加治 将 一。 加治将一

楽天ブックス: 第6天魔王信長 消されたキリシタン王国

加治 将 一

人物 [ ] 渡米。 以後15年間で関係の仕事に従事。 に帰国。 ビジネスの傍ら、海外での体験をもとにした執筆活動を行っている。 著書 [ ] ビジネス書 [ ]• 読まずに建てるな(1997年、文藝春秋)• いい家が買える人 ダメな家をつかむ人(1999年、ぶんか社)• お金を捨てる家生みだす家(2002年、幻冬舎)• 借りたカネは返すな!(2003年、アスキー・コミュニケーションズ)• 借りたカネは忘れろ!(2003年、幻冬舎)• プロが教える買ってはいけない住宅(2003年、アスコム)• マンガでわかる借金が消える「魔法のノート」(2003年、宝島社)• あと1億円生涯収入を増やす本(2004年、小学館)• 性善説は死を招く(2005年、講談社)• 大僧正とセラピストが人間の大難問に挑む(2010年、ビジネス社)• カネはアンティーク・コインにぶちこめ!(2012年、東洋経済新報社)• カネはやっぱり、アンティーク・コインにぶちこめ!(2014年、東洋経済新報社)• 2015 [最新版] カネはアンティーク・コインにぶちこめ!(2015年、祥伝社) 小説 [ ]• ビバリーヒルズで夕食を(1996年、新潮社)• キャッシュを沈めろ!(1997年、新潮社)• 夜は罠をしかける(1998年、新潮社)• 妻を殺したのは私かもしれない(1999年、新潮社)• チャイナブルー(2000年、光文社)• 血の聖壇(2001年、光文社)• 借金狩り(2005年、新潮社)• 『龍馬の黒幕』に改題(2009年、祥伝社文庫)• 2011年、上下巻で祥伝社文庫)• 2010年、上下巻で祥伝社文庫)• (2010年、祥伝社。 2014年、祥伝社文庫)• 西郷の貌-新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史- 2012年、祥伝社。 2015年、祥伝社文庫• 幕末 戦慄の絆 和宮と有栖川熾仁、そして出口王仁三郎 2014年、祥伝社。 2016年、祥伝社文庫 以上五冊、歴史小説家・望月先生シリーズ。 アルトリ岬(2008年、PHP研究所。 2011年、PHP文芸文庫)• 倒幕の紋章(2009年、PHP研究所。 2012年、PHP文芸文庫)• ヴィジュアル版 幕末 維新の暗号(2012年、祥伝社)• の謎(2003年、新潮社)• 禁断の幕末維新史【封印された写真編】(2016年、水王舎)• 龍馬を守った新撰組【禁断の幕末維新史】(2017年、水王舎)• 倒幕の南朝革命 明治天皇すり替え ヴィジュアル増補版 幕末 維新の暗号(2018年、祥伝社新書)• 第6天魔王信長 消されたキリシタン王国 (2018年、水王舎)• ビバリーヒルズ・コンプレックス(1995年、文藝春秋) 対談 [ ]• 日本人が知っておくべき この国根幹の《重大な歴史》 新証言、新証拠が続出! 今この二人だからこそ明かせる《最高機密》(2015年、ヒカルランド 共著 ) 望月先生幕末三部作 [ ]• 幕末 維新の暗号• 西郷の貌• 幕末 戦慄の絆 メディア [ ] ラジオ• 2003年4月-7月、『ニュースわかんない』レギュラー・コメンテーター。 2013年3月19日、『クロノス/スズキ・ブレックファーストニュース』アンティーク・コインに関するインタビュー出演• 2006年2月26日、1時間半特番『歴史ミステリー 龍馬の黒幕』原案、出演• 2010年1月3日、2時間特番『歴史ミステリー 龍馬の暗号』原作、出演• 2011年12月5日、『THEナンバー2・坂本龍馬』出演• 2012年2月27日、BS-TBS『THEナンバー2・小松帯刀』出演• 2012年4月5日、BS-TBS『THEナンバー2・岩倉具視』出演• 2012年5月10日、BS-TBS『THEナンバー2・中岡慎太郎』出演• 2012年6月7日、BS-TBS『THEナンバー2・西郷隆盛』出演• 2012年12月17日、テレビ東京『』出演• 2013年1月30日、BS-TBS『』出演• 2013年5月6日、日本テレビ『』出演• 2016年3月27日、『歴史ミステリーロマン 幕末維新の謎を解け!』原案、出演• 2017年11月25日、BS-TBS『』出演 雑誌• 週刊新潮、2014年11月6日号、『「家計を守りつつ増やす!」作家 加治将一が説く、アンティーク・コイン投資術』• Ambitious、2014年11月1日発行、『今、とっておきの錬金術! アンティーク・コインがスゴい!』• キュリオマガジン、2015年3月号、『アンティーク・コイン収集のススメ』• 貨幣の収集・研究の専門誌「収集」、2015年11月号、『哀しみのスラブ・パッケージ』• 日経マネー、2016年3月号、『コイン[antique coin] 不況知らずの隠れ資産 持ちっぱなしで億万長者!? キュリオマガジン、2016年4月号~連載『コインに恋して 誰も教えない、持っているだけで億万長者へのコツ』• 週刊ゴルフダイジェスト、2016年7月12日号『4人1組。 月刊ムー、2017年12月号、『坂本龍馬 暗殺の真実』掲載 映画 [ ]• 2017年8月 - 監督・シナリオ「」 DVD [ ]• DVD BOOK 幕末維新 禁断の歴史ツアー 京都編(2017年、祥伝社)• DVD 映画 「龍馬裁判」プロデューサー・監督・脚本・出演(2017年、有限会社トータルセルフ) 講演・講義実績 [ ]• 日米西部会• 経済同友会• 船井幸雄オープンワールド• ANJ新経営者クラブ• 東急建設災害防止協会安全大会• 日本ビジネス協会• 麗澤大学 麗澤会• 浅野歯科産業株式会社• ダイヤモンド経営者倶楽部• 森田会計事務所• ロータリークラブ• スルガ銀行• 書泉グランデ• 立教大学講義:テーマ「驚愕!明治天皇はすり替えられていた」(2017年10月24日)• 株式会社西京銀行 他、多数 脚注 [ ] [].

