近鉄ひのとり 奈良。 近鉄「ひのとり」6/13から増発、名阪間は平日10往復・土休日11往復

名阪特急の新たな主役「ひのとり」レギュラー車両で近鉄名古屋駅へ(マイナビニュース)

近鉄ひのとり 奈良

近畿日本鉄道は2日、大阪難波~近鉄名古屋間などで3月14日から運転開始した新型名阪特急「ひのとり」に関して、すでに導入されている6両3編成に加えて6両4編成を増備し、6月13日から増発すると発表した。 近鉄の新型名阪特急「ひのとり」• 「ひのとり」の外観と「プレミアムシート」 大阪難波~近鉄名古屋間では、3月14日から「ひのとり」を使用した特急列車を1日6往復設定していた。 6月13日以降、「アーバンライナー」で運転される特急列車の一部を置き換えることで「ひのとり」を増発。 土休日に運休としていた特急列車3往復 「ひのとり」1往復を含む についても、6月13日からすべて運転再開となる。 これにより、大阪難波~近鉄名古屋間で「ひのとり」を使用する特急列車を平日10往復・土休日11往復に増発。 いずれも停車駅の少ないタイプの列車として運転される。 あわせて大阪難波~近鉄奈良間も平日の「ひのとり」を増発。 「アーバンライナー」で運転される1往復を置き換えることにより、平日の大阪難波発近鉄奈良行2本 ともに夜間に運転 ・近鉄奈良発大阪難波行2本 朝・夜間に1本ずつ運転 、計2往復が「ひのとり」となる。 土休日の「ひのとり」は引き続き1往復運転される。 大阪難波~近鉄名古屋間の特急列車のうち、平日10往復・土休日11往復が「ひのとり」に• 大阪難波~近鉄奈良間の特急列車は平日2往復・土休日1往復が「ひのとり」となる 6月13日に運転される特急列車の前売り発売は、1週間前の同曜日 6月6日 10時30分から開始される予定。 なお、大阪難波~近鉄名古屋間の特急列車は今後、大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時0分発を中心に、停車駅の少ないタイプの特急列車 平日15往復・土休日19往復 を2020年度中にすべて「ひのとり」で運転する予定となっている。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

『飛行機のファーストクラスは無理でも電車なら乗れる!近鉄新型特急ひのとりプレミアムシートに初乗車』橿原(奈良県)の旅行記・ブログ by 夢道乗光さん【フォートラベル】

近鉄ひのとり 奈良

『ひのとり』の時刻は、名阪特急の大阪難波発が平日8時・10時・13時・14時・16時・20時、土休日8時・9時・11時・15時・16時20分・20時。 名阪特急の近鉄名古屋発が平日7時・11時・13時・17時・19時・20時、土休日8時20分・12時・14時・16時25分・18時・19時。 奈良線特急の大阪難波発が平日22時20分、土休日20時35分。 奈良線特急の近鉄奈良発が平日6時30分、土休日8時13分。 『ひのとり』は、2021年3月までに大阪難波発、近鉄名古屋発ともに毎時0分発態勢となり、土休日は16~18時に大阪難波を毎時20分に発車する列車と、近鉄名古屋発を16~18時に毎時25分に発車する列車と8時20分発の列車も『ひのとり』に変更される。 『ひのとり』以外の名阪特急では、大阪難波と近鉄名古屋を毎時30分に発車する特急と近鉄名古屋5時58分発の特急が順次、21000系『アーバンライナー』に置き換えられるほか、鶴橋~近鉄名古屋間を1時間59分で結ぶ列車が4本増の5本となる。 また、名古屋線系統、大阪線系統の特急では早朝・深夜に一部で増発が実施され、名古屋線系統では近鉄名古屋に6時台に到着する列車が登場するほか、一部の一般特急では始発駅や行先の変更が行なわれる。 なお、特急では改正を前にした3月8日に、土休日日中の名阪特急で実施していた車内販売を終了する。 また、2月1日からは車椅子席をインターネット上でも発売する。 特急以外の列車では、土休日に阪神なんば線へ直通する6両編成の奈良線快速急行を8両化するとともに、途中駅での分割併合作業を中止することで神戸三宮~奈良間の所要時間は最大6分、平均で4分短縮する。 土休日運行の快速急行は、夜間時間帯に運行時間帯が拡大され、近鉄奈良発の神戸三宮行きは19時56分発まで、近鉄奈良発の尼崎行きは22時発まで、神戸三宮発の近鉄奈良行きは21時20分発まで延長される。 このほか、大阪線系統では平日の早朝時間帯に急行の増発や始発の繰上げを実施。 生駒線では運行本数や発着時刻の変更、南大阪線・長野線や名古屋線では始発の時刻繰上げを一部で実施する。 《佐藤正樹(キハユニ工房)》.

次の

とりっこ(地図/奈良市/炭火焼き)

近鉄ひのとり 奈良

近畿日本鉄道は2日、大阪難波~近鉄名古屋間などで3月14日から運転開始した新型名阪特急「ひのとり」に関して、すでに導入されている6両3編成に加えて6両4編成を増備し、6月13日から増発すると発表した。 近鉄の新型名阪特急「ひのとり」• 「ひのとり」の外観と「プレミアムシート」 大阪難波~近鉄名古屋間では、3月14日から「ひのとり」を使用した特急列車を1日6往復設定していた。 6月13日以降、「アーバンライナー」で運転される特急列車の一部を置き換えることで「ひのとり」を増発。 土休日に運休としていた特急列車3往復 「ひのとり」1往復を含む についても、6月13日からすべて運転再開となる。 これにより、大阪難波~近鉄名古屋間で「ひのとり」を使用する特急列車を平日10往復・土休日11往復に増発。 いずれも停車駅の少ないタイプの列車として運転される。 あわせて大阪難波~近鉄奈良間も平日の「ひのとり」を増発。 「アーバンライナー」で運転される1往復を置き換えることにより、平日の大阪難波発近鉄奈良行2本 ともに夜間に運転 ・近鉄奈良発大阪難波行2本 朝・夜間に1本ずつ運転 、計2往復が「ひのとり」となる。 土休日の「ひのとり」は引き続き1往復運転される。 大阪難波~近鉄名古屋間の特急列車のうち、平日10往復・土休日11往復が「ひのとり」に• 大阪難波~近鉄奈良間の特急列車は平日2往復・土休日1往復が「ひのとり」となる 6月13日に運転される特急列車の前売り発売は、1週間前の同曜日 6月6日 10時30分から開始される予定。 なお、大阪難波~近鉄名古屋間の特急列車は今後、大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時0分発を中心に、停車駅の少ないタイプの特急列車 平日15往復・土休日19往復 を2020年度中にすべて「ひのとり」で運転する予定となっている。 予めご了承ください。 関連記事•

次の