水木 しげる。 水木しげる、最後のインタビュー「生死について、人間について、自分が抱えていた疑問に答えてくれたのは、ゲーテの言葉だった」()

水木しげる死去!嫁と2人の娘、長女次女そして弟・姪っ子夫婦…家族経営の水木プロダクション またひとり巨星が旅だった

水木 しげる

ジャーナリストのの冠番組『』(テレビ東京系)が、8月15日(土)12時30分から生放送される。 第12弾となる今回は、「終戦75周年特別企画 ~ゲゲゲの鬼太郎が見た太平洋戦争~」と銘打ち、戦争と感染症について考える。 今年は第二次世界大戦が終結して75年。 未曽有の悲劇をもたらし、その後の日本を一変させた戦争の記憶は遠のくばかりだ。 これまで、真珠湾攻撃、終戦秘話、沖縄戦、昭和天皇、マッカーサー、松岡洋右外相、原爆、特攻、独裁者など、様々なテーマで戦争を考えてきた。 新型コロナウイルスが世界を席巻する今、私たちは感染症の恐ろしさを痛感している。 そこで今回は、戦場で感染症が蔓延した時に起こる悲劇について考える。 戦闘とは異なる、もうひとつの悲劇がそこにある。 実は75年前のあの戦争では、マラリアや餓えで失った命が多くを占めていた。 池上が八重山諸島へ行き、75年前の悲劇を伝える。 まずは、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者・さん(1922~2015)が漫画で伝えたかったことに迫る。 水木さんは、75年前、南太平洋の最前線でマラリアに感染し、生死をさまよった後、奇跡的に帰還を果たした。 水木さんが戦後著した戦記漫画では、最前線ラバウルの出来事をある時はすさまじく、またある時はユニークに描写。 戦場の過酷さと日本軍の理不尽さを世に知らしめた。 池上が水木さんの仕事場であった調布を訪ね、長女に話を聞き、未完成作品を見せてもらう。 続いて、沖縄県八重山諸島の住民を襲った悲劇「戦争マラリア」を紹介。 マラリアは蚊(ハマダラカ)が媒介し人体を襲う感染症だ。 太平洋戦争末期の昭和20年、沖縄県の八重山諸島で住民がマラリアに感染し、3647人が亡くなった。 池上はこの7月、八重山諸島のジャングルを奥深く入り、マラリア感染の悲劇の現場を見て回った。 そこで当時の「戦争マラリア」の被害者から悲痛な経験を聞いた。 池上は悲劇の背景に陸軍中野学校(陸軍のスパイ養成学校)の工作員がいたことを知る。 昭和20年3月、波照間島で教員をしていた人物がいきなり軍刀を振るって住民に西表島への強制疎開を迫ったというのだ。 当初は優しかったこの人物が豹変して陸軍中野学校の工作員になった。 彼が全島民に移住を命じた先は西表島のマラリア感染地域だった。 今、石碑には「かつてあった山下軍曹(工作員)の行為はゆるしはしようが忘れはしない」と刻まれる。 放送を前に、池上と統括プロデューサーの福田裕昭からコメントが到着。 以下に紹介する。 <池上彰 コメント> 75年前に終わった戦争で、日本人310万人が犠牲になったと言われています。 この中にマラリアなど感染症による戦病死や餓死者がかなりの数を占めています。 水木しげるさんは南太平洋でマラリアにかかり生死をさまよいました。 帰還した水木さんは戦後、漫画を書いて戦争の実態を必死に伝えました。 この番組でそれを紐解きます。 そして私は八重山諸島で「もうひとつの沖縄戦」を取材してきました。 そこには「戦争マラリア」という恐ろしい病が一家全滅をもたらした悲劇がありました。 戦時に感染症が蔓延すると、何と悲しい結果を招くのか、強い衝撃を受けました。 今、新型コロナという感染症に揺れる時だからこそ、こうした悲劇を多くの視聴者に深く受け止めていただけるのではないでしょうか。 <統括プロデューサー・福田裕昭 コメント> ジャングルを奥深く入っていく87歳の戦争マラリア経験者の後を池上彰が追いかけていきます。 その後をカメラクルーが続くという信じられない光景がありました。 森林の奥にあったのは、75年前の住民たちの過酷な暮らし、そしてそこは戦争マラリアの悲劇の現場でした。 これは「池上彰、渾身の戦争ルポ」です。 八重山諸島は医療過疎地で、取材相手は高齢者ということで、現地ではソーシャルディスタンスなど、いつも以上に気をつけて取材にあたりました。 池上さんも含めて八重山諸島取材班は全員PCR検査を受けて陰性を確認した上で現地へ向かいました。

