独身 税 ふざける な。 税金が高すぎて生活が苦しい!重税に苦しむ生活から抜け出すには?

独身税が日本で実施される可能性はない!その理由とは?

独身 税 ふざける な

かほく市ママ課が「独身税」の話を持ち出したのは、財務省の阿久澤孝主計官との面会の場だった。 メンバーから、子育てには費用がかかり家計の生活水準が下がるため、結婚や育児にかかる金銭負担のない独身者に負担をお願いできないかという趣旨の提案があり、阿久澤氏は「独身税の議論はあるが、進んでいない」と答えたという。 一連のやり取りが報道されると、インターネット上では独身税に対する反論の嵐が巻き起こった。 結婚という人生の一大事についての個人の選択に対して、国がペナルティーを設けるのか、というのが主な反対意見だったようだ。 慌てたのはやり玉に挙げられたかほく市で、メディアの取材に対して「世代や家族構成によって必要な経費が違うという話があっただけ」とコメントした上で、ホームページに「市として国に対して独身税を提案するものではありません」と釈明する声明を発表するなど、火消しに追われた。 少なくとも国の動きとして、近年の税制改正大綱などでは独身税に触れたことはない。 ただし2017年度税制改正の目玉となった「配偶者控除」の見直し議論に当たっては、非婚化対策として夫婦世帯に新たな控除を創設するという形で、相対的に独身者の負担増となる夫婦控除の創設を検討した事実はあり、既婚か非婚かで負担に差が付く可能性はゼロではない。 財務省の担当官が「議論はある」と言ったように、独身税は洋の東西を問わず、今に始まった発想ではない。 第二次世界大戦後には実際に独身税が導入された国もあり、例えば旧ソ連では1940年台初頭から90年代初頭まで、実に50年のあいだ「独身・無子税」が存在していた。 税率などは時代によって変わるものの、所得が少なかったり医学的に子どもを作れなかったりという例外を除いて、20代半ばから50歳までで未婚もしくは子どもがいないと、賃金の6%ほどの税金を課された。 人口を増やし、労働力を育成することが目的で、同様の税はブルガリアやルーマニア、ポーランドなど多くの東欧の国で実際に導入されていた。 出生率の変化は税制以上に医療や経済への影響が大きいため、これらの施策の効果を検証することは難しいが、ソ連では多くの男性が病院で「不妊症」の診断書を偽装して課税を免れたという。 また偽装結婚などで税金を回避することもあったようで、多くの国ではその後時をおかずに廃止されていることからも、政府が思っていたような成果は挙げられなかったものと予想される。 結婚という決断には、経済状況だけでなく、子育てへの周囲の理解や家族関係など、多くの要素が絡み合っているため、税金面での負担増を強いたところで、独身税が結婚を促す理由にはなり得ないということだ。 こうした特定の属性や行動に対してペナルティーの意味合いで課される税金は「懲罰税」と呼ばれる。 独身税は個人の人生計画そのものに制約を課すものだったために反発が大きかったが、大なり小なりの懲罰税は世界中で検討され、実際に導入されているものも多い。 代表的なものとしては「砂糖税」がある。 イギリスやフランス、メキシコには、一定量以上の砂糖を含む飲料に1リットル当たり数円を課税する砂糖税が実際に導入されている。 ハンガリーでは、ポテトチップスやジャンクフードなどに対して、1キロ当たり80円ほどの税金をかけている。 これらの課税の理由を各国政府は「国民の健康維持のため」と説明しているが、実際には不摂生によって国の医療予算を圧迫する人への「懲罰税」の意味合いが強い。 日本でも、たびたび増税が繰り返される「たばこ税」などは限りなく懲罰税に近いものだ。 もともとは日清戦争後の財源調達のために嗜好品として課税されていたが、健康リスクが広く警告されるようになった現在では、「非喫煙者に迷惑をかけてまで吸っているのだから、その代償としてどれだけ税金を上げてもかまわない」というものになりつつある面は否めない。 喫煙という行為にペナルティーがあるようなもので、実質的には懲罰税と言っていいだろう。 こうした懲罰税は世界中で多く提唱され、なかには導入後長く続いているものもあるが、基本的に短命で終わりがちだ。 その理由は、そもそも「税は公平・中立であるべき」とする税の根本に逆らうものだからだ。 犯罪でもない個人の性質や行動に国が罰則的に税を課すべきではないと考えるのは自然なことで、人間を一つの型にはめる懲罰税が国民の共感を呼ぶはずもない。 だが実際には、税制を使って国が人や企業の行動をコントロールすることが、おおっぴらに行われているのも確かだ。 日本では、企業の設備投資や人材育成、賃上げやあるいは個人の不動産の売買まで、あらゆる行動が「租税特別措置」という名の政策によってコントロールされているのが実情だ。 租特は戦後の経済成長のために時限措置として導入されたが、期限が来ても一向に廃止されず、逆に年々増加の一途をたどっている。 税の中立性をないがしろにする租特を増やし続けているのは、懲罰税と同様に税制の政治利用に他ならない。 税の公平・中立性を常に問い続ける必要があるだろう。

