まめ つぶす。 「つぶす」に関連した中国語例文の一覧

手のひらや足の裏のまめは潰す?正しい対処方法

まめ つぶす

靴擦れのまめはどうしたら早く治りますか?水ぶくれのようなまめの状態のときには潰して中の水を抜いてしまった方が早く治るのでしょうか? ウォーキングを始めた姉が「靴擦れした」と言ってきました。 私の経験上、「靴擦れにはキズパワーパッドだよ」と教えてあげましたが、姉の靴擦れはまめができ、まめは水ぶくれのような状態で、潰れていないそうなんです。 以前私は、皮がめくれるような靴擦れにキズパワーパッドを貼って、痛みもなく、早く治り、大変に助かった経験がありました。 ですが姉の場合は・・・どうしたらよいのでしょうか? まめは潰して中の水(?)を抜いた方が早く治るのか?潰さない方がいいのか?何か貼った方がいいのか?全然わかりません・・・。 どなたか知恵をお貸しください。 よろしくお願い致します。 キズパワーパッドは湿潤療法と言う最新の治療法から開発された創傷被覆材ですが、靴擦れ等による水疱は潰して眉毛カット用のハサミで切り取った後、水道で洗ってキズパワーパッドを貼っておくと痛みも止まってすぐに治りますよ。 「水疱も湿潤療法の様なもの」と勘違いして大事に残しておく人も多いですが、中の液はやがて劣化する上に病原性の細菌を培養させ絶好の繁殖場となり内部から感染症を起こします事もありますし、水疱を潰した潰した場合の上皮はすでに組織から離れて死んでいる状態ですので大事に残しておいても保護にはならず、逆に「有機系の異物」としてこれまた感染症を起こしますので湿潤療法の病院では水疱は早々に潰して除去します。 またその上からパワーパッドを貼っても、どうせ貼り替えの時に一緒に剥がれます。 知恵袋でのとても良く判る(写真付き)の例を貼って置きます。 (質問) (翌日) キズパワーパッドを貼ればこんな早さで治ります。 また、すでにご存じとは思いますが、剥き出しになっている皮膚の神経が空気と遮断されて痛みを全く感じなくなるのも湿潤療法の大きなメリットです。 参考にして下さい。

次の

靴擦れ予防と対処法はコレ!

