ファナック 株主総会。 ファナック(6954) 剰余金の配当(特別配当を含む)に関するお知らせ

株主総会のお土産が豪華なおすすめ企業13選!すかいらーく/吉野家/トヨタ

ファナック 株主総会

例年とは異なり、武田薬品工業の定時株主総会は今年、横浜市内で開かれた(記者撮影) 武田薬品工業の定時株主総会が6月27日に開かれた。 例年は大阪市内で開催していたが、今年はG20サミットの開催と重なり、横浜市のパシフィコ横浜での開催となった。 1月8日に欧州の製薬大手シャイアーの買収を完了してから最初の株主総会で、取締役の選任や取締役の株式報酬額、株式報酬の内容の変更など、会社側が提案した議案は6件とも承認された。 議決権行使助言会社が反対推奨していたクリストフ・ウエバー社長の選任も承認された。 一方、武田薬品のOB社員ら個人株主でつくる「武田薬品の将来を考える会」が提案した2件の株主提案(取締役報酬の個別開示、クローバック条項の定款への採用)は否決された。 表面的には会社側が全面勝利した。 総会は株主提案側の「実質的勝利」 しかし、その内実は異なる。 2つの株主提案は否決されたが、クローバック条項については社外取締役でコマツ元社長の坂根正弘・取締役会議長は総会の場で「来年の5月までに取締役会で社内規定(内規)の整備を検討していく」と事実上の受け入れを表明した。 株主総会に参加した一般株主からも「株主提案はいい。 賛成だ」(70歳台の男性)という声が聞かれるなど、株主が拒否反応を起こすような提案ではなかったと言える。 総会終了後にメディアの取材に応じた「考える会」の武田和久氏は「われわれの主張が通った」と述べた。 表面的には株主提案は否決されたものの、今回の株主総会は株主提案をした側が実質的に勝利したと言ってよいだろう。

