アイアム ア ヒーロー 結末。 「アイアムアヒーロー」の感想ネタバレあり・モテ要素がない男がヒーローになれる世界

映画『アイアムアヒーロー』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

アイアム ア ヒーロー 結末

解説 花沢健吾のベストセラーコミックを、大泉洋主演で実写映画化したパニックホラー。 冴えない漫画家アシスタントの主人公・鈴木英雄が、謎のウィルスによって「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれるゾンビと化した人々に襲われ、逃亡の道中で出会った女子高生の比呂美と、元看護師の藪とともに不器用に戦いながらも、必死でサバイバルしていく姿を描く。 主人公・英雄を演じる大泉と、歯のない赤ん坊ZQNにかまれ、人間に危害を加えない半ZQN状態になるヒロイン・比呂美役の有村架純、大胆な行動力でZQNに立ち向かう藪役の長澤まさみが共演。 「GANTZ」「図書館戦争」シリーズを手がける佐藤信介監督がメガホンをとった。 情けない英雄(ヒデオ)が真の意味での英雄(Hero)になるいい話です。 やっぱり大泉洋さんは色んな役柄を演じられるいい役者さんですね!カッコよかったです。 ただスプラッターは苦手ということもあり少し引いて観てしまいました。 有村架純さんがなぜZQNにならなかったのかが???ですし、発症しかけに英雄を助けたりした時の火事場のクソ力(下品ですみません架純ちゃん)的活躍は最後まで封印でしたね!ちょっと期待してましたが。 長澤まさみさんはいつもいい役どころですね~カッコよかったです。 『キングダム』につながる布石?! 吉沢悠さんも久しぶりにお顔を見ました。 20年ぐらい前の『星に願いを。 』で竹内結子さん相手にいい演技されてて隠れた名作と個人的には思っていますが、当時20代前半の爽やか青年がいつも間にか怪しい40代前半(のおじさんは失礼かな?!)になってこちらもいい演技されてました。 悪くはありませんし皆さんがおっしゃる通り日本のゾンビ映画の代表格なのはわかるんですけど…まあ合う合わないはありますよね。 ごめんなさい。 ネタバレ! クリックして本文を読む 物語の進行上必要であるとはいえ、有村架純が演じる早狩比呂美だけ完全には発病しないという設定はどうか。 ゾンビに噛みつかれることで感染する奇病。 比呂美はまだ歯がない新生児ゾンビに噛まれたからということであるが、であれば発病しないのではないか。 さらに、頭をクロスボウで撃たれて死なないのもどうか。 大泉洋が演じる主人公、鈴木英雄は漫画家のアシスタントであるが、たまたまクレー射撃用の散弾銃を持っているというのも、そういう人もいるかもしれないが。 というような都合のよい設定が気になったが、しかし、ゾンビ映画はそういう粗さがしをするよりも、2時間ハラハラドキドキできればそれでよいのかもしれず、特に新型コロナで外出自粛が求められる日々には。 ネタバレ! クリックして本文を読む 原作より好きです。 メガネ超いいヤツじゃん!! 居候だし根暗だし風態もパッとしない。 そして低い自己肯定感。 でも彼はパニックの最中にあっても「大丈夫ですか」と他人に声をかける。 非力でも、一瞬でも、「大丈夫ですか」 大泉洋力ってのは確かにあるにせよ、真っ当に主人公足り得るキャラクター。 清々しいほどアンタが主人公だよ! 「薮さん、伏せて」、痺れました〜… そしてラストバトルの決め絵っぷりの良さったらもう!コントラスト強い逆光、静かな動き、映像が漫画に勝った瞬間を味わった。 このタイミングでの鑑賞というのも相まって、力を貰える映画になった。 追記、高跳びの彼の神感も良かったですね!「神、降臨!」みたいな。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

