株価 ボーイング。 NY主要株価-シティグループ、メーシーズ、ウォルト・ディズニー、ボーイング、シュルンベルジェ、サイモン・プロパティー、ダウ・インクが下落

「ボーイング」に関連する株(銘柄)

株価 ボーイング

<情報技術セクター> インテル 59. 09 -0. 83 (-1. 39%) エヌビディア 369. 42 -8. 58 (-2. 27%) アドバンスト・マイクロ・デバイセズ AMD 52. 39 -1. 6 (-2. 96%) マイクロソフト 197. 84 -4. 07 (-2. 02%) ビザ 191. 41 -6. 56 (-3. 31%) IBM 116. 42 -2. 99 (-2. 50%) アップル 360. 06 -6. 47 (-1. 77%) シスコ・システムズ 44. 75 -0. 72 (-1. 58%) オラクル 54. 44 -0. 75 (-1. 36%) アドビ 431. 68 -8. 87 (-2. 01%) セールスフォース・ドットコム 185. 55 -3. 51 (-1. 86%) <金融セクター> JPモルガン・チェース 94. 66 -3. 27 (-3. 34%) バンク・オブ・アメリカ 23. 81 -0. 98 (-3. 95%) シティグループ 50. 81 -2. 14 (-4. 04%) ゴールドマン・サックス 198. 02 -6. 76 (-3. 3%) アメリカン・エキスプレス 95. 48 -3. 94 (-3. 96%) トラベラーズ 112. 86 -3. 33 (-2. 87%) <ヘルスケアセクター> メルク 75. 87 -1. 25 (-1. 62%) ファイザー 32. 19 -0. 58 (-1. 82 -3. 04 (-2. 13%) ユナイテッドヘルス 289. 18 -8. 42 (-2. 83%) メドトロニック 88. 93 -4. 46 (-4. 78%) ギリアド・サイエンシズ 75. 17%) <一般消費財セクター> GM 25. 28 -0. 97 (-3. 7%) フォード・モーター 5. 95 -0. 2 (-3. 25%) テスラ 960. 85 -40. 93 (-4. 09%) アマゾン・ドット・コム 2734. 4 -30. 01 (-1. 09%) ホーム・デポ 246. 13 -4. 18 (-1. 67%) メーシーズ 6. 78 -0. 37 (-5. 17%) ナイキ 100. 08 -1. 84 (-1. 81%) マクドナルド 184. 29 -2. 33 (-1. 25%) アリババ 226. 22 -2. 53 (-1. 11%) <コミュニケーション・サービス・セクター> アルファベット(クラスA) 1432. 7 -31. 28 (-2. 14%) フェイスブック 234. 02 -8. 22 (-3. 39%) ウォルト・ディズニー 112. 07 -4. 52 (-3. 88%) ネットフリックス 457. 85 -8. 41 (-1. 80%) ツイッター 31. 73 -1. 18 (-3. 59%) バイアコムCBS 23. 58 -0. 13 (-0. 42 -0. 83 (-2. 74%) ベライゾン・コミュニケーションズ 53. 93 -1. 01 (-1. 84%) <資本財・サービスセクター> ボーイング 176. 69 -11. 19 (-5. 96%) キャタピラー 122. 06 -4. 19 (-3. 32%) US スチール 7. 45 -0. 55 (-6. 88%) ゼネラル・エレクトリック(GE) 6. 53 -0. 47 (-6. 71%) レイセオン・テクノロジーズ 61. 72 -2. 82 (-4. 37%) 3M 152. 22 -5. 62 (-3. 56%) <生活必需品セクター> ウォルマート 120. 3 -0. 77 (-0. 64%) コストコ・ホールセール 298. 02 -3. 27 (-1. 09%) コカ・コーラ 44. 65 -0. 99 (-2. 42 -1. 31 (-1. 11%) ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス 41. 17 -1. 64 (-3. 83%) <エネルギー・セクター> エクソン・モービル 44. 5 -2. 2 (-4. 71%) シェブロン 87. 64 -3. 8 (-4. 16%) シュルンベルジェ 17. 86 -1. 71 (-8. 74%) <公益事業セクター> ネクステラ・エナジー 241. 67 -1. 54 (-0. 63%) デューク・エナジー 80. 47 -1. 38 (-1. 69%) ドミニオン・エナジー 82. 58 -0. 22 (-0. 27%) <不動産セクター> アメリカン・タワー 254. 18 -10. 32 (-3. 9%) サイモン・プロパティー 65. 11 -5. 02 (-7. 16%) クラウン・キャッスル 162. 1 -3. 43 (-2. 07%) プロロジス 89. 8 -1. 65 (-1. 8%) デジタル・リアルティー・トラスト 140. 02 -1. 89 (-1. 33%) <マテリアルセクター> ダウ・インク 38. 45 -2. 9 (-7. 01%) ニューモント 58. 41 -0. 5 (-0. 85%) フリーポート・マクモラン 10. 57 -0. 51 (-4. 60%) アルコア 11. 14 -1. 06 (-8. 69%) トレーダーズ・ウェブ 関連ニュース•

