテモテ取得成功時は泡瀬評価も10上がるため、 クリスマスまでに泡瀬を彼女にしやすく、エピも満点で取りやすい。 捕手育成にも対応可能 捕手時に走一郎から超高査定金特を確定入手できるため、捕手育成時にも対応可能。 捕手以外時は走一郎の金特失敗が怖い 捕手以外時は走一郎の金特がとなるが、 不確定であり成功率も高くなく 体感6〜7割ぐらい? 、リスクが高い。 沖野がいないので対応役割が1種少ない フリート固有キャラの沖野がいないので、沖野入りデッキと比べるとデッキ全体での対応役割は1つ少なくなる。 突出して不足するわけではないが、積荷売却でなるべく多く筋力・精神ptを稼いでいきたい。 四条の評価を優先して上げる 四条は初期評価が低くタッグ発生が遅くなりやすいため、優先して評価上げをしよう。 特にコツイベ発生時は優先して踏みに行きたい。 沖野入りよりも黄色積荷高校の優先度低 得意練習がメンタルかつ対応役割が黄色になる可能性がある沖野がいない。 そのため、黄色積荷が配置されている高校への出航は沖野入り編成時よりも低め。

次の

デッキ/自動回復

アンドロメダ デッキ 組み方

今までは照守という彼女キャラを編成しなければ野手での6種上限アップデッキは編成する事が出来なかったので、様々なサクセスで自分の手持ちにあわせてよりデッキ編成の幅が広がりました。 アンドロメダで溢れやすい筋力を有効活用 アンドロメダ学園の野手デッキで育成をしていると、ジャングルVRを多く使用して練習をするので走力を集めながら筋力が集まり、打撃の経験点の多い練習でも筋力が集まるので筋力の経験点が溢れやすいといったデメリットがありました。 しかしパワーに今までよりも経験点を使う事が出来るので経験点が溢れにくくなっています。 他の上限アップ枠を増やしやすい 照守を入れた上限アップデッキよりもデッキのバランスを取りやすくなり、自身の手持ちや育成状況に応じてデッキを組みやすくなります。 走力の上限アップを増やしたり、ミートであれば106などより査定の高い編成を組む事も出来るといったメリットも存在します。 6種上限UPデッキのキャラの役割 6種上限UPデッキのキャラ毎の役割の詳細を紹介しています。 金特の確定や不確定、上限アップの種類の確認にご利用ください。 前イベ代用おすすめキャラ 後イベ代用おすすめキャラ 社長入り6種上限UPデッキの立ち回り VR練習はジャングルを中心に行う VRコマンドを使用する場合は基本的にはジャングルが生成可能なタイミングでコマンドを使用しましょう。 VRコマンドでジャングルを使い敏捷を稼がないと 圧倒的に敏捷経験点が不足してしまい、6上限にプラスして金特を獲得出来なくなるので注意しましょう。 特にアンドロメダ高校はトリックスターや高速レーザーといった金特、黒聖良から牛若丸など敏捷を多く必要とする金特が多く存在するので敏捷経験点を少しでも多く稼ぐようにしましょう。 足りない経験点はVRコマンドを活用 ジャングル練習のみだと経験点が偏るのでそういった場合は上手くVRコマンドを使用して経験点を補いましょう。 精神など足りない場合は2ターンなどでも良いのでVRコマンドを利用して少しでも多く稼ぐなど工夫をする事で経験点のバランスを整えやすくする事が出来ます。 ホーム突入のコツは直取りしておく 社長から赤ビックリで獲得が出来るコツの中にはパワーヒッターのコツもあるので、先に ホーム突入のコツを潰しておく事でパワーヒッターを獲得しやすいようにしておきましょう。 そうする事で社長のイベントでパワヒコツ以外の選択肢以外を選ぶ事が出来るので経験点を節約してコツを増やす事が出来ます。 セル集めはタッグ練習で集めるのが理想 セルを集める際に出来る限りタッグ練習をしながらセルを集めるようにしましょう。 タッグ練習をしてセルを集める事で星付きのセルを獲得する事が出来ます。 星付きのセルは通常の星なしのセルよりもセルの効果が上昇するので経験点をより多く稼ぐ事が出来るなどのメリットがあるので、タッグ練習をこなしやすいデッキ編成を活かして練習を行いましょう。 社長は体力マイナスイベントが多く体力の調整が難しいというデメリットもあるので、その対策としてカロリーバーを持ち込む事で練習機会の損失を少しでもなくすようにしましょう。 デートイベントのタイミングなども難しいので、立ち回りやすさであれば社長入り6種上限アップのデッキの方がおすすめです。 編成次第では得意練習量が少ない 社長入りデッキの編成に比べて照守6種デッキでは彼女を入れる編成になってしまうのでどうしても練習での経験点を伸ばしにくくなってしまいます。 彼女を入れる事でタッグセルを獲得出来るといったメリットもありますが、そのぐらいしか彼女を編成するメリットがアンドロメダではないのも事実です。 エピローグ点は照守入りが多い エピローグでは彼女入りデッキ編成の方が多く経験点を稼ぐ事が出来ます。 セク4のVRコマンド使用後にデートで経験点を伸ばしやすいといった点も照守入りの強みになっています。 結論:社長入り6種デッキの方がおすすめ! 結論としては 社長入り6種上限UPデッキの方がオススメです。 やはりパワプロのサクセスは時間がかかるので少しでも楽をして選手育成をしたい場合、立ち回りやすさや安定感などを含めると社長入り6種上限アップのデッキの方が上回っています。 特に手持ち次第でデッキを臨機応変に変えやすい社長入りデッキは、初心者から上級者の方でもデッキを作りやすいといった最大の強みがあるので、手持ちによってデッキを上手く変えて自分なりの6種上限アップデッキを作りましょう。