映画アイアムアヒーローの結末は原作最終回とちがう?ネタバレ感想

アイアム ア ヒーロー 結末

Contents• 実写映画『アイアムアヒーロー』 基本情報~公開日程、出演者、原作、監督、主題歌など• 映画公開日・・・2016年4月23日• 出演者(キャスト)・・・大泉洋、有村架純、長澤まさみ、片瀬那奈、片桐仁、マキタスポーツ、塚地武雅、徳井優、岡田義徳、吉沢悠• 原作、監督、脚本、製作、音楽・・・花沢健吾『アイアムアヒーロー』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)、佐藤信介、野木亜紀子、市川南、ニマ・ファクララ• 主題歌・・・未発表 [ad ad-2] 実写映画『アイアムアヒーロー』 キャスト・登場人物情報~ 鈴木英雄 役 大泉洋 漫画家アシスタントをしている35歳、趣味で猟銃を持っている(銃所持許可証付き)が、現在付き合っている彼女とは破局寸前・・・いつものように徹夜仕事を終えアパートに帰ると「異形」の姿となった彼女がそこあり・・・そんな鈴木英雄 役を演じるのは 大泉洋さん。 「主人公・鈴木英雄を忠実に再現できている」と評判が高いですし、大泉洋さんは演技力にも定評がある方ですから、今回の映画でも大泉さんのお芝居には注目が集まりますね! 早狩比呂美 役 有村架純 英雄が逃げ惑う中、出会った女子高生で、標高の高い場所では感染しないという情報を頼りにして2人で富士山を目指すことに・・・そんな早狩比呂美 役を演じるのは女優の 有村架純さん。 [ad ad-3] 藪(小田つぐみ) 役 長澤まさみ 英雄と比呂美の2人がたどり着いたアウトレットモールに立てこもっている生存者の一人であり、藪と呼ばれているが本名ではないらしい・・・男勝りな看護師・藪(小田つぐみ) 役を演じるのは女優の 長澤まさみさん。 伊浦 役 吉沢悠• サンゴ 役 岡田義徳• てっこ 役 片瀬那奈• 中田コロリ 役 片桐仁• 松尾 役 マキタスポーツ• 三谷 役 塚地武雅• 徹夜で仕事を終えて、英雄がアパートに帰ると、そこには彼女の「異形」の姿が・・・一瞬にして世界は崩壊し、姿を変えて行くのだった・・・。 謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れていて、感染パニックに陥る日本・・・標高の高い場所では感染しないという情報を頼りとして、英雄は富士山に向かうことに・・・。 こんなに評価されるなら実写映画観たいなー... — マーチ キンプリ... 映画に合わせて無理やり発売したのがバレバレ。 こういうのはやめて欲しい。 あと映画も結末が心配だわ アイアムアヒーロー — ブロリー att1031 アイアムアヒーローまんが面白かったから映画の結末どうなるのか気になるなー。 見に行こうかな — オリジン 0rig1n00x アイアムアヒーロー試写会があった模様。 じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^•

次の

アイアムアヒーロー18巻(漫画)のネタバレ感想!英雄と比呂美がキス以上の…!

