クローバーローゼ 第二話。 [こえだ商店] 四葉の戦姫 クローバーローゼ

四葉の戦姫 クローバーローゼ 1

クローバーローゼ 第二話

第1話のリリースから1年とちょっと。 四つ葉のクローバーローゼが帰ってきました! 以下からネタバレ含んだ感想です。 本作はまず「クローバーコバルトがメインの作品」です。 それは意味合いとしては、コバルトが主にピンチになるという意味です。 という事で、ローゼのほうのピンチが見たい、というファンの方には少し物足りないところもあるかも知れません。 特に、今回の敵となる二人の「人造戦姫」にローゼ一人で立ち向かうシーンでは戦闘描写がカットされているため、不満に思う方もいるかもしれません。 ローゼのピンチ描写は敵に捕まりながらのシチュエーションが多いので、ローゼのファンはそのあたりを楽しむと良いと思います。 コバルトのやられシチュはその分充実しております。 切り刻む攻撃と肉弾攻撃を使う二人組に一方的に痛めつけられ、前作のローゼと同じくらいにはボロボロになります。 ローゼの戦闘描写は無い代わりに、二人にズタズタにされた様をコバルトが見せられるシーンがあり、そこでどのようにローゼがやられたのかを想像することはできます。 終盤で二人とも捕らえられ、変身解除まで追い込まれてしまいますが、 そこは安心と信頼のクローバーローゼ。 見事な逆転劇を演じてくれます。 そこは二人の成長と絆の強さを感じられ、ドラマ的に見ごたえのあるシーンです。 後は個人的な評価ポイントですが、今回は変身解除で意識を失ったところでちゃんと目を閉じてくれています。 総じて第1話の内容に満足された方は、十分に楽しめる内容になっているかと思います。 今回の作品で初めてシリーズに触れた方は、是非この機会に、第1話も合わせて購入されるのをお勧めします! 2人 が役に立ったと答えています [ ] 第1話を読んでから2話目を心待ちにしていましたが、期待通りのクオリティでした。 今回メインで責められるのは第二の戦士・クローバーコバルト。 本来戦いに向かない大人しい性格の彼女が、2対1の不利な状況で痛めつけられながらもローゼを信じ、決して屈せず戦い続ける様子は健気で嗜虐心をそそります。 フルカラーであることにより、変身シーンの華麗さや、敗北シーンの絶望感が最大限に引き出されており、絵作りの力量の高さは流石というほかありません おまけイラストも必見です。 シナリオの構成も巧く、特に「エナジードレインの質を上げるためには対象の苦痛が効果的」という設定を盛り込むことで、敵がヒロイン達を殺さず痛めつける理由付けをきちんとしている点が評価できます。 ハイクオリティな作画・変身ヒロインの王道ストーリー・ツボを押さえたソフトリョナ 殴打・服ビリ・電撃・エナジードレイン等 にピンときたら、買って損はないと思います! [ ] はじめに 本作品は単品でも十分楽しめますが、前作を読むと更に深く物語を理解する事が出来る為、そちらも合わせてお勧めしたいと思います。 今回はヒロインが2人になり、前作では無かった互いの「絆」を見られる作品になっています。 一方で敵も2人組になり、それぞれ1対1で対決…かと思えば、策略によりローゼが幽閉され、コバルト1人で2人を相手にする事に。 それぞれが強力な力をもつ相手に一方的にやられながらも、ローゼを信じて闘うコバルト。 また、ローゼも1人闘うコバルトを想い、幽閉から脱出しようと奮闘します。 コバルトの敗北寸前でローゼが救援、気絶したコバルトに代わり奮戦するも敵わず。 2人共に拘束されてしまいます。 その後拘束されたままパワー 生体エキス を奪われ変身も解除、絶体絶命状態に追い込まれます。 しかし、それでも諦めない2人に奇跡が… 本作では、お互いを信じて励まし合う、助け合うといった2人の絆が強く描かれています。 1人では敵わない相手にも、2人でなら負けない。 信じ想う事の大切さを改めて考えさせられる作品でした。 もちろん、純粋なアクションシーン・ピンチシーンも豊富でありその点でもお勧め出来る作品となっています。 前作と比べてボリュームが大幅に増した本作、ぜひ読んでみていただければと思います。 price. price. price. price. til', [product. price. price. til', [product.

