笹原 あおり 運転。 あおり運転を規定、罰則を創設 道交法改正案を閣議決定:朝日新聞デジタル

東名あおり運転事故・石橋和歩被告は強烈なイジメられっ子だった

笹原 あおり 運転

そもそも広がっていた情報は、宮崎容疑者が茨城県の常磐道であおり運転をしていた際に同乗していた喜本容疑者が被害女性であると「特定」したデマだった。 根拠は「顔が似ている」ことや、宮崎容疑者が被害女性のInstagramをフォローしていたことだが、そもそも被害女性は両容疑者とは知り合いではなく、事実無根だ。 代理人弁護士によると、デマが広がったのは、宮崎容疑者が指名手配をされて氏名と写真が公開された8月16日の翌日のこと。 同乗していた喜本容疑者(当初は指名手配されておらず、名前も公開されていなかった)に関する憶測が広がるなかで、午後2時前、Twitterで被害女性のことを喜本容疑者であると名指しする投稿がされたことが発端とみられるという。 その1時間後にはネット掲示板「5ちゃんねる」に被害女性のInstagramのリンクを貼った記事が投稿され、コメント欄には大量の誹謗中傷が寄せられた。 さらに被害女性のプロフィールや顔写真などがネット上に大量に広がり、経営する会社も晒された。 会社への電話は1日で200件を超えたという。 デマの拡散は、被害女性への誹謗中傷は、自身が経営する会社のホームページで声明文を発表するまで続いたという。 拡散した「トレンドブログ」とは そうした情報の拡散の起点となったのが「トレンドブログ」だ。 そもそもトレンドブログとは、検索エンジン対策(SEO)に長けており、ユーザーが検索しそうなキーワードを先回りして記事化し、検索からユーザーを流入させてページビューを得ることで、広告収入を稼いでいるとみられるブログ群だ。 「犯人は?顔写真は?」などと、読み手の興味をそそるようなタイトルのものが多いが、その内容はほかのサイトの記事の引き写しや、単なる憶測に留まっていることがほとんどだ。 社会の注目が集まる事件・事故が発生するたびに、容疑者のプロフィールや顔写真を紹介するといった触れ込みのトレンドブログの記事が、大量に作り出されている。 そのため、誤った情報を拡散する起点になることも少なくない。 実際、川崎・登戸の殺傷事件では「犯人は在日」というデマを拡散。 京アニ火災では同様の情報のほか、「NHKのディレクターと犯人が知り合い」という噂をディレクターの顔写真や個人情報とともに掲載したサイトもあり、のちにNHKが公式に否定する自体にまで発展した。 「本人とみて間違いなさそう」.

次の

常磐道あおり運転暴行の同乗女性として根拠なしに特定人物の名前が拡散。名前を出された女性は否定(篠原修司)

笹原 あおり 運転

警察庁によると、車間距離を極端に詰めるなど道路交通法に違反したとして検挙された「あおり運転」は、2019年に全国で1万5065件、2018年の検挙数を2000件あまり上回る件数となった。 これまで法律に位置づけていなかった「あおり運転」は「他の車の通行を妨害する目的で、交通の危険を生じさせる恐れのある行為」と規定し、前方の車への著しい接近、急な進路変更などを執拗(しつよう)に繰り返し行った場合が対象となる。 罰則は、「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」、高速道路で他の車を停車させるなど「著しい交通の危険」を生じさせた場合は、「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」とした。 行政処分も見直され、あおり運転として摘発されると、即免許取消となる。 免許を再取得できない欠格期間は2~3年程度となる見通しだ。 閣議決定された道路交通法改正案では、一定の違反歴がある75歳以上のドライバーに免許更新時の「運転技能検査」が義務づけられている。 運転技能検査において、技能が不十分と判断されれば免許更新できないが、免許更新期間の満了日前6ヶ月以内なら繰り返し検査を受けられるようにする見通しだ。 法改正に伴い、70歳以上に行っている高齢者講習の実車指導でも運転技能を評価し、結果を本人に通知する制度も開始。 免許取消にはつながらないが、自身の運転技能を自覚してもらう目的がある。 また、自動ブレーキなどが付いた安全運転サポート車(サポカー)に限って運転できる「サポカー限定免許」も新たに創設される予定で、サポカーの定義は、今後定めるとしている。

次の

宮崎文夫の同乗者、笹原えりなさんはデマ!本人否定!名誉毀損になる恐れも!

笹原 あおり 運転

「あおり運転」(妨害運転)を新たに罪と定める道路交通法改正案が3日、閣議決定された。 通行を妨害する目的で、急ブレーキや車間距離を詰めるといった違反を繰り返すなどの行為と規定。 罰則は3年以下の懲役または50万円以下の罰金で、高速道路でほかの車を停止させた場合は5年以下の懲役または100万円以下の罰金とする。 今国会で成立すれば、夏までに実施される。 これらをしつこく行うなどした場合、交通の危険があると判断する。 高速道路や自動車専用道路でほかの車を停止させたり、一般道でも衝突しそうになったりするなど「著しい交通の危険」を生じさせた場合は罰則を重くする。 これまで悪質な運転の取り締まりに適用してきた暴行罪(2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金など)や、強要罪(3年以下の懲役)を参考にした。 行政処分は、一度で免許取り消しとする。 現行の道交法にあおり運転そのものの規定はなく、警察は様々な法令を駆使して取り締まってきた。 中でも道交法の「車間距離保持義務違反」を適用することが多く、昨年1年間の取り締まり件数は全国で1万5065件だった。 また、法務省では、法制審議会が2月、自動車運転死傷処罰法を改正するよう森雅子法相に答申。 通行妨害目的で、自分の車を他人の車の前に停止するなどして、他の車を停止させたり徐行させたりする行為を危険運転の定義に追加する。 けがをさせた場合は15年以下の懲役、死亡させた場合は1年以上の懲役となる。 これも今国会に改正案が提出される方針だ。 現行法でも妨害目的の割り込み行為などは処罰できるが、加害者側が「重大な交通の危険を生じさせる速度」で運転していることが条件だった。 このため法制審は答申で、高速道路などでは速度に関する要件を外した。 今回の改正案には、高齢ドライ….

次の