アイアム ア ヒーロー 結末

タグ C級以下 リベンジ バイオレンス映画 パニック パニック映画 パロディ ブラックジョーク ホラー ホラー映画 マンガ原作 マーベル モンスター リメイク ハーシェル ゴードン ルイス ループもの 下品 呪い 実在の事件 拷問 理不尽 考えさせられる 胸糞 良作 解説・考察 バイオレンス ネットフリックス SF コラム おすすめ映画 どんでん返し ほっこり アイドル映画 アクション映画 アルバトロス アレクサンドル・アジャ イーライ・ロス グロ コメディ映画 サイコパス デスゲーム サスペンス映画 サム・ライミ シッチェス映画祭 シャマラン シリーズ スティーブンキング スプラッタ スプラッター映画 スラッシャー映画 スリラー映画 ゾンビ 食人族 映画アイアムアヒーローのあらすじ 鈴木英雄 大泉洋 35歳。 職業:漫画家アシスタント。 彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。 徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形の姿」。 一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。 謎の感染によって人々が変貌を遂げた 生命体『ZQN ゾキュン 』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。 標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。 その道中で出会った女子高生・比呂美 有村架純 と元看護師・藪 長澤まさみ と 共に生き残りを懸けた極限のサバイバルが始まった…。 果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。 そして、英雄は、ただの英雄 ひでお から本当の英雄 ヒーロー になれるのか! 映画アイアムアヒーローのネタバレ感想 大前提として漫画の実写化はあまり好きではないです。 トラウマがありまして、進撃の巨人、テラフォーマーズともうマンガの実写化はお腹いっぱいかなと思っていたんです。 マンガの実写でうまくいくのは花より男子みたいな恋愛系だけかなというのが正直なところです。 ですが、本作はとてもいい出来で満足です。 特にグロについてはいつも見ている洋物グロに比べると抑えめですが、ゾンビ映画でこんなに画面が明るいのも珍しいですし、鮮血が飛ぶ感じでこれはこれでとても新鮮でした。 結構カップルが見に行くケースもあるようで、ZQNは外見が「明らかに人間ではない」のでぶっ壊されても爽快なのですが、やはり日本人が死んでいく様子はつらいものがありますね。 中でも序盤の三谷さんの自決のシーンは直視できませんでした。 ショッピングモールの食料調達隊が一人ひとり殺されていく場面も、クズが多かったとはいえ痛々しかったです。 断末魔がリアルでとてもよかったです。 最後のメガネく……メガネさん無双は爽快です。 暴力的な死体たちに囲まれさぞや血や腐臭で鼻がつらかろうなと思うくらい、画面の中は鮮血のオンパレード。 原作マンガと比較しての感想 原作ではブスなてっこのキャストが片瀬那奈さんということで、うーんという感じでしたがそれでも美人な片瀬さんがきちんとてっこを演じているのがなんだか妙に納得しました。 前提もよかったと思いますが。 マンガではそれなりに英雄を信じて認めていた彼女ですが、尺の関係でそこまで人間らしさを入れられなかったのか、ヒステリックで現実的な三十路女性になっていたのはおそらくすぐにゾンビになっても後腐れがないようにするためでしょう。 また、例の書置きが省略されていたのはこれもしょうがないですかね。 死にゆく彼女の最期の女心がうまく描写されるいいシーンが撮れると思うのですが。 出番が少なかったためコロリ先生がただの無頓着な有名作家であるかのようにみえたので、彼が英雄の才能を高く評価しているシーンは削らないで欲しかったですね。 比呂美ちゃんとの出会いは尺の関係上仕方なかったのでしょうが、大事な伏線や彼女の心の闇・人間関係が描かれず残念です。 でも確かにフケフケ連呼される有村さんはいやですね。 ショッピングモールの男性連中はほどよくクズで良かったです。 井浦役の俳優さんは男前なのですが出で立ちの奇妙さと表情の不気味さで、満点でした。 ただ、映画ではサンゴの下剋上後、単なるサイコパスと化していてびっくりしました。 サンゴは実写化のお陰でドクズからちょっとかっこいいクズにランクアップしていますね。 しかし原作ショッピングモール編に登場したブライさんが登場せず残念でした。 彼は中盤までに登場するキャラクターの中で唯一ヒーローっぽい男性だったので。 藪さんは原作だと粗野で芯の強い女性ですが、映画では美人で強い 物理 女性ですね。 藪さん役が長沢まさみさんというのは可愛すぎるのでは、と不安だったのですが、きちんと藪さんでした。 大泉洋さんは、まさしく鈴木英雄でした。 キャスティングは文句なしどころか「彼以外誰が鈴木英雄を演じることができる?」というレベルです。 でも彼の人物描写が……。 ZQNという存在を知らぬままてっこZQNを退けたあとに、人を殺してしまったと狼狽し自首の手紙を書く場面、タクシーから逃げ出すときに几帳面に乗車賃を置いていく場面など、彼の融通の利かないほどの生真面目な「ステレオタイプの日本人」的な描写は削ってほしくなかったです。 また、過剰なまでの妄想癖ゆえに猟銃を心の拠り所とする鈴木英雄の説得力が、実写版にはありませんでした。 大泉洋さんの演技は完璧です。 完璧すぎて原作と実写版の差異によるマイナス点が帳消しになります。 アイアムアヒーローの最後に グロはそれなりにある作品ですが、ゾンビ好きにとってはほどよい味付けぐらいに見るのがいいでしょう。 どうしてもアメリカ映画だとどんどん銃でゾンビを打ちまくる描写が中心になるのでしょうがとにかく今回は最後まで銃を抜かない日本映画のリアルを見た気がします。 それでもてっこのゾンビだったりタクシーでのゾンビシーンであったり、十分ゾンビ映画を撮れる土壌が日本にもあることがわかる1本だと思います。

次の