次の

エロ漫画 四葉の戦姫クローバーローゼ 第二話

クローバーローゼ 第二話

第1話のリリースから1年とちょっと。 四つ葉のクローバーローゼが帰ってきました! 以下からネタバレ含んだ感想です。 本作はまず「クローバーコバルトがメインの作品」です。 それは意味合いとしては、コバルトが主にピンチになるという意味です。 という事で、ローゼのほうのピンチが見たい、というファンの方には少し物足りないところもあるかも知れません。 特に、今回の敵となる二人の「人造戦姫」にローゼ一人で立ち向かうシーンでは戦闘描写がカットされているため、不満に思う方もいるかもしれません。 ローゼのピンチ描写は敵に捕まりながらのシチュエーションが多いので、ローゼのファンはそのあたりを楽しむと良いと思います。 コバルトのやられシチュはその分充実しております。 切り刻む攻撃と肉弾攻撃を使う二人組に一方的に痛めつけられ、前作のローゼと同じくらいにはボロボロになります。 ローゼの戦闘描写は無い代わりに、二人にズタズタにされた様をコバルトが見せられるシーンがあり、そこでどのようにローゼがやられたのかを想像することはできます。 終盤で二人とも捕らえられ、変身解除まで追い込まれてしまいますが、 そこは安心と信頼のクローバーローゼ。 見事な逆転劇を演じてくれます。 そこは二人の成長と絆の強さを感じられ、ドラマ的に見ごたえのあるシーンです。 後は個人的な評価ポイントですが、今回は変身解除で意識を失ったところでちゃんと目を閉じてくれています。 総じて第1話の内容に満足された方は、十分に楽しめる内容になっているかと思います。 今回の作品で初めてシリーズに触れた方は、是非この機会に、第1話も合わせて購入されるのをお勧めします! 2人 が役に立ったと答えています [ ] 第1話を読んでから2話目を心待ちにしていましたが、期待通りのクオリティでした。 今回メインで責められるのは第二の戦士・クローバーコバルト。 本来戦いに向かない大人しい性格の彼女が、2対1の不利な状況で痛めつけられながらもローゼを信じ、決して屈せず戦い続ける様子は健気で嗜虐心をそそります。 フルカラーであることにより、変身シーンの華麗さや、敗北シーンの絶望感が最大限に引き出されており、絵作りの力量の高さは流石というほかありません おまけイラストも必見です。 シナリオの構成も巧く、特に「エナジードレインの質を上げるためには対象の苦痛が効果的」という設定を盛り込むことで、敵がヒロイン達を殺さず痛めつける理由付けをきちんとしている点が評価できます。 ハイクオリティな作画・変身ヒロインの王道ストーリー・ツボを押さえたソフトリョナ 殴打・服ビリ・電撃・エナジードレイン等 にピンときたら、買って損はないと思います! [ ] はじめに 本作品は単品でも十分楽しめますが、前作を読むと更に深く物語を理解する事が出来る為、そちらも合わせてお勧めしたいと思います。 今回はヒロインが2人になり、前作では無かった互いの「絆」を見られる作品になっています。 一方で敵も2人組になり、それぞれ1対1で対決…かと思えば、策略によりローゼが幽閉され、コバルト1人で2人を相手にする事に。 それぞれが強力な力をもつ相手に一方的にやられながらも、ローゼを信じて闘うコバルト。 また、ローゼも1人闘うコバルトを想い、幽閉から脱出しようと奮闘します。 コバルトの敗北寸前でローゼが救援、気絶したコバルトに代わり奮戦するも敵わず。 2人共に拘束されてしまいます。 その後拘束されたままパワー 生体エキス を奪われ変身も解除、絶体絶命状態に追い込まれます。 しかし、それでも諦めない2人に奇跡が… 本作では、お互いを信じて励まし合う、助け合うといった2人の絆が強く描かれています。 1人では敵わない相手にも、2人でなら負けない。 信じ想う事の大切さを改めて考えさせられる作品でした。 もちろん、純粋なアクションシーン・ピンチシーンも豊富でありその点でもお勧め出来る作品となっています。 前作と比べてボリュームが大幅に増した本作、ぜひ読んでみていただければと思います。 price. price. price. price. til', [product. price. price. til', [product.