次の

「独身税」って何?実現の可能性は?SNS炎上のきっかけと海外の事例

独身 税 ふざける な

こんにちは 社会について研究している芹沢です。 独身者と既婚者• 東京と地方• きのこたけのこ戦争 このようにメディアによって、必要以上に対立を煽られることも多い現代ですが、独身者と既婚者の対立が浮き彫りになったのが、一昨年の報道でした。 2017年9月、石川県かほく市のママ課メンバーが、財務省の官僚との意見交換会で、「結婚をして子供を持つと生活水準が下がる。 その分の負担を独身者にお願いできないか」と相談したと報道されました。 この報道について、かほく市ママ課は否定しており、サイトも削除されていることから、現在では事実か定かではありません。 独身税なんて無茶なこというな・・・ と思うかもしれませんが、この税制は過去にブルガリアで実施されたことがあります。 1968-1989年に実施• 労働力を増やすのが目的。 裏目に出て出生率2. 86に下がってしまう。 結果はさらに独身者の貧困を生んでしまい、出生率の低下をまねき失敗に終わりました。 まあ、それはそうなるよねと思うような結果です。 今の時代であれば、さまざまなデータからシミュレーションをすることができるので、このような失敗は起きにくいと考えられます。 ですが日本でも、少子化対策のために独身税が必要だという声がたびたびあがるのは確かです。 これを受けてネット上では、 「独ハラだ!」 「個人の選択を納税基準にするのは憲法違反」 「これ以上お金なくなると、さらに結婚遠のく・・・」 という声がある一方で、「少子化対策には独身税しかない」など賛成の声も多くあるようです。 独身税が実施されるとすればどんなことが予想される?• 結婚が認められない性的マイノリティ• 不妊症• 家族の介護で結婚できない 独身税は、以上のような人の自由を無視する制度です。 子供を産めない人はどのように調べるのか? このようなプライバシーに関わる問題も出てきます。 そして実施される段階になれば、大反発が予想されます。 たとえば記憶に新しいのが、こちらの報道です。 2018年7月自民党の杉田水脈議員が、国会議員の同性カップルに対して、「彼ら彼女らは子供を作らない、つまりLGBTのカップルは生産性がない」と主張して大炎上しました。 この発言はLGBTの方はもちろん、子供を産みたくても産めない女性、働きたくても働くことができない人達まで、すべて生産性だけで切り捨ててしまう大変危険な主張です。 さまざまな人達が暮らしていることへの想像力を欠き、納税額、子孫の数など、社会へどれだけ還元してるかだけの視野で物事を見ています。 このような視野が狭い人が多いままだと、グローバルな時代に逆行した社会になるでしょう。 結婚して子供を持つことを義務化するのは自由主義に反する 現代において恋愛や結婚は、自由に選択できる時代です。 しかし独身税の導入は、この自由主義に反する社会主義的な考えと言えるのではないでしょうか。 自由主義が個人の幸福を優先するのに対して、社会主義は政府が介入して社会全体がよくなるように働きかけます。 ここに個人の自由はありません。 つまり独身税は、当時のブルガリアのような社会主義であれば、導入検討されるのもわかるのですが、現在の日本のような自由主義 経済的な側面だと資本主義 の国にはマッチしません。 なぜ少子化になったのか?を考えるとわかる さて少子化になったのは、よく言われる若者のお金離れが問題なのでしょうか? 私はそうは思いません。 一昔前であれば、結婚するのが当たり前、結婚しない人はおかしいという風潮であったため、しかたなく結婚してた人も多くいたと考えられます。 