次の

【米国銘柄&株価分析】ボーイング(BA)~クセがあるも総じて優良

株価 ボーイング

こんにちわ、リョウスケです。 9月6日付で、世界最大の航空機メーカー「ボーイング(BA)」より配当金を受領しました。 受領した金額は以下のとおりです。 一株あたりの配当金 1. 42ドル 数量 130ドル 合計(ドル) 180. 83円)19,459円 「配当金」は、「株式投資」の醍醐味の一つですよね。 もらえる配当金を増やしていくことによって、今後の選択肢を増やすことができます。 例えば、配当金を再投資することで、効率的に資産を大きくすることができますし、配当金を生活費に充てることで、「早期リタイア」を実現することもできますからね。 今はまだ、年間数十万円程度の配当金ですが、今後もっと大きくしていきたいと思います。 ボーイングの四半期(4月~6月)のパフォーマンス ボーイングは、2017年度第2四半期の決算が市場を大きく上回り、2017年度の営業キャッシュフローの見通しを上方修正しました。 一部のアナリストからは、「ほぼ完璧な決算」と言わしめるほどの好決算だったため、株価は急上昇しています。 その後、上がったり下がったりしていますが、比較的高値を維持しております。 ボーイング株を保有し続けるか売却するか迷っている・・・ このように、ボーイングは、私のパフォーマンスに大きく貢献してくれているのですが、正直言って、 急激に上がりすぎたと思っています。 私は、基本的に長期保有を前提としていますが、この「ボーイング」に限っては、トランプ大統領就任時に、その施策によって短中期的には上がるんじゃないかと思い購入した銘柄です。 そもそも、購入した当初は、防衛関連銘柄でありながら、ボーイングには「悲観論」も結構ありましたので、すぐには上がらないと思っていたんですよね。 短期間で、ここまで上がってしまうと、逆に不安になってしまうので 、「一旦利益確定しようか・・。 」という気持ちになっています。 一方で、前回の決算内容やアナリストの情報などを見ていると、まだまだ上がるような気もしますし・・・本当に難しいですね。 それにしても、今回の件で、はっきりと思い知りましたよ。 私には、短中期的な投資は向いていない! だって、売るタイミングが分からないもの。 これからは、短期中期的な目線ではなく、「永久保有」を前提とした銘柄選びを心がけたほうが良いかもしれませんね。 ryosuke1123.

