安西 先生 モデル。 スラムダンクのモデルとなった地域と高校を徹底公開!!【保存版】│No Title Journal

宮城リョータのモデルはケビンジョンソン|小さいのにかっこいい理由【スラムダンク】

安西 先生 モデル

安西先生はバスケ部の監督しかやってないと思います。 安西先生は60歳を超えているように思うんです。 豊玉高校の金平監督 たしか32か33歳 が部員たち 16、17歳くらい に「俺の半分しか生きてない」といい、岸本が「あんたも北野さんの半分しか生きてない」といい、 北野と安西が大学の同期だということからのだいたいの予想で。 それに、安西が大学で監督をしていて、教え子の谷沢が「ほとんどヤクザだ」と思っていた時、すでに安西はスパルタコーチとして名将として《白髪鬼》の異名で知られてた。 ここでもう見た目からして50歳以上ではと思う。 ただしあの作品の登場人物は老けて見える率がかなり高いということも少し気にはなるけれど。 田岡41歳、高頭40歳だなんて・・。 反発した谷沢が勝手に渡米して5年後に死亡。 安西は大学を去り、そのあとにどれくらいの時間を置いたかそれほど置かなかったかはわからないけど、少なくとも三井が中3の時には変身後の姿ができあがった 心も体も丸々となった 状態で湘北高校にいて、その約3年後が桜木高1の夏、という感じですよね? そういうことからも、安西先生もう60はいってんじゃないかなと思います。 教員の定年は基本60歳。 安西先生が教員なら、まず定年のタイミングは超えているように思え、教員として湘北に入り再任用の期間に入っている可能性はあるけど、それでもバスケ部の指導のための特別非常勤職員としてなんじゃないかなと思います。 湘北は公立だから私立のような予算の余裕もなく、あのバスケ部の部費も微々たるものだと思いますが、強豪校のように部活動内容を充実させ成果を上げるためというよりも、現役の教諭にかかる負担を減らすために授業以外のことを補助をしてくれる人員は現実にもわりとあちこちで採用されています。 その報酬はそれこそ雀の涙ほどで、仕事としてわりにあうものではないけど、「ボランティア精神」と「好きだから!」ということでやっている人もいますから、安西先生もそういう人で、元は何かしらの教科をうけもつ教員として入ったのだとしても、もうバスケ部の監督しかやっていないか、あるいはそもそも教員ではなく非常勤職員としてボランティア同然かまさに道楽として監督をやってるかだと思います。

次の

宮城リョータのモデルはケビンジョンソン|小さいのにかっこいい理由【スラムダンク】

安西 先生 モデル

安西先生はバスケ部の監督しかやってないと思います。 安西先生は60歳を超えているように思うんです。 豊玉高校の金平監督 たしか32か33歳 が部員たち 16、17歳くらい に「俺の半分しか生きてない」といい、岸本が「あんたも北野さんの半分しか生きてない」といい、 北野と安西が大学の同期だということからのだいたいの予想で。 それに、安西が大学で監督をしていて、教え子の谷沢が「ほとんどヤクザだ」と思っていた時、すでに安西はスパルタコーチとして名将として《白髪鬼》の異名で知られてた。 ここでもう見た目からして50歳以上ではと思う。 ただしあの作品の登場人物は老けて見える率がかなり高いということも少し気にはなるけれど。 田岡41歳、高頭40歳だなんて・・。 反発した谷沢が勝手に渡米して5年後に死亡。 安西は大学を去り、そのあとにどれくらいの時間を置いたかそれほど置かなかったかはわからないけど、少なくとも三井が中3の時には変身後の姿ができあがった 心も体も丸々となった 状態で湘北高校にいて、その約3年後が桜木高1の夏、という感じですよね? そういうことからも、安西先生もう60はいってんじゃないかなと思います。 教員の定年は基本60歳。 安西先生が教員なら、まず定年のタイミングは超えているように思え、教員として湘北に入り再任用の期間に入っている可能性はあるけど、それでもバスケ部の指導のための特別非常勤職員としてなんじゃないかなと思います。 湘北は公立だから私立のような予算の余裕もなく、あのバスケ部の部費も微々たるものだと思いますが、強豪校のように部活動内容を充実させ成果を上げるためというよりも、現役の教諭にかかる負担を減らすために授業以外のことを補助をしてくれる人員は現実にもわりとあちこちで採用されています。 その報酬はそれこそ雀の涙ほどで、仕事としてわりにあうものではないけど、「ボランティア精神」と「好きだから!」ということでやっている人もいますから、安西先生もそういう人で、元は何かしらの教科をうけもつ教員として入ったのだとしても、もうバスケ部の監督しかやっていないか、あるいはそもそも教員ではなく非常勤職員としてボランティア同然かまさに道楽として監督をやってるかだと思います。