次の

四葉の戦姫 クローバーローゼ 1

クローバーローゼ 第二話

第1話のリリースから1年とちょっと。 四つ葉のクローバーローゼが帰ってきました! 以下からネタバレ含んだ感想です。 本作はまず「クローバーコバルトがメインの作品」です。 それは意味合いとしては、コバルトが主にピンチになるという意味です。 という事で、ローゼのほうのピンチが見たい、というファンの方には少し物足りないところもあるかも知れません。 特に、今回の敵となる二人の「人造戦姫」にローゼ一人で立ち向かうシーンでは戦闘描写がカットされているため、不満に思う方もいるかもしれません。 ローゼのピンチ描写は敵に捕まりながらのシチュエーションが多いので、ローゼのファンはそのあたりを楽しむと良いと思います。 コバルトのやられシチュはその分充実しております。 切り刻む攻撃と肉弾攻撃を使う二人組に一方的に痛めつけられ、前作のローゼと同じくらいにはボロボロになります。 ローゼの戦闘描写は無い代わりに、二人にズタズタにされた様をコバルトが見せられるシーンがあり、そこでどのようにローゼがやられたのかを想像することはできます。 終盤で二人とも捕らえられ、変身解除まで追い込まれてしまいますが、 そこは安心と信頼のクローバーローゼ。 見事な逆転劇を演じてくれます。 そこは二人の成長と絆の強さを感じられ、ドラマ的に見ごたえのあるシーンです。 後は個人的な評価ポイントですが、今回は変身解除で意識を失ったところでちゃんと目を閉じてくれています。 総じて第1話の内容に満足された方は、十分に楽しめる内容になっているかと思います。 今回の作品で初めてシリーズに触れた方は、是非この機会に、第1話も合わせて購入されるのをお勧めします! 2人 が役に立ったと答えています [ ] 第1話を読んでから2話目を心待ちにしていましたが、期待通りのクオリティでした。 今回メインで責められるのは第二の戦士・クローバーコバルト。 本来戦いに向かない大人しい性格の彼女が、2対1の不利な状況で痛めつけられながらもローゼを信じ、決して屈せず戦い続ける様子は健気で嗜虐心をそそります。 フルカラーであることにより、変身シーンの華麗さや、敗北シーンの絶望感が最大限に引き出されており、絵作りの力量の高さは流石というほかありません おまけイラストも必見です。 シナリオの構成も巧く、特に「エナジードレインの質を上げるためには対象の苦痛が効果的」という設定を盛り込むことで、敵がヒロイン達を殺さず痛めつける理由付けをきちんとしている点が評価できます。 ハイクオリティな作画・変身ヒロインの王道ストーリー・ツボを押さえたソフトリョナ 殴打・服ビリ・電撃・エナジードレイン等 にピンときたら、買って損はないと思います! [ ] はじめに 本作品は単品でも十分楽しめますが、前作を読むと更に深く物語を理解する事が出来る為、そちらも合わせてお勧めしたいと思います。 今回はヒロインが2人になり、前作では無かった互いの「絆」を見られる作品になっています。 一方で敵も2人組になり、それぞれ1対1で対決…かと思えば、策略によりローゼが幽閉され、コバルト1人で2人を相手にする事に。 それぞれが強力な力をもつ相手に一方的にやられながらも、ローゼを信じて闘うコバルト。 また、ローゼも1人闘うコバルトを想い、幽閉から脱出しようと奮闘します。 コバルトの敗北寸前でローゼが救援、気絶したコバルトに代わり奮戦するも敵わず。 2人共に拘束されてしまいます。 その後拘束されたままパワー 生体エキス を奪われ変身も解除、絶体絶命状態に追い込まれます。 しかし、それでも諦めない2人に奇跡が… 本作では、お互いを信じて励まし合う、助け合うといった2人の絆が強く描かれています。 1人では敵わない相手にも、2人でなら負けない。 信じ想う事の大切さを改めて考えさせられる作品でした。 もちろん、純粋なアクションシーン・ピンチシーンも豊富でありその点でもお勧め出来る作品となっています。 前作と比べてボリュームが大幅に増した本作、ぜひ読んでみていただければと思います。 price. price. price. price. til', [product. price. price. til', [product.

次の