まめ つぶす

水ぶくれって小さいですけどすごく痛くて、できると結構厄介ですよね? 足に水ぶくれが一度できてしまうと、痛くて変な歩き方や走り方になって 運動パフォーマンスは低下したり、痛みをかばう動きによって 別の怪我を生み出したりしてしまうこともあります。 水ぶくれの対処法は、まずは予防すること。 水ぶくれができる原理を知って、それが起きないようにすることで、たとえ新しいシューズを使っても未然に防ぐことができます。 また、水ぶくれができてしまったとしても、 適切な対処・処置を行うことで、痛みを最小限にとどめるとともに、早く治すことができます。 米国公認アスレティックトレーナー(BOC-ATC)として、日本・アメリカのスポーツチームで活動してきた私は、様々なスポーツ選手の水ぶくれを対処してきました。 本記事では、水ぶくれがどのようにできるのか?どうすれば予防できるのか?水ぶくれができてしまったら、つぶしたほうが良いのか?それともそのままにしておくべきなのか?どのような処置・ケアをするべきなのか?を徹底的に解説していきます。 本記事は「足の水ぶくれ」を想定して書かれていますが、足以外に水ぶくれができても対処法は一緒です。 >>今回の参考論文はコチラです。 「 」 水ぶくれができる原因・予防方法・ケアの仕方についてまとめられた論文です。 リンク先ではAbstractしか見れませんが、簡潔にまとめられている論文でした。 「」 世界的に有名な医療クリニック「Mayo Clinic」のサイトです。 有益な情報が豊富です。 「」 アメリカ皮膚学協会のウェブサイトより、水ぶくれの予防・ケアを方法が紹介されています。 水ぶくれの適切な対処法 水ぶくれができてしまったら、まずそれが「すごく痛い」のか「そんなに痛くない」のかで、対処法が大きく変わります。 1)水ぶくれができたけどそんなに痛くない もし「水ぶくれはできたけどそんなに痛くはない」「ちょっとプヨプヨしてて気になる程度」「直径5mm以下くらいの小さな水ぶくれである」といったものであれば、無理に薄皮を破ったり穴をあけて水分を取り除かずにそのままにしておきましょう。 水ぶくれをつぶすということは、皮膚を切る・穴をあけるということです。 皮膚に傷をつけるということは、そこからバイ菌が入るなど 「感染症」のリスクが上がります。 よって、痛くないのであれば、つぶさずに自然に水分が抜けるのを待ちましょう。 その皮膚がバイ菌・細菌が入るのを防いでくれます。 水ぶくれをつぶさずにキープする処置の方法 一番最悪なのは、運動中につぶれてしまうことです。 よって、セカンドスキンやキズパワーパッドのようなものを貼って、水ぶくれを保護しましょう。 私がアメリカの大学スポーツでトレーナーとして活動していた際は、つぶさない水ぶくれは、セカンドスキンをのせてバンドエイドを貼り、テーピングを軽く巻いて保護していました。 もしキズパワーパッドのような絆創膏を貼ると、その圧迫で痛いという場合は、水ぶくれ部分に穴をあけて(ドーナツ型に切って)、その圧迫を和らげてあげると良いです。 2)すごく痛い水ぶくれができた 「痛みのある水ぶくれができてしまった」もしくは「直径5mm以上の大きな水ぶくれができた」といった場合は、中の水分を抜いてつぶした方が良いでしょう。 水ぶくれの適切なつぶし方を解説します。 むやみやたらと皮を破ってつぶすのはやめましょう。 バイ菌が入って感染症になり、水ぶくれ以上に厄介なことになります。 適切な水ぶくれの水分の抜き方• ぬるま湯とソープで、手と水ぶくれ周辺をキレイに洗う• 水ぶくれに穴をあける針を、アルコール綿(下リンクのようなもの)などで拭いて消毒する• 水ぶくれの端っこを狙って、消毒した針で穴をあける• あけた穴から水分を押し出すように抜く• 水分が抜けても、薄皮はそのままキープ• 再びぬるま湯とソープで、水ぶくれ周辺をキレイにする• セカンドスキンやキズパワーパッドを貼って保護する• 毎日水ぶくれの部位をチェックして、膿(うみ)が出るなどの感染症になっていないかをチェックする• 穴をあけた皮の下部分に新しい薄皮ができてきたら、上のピラピラした皮(=壊死した皮)を、アルコール綿で消毒したはさみで切り落とす• しっかり治るまで、毎日ソープで洗ってキレイに保つ 水ぶくれをつぶす際に一番気をつけるのは「感染症にならないようにする」ことです。 