次の

武田薬品「いいところ取り」グローバル化の限界

ファナック 株主総会

ジャイコミ編集部の一員は富士急行・富士山駅(山梨県富士吉田駅)に降り立った。 目指す先は今年4月に株主還元を強化したことで話題となったファナック(山梨県忍野村)だ。 同社は工作機械のNC(数値制御)装置で世界トップシェアを誇る。 この数年はスマホ向けのロボドリルの需要が好調だ。 自動車工場などで使われる産業用ロボットでも有名。 財務面もピカイチで営業利益率4割、無借金の超優良企業である。 一方、情報開示に非積極的な企業としても知られてきた。 日本証券アナリスト協会が経営陣のIRに対する姿勢などを基に評価する「ディスクロージャー優良企業選定」(2014年度版)では100点中18. 対象企業251社の平均が70. 1点なので、その低さは突出している。 送迎バスも黄色、制服も黄色、傘も黄色 富士山駅の改札口を出ると社員の方がいた。 外に送迎用バスが待っているという。 駐車場に向かうとすぐにそれだと分かった。 バスの車体が真っ黄色だったからだ。 9時30分すぎ。 19人の株主を乗せてバスが出発した。 前の席のおばちゃんがガラス窓越しにスマホで富士山を撮影しようとするが、なかなかシャッターチャンスをつかめない。 おばちゃんが悪戦苦闘しているうちに、バスは「ファナック通り」から針葉樹が生い茂る森の中へと入っていった。 道を進むと木々の合間に黄色の建物がいくつか見えてくる。 さらにバスは進み、正門らしき門をくぐると、1つの建物の前で停車した。 ここが目的地のようだ。 バスを降りて3歩先は会場の入り口。 慌てて立ち止まり「総会会場」のたて看板の写真を撮影した。 送迎バスを降りるとすぐそこが総会会場だった 受付の女性従業員の制服はもちろん黄色。 ふと見ると入り口横にある傘立てには淡い黄色のビニール傘。 ペットボトルの水とお茶についてくるコップも黄色。 これでもかというほどの「ファナックイエロー」のオンパレードだ。 (このイエローは、同社が富士通の一事業部だった時代、事業部ごとの報告書等を区別しやすいように黄色が割り当てられたことが発端だという) 大学の講義で使われる階段教室のような部屋へと進む。 300~400人は座れるのだろうか。 参加している株主は年配者を中心にざっと90人くらいだ。 着席して受付でもらった「本日のスケジュール」をみる。 10時~10時40分までが総会。 その後、会社案内ビデオの上映と工場見学会となっている。 ただ、このスケジュール、総会での質疑が「15分程度の場合の目安」とされている。 今年は株主還元強化などトピックも多いので、そんなに短いだろうかなどと考えていると、総会が始まった。 想像以上におしゃべりだった稲葉社長 部屋に入ってきた稲葉善治社長以下、役員は・・・普通のスーツ姿だった。 さすがに黄色のジャケット姿とはいかないか。 総会は監査役からの報告、稲葉社長による事業報告(招集通知にある事業報告の読み上げ)と、極めて普通の展開。 ようやく質疑応答の時間となった。 株主からの最初の質問は、「財務体質の改善をしてほしい。 社員1人当たり、給与の3倍以上稼がないと財務の改善にならない。 あと、仕損費(不良品が発生したことによるコスト)はいくらか」というもの。 稲葉社長は「私ども、すでに1人当たり年間の給与の3倍は稼いでいるのでご心配なく。 さらに利益の改善には全力を挙げていきます」と答える。 仕損費については、権田与志広・副社長が「会社全体の損益に影響を及ぼすほどの金額は発生していない。 月1回、経営幹部が全員出席参加する会議で、重要な仕損がないかも徹底している」と回答した。 富士山麓に本社を構える同社ならではの質問も出た。 「過去2000年において大きな地震や噴火はなかったのか」。 これには「直近では300年前の宝永の噴火で降灰があったが、この地区に溶岩が流れてくる可能性は極めて低いとみられている。 噴火については地震よりも予報が確立している。 常に注意している」とのこと。 場内が和やかな雰囲気になったのは、次のような質問が出たときだった。 「現在の株価水準からすると最低購入額が240万円くらい。 