次の

水木しげる

水木 しげる

概要 [ ] 「」武良しげるはのはずれ、三兄弟の次男として生まれた。 イタズラしては近所ののんのんばあに叱責される日々を送っていたが、生来の怠け癖によりや徴兵された軍では落ちこぼれ扱いされていた。 後述する通り戦争末期に非業の死を遂げるも、現地のと合体し復活。 帰国後に水木しげるを名乗り紆余曲折あって漫画家となる。 水木は精霊たちが武良しげるの死体に乗り移った超生物であり、生前の「武良しげる」のを一応有してはいるが、肉体は妖怪のそれであり、霊魂を目視したり霊と会話することができる。 そのため結婚後は「半妖の子でも、せめて聖なる日に誕生日を上げさせてやりたい」と判断し二人の娘を正確にに産まれるように仕込んだことで知られる。 その特異体質及び、霊界・魔界との幅広い交流に伴い、妖怪学の研究に携わった。 現在日本の妖怪文化は半ば水木によって作られたも同然であり、における、における、房中術におけるに並ぶ碩学と言える。 一人称は「俺」「僕」「私」など安定しないが(諸君らもそうであろう)、として自身の仕事を振り返る際には「水木さん」を使う。 これは自身の人格が武良だけのものではなく、複数の精霊が同時に飛び込んだことにより形成された人格「水木しげる」を認識して差しているからである。 来歴 [ ] 誕生 [ ] 人間・武良しげるは、1945年にのさなかにラバウル送りとなる。 日本兵の多くが森を切り開き、 を見下していたが、しげるは「このノンビリした土地はせせこましい日本よりオレに向いてる」とド人たちにも分け隔てなく接し、自然を愛していた。 白装束を着せられ安置される武良しげるの死体に合体する精霊たち。 左腕はこの時すでにズタボロになっていた。 しかし戦争は日に日に激しくなり、やがてしげるはの機銃掃射と爆撃を受け、三日三晩苦しんだ末に 息絶えた。 しかし、それを草葉の陰から見ていたラバウルのやたちは、「我々の郷土に心を開こうとしたこの優しい青年が死ぬのは悲しい」と次々にしげるの死体に乗り移り、日本兵たちに土の中に埋められそうになっていたしげるは 突如として復活。 日本兵たちは驚きのあまりしげるを呼ばわりしてを乱射したが、この時点では既に怪物、否妖怪として生まれ変わったためその認識は当たっていた。 日本兵たちから追われる身となったしげるは「フハッ」と鼻息を挙げて逃走、うっかり左腕を土の中に置き忘れてしまうも「まあいっか」とそのまま山の中でサバイバル生活を続け、終戦が発表され次第船に密航し日本に戻って行った。 妖怪人生の始まり [ ] かくして故郷に戻ったしげるは「もう・武良しげるとしては死んだんだし、名前変えるか」と故郷境港の山水を見て「水木」しげるに改名、さりとて朝寝坊と大食いと絵しか取り柄がなかったため、傷痍軍人恩給を元手にで貸しを行う傍ら、印税生活を目指して(注:この時すでに23歳である)絵の勉強を重ねていた。 しかし、ここで誤算が発生した。 ラバウルの精霊たちと合体した水木の霊感を察知し、アパートにはや、といった人外ばかりが押し寄せたのである。 水木はそいつらに毎日話を聞くうち、自身が既に妖怪になっていることを知らされ、フハッと一声いななくや、「俺はもう何の仕事もできゃしねえじゃんか」と肩を落とし、を繰り返した。 すっかり落ち込んでしまった水木を見て、住人たちは「だったら水木さんは特異な絵の仕事をすりゃいいじゃないっすか」と唆し、物質文明の進歩に伴い居場所を失いつつある妖怪変化たちの窮状を訴えた。 水木の頭には、ラバウルで暮らすド人たちの何もないけど空は青いといった自然と共生した生活が去来した。 「わかった。 俺が絵の力で、君らを人間たちに知らしめてやろう」 こうして水木は残された右腕で妖怪たちを毎日模写しては必死に取材しメモを書き記した。 こうして水木は、類まれなる妖怪知識を得た。 そんなある日、近所でを売っているおっさんから「戦前やっていたも、のおかげで焼けて殆ど残っていない」と聞いた水木は「だったら妖怪の話はどうでしょう」と打診し、紙芝居製作に取り組んだ。 結果、子供たちにウケはしたものの、所詮はアメ屋である。 いくら書いても何の腹の足しにもならず、しまいにはアメ屋のおっさんからも現金収入ではなくアメで報酬が届くようになってしまい、妖怪たちと一緒に泣きながら水木はアメを嘗めるのだった。 