次の

船井幸雄.com|加治将一の精神スペース

加治 将 一

プロフィール 加治将一 (かじまさかず) 作家、映画監督、メンタル・セラピスト、アンティーク・コイン・コレクター 米国で貿易、不動産投資などを手掛け、帰国後、創作活動に入る 【YouTube Kajiチャンネル】 を配信。 「フラット」で「透明な社会」でなければイノベーションはムリ。 オリジナルな世界観、歴史観、幸福哲学の動画をほぼ毎日届けている。 【著作物】 歴史ミステリーを中心に熱心なファン層を持つ。 明治天皇すり替え説をリアルに展開した『幕末 維新の暗号上・下』を皮切りに、孝明天皇の妹、和宮暗殺に迫る『幕末 戦慄の絆』、 西郷の写真を暴露した『西郷の貌』、天皇の出自に一石を投じた『舞い降りた天皇上・下』『失われたミカドの秘紋』など望月先生シリーズ5部作は、累計100万部の大ヒット。 『龍馬の黒幕』で、想定外の龍馬暗殺の下手人を書き、全国龍馬ファンにショックを与えたが、各局別々に3度テレビで映像化になった。 大政奉還で新撰組と手を握った龍馬を描いた『龍馬を守った新撰組』に続き、イエズス会とキリシタン大名を最大限に使い、天下取りを目指した信長と本能寺の謎に迫った『第6天魔王信長』、 そして『軍師 千利休』でキリシタン大名のボス利休像を活写、歴史ファンのみならず、茶の湯ワールドにも衝撃を与えた。 フリーメーソンで世界を読み解いた『石の扉』は、フリーメーソン入会者のバイブル的存在だ。 『ビバリーヒルズで夕食を』で、浮世離れした国際スター三船敏郎と自分の交流をリアルに綴り、さらには『アントニオ猪木の謎』で、掴みどころのないフワフワしたアントニオ猪木との、やりづらくも深い付き合いを描いた。 中曽根元首相が、日本を米国に売り渡した史上最大100億円偽造事件を追い、『陰謀の天皇金貨』を書きあげたが、メディアは一斉に封印している。 それ以外にも、『借りたカネは返すな!』は50万部のベストセラーとなり、直後からはじめた週刊誌借金相談コーナー連載と相まって、ほぼ全消費者金融を倒産に追い込む。 加治将一の出版物は一冊、一冊が物議を醸し出す、事件だ。 豊富な体験を元に、多くのビジネス書もある。 『カネはアンティーク・コインにぶち込め!』、『読まずに建てるな』『いい家が買える人 ダメな家をつかむ人』『お金を捨てる家 生み出す家』『プロが教える買ってはいけない住宅』『プロが教える買ってはいけないマンション』『性善説は死を招く』など。 メンタル・セラピストの経験を踏まえ、比叡山の小林大僧正との共著、『大僧正とセラピストが人間の大難問に挑む』、感動のセラピー小説『アルトリ岬』を執筆した。 その他多数の著作物(書籍・電子書籍)がある。 【映画】 【活動】 テレビ、ラジオ出演、講演多数 【趣味】 アンティーク・コイン収集、ゴルフ、映画鑑賞、抹茶.