よって、 1 キレイな状態にしてから水ぶくれをつぶすこと、 2 あける穴は必要最小限の大きさにすること、 3 つぶした後はこまめにソープで洗ってキレイに保つこと、を徹底的に行うことで、安全に、そして早く水ぶくれを治すことにつながります。 水ぶくれに穴をあけたらそれは「傷」です 上記していますが、穴をあけるということは肌に「傷」を作るということで、それはつまり そこからばい菌が入りやすくなってしまいます。 穴をあけた後は、1日数回せっけんでキレイにして、バンドエイドなどを毎回貼って、ばい菌が入らないように清潔に保つことが大切です。 もし水ぶくれの穴をあけて水分を出したとき、その液体が透明ではなかったり赤かったりしたら、ばい菌が入って感染している可能性が高いです。 病院(皮膚科)に行って医師に診てもらい、感染を抑える薬などをもらいましょう。 湿潤治療と組み合わせれば、水ぶくれはより早く治ります。 「傷の応急処置」について「」で解説しているので、ぜひこちらもお読みください。 水ぶくれができる原理を知って対処法を考える そもそも水ぶくれはなんでできてしまうのでしょうか? 水ぶくれができる原因を知ることで、予防するための対処法を考えてみます。 水ぶくれができる原理は、以下の3つが挙げられます。 1)汗(特に手足) 汗は皮膚をしめらせ、柔らかくする(お風呂に入ったあとのふやけた状態みたいな感じ)ので、水ぶくれができやすくなります。 よって、汗があまり蒸発せずに肌にとどまってしまう、夏の気温と湿度が両方高い日は特にできやすいです。 2)皮膚・肌への摩擦 また、特に足に水ぶくれができやすい理由が、シューズによる足の皮膚への摩擦です。 摩擦によって、皮膚の下や中に少量の液体が生み出されます。 3)強度の高い持久的な運動や長い時間の練習 足にシューズがフィットしていない場合も、水ぶくれができやすいですね。 「足とシューズがフィットしていない=摩擦が増える」ということになりますからね。 上に挙げた原因の他に「 タバコを吸う人は水ぶくれができやすい」というのも、参考文献には挙げられていました。 理由としては、ニコチンなどの化学物質により、慢性的に皮膚の細動脈の血管が収縮し、それが皮膚を弱くしてしまうため、水ぶくれができやすいということです。 水ぶくれの予防方法 それでは、水ぶくれができるのを予防する方法について。 これは単純に、上に挙げた水ぶくれができる「原因」が起きないようにすることです。 1)自分の足のサイズに合ったシューズを使う これが一番大切です。 サイズが合っていないシューズを履いた状態で歩く・走るなどを「長時間」行うと、「汗」をかいた状態で「肌の摩擦」がたくさん起きます。 これはつまり、水ぶくれが起きる原因をすべて行っていることになりますね。 自分の足のサイズに合ったシューズを使うことで、肌の摩擦が減るため水ぶくれが起きにくくなります。 新しいシューズを買うときはしっかり試す 自分では足は27センチだって思っていても、実は成長していて27. 5センチになっているかもしれない。 もしくは、左右で足のサイズが違うなんてこともよくあります。 更には、同じ27センチのシューズでも、ブランドによって微妙に数ミリ程度サイズが違ったりもします。 新しいシューズを買う時は、色んなサイズを試してみて、できるなら少し走ったり動いたりしてみて、感触を確かめて、自分の足に合ったシューズを選びましょう。 2)靴下選び 次に、どんな靴下を使うかも、水ぶくれの予防にはとても重要です。 靴下が汗を吸って、靴下が湿った状態のまま長時間走ったり動き続けていると、皮膚がふやけた状態になるので、水ぶくれはできやすいです。 「汗をかかないようにする」ことは無理なので、汗をかいても「すぐに乾く」靴下を選ぶことが、水ぶくれ予防になります(夏は特に)。 今回の参考文献では、コットンやウールの靴下は、水分を吸収したままその湿度を保ってしまうためダメ。 ポリエステルやナイロンの靴下が水ぶくれの予防には適した靴下である、と示しています。 3)水ぶくれができそうな部分をあらかじめ保護 「新しく買ったシューズで運動をする」もしくは「夏の暑い日に長時間動き続ける」といったように、あらかじめ「水ぶくれができそうだな」と予想できる場合は、できてしまう前にセカンドスキンやキズパワーパッドなどを貼っておきましょう。 また、靴擦れによる水ぶくれができやすい「革靴」や「ヒール」の場合は、下リンクのような「パッド」を靴に貼ることで、水ぶくれを予防することができます。