貸本漫画家への道 [ ] しかし世の中何が転ぶかわからないもので、偶然紙芝居を見た編集者が水木のもとを訪れ、「おたくの絵は大変うまい! をお描きになられてはいかがか」と打診してきた。 水木は「なんて俺の時しか書いてねえよ」とぶつくさ言いつつも、編集者が持ってきた漫画をパラ読みし始める。 するとその中の一冊を読んで、水木は「フハッ」と一息ハナから噴き出すやひっくり返った。 その漫画こそ、 酒井七馬原作『』であった。 的手法を取り入れ、ストーリーも練りに練られたこの作品は、のちの、、、(おい! ほとんど赤リンクじゃねえか! )といった漫画史を築く少年たちを作り上げたとされる世紀の一作であった。 水木は自分より6歳下のが記したこの一作をすぐさま妖怪たちにも見て回らせ、無い腰を抜かさせた。 彼らが「これはすげえ」「絵が動いている」 「妖怪の仕業じゃ!! 」と口々に語る中、水木は再びフハッと鼻息を荒くし「決めたぞ、俺は紙芝居作家やめて貸本漫画家になる」と宣言した。 当初こそ水木は編集者が差し入れてきた指令と資料を基にの執筆で糊口をしのいでいたが、やがてそれにも行き詰まりアパートを売らざるを得なくなる。 妖怪たちは結局ほとんど家賃も入れないまま「長屋の花見」状態での泣き別れとなり、彼らがに帰っていくのを見て水木はボソッと「見世物小屋に売っとけばよかった…」と呟いたが、覆水は盆に返らないのでそのまま上京、に引っ越した。 そこで水木は妖怪たちのスケッチをもとに、手塚漫画のようなアクセントを入れた怪奇漫画を描き始め、それがそこそこの人気を博す。 のちにこれが「」と称されるジャンルを形成し、手塚自身を追い詰めることになるのだが、当時の水木は知る由もなかった。 そんなこんなしているうちに気づけば水木も39歳(正確には16歳)、さすがに後がなくなってきたので実家の両親はを提唱する。 鬼太郎誕生 [ ] 水木は故郷に帰り、見合い相手のを見て「フハッ、その顔さては! 」と絶叫。 当時、以外で一反木綿を知っている人などいなかったのでこれと言ってリアクションされることもなく、よくよく見てみれば妖気もなかったため「人間か、 まあいいや」と水木はを内諾。 並みの超スピード婚の果てに帰郷し、再び水木は怪奇漫画の執筆にとりかかった。 所帯を持ち「俺はこのままただ子供たちを怖がらせる漫画を描いているわけにもいかん」と思い直した水木は、妖怪たちのスケッチを眺めるにつけ三食アメで凌いでいた懐かしい日々を思い出す。 「アメ…そうだ! たしかアメが絡む幽霊の話があったぞ! 」 フハッと鼻息一つ荒らげて、寄せ集めた資料をあさり始めた水木は、一つの文面に目を止める。 それは「」というの説話であり、幼くして死んだ母親の霊が、のためにアメを買って与えるという、今のだだと言われて久しいバカ親に聞かせてやりたい泣ける話であった。 それを読み返し感動した水木はさっそく、墓場で母親の死体から少年が生まれる話を書いた。 水木は自身が一度から蘇ったことを思い返し、その漫画に 『』の名を冠した。 『墓場鬼太郎』はな内容から読者にそれなりの人気を博し、あの手塚治虫をして 「とんでもねえヤツがあらわれやがった」とまで言わしめたが、時代は既にの普及、ならびに週刊少年誌の時代に移っていた。 この手の記事では何度も書くことになるし正直諸君らも読みたくない文面ではあるだろうが、 漫画は子供の娯楽という時代だったのだ。 貸本漫画は次第に斜陽を迎え、水木の書いていたレーベルもドミノ倒しの様につぶれていった。 少年漫画への転身 [ ] そんな中である。 1962年、日本のに激震が走った。 かつて水木をひっくり返らせた手塚治虫の最高傑作(当時)『』のTV放映が決定したのだ。 「フハッ」と鼻を荒らげて驚いた水木は、翌年有り金はたいてテレビを購入。 そこで映し出されるアトムの活躍を見て「がこんなにウケるとはなあ、妖怪の時代は終わったのかねえ…」とため息をついた。 しかし、ここでふと水木は(当時1歳だった娘と鑑賞しつつ)「子供に受けるのはただ怖いだけの存在じゃなくて、 『可愛いけどヒトとは違う存在』じゃないのか?」と思い始めた。 子供漫画と自身の貸本漫画を読み比べ、水木は「水木さんの書く漫画のガキは全然可愛くねーな」とすっごい自虐的に悟り、かつてパクリ漫画で食い凌いできた経験を生かし、売れている漫画の研究に明け暮れた。 