次の

船井幸雄.com|加治将一の精神スペース

加治 将 一

ところが、その後上記のが閉鎖されているというメールが道友から届きました。 後は読者の判断にお任せします。 『幕末維新の暗号』あとがき 『幕末維新の暗号』を出してから、有形無形の圧力を受けている。 脅しさえも。 日本には『幕末維新の暗号』という、一介のフィクション小説の出版さえ、許さない得体の知れない勢力がいる。 言論弾圧、出版妨害。 あるものは政府機関を名乗り、あるものは弁護士を名乗り、あるものは教育者を名乗り、あるものは学者を名乗り、いややはりその中には、まったく名乗らない闇の勢力もいる。 妨害には、さまざまな方法がある。 『幕末維新の暗号』はもっともらしいことを並べ立てて、反証してみせ、これはイカサマ本だと言いふらす卑劣な方法は一般的だ。 だが、よく検証すれば分かるが、根拠の薄いものばかりで、こじつけの手法が多くとられている。 そもそも小説に、史実と違うという攻撃など、トンチンカンな話で、その意図がミエミエではないか。 『幕末維新の暗号』は、盗作で読む価値なしだという言いがかりもよく使われる。 『幕末維新の暗号』は、駄作だと中傷する古典的な方法がある。 いずれも、知識遺産を知りたいと思う情熱を抹殺する恥ずべき人間のやることだが、そうはいっても確信犯的な連中には通用するわけはないのだが・・・ 出版社や新聞社に、『幕末維新の暗号』の書評を載せるなと、圧力をかける方法もある。 そして直接版元に、本の抹殺を狙って難癖をつける方法もとられるが、現代において、もやはそれは成功しないはずだ。 情報が公開され、一定程度の言論の自由という意識が浸透している時代になってきているからだ。 さらにまた、作家やその周辺を震えるほどに脅す方法がある。 オーソドックスだが、効果的だ。 正直、身の危険を感じている。 しかし加治は、屈服する年齢ではない。 もう充分、好きなように生きてきたし、この世に未練はあまりない。 この先、長く生きてもせいぜいあと20年だろうか。 それが仮に数年短くなったとしても、冷静に受け止められると思っている。 正直に生きるためなら、あえて危険な領域に踏み込むことはいとわない。 とは言え、セキュリティのために公表していた顔写真を引っ込め、暮らしを移させてもらった。 これはすべきことだと思う。 過去における真実とはなにか? 個人が決めることじゃない。 多くの人が、さまざまなことを知り、考えることに参加すれば、より真実に近づけるはずだと信じている。 それにはまず、知ること。 加治は『幕末維新の暗号』という小説で、世に問題を提起した。 この本は長い取材と調査。 そして多くの人の協力があっての賜物だった。 もう一度、見つめようではないか? 考えようではないか? 我々、日本という国を・・・ 我々には、それが可能なはずである。 『幕末維新の暗号』は、発売わずか3週間で、4度も刷り増しするという栄誉にあずかった。 購入し、読んでいただいたみなさんには、深い感謝と尊敬の念を抱かざるをえず、さらにより多くの人が、『幕末維新の暗号』を自分なりに見つめていただきたい気持ちでいっぱいでだ。 そこになにかを見出し、気付いていだだければ、作家としては本望なのだ。 応援歌がたくさん聞こえる。 すべての人に、感謝と愛情をこめて・・・ 初めまして。 私は北海道豊浦町でシュタイナー学校を起ち上げて来たひとりのオヤジです。 子どもを通わせるために東京/札幌を経て、孟母三選で北海道伊達に行き着きました。 そしてそこで「かじまさ」と小説の舞台の取材を通して接点がありました。 お会いしたのは一度だけですが、何回かのやりとりの中で、私は彼のすばらしい人間性を感じたひとりです。 今回引用されている彼のコメントは、まさに彼らしいなあ、と思いました。 ところで 今回9月に出版される彼の小説「アルトリ岬」 PHP研究所 を先に送ってもらって読ませてもらいました。 感動しました。 絶望の淵に立った家族を題材に、「人生とは何か」を提案してくれています。 中学生のこどもたちを持つ親にはきっと素晴らしいものを与えてくれるはず。 是非ともご一読を! 投稿: 2008年8月30日 土 午後 04時21分.

次の