次の

安西ひろこ 公式ブログ Powered by LINE

安西 先生 モデル

主人公 桜木花道…デニス・ロッドマン? さて、では主人公の桜木花道のモデルを紹介しましょう。 桜木のモデルは、ネット上ではデニス・ロッドマン選手なのではないかといわれていました。 並外れたリバウンド能力に加え、あの奇抜な赤い髪の毛、プレースタイルも見た目もそっくりなのです。 しかし実はロッドマンは桜木のモデルとしてはあり得ないという話もあります。 というのも、もともとロッドマン選手は高い守備力が評価されていた選手。 彼のリバウンド能力が注目され始めたのは92年からなのです 92年に初めてリバウンド王に輝いた。 そして髪を赤く染め始めたのはさらにそれ以降。 スラムダンクの連載開始は90年からなので、当時のロッドマン選手がモデルになったというのはあり得ないのです。 フォームなどを参考にしたくらいならあり得る話ですが、少なくともキャラの構想時点ではモデルにはなっていなかったでしょう。 桜木のモデルはチャールズ・バークレー説が有力 では桜木のモデルは誰なのでしょうか。 実はもう1人、この選手がモデルなのではないかといわれている人物がいるのです。 それはチャールズ・バークレー選手。 NBA史上最高のパワーフォワードと呼ばれていた選手です。 ロッドマン選手と同じくリバウンド能力に定評があり、現役中に記録したリバウンドでの得点は10,000以上、また物語の後半で桜木が外からのミドルシュートを覚えるのですが、バークレー選手も中距離からのシュートが大の得意だったのです。 そして何より流川のモデルとなったマイケル・ジョーダン選手とはライバルでもあり親友という関係にありました。 80年代後半から頭角を現した選手で、連載開始時にもピッタリとあてはまります。 ロッドマン選手の赤髪があまりにもインパクトがあったため、当初は彼がモデルなのではともいわれていたのですが、現在ではこのバークレー選手がモデルだという説が有力です。 湘北高校の他のメンバーのモデルは? では他の選手たちのモデルはどうなのでしょうか。 わかりやすいのはセンターの赤木剛憲ですね。 作中では「ゴリ」や「ゴール下のキングコング」と呼ばれている彼ですが、そのモデルはパトリック・ユーイング選手だといわれています。 ポジションはセンターですし、ゴール下に強いこと、そして何よりキングコングの愛称で呼ばれていることなどが共通点として挙げられます。 ポイントガードの宮城リョータは、ケビン・ジョンソン選手がモデルでしょう。 宮城といえば、小柄ながらもテクニックやスピードにあふれたプレーが特徴ですよね。 ジョンソン選手も2メートル越えが当たりまえのNBA選手としては少し小柄 185cm でありながら、その類まれなスピードと跳躍力をいかし、長身の選手にもあたり負けないタフなプレーを見せていました。 そして「安西先生…!!バスケがしたいです…」のセリフでおなじみ、シューティングガードを務めていた三井寿ですが、彼のモデルはマーク・プライス選手ですね。 安西先生にもモデルが!? ちなみにですが、安西先生にもモデルとなった人物がいるそうです。 とはいってもNBAの選手ではなく、一般の方だそうですが...。 その人物は九州ではかなり有名な人物で、何と4つの高校を全国に率いたこともある人物。 バスケ関係者その名を知らぬものはいないとまで言われていた有名人がモデルなのです。 もともとスラムダンク筆者の井上雄彦先生は鹿児島生まれで高校時代はもちろんバスケ部、そのため監督として九州で抜群の実績を誇るその人物をモデルにしたのでしょうか。 指導方針としては熱血指導タイプで安西先生とは正反対ですが、体型は安西先生そのもの。 知る人が見れば一目で分かるほどにそっくりだそうです。

次の