次の

ボーイングが人員と生産削減へ、新型コロナ危機に対応-株価急伸

株価 ボーイング

ボーイング787 …大型ジェット旅客機並みの航続距離を可能にする中型旅客機。 ボーイング777 …双通路型の設計となっている長距離用の大型機 ボーイング767 …中距離用の中型機 AH-64 アパッチ …軍用の攻撃ヘリコプター A160ハミングバード …軍用ヘリコプター F-15 イーグル戦闘機 …第4世代ジェット戦闘機 スキャンイーグル無人航空機 …無人航空機 E-767早期警戒管制機 …航空機を感知・分析する 航空業界は、長年にわたってボーイングと エアバスの2強体制です。 そのため、ボーイングの最大のライバルは、ヨーロッパのエアバス社です。 エアバスは「世界の航空機市場を米国に独占されたくない!」というEUの思惑があって、設立された経緯があります。 ボーイングは米国政府の後ろ盾があり、エアバスにはヨーロッパ政府の後ろ盾があります。 ボーイングは、一貫して中型機を増やす戦略をとっています。 エアバスは、一時期機体を大型化して1機あたりの銃客数を増やす戦略をとっていました。 しかし、エアバスが開発した『A380』のような大型機は採算がとれませんでした。 上の動画のA380は2階建ての超大型飛行機です。 現在では、エアバスも大型機ではなく中型機を増やす戦略にシフトしています。 ボーイングの主力航空機は、上の動画の「 ボーイング787」です。 ボーイング787は中型機ですが、航続距離が14,200km~15,200kmもあります。 そのため、中型機でも採算の厳しい長距離路線を飛ばすことができるようになりました。 三菱重工のHPによると、ボーイング787の約35%は日本製の部品が搭載されています。 ボーイングは、宇宙開発も積極的に事業展開しています。 NASAと2020年までの国際宇宙ステーションのサポート契約を結ぶなどのしっかりとした実績があります。 上の動画は、NASAの「商用有人宇宙船開発計画」の一環で開発された『 CST-100スターライナー』です。 NASAは月に近い軌道上に中継基地をつくり、将来は中継基地から火星に向けて宇宙船を発着させる長期の計画を掲げています。 ボーイングの活躍の場も広がりそうですね。 ボーイングは、無人機開発にも力を入れています。 上の動画の「 スキャンイーグル無人航空機」は、2004年に米国海兵隊に、2005年に米国海軍で運用を開始しています。 低コストで滞空時間が長いため、情報収集や偵察任務に適しています。 直近の決算 2020年4月29日 水 の寄付き前、ボーイングが2020年第1四半期の決算を発表しました。 売上高 …169億8百万ドル 前年同期比26. 2%減 純利益 …6億28百万ドルの赤字 前年同期は21億49百万ドルの黒字 EPS … -1. 7ドル 市場予想では、売上高173億10百万ドル EPS -1. 61ドルだったので、予想を下回る内容でした。 ただし、約1万6,000人の従業員 全従業員の約10% を削減すると発表したことが好感されています。 86%で引けました。 直近の株価 直近1年間の株価チャートはこちらです 2020年4月29日終値。 1% 直近5年間の株価チャートはこちらです 2020年4月29日終値。 4% 事業別の売上高 事業別の売上高はこちらです 2018年通期。 中国を除くアジア Asia, other than China …121億41百万ドル 前年同期比32. 0%増 欧州 Europe …129億76百万ドル 前年同期比15. 4%増 中国 China …137億64百万ドル 前年同期比15. 4%増 オセアニア Oceania …22億98百万ドル 前年同期比19. 0%増 カナダ Canada …25億83百万ドル 前年同期比16. 8%増 アフリカ Africa …14億86百万ドル 前年同期比82. 3%増 ラテンアメリカ、カリブ海他 Latin America, Caribbean and other …14億58百万ドル 前年同期比5. 4%減 ・ ボーイングは、世界最大の民間航空機メーカー ・ 世界にはボーイング社とエアバス社で、民間航空機市場を2分している ・ 民間航空機だけでなく、戦闘機やヘリコプターをつくっている ・ ボーイング787のような中型の旅客機がメイン ボーイング BA は、世界最大の民間航空機メーカーです。 地域別の売上高をみると、中国の比率が上昇しています。 そもそも大型航空機をつくることができるのは、エアバスとボーイングだけです。 ボーイング株を購入するときは、エアバスの状況もチェックしましょう。 関連資料 ボーイング:『公式HP』 ボーイング:『Annual Report』 注意事項 ・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません ・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません ・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします ・当サイトでは、米国株についての情報を提供しています。 過去の決算 2019年第4四半期の決算 2020年1月29日 水 の寄付き前、ボーイングが2019年第4四半期の決算を発表しました。 ・ 売上高 251億4,600万ドル 前年同期比3. 8%増 ・ 純利益 23億6,300万ドル 前年同期比30. 6%増 ・ EPS 3. 58ドル 市場予想は 売上高239億80百万ドル EPS 3. 47ドルだったので、予想を上回る内容でした。 決算を受けて、株価は +1. 31%で引けています。 S&P500指数が-3. 09%と大きく下落している中、株価が上昇しています。 好調な決算を発表し、会社側も強気の姿勢です。 通期売上高は過去最高の1,000億ドルに達するとの見通しを発表しています。 ・ 売上高 242億58百万ドル 前年同期比5. 2%増 ・ 純利益 21億96百万ドル 前年同期比25. 6%増 ・ EPS 3. 33ドル 市場予想は、売上高240億40百万ドル EPS 3. 26ドルだったので、市場予想を上回る内容でした。 通期の売上高見通しを引き上げましたが、利益見通しを据え置きました。 利益見通しを据え置いたことは、市場をガッカリさせました。 決算は良かったのに残念です。 ボーイングは、空中給油機『KC-46』のコストが利益を圧迫していると説明しています。 第2四半期の決算を受けて、株価は-0. 66%で引けています。

次の