次の

靴擦れでできた「まめ」は潰していいのでしょうか?

まめ つぶす

靴擦れでできた 水ぶくれ、 処置はどうしていますか? 潰す? 潰さない? 何もしなくても 潰れてしまった場合は別として 水ぶくれの処置、 結構迷いませんか? 私の足は、 スニーカー以外の靴を履いて長時間歩くと、 必ず靴擦れができてしまいます。 私の足が悪いのか、 それとも靴が悪いのか… 今もまさに一個 直径2cmくらいのサイズのが 左足親指の外側にできています。 素足にサンダルで長時間歩いた結果です。 最初は痛いだけだったのが 水膨れの周りが 赤くなり かゆみも出てきました。 中に水がはいっていて パンパンに膨れています。 潰したーい。 でも痛そうで怖いー。 どうすればいいのかよくわからなくなってしまいました。 そこで今回は 靴擦れでできてしまった水ぶくれの 処置の仕方を徹底的に調べてみることにしました。 痛みやかゆみを抑え 跡を残さずに早く治す方法とは?! それでは一緒に見ていきましょう! スポンサードリンク [ad recl] 水ぶくれを潰さない処置方法 水ぶくれを 潰さない方が良いとする理由は、 潰すと 外部からの細菌による感染で 傷が悪化するというものです。 水疱が破れて皮膚が むき出しになると、 いくら消毒してガーゼやばんそうこうを貼っておいても そこから簡単に 感染する事が多いので 水泡を 潰さない方がましという考え方です。 けれども、長い間水ぶくれを潰さずにしておくと 中にたまっている 滲出液が劣化して 治癒能力が落ちてしまいます。 こすれてダメージを受けた皮膚の上で 病原性の細菌が 活発化し 深刻な 感染症を引き起こす事もあります。 水ぶくれを潰した後、 患部を清潔に保てるなら 水膨れを潰したほうが治りが早そうですね。 でもいったい どのように水ぶくれを潰したらいいのでしょうか??? 潰した後のケアは? そこで以下では 水ぶくれの潰し方、 その後の処置の方法を調べてみました! 水ぶくれを潰す処置方法 水ぶくれの膜自体には神経はありません。 だから切っても全く痛くありません。 でも 痛そうなイメージがすごくありますよね。 これは、水ぶくれの薄皮を取り去って、 下の皮膚を露出させると、 動くたびに神経に触れて痛むからです。 これがキツイので 液を抜いても 薄皮は残して 痛みを和らげる、 という意見も多く目にしました。 でもこの薄皮、 残しておくとその下の皮膚を清潔に保てなくなり 内側から感染症を起こす原因になるのです! 水ぶくれの潰し方とその後の処置の仕方 いろいろ調べてみると 昔は 潰さないで治すが主流、 今は 以下で紹介する 湿潤治療法 という潰して治す処置法が最新の治療法だということがわかりました。 この処置を行うかどうかの判断は 必ず医療機関にご相談下さいね。 (湿潤療法-おおまかな処置の手順) 1.患部を 水道水でよく洗う 2.水ぶくれを 潰し、中の液を出す 3.薄皮をきれいに取り除く 4.薄皮を取り除いた後の患部を水道水できれいに洗う 5.被覆材(キズパワーパッドなど)で覆う では、この湿潤療法について 次でもう少し詳しくみていきましょう! 湿潤療法とは? 湿潤療法とは、これまでのガーゼと消毒薬での治療を行わず、 「 消毒をしない」 「 乾かさない」 「 水道水でよく洗う」 を3原則として行う治療法のことです。 食品用ラップやジョンソン&ジョンソン社の 「 キズパワーパッド」などを被覆材として使用します。 日本の製品だと がいいでしょう。 患部から出て来る滲出液で キズを 潤わせて、 その中に含まれる細胞成長因子の 皮膚再生力によって、 キズを早く治すというものです。 常に新しい 滲出液で患部は潤い 頻繁に 洗浄することで病原性の細菌も洗い流されて、 感染症も抑えられます。 被覆材を貼ることで、 むき出しの皮膚の神経が 空気と遮断されて 痛みも感じなくなります。 これも湿潤療法の 大きなメリットといわれています。 実際に私が行った方法 水ぶくれを早くきれいに治すには 湿潤療法が良さそうだということはよくわかりました。 (5枚入り 4. 57ポンド800円前後) 中身はこんな感じです。 ガーゼではなく、 クリーム状のものが厚めに塗ってあります。 でも私には自分で水ぶくれを潰して 薄皮を取り除く 勇気なんてありません! この程度の傷で病院に行く気もありません。 【1日目】 しかたがないので 水ぶくれを潰さず そのまま 今日の午前中からパッドを貼ってみました。 ところが 午後になって パッドをはがす途中で、 水ぶくれが 破れてしまいました! パッドが水ぶくれの薄皮にくっついて ほんの小さな穴があきました。 