次の

【パワプロ】アンドロメダ学園の野手デッキ編成【パワプロアプリ】

アンドロメダ デッキ 組み方

- - 起用ボーナスのないポジション専用金特は出現する可能性アリ 起用ボーナスはないが、 特定のポジションのみで効果を発動する金特コツは開眼で入手してしまうことがある。 例としては捕手以外のポジション育成時にのコツを入手することも可能。 入手できるコツは条件下の中で完全ランダム 開眼で入手できるコツは投入した経験点に関わらずランダムで入手することができる。 投入した経験点のバランスや項目に応じて入手コツが変化したりすることはない。 開眼の使用可能タイミング 総経験点1万点超えで開放 開眼コマンドはサクセスで獲得した総経験点が1万点を超えると使用可能に。 現在の強力な高校では楽にクリアできる点数なので、開眼コマンドの使用条件を満たすのは難しくない。 育成完了画面でも使用可能 1回の開眼コマンドで2回まで引き直しが可能で 最初の抽選を含めて最大3回のチャンスがある。 どの程度の金特で良しとするか、より強力な金特を目指すかの判断は非常に大切になってくるだろう。 コツ入手済み・取得済み金特は選ばれない すでにコツ入手済み・取得している金特は開眼コマンドで選ばれることはない。 最大限開眼の抽選を活かすためにも、 シナリオやキャラで入手できる金特コツを入手しきってから使用したい。 開眼システムって実際強いの!? 育成最大値は大幅UP 金特を最大2個追加は大きな魅力 金特を取得することで育成選手の査定を大きく伸ばすことができるため、開眼で金特を2つ入手できると選手育成の最大値は非常に大きくなる。 どんなサクセスでも大なり小なり経験点余りは発生するが、それを最小に抑えられるのは強力。 査定効率は低め 基本は青特を取得したほうが効率が良い 金特取得はたしかに強力だが、単純に1つの金特取得に500点以上の経験点をかけることになり査定効率は非常に悪い。 開眼は最優先で発動するものではなく、まずは査定効率の良い青特を取得するべき。 査定効率の良い青特を取りきったあとで 500点を開眼に費やすことを考えても一部の青特よりは査定効率は良くなる。 めぼしい査定効率の特殊能力を取りきったあとで経験点に余裕があるなら積極的に使っていきたい。 開眼金特と青特の査定効率比較 各能力の査定はあくまで表示査定です。 高査定効率の青特と開眼金特の比較 野手 特能 必要 経験点 査定 査定効率 186 70 0. 38 251 70 0. 29 250 42 0. 13 低査定効率の青特と開眼金特の比較 野手 特能 必要 経験点 査定 査定効率 189 14 0. 07 150 14 0. 04 高査定効率の青特と開眼金特の比較 投手 特能 必要 経験点 査定 査定効率 90 72 0. 80 125 72 0. 34 低査定効率の青特と開眼金特の査定効率の比較 投手 特能 必要 経験点 査定 査定効率 188 36 0. 19 250 72 0. 21 開眼システムを有効に使うなら マントルや新青道で特に強力!?.

次の