たとえば、2016年にヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」という作品があります。 この話は昭和初期の広島呉市を舞台とした作品で、主役の女性すずさんにスポットを当てて進んでいく話です。 すずさんが18歳になった太平洋戦争中の昭和18年、家に縁談話が来ます。 そこですずさんは、「そっか、私もとうとうその日が来たか」みたいな感じで、顔も見たこともない相手と結婚することに決めるんです。 「えー!嘘でしょ、結婚だよ・・・?」と現代人がみれば、度肝を抜かれるような話ですが、当時ではわりとあったようですね。 衝撃を受けました・・・! これはかなり昔の話で、今の時代を生きる人にとって、現実的ではないかもしれませんが、わりと最近まで結婚しなきゃいけないという風潮があったように思います。 「そろそろ結婚しないとね!」 「子供は作らないの?」 少し前まで、このような会話があちこちで飛び交っていました。 しかし今では結婚しない選択をする人も増えてきました。 ゼクシィのCMで、「結婚しなくても幸せになれるこの時代に・・・」のコピーが象徴するように、婚活をビジネスとするゼクシィですらそのことを隠せなくなってきてます。 時代が明らかに変わってきてる感があります。 日本も遅れながらですが、結婚においても個人の自由を尊重しようという時代になってきてるのではないでしょうか。 しかし反対に、結婚したいと考える人も多くいます。 ですが結婚に前のめりでない人達が増えたことによって、昔と比べてマッチングしづらくなっている印象もあります。 「どうしても結婚したいわけではない。 」 このような人が増えてくると、結婚したい人でも相手が見つかりづらくなりますよね。 続いてお金がないから結婚できないという意見についてです。 お金がないから結婚や子供を持つことができないというのは、子供を育てるお金や収入を持ち合わせてないのではありません。 限られたお金を、自分の幸福を最大化させるために使いたいということではないでしょうか。 つまりその人達にとって最優先は、子供ではないということです。 そもそも少子化は問題なのか? 少子化が進み、人口減少すると何が問題なのでしょうか? なんとなく「少子化になることは日本滅亡につながる」みたいな風潮がありますが、ここでは少し掘り下げてみたいと思います。 少子化とは子供の数が少なくなり、現役世代が徐々に減っていき、将来の人口が少なくなることですよね。 これによって、• GDPが低下し経済成長できなくなる• 社会保障の持続が難しくなる というのが問題になるかと思います。 まず1のGDP低下ですが、経済成長できなくなると国民の豊かさが損なわれる点を問題視されてます。 たしかに労働人口が減ると、経済成長は難しくなるでしょう。 しかし人口が減っても、ドイツなど経済成長している国があるのも事実ですし、今後AIによって仕事が奪われる話もあります。 ですので今ほど、労働人口が必要じゃなくなる可能性もありますね。 また経済成長し続けることが、本当に国民にとって幸福なことなのでしょうか? GDPのランキングと、幸福度ランキングの違いを見れば明らかですよね。 ・世界幸福度ランキング2018 第1位: フィンランド 第2位: ノルウェー 第3位: デンマーク 第4位: アイスランド 第5位: スイス 第6位: オランダ 第7位: カナダ 第8位: ニュージーランド 第9位: スウェーデン 第10位: オーストラリア 人口減少しても国民がこの国に生まれてよかったと思える社会を作っていくことが大事だと思います。

次の

独身税、子なし税ができるとしたら、どう思いますか?