中から透明ではなく、 ちょっと 黄色っぽい液体がでてきました。 ティッシュでふき取ったら ティッシュの繊維がキズに残ってしまったので そのままバスルームに直行し 水道水で洗浄。 本当は薄皮を取り除かなくてはならないのですが 自分では 怖くてとてもできません。 よく乾いてから新しいパッドを貼っておきました。 靴擦れをしてから 約4日ほどたちますが、 キズパッドを貼ったのは今日が初めてです。 【2日目】 昨日午後に張り替えたパッドをとると 昨日は0. 5㎜ほどだった水ぶくれの穴が 今朝は1㎜程になっており 薄皮がちょっとぶよぶよしています。 はがそうかと思いましたが まだ恐ろしく(とてもこわがりです!!) もういちどきれいに 水道水で洗浄しました。 穴から水を入れるようにして シャワーの水を2分くらいかけ続けました。 すると水が水ぶくれの薄皮の中に入って ぷくっとふくらんで結構楽しかったです。 笑 ここまで消毒は全くしていません。 水ぶくれの周りの赤みも引いたようで 痛みもあまりありません。 【3日目】 朝シャワーする時にパッドをとったら 薄皮の下の皮膚が ちょっと 盛り上がリ始めているように見えます。 薄皮が大分 フニャフニャしているので シャワーの水をかけながら手できゅっと引っ張ったら… やりました! 皮がめくれました!! めくったときは痛くなかったです。 でもその下の皮膚は真っ赤で 触ればもちろん痛いです。 そのままキズパワーパッド貼っておきました。 明日はどうなっているでしょうか… 【4日目】 皮がめくれてへこんだ部分が盛り上がり 普通の皮膚のレベルとおなじになりました。 キズパワーパッドを貼っておくと キズの周りがムズムズとかゆいので 今日から普通のバンドエイドにかえました。 【完治後】 完全に治りました! 触ってももう痛くありません。 1つ発見したこと。 両足に靴擦れができたのですが 左足だけ水ぶくれになりました。 そして驚いたことに 水ぶくれのほうがきれいに治っているのです。 右足は靴擦れの部分の色素が変わっていますが、 左足の方はもうほとんど元の皮膚の色になっています。 まとめ• 水ぶくれは早めに潰したほうがいい。 痛くないです。 薄皮を取り除くのが怖い場合、よく水で洗いとりあえずそのままキズパワーパッドを貼る• 一日ほどたつと薄皮がぶよぶよになるので、そこで皮を取り除きキズパワーパッドを貼る。 これでも治りがすごく早いです。 消毒せずにパッドを貼るので、私の場合キズ周辺にかゆみがでてきました。 頃合いを見計らって普通のバンドエイドにかえました。 現実に自分で薄皮を取り除くのは かなりの勇気がいるということがわかりました。 キズパワーパッドは威力がありますが、 なにしろ消毒していないので まめに患部を洗わないと ムズムズかゆくなることがわかりました。 私の場合それほどひどいものではないので こんな折衷策をとってしまいましたが、 正しく湿潤療法を行うために、 この治療法を取り入れている 専門医に相談して下さいね。 てるみさま コメントありがとうございます。 記事が分かりにくかったですね。 すみません。 私の場合、水泡を潰すのが怖かったので、 潰さずに治そうと思いながら、 キズパワーパッドを貼りました。 けれども、 それが結果的に表皮を薄くして、 水泡がつぶれるきっかけとなりました。 水泡ができている状態は、 とても痛いですよね。 なので、キズパワーパッドや、バンドエイドなどで 取りあえず覆って様子を見られたらどうでしょうか。 もちろん重症の場合はお医者様にご相談ください。 早く治るといいですね。 私の場合、靴擦れするのが分かり切っているので、 何時間も歩くときなどは、 あらかじめバンドエイドなどを貼っておきます。 こうすると、靴擦れが防げますよ。 ^^ お大事に! コメントありがとうございました。 管理人• てるみさま ありがとうございます^^ 水膨れは、バンドエイドなどで覆っておくと、 自然にふやけて、遅かれ早かれつぶれます。 自分で潰す勇気がなかった私は、 このようにして難局を切り抜けました。 痛いうちは、 キズパワーパッドが安定感があって(ずれなくて)結構よかったですよ。 ふわっとしたクリーム状のものが ぬってあってキズを優しい感じで保護してくれます。 本物の皮膚みたいな感じですよ。 でも長く貼っておくと、 ムズムズかゆくなるんです。 「4日ぐらいはったままでいい」 みたいに書いてありますが、 患部をまめに水洗いしたほうがいいような気がします。 治ってきたら、乾燥したバンドエイドに替えました。 キズの程度や、個人差があるので、 一概にはいえませんけれども…。 お役に立てるといいのですが…。 コメント、ありがとうございました! 管理人•

次の