お値段が半分になるようなことは考えられていないでしょうか。 買い増ししたいのですが、財力がちょっと」。 稲葉社長もにこやかに「株式の分割ということは将来はあるかもしれませんが。 いずれにしても今後は皆様の意見を伺いながら対応を考えていきたい」と答えた。 この他にも、ファナックの事業の市場規模やシェアはどうなっているのか、来期はどの程度を見込んでいるのか、米国市場はどのような位置づけか、といった質問が出た。 これらには「来期はどうなるかはインサイダー情報にかかわる事項。 この場では控えさせて頂きたい」「産業用ロボットにおける自動車、航空宇宙産業向けはアメリカが最大のマーケット。 ファナックアメリカはロボットのマーケットのシェア60%を占めている」など、稲葉社長が丁寧に答えていく。 結局、総会はスケジュール表にあった40分では終わらず、1時間10分あまりかかった。 株主還元策については質問や会社側からの説明がなかったのは残念だった。 しかし、総じて言うと「情報開示に非積極的」という外部評価とは異なる印象を受けた。 今年5月の4年ぶりとなる決算説明会(アナリストやメディア対象)で、稲葉社長は「はっきり申し上げて、みなさんとお話をしていても業績は上がらない。 このとおり、おしゃべりですから(説明会にも)時間を取りたいが、私の責任は業績を上げることにある」と語っている。 確かに総会での稲葉社長はおしゃべりだった。 黄色の帽子を被り、いざ工場見学へ 総会の後、工場見学を希望する人はそのまま部屋に残って、会社案内のビデオを鑑賞。 その後、バスに移り工場見学へと向かう。 工場見学でつきものなのは会社名が入った帽子だが、当然、その色はファナックイエローだ。 工場見学用の帽子もファナックイエロー 見学できるのは部外者に見せても差し障りがない部分とは言え、軟体動物のようにぬるぬる動くロボットを間近で見るとやはり迫力がある。 工作機械の中に入るモーターを作るのは自社製ロボットだ。 見学時間は昼休みにかかったがロボットに休憩時間は必要ない。 逆に不景気などで需要が落ちた際は、ロボットを止めることが容易にできる。 人間の労働者なら働かせるにせよ、休ませるにせよ、ロボットのように会社の都合で自由にできない。 一方、感心したのが「顧客の機械が稼働している限りは部品を供給し続ける」という「生涯保守」の理念。 修理に持ち込まれるものの4%は30年前の製品だそうだ。 これらで用いている部品は、外部調達品(他社製造品)ですでに生産が終了しているものも少なくない。 そのため、部品などは自社で保管しておき、修理に対応しているという。 解説してくれた社員の方は、「故障する製品が最近少なくなったので仕事に困っている」と苦笑していたが、このようなサービスが同社の強さを支えているのだろう。 ちなみに社員の方が主に着ているのは黄色の作業着(上着のみ)。 だが、ジャケットタイプの上下を着こなしている方もいた。 当然、色はファナックイエロー。 黄色のジャケット上下を着用しているのは、「ゲッツ!」のダンディ坂野か、マギー司郎か、ファナックの役員・社員くらいしかいない(はず)。 気になるお土産の中身は…… 見学が終わった後はお昼の軽食。 包み紙も当然、「FANUC」の文字とファナックイエロー。 中身はサンドイッチだった。 フルーツがチェリーでなく、さくらんぼだった点は個人的にはポイントが高い! お土産の包装紙も黄色です 気になる中身はなんと・・・どら焼きでした。 ファナックのロゴが焼き印で入っていて5個入り。 ロボットを作っているだけにまさかのドラえもんリスペクト? こんなお茶目な部分もあるなら、投資家にもそのような一面を見せてもいいのでは。 こう書いていてはたと気づいた。 ファナックはツンデレ企業ではないのか。 これまで市場関係者にはツンツンし(敵対的な態度をとっていた)、顧客にのみデレデレしていた(好意的な態度をとっていた)。 それが市場関係者にも少しずつ「デレ」の部分を見せ始めるようになった。 自社株買いを求めてきた米投資ファンドのサード・ポイントには多分、こう言ったに違いない。 「別にあんただけのために配当性向を上げたわけじゃないんだからね!」.