独身 税 ふざける な

独身税が取り沙汰されて、独身者がワーワーと言い出しているようで、独身読者さんが「シンはどう思うんだよ?」ということで、リクエストを頂きました。 現在 今までも気づかなかっただけで、独身者は既にある種の独身税を払っているんですよ。 独身者には関係ない子ども用教育機関の運営に税金が使われていますし、子供がいる人に対する税金控除があるので、その分だけ独身者は余分に払っています。 こんなのは当たり前であり、最終的に独身者が老人になったとき、他人の子供が払う税金の援助によって生活インフラを確保するのですから、子供を守るのは社会全体の責務だと言っていいでしょう。 特に日本は老人優遇、社会責任型の社会保険制度を持っているので将来は子供から搾取することになります。 これが自己責任型の社会保険制度を持つシンガポールだと、基本的に自分が積み立てた年金を使い、購入した保険で健康維持をするので、そこまで子供から搾取するすることもなく、大病してお金、保険がなければ自己責任で無治療の末、死ぬことになります。 見える これが「独身税」という形で目に見える形で徴収されると、「ふざけるな!」という声が上がっています。 自分の血が滲んだ給与明細から2%(適当です)が独身税として差っぴかれているなんて怒りがこみ上げてくるでしょう。 そして、そんなのは事実婚で逃げられてしまうので正式に結婚する人間がバカになります。 だから、ほとんどの国で独身税を見えなくしているわけで、欧州なんかは元々の税率をガツンと上げて、子持ち、特に多子家庭に対する控除、援助を増やしていくことで実質的独身税を導入していることになります。 だから、欧州は税率が高いですが、低所得の子持ち家族にとっては案外負担が軽かったりするわけです。 収入に対しての控除率が高くて、あれこれと色んな形で援助してもらえるのでほとんど税金を払っている感覚がないだろうと思います。 だから、マナーとして国は独身者から直接的に見える形で徴収するのではなく、見えない形で子育て世代支援を独身者に協力させるような体制にしていくのが望ましいです。 同じことであっても、やり方を工夫すれば批判をある程度避けて実行可能です。 将来 未婚率上昇は先進国では避けられない現象になり、間接的に独身税の負担をどんどんあげていく、自己責任型社会保険に切り替えていくしか社会を支えられなくなるでしょう。 そして、子供は社会の宝、というのは事実であり、将来の納税者であり、親であり、心理的にも未来があるので子供がいない国に将来はありません。 子供は社会で育てるもの、という当たり前の意識を取り戻して、「子供がうるさいから保育園を建てるな!」と公に言えてしまうような環境からして問題なのでしょう。 確かに子供はうるさいですし、子供が嫌いな人にだって権利はあるので、言いたいことはわかりますが、公言できないのが普通の感覚です。 好むと好まざると、独身でいる人にもっと負担してもらって出来るだけ少子化にしないのは重要だと思います。 子供を3人以上産んだ女性に報奨金を出したり、年金をプラスで出すとかしてもいいと思いますね。 「DQNは子供産むんじゃない!」とか言う人もいますけど、質はどうあれ人口が多いは七難隠すので、やはり子供は大いに越したことはないし、最低レベルの教育は国が支援していくことで、国を背負っていくようなリーダーがDQN親から生まれることだってあるでしょう。 元政治家の橋下氏だって貧困家庭出身ですしね。 まとめ 独身税、という言い方が衝撃的なだけで、すでに似たような制度はあるし、今度もどんどん独身者の負担は大きくなるでしょうから、それを覚悟して独身をしているといいだろうと思います。 負担が大きいといっても、子供がいるよりは負担が少ないですし、必要な税金だと思って払ったらいいです。 それと同時に人口減を食い止める為に移民を受け入れる、という話になりますが、成人移民も下層になると社会負担の方が多くなりますし、シンガポール方式の移民選択が出来るほど日本は魅力的ではないのでなかなか難しいものです。 だったら、子供が増えたほうがいいと思いますよ。 少子化対策として独身税として堂々と明言して徴収するのが良いのではと思います。 リーマンショックで不景気のときに出生率が大幅に低下しましたので、 収入と出生率には高い相関があり、独身税を子育て世代に配れば、少子化を食い止める効果があると思います。 出生率が下がったときは独身税を上げ、出生率が上がったときに独身税を下げれば、将来も継続可能な社会保障の仕組みになるのではないでしょうか。 独身税を取られたくなくて若いうちに結婚しようとするインセンティブも働くと思います。 そういえば、私が独身のとき自分さえよければ良いという考えで、ワーワー言う側だったような気がしますけど、 結婚して配偶者ができ、子供ができると社会がずっと存続してほしいと自然に思うようになり、ずいぶんと考えが変わってしまいましたね。 