そんなわけで翌年、の漫画賞に水木は『』を投稿。 この時すでに42歳(正確には20歳)であった。 可愛げのあるキャラクターと、最後は普通の人と相いれなくなり消えていくとしての悲しさを表現したこの漫画はアンケートで1位となり、水木は第6回漫画賞を受賞。 これには水木のみならず妻も「フハッ」と驚いた。 講談社『』編集部は水木に連載を打診し、それを聞いた水木は現代文明から忘れ去られつつあった妖怪文化の啓蒙のために新作を提案する。 それこそが、(ちょっとかわいくなって)復活を遂げた 『墓場の鬼太郎』であった。 はあくまで「今まで水木作品の中で一番売れた漫画」のではあるが、本作は水木が妖怪文化発掘のために書いたいわば妖怪図鑑のようなものであり、鬼太郎は毎回出てくる妖怪を紹介するコメンテーター(狂言回し)としての登場であった。 最近の例で例えると、「」みたいなノリである。 この『墓場の鬼太郎』は子供たちにも受けが良かったものの、当時始まったなどの第1次怪獣ブームにより「え? 妖怪漫画? これちゃうの!? 」と間違った方向での人気を博した。 「違うんだけどなー」と右手で頭を抱えつつも水木は執筆をつづけ、やっとこさ組に並ぶヒットを手にしたのである。 妖怪文化の成立、そして旅立ち [ ] 老境に差し掛かった水木とかつてのライバルたちの一幕 かくして水木はポシャったやらやらの雑誌連載も取り付け、アニメ化・実写ドラマ化も果たす大人気漫画家となる。 それはすなわち、水木が妖怪アパートの仲間たちに誓った「妖怪の復権」に20年越しで成功したのである。 雑誌では毎週のように妖怪特集が組まれ、あの手塚治虫をして鬼太郎と双璧を成す妖怪漫画『』の執筆に着手した始末であった。 本来は学術用語に過ぎなかった「妖怪」などの怪異は、水木により作画されることでその形を取り戻した。 伝承とはものであり、を、水木は零れ落ちる砂を掬うが如く掬い取って行った。 かくして、物質文明化により滅びかけていた妖怪は現世にとどまることができるようになった。 水木の著作を読み、打算にしろ本心にしろ、が数えきれないほど生み出され、それが新しい世代の子供たちや、日本文化を全く知らないの人々に伝わったのは、水木にとっては成功を超えた成就とも呼ぶべき結果となった。 水木は自身の飯のタ…もといライフワークを作ってくれた妖怪たちに感謝し、その伝説を更に啓蒙すべく執筆やテレビ出演や講演など様々な文化活動に勤しんだ。 こうして老境に差し掛かり、いかな妖怪とはいえ一度死んだ身、水木の体力も次第に衰え始めていた。 そんな中、水木は見える妖怪の数が段々 増えていることに気づく。 「乱開発も収まってきたから妖怪も増えてきたのかねえ」と首をかしげる水木であったが、そこに現れたのはかつての妖怪アパートの連中であった。 「おうどうした、最近景気がいいと聞いてるぞ(水木さんのおかげでな)」と鼻で笑った水木であったが、彼らはニコニコして「それがですね水木センセイ、我々の世界に遂に あいつが現れたんですよ」と応える。 「あいつって誰だよ」と聞き返すと、妖怪たちは「わからんのですか? 鬼太郎ですよ」と答えた。 「フハッ」と水木はでんぐり返り、「鬼太郎は水木さんの作った架空の妖怪だぞ」と釈明するも、 「そんなん言ったら俺ら全員架空だわ」と彼らはゲッゲッゲッと笑い出した。 そう、 水木の作り出した世界観は、既に一つの妖怪伝説を生んでいたのである。 妖怪は人間の伝承に依拠する存在であり、語り継がれるうちに伝説となれば具現化しうるのである。 誕生から50年経ち、鬼太郎は既に人々の共通の思念により「妖怪」として成立していたのだ。 だが鬼太郎はまだ生まれたばかりで、まだ霊界に溶け込んでいないという。 それを聞いた水木は、妖怪どもの考えていることを察し、ハァとため息をついて答えた。 「わかったよ。 水木さんが鬼太郎を立派な妖怪に導いてやるよ。 それが創り出した使命だからな」 されどその声に、後悔も落胆も残ってはいなかった。 その後の水木しげるの行方はようとして知れないが、『』が2018年に再びアニメ化されるに至ったことからわかる通り、息子である鬼太郎と笑顔で楽しく暮らしていることだけは確かである。

