同じ くらい 類語。 「恰好」の意味と使い方とは?類語と「格好」との違いも解説

「出色」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

同じ くらい 類語

「肝に銘じる」の例文の2番目は、「社長のお言葉を肝に銘じておきます」という例文です。 「肝に銘じる」という表現は、ここぞという重要な局面で使うことで、言葉に重みを出して説得力を増すことができるので、目上の人と話す際に有効に使うことができると言われています。 社長から、仕事のアドバイスや人生の教訓などに関するお言葉をいただいた際には、「わかりました」や「承知しました」という返事をするだけでは、言葉に重みがなかったり、業務的すぎるイメージを抱かれたりしてしまう恐れがあります。 「私の言っていることが本当にわかっているのかね?」などと言われてしまわないように、真剣な表情で「社長のお言葉を肝に銘じておきます」と言うことで、心の底から話を理解している様子や熱心に話を聞いている様子をアピールできることにつながると言われています。 「肝に銘じる」というフレーズが使われる時は、怒られている時や、失敗をした時など、良くない雰囲気であることが多いと言われています。 そういった中で「今回のことを肝に銘じて次に生かそう」と前向きに気持ちを切り替えようとする人のセリフです。 このように前向きに考えることができる人は、「なるようになるさ」と考える人も多く、良い意味で楽観的な人が多いと言われています。 ちなみに以下の記事では「なるようになる」、「明日は明日の風が吹く」といった意味合いを持つ「ケセラセラ」という言葉の意味や、ケセラセラな生き方をする方法などについて詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 「肝に銘じる」の例文の9番目は、「食べ物の恨みは恐ろしいということを肝に銘じよう」という例文です。 「彼氏が取っておいたプリンを勝手に食べてしまって喧嘩になった」など、一見些細なことに見えても、相手にとっては大切なことであるということはよくあります。 そういったことがきっかけで喧嘩別れしてしまった友人などがいる場合には、「食べ物の恨みは恐ろしいということを肝に銘じよう」と思うきっかけになります。 食べるスピードが遅い人などがいると、「代わりに食べてあげるよ」などと言う人もいますが、大事なものを最後にとっておく人も少なくないので、注意しましょう。 ちなみに、人よりも食べるのが遅い人には、何らかの原因があると言われています。 人よりも食べるのが遅い人は、仕事ができない人と見られることもありますが、その一方で自分の考えをしっかりと持って自己管理できる人と見る人もいます。 以下の記事ではその辺りについて詳しくお伝えしているので、ぜひご覧ください。 「肝に銘じる」の例文の10番目は、「勘違いされないよう肝に銘じる」という例文です。 自分では全く意識していなかったことが、相手にとってはとても不快であったり、気になることであったりすることはよくあります。 何気なくいつも見てしまう人がいる場合などは、好意があると勘違いされてしまうこともあるので、注意が必要です。 そういったことが原因となって、トラブルに発展した場合には、「勘違いされないように肝に銘じる」という心がけを持つことで、同じようなトラブルを回避できると言われています。 ちなみに以下の記事では、女性をじっと見つめる男性の心理について詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 見つめられた時に目をそらす彼氏の心理などもお伝えしている記事です。

次の

尽力いたしますの意味は?ビジネスでの使い方の例文や類語も

同じ くらい 類語

1 おおよその数量・程度を表わす場合には、副助詞「ほど」「くらい」「ばかり」のいずれかを用いる。 数量を表わす用法 各語の例文 1 では、各語に意味の差はほとんどみられないが、他の用法の広がりでは、各語に違いがみられる。 2 「ほど」は、時間的・空間的にある幅を持った範囲を示す名詞である「程」 「 程を守る」 が助詞となったもので、範囲から基準を表わすようになった。 「ほど」の例文 2 は、比較の基準を示すことによって、おおよその程度を表わす。 その他の用法として、「~ば…ほど」の形で程度の高まりを表わす場合 例文 4 、「~ほどの…ではない」の形でそこまで程度が激しくないことを表わす場合 例文 5 、極端な程度を比喩 ひゆ 的に表わす場合 例文 6 などがある。 3 「くらい」は、名詞「位」が助詞となったもの。 基準を示すという意識がある。 そこから、比較の基準を示すことによって、おおよその程度を示す 「くらい」の例文 2 用法が生じる。 同じ基準でも、例文 4 のように程度の低い基準を示す場合がある。 これは、「ほど」にはない用法である。 4 「ばかり」は、動詞「はかる」の名詞形「はかり」から転じたものである。 そこから、おおよその数量を推し量る意味が生じた。 また、「ばかり」の例文 2 のように、「…ばかりに」や「…ばかりの」の形でおおよそそのような程度・状態であることを表わす用法もある。

次の

「度々」の意味と使い方、敬語、類語・言い換え、「重ね重ね」との違い

同じ くらい 類語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 8• 研究社 新和英中辞典 1• Weblio Email例文集 85• 浜島書店 Catch a Wave 18• Eゲイト英和辞典 11• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 8• 日本語WordNet 58• コンピューター用語辞典 4• EDR日英対訳辞書 8• Tanaka Corpus 110• 日本法令外国語訳データベースシステム 2• FreeBSD 8• Gentoo Linux 3• JM 3• NetBeans 5• Python 3• XFree86 25• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 42• 官公庁発表資料• 金融庁 2• 財務省 1• 特許庁 1• 特許庁 260• 経済産業省 1• 厚生労働省 3• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ブルー・カーバンクル』 1• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 2• JULES VERNE『80日間世界一周』 3• JACK LONDON『影と光』 2• Ouida『フランダースの犬』 5• James Matthew Barrie『ケンジントン公園のピーターパン』 3• Eric S. Raymond『ノウアスフィアの開墾』 5• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 5• Frank Baum『オズの魔法使い』 10• Landor『カール・マルクス Interview』 2• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 5• Wells『タイムマシン』 2• Oscar Wilde『幸福の王子』 2• Thomas a Kempis『キリストにならいて』 1• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 5• Ambrose Bierce『死の診断』 1• Electronic Frontier Foundation『DESのクラック:暗号研究と盗聴政策、チップ設計の秘密』 3• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 4• Lewis Carroll『不思議の国のアリス』 3• James Joyce『死者たち』 2• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 1• Ian Johnston『進化の手短かな証明』 1• Thomas H. Huxley『ダーウィン仮説』 4• John Stuart Mill『自由について』 9• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 5• Robert Louis Stevenson『宝島』 12• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 11• Shakespeare『ヴェニスの商人』 1• Michael Faraday『ロウソクの科学』 5.

次の