次の

ファナックの株主総会のお土産は工場見学!貴重な体験型

ファナック 株主総会

株主総会のお土産は、企業が株主総会の会場に足を運んでくれた株主に対してお礼の品として渡されます。 食品系・化粧品などの企業であれば自社商品やその企業の優待券・割引券、またはクオカードなどの金券、有名店のお菓子などが多いです。 中には豪華なお土産やレアグッズも!食品などは家計に助かりお得感がありますよね。 またよく利用する企業の優待券や割引券がもらえるのも嬉しいです。 最近では株主優待と並んで株主総会のお土産目当てで人気がでる株もあるんですよ。 ただ、株主総会の会場から遠方に住んでいる株主は参加することが難しいのですよね。 近くに住んでいて株主総会に参加でき、お土産をもらえる株主との間で不公平感が生まれる、ということから最近ではお土産を廃止する企業も出てきています。 株主総会に参加してみたい企業の動向は事前に調べてから株の購入を検討しましょう。 株主総会に参加する方法 株主総会は、株を発行している企業が株主を集めて経営方針を説明したり、重要な事柄を決定したりする場のことです。 なので参加するためには、その企業の株主になる必要があります。 株主総会に出席したい企業を見つけたら、その企業の株をまずは買ってみましょう。 最近ではインターネットで申し込みから取引まででき、手数料も安いネット証券が人気です。 株主になると、株主総会が行われる2週間前までに封筒で招集の通知が送られます。 その中には出席に必要な「議決権行使書」が入っていますのでこれを持って出かけましょう。 その企業の決算時期に株を持っていないと招集されないので注意が必要です。 決算時期に株主としての権利が確定する日を事前に確認しておきましょう。 株主総会は6月に多い 化粧品やサプリメントでお馴染みのファンケルの株主総会は6月に横浜アリーナで行われています。 今年のお土産は自社製品のクレンジングオイル、コラーゲンサプリメント、フルーツグラノーラ、温冷アイマスクでした。 なんと3000円相当で豪華な内容となっています。 また、株主総会の会場ではファンケル製品のセットを特別割引価格で買うことが出来ます。 実はファンケルの株主総会には株主でなくても1名まで同伴することが可能です。 同伴者は会場に入れずお土産も出ませんが、特設会場で特別割引の商品を買うことができます。 ファンケル愛用の方におすすめの株主総会です。 ファンケルの株主総会は週末の土曜日の午後に行われているので平日お仕事で行けない方には嬉しいですね。 ファンケルは株主総会のお土産も充実していますが、株主優待も豪華です。 化粧品、サプリ健康食品など自社製品(5,000円相当分)か、「ファンケル銀座スクエア」の利用券(5,000円相当)がもらえます。 無添加の化粧品を製造販売しているハーバー研究所の株主総会のお土産はとっても豪華です。 例年新宿の京王プラザホテルで6月の週末日曜日に行われていますので参加しやすいですね。 気になるお土産の内容ですが、2018年は自社製品のスクワランオイル、日焼け止め乳液、涼感ミスト状美容液、ワキ用美容液(どれもサンプルではなく店舗で売られている商品のサイズ)、に加えてあぶらとり紙、ジェリーマスク、クリアファイル、扇子、エコバッグまで!女性にはどれももらって嬉しいものばかりです。 加えて京王プラザホテルのパンの詰め合わせもお土産に渡されます。 当日会場ではハーバー研究所の製品を特別価格で買える会場もあるので、商品を愛用している方は嬉しいですね。 毎年萬田久子さんによるトークショーも聞くことができますよ。 2018年は女の子に人気のアニメ「プリキュア」のリンスインシャンプーと入浴剤でした。 毎年人気のキャラクターのお土産が渡されるので楽しみですね。 また、株主総会の出席票が花やしきのペア入場券と乗り物フリーパス(2名分)と引き換えることができます。 当日会場では、人気キャラクターの展示・販売などもあり、株主総会の後ではキャラクターとの握手会が催されたりもします。 豪華なお土産がもらえて、しかも株主が楽しめる充実した株主総会となっています。 年に2回保有株数に応じて「株主様ご優待カード」が届きます。 100株では3000円相当のお食事に使えるカードとなります。 株主優待のランキングでもいつも上位にあがっています。 年に6000円の優待なので、ファミレスに行く機会が多いお子さんのいるご家庭におすすめです。 会計時に税込価格から、額面の範囲で500円単位で割引でき、カードの残高は、レシート、専用WEBサイト、電話で確認することができます。 グループ会社の「しゃぶ葉」やブッフェ形式のレストランを経営するニラックスグループでもすかいらーくの株主優待カードが使えます。 すかいらーくグループは現在全国に3177店舗(2018年6月現在)あるそうですから、あなたの街でもきっと使えますね。 株主優待ランキング2位:吉野家 イオンの株主になると緑色の「株主ご優待カード(オーナーズカード)」が株主優待として届きます。 このオーナーズカードをイオンでお買い物の際に提示すると、保有株数に応じて、買い物の金額を半年ごとにキャッシュバックしてくれます。 例えば、100株では3%の返金率ですから10万円使うと3000円返ってきます! 他にもイオンシネマで映画が大人1000円、子ども800円で見られたり、店舗内にあるイオンラウンジで飲み物やお菓子のサービスを受けられたりと、イオンを良く利用する方にとっては、とってもお得な優待内容となっています。 株主になって株主総会に行ってみよう! 自分が使っている商品や利用するお店の企業はありましたか?興味のある株式総会のお土産や株主優待があったら、これをきっかけに株式投資を初めてみるのはいかがでしょうか?お得なのはもちろんのこと、株主総会に出るとその企業のことを知ることが出来てもっと応援したくなりますよ。 掲載した情報は現時点(2018年6月)のものになりますので、株式購入の際にはご自分でも最新情報を調べてみてくださいね。 また、株主総会のお土産や優待が魅力でも株式投資で損失することもあります。 株式投資を始める際には、株の仕組みを勉強したり、少額から始めてみましょう! 株を買う以外にも、ネット使ってお家に居ながらお金を稼ぐ方法もあります。 気になる方は以下の記事も参考にしてみてくださいね。

次の