少子化の根本的な問題は、子育てに公的支援の少ない日本の制度では、 子供を産み育てるのに膨大な金が掛かってしまうことです。 長時間労働・滅私奉公が求められる日本の労働慣習では、 子育てをしながら正規雇用でキャリアが身に着く仕事を続けるのは困難です。 そのため、母親は主婦として子育てに専念し、それを父親が経済的に支える、 という形で家庭が維持されていました。 そのために、女性は結婚すると夫から財産やステイタスを徹底的に搾取できる、 という結婚制度が罷り通っていました。 その分、女性の権利や就労は制限され、 夫に寄生しなければ生きていけないので、飼い主である夫に服従していました。 しかし現在は、経済・社会状況の変化に伴い、女性に中途半端に権利が与えられ、 飼い主に平然と噛み付くようになりました。 また搾取に耐えるだけのポテンシャルのある男性も激減しています。 こうなれば、男性は己の身の安全を優先して、結婚しようとはしなくなります。 かと言って、男性には種付けだけしてもらってシングルマザーになろうと思っても、 女性一人では経済力がないので、産んだ子を育てられません。 全能力において劣弱な女性が、唯一できる社会貢献は子供を産むことです。 子供を産んだ女性には、無条件に生活費を支給してあげるのが良いと思います。 実際、男性にとって結婚はメリットなしですから、独身税で結婚を強いるのではなく、 結婚とは無関係に女性が子供を産んで育てられるようにしていくべきでしょう。 但し、欧米諸国のように、質の低い移民や難民が生活保障目当てに 子供を産むようになると良くないので、日本人限定、という線引きは必要です。 問題は財源ですが、年金その他の福祉を削減するしかないでしょう。 極論ですが、能力が低く働けない男性、子供が産めない女性には生存価値がありません。 男性なら自分で稼いで非常時・老後の資金を貯め、 女性なら子供を産んで生活費を国から支給してもらう、 これができなかった者を敢えて助ける必要はありません。 その分の金は子供のために差し向けるべきです。 こうした社会福祉の削減が、独身税 というより子無し税 の役割を果たすと思います。 極端なことを言うと、子供を三人以上産んでくれるなら、その女性は仕事しなくても生活できるように援助してもいいと思います。 子供二人で我慢して付加価値のほとんどない単純労働パートに出るなら、出産、子育てしてくれるほうが明らかな社会貢献になります。 ただ、その後のことを考えると、子育てが終わって遊んでいるくらいならパートに出たほうがお金が回る為、その時は税金の無駄遣いであっても、未満児保育をもっと充実させて、ブランクを出来るだけ短くしたほうが長い目では労働価値、やる気の問題でいいでしょうね。 何のスキルもない女性が子供を預けて働くより、家で自分で面倒見ているほうが安く上がりますが、長い目で考えると、本当に忙しい子育て期間は短いので社会で面倒見るべきでしょう。 シン 前に叱ってしまったのが良くなかったようですね。 申し訳ありませんでした。 あれは自信がないのでサービスで書きますよ、としたものに対して「薄い」とコメントされたのでそれはないだろう、と思っただけで、きちんとお金を取って書いた記事が「薄い」と感じたなら、それを主張するのは依頼した人の権利です。 それに対して失礼だとは思いません。 いずれにしても、お互いに言いたいことを言うのがぬるり道なので、思ったことは言えばいいです。 きちんと根拠があるなら、私に噛み付いてもいいですよ。 私も噛み付き返すかもしれませんが、それが議論です。 そして、議論は議論であって人格、人間関係とは関係ないです。 ともかく、滑る、とか、失礼、とかは気にしないでください。 そういう余計な気を使われるのが一番失礼です。 2020年6月24日• 2020年5月23日• 2020年4月24日• 2020年3月10日• 2020年1月22日• 2020年1月15日• 2020年1月13日• 2020年1月10日• 2020年1月6日• 2019年10月23日 最近のコメント• に より• に でら より• に より• に より• に より• に さむしんぐえるす より• に ナマケモノ より• に でら より• に より• に より• に NEET より• に ナマケモノ より• に より• に より• に でら より• に さむしんぐえるす より• に 松本 より• に でら より• に コロナの女王 より• に より 人気記事• 180件のビュー• 126件のビュー• 20件のビュー• 18件のビュー• 17件のビュー• 15件のビュー• 13件のビュー• 13件のビュー• 11件のビュー• 11件のビュー 関連記事• アーカイブ• カテゴリー• 検索対象: 検索.

次の