次の

水木しげるさんが漫画で伝えたかったこととは?『池上彰の戦争を考えるSP』生放送

水木 しげる

奇跡の生還に相応しい船といえよう」(『水木しげるの戦争 ゲゲゲの新聞』ミュゼ)。 私は、足かけ3年かけて同郷の水木さんに関する本()を書いたが、平成27(2015)年の水木さんの逝去後4年もたって、〈雪風〉の乗務員に会うとは思いもしなかった。 当時復員輸送船〈雪風〉で復員官を務めたのが、今回著者インタビューで面会した西崎信夫さん(92歳)。 のタイトル通り、西崎さんが今も存命で元気なのは、15歳で出征して、年齢が水木さんより5歳若いせいである。 「雪風」に乗った少年ー十五歳で出征した「海軍特別年少兵」 昭和16(1941)年創設の海軍特別少年兵(特年兵)を知る人は旧海軍でも少ない。 というのも、艦艇などの中堅幹部養成のため、全国の14~16歳の優秀な少年を対象に創設されたのだが、戦局悪化のため教育期間を短縮し、一般志願兵と変わらぬ補充要員として第一線部隊に送り込まれたからだ。 第1期生の場合、計3200人中の約2000人が戦死した(死亡率約62・5%)。 三重県の農家に生まれた西崎さんは、夜間の定時制中学に通っていた時、村役場から推挙され、10倍の競争率を突破して合格した。 その「誇り」と、実際に16歳で〈雪風〉に乗艦後の現場における「人命軽視」の事実から、西崎さんは人一倍、軍隊の裏と表、戦争の本音と建前に敏感な兵士となった。 「ご本人の感受性もあるんでしょうけど、記憶が鮮明で観察力もとても鋭い。 ぜひ一冊にまとめたいと思いました」 今回の西崎さんの本の編者になった小川万海子さん(52歳)が言った。 小川さんと西崎さん 小川さんは講演会で、戦艦〈大和〉が撃沈された沖縄水上特攻作戦などの西崎さんの体験を聞き、「西崎さんの戦争体験なら現代の人にも十分理解できる」と感じたのだ。 それは例えば、次のような戦闘シーンだ。 水雷科員の西崎さんは敵機に足を撃たれ負傷したが、甲板の機銃射手が戦死したため、突然交代を命じられた。 1年弱の海兵団時代に操作は習ったものの、実弾体験などない。 それでも敵機が自動でダダダッと撃ってくると、単発でタン、タンと撃ち返した。 やがて異変を感じた。 恐怖心が殺意に変わり、快感さえ覚えたのだ。 西崎さんは「私は人間でなくなっていた」と述懐する……。 西崎さんの少年兵らしい「感受性」は、忘れられがちな一般兵の最期も見逃さない。 銃の撃ち方も知らず召集され、妻子を思い玉砕したサイパンの中年補充兵たち。 〈大和〉撃沈で重油の海に漂流し、「あと少し」で救助できず沈んでいった水兵たち……。 小川さんは、西崎さんの原稿の中でそうした箇所を膨らませ再構成した。 そして筆鋒は、日本の軍隊